カテゴリ:パレス&デンハーグ( 184 )

パレスハウステンボス ティーサロン

a0036952_7381727.jpg

今回はパレスハウステンボスに期間限定でオープンした、パレスハウステンボス・ティーサロンのご紹介です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
パレスハウステンボスにサロンがオープン。お散歩の途中に、美術鑑賞の合間に、くつろぎの時間をお過ごしください。
【提供期間】 5月29日~8月31日
【提供時間】 10:00~16:00(ラストオーダー)
【場  所】 パレスハウステンボス1F
【その他】ファミリエポイント対象店舗

a0036952_7441252.jpg

 今年は思うに過去最高の薔薇祭(姉妹ブログに少し書いています。宜しかったらこちらもご覧下さい)。5月30日は最盛期は過ぎたものの、まだまだ素敵に薔薇を愉しむ事が出来ました。
a0036952_7443645.jpg

 アートガーデンもまだまだ多くの方を魅了しています。ペット同伴が解禁になった事で、ペット連れで楽しんでおられる方も。
a0036952_745829.jpg

a0036952_7452517.jpg

 パレスハウステンボスのローズガーデンもまだまだ魅力的。
a0036952_7462021.jpg

a0036952_7465336.jpg

a0036952_7471468.jpg

 ホワイトローズガーデンも清楚な美しさ
a0036952_7474085.jpg

a0036952_7475866.jpg

 新緑も素敵です。
a0036952_7482323.jpg

 いろいろと変化が生じつつあるハウステンボスですが、5月15日よりパレスハウステンボス前庭、ローズガーデンは有料となっています。
     5月15日~5月23日  500円
     5月24日~5月28日  400円
     5月29日~      600円
  ※とくとくチケット、パスポート、パスカード、ファミリエ年間パスカード会員は無料。
 料金に差異があるのは、ハウステンボス美術館での展示の有無によるようです。
 5月29日からは宮廷画家ルドゥーテの描いた美しき薔薇の世界展が始まっています。マリーアントワネットやナポレオン妃ジョゼフィーヌに仕えた宮廷画家ルドゥーテの最高傑作「バラ図譜」の完全版を九州で初めて展示・紹介するというもの。実に細密で美しい図譜で、見応え充分。期間中(8月31日まで)私も何度か足を運ぶ事になりそうです。
 ギャラリートークや自動演奏楽器の演奏(11:30~、13:30~、15:30~、17:30~ 各々約5分)などイベントもいろいろと催されるようですので、オフィシャルサイトでご確認下さい。

 この「宮廷画家ルドゥーテの描いた美しき薔薇の世界展」にあわせて、レンブラントホール等で頑張っておられる宴会スタッフの方々によって5月29日よりパレスハウステンボス・ティーサロンが期間限定でオープンしています。かつてクリスマスの時期に臨時オープンしていたティーサロンパレス(2階のプリンスルームで営業)とは異なり、1階のパレスショップがあった場所での営業です。

 美術館やローズガーデン、ホワイトローズガーデンとゆったりと楽しむ合間のティータイム。なかなか素敵です。
a0036952_74148100.jpg

 デンハーグファンの方ならきっと懐かしさを感じる事でしょう。ティークリッパーで使われていた椅子・テーブルが。
a0036952_742618.jpg

 お皿も素敵です。場内のショップ・アンジェリケ(6月30日まで)とここパレスのミュージアムショップ(8月31日まで)ではルドゥーテ『レ・ローズ(バラ図譜)』陶磁器シリーズなどの雑貨の販売も行われています。

下記は5月30日に利用した際の記録をもとに記載しています。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-06-01 14:19 | パレス&デンハーグ

自然食レストラン/トロティネ(ランチ)

a0036952_9181217.jpg

a0036952_9183461.jpg

今回はハウスンテンボス、フォレストパーク内にあるトロティネです。4月11日をラストにランチタイムの営業を終えていましたが、このGW期間中5月2日~4日の3日間限定でランチタイム営業をしていますので、御紹介致します。
 ※10年7月17日より夏期限定でランチタイム営業する予定のようです。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
森と湖のフォレストパークを彩るお庭「フォレストガーデン」。
ハーブや果樹、野菜や草花たちが織りなす美しい風景は、まるでヨーロッパ郊外の村のようです。
そのフォレストガーデンにあるレストラン「トロティネ」は、緑豊かな庭や湖を眺めながら、和洋中のメニューがそろうブッフェスタイルの食事をお楽しみいただける、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
 ランチタイムにハウステンボス総料理長ローラン・ジャンマリープロデュースのボタニカルレストランとして営業。自然に囲まれた静かなロケーションで、ヘルシー・ビューティー・エコをテーマに、見て美しい、食べて美味しい、身体に優しい料理をお楽しみください。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:96席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【ランチタイム営業日】7月25日~9月27日まで、土・日曜日限定での営業でしたが、
           10月3日より平日も営業。店休日は毎週水曜日
           4月11日をラストにランチタイム営業を終えていましたが、上記のように5月2日~4日の3日間ランチ営業をしています。今後もランチタイム営業をしたい意向もあるようですが、未定です。
【営業時間】12:00~14:30
【予約・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

a0036952_8502982.jpg

フォレストヴィラのメインレストランと言うべき位置づけのこのトロティネ、通常は朝食のみの営業で、場内ホテル宿泊者以外にはあまり縁のないお店でした。ここは非常にロケーションの良い所ですから残念な気がしておりました。
ランチタイム及び喫茶営業は夏季やGWなどに臨時に行われるのみの(フォレストヴィラ宿泊者以外にとっては)幻のレストランでした。
09年7月25日より、期間限定・土・日曜日限定でランチタイム営業していましたが、10月3日からは平日も含めランチタイム営業するようになっていましたが、4月11日がラストとなり4月12日からはランチタイム営業をしていませんでした。
08年3月よりハウステンボスに赴任され、トロティネという場を得て真価を発揮し始め、ファンの輪を広げつつあったローランシェフが退任・退職されハウステンボスをさられことや、今後フォレストパークをどのようにしていくか、その構想(ベンチャー企業誘致であるとか、医療観光等の候補地)もあっての事だったのでしょうか。。。

