カテゴリ:場外ホテル( 146 )

全日空ホテル/雲海(食事メニュー)

a0036952_171055.jpg

a0036952_1403369.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテルの雲海のご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
しっとりと落ち着いた和風庭園を眺めながら、最高級の「和」の味覚をご堪能ください。
伝統の技で、四季折々の旬の素材が食卓を彩ります。
寿司カウンターでは新鮮な海の幸をご賞味いただけます。
ご結納など大切なおもてなしのお席には個室のお座敷もございます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル3階
     席数 130席
【営業時間】(7:00~10:00) 17:00~22:00
  ※食事のラストオーダーは21:30のようです。
【予約】対応。 予約・問い合わせは 0956-58-7111

a0036952_1344911.jpg

上の写真は案内された席から入口方向を見たところ。写真右手の仕切られたエリアが、すし処「出島」。
a0036952_1818100.jpg

すし処「出島」
 「活きのいい新鮮なネタで、お待ちしております。 」
【営業時間】  17:00~22:00

a0036952_1343084.jpg

上の写真は席から和風庭園を望んだところ。モダンな和といった感じで水をたたえた石庭に時折湯煙があがります。中庭越しにはワッセナーやHTBの風景が広がります。

ハウステンボスは和食が弱いと言われていましたが、07年10月2日にホテルヨーロッパに日本料理の吉翠亭と鉄板焼きの戎座がオープンした事により、「花の家」、「中の茶屋」、「鮨 按針」「おもやい」と充実してきていました。
ところが、4月以降「中の茶屋」と「おもやい」「按針」がクローズになってしまいました。繁忙期には臨時で営業する可能性はありますが、選択肢が「花の家」「吉翠亭」「雲海」に限られて(ちゃんぽんの「悟空」や和食メニューもあるブッフェレストランという選択肢もありますが)しまいました。
そのような中にあって、以前からここ雲海はハウステンボスにおける和食処としてお勧めのレストランであり、現在も存在感のあるお店で、これからさらに重要なお店になってくると思います。
ただ問題は場外にあるため、花火(これはオレンジ広場あたりで楽しむのがベストだと思います)を楽しむとすると不便な事。
ホテル専用カナルクルーザーは現在全日空ホテル宿泊者のみ利用できるように制限されていますが、全日空ホテルのレストラン予約者は利用できるようにしていただけるともっと利用出来るように思います。

立地的に利用し難い面もあるのですが、温泉(琴乃湯)とセットで利用したり、アストラルで食前酒をいただきながらハウステンボス・ワッセナー黄昏時の情景(素敵です)を楽しんだ後に利用するのはけっこうお勧めだったりします。
全日空ホテルのレストランはいずれも個性があり、なかなかに魅力あるレストランだと私は思っています。

ここ雲海は、コース、一品料理ともに、旬の食材をもちいた料理は四季折々内容が変わり、工夫された料理で楽しませてくれます。
和食はあまりにも身近な料理なだけに、好みが人それぞれであり、お客がいろんな地方からお出でになる事を考えると、全ての方に満足いただけるかは私にはわかりませんが、私好みの料理ではありますし、多くの方に受けいられる味ではないかと思っています。
和服でサービスしてくださるスタッフの方たちの頑張りと気配り等も好ましい大きな要素です。

和食好きな方には(好みはいろいろでしょうが)オススメできるお店だと思いますが、上記のように花火やイベントの中心会場となる場内のオレンジ広場やアレキサンダー広場と離れているのが、利用し難い点です。
17時頃から早めの夕食をとり食後に入国して夜のHTBを楽しむか、HTBを楽しんだ後遅めの夕食、あるいは焼酎片手に夜食を楽しむか。全日空ホテル専用船の利用(現在は全日空ホテル宿泊者のみ利用できます。再入場手続きに注意が必要です。あらかじめご確認下さい。)も時間が合えば便利です。

以下の夜のメニューは9月6日、10月8日の店外表示を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-10-22 08:25 | 場外ホテル

