<   2012年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧

レンブラントホール(GWファミリーディナーブッフェ・予報)

a0036952_11145340.jpg

今回はハウステンボス、ホテルヨーロッパのレンブラントホールでこのGW期間中の5月4日に1日限りで開催されるファミリーディナーブッフェのご紹介(予報)です。
毎シーズン好評をはくしているホテルヨーロッパ「レンブラントホール」でのディナーブッフェが登場。オランダを代表する画家レンブラントにちなんで名づけられたホールで、種類豊富な出来立ての料理を、ブッフェスタイルで心ゆくまでご賞味ください。
お子様用のメニューも充実していますので、ご家族そろってご満足いただけます。
【期間】12年5月4日
【時間】17:30~、19:30~、21:30~ の3回転
    ※制限時間 90分
【料金】大人(中学生以上) 6,000円
    シニア(60歳以上) 4,500円
    小学生       3,000円
   幼児(4歳~小学生未満)1,000円
    4歳未満       無料
    ※税・サービス料込み、飲み物別
    ※ファミリエ会員は10%割引。(飲み物代は割引対象外)
    ※ファミリエポイント対象
【予約】予約・問い合わせ。ハウステンボスホテルズ 宴会予約係 TEL:0956-27-0545(受付時間:9:00~18:00)

a0036952_1958343.jpg

 レンブラントホールはホテルヨーロッパの宴会場。過去に食の饗宴などが行われた会場でもあります。素晴らしい雰囲気のこのホールで行なわれるブッフェはハウステンボス・ブッフェの最高峰!料理の内容・質(その時々の価格設定にもより内容等は異なりますが。。)、サービスの質、いずれも申し分なしです。
 豪華な雰囲気の中、洗練されたサービスに素晴らしい内容の料理の数々・・・価格以上の満足感が得られる内容だと思います。
a0036952_1265833.jpg

 ファミリーディナーブッフェが行われるのはGWや夏休み期間、年末・年始といったかなりの人出も予想される時期。そのような場合、問題なのが、食事の際の大混雑。ユトレヒトのレストラン街などかなりの行列、待ち人が出ることが予想されます。
 レストラン街で食事する場合は食事の時間帯を通常よりずらすなどしないとかなり待つことを覚悟する必要があるかもしれません。
 そのような事情からすると、あらかじめお気に入りのレストラン・プランを予約しておく事もお勧めです。ただし、レストランによっては予約対応でないところも多いですし、予約の場合はメニュー等に制約がある場合もあります。
 その意味でレンブラントホールの(ファミリー)ディナーブッフェは予約対応でありお勧めです。
a0036952_17572777.jpg

 ファミリーで、カップルで想い出に残る素敵な食事を楽しまれると宜しいかと。もちろん1人での利用も問題なしです。
 宿泊者以外でも利用できますし、(ファミリーディナーブッフェとなっていますが)ファミリーでなくとも一人でも利用できます。カップルでの利用も素敵でしょう。コースはちょっと緊張する、というような方もブッフェなら気軽に利用できるものと思います。
a0036952_12242162.jpg

 料理に関しては味の好み、食材の好みはひとそれぞれで、私が美味しいと思っても、そうは思わない方もおられるはずで、このブログでご紹介するにあたってもいつも迷うところですが、このレンブラントホールのブッフェに関しては(100人中100人の方に満足していただけるとは限りませんが)、予算的に合えばかなり自信を持ってお勧めできます。ただし、同時期にホテルズの各レストランではそれぞれに魅力的なディナー及びディナーブッフェが行われますが、短期間の開催とあって私もいただいていないところがあり、同時期の比較は出来ない部分もあり、他を好まれる方も少なくないだろうとは思います。オフィシャルサイトの情報に注目され、お好みにあわせて選択されるとよろしいかと。

 料理のラインナップも豊富で、全種類をいただける方は必ずしも多くないと思いますので、いきなり目についたものからお皿にたくさんとられる方もよくお見かけしますが、出来れば最初に全体をみて、よりお好みに合いそうなものからまずは試しに少しずついただいてみられた方がいいような気もします。