ハーブやエディブルフラワーをうまく用いたそのお料理は”ボタニカルリゾート”を掲げていたハウステンボスにはとてもよくマッチし、フォレストガーデン、トロティネとともに今後が楽しみだったのですが。。。

HISが支援してくれる事になりとてもありがたく大感謝!
様々なプランが提示され、具体的な事はわからない事が多いものの今後に大いに期待しております。

無料ゾーンにおいては、マリンハーバーに加え釣堀、キャンプ場、ベンチャー企業誘致や医療観光といった構想があるようですが、それらはハウステンボスにこれまで以上に多様な魅力を加えるという点ではいいかと思いますが、ハウステンボスの本来の魅力からすると枝葉ではないかと?
それらに魅力を感じ訪れた方にもハウステンボス本来の魅力を知って頂き、ハウステンボス滞在を楽しんでいただく。そのうえでリピートや有料ゾーンをも楽しんでいただく事が出来るならば。。
いろいろな案・企画がある事と思いますが、如何に多くの方に(すごし易く)楽しみ・満足していただくか、如何に繰り返し楽しんでいただけるか、如何にハウステンボスを知っていただくか。。そのような視点は不可欠ではないでしょうか。

報道によると年間入場者数の採算ラインは150万人前後と設定されているようですが、十分可能な数字と思われます。
これまでハウステンボスを愛し足を運び続けてきた人に加え、新たにハウステンボスの良さを知って頂く方々、新たなハウステンボスの魅力により足を運んで下さる方々で十分達成できる数字でしょう。
その為にも、ハウステンボスの良さ・魅力を再認識した上で、新たな魅力を付加していって欲しいと思います。。
ハウステンボスの魅力を如何にわかりやすく伝えていくかをも、これまで以上に工夫して欲しいとも思います。
いずれにしても期待大な新生ハウステンボス。今後も大いに楽しませていただきたいと思いますし、楽しめるハウステンボスであるよう様々な配慮をお願いしたいと思います。

a0036952_8511130.jpg

a0036952_8542543.jpg

トロティネの湖畔サイドの席からはこのような景観を楽しみながらのんびり食事が出来ることになります。
フォレストパークはHTB内でも別世界的な場所で、この湖畔あたりだけでも散策する事をお勧めしたいです。
HTBを訪れる方の動線から外れている事もあり、場所を知らない、あるいは存在そのものを知らない方も少なくないようなのは残念な事です。
無料化になると事情は変わってくるかと。また、展開によってはフォレストパークは全く異なったものになっていくかも。。

トロティネはある意味もっともハウステンボスらしさを発揮できるレストランではないかと思います。
無料ゾーンを活かし、ハウステンボスのコンセプトを知っていただくうえでもトロティネを今後も活用していっていただきたい。。そう願います。
メニューもかつて夏休み期間中に臨時営業していた際のようなものになるのでは?というお話もありましたが、今回は4月11日までの流れを汲むような内容でした。私としてはこのような方向性の方が望ましいように思います。
カツ丼やカレー、パスタなども美味しいものでしたが、それらは市中のお店で広くいただく事の出来るもの。やはりハウステンボスらしいハウステンボスならではのメニューが欲しいように思います。それをいただく為に足を運んでもらえるような。。
ボタニカルで見た目良く、ヘルシーで美味しい、季節感のあるお料理。
RINとのお得なプランをもアピールし、身近なぷちリゾートとして繰り返し訪れたくなるような。。。

トロティネでランチを楽しむ前後は是非フォレストパークの散策を楽しんでいただきたいものです。
a0036952_9245068.jpg

 フォレストガーデンを眺めながらの食事はやはりいいものです。ゆったりとランチタイムを過ごすのにお勧めです。もっとも無料化になると、営業を続けた場合、これまで以上の賑わいになる事も予想されます。
 これまで私が利用した範囲では週末など多くの方で賑わっています。特にご婦人方の利用が多いようで、女性に人気のトロティネのようです。もちろん私のようにオヤジ1人で利用するケースもありますし、男性グループやご家族など幅広く利用できるトロティネです。また、時期によってはスパとのセットプランも登場しますので、あわせてご利用になるのも良いかと思います。

以下は5月3日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-05-04 09:52 | パレス&デンハーグ

自然食レストラン/トロティネ(ランチ)

a0036952_9181217.jpg

a0036952_9183461.jpg

今回はハウスンテンボス、フォレストパーク内にあるトロティネです。改定版をアップします。最新更新日4月15日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
森と湖のフォレストパークを彩るお庭「フォレストガーデン」。
ハーブや果樹、野菜や草花たちが織りなす美しい風景は、まるでヨーロッパ郊外の村のようです。
そのフォレストガーデンにあるレストラン「トロティネ」は、緑豊かな庭や湖を眺めながら、和洋中のメニューがそろうブッフェスタイルの食事をお楽しみいただける、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
 ランチタイムにハウステンボス総料理長ローラン・ジャンマリープロデュースのボタニカルレストランとして営業。自然に囲まれた静かなロケーションで、ヘルシー・ビューティー・エコをテーマに、見て美しい、食べて美味しい、身体に優しい料理をお楽しみください。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:96席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【ランチタイム営業日】7月25日~9月27日まで、土・日曜日限定での営業でしたが、
           10月3日より平日も営業。店休日は毎週水曜日
        ※婚礼等により貸切営業の日もあります。ご注意。3月は現時点では21日と27日が貸切となっています。
【営業時間】12:00~14:00
【予約・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