全日空ホテル/スカイラウンジ「アストラル」Part1

a0036952_1047169.jpg

a0036952_5264449.jpg

今回は全日空ホテル12階のスカイラウンジ「アストラル」のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
昼はホテル最上階からの自慢の眺望。
夜は満天の星とお洒落なカクテル、世界の銘酒がお楽しみいただけます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル12階
    席数 70席
【営業時間】15:00~24:00

a0036952_5271737.jpg

a0036952_537454.jpg

ここからの眺めは最高!です。
ハウステンボスにおける最良のアトラクションの1つといってもいいかもしれません。
全日空ホテルのパークビューの部屋に泊まっている方は部屋からの眺めで良いかと思いますが、パークビューの部屋でない場合や、全日空ホテルに宿泊しない方は是非利用を検討されてください。

夕刻早目の1杯や一日の終わりにグラスを傾けるのもいいです。
黄昏時の光移り行く時の眺めも素晴らしいですし、夜のハウステンボス(特に光の街の時期)に花火があがる光景も素敵です。もっとも花火や光の街はやはり場内で楽しむのが一番です。全日空ホテルからは距離がありますからね。

ドムトールンからの眺めも良いですが、全日空ホテルからの眺めはまた別物で素晴らしい!です。ワッセナーの素晴らしさ、ハウステンボスの街造りの素晴らしさは全日空ホテルからの眺望により実感できることと思います。
ハウステンボスに入場する前にその景観を楽しみ、期待感をアップさせるも良し、
下記のようにノンアルコールカクテルも用意されていますので、車で来られた方もアストラルでハウステンボスに名残を惜しむのも素敵だと思います。

市中のスナックなどでいうセット料金・テーブルチャージがありませんので気軽に、お手頃価格で楽しむ事ができます。

もっともっと知られ、利用されるべきスポットだと思います。
ハウステンボスには素敵なバーがいろいろとあります。その中にあっても、純粋にバーとしてもっとも好むのはアストラルではないか、そんな気がする事もあります。場外にある事もあって「ハシゴ」し難いので利用頻度は(他に比べると)それほどでもないのですが。。。
このままヴィノ、ジャックポット、グランキャフェがクローズになってしまうのであれば。。。

日によってはウェディング関係などにより貸切になっていることがあります。利用される場合は事前に確認された方が宜しいかと思います。 予約・問い合わせは 0956(58)7111
a0036952_175347.jpg

最上階から眺めるパノラマが何よりのおもてなし。
ロマンテックな夕焼けを楽しみたいならティータイムは遅めに
バータイムはちょっと早目がオススメです。
ハウステンボスに煌く夜景と共に優雅な大人の時間を
お愉しみください。

黄昏時に、窓外に光移りゆく暮れなずむハウステンボスやワッセナーの情景を楽しみながらグラスを傾けるひとときは素晴らしいものがあります。

個人的には琴乃湯で温泉を楽しみ、琴ラウンジでゆったりとすごし、アストラルで食前酒し、レストランで夕食を楽しむ、そんな楽しみ方をする事があります。それだけの魅力のあるアストラル、全日空ホテルです。
a0036952_184572.jpg

メニューにはない、ノンアルコールカクテルなども作って頂く事ができます。
a0036952_5482594.jpg

・バージンブリーズ            ¥900(以前いただいた時の価格ですので現在は?)
ブルースカイ
ノンアルコールカクテル
シーブリーズ  

下記メニューは9月6日の記録を元に改定したナイトタイム(バータイム)のメニューです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-10-22 06:27 | 場外ホテル

全日空ホテル/スカイラウンジ「アストラル」Part2

a0036952_13484514.jpg

字数制限の為2つに分けてアップしています。

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-10-22 06:24 | 場外ホテル

花梨(麺・飯フェア -前菜・デザート食べ放題-)

a0036952_745393.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテルの中国料理「花梨」の夏休み限定企画「麺・飯フェア -前菜・デザート食べ放題-」のご紹介です。
秋に入っても延長して行われていますので、改定版をアップします。
山海の珍味名菜がにぎやかに円卓を飾ります。
「食は広州にあり」、広東料理の真髄を心ゆくまでご賞味ください。
調度を吟味し、意匠を凝らしたインテリア。豪華な雰囲気も共にお楽しみください。
ご会食やご商談には個室もございます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル3階
    席数 70席
    個室 2室
【営業時間】17:00~22:00
  ※下記のようにランチタイムに特別営業が行われる事も。
【予約】対応      予約・問い合わせは 0956-58-7111 