 お勧めの企画です。今後の開催日情報にご注目!対象日にハウステンボスを訪れる方、ご利用の検討をお勧めします。

レンブラントホールでのブッフェレポ
にょろさんのレポ(07年クリスマス)
にょろさんのレポ(07年夏)
にょろさんのレポ(06年クリスマス)
マーチさんのレポ(06年夏)

a0036952_0422072.jpg

今年の内容は当然まだわかりませんので、ご参考までに11年5月3日に利用した際の料理等の内容を記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-15 23:19 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(ランチPart1)

a0036952_23231296.jpg

今回はハウステンボスのフラッグシップホテル、ホテルヨーロッパのメインダイニングデアドミラルのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:88席
     禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (多客時を除きランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには早くても1時間半~2時間程度以上はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
【その他】車椅子利用可。Edy対応。

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしい実績をもつお店です。エリタージュが(とっても残念な事に)オヤスミしている(今のハウステンボスの流れ、ホテルヨーロッパの方向性からみていずれ復活するものと期待していますが)今、ハウステンボスで№1の位置づけ(和食だと吉翠亭もありますが)のお店といっていいかと思います。

ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。ドレスコードもありませんので、気楽・気軽に利用してみてはいかがでしょう。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。
平日のお昼にアドミラルでランチってのは私にとって、ぷちリゾート気分を満喫できる素敵なひとときで、お勧めです。
a0036952_2311947.jpg

旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
食の安全がいろいろと問われる昨今、安心して本物の味を確かめに来る事のできるお店は貴重です。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で特典が用意されています。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。

昨年から次々とスペシャルな企画が登場してます。
極上ランチ
a0036952_1618102.jpg

11年1月15日の極上ランチは最高!でした。
mattariのレポ
a0036952_1635936.jpg

11年8月25日から10月23日までは第2回極上のランチが。
9月18日に楽しませていただきましたが、素晴らしい料理とワインでした。
mattariのレポ

グランアミューズ
a0036952_21595032.jpg

11年5月15日、6月5日・12日には第1回グランアミューズが。
mattariのレポ
a0036952_21405275.jpg

12年1月28日と29日の両日に第2回「Grands Amuse (グラン アミューズ)」が開催されました。29日に参加してきましたので、いずれ姉妹ブログでご報告したいと思っています。

ワインセミナー、ワインの会
a0036952_221263.jpg

11年2月20日のワインセミナー&ランチも素晴らしいものでした。
mattariのレポ(2月20日ワインセミナー)
11年8月21日に第2回ワインセミナーが開催され、これも素晴らしいものでした。
a0036952_16354288.jpg

またサンヴァンサン祭(10月8日~10月23日)にあわせてワインブッフェの企画も登場し、こちらもお値段以上に素晴らしくお得なものでした。
a0036952_21533162.jpg

11年12月3日には「第6回 デアドミラル ワイン会 ~ブルゴーニュ CORTON村~」も開催されています。写真は参加されたKさんからいただいたもの(感謝!)です。
2月19日には「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」が開催されました。いずれ姉妹ブログでご報告したいと思っています。

また、今年は春のサンヴァンサン「お花見サンヴァンサン」にあわせて「~20th 春のサンヴァンサン ¥20,000ワインフェア~」の企画が!
ハウステンボスの秋の風物詩、”サンヴァンサン祭”。今年はハウステンボス20周年を記念して”20th お花見サンヴァンサン”として春に初開催。
ホテル・ヨーロッパもご来場の皆様に感謝の気持ちを込め、銘醸ワインが堪能いただけるワインフェアを開催いたします。
地元食材を使ったフレンチ料理と相性の良いベストマリアージュをお勧めいたします。ぜひこの機会にワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。
【期間】3月1日~5月6日 ※数量限定
【予約・問い合わせ】 0956-27-0561
【内容】下記の素晴らしいワインがいずれも1本¥20,000で!
SPARKLING WINE
ペリエ・ジュエ
○ベル・エポック 2000
モエ・エ・シャンドン
○ドン・ペリニョン 2002
クリュッグ
○クリュッグ グラン・キュヴェ
ココ・ファーム・ワイナリー
○ココ・ファーム ぐらん・のぼ 1998

WHITE WINE
コント・ラフォン
○ムルソー・クロ・ド・ラ・バール 2003
ジャン・フランソワ・コシュ・デュリ
○ムルソー 2004
ルフレーヴ
○ピュリニー・モンラッシェ・レ・クラヴォワイヨン 1985
エティエンヌ・ソゼ
○ピュリニー・モンラッシェ・レ・ペリエール 2005
○ピュリニー・モンラッシェ・ル・シャン・カネ 2003
ラモネ
○シャサーニュ・モンラッシェ・ブードリオット 2008
○バタール・モンラッシェ 2000
ボルドー
○パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 2002
ソーテルヌ
○シャトー・レイモン・ラフォン 1987