a0036952_8502982.jpg

フォレストヴィラのメインレストランと言うべき位置づけのこのトロティネ、通常は朝食のみの営業で、場内ホテル宿泊者以外にはあまり縁のないお店でした。ここは非常にロケーションの良い所ですから残念な気がしておりました。
ランチタイム及び喫茶営業は夏季やGWなどに臨時に行われるのみの(フォレストヴィラ宿泊者以外にとっては)幻のレストランでした。
09年7月25日より、期間限定・土・日曜日限定でランチタイム営業していましたが、10月3日からは平日も含めランチタイム営業するようになっています。
08年3月よりハウステンボスに赴任され、トロティネという場を得て真価を発揮し始め、ファンの輪を広げつつあったローランシェフがこの度退任・退職されハウステンボスをさられたとあって、トロティネの営業も(とりあえず)4月11日までの予定だとか。

ハーブやエディブルフラワーをうまく用いたそのお料理は”ボタニカルリゾート”を掲げていたハウステンボスにはとてもよくマッチし、フォレストガーデン、トロティネとともに今後が楽しみだったのですが。。。

HISが支援してくれる事になりとてもありがたく大感謝!
様々なプランが提示され、具体的な事はわからない事が多いものの今後に大いに期待しております。
ただ、一方でこれまでハウステンボスに通い続けてきたものとして若干の懸念も。
どうか、十分な検討を加えられ拙速に陥らず、そのような懸念を吹き飛ばす”新生ハウステンボス”であっていただきたいものと願っております。


報道によると年間入場者数の採算ラインは150万人前後と設定されているようですが、十分可能な数字と思われます。
これまでハウステンボスを愛し足を運び続けてきた人に加え、新たにハウステンボスの良さを知って頂く方々、新たなハウステンボスの魅力により足を運んで下さる方々で十分達成できる数字でしょう。
その為にも、ハウステンボスの良さ・魅力を(いたずらに卑下・批判することなく)再認識した上で、新たな魅力を付加していって欲しいと思います。。
a0036952_14195280.jpg

そのような事からするとこの夏のイベントなどに、まだプランの段階だと思いますが、ウォータースキーショーやフラメンコといったこれまで人気のあったイベントを(オフィシャルサイトでリニューアル情報の写真はイメージだと思っていましたが)考えておられるようで、その点でも安堵し歓迎しております。
フォレストパークも、ベンチャー企業誘致であるとか、医療観光等の候補地として考えておられるようですが、検討を重ねる一方で(それらが具体化するまでは)フォレストパークをも今の流れで活かしていって欲しいと思います。
トロティネも(計画されている)無料化ゾーンにあって貴重なレストラン。4月11日でいったん休止後もGWあたりには再び営業する方向性で検討されているようで、是非実現して欲しいと願っております。
マリーナの桟橋先端部に「海上釣り堀」を設置し、マダイやブリを釣り、近くのシーフードレストランで釣った魚を調理できるようにするプランもあるようで、おそらく現在クローズ中のカタルニアあたりがその候補になるのではないかと思いますし、テナントとして飲食店の誘致も考えておられるのかとも思いますが、来るGWにそれらが間に合うかどうか。。?現在休止中のナッシュマルクトをオレンジ広場で復活させたとしても無料化で訪れる方々に十分な飲食店が用意できるか。。?どう考えてもトロティネは必要でしょう。そして、願わくば戎座も再びランチタイムも営業出来るようにもっていって欲しいものです。さらに出来うる事ならばエクセルシオールやティークリッパー、ヴィノテークもホテルとしてのデンハーグ再開に先んじて営業していただければ。。

ローランシェフが退職されたとあっては、現在のようなローランメニューの提供はむりなのでしょうが、単純にかつて夏季など期間限定で営業していた時のようなメニューに戻すのではなく、ローラン色をある程度残していただけると現在トロティネを楽しんでいる方々にとっても望ましいのではないでしょうか。
a0036952_14135140.jpg

例えば、このサラダ。ハーブにエディブルフラワーやフルーツ、ナッツなどを用いた見た目も良く楽しいサラダは引き続き提供する事は可能ではないのでしょうか?ドレッシングも。
せっかくつかみつつあるファンを失うことなく、より盛り上げていく為にもこれまでの路線をある程度は踏襲したものである事が望ましいのではないかと思うのです。

無料ゾーンにあってはマリーナとを結ぶ橋の建設も検討されているものと思いますが、どのあたりにどのように建設されるかも興味深いところです。出来うることなら、西水門をクルーザーが通過できるような感じであって欲しいのですが。。。
a0036952_14461514.jpg

a0036952_14465257.jpg

かつてのネレイド&エリタージュランチのプランはハウステンボスにあって最良のアトラクションの1つであったと思っていますので、そのプランが再開出来る道を残しておいていただけるといいのですが。。他ではないようなハウステンボス独自の魅力であったと思いますので。
また、アクティビティセンターも移転するプランがあるようですが、クルーザーなどを利用する人の利便性からも、無料入場者であってもマリンレジャーを楽しめるように、一部機能はかつてのパラディ(現龍馬伝館よろず屋)のあたりにでも残す必要があるのではないかと思いますし、実際にそのようになるのではないかと予想するのですが。。。
現在アクティビティセンター及びアクティビティラウンジ(アクティビティセンターの移転によってなくなってしまう可能性も?)は大いなる魅力を発揮している(私的には目玉の1つ)ように思いますので、移転がやむを得ない場合でも、出来うる限りその魅力を残し、より素晴らしいものにしていただきたいものと思います。

