2013年 10月 20日 ( 2 )

チョコレートハウス

a0036952_124169.jpg

今回はハウステンボス・ニュースタッド地区のチョコレートハウスです。
改訂版をアップします。
上記写真(現在は新しくなっています)は外壁の少女像のレリーフ。「小間使いの少女」というドレスデン美術館所蔵の肖像画(ジャン・エティアンヌ・リオタール画)が原画。ピンクの帽子にエプロン姿、お盆に乗せてチョコレートを運んでいる様子が描かれているとか。
1744年にジュネーブの画家 ジャン・エティアンヌ・リオタールによって「チョコレートを運ぶ少女」が描かれました。
 その昔、チョコレートは飲み物であった。始まりは飲み物として、そして今では食べ物として独特の風味とコクを持つセピア色の宝石。
 チョコレートハウスは、その本物のおいしさと伝統を「チョコレートを運ぶ少女」に託してあなたに贈ります。

 心をこめて。

 チョコラテリアではそんな昔を感じさせるおいしいチョコレートドリンクをはじめ、チョコレートピザなどのオリジナルメニュー、コーヒーやジュース、ビール、軽食など、約50種類のメニューが楽しめます。
 館内中央には、高さ4.2メートルから本物のチョコレートが流れ落ちる「チョコレートの滝」や、売店、工房の設備もあり、様々な角度からチョコレートが楽しめます。
【場所】ニュースタッド地区グルメレストラン街
     席数:80 席
【営業時間】日~木 9:00~20:00(ラストオーダー)
     金・土・祝前日 9:00~21:00
   ※10月13日は8:00~21:00
【予約】チョコレートフォンデュのみ事前予約必要。この場合の予約はメニューの予約であって席の予約ではないので注意。
   ※チョコレートフォンデュも用意があって予約が定数に達していないような場合などは、予約なしで楽しめたというレポを見た事もあります。予約していない場合でご希望の場合はダメもとで聞いてみるのも手かも。
チョコレートフォンデュの予約/ 電話0956-27-0603

HTBで人気のショップ。三菱商事と神戸の老舗チョコレートメーカー「モロゾフ」との合弁会社により設立され、現在でもモロゾフの関連会社として運営されているようです。

モロゾフの人気チョコの他、オランダ王室御用達のチョコなどチョコ好きな方は見逃せないお店かと。店内には工房もあり、そこで作られたチョコも素敵な美味しさ。
工房では、その時々で体験プログラムも用意されている事があり、こちらも注目。
a0036952_20362227.jpg

店内のチョコレートの滝は記念撮影に人気のスポット。

併設されているレストランは、セルフサービスのお店ですが、同タイプのお店の中では人気が高いようです。
チョコレートフォンデュは隠れたハウステンボス名物。お勧めです。
カレーやチョコレートドリンクも美味しいと評判のようです。好みがあるかと思いますが。。
チョコレートピッツァには注意が必要(1人ではボリュームが多いとか)のようですが、この手のメニューが好きな人には好評のようです。


以下のメニューは13年10月6日に記録したものです。
ハロウィン期間限定メニューとして「パンプキンチーズケーキ」が登場しています。
夏のメニューとして登場した「アラビアータパスタセット」もまだ提供されていました。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-20 17:45 | アトラクションタウン

チーズワーフ(2階レストラン デ・ワーフ)

a0036952_035890.jpg

今回はチーズワーフの2階レストラン、デ・ワーフです。
改訂版をアップします。
オランダのホールン市のチーズ計量所をモデルにつくられ、乳文化をテーマにした当館は、1階にジェラートコーナー、チーズを使ったファーストフードコーナー、ナチュラルチーズ、チーズケーキをそろえたチーズショップなどがあります。
本格的なチーズフォンデュが楽しめる2階レストランでは、その他チーズなど乳製品を使ったメニューも人気です。
【場所】アトラクションタウン(旧ニュースタッド地区)グルメレストラン街
     席数:1階 80席 2階 100席
【営業時間】日~木 11:00~21:00
      金・土・祝前日 11:00~22:00
      1階カフェテリア    9:00~21:00
        ※食事提供は11:00~?
      2階レストラン     11:00~15:00 17:00~21:00
   ※営業時間、店休日は時期により変わりますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。

a0036952_134285.jpg

  ※写真はリニューアル前のものです。
 チーズワーフは雪印によるチーズをテーマにした企業館。オランダのホールン市のチーズ軽量所をモデルにつくられているそうです。「ワーフ」とはオランダ語で「軽量所」又は「秤」という意味だとか。
チーズ市で有名なアルクマール市のチーズ軽量所にあるものと同じ秤が展示してあります。
a0036952_17585676.jpg