RED WINE
サン・ジュリアン
○シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 1978
ポイヤック
○シャトー・ランシュ・バージュ 1995
サン・テステフ
○シャトー・カロン・セギュール 2003
サンテミリオン
○シャトー・フィジャック 1995
ポムロール
○シャトー・レヴァンジル 2004
アルマン・ルソー
○ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック 1995
○シャルム・シャンベルタン 2001
デュジャック
○クロ・サン・ドニ 1999
ユベール・ド・モンティーユ
○ヴォルネイ・タイユ・ピエ 2000
ジャン・ルイ・シャーヴ
○エルミタージュ 2001
ヴィニャ・エラスリス
○ヴィニエド・チャドウィック 2007


グルマンの会
a0036952_2224650.jpg

11年3月6日のグルマンの会も素晴らしいものでした。
mattariのレポ(3月6日グルマンの会)
a0036952_21422478.jpg

11年9月4日の第2回グルマンの会もとっても素晴らしいものでした。
mattariのレポ(9月4日グルマンの会)

4月1日の第3回グルマンの会も素敵なものでした。いずれ姉妹ブログでご紹介できれば・・と思っています。

また、家庭でつくれるフレンチ料理教室の企画も
家庭でつくれるフレンチ料理教室の企画
 ホテルヨーロッパ メインダイニングで家庭でつくれるフレンチ料理教室を開催致します。
【日時】H23年12月7日 H24年2月8日 H24年4月18日 計3回
【時間】11:30より受付 11:45開始 14:30終了予定
【料金】¥4,500(税・サービス料込)
※定員16名予定
【内容】第1回 12月7日 スープ(オニオングラタンスープ)
            魚料理(真鯛のポアレ)
    第2回 2月8日  オードブル(魚介のマリネ)
            お肉料理(雲仙豚のロティ)
    第3回 4月18日 パスタ(トマトソース)
            サラダ(生ハム)
            クロックムッシュ(ホットサンド)
    全日講義の後、ランチ(オードブル、スープ、メインディッシュ、アイスクリームとシャーベット、コーヒー)
【問い合わせ・予約】0956-27-0561

こちらも、講義の後のランチも魅力で、ランチ代込で¥4,500は相当お得でしょう。かつてのクッキングスクールを思い出しますね。
水曜日ってのが、私には無理で残念。。。ご都合のつく方いかがでしょう。


以下は4月15日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-15 22:14 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ピザ&パスタ/ピノキオ

a0036952_1375349.jpg

今回はハウステンボス・ユトレヒト地区にあるピノキオです。
改訂版をアップします。最新更新日6月9日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
イタリア・ナポリにある古いピザ屋をイメージした店内でひときわ目を引くのは、陶器の町・有田で特注した登り窯の技術を導入した大きなピザ窯。世界でただ一つのこの窯でパリッと焼き上げるピザの味は折り紙付きです。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街1 階
    席数64席
【営業時間】4月8日~4月27日 日~木 11:00~21:00
          金・土・祝前日 11:00~22:00
    ※営業時間及び店休日は時期により異なる事がありますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】対応なし
【その他】Edy対象店舗。車椅子利用可。
     とくとくチケット特典対象店舗。お食事のお客様へコーヒーまたはソフトドリンクサービス。

ピノキオはHTBで一番人気のお店とされています。
a0036952_1458299.jpg

掲示板等でHTBで何を食べたらいいかというご質問が良くなされます。レスするのが難しいご質問です。その方の好みや予算、シチュエーション(家族連れであるとか恋人どうしであるとか、年齢その他)によっても様々で画一的にレスできるものではないと思います。
美味しいものを食べたい。
HTBらしいものを食べたい。
という2つの条件を最も満たすのは、(エリタージュ、エクセルシオールが休業中の現在)HTBの食の顔とも言える「デ・アドミラル」あたりになるかと思いますが、フレンチが苦手な方もおられるでしょうし、その他の条件が合わない場合もあるでしょう。「戎座」「吉翠亭」も素敵ですが、HTBらしいかと言われるとちょっと考えてしまいます。美味しいものっていう条件なら十分(だと私は思います)なのですけども。

ピノキオもよくお勧めで名前があがるお店です。ピザやパスタが苦手でなければコスト的にも味的にもお勧めでしょう。ピッツァなどがHTBらしいかと言われると疑問もあありますが、一番人気のお店という事で条件クリアでしょうか。
ただし、一番人気のお店が一番美味しいお店とは限りません。味の好みは人それぞれですから。
ピザ&パスタのお店ですが、どちらかと言えばお勧め・人気はピザでしょうか。
a0036952_1445184.jpg

