<   2007年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

アペリティフの日

a0036952_22233679.jpg

今回は現在ハウステンボス場内ホテルで催されている「アペリティフの日」企画のご紹介です。
2007年版をアップします。
フランス農水省の発案により、6月の第一木曜日はアペリティフの日。世界中でアペリティフを楽しむイベントが催され、日本各地でもアペリティフの花が開く催しが行われたようです。

アペリティフは、人々が集まり、語らうきっかけとなるものです。そして、アペリティフを楽しむ時間は誰もがリラックスして心を開放する時間。
皆で一緒に飲み物を片手に、気の利いたつまみを味わいながらお喋りに興じるひと時は、人生をゆったりと楽しむフランス流ライフスタイルのシンボルだともいえるでしょう。

アペリティフというのは、食前のひと時、食欲を増進させるために飲む飲み物とツマミのこと。食事をよりおいしく食べられるようにするため、胃袋に魔法をかけることだ、などという人もいますが、仕事からプライベートへ、心地よいアペリティフは、モードをスムーズに切り換えてくれるスイッチの役目だともいえます。
仕事の後はアペリティフ。

アペリティフを食前酒だと思ってしまうと、アルコールが苦手な人たちには縁遠いものになってしまいますが、実はアペリティフは、アルコール類に限らず、ミネラルウォーター、果物のジュース、何でも良いのです。
いつでも、どこでも、人が集まれば、合言葉は「何か飲む?」飲み物であれば、何でもアペリティフ。

「これからアペリティフしよう!」という時に、欠かせないのがアミューズ・ブーシュ(ひと口のお楽しみ)です。シェフにとってはお客様にお出しする最初の一品だけに、とても重要な意味があります。
              「Aperitif a la francaise」より

ハウステンボスでも、ホテルヨーロッパのデ アドミラル、シェヘラザード、ヴィノテークでアペリティフの日に協賛するように昨年6月1日~11日までアペリティフセットのメニューが供されました。アドミラルのメニューは未確認ですが、シャンパンとアミューズのセットのようでした。

今年も6月の第一木曜日、6月7日がアペリティフの日として各地で催し物が行われたようですが、ハウステンボスにおいても第一木曜日を含む週の日曜日から土曜日、今年の場合3日(日)~9日(土)までHappy Aperitifのメニューが提供されています。

昨年同様3店舗で提供されているのではないかと思いますが、アドミラルについては未確認です。
ヴィノテーク、シェヘラザードのドリンクメニューは下記のとおり。それぞれにアミューズが1品つきます。とってもお得な内容だと思います。
ドリンクの内容は、アルコールが苦手な方は多少アレンジしたもの(場合によってはノンアルコールも可能では?)を出していただけるようです。シャルトリューズなどちょっとクセがある(フランスのリキュールの中でも最高級と評価され、優雅な香りと味はリキュールの女王と呼ばれていますが、130種類のハーブが使われていると言われ独特の風味があります)ので、どうか?という気がしましたが、昨年訊ねたところでは、好みにあわせてオレンジジュースで割ったりいろいろと工夫して出していただく事もできるという事でした。

以下は6月7日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-06-08 22:40 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ヴィノテーク(ヴァン・ヴィーノフェア)

a0036952_17155989.jpg

今回はハウステンボス、ホテルデンハーグのバー、ヴィノテークのフランス・イタリアワイン飲み放題「ヴァン・ヴィーノフェア」のご案内です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
改訂版をアップします。最新更新日8月3日
夕暮れの港を眺めながら、窓際でワイングラスを傾けます。ここヴィノテークは日本のホテルでは初の本格派のワインバー。ボトル単位でなくてはオーダーできなかった銘柄物のワインが気軽にグラスで楽しめます。
【場所】スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:27席
【営業時間】17:00~24:00(ラストオーダー)24:30(クローズ)
【予約】HPによると対応なし。ただし、実際には婚礼関係で貸切になることもあるなど予約対応あり。
  予約等は、ハウステンボスホテルズ 0956-58-1111 へ
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