無料ゾーン以外の変化としては、アムステルフェーンが復活するようです。この3月まではムーンシャワーとパロットだけの営業でしたが、カフェ・デ・ハーフェンが復活営業を始めている他、按針もリニューアル工事中で、グランキャフェも再開する事が決まっているようです。
ムーンシャワーはこのGWに「あのねのね」や「プリンセス天功さん」のマジックショーなど(定員150名となっていますが、ムーンシャワーに150名は・・?楽しまれるのであれば、早めの入店をお勧めします)が楽しめる「エンターテイメントタウン」としてリニューアルするようですが、それに伴い、これまでムーンシャワーでテナント営業されていた方が「カフェ・デ・ハーフェン」に移り営業を始めておられます。按針は鮨屋ではなく、居酒屋としての再開のようです。
いずれも大いに歓迎で、楽しみですが、(4月11日以降のイベントスケジュールや内容が現在不明ですが)アムステルフェーンが賑わう為にも魅力あるナイトタイムイベント等を企画・実施していって欲しいと思いますし、現在キャンペーンとして企画されているようですが、ナイトタイムは無料ゾーンに入場された方たちも安価もしくは無料でユトレヒトのレストランやアムステルフェーンのナイトスポットを楽しめるようであって欲しい気がします。

いずれにしても期待大な新生ハウステンボス。今後も大いに楽しませていただきたいと思いますし、楽しめるハウステンボスであるよう様々な配慮をお願いしたいと思います。


a0036952_8511130.jpg

a0036952_8542543.jpg

トロティネの湖畔サイドの席からはこのような景観を楽しみながらのんびり食事が出来ることになります。
フォレストパークはHTB内でも別世界的な場所で、この湖畔あたりだけでも散策する事をお勧めしたいです。
HTBを訪れる方の動線から外れている事もあり、場所を知らない、あるいは存在そのものを知らない方も少なくないようなのは残念な事です。
無料化になると事情は変わってくるかと。また、展開によってはフォレストパークは全く異なったものになっていくかも。。
トロティネでランチを楽しむ前後は是非フォレストパークの散策を楽しんでいただきたいものです。
a0036952_7415822.jpg

a0036952_74237100.jpg

a0036952_743481.jpg

 自然食レストラン/トロティネでは、ローラン・ジャンマリー(元)総料理長プロデュースのボタニカルメニューがこの4月11日まで楽しめます。
ローランシェフのお料理はトロティネで生き生きとしています。

a0036952_9245068.jpg

 フォレストガーデンを眺めながらの食事はやはりいいものです。ゆったりとランチタイムを過ごすのにお勧めです。もっとも無料化になると、営業を続けた場合、これまで以上の賑わいになる事が予想されます。
 これまで私が利用した範囲では週末など多くの方で賑わっています。特にご婦人方の利用が多いようで、女性に人気のトロティネのようです。もちろん私のようにオヤジ1人で利用するケースもありますし、男性グループやご家族など幅広く利用できるトロティネです。また、時期によってはスパとのセットプランも登場しますので、あわせてご利用になるのも良いかと思います。

以下は3月7日に利用した際の記録に4月1日・4日に利用した際の写真等を追加したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-04-08 14:56 | パレス&デンハーグ

自然食レストラン/トロティネ(ランチ)

a0036952_9181217.jpg

a0036952_9183461.jpg

今回はハウスンテンボス、フォレストパーク内にあるトロティネです。改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
森と湖のフォレストパークを彩るお庭「フォレストガーデン」。
ハーブや果樹、野菜や草花たちが織りなす美しい風景は、まるでヨーロッパ郊外の村のようです。
そのフォレストガーデンにあるレストラン「トロティネ」は、緑豊かな庭や湖を眺めながら、和洋中のメニューがそろうブッフェスタイルの食事をお楽しみいただける、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
 ランチタイムにハウステンボス総料理長ローラン・ジャンマリープロデュースのボタニカルレストランとして営業。自然に囲まれた静かなロケーションで、ヘルシー・ビューティー・エコをテーマに、見て美しい、食べて美味しい、身体に優しい料理をお楽しみください。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:96席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【ランチタイム営業日】7月25日~9月27日まで、土・日曜日限定での営業でしたが、
           10月3日より平日も営業。店休日は毎週水曜日
        ※婚礼等により貸切営業の日もあります。ご注意。3月は現時点では21日と27日が貸切となっています。
【営業時間】12:00~14:00
【予約・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

a0036952_8502982.jpg

フォレストヴィラのメインレストランと言うべき位置づけのこのトロティネ、通常は朝食のみの営業で、場内ホテル宿泊者以外にはあまり縁のないお店でした。ここは非常にロケーションの良い所ですから残念な気がしておりました。
ランチタイム及び喫茶営業は夏季やGWなどに臨時に行われるのみの(フォレストヴィラ宿泊者以外にとっては)幻のレストランでした。
09年7月25日より、期間限定・土・日曜日限定でランチタイム営業していましたが、10月3日からは平日も含めランチタイム営業するようになっています。
a0036952_14365932.jpg

写真はトロティネと湖畔の間に遊歩道があるのですが、そこからの(かつての)風景です。
a0036952_8511130.jpg

こちらは今年5月の情景。ボタニカルリゾート構想に基づきガーデンリニューアルがなされています。
a0036952_8542543.jpg

トロティネの湖畔サイドの席からはこのような景観を楽しみながらのんびり食事が出来ることになります。
a0036952_14374910.jpg

フォレストパークはHTB内でも別世界的な場所で、この湖畔あたりだけでも散策する事をお勧めしたいです。
HTBを訪れる方の動線から外れている事もあり、場所を知らない、あるいは存在そのものを知らない方も少なくないようなのは残念な事です。
トロティネでランチを楽しむ前後は是非フォレストパークの散策をお楽しみ下さい。
a0036952_23242352.jpg


a0036952_7415822.jpg

a0036952_74237100.jpg

a0036952_743481.jpg

10月1日・2日は店内改装の為お休みだったそうですが、椅子テーブルなど以前とは異なっています。上の3つの写真は改装後のもので、上の以前の写真との違いがおわかりいただけると思います。テーブル・椅子の木のぬくもりがいい感じです。
a0036952_741227.jpg