おいしいピザの3つの秘密
秘密1.ピザ生地へのこだわり
  厳選した国産の粉をブレンドせずに使用し、その日の天候に合わせて、職人が粉や水などの配合を変えています。こねた生地は6~8時間低温でじっくり寝かせ、素早く1枚1枚丁寧に手伸ばししています。
秘密2.具材へのこだわり
  ソースは具材の味に負けないにんにく入りと、ピザ生地とソース本来の味を楽しむためのシンプルなものの2種類。当店のソースを楽しみたい方は、是非マルゲリータピザを!
  市販の物を使用しがちなアンチョビですが、当店ではこれも自家製!近海産の新鮮ないわしを塩とオリーブオイルに丁寧に漬け込み仕上げています。その味は自家製アンチョビのペペロンチーノでお楽しみいただくことができます。
  自家製パンチェッタは、岩塩等に漬け込んだ後、自然乾燥して出来上がるまでに1週間近くを要し、その仕上りは噛むほどに味わい深いと評判!じっくり味わいたい方は単品でもご注文いただけます。
  オリーブオイルに唐辛子・ローズマリーを加えて加熱し、一晩ねかせます。そうする事で、唐辛子の辛さを引き立て、香り豊かなオイルに仕上がります。まずはそのまま召し上がり、2枚目はオイルをかけてお楽しみ下さい。
秘密3.世界でただひとつのピザ窯
  陶器の町・有田で特注し、登り窯の技術を導入した大きなピザ窯。これは世界でただひとつの特別サイズ。この窯を使い、最初は高温の窯の奥で、その後は手前でピザを回転させながらじっくり焼き上げます。そうして焼き上げるピザは、外はパリッ、中はモチモチとしたクリスピータイプ!職人技を是非、近くでご覧ください。

上記のようなおいしいピザの3つの秘密!というパネル展示が店外にあり、このようなアピールはとても良い事だと思います。
a0036952_14105224.jpg

また、アレルギー成分表の店外表示を見かける事もあり、店内でも求めに応じ見せていただけるようですので、アレルギーのある方にも安心かと。もっとも小麦がダメな方だと、ピザ&パスタのお店ですから、ハムやサラダ位しか食べられるものはないかと思いますが。。。

また1月1日・22日(それ以降も)にはピノキオの人気ランキング表示も見ました。
PINOCCIOの人気ランキング
 1.ピノキオ特製ポテトとベーコンのピッツァ
 2.森と海のスパゲティ ピノキオ風
 3.4種のチーズピッツァ
お子様に人気のメニューベスト3
 1.マルゲリータピザ
 2.カルボナーラスパゲティ
 3.アマトリチアーナ風スパゲティ
※「ペッパーなどご注文の際に言っていただければ、入れずにお作り出来ます。お気軽にお声かけ下さい。」の記載も。

 スタッフの方も以前にも増して充実してきている印象があります。ホテルズなどで活躍されていた方が結婚出産を経て、ピノキオでカムバックされている例もあり、懐かしいお顔に出会えるのも魅力です。

a0036952_22113795.jpg

ユトレヒトのレストランは15時~17時の時間帯中間クローズの店が多いのですが、このピノキオは営業しており、その面でも利用しやすいお店です。
a0036952_21571519.jpg

ハウステンボスで最も行列のできるお店の1つですので、食事時には行列が出来るのは日常的に見ることで、多くの人で賑わうような時期はかなりの待ち時間(1時間前後、時には2時間以上という事も。それだけ待つのであれば他店を利用した方が良さそうにも思うのですが・・)を覚悟しないといけない場合があります。待つか、他のお店を利用するか。。ピノキオを利用しようと思われている方はあらかじめ他の候補も考えておかれた方がよろしいかとも思います。
また、いわゆるお昼時前やお昼時を過ぎた17時前であれば(クリスマスなどは16時代でもかなりの行列が出来る事も)比較的すいていますので、混雑が予想される時は早めの利用もお勧めです。

sayuriさんのレポ
Marchさんのピノキオレポ

以下は4月8日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-12 20:43 | ユトレヒト

日本料理/吉翠亭(昼Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパの和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】人出が多いと予想される日など、出来るだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
a0036952_7222366.jpg

和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もとてもよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