長崎の新地も日本三大中華街に入れていただいており(他の2つとはだいぶ規模に差があるようで気が引けますが)、長崎といえば中華のイメージは多くの方にあるようです。
実際長崎には美味しい中華のお店がいろいろありますが、私はこの「花梨」が好きです。

花梨は通常17時以降の営業ですが、GWなどの繁忙期においてランチタイムの特別営業が行われる事があります。
イケ麺フェア(その中の玉子と太もやし入り翡翠つゆそばはとっても私好みの美味しい麺料理でした。)であるとか、ひんやり冷麺フェア&中国デザート食べ放題(五目入り冷やし翡翠麺をいただきましたが、これも美味)であるとか、いずれもお気に入り。

そして、今年の夏の「麺・飯フェア -前菜・デザート食べ放題-」が好評につき期間延長しこの秋も行われています。
注目!&おすすめです。

以下は7月20日及び9月21日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-10-01 09:20 | 場外ホテル

全日空ホテル/鉄板焼「大村湾」

a0036952_1013188.jpg

         ※上の写真は全日空ホテルの「大村湾」とは直接のつながりは、ありません。大村湾って事でイメージ画像ですね。
今回は、ハウステンボスJR全日空ホテルの大村湾です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
厳選された牛肉、採れたての魚介類、地元の新鮮な食材を集めて、お客様の前で調理いたします。
シェフの見事なナイフさばきにもご注目ください。
眼下に悠然と大村湾が広がる最上階からの眺めも格別です。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル12階
    席数 20席
    個室 1室
【営業時間】17:00~22:00
   ※下記のように前日までの予約によりランチタイムの利用も可能です。ただし2名から。
【予約】対応。 できれば予約された方がよいかと思います。  
     予約・問い合わせは 0956-58-7111

a0036952_22574078.jpg

「大村湾」はコストパフォーマンスの点からすると、味・展望とも優れていると思います。
目の前で調理してくれるお店で同等の味の所は他にもあるとは思いますが、同等の景観を誇るところは。。。味・景観共に満足させてくれる所は希少価値があるのではないでしょうか。

a0036952_23493475.jpg

シェフの方々は、いずれも素敵な気配り・調理で魅せてくださいます。2人でいってコースメニューの選択肢で迷っていると、それぞれを(例えばサーロインとフィレを)1人分づつとし、分けてサーブしてくださったりもします。
a0036952_22271197.jpg

 大村湾で使われている牛肉に関してはお店の入り口の目にしやすい場所に「当店で使用している国産牛肉は牛の生産履歴がわかる10桁の個体識別番号を表示しております」と上のような表示がキチンとなされています。安心ですね。
a0036952_2342730.jpg

展望は「アストラル」と同じ12階で最高!です。ただ、鉄板焼きのカウンターを囲んで席がありますから、窓際に席が並ぶ「アストラル」の方が展望を楽しむには有利とは言えるかと思います。「大村湾」の場合、席によっては柱などによりさえぎられて花火などは見にくい場合があります。(今の花火はオレンジ広場あたりで楽しむのが一番だと思います。)
席数も限られていますので、利用される場合は予約される事をお勧めします。早めの予約の方が席の面でも良いかもしれません。
a0036952_2346390.jpg

12階からの眺めは最高ですが、日没後はライトアップの中心からは離れている事もあり、ワッセナーには明かりがあまり灯らない事が多いこともあって、日没前黄昏時からの食事開始が個人的なお勧めです。冬場は17時(半)頃から、夏場であれば18時半頃からでしょうか。
全日空ホテル上層階からの眺めはハウステンボス最良のアトラクション(魅力ある引きつけるもの。呼び物)の1つだと私は思っています。ハウステンボス10景を選ぶとすれば、私は必ず入れます。特に夜明けと黄昏時がお気に入りです。

