2013年 08月 01日 ( 2 )

シーフードレストラン/レッドロブスター Part1

a0036952_22434191.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区に12年10月24日にオープンしたレッドロブスターのご紹介です。改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
九州初上陸!全米NO.1 シーフードレストラン「レッドロブスター」
 全米で約700店舗、日本では23店舗を展開しているアメリカンシーフードレストラン。
牡蠣、蟹、海老などの新鮮素材から、食べごたえ十分のアメリカンステーキ、旨味たっぷりのクラムチャウダー、具たっぷりのパエリア、シュリンプカクテルなど幅広いラインナップを、高いホスピタリティとパフォーマンスでご提供いたします。
 中でも、店名にもなっている「ロブスター」はライブ(活き)でご提供。
週2回、カナダより生きたまま輸入した最高品種のカナディアンロブスターを店舗の水槽で管理、オーダーを受けてから調理します。
日本に上陸して30年守り続けてきた、ここでしか味わえない味をぜひご賞味ください。
【場  所】フリーゾーン、サウザンド・サニー号乗り場近く
     ※席数 店内80席 ララス20席
【営業時間】11:00~22:00
       ※8/10,14,17,24,27は23:00まで
     ※店休日 なし
     ※時期により営業時間等には変更があるかと思いますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】 ランチタイム等予約可能。詳細は店舗まで。
     ※パーティー利用可能人数80名
【問い合わせ】0956-80-4267
【その他】禁煙(テラスのみ喫煙可)

 12年11月に入り、いろいろとお店にも変化があるハウステンボス。その様な中にあっても注目は、12年10月24日、かねてから噂のあったレッドロブスターが、カタルニア跡にオープン。
a0036952_2244687.jpg

 レッドロブスターは、全米700店舗、国内23店舗を展開するという全米ナンバー1のシーフードレストランだとか。
 牡蠣、蟹、海老など新鮮素材をはじめ、食べ応え十分のアメリカンステーキやクラムチャウダー、パエリア、シュリンプカクテルなど、幅広いシーフード料理を高いホスピタリティとパフォーマンスで提供してくれるというもの。
a0036952_18322960.jpg

 店名にもなっている「ロブスター」は週2回、カナダより最高品種のカナディアンロブスターを生きたまま輸入し、店舗にある水槽で管理、オーダーを受けてから調理してくれるといいます。
a0036952_22443494.jpg

 オープン直後にも利用してみたかったところですが、11月1日にようやく訪れる事が出来ました。当初発表があった時は店内100席(及びテラス席が20)という報道もあり、そんなに入らないだろう?と思ったりもしていたのですが、店内80席、テラス20席となったようで、席数を増やす為もあってか、入口が以前とは異なっています。
a0036952_22445899.jpg

 以前は白とブルーを基調とした爽やかな印象の店内でしたが、ウッディで落ち着いた感じの店内に。
a0036952_22451732.jpg

帆船のマストをイメージしていた太い飾り柱はかつての名残りを感じさせるもの。

 メニューはかなり多彩(これだけ多彩なメニューを維持していけるのかは?と懸念しましたが13年4月時点でも豊富なラインナップが揃っています。)ですね。手頃な価格のものから、ハレの日の利用に仕えるような豪華なメニューもあり、いろいろな局面で利用できるお店のようです。
 修学旅行生の利用にも、カップルやグループでの利用にも使え、家族や三世代での利用にも、一人での利用にも。
a0036952_22454333.jpg

 誕生日又は記念日特典もあるようです。実際にお誕生日などのハレの日に利用されている方たちも多いようです。
Birthday&Anniversary 記念日特典
・プチバースデーデザート、記念写真サービス
 予約なしの当日客も対象。歓迎会やお祝いなどの集まりで席の予約も可。予算と希望に合わせて用意していただけるようです。

・特別な日にライブロブスターの予約を。
  ライブロブスターのジャンボサイズ(2~7ポンド)の予約可。2週間以内にカナダより直送。特別な日のパーティー用に。
  ライブロブスター 2.0ポンド ¥8,800
           3.0ポンド ¥13,800
           4.0ポンド ¥18,800
           5.0ポンド ¥22,800
           6.0ポンド ¥27,800
           7.0ポンド ¥32,800
    ※1ポンド=約450g

 また、レッドロブスターモバイル会員(登録費、年会費不要)になるともれなく特典があるとか。

 シーフードレストランに相応しい立地ではありますが、イベントの中心がかつてのオレンジ広場からアレキサンダー広場に移っている現在、人の流れ的には難しい場所でもあります。サウザンドサニー号やパレスハウステンボスあたりの利用と組み合わせてでタイムスケジュールを考えられるとよろしいのではないでしょうか。好きな方はわざわざ足を運ぶ価値もあるレストランだとも思います。レッドロブスターを利用したくてハウステンボスに来られている方たちも少なくない感じで、実際に多くの方が利用されています。人出の多い日などは待ち時間を要する事も。

 フロアスタッフの方々も好印象で、良いお店だと思います。

 レッドロブスターのオフィシャルサイトはこちら。オフィシャルサイトにはメニューも詳しく掲載されていますが、店舗によってメニューのラインナップ等に違いもあるようで、ハウステンボス店とは一部異なる部分がありますのでご注意下さい。
 レッドロブスターのオフィシャルブログ「レッドロブスター新人広報のお仕事ブログ」もなかなか楽しく、新メニューチェックにも役立ちます。ローストビーフとか、いただいてみたいなァと思いますもの。