お昼は、私の場合およそ1時間~1時間半。夜は2時間~時に3時間以上(時間掛け過ぎですが;;御膳料理だと比較的時間はかからず、会席料理だと食事のペースにあわせて料理が運ばれてきますので、ある程度時間を要します。)かけて、お酒を楽しみながらゆっくりと美味しいひとときを楽しみます。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューは提示されない事もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。
昼に利用される際は各種御膳がお勧めですが、単品でいただくのも良いものです。特にリゾート気分を味わおうと昼間からのんべする際にはいろいろとお酒にあわせて好みで選ぶのも楽しいものです。
ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)他お勧めのものがいろいろ。

 ※daydreamerさんの(ランチで単品)レポ

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


また、10年7月17日よりフリーゾーン内に西肥バスが乗り入れを開始しています。ハウステンボス入国口から利用する場合は6番バス乗り場に1時間に1~2便(曜日により変動)発着(季節催事等によりフリーゾーンへのバス乗り入れが制限される場合もあるとか)し、ハウステンボス入国からの運賃は150円、所要時間は5~6分程度とか。
a0036952_16474169.jpg

a0036952_16482100.jpg

場内のバス停はホテルヨーロッパ前と、ハウステンボス港町の2か所。
バスの時刻表はこちらから。
佐世保市やハウステンボス近隣にお住まいの方は、時に自分へのご褒美として吉翠亭での食事を楽しみに足を運ばれるのもよろしいのではないでしょうか。

 ※現在月2回、第2第4木曜日のランチタイムに寿司バイキングが行われ好評を博しています。その内容は以下のようなものです。
【時間】11:30~14:00(ラストオーダー)
   ※利用時間 60分間
   ※料理長お任せ寿司を提供後より開始
【内容】最初は料理長お任せ寿司と赤出汁または吸い物。
    その後以下をお好きなだけ
      ・寿司(各種)
      ・季節の天麩羅(五種盛り)
      ・地魚料理
      ・茶碗蒸し
      ・赤出汁or吸い物
      ・甘味
【料金】大人3,500円(中学生以上) 小学生1,750円 幼児800円
【予約】TEL:0956-27-0414(吉翠亭直通)
【その他】誕生月の方にはプレゼントが用意されているようですので、誕生月である事を示すもの(免許証・保険証等)を持参されてください。

a0036952_7415480.jpg

 10年7月8日に利用してきましたが、姉妹ブログで御紹介していますので、宜しかったらこちらからご覧ください。9月23日も利用しましたが、その時によって寿司の内容は変わっていますので、繰り返し利用する楽しみがあります。
2011年12年も毎月第2・第4木曜日に開催されるようですので、お楽しみ下さい。
 3月10日の寿司バイキングのお品書きは次のようなものでした。
 寿司各種
  穴子、海老、小鮪、細魚(さより)、烏賊、鯛、鰹、鰆、サーモン、いくら
  鯵棒寿司、鯖棒寿司、煮帆立、ミル貝、玉子、稲荷、月見とろろ、ねぎま、サラダ巻、鉄火巻、納豆巻、かっぱ巻
 天婦羅五種
 茶碗蒸し
 鯛の兜煮
 網鰈の一夜干し
 お吸い物
 赤出汁

 桜餅
 山葵プリン
 山葵アイス

a0036952_1494871.jpg

 最初に料理長お任せのお寿司が。
 左上から玉子、海老、サラダ巻、いくら、稲荷、鯵、鯛、鰹、鰆。
 いずれも美味しいのですが、
a0036952_14125768.jpg

 鰹がいい仕事がされていて、他ではいただいた事のないものでした。
a0036952_14134879.jpg

 制限時間内は、好きなものを好きなだけ♪
a0036952_14142440.jpg

 左上から小鮪、煮穴子、ミル貝、細魚、烏賊、サーモン。
a0036952_14163063.jpg

 左上からねぎま、月見とろろ、鯖棒寿司、鯵棒寿司、かっぱ巻
 いずれも美味しく。。
a0036952_14175842.jpg

a0036952_14181670.jpg

 天麩羅は海老に魚に南瓜、万願寺に蕗の薹だったでしょうか。
 ワンランク上の天麩羅です。
a0036952_14194340.jpg

 桜餅に
a0036952_14201326.jpg

a0036952_14203165.jpg

 山葵プリン!山葵は効きすぎず、いい感じなミルキーな和風プリンといった感じでしょうか。

kotobukiさんのレポ

a0036952_743536.jpg

 また、吉翠亭のイベントとして「美食の会」があります。昨年3月に第1回が開催され、第2回が7月11日(日)のお昼に行われました。第2回のテーマは鱧と夏野菜の京料理「清涼の宴」で素晴らしい会でした。
第1回のレポは姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらこちらからご覧ください。
a0036952_2342055.jpg