 自然食レストラン/トロティネでは、ローラン・ジャンマリー総料理長プロデュースのボタニカルメニューが楽しめます。
ローランシェフのお料理はトロティネで生き生きとしているように思えます。

a0036952_9245068.jpg

フォレストガーデンを眺めながらの食事はやはりいいものです。ゆったりとランチタイムを過ごすのにお勧めです。その意味でも平日の営業は良い事ですね。
ただし、婚礼等で貸切の事もありますので要注意です。

 これまで私が利用した範囲では週末など多くの方で賑わっています。特にご婦人方の利用が多いようで、女性に人気のトロティネのようです。もちろん私のようにオヤジ1人で利用するケースもありますし、男性グループやご家族など幅広く利用できるトロティネです。また、時期によってはスパとのセットプランも登場しますので、あわせてご利用になるのも良いかと思います。

以下は3月7日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-09 15:42 | パレス&デンハーグ

自然食レストラン/トロティネ(モーニングブッフェ)

a0036952_9181217.jpg

a0036952_9183461.jpg

今回はハウスンテンボス、フォレストパーク内にあるトロティネのモーニングブッフェのご紹介です。
森と湖のフォレストパークを彩るお庭「フォレストガーデン」。
ハーブや果樹、野菜や草花たちが織りなす美しい風景は、まるでヨーロッパ郊外の村のようです。
そのフォレストガーデンにあるレストラン「トロティネ」は、緑豊かな庭や湖を眺めながら、和洋中のメニューがそろうブッフェスタイルの食事をお楽しみいただける、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
 ランチタイムにハウステンボス総料理長ローラン・ジャンマリープロデュースのボタニカルレストランとして営業。自然に囲まれた静かなロケーションで、ヘルシー・ビューティー・エコをテーマに、見て美しい、食べて美味しい、身体に優しい料理をお楽しみください。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:96席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【営業時間】朝食 7:00~10:00
      昼食 12:00~14:00
【予約・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

a0036952_8502982.jpg

トロティネは、ハウステンボス内でも独特の風情のある森と湖のゾーン、フォレストパーク内にある、とてもロケーションの良いレストラン。
a0036952_15394418.jpg

ハウステンボス場内に泊まる魅力はいろいろとありますが、中でも朝の散歩(この魅力にはまってしまわれる方もたくさんおられるようですね)は他にあまりないような大いなる魅力があります。
a0036952_15414649.jpg

いろんな散歩コースがある中にあって、スパーケンブルグからデンハーグ前と海沿いの散歩し、パレスハウステンボスからフォレストパークの森のゾーンの散策を組み合わせるコースはお気に入りの1つ。
a0036952_15422443.jpg

a0036952_1542504.jpg

朝の爽快な空気の中散策した後の朝食は、いつに増して美味しいもの。
場内ホテルの朝食はいずれも美味しいのですが、ここトロティネのモーニングブッフェもなかなかのもの。

以下に2月14日に利用した際の記録をご紹介します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-02-18 16:56 | パレス&デンハーグ

自然食レストラン/トロティネ(ランチ)

a0036952_9181217.jpg

a0036952_9183461.jpg

今回はハウスンテンボス、フォレストパーク内にあるトロティネです。改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
森と湖のフォレストパークを彩るお庭「フォレストガーデン」。
ハーブや果樹、野菜や草花たちが織りなす美しい風景は、まるでヨーロッパ郊外の村のようです。
そのフォレストガーデンにあるレストラン「トロティネ」は、緑豊かな庭や湖を眺めながら、和洋中のメニューがそろうブッフェスタイルの食事をお楽しみいただける、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
 ランチタイムにハウステンボス総料理長ローラン・ジャンマリープロデュースのボタニカルレストランとして営業。自然に囲まれた静かなロケーションで、ヘルシー・ビューティー・エコをテーマに、見て美しい、食べて美味しい、身体に優しい料理をお楽しみください。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:96席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【ランチタイム営業日】7月25日~9月27日まで、土・日曜日限定での営業でしたが、
           10月3日より平日も営業。店休日は毎週水曜日
        ※婚礼等により貸切営業の日もあります。ご注意。2月は現時点では4日と13日、14日が貸切となっています。
【営業時間】12:00~14:00
【予約・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

a0036952_8502982.jpg

フォレストヴィラのメインレストランと言うべき位置づけのこのトロティネ、通常は朝食のみの営業で、場内ホテル宿泊者以外にはあまり縁のないお店でした。ここは非常にロケーションの良い所ですから残念な気がしておりました。
ランチタイム及び喫茶営業は夏季やGWなどに臨時に行われるのみの(フォレストヴィラ宿泊者以外にとっては)幻のレストランでした。
09年7月25日より、期間限定・土・日曜日限定でランチタイム営業していましたが、10月3日からは平日も含めランチタイム営業するようになっています。
a0036952_14365932.jpg

