2013年 10月 08日 ( 2 )

ピザ&パスタ/ピノキオ Part1

a0036952_1375349.jpg

今回はハウステンボス・タワーシティ(旧ユトレヒト地区)にあるピノキオです。
改訂版をアップします。
イタリア・ナポリにある古いピザ屋をイメージした店内でひときわ目を引くのは、陶器の町・有田で特注した登り窯の技術を導入した大きなピザ窯。世界でただ一つのこの窯でパリッと焼き上げるピザの味は折り紙付きです。
2階店のピザは、もっちりとしたナポリ風のピザとなっており、1階店と違った触感をお楽しみいただけます。
【場所】タワーシティ(旧ユトレヒト地区)ワールドレストラン街1 階
    席数72席
【営業時間】 日~木 11:00~21:00
       金・土・祝前日 11:00~22:00
    ※営業時間及び店休日は時期により異なる事がありますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】対応なし
【その他】Edy対象店舗。車椅子利用可。

ピノキオはHTBで一番人気のお店とされています。
a0036952_1458299.jpg

掲示板等でHTBで何を食べたらいいかというご質問が良くなされます。レスするのが難しいご質問です。その方の好みや予算、シチュエーション(家族連れであるとか恋人どうしであるとか、年齢その他)によっても様々で画一的にレスできるものではないと思います。
美味しいものを食べたい。
HTBらしいものを食べたい。
という2つの条件を最も満たすのは、(エリタージュ、エクセルシオールが休業中の現在)HTBの食の顔とも言える「デ・アドミラル」あたりになるかと思いますが、フレンチが苦手な方もおられるでしょうし、その他の条件が合わない場合もあるでしょう。「戎座」「吉翠亭」も素敵ですが、HTBらしいかと言われるとちょっと考えてしまいます。美味しいものっていう条件なら十分(だと私は思います)なのですけども。

ピノキオもよくお勧めで名前があがるお店です。ピザやパスタが苦手でなければコスト的にも味的にもお勧めでしょう。ピッツァなどがHTBらしいかと言われると疑問もあありますが、一番人気のお店という事で条件クリアでしょうか。
ただし、一番人気のお店が一番美味しいお店とは限りません。味の好みは人それぞれですから。
ピザ&パスタのお店ですが、どちらかと言えばお勧め・人気はピザでしょうか。
a0036952_1445184.jpg

おいしいピザの3つの秘密
秘密1.ピザ生地へのこだわり
  厳選した国産の粉をブレンドせずに使用し、その日の天候に合わせて、職人が粉や水などの配合を変えています。こねた生地は6~8時間低温でじっくり寝かせ、素早く1枚1枚丁寧に手伸ばししています。
秘密2.具材へのこだわり
  ソースは具材の味に負けないにんにく入りと、ピザ生地とソース本来の味を楽しむためのシンプルなものの2種類。当店のソースを楽しみたい方は、是非マルゲリータピザを!
  市販の物を使用しがちなアンチョビですが、当店ではこれも自家製!近海産の新鮮ないわしを塩とオリーブオイルに丁寧に漬け込み仕上げています。その味は自家製アンチョビのペペロンチーノでお楽しみいただくことができます。
  自家製パンチェッタは、岩塩等に漬け込んだ後、自然乾燥して出来上がるまでに1週間近くを要し、その仕上りは噛むほどに味わい深いと評判!じっくり味わいたい方は単品でもご注文いただけます。
  オリーブオイルに唐辛子・ローズマリーを加えて加熱し、一晩ねかせます。そうする事で、唐辛子の辛さを引き立て、香り豊かなオイルに仕上がります。まずはそのまま召し上がり、2枚目はオイルをかけてお楽しみ下さい。
秘密3.世界でただひとつのピザ窯
  陶器の町・有田で特注し、登り窯の技術を導入した大きなピザ窯。これは世界でただひとつの特別サイズ。この窯を使い、最初は高温の窯の奥で、その後は手前でピザを回転させながらじっくり焼き上げます。そうして焼き上げるピザは、外はパリッ、中はモチモチとしたクリスピータイプ!職人技を是非、近くでご覧ください。

上記のようなおいしいピザの3つの秘密!というパネル展示が店外にあり、このようなアピールはとても良い事だと思います。
a0036952_14105224.jpg

また、アレルギー成分表の店外表示を見かける事もあり、店内でも求めに応じ見せていただけるようですので、アレルギーのある方にも安心かと。もっとも小麦がダメな方だと、ピザ&パスタのお店ですから、ハムやサラダ位しか食べられるものはないのではないか?と思いますが。。。

また12年1月1日・22日(それ以降も)にはピノキオの人気ランキング表示も見ました。
PINOCCIOの人気ランキング
 1.ピノキオ特製ポテトとベーコンのピッツァ
 2.森と海のスパゲティ ピノキオ風
 3.4種のチーズピッツァ
お子様に人気のメニューベスト3
 1.マルゲリータピザ
 2.カルボナーラスパゲティ
 3.アマトリチアーナ風スパゲティ
※「ペッパーなどご注文の際に言っていただければ、入れずにお作り出来ます。お気軽にお声かけ下さい。」の記載も。