以下は7月28日の夜に利用してきた際の記録を元に記載しています。
7月23日からでしょうか、世界を旅するロブスター(第一弾がタイ編で、第二弾はスペイン編でした。)の第三弾メキシコ編が始まっています。
a0036952_215316.jpg

それぞれに興味深いメニューですが、私がいただいたのは「カジキとサルサのメヒカーナライス」。
御飯物が好きな私には興味津々なメニュー。「ボリュームたっぷりのメヒカーナライスは、カジキ(これかなりいい味)と半熟玉子を一緒に混ぜる食べ方がおすすめ。決め手はオリジナルサルサ!辛さをお好みに調節してお召し上がり頂けます。」というものですが、かなり好きな味わい。
a0036952_215254.jpg

メキシコで出会ったたくさんのサルサから、汗の噴き出るような辛さの特製サルサをピックアップし、シーフードに合わせやすいよう、「サルサ・メヒカーナ」をお手本に、トマト・タマネギ・青ピーマン・チポトレをブレンドした。何度もレシピをなおして出来たという特製オリジナルサルサもとても旨辛い逸品です。
このサルサについてはオフィシャルブログも参照下さい。
a0036952_2142972.jpg

もう一品「ロブスターテールグリル&ローストビーフ(100g)」をいただきました。じっくり低温で焼き上げたローストビーフとカナダ産ロブスターテールのコンビネーションで、テーブルサイドで、黒胡椒とソースをかけて仕上げて下さいます。
こちらもお得感のあるメニューでなかなかのもの。
特製のホースラディッシュソースでいただくローストビーフも、ロブスターテールもスペシャルとまでは言いませんが、美味しくいただけました。

 12年11月1日に私がいただいたのは、コンボプレートの「レッドロブスターコンビプレート」¥2,780
シーフード+ライス+ミートからなる選べるシーフードコンビネーションプレートで、シーフードはロブスターテールかシュリンプの黄金焼きのいずれかを。ライスはパエリアかシュリンプドリアのどちらかを選択します。それにカットステーキがつく内容。
a0036952_22475331.jpg

私が選んだのはロブスターテールにパエリア。
a0036952_2248928.jpg

パエリアはおこげが美味しく、かなり胡椒が利かせてあります。
a0036952_22482912.jpg

ロブスターテールの存在感もなかなかのもの。
a0036952_2248481.jpg

カットステーキはいい味していますが、アメリカンビーフ。和牛の様なやわらか~ってのとは違います。人によっては歯ごたえがあり過ぎると思われるかもしれませんし、ステーキの味わいも脂の旨味ではなく、赤身の美味しさでもあり、そのあたりでも好みはわかれるはずです。ロブスターも同様かも。大きさ存在感はあるものの、人によってはもっと美味しいと思う海老が別にあるかもしれません。

これだけのものが一皿に揃っているのは魅力ですが、良くも悪くもアメリカンな印象。そのあたりを理解したうえで利用するのにはお勧めのお店と言えるかな、というのが第一印象です。これから他のメニューもいただいてみたい、そう思います。

a0036952_18314671.jpg

 11月22日(2日、12日、22日)はロブスターの日で生ビールジョッキ半額の特典があり、まずはビールの友として「オイスターの香草パン粉焼き」を。3ピース¥980と5ピース¥1,480がありますが、1人とあって3ピースを選択。「 ローズマリータイム、イタリアンパセリと一緒に焼き上げる事で牡蠣の美味しさを引き出した一品。」だといいます。私は牡蠣の香草パン粉焼きは好物で、美味しくいただきました。もっとガーリックを利かせた方がより好みではありますが。
a0036952_1832753.jpg

 メインでいただいたのはランチタイムメニューのパエリアの中から「プレミアムパエリア」 ¥1,480を。
「有頭海老を丸ごと1本使用して海老の旨味たっぷりに仕上げたパエリア」で、なかなかいけます。パエリアランチでは6種類のパエリアが用意(ランチメニュー以外にもう1種メニューにあります)が、パエリアによりライスが異なっていますが、プレミアムパエリアはサフランライスになっています。おこげが美味しく胡椒を利かせたスパイシーな味わい。有頭海老がマヨネーズベースのソースとあいまってとっても美味。
 残念ながら今回この「プレミアムパエリア」はメニューから外れています。


以下の価格は税込み価格です。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-08-01 21:09 | ハーバータウン

シーフードレストラン/レッドロブスター Part2

a0036952_22515018.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップしています。

以下にメニューの続きを記載します。

ピッツァ&スープ
  サクサクピッツァと食べるスープ
・クラムチャウダー      ¥580
  貝の旨味が口の中に広がるニューイングランド・クラムチャウダー。貝と野菜の具だくさんスープ。
・ロブスタービスクのパイ包み ¥680
  ロブスターの旨味を凝縮した濃厚スープをパイ生地で包みました。
 「サクサクのパイをくずして濃厚なロブスタースープにまぜてお召し上がり下さい。」
・ガンボスープ        ¥680
  オクラのとろみが効いたケイジャンスープ。クセになる事間違いなし!
 「オクラ・人参・玉ねぎ・セロリ・キドニービーンズなどが入ったピリ辛のスープ。クセになる一品。ガンボ好き続出中!」
・チョッピーノ        ¥880
  海老の頭でダシを取ったシーフード満載のトマトスープ。