 第2回のレポ、興味のおありの方はこちらをご覧下さい。
a0036952_2253629.jpg

第3回は10月3日に行われました。第3回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_23313643.jpg

第4回は1月23日に開催されました。第4回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_11553117.jpg

第5回は4月24日に開催されました。こちらも素晴らしい会でした。第5回のレポはこちらにアップしています。
第6回は7月10日(日)、第7回は10月2日でした。
a0036952_2351893.jpg

第6回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_17544470.jpg

第7回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_19274944.jpg

第8回は回は1月21日・22日に開催されました。第8回のレポはこちらにアップしています。
次回は4月21日・22日です。

下記は4月8日に利用した際の記録及びオフィシャルサイトにアップされている情報を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-12 19:29 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼・夜Part2)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、4つ(夜は3つ)に分けてアップしています。

Part2では単品メニューをご紹介します。
単品メニューは昼・夜共通になります。通常お昼は単品メニューが提示されない事が多いように思います(コースメニューの方がお得感があるように設定されている事にもよるかと)が、お願いすればメニューを持ってきていただけます。

以下は4月8日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-12 19:21 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼Part3)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、4つに分けてアップしています。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-12 18:34 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼Part4)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、4つに分けてアップしています。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-12 18:24 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(ランチPart1)

a0036952_23231296.jpg

今回はハウステンボスのフラッグシップホテル、ホテルヨーロッパのメインダイニングデアドミラルのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:88席
     禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (多客時を除きランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには早くても1時間半~2時間程度以上はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
【その他】車椅子利用可。Edy対応。

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしい実績をもつお店です。エリタージュが(とっても残念な事に)オヤスミしている(今のハウステンボスの流れ、ホテルヨーロッパの方向性からみていずれ復活するものと期待していますが)今、ハウステンボスで№1の位置づけ(和食だと吉翠亭もありますが)のお店といっていいかと思います。

ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。ドレスコードもありませんので、気楽・気軽に利用してみてはいかがでしょう。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。
平日のお昼にアドミラルでランチってのは私にとって、ぷちリゾート気分を満喫できる素敵なひとときで、お勧めです。
a0036952_2311947.jpg

旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
食の安全がいろいろと問われる昨今、安心して本物の味を確かめに来る事のできるお店は貴重です。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で特典が用意されています。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。

昨年から次々とスペシャルな企画が登場してます。
極上ランチ
a0036952_1618102.jpg

11年1月15日の極上ランチは最高!でした。
mattariのレポ
a0036952_1635936.jpg

11年8月25日から10月23日までは第2回極上のランチが。
9月18日に楽しませていただきましたが、素晴らしい料理とワインでした。
mattariのレポ

グランアミューズ
a0036952_21595032.jpg

11年5月15日、6月5日・12日には第1回グランアミューズが。
mattariのレポ
a0036952_21405275.jpg

12年1月28日と29日の両日に第2回「Grands Amuse (グラン アミューズ)」が開催されました。29日に参加してきましたので、いずれ姉妹ブログでご報告したいと思っています。

ワインセミナー、ワインの会
a0036952_221263.jpg

11年2月20日のワインセミナー&ランチも素晴らしいものでした。
mattariのレポ(2月20日ワインセミナー)
11年8月21日に第2回ワインセミナーが開催され、これも素晴らしいものでした。
a0036952_16354288.jpg

またサンヴァンサン祭(10月8日~10月23日)にあわせてワインブッフェの企画も登場し、こちらもお値段以上に素晴らしくお得なものでした。
a0036952_21533162.jpg

11年12月3日には「第6回 デアドミラル ワイン会 ~ブルゴーニュ CORTON村~」も開催されています。写真は参加されたKさんからいただいたもの(感謝!)です。
2月19日には「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」が開催されました。いずれ姉妹ブログでご報告したいと思っています。