13年4月14日にはお子様に人気のメニューベスト3として
 1位 カルボナーラ
 2位 ピノキオ特製ポテトとベーコンのピザ
 3位 自家製ミートソースのスパゲティ
上記とはランキングが変わっていますね。10月6日も同様でした。

 スタッフの方も以前にも増して充実してきている印象があります。ホテルズなどで活躍されていた方が結婚出産を経て、ピノキオでカムバックされている例もあり、懐かしいお顔に出会えるのも魅力です。

a0036952_22113795.jpg

ユトレヒトのレストランは15時~17時の時間帯中間クローズの店が多いのですが、このピノキオは営業しており、その面でも利用しやすいお店です。
a0036952_21571519.jpg

ハウステンボスで最も行列のできるお店の1つですので、食事時には行列が出来るのは日常的に見ることで、多くの人で賑わうような時期はかなりの待ち時間(1時間前後、時には2時間以上という事も。それだけ待つのであれば他店を利用した方が良さそうにも思うのですが・・)を覚悟しないといけない場合があります。待つか、他のお店を利用するか。。ピノキオを利用しようと思われている方はあらかじめ他の候補も考えておかれた方がよろしいかとも思います。
また、いわゆるお昼時前やお昼時を過ぎた17時前であれば(クリスマスなどは16時代でもかなりの行列が出来る事も)比較的すいていますので、混雑が予想される時は早めの利用もお勧めです。


以下は9月5日に利用した際の記録に9月23日、10月6日の店外表示記録を加味して改定したものです。
この秋開催されているイベント「オトメイト in HUIS TEN BOSCH」(9月11日~10月15日)にちなんだオリジナルコラボメニューが登場しています。

昨秋に続き「世界の大収穫祭 大ヨーロッパ祭第2段」のメニューが2種登場しています。
a0036952_7303695.jpg

9月5日は「タラバガニとイタリア産プロヴォローネのタリオリーニ」をいただきました。
「生タラバガニを贅沢に使用し、アクセントにほどよい塩加減のプロヴォローネチーズを合わせたトマトソースのパスタ。」
a0036952_7314371.jpg

プロヴォローネは南イタリア産で、モッツアレラと同様の製法で作られたチーズ。このチーズは加熱するととろけてのびる性質があり、コクとミルクの旨みがひろがるといいます。
このチーズとあいまるトマトソースがまたとても美味しく。私は個人的にはトマトソースパスタを必ずしも好まないのですが、それはトマトソースの旨みが強すぎて、あわせる素材の味が負けてしまい、何を食べても同じトマトの味しか感じ難いと思う点があるのですが、タラバガニともなると流石に負けない存在感があっていい組み合わせ。とても美味しくいただきました。

ただ、トマトソースに絡んだ殻付きのタラバガニは食べやすいとは言えませんので、初々しいカップルのデートの時などシチュエーションによっては避けられた方がいいかも?またアルデンテのタリオリーニ(平打ちパスタ)は、人によってはやや硬めと感じられるかも。
とても美味しい一品ですが、お好みによりオーダーを。

修学旅行セットとして次のような表示をみることもあります。
・修学旅行セット                ¥1,000
  お好みの料理1つ+ジュース1つ
  ※12年4月22日・5月17日・6月7日は次の内容(選択肢)でした。
    料理 ・マルガリータ
        ・ソーセージときのこのピザ
        ・アマトリチアーナ風スパゲティ
        ・カルボナーラ
    ドリンク コーラ、ジンジャーエール、オレンジジュース、ピーチジュース、カルピス、メロンソーダ、ウーロン茶
  ※かつては料理は「マルゲリータピザ、カルボナーラピザ、アンチョビのペペロンチーノ、アマトリチアーナ風スパゲティ」からの選択だった事も。


○印は新(再)登場、●印は再登場やマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-08 22:18 | タワーシティ

カフェテリア/ハングリーキッチン

a0036952_2247037.jpg

今回は11年9月16日にオープンしたカフェテリア ハングリーキッチン のご紹介です。
改訂版をアップします。
 手作りハンバーグや、シェフ特製の自家製カレーがリーズナブルに楽しめる
 街の中心街ビネンスタッドで、気軽にお食事が楽しめるカフェテリアレストラン。
手作りハンバーグやカレー、パスタなど老若男女に人気のメニューが揃うほか、ボリューム満点のステーキも。リーズナブルなお値段で、シェフ特製の美味しいメニューが食べられます。
【場所】ワールドバザール地区(旧ビネンスタッド地区)
【営業時間 (日~木)10:00~20:30(最終入店)
    (金土祝前日)10:00~21:30(最終入店)
    ※10月13日は 9:00~21:30
    ※以前は9:30~11:00はモーニング営業、20:30~21:30喫茶営業でした。現在は詳細不明な点もありますが、食事提供は11:00~。
    ※時期により営業時間等は異なりますので、オフィシャルサイトでご確認下さい。
【座席数】1階 80席
      1階テラス 24席
      2階 68席     合計172席
    ※2階席はクローズの事が多いかと。