そのような意味も含め、エリタージュなき今、ハウステンボスにあるレストランの中でも(個人的には)トップ3に位置する名店だと思っています。
夕暮れ時の空がロゼ色に染まる頃はまるで異国に
いるような錯覚をおこすセレブな空間で
地元で取れた新鮮な食材を、お客様の目の前で、シェフが
見事なナイフさばきで調理します。
新鮮な素材をダイナミックにしあげ、その味をさらに引き立てる
ワインを各種とり揃えています。
鉄板焼とワインは不思議な組合せと思う方も多いようですが
ワイン選びに困ったらいつでもソムリエに相談して下さい。
お客様の雰囲気とお食事にピッタリのワインをお選びします。

a0036952_234489.jpg

デザートは鉄板焼カウンターから席を移していただきます。これも気分が変わって良いものです。食事の余韻に浸りながら、デザートやコーヒーなどを楽しんだ後、支払いは(その場でテーブルチェックもしくは)店外のレジカウンターでの支払い。

全日空ホテルのレストランにおいては次のサービスがあります。
記念日にエール
 「レストランご利用日に誕生日や結婚記念日を迎えられるお客さまへ、夕食ご利用の際、ホテルよりささやかなプレゼントをいたします。」とあり、現在はフォトサービスとオリジナルベアのプレゼント(1組1個)があるようです。
  レストラン利用日が記念日の10日前後が対象で、当日の16時までに予約が必要です。

ホテルヨーロッパに鉄板焼の戎座がオープンし、ホテルヨーロッパクオリティの料理で多くの方に支持されていますが、現在のところ、ここ大村湾の方を推す声も強いようです。
料理については、今後どのような比較評価になっていくかわかりませんが、ほぼ互角の美味しい料理がいただける上に景観のアドバンテージがある事に変わりはなく、今後も十分に利用価値のある素敵なお店であり続けるでしょう。

戎座のアドバンテージとしてはハウステンボス場内にあるという地の利の他、ランチタイムも営業していることですが、大村湾も5名以上で予約すればランチタイムも利用できるようになっています。
 ※前回の記事の際と比べ、新たに「針尾コース」が加わっています。利用は5名からですが、メニューは別々のものをオーダーする事も、それをシェアしていただく事も可能(例えば西海橋2、針尾3を5人でシェアしていただく事も出来るようなお話でした)のようです。ただしメニューは2日前までに決める必要があるようです。

最近では5名以上が2名からとなり、より利用しやすくなっています。予約も2日前から前日までに変更になっています。
全日空ホテルのランチ利用者は天然温泉「琴乃湯」の入浴券(利用は当日限り有効。タオル代100円必要。)プレゼントの特典もありお得になっています。
以下は9月6日に確認した内容です。
ランチ インフォメーション
【営業時間】11:30~14:30
【予約・問合せ】0956-58-7111
   ※利用日の前日までに要予約(電話受付時間7:00~20:00)
   ※利用は2名以上から
○ランチタイム限定 「琴海コース」     一人¥5,500(税・サービス料込)
  料理長おまかせの前菜
  本日の鮮魚
  特上平戸牛ステーキ フィレ(100g) 又は サーロイン(120g)
  焼き野菜
  季節のサラダ
  御飯/味噌汁/香の物
  季節のフルーツ シャーベット添え
  コーヒー

・ランチタイム限定 「西海橋コース」    一人¥4,500
  料理長おまかせの前菜
  特上平戸牛ステーキ フィレ(100g) 又は サーロイン(120g)
  焼き野菜
  季節のサラダ
  御飯/味噌汁/香の物
  季節のフルーツ シャーベット添え
  コーヒー

・ランチタイム限定 「針尾コース」    一人¥3,800
  料理長おまかせの前菜
  本日の鮮魚
  イベリコ豚ロースステーキ(120g)
  焼き野菜
  季節のサラダ
  御飯/味噌汁/香の物
  季節のフルーツ シャーベット添え
  コーヒー


また個室の用意もあるようですので、興味のある方はオフィシャルサイトをご覧下さい。


みゆさんからいただいたコメント
みーさんの「冬のレストランフェア」レポ

以下は9月6日の記録をもとに改定を加えたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-09-18 07:39 | 場外ホテル