 企画されるたびに好評を博しているグラスワインの飲み放題プランが装い新たに登場です。今回も3つのコースが用意されています。
 採算とれるの?というようなお得なプラン。採算度外視?の他では考えられないようなプランではないでしょうか。飲み放題プランのワインリストをご覧になって「信じられない~♪」といった声を聞くこともしばしばです。

 下記は4月14日に記録してきたものに、5月17日に記録した今月の特選ワインを加えたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-06-06 01:08 | パレス&デンハーグ

アンカーズラウンジ(ウォーターコートコンサート)

a0036952_0283775.jpg

今回はハウステンボス、ホテルヨーロッパにあるアンカーズラウンジのウォーターコートコンサート時のメニューです。
改訂版をアップします。最新更新日6月14日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
アンカーズラウンジのその他の時間帯のメニューについては、こちらをご覧下さい。
運河に抱かれたホテルヨーロッパ。おやすみ前のひととき。
内海を望むアンカーズラウンジで、軽快なリズムとともに
すてきな夜のひとときをお過ごしください。
【時間】21:10~22:00
【料金】カバーチャージ (ドリンク別)
     一般         ¥1,155
     場内ホテル宿泊者   ¥577

a0036952_9372035.jpg

HTBの1日を締め括るイベントとしてのコンサート。ハヴィエル・オルモ氏!(HTB再訪を熱望しています。)のコンサートを筆頭に素晴らしいコンサートの数々。毎日これだけのコンサートを開催し続けているホテルはあまり類をみないのでは、と思います。

ルーマニアの方たちによるクラシックコンサートであったり、サックスなどのブラス中心のジャズ演奏であったり、日本人女性によるバイオリンとピアノによるクラシック主体のコンサート。
そしてハンガリーの方たちによるバイオリンとピアノによるクラシック主体で、ポップス、ジャズを交えた演奏で、リクエストタイムもあり、以前のルーマニアの方たちの頃に近い内容であったり。。。とその時々によりコンサートの内容は変わり、楽しませてくれます。
a0036952_23201346.jpg

現在はバイオリンとピアノによるもので、なかなかに素敵なコンサートが行われています。

現在のシステムは、コンサートのテーブルチャージは1,155円(場内ホテル宿泊者は577円)で、別にドリンクをオーダーする形式です。
コンサート終了後は、日帰りの方、場外ホテル宿泊の方はしかるべきところまで、車で送っていただけるだろうと思います。ハウステンボスでの1日の〆に、非日常の1日を満喫する為にも利用されてみてはいかがでしょうか。

下記メニューは6月2日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-06-04 23:23 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ア クールヴェール(ディナー)

a0036952_131930.jpg



a0036952_1344072.jpg

今回はホテルアムステルダムのブッフェレストランアクールヴェールのディナーバイキングです。
「長崎じげもん夏の食祭」を利用してきましたので、アップします。最新更新日7月10日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
フランス語で「心を開いて」という意味の名を持つ、世界各地のおいしい料理を取り揃えたインターナショナルブッフェレストランです。朝食から昼食・夕食までブッフェスタイルの料理をご用意いたしております。
重厚ななかにもモダンな雰囲気を漂わせた内装が小粋。ムード、ご予算、そして味。そのすべてを満足させたい欲張りな女性には、ことにおすすめ。楽しむコツは、いろいろなメニューを少量ずつ食べること。本格的なメニューの数々を、格式張らず気楽に食べられるのも嬉しい。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内1階
      席数:96席
【営業時間】6:30~10:00
      11:30~14:30
      18:00~21:00
【予約】昼2,900円、夜5,500円より。
    予約・お問い合わせ/レストランインフォメーション 電話0956-58-1111
(総合予約センター 電話0956-27-0012 )
※キャンセル料は人数減の場合、前日17時以降より100%になるので要注意。
インターネット予約:ランチ・ディナーブッフェに関しては、ネット予約の特典として、10%OFF、さらに20時以降の予約は20%OFFとなっていますので、活用されてはいかがでしょう。
【その他】車椅子利用可。禁煙(喫煙コーナーを設けています)