また、今年は春のサンヴァンサン「お花見サンヴァンサン」にあわせて「~20th 春のサンヴァンサン ¥20,000ワインフェア~」の企画が!
ハウステンボスの秋の風物詩、”サンヴァンサン祭”。今年はハウステンボス20周年を記念して”20th お花見サンヴァンサン”として春に初開催。
ホテル・ヨーロッパもご来場の皆様に感謝の気持ちを込め、銘醸ワインが堪能いただけるワインフェアを開催いたします。
地元食材を使ったフレンチ料理と相性の良いベストマリアージュをお勧めいたします。ぜひこの機会にワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。
【期間】3月1日~5月6日 ※数量限定
【予約・問い合わせ】 0956-27-0561
【内容】下記の素晴らしいワインがいずれも1本¥20,000で!
SPARKLING WINE
ペリエ・ジュエ
○ベル・エポック 2000
モエ・エ・シャンドン
○ドン・ペリニョン 2002
クリュッグ
○クリュッグ グラン・キュヴェ
ココ・ファーム・ワイナリー
○ココ・ファーム ぐらん・のぼ 1998

WHITE WINE
コント・ラフォン
○ムルソー・クロ・ド・ラ・バール 2003
ジャン・フランソワ・コシュ・デュリ
○ムルソー 2004
ルフレーヴ
○ピュリニー・モンラッシェ・レ・クラヴォワイヨン 1985
エティエンヌ・ソゼ
○ピュリニー・モンラッシェ・レ・ペリエール 2005
○ピュリニー・モンラッシェ・ル・シャン・カネ 2003
ラモネ
○シャサーニュ・モンラッシェ・ブードリオット 2008
○バタール・モンラッシェ 2000
ボルドー
○パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 2002
ソーテルヌ
○シャトー・レイモン・ラフォン 1987

RED WINE
サン・ジュリアン
○シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 1978
ポイヤック
○シャトー・ランシュ・バージュ 1995
サン・テステフ
○シャトー・カロン・セギュール 2003
サンテミリオン
○シャトー・フィジャック 1995
ポムロール
○シャトー・レヴァンジル 2004
アルマン・ルソー
○ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック 1995
○シャルム・シャンベルタン 2001
デュジャック
○クロ・サン・ドニ 1999
ユベール・ド・モンティーユ
○ヴォルネイ・タイユ・ピエ 2000
ジャン・ルイ・シャーヴ
○エルミタージュ 2001
ヴィニャ・エラスリス
○ヴィニエド・チャドウィック 2007


グルマンの会
a0036952_2224650.jpg

11年3月6日のグルマンの会も素晴らしいものでした。
mattariのレポ(3月6日グルマンの会)
a0036952_21422478.jpg

11年9月4日の第2回グルマンの会もとっても素晴らしいものでした。
mattariのレポ(9月4日グルマンの会)

4月1日の第3回グルマンの会も素敵なものでした。いずれ姉妹ブログでご紹介できれば・・と思っています。

また、家庭でつくれるフレンチ料理教室の企画も
家庭でつくれるフレンチ料理教室の企画
 ホテルヨーロッパ メインダイニングで家庭でつくれるフレンチ料理教室を開催致します。
【日時】H23年12月7日 H24年2月8日 H24年4月18日 計3回
【時間】11:30より受付 11:45開始 14:30終了予定
【料金】¥4,500(税・サービス料込)
※定員16名予定
【内容】第1回 12月7日 スープ(オニオングラタンスープ)
            魚料理(真鯛のポアレ)
    第2回 2月8日  オードブル(魚介のマリネ)
            お肉料理(雲仙豚のロティ)
    第3回 4月18日 パスタ(トマトソース)
            サラダ(生ハム)
            クロックムッシュ(ホットサンド)
    全日講義の後、ランチ(オードブル、スープ、メインディッシュ、アイスクリームとシャーベット、コーヒー)
【問い合わせ・予約】0956-27-0561

こちらも、講義の後のランチも魅力で、ランチ代込で¥4,500は相当お得でしょう。かつてのクッキングスクールを思い出しますね。
水曜日ってのが、私には無理で残念。。。ご都合のつく方いかがでしょう。