花梨(麺・飯フェア -前菜・デザート食べ放題-)

a0036952_745393.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテルの中国料理「花梨」の夏休み限定企画「麺・飯フェア -前菜・デザート食べ放題-」のご紹介です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
山海の珍味名菜がにぎやかに円卓を飾ります。
「食は広州にあり」、広東料理の真髄を心ゆくまでご賞味ください。
調度を吟味し、意匠を凝らしたインテリア。豪華な雰囲気も共にお楽しみください。
ご会食やご商談には個室もございます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル3階
    席数 70席
    個室 2室
【営業時間】17:00~22:00
【予約】対応      予約・問い合わせは 0956-58-7111 

長崎の新地も日本三大中華街に入れていただいており(他の2つとはだいぶ規模に差があるようで気が引けますが)、長崎といえば中華のイメージは多くの方にあるようです。
実際長崎には美味しい中華のお店がいろいろありますが、私はこの「花梨」が好きです。

花梨は通常17時以降の営業ですが、GWなどの繁忙期においてランチタイムの特別営業が行われる事があります。
イケ麺フェア(その中の玉子と太もやし入り翡翠つゆそばはとっても私好みの美味しい麺料理でした。)であるとか、ひんやり冷麺フェア&中国デザート食べ放題(五目入り冷やし翡翠麺をいただきましたが、これも美味)であるとか、いずれもお気に入り。

そして、今年の夏は「麺・飯フェア -前菜・デザート食べ放題-」です。
注目!&おすすめです。

以下は7月20日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-07-22 07:43 | 場外ホテル

全日空ホテル/スカイラウンジ「アストラル」Part1

a0036952_1047169.jpg

a0036952_5264449.jpg

今回は全日空ホテル12階のスカイラウンジ「アストラル」のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
昼はホテル最上階からの自慢の眺望。
夜は満天の星とお洒落なカクテル、世界の銘酒がお楽しみいただけます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル12階
    席数 70席
【営業時間】15:00~24:00

a0036952_5271737.jpg

a0036952_537454.jpg

ここからの眺めは最高!です。
ハウステンボスにおける最良のアトラクションの1つといってもいいかもしれません。
全日空ホテルのパークビューの部屋に泊まっている方は部屋からの眺めで良いかと思いますが、パークビューの部屋でない場合や、全日空ホテルに宿泊しない方は是非利用を検討されてください。

夕刻早目の1杯や一日の終わりにグラスを傾けるのもいいです。
黄昏時の光移り行く時の眺めも素晴らしいですし、夜のハウステンボス(特に光の街の時期)に花火があがる光景も素敵です。もっとも花火や光の街はやはり場内で楽しむのが一番です。全日空ホテルからは距離がありますからね。

ドムトールンからの眺めも良いですが、全日空ホテルからの眺めはまた別物で素晴らしい!です。ワッセナーの素晴らしさ、ハウステンボスの街造りの素晴らしさは全日空ホテルからの眺望により実感できることと思います。
ハウステンボスに入場する前にその景観を楽しみ、期待感をアップさせるも良し、
下記のようにノンアルコールカクテルも用意されていますので、車で来られた方もアストラルでハウステンボスに名残を惜しむのも素敵だと思います。

市中のスナックなどでいうセット料金・テーブルチャージがありませんので気軽に、お手頃価格で楽しむ事ができます。

もっともっと知られ、利用されるべきスポットだと思います。
ハウステンボスには素敵なバーがいろいろとあります。その中にあっても、純粋にバーとしてもっとも好むのはアストラルではないか、そんな気がする事もあります。場外にある事もあって「ハシゴ」し難いので利用頻度は(他に比べると)それほどでもないのですが。。。
このままヴィノ、ジャックポット、グランキャフェがクローズになってしまうのであれば。。。

日によってはウェディング関係などにより貸切になっていることがあります。利用される場合は事前に確認された方が宜しいかと思います。 予約・問い合わせは 0956(58)7111
a0036952_175347.jpg

最上階から眺めるパノラマが何よりのおもてなし。
ロマンテックな夕焼けを楽しみたいならティータイムは遅めに
バータイムはちょっと早目がオススメです。
ハウステンボスに煌く夜景と共に優雅な大人の時間を
お愉しみください。