写真はトロティネと湖畔の間に遊歩道があるのですが、そこからの(かつての)風景です。
a0036952_8511130.jpg

こちらは今年5月の情景。ボタニカルリゾート構想に基づきガーデンリニューアルがなされています。
a0036952_8542543.jpg

トロティネの湖畔サイドの席からはこのような景観を楽しみながらのんびり食事が出来ることになります。
a0036952_14374910.jpg

フォレストパークはHTB内でも別世界的な場所で、この湖畔あたりだけでも散策する事をお勧めしたいです。
HTBを訪れる方の動線から外れている事もあり、場所を知らない、あるいは存在そのものを知らない方も少なくないようなのは残念な事です。
トロティネでランチを楽しむ前後は是非フォレストパークの散策をお楽しみ下さい。
a0036952_23242352.jpg


a0036952_7415822.jpg

a0036952_74237100.jpg

a0036952_743481.jpg

10月1日・2日は店内改装の為お休みだったそうですが、椅子テーブルなど以前とは異なっています。上の3つの写真は改装後のもので、上の以前の写真との違いがおわかりいただけると思います。テーブル・椅子の木のぬくもりがいい感じです。
a0036952_741086.jpg

また一角にローランシェフ手作りのハーブオイルなどが並べてあり拝見する事が出来るようになっています。
この一角はカウンターになっているのですが、非常に賑わう日はこの一角にもテーブル席が設けてありました。人出が多いと予想される日には(その席でいただかないかぎり)ゆっくり拝見するのは難しそうですね。
a0036952_741227.jpg

ローラン・ジャンマリー総料理長プロデュースのボタニカルメニューが楽しめます。
ローランシェフのお料理はトロティネで生き生きとしているように思えます。

a0036952_9245068.jpg

フォレストガーデンを眺めながらの食事はやはりいいものです。ゆったりとランチタイムを過ごすのにお勧めです。その意味でも平日の営業は良い事ですね。
ただし、婚礼等で貸切の事も多いので要注意です。
上記のように12月は現時点で6日12日が貸切となっています。

 このところ私が利用した範囲では週末など多くの方で賑わっています。特にご婦人方の利用が多いようで、女性に人気のトロティネのようです。もちろん私のようにオヤジ1人で利用するケースもありますし、男性グループやご家族など幅広く利用できるトロティネです。また、下記のようにスパとのセットプランも登場していますので、あわせてご利用になるのも良いかと思います。

以下は2月11日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-02-11 21:28 | パレス&デンハーグ

自然食レストラン/トロティネ(ランチ)

a0036952_9181217.jpg

a0036952_9183461.jpg

今回はハウスンテンボス、フォレストパーク内にあるトロティネです。改定版をアップします。最新更新日12月14日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
森と湖のフォレストパークを彩るお庭「フォレストガーデン」。
ハーブや果樹、野菜や草花たちが織りなす美しい風景は、まるでヨーロッパ郊外の村のようです。
そのフォレストガーデンにあるレストラン「トロティネ」は、緑豊かな庭や湖を眺めながら、和洋中のメニューがそろうブッフェスタイルの食事をお楽しみいただける、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
 ランチタイムにハウステンボス総料理長ローラン・ジャンマリープロデュースのボタニカルレストランとして営業。自然に囲まれた静かなロケーションで、ヘルシー・ビューティー・エコをテーマに、見て美しい、食べて美味しい、身体に優しい料理をお楽しみください。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:96席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【ランチタイム営業日】7月25日~9月27日まで、土・日曜日限定での営業でしたが、
           10月3日より平日も営業。店休日は毎週水曜日
        ※12月23日、30日は水曜日ですが、営業。
        ※婚礼等により貸切営業の日もあります。ご注意。12月は現時点では6日と12日が貸切となっています。
【営業時間】12:00~14:00
【予約・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

a0036952_8502982.jpg

フォレストヴィラのメインレストランと言うべき位置づけのこのトロティネ、通常は朝食のみの営業で、場内ホテル宿泊者以外にはあまり縁のないお店でした。ここは非常にロケーションの良い所ですから残念な気がしておりました。
ランチタイム及び喫茶営業は夏季やGWなどに臨時に行われるのみの(フォレストヴィラ宿泊者以外にとっては)幻のレストランでした。
09年7月25日より、期間限定・土・日曜日限定でランチタイム営業していましたが、10月3日からは平日も含めランチタイム営業するようになっています。
a0036952_14365932.jpg

写真はトロティネと湖畔の間に遊歩道があるのですが、そこからの(かつての)風景です。
a0036952_8511130.jpg

こちらは今年5月の情景。ボタニカルリゾート構想に基づきガーデンリニューアルがなされています。
a0036952_8542543.jpg

トロティネの湖畔サイドの席からはこのような景観を楽しみながらのんびり食事が出来ることになります。
a0036952_14374910.jpg

フォレストパークはHTB内でも別世界的な場所で、この湖畔あたりだけでも散策する事をお勧めしたいです。
HTBを訪れる方の動線から外れている事もあり、場所を知らない、あるいは存在そのものを知らない方も少なくないようなのは残念な事です。
トロティネでランチを楽しむ前後は是非フォレストパークの散策をお楽しみ下さい。
a0036952_23242352.jpg


a0036952_7415822.jpg

a0036952_74237100.jpg

a0036952_743481.jpg

10月1日・2日は店内改装の為お休みだったそうですが、椅子テーブルなど以前とは異なっています。上の3つの写真は改装後のもので、上の以前の写真との違いがおわかりいただけると思います。テーブル・椅子の木のぬくもりがいい感じです。
a0036952_741086.jpg

また一角にローランシェフ手作りのハーブオイルなどが並べてあり拝見する事が出来るようになっています。
この一角はカウンターになっているのですが、非常に賑わう日はこの一角にもテーブル席が設けてありました。人出が多いと予想される日には(その席でいただかないかぎり)ゆっくり拝見するのは難しそうですね。
a0036952_741227.jpg

ローラン・ジャンマリー総料理長プロデュースのボタニカルメニューが楽しめます。
ローランシェフのお料理はトロティネで生き生きとしているように思えます。

a0036952_9245068.jpg

フォレストガーデンを眺めながらの食事はやはりいいものです。ゆったりとランチタイムを過ごすのにお勧めです。その意味でも平日の営業は良い事ですね。
ただし、婚礼等で貸切の事も多いので要注意です。
上記のように12月は現時点で6日12日が貸切となっています。