階段横には1820年当時のアルクマールのチーズ軽量所の模様を描いた壁画もあります。
a0036952_6433745.jpg

外壁にはホールン市のシンボルであるユニコーンも。
a0036952_180691.jpg


チーズフォンデュはハウステンボスらしいメニューとして潜在的にもかなり人気があるようです。現在ロード・レーウでも提供されており、どちらが好みかはわかれるところでしょう。
味は別として、チーズワーフは2人からのオーダーになりますので、1人だとロード・レーウになります。追加メニューがあるところなどはチーズワーフの魅力でしょう。
チーズフォンデュ自体好みが分かれるようですが、チーズ好きな方には良いメニューだと思われます。家族で楽しげに食べておられる光景もよく目にします。
a0036952_6365758.jpg

1人で利用される場合は、チーズフォンデュの簡易版である「カマンベールフォンデュとミニパスタ」があります。
溶かしたカマンベールチーズにパン、ソーセージ、ポテト、人参、ブロッコリーといった具材を絡めていただくもので、1階のカフェテリアで提供されていた「トロッティ」のバージョンアップした感じのものかと。
本来のチーズフォンデュと異なりチーズソースはいったん溶かしたものが出されていて、テーブルサイドで加温しているわけではありませんので、トロトロ感はなく、チーズフォンデュとしては変化球的なメニューですから、チーズフォンデュを!って方にはこのメニュー以外のフォンデュメニュー(2名から)や現在でしたらロード・レーウのチーズフォンデュ(1名でもOK)をお勧めします。
a0036952_6395444.jpg

ソースに使った残り、カマンベールチーズの外側が添えてあり、ビールやワインのあてにちょうど良い感じです。

チーズを使ったメニューとしては、チーズ入りハンバーグも若干の変化をみせながらも長くメニューにあるチーズワーフの名物料理と言っていいかと。
a0036952_910697.jpg

カットステーキなどもソースが好みの味わいでけっこういけます。ただ、ステーキを食べたい!という方にはロード・レーウ、スモーキーテーストあたりが個人的なお勧め。最上級なものをお求めなら鉄板焼きの戎座や全日空の大村湾がよろしいかと。

a0036952_0272939.jpg

「シーフードフライカレー」も海老、白身魚、ホタテのシーフードフライが存在感のあるカレー。(価格設定の違いもあり単純比較できませんが)個人的にはホテルズのカレーが好みなのですが、こちらもなかなか。美味しくいただきました。
ただ、シーフードフライが存在感ありすぎ?て、カレーの容器においてナイフとフォークでいただくのは少々食べづらいと感じる方もおられるかも??私がいただいたのは2010年2月ですから、現在は異なる提供のされ方になっているかもしれませんが。
このシーフードフライカレーは私の記録の範囲では10年12月2日あたりからは「海老カツカレー(サラダ付)」¥1,400に替わっていましたが、11年12月4日あたりから再登場しています。
その後さらに変遷があり、13年9月現在はシーフードフライカレーはメニューから外れ「エビフライと海老カツカレー」になっています。その他に2種、計3種のカレーが提供されています。

ニュースタッドの立地からしてもアミューズメントを楽しむ中で食事するには便利でもあり、お好みのメニューがあれば良いお店かと。私ももっといろいろといただいてみたいと思っています。
ただし、チーズ・ワーフやハウステンボスに限らず、観光地の食事処にほぼ共通して言えるかと思うのですが、(市中の店ならランチタイムの利用者数は比較的一定しているかもしれませんが)繁忙期(日)とオフシーズンでは客入りに大きな差があり、多客が予想される場合、シフトやメニューなどで工夫・対策を施したとしても、列をなす客に対し十分な対応能力を有する事は困難であり、利用するにあたっては時間をずらすなどの配慮が望ましいかと思います。
繁忙期には、着席するまで待ち時間が必要な事もありますし、オーダーしてから30分以上かかる場合も。

以下のメニューは13年9月5日15日の店外表示及び9月23日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
夏のおすすめメニュー「黒毛和牛のスタミナ鉄板ライス」「生ハムと野菜の冷製パスタ(バジル風味)」のうち前者は9月5日・15日の店外表示で見かけましたが、23日に利用した際はメニューに見かけませんでした。
ハウステンボスニュースによると9月3日から?世界の大収穫祭メニューとして「島原鶏とポルチーニのクリームパスタ」が登場しています。その他店外表示はされていないメニューとして数量限定メニューの「ナスのミートグラタン」も登場していました。
a0036952_1624924.jpg

9月23日は「島原鶏とポルチーニのクリームパスタ」をいただきました。島原鶏も味わい良く、ポルチーニの風味も良くなかなかのもの。

主要なフードメニューのラインナップは私の記録の範囲では11年12月4日あたりから、下記のように充実しています。

○印は前回の投稿以降に新(再)登場、●印はマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。


下記の他ランチタイム(11:00~15:00)にサービスメニューが提供される事があります。今回は未確認(その時間帯にアトラクションタウンにいる事があまりないので・・)ですが、いずれ確認できましたら付記したいと思います。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-20 16:25 | アトラクションタウン