以下は4月8日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-10 23:49 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(ランチPart2)

a0036952_21393699.jpg

字数の関係で3部に分けてアップします。最新更新日4月15日

以下に続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-09 22:55 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ワンピースショップ&レストラン/シャボンディハウス

a0036952_8522228.jpg

今回は11年3月19日にオープンしたシャボンディハウス・ワンピースレストランのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日11月1日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
麦わらの一味が好きな食べ物や、サンジが作った料理をモチーフにしたメニューが勢ぞろい。見て楽しい、食べても美味しいメニューが並びます。
【営業時間】4月1日~7日 9:30~22:00
      4月8日~30日 日~木 9:30~21:00
          金・土・祝前日 9:30~22:00
   ※たぶん喫茶営業 9:30~11:00 / 21:00~22:00
   ※営業時間は時期により異なるようです。
   ※10月8日は9:00~21:00で、9:00~11:00及び営業終了1時間前は喫茶営業に。
【座席数】1階 58席
     2階 北側56席・南側58席
     2階テラス 北側28席・南側28席

a0036952_8583787.jpg

 シャボンディハウスは、ハウステンボス内フリーゾーンにあって、先だってまではアクティビティセンターだったところです。ここを中心にフリーゾーンは、ワンピース色に染まっています。
a0036952_9132317.jpg

 昨年大人気だったワンピース企画。今年はよりスケールアップ!有料ゾーンのレストラン、ショップに加え、入場無料のフリーゾーンにおいて様々なお楽しみが用意されています。
a0036952_1314935.jpg

a0036952_1321129.jpg

a0036952_1325816.jpg

目玉はサウザンド・サニー号!
サウザンド・サニー号クルーズも3月3日からリニューアル!
ダイニングルームと船内カフェが登場しています。
a0036952_843958.jpg

ダイニングルームは、船尾のこの部分に。
a0036952_852893.jpg

a0036952_86824.jpg

美味しそうなものが並んでいますね。
船内には人気キャラクターも勢ぞろいで、記念撮影の人波が絶えません。

船内カフェは乗船して直ぐ左手にある売店で、下記のようなメニューが販売されているもの。
オリジナル樽型ジョッキ(要返却)が魅力のようです。ただしノンアルコール。
カフェメニューとしては次のようなものがあるようです。
a0036952_874643.jpg

○ルフィのがっつき肉~っ   ¥500
○魚人島名物 TAKO8(タコハチ)の樽入りTAKOYAKI 10個入り ¥500
○ソフトクリーム(バニラ)  ¥350
ソフトドリンク(樽型ジョッキ入り)
○コーラ           ¥350
○ジンシャーエール      ¥350
○オレンジジュース      ¥350
○メロンソーダ        ¥350
○ウーロン茶         ¥350
○コーヒー          ¥350

また、サウザンド・サニー号の乗船チケットの半券提示でウォーターマークホテルのティークリッパーでの食事代金(飲み物代金は含まれず)10%オフのサービスが現在(期間は不明)行われています。また、ティークリッパーは10:30~14:00までに来店し、食事をすると飲み物(ソフトドリンク、コーヒー、紅茶)が1杯サービスされているようです。
a0036952_884850.jpg

a0036952_89217.jpg

乗船場所近くのウォーターマークホテルサイドに案内の掲示がなされていますので、ご注目下さい。
a0036952_1346237.jpg

また、12月10日には旧大航海体験館が海上3Dシアター「ボンボヤージュ」としてオープン。
その第1弾作品がワンピースのオリジナルストーリー!詳しくはこちらを。

a0036952_13462451.jpg

久々に入った旧大航海体験館。
懐かしいだけでなく、ストーリーもワンピースの世界を良く知らない私もかなり楽しめました。

他にもいろいろとお楽しみが用意されていますし、記念撮影スポットもたくさん。

a0036952_934955.jpg

シャボンディハウスの入り口は2つありますが、こちらは旧ランガダイクに面した入口
入って左手がワンピースレストランで、右手にショップが
a0036952_944816.jpg

 ワンピースグッズを求めてたくさんの人が。
a0036952_953668.jpg

 ファンにとってお宝がいっぱい!

a0036952_9162528.jpg

 レストランはかつてのハーバーカフェテリアを思い出すようなセルフサービススタイルのお店。
a0036952_9171258.jpg

 メニューを見て、オーダーするものが決まったらトレーを持ち、
a0036952_917365.jpg

 セットメニューの場合はカードを取って進みます。
a0036952_9175831.jpg

最初はカップサラダのコーナー。続いてデザートコーナー。
a0036952_9182652.jpg

その後、料理にスープ、ソフトクリーム、ビール、ドリンクコーナーが続きます。
a0036952_9184972.jpg

ソフトドリンクはセルフサービスシステム。
以上の写真はオープン当初のもので、その後若干変更(入口出口が逆になっていた時期も。入口のところに食品サンプルの陳列棚が登場したり)が加わっていますが、基本的には同様です。


以下は3月20日、4月1日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-04-08 08:17 | スパーケンブルグ