a0036952_18223078.jpg

 グーテンアペティートが11年8月末頃に終了となり、リニューアル工事がなされていましたが、11年9月16日にカフェテリア&ベーカリー ハングリーキッチンとしてオープンしました。その後上記のようにドラゴンクエスト展期間中はルイーダズキッチンとしてリニューアル営業していましたが、ドラクエ展終了後再びハングリーキッチンとして営業を行っています。
いろいろと企画ものに利用しやすいお店のようで、13年3月23日から始まった(5月6日まで)レイトン教授とドムトールンの秘宝においてはレイトンズキッチンとしてレイトン教授にちなんだメニューが提供されていました。
レイトン教授の企画終了後は再びハングリーキッチンとして営業しています。

 店内の様子は基本的には、グーテンアペティートの時とほぼ同じ。
a0036952_2304230.jpg

 入店してすぐ左手にはリニューアル当初はベーカリーコーナーがありましたが、ルイーダズキッチンを経た現在はベーカリーの販売は行われていないようです。現在ベーカリーはアンカーズラウンジで販売されています。

a0036952_23123373.jpg

 こちらでオーダー。このあたりもグーテンアペティートと同様ですね。
a0036952_2320170.jpg

 リニューアル当初はこちらにサラダバーがありました。その右手にパンセットのパン(※現在はパンは置いてないかも。メニューからも外れているようです)が置かれています。
 サラダバーセットをオーダーした場合は、こちらのサラダバーをおかわり自由で利用できるようになっています。
 ライスセット、パンセットを利用した場合もそれぞれライス、パンがおかわり出来るようです。
a0036952_1823177.jpg

 現在は入店して直ぐのこちらにサラダバーがあります。サラダバーはレジでオーダーし、¥350(とこちらには表示されています)でお代わり自由となっています。

a0036952_2323591.jpg

 店内もほぼ同様。左手奥が、上でご紹介したベーカリーコーナー等があるスペースで、1階レストランスペースとの境部分に2階フロアへの階段があります。私は2階を利用した事がない(殆どの場合クローズになっているようです。多客時のみ使用されるのではないでしょうか?)ので、ハングリーキッチンが2階部分も利用出来そうなのは楽しみです。
 写真右手奥にトレー・食器等の返却口があります。
 グーテンアペティート同様、セルフサービスのお店ですね。
 上の写真は11年9月18日に撮影したもの。
a0036952_18241649.jpg

 こちらは12年6月17日に撮影したものです。
a0036952_18234466.jpg

 テレビモニターが設置されています。
a0036952_18243342.jpg

 この日は大リーグ中継が流されていました。この夏は時間帯によってはオリンピック中継が楽しめた事でしょう。

 喫茶としての利用・ドリンクのみでの利用もOKです。
 早い時間から開いているのもありがたいですね。使い勝手の良いお店のように思います。

以下は9月5日・15日・23日、10月6日の店外表示記録を元に改定したものです。
この夏のスタミナフェアで登場した「スタミナ300」(牛ロースステーキ300g、ライス、サラダバー付のセット)が好評につき期間延長して提供されています。
加えて、期間限定メニューとして9月頃から「豚バラの塩ダレ焼き」が登場しています。
また、この秋の世界の大収穫祭メニューとして「エスカルゴ」に加え、「ニョッキ・アラビアータ」が登場しています。

a0036952_18264293.jpg

 12年6月17日は「アメリカンステーキ サーロイン」をいただいてみました。イメージ通りのステーキ。ステーキを中心としたメニューのスモーキーテーストがクローズしましたので、それを補う意味でもハングリーキッチンのステーキメニューは歓迎です。
 ステーキの質としては個人的にはロード・レーウの方が良いような印象(ただし、その後ステーキメニューのラインナップが増えていますので、現時点での比較は不明です)ですが、ハングリーキッチンのサーロインステーキも量が選べる、ボリューム的な魅力があります。ワンポンドステーキも嬉しいのですが、ハングリーキッチンのワンポンドは3枚というのがちょっと残念。スモーキーテーストで出されていた分厚いワンポンドステーキの方が存在感や味わいのうえで魅力な気がします。

「第10回全国和牛能力共進会」で最高賞の内閣総理大臣賞に輝き日本一の和牛の仲間入りをした長崎和牛のステーキも注目です。

a0036952_2335571.jpg

 以前いただいた「国産牛ほほ肉入りハングリー特製ビーフカレーライス」は、国産牛ほほ肉が存在感があり、スプーンでサックリ切れる柔らかさで美味。カレーそのものもいただきやすい味わいです。 

 その他のメニューも利用しやすい価格設定になっていますね。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-08 21:27 | ワールドバザール