 このところ私が利用した範囲では週末など多くの方で賑わっています。特にご婦人方の利用が多いようで、女性に人気のトロティネのようです。もちろん私のようにオヤジ1人で利用するケースもありますし、男性グループやご家族など幅広く利用できるトロティネです。また、下記のようにスパとのセットプランも登場していますので、あわせてご利用になるのも良いかと思います。

以下は12月3日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-12-06 06:51 | パレス&デンハーグ

自然食レストラン/トロティネ(ランチ)

a0036952_9181217.jpg

a0036952_9183461.jpg

今回はハウスンテンボス、フォレストパーク内にあるトロティネです。改定版をアップします。
 ※現時点での11月の貸切日も記載しています。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
森と湖のフォレストパークを彩るお庭「フォレストガーデン」。
ハーブや果樹、野菜や草花たちが織りなす美しい風景は、まるでヨーロッパ郊外の村のようです。
そのフォレストガーデンにあるレストラン「トロティネ」は、緑豊かな庭や湖を眺めながら、和洋中のメニューがそろうブッフェスタイルの食事をお楽しみいただける、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
 ランチタイムにハウステンボス総料理長ローラン・ジャンマリープロデュースのボタニカルレストランとして営業。自然に囲まれた静かなロケーションで、ヘルシー・ビューティー・エコをテーマに、見て美しい、食べて美味しい、身体に優しい料理をお楽しみください。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:96席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【ランチタイム営業日】7月25日~9月27日まで、土・日曜日限定
           10月3日より平日も営業。店休日は毎週水曜日
        ※婚礼等により貸切営業の日もあります。ご注意。
【営業時間】12:00~14:00
【予約・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

a0036952_8502982.jpg

フォレストヴィラのメインレストランと言うべき位置づけのこのトロティネ、通常は朝食のみの営業で、場内ホテル宿泊者以外にはあまり縁のない店です。ここは非常にロケーションの良い所ですから残念な気がしておりました。
ランチタイム及び喫茶営業は夏季やGWなどに臨時に行われるのみの(フォレストヴィラ宿泊者以外にとっては)幻のレストランでした。
09年7月25日より、期間限定・土・日曜日限定でランチタイム営業していましたが、10月3日からは平日も含めランチタイム営業するようになっています。
a0036952_14365932.jpg

写真はトロティネと湖畔の間に遊歩道があるのですが、そこからの(かつての)風景です。
a0036952_8511130.jpg

こちらは今年5月の情景。ボタニカルリゾート構想に基づきガーデンリニューアルがなされています。
a0036952_8542543.jpg

トロティネの湖畔サイドの席からはこのような景観を楽しみながらのんびり食事が出来ることになります。
a0036952_14374910.jpg

フォレストパークはHTB内でも別世界的な場所で、この湖畔あたりだけでも散策する事をお勧めしたいです。
HTBを訪れる方の動線から外れている事もあり、場所を知らない、あるいは存在そのものを知らない方も少なくないようなのは残念な事です。
トロティネでランチを楽しむ前後は是非フォレストパークの散策をお楽しみ下さい。
a0036952_23242352.jpg


以下は10月8日に記録してきたものに10月11日・25日に利用した際の情報と写真を追加したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-10-27 07:19 | パレス&デンハーグ

自然食レストラン/トロティネ(ランチ)

a0036952_9181217.jpg

a0036952_9183461.jpg

今回はハウスンテンボス、フォレストパーク内にあるトロティネです。改定版をアップします。最新更新日10月22日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
森と湖のフォレストパークを彩るお庭「フォレストガーデン」。
ハーブや果樹、野菜や草花たちが織りなす美しい風景は、まるでヨーロッパ郊外の村のようです。
そのフォレストガーデンにあるレストラン「トロティネ」は、緑豊かな庭や湖を眺めながら、和洋中のメニューがそろうブッフェスタイルの食事をお楽しみいただける、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
 ランチタイムにハウステンボス総料理長ローラン・ジャンマリープロデュースのボタニカルレストランとして営業。自然に囲まれた静かなロケーションで、ヘルシー・ビューティー・エコをテーマに、見て美しい、食べて美味しい、身体に優しい料理をお楽しみください。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:96席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【ランチタイム営業日】7月25日~9月27日まで、土・日曜日限定
           10月3日より平日も営業。店休日は毎週水曜日
        ※婚礼等により貸切営業の日もあります。ご注意。
【営業時間】12:00~14:00
【予約・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

a0036952_8502982.jpg

フォレストヴィラのメインレストランと言うべき位置づけのこのトロティネ、通常は朝食のみの営業で、場内ホテル宿泊者以外にはあまり縁のない店です。ここは非常にロケーションの良い所ですから残念な気がしておりました。
ランチタイム及び喫茶営業は夏季やGWなどに臨時に行われるのみの(フォレストヴィラ宿泊者以外にとっては)幻のレストランでした。
09年7月25日より、期間限定・土・日曜日限定でランチタイム営業していましたが、10月3日からは平日も含めランチタイム営業するようになっています。
a0036952_14365932.jpg

写真はトロティネと湖畔の間に遊歩道があるのですが、そこからの(かつての)風景です。
a0036952_8511130.jpg

こちらは今年5月の情景。ボタニカルリゾート構想に基づきガーデンリニューアルがなされています。
a0036952_8542543.jpg

トロティネの湖畔サイドの席からはこのような景観を楽しみながらのんびり食事が出来ることになります。
a0036952_14374910.jpg

フォレストパークはHTB内でも別世界的な場所で、この湖畔あたりだけでも散策する事をお勧めしたいです。
HTBを訪れる方の動線から外れている事もあり、場所を知らない、あるいは存在そのものを知らない方も少なくないようなのは残念な事です。
トロティネでランチを楽しむ前後は是非フォレストパークの散策をお楽しみ下さい。
a0036952_23242352.jpg