アクールヴェールのブッフェディナーは、なかなか良いと思います。コストパフォーマンスなどにおいて、また味の好みなどで評価が分かれるかもしれませんが、ステーキなどメイン料理を中心に、しっかりと食事をとったならば十分お値打ちでしょう

ブッフェの場合、その料理を最適なタイミングでいただく事ができない場合が少なからずあり、例えば魚料理。アドミラルなどでいただく魚料理は、火の通し加減が絶妙で皮はカリッと中はしっとり。。。それに比べると、美味しいのですが絶品!というほどではないような気もします。
ただし、「食」は嗜好が分かれるところ。どんなに素晴らしい料理であっても、好みに合わなければそれまで。その意味では、数ある料理の中から好みに合うものだけを、好きなだけ食べることのできるブッフェスタイルの方がより満足感を得られる事もあると思います。

ブッフェスタイルである以上限界はあるものの、丁寧な仕事のホテルクオリティの料理の数々。「あっこれ美味しい♪」って声があちこちであがっていました。

時期によってブッフェのテーマが変わり工夫を凝らされたものになっているようですが、このところ続いている「じげもんシリーズ」はなかなか良い企画だと思います。「じげもん」とは「地元のもの」という意味の方言。地元育ちの人間という意味や、地元食材という意味で使われます。
「長崎じげもんと長崎郷土料理の旅」「長崎 冬のうまかもん」「長崎 じげもん春菜市場」とその時々の旬の「じげもん食材」を使った料理の数々はじげもんにとっても興味深い料理内容でしたが、遠方から来られる方には地元の伝統料理を食する事を「旅」の楽しみとされる方も少なくないと思いますので、良かったのではないかと思います。
今回も引き続き「じげもん」をテーマにと地元食材・地元料理の数々を楽しむ事ができます。

料理の内容は季節により、時期により異なり、下記に示すのはあくまでも今回の期間中のもので、1例にすぎません。これまでの例からしても、日により時間帯によっても料理のラインナップは多少変わるものと思います。
おおよその感じがわかってもらえればと思います。品数もかなり揃えてあり、まずは一通り見た後、上記にもあるように、少量ずつを味わってみる(それでも全ての料理を口にするのは量的に無理な方もおられると思います)のがポイントなのでしょう。全ての料理が好みに合うなんて事はないでしょうから、美味しいと思うものを見つけて、それを中心に味わう事が満足感を大きくしてくれるようです。

ブッフェの場合、全体にざわつく感じがあり、ゆったりと雰囲気も味わいながら食事を楽しみたい方にはデアドミラルやエクセルシオールあたりがお勧めかとも思いますが、反面小さな子供さんを連れて家族で食事をする場合は、(アドミラルやエクセルシオールでも可能ですが)こちらの方が雰囲気的にも、気軽に楽しめるかもしれませんね。
また、ブッフェの内容には、和食メニューも多く、長崎の郷土料理がいろいろと味わえるとあって、年配の方にも、和食党の方にもお勧めしやすい内容かと思います。

ブッフェの場合終了時間近くに利用すると、料理の数が少なく満足できなかったという話を他店ではいろいろと聞くことがありますが、(ラストの時間まで利用した事がありますが)アクールヴェールの場合、そのような心配はないと思います。

ドリンクに関しては、ランチタイムとは異なり、ブッフェでのドリンクが限られています。
席に案内された際に、飲み物について尋ねられる事があるかと思いますが、これは別料金のドリンクメニュー(下記)にも関わるものですので、ご注意を。

以前の「長崎じげもんと長崎郷土料理の旅」等レポ

みーさんのレポ(後編)
みーさんのレポ(前編)


sweetletterさんのレポ

下記ディナーの内容は6月2日のもの。かなり賑わっていた事もあって、写真はウブな感じなものが少なくいまひとつ良いものではありませんが、ご参考までに。

More
by mattarinonbe | 2007-06-03 22:57 | ビネンスタッド