黄昏時に、窓外に光移りゆく暮れなずむハウステンボスやワッセナーの情景を楽しみながらグラスを傾けるひとときは素晴らしいものがあります。

個人的には琴乃湯で温泉を楽しみ、琴ラウンジでゆったりとすごし、アストラルで食前酒し、レストランで夕食を楽しむ、そんな楽しみ方をする事があります。それだけの魅力のあるアストラル、全日空ホテルです。
a0036952_184572.jpg

メニューにはない、ノンアルコールカクテルなども作って頂く事ができます。
a0036952_5482594.jpg

・バージンブリーズ            ¥900(以前いただいた時の価格ですので現在は?)
ブルースカイ
ノンアルコールカクテル
シーブリーズ  

下記メニューは6月14日の記録を元に改定したナイトタイム(バータイム)のメニューです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-06-18 22:35 | 場外ホテル

全日空ホテル/スカイラウンジ「アストラル」Part2

a0036952_13484514.jpg

字数制限の為2つに分けてアップしています。

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-06-18 22:23 | 場外ホテル

全日空ホテル/雲海(ドリンクメニュー)

a0036952_22475348.jpg

a0036952_2249473.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテルの雲海のドリンクメニューです。
改訂版をアップします。
しっとりと落ち着いた和風庭園を眺めながら、最高級の「和」の味覚をご堪能ください。
伝統の技で、四季折々の旬の素材が食卓を彩ります。
寿司カウンターでは新鮮な海の幸をご賞味いただけます。
ご結納など大切なおもてなしのお席には個室のお座敷もございます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル3階
     席数 130席
【営業時間】(7:00~10:00) 17:00~22:00
【予約】対応。 予約・問い合わせは 0956-58-7111

私が雲海を好む大きな理由の1つがドリンクメニューにあります。

雲海は焼酎好きにとっては、面白い存在だと思います。
焼酎を売り物にしている市中のお店と比べると品揃え豊富とは必ずしも言えないかもしれませんが、そのラインナップはなかなか面白いと思います。
呑み助には保守的な方も多く、飲みなれたお酒以外は口にしない方も少なからずおられますが、旅先にあってはいつもとは違った酒との出会いを楽しむのも一興ではないでしょうか。

たとえば「雲海おすすめ焼酎セット」1,386 円で3種類の利き酒ができる。どのような選択をするか楽しみではないですか?
用意されている顔ぶれもなかなかのものです。
飲みなれた焼酎との比較で飲むも良し、原材料の違いがどのように焼酎の味わいを変えるのかを楽しむも良し、同じ芋でどれだけの違いがあるかを楽しむも良し、いろいろな楽しみができるでしょう。
吉酎などは黒麹と白麹と麹の違う2種類が用意されています。黒麹は「パンチの効いた深みとコクのある味、キレのよさが特徴」で白麹は「おだやかでマイルド、芋らしい焼酎が出来上がるのが特徴」だとか。本格芋焼酎の主流は白麹でしたが、近年黒麹で造られた芋焼酎の人気が高まっています。同じ銘柄で麹による違いがわかるか楽しむのも一興でしょう。
また、「くじらのボトル」と「海」も同じ大海酒造の焼酎で、高血圧や糖尿に効果があるとされる鹿児島ブランドの温泉水「寿鶴」を使用した人気の焼酎。「くじらのボトル」が白麹で「海」は黄麹。黄麹は「繊細かつさわやかなテイスト。フルーティーな芳香で、芋臭さが苦手な方にも飲みやすい」のが特徴とされ、芋焼酎にチャレンジしてみたいという方には黄麹のものが向いていると言われます。
「焼酎セットプレミアム ¥2,800」となると幻の焼酎と言われる「森伊蔵」「魔王」「村尾」「百年の孤独」「伊佐美」と揃っています。「ななこ」や「黒瀬安光」なども知る人ぞ知る素晴らしい焼酎。
また「刀」は蒸留後最初に出てくる「初留取」の贅沢な原酒。44度ですが、高い度数を感じさせない洋酒のような切れのある上品でソフトな飲み口と言われています。全日空の国際線で販売されていると聞いた事があります。

焼酎に限らずいろいろと飲みたい方には飲み放題メニュー2種がお得でしょう。

和食にシャンパンも面白いです。200mlのミニなボトルですが、飲み進み具合を見計らってお酌していただけました。
女性(に限らないと思いますが)には梅酒や自家製果実酒もお勧め。