以下は10月8日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-10-10 09:14 | パレス&デンハーグ

ロイヤルクルーザー/デハール(09年秋のディナークルーズ)

a0036952_22273162.jpg

今回は再びののデハール!この秋期間限定で行われた「デ ハール ディナークルーズ」のご報告です。
シルバーウィークと称される9月の大型連休に、通常はパーティーや披露宴などのチャーターのみ運航されているロイヤルクルーザー「デ ハール」のクラシカルで落ち着いた雰囲気の船内で、時間ごとに変わるハウステンボスの景観や大村湾の美しい風景を眺めながらお食事をお楽しみいただけます。
【期間】09年9月19日(土)~9月21日(月)
【乗船場所】ホテルデンハーグ前桟橋
【時間】  19:00出航(18:45乗船開始)
       20:30帰航 
    ※若干前後する場合があります。
【料金】 大人(中学生以上) 6,500円
     シニア(60歳以上) 5,000円
     小学生       3,500円
   幼児(4歳~小学生未満) 1,000円
※乗船料、サービス料込み、飲み物別
    ※ファミリエ会員の方は10%割引。
【予約】要予約。 ハウステンボスホテルズ 宴会予約係 TEL:0956-27-0545

 デハールはハウステンボスが誇る双胴型のレストラン船。洋上に浮かぶ迎賓館と言われるロイヤルクルーザー「デ ハール」。近年はパーティや披露宴など、チャーターのみの運航となってしまい一般客は利用し難い状況でしたが、07年夏、期間限定ではありますが、特別ディナークルーズが開催され、その後も年末に行われるなど期間限定でのディナークルーズプランが登場していました。そして08年春、夏にも素敵なディナークルーズが行なわれました。そして今回。。。エリタージュなき現在、私のもっともお勧めはこのデハールです。

 以下は08年夏のデハール(一部07年や08年春の写真も使っています)です。
a0036952_1221789.jpg

 パラディ前からデハールを見たところです。以前は、指をくわえてみているしかなかったのですが。。。
a0036952_12204146.jpg

 乗船場所はホテルデンハーグ前、パラディ前の桟橋になります。乗船時間になるとデハールの方へ案内されます。座席はすでに決まっていますので、乗り遅れないようにさえ気をつければ急ぐ必要はありません。乗船するタラップ前あたりにスタッフの方々が待っておられて、予約した際の名前を告げると席まで案内していただけます。
a0036952_1338746.jpg

内装はマホガニー材を多用したという落ち着いた雰囲気の浮かぶ社交場といった趣。
a0036952_629955.jpg

船内は2階建になっており、1階にブッフェ台が用意されています。
a0036952_13394392.jpg

2階はブッフェ台まで往復するのに距離がありますが、その分より静かに食事が楽しめるように思います。それぞれに特徴があり、どちらがよいかは一概には言えないでしょう。
a0036952_12264138.jpg

タバコを吸われる方は喫煙場所が用意されていますので、こちらで。

a0036952_13414199.jpg

窓外の景色もデハールの魅力。クルーズならではの楽しみです。
双胴船ゆえにとても静かで、出港に気が付かない方もおられたようです。風の強い日は沖合いでは多少の揺れを感じることもありますが、まったく問題ない快適なクルーズです。

a0036952_22503822.jpg

後部には広くはありませんがデッキがあります。写真はデッキへの出口を示したものです。
今回のディナークルーズは出航時間が18時30分で、サンセットクルーズとなっています。
天気に恵まれれば、時折デッキに出て、サンセットの美しさを楽しむのも良いものです。
a0036952_631170.jpg

8月14日は月が美しい日でした。宵の月がデハールを見送ってくれています。
a0036952_6322092.jpg

刻一刻と光が移り行き、船外に広がる情景も変わっていきます。
a0036952_632447.jpg

西海橋近くまでの往復クルーズです。遠くに(写真では確認しがたいと思いますが)西海橋と針尾の無線棟をのぞみます。この日は渦とはいきませんが、潮の流れがみてとれます。
a0036952_633479.jpg

8月14日はハウステンボスは晴天でしたが、遠方では時折雷も鳴る状態であちこちに入道雲が湧き上がっている状態。残念ながら雲の為日没は見ることができませんでした。以下は以前のクルーズの際に撮影していたものです。
a0036952_916371.jpg

a0036952_917622.jpg

a0036952_9175839.jpg


a0036952_634406.jpg

今回は西も東も山際には厚い雲があり、時折雷が。。
a0036952_6351358.jpg

この日はサンセットは楽しめませんでしたが、月光浴が素敵でした。。。
a0036952_635396.jpg

黄昏の中ライトアップされたハウステンボスの美しい姿が近づいてきます。この明かりは絶やしてはなりません。。
a0036952_22513618.jpg

着岸後、チェックはテーブルチェックで、係りの方が来られるのを待って、席で支払いを済ませます。

なかなかに素敵なクルーズ&ブッフェでした。デハールは、やはり魅力たっぷり。
是非一人でも多くの方に利用していただき、他では味わえない楽しみを、堪能していただきたいものと思います。
多くの方に利用していただき、次につながれば。。。そう願っています。
今回利用できないかたもご注目いただき、是非「いつかはデハール!」


以下は09年9月20日に利用した際の記録です。ご参考までに。
ブッフェ台に並ぶ料理の写真は今一つ構図が決まっていませんが、混雑の中ササッと撮ったものですからご容赦。時にスタッフの方にいろいろと配慮(手を止めていただいたり・・)していただいた事も。ありがとうございました♪

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-10-01 06:43 | パレス&デンハーグ