飲めない方には九州の天然水4種も用意されています。

以下は6月13日に記録したメニューです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-06-18 18:55 | 場外ホテル

全日空ホテル/雲海(食事メニュー)

a0036952_171055.jpg

a0036952_1403369.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテルの雲海のご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
しっとりと落ち着いた和風庭園を眺めながら、最高級の「和」の味覚をご堪能ください。
伝統の技で、四季折々の旬の素材が食卓を彩ります。
寿司カウンターでは新鮮な海の幸をご賞味いただけます。
ご結納など大切なおもてなしのお席には個室のお座敷もございます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル3階
     席数 130席
【営業時間】(7:00~10:00) 17:00~22:00
  ※食事のラストオーダーは21:30のようです。
【予約】対応。 予約・問い合わせは 0956-58-7111

a0036952_1344911.jpg

上の写真は案内された席から入口方向を見たところ。写真右手の仕切られたエリアが、すし処「出島」。
a0036952_1818100.jpg

すし処「出島」
 「活きのいい新鮮なネタで、お待ちしております。 」
【営業時間】  17:00~22:00

a0036952_1343084.jpg

上の写真は席から和風庭園を望んだところ。モダンな和といった感じで水をたたえた石庭に時折湯煙があがります。中庭越しにはワッセナーやHTBの風景が広がります。

ハウステンボスは和食が弱いと言われていましたが、07年10月2日にホテルヨーロッパに日本料理の吉翠亭と鉄板焼きの戎座がオープンした事により、「花の家」、「中の茶屋」、「鮨 按針」「おもやい」と充実してきていました。
ところが、4月以降「中の茶屋」と「おもやい」「按針」がクローズになってしまいました。繁忙期には臨時で営業する可能性はありますが、選択肢が「花の家」「吉翠亭」「雲海」に限られて(ちゃんぽんの「悟空」や和食メニューもあるブッフェレストランという選択肢もありますが)しまいました。
そのような中にあって、以前からここ雲海はハウステンボスにおける和食処としてお勧めのレストランであり、現在も存在感のあるお店で、これからさらに重要なお店になってくると思います。
ただ問題は場外にあるため、花火(これはオレンジ広場あたりで楽しむのがベストだと思います)を楽しむとすると不便な事。
ホテル専用カナルクルーザーは現在全日空ホテル宿泊者のみ利用できるように制限されていますが、全日空ホテルのレストラン予約者は利用できるようにしていただけるともっと利用出来るように思います。

立地的に利用し難い面もあるのですが、温泉(琴乃湯)とセットで利用したり、アストラルで食前酒をいただきながらハウステンボス・ワッセナー黄昏時の情景(素敵です)を楽しんだ後に利用するのはけっこうお勧めだったりします。
全日空ホテルのレストランはいずれも個性があり、なかなかに魅力あるレストランだと私は思っています。

ここ雲海は、コース、一品料理ともに、旬の食材をもちいた料理は四季折々内容が変わり、工夫された料理で楽しませてくれます。
和食はあまりにも身近な料理なだけに、好みが人それぞれであり、お客がいろんな地方からお出でになる事を考えると、全ての方に満足いただけるかは私にはわかりませんが、私好みの料理ではありますし、多くの方に受けいられる味ではないかと思っています。
和服でサービスしてくださるスタッフの方たちの頑張りと気配り等も好ましい大きな要素です。

和食好きな方には(好みはいろいろでしょうが)オススメできるお店だと思いますが、上記のように花火やイベントの中心会場となる場内のオレンジ広場やアレキサンダー広場と離れているのが、利用し難い点です。
17時頃から早めの夕食をとり食後に入国して夜のHTBを楽しむか、HTBを楽しんだ後遅めの夕食、あるいは焼酎片手に夜食を楽しむか。全日空ホテル専用船の利用(現在は全日空ホテル宿泊者のみ利用できます。再入場手続きに注意が必要です。あらかじめご確認下さい。)も時間が合えば便利です。

以下の夜のメニューは6月13日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-06-16 14:24 | 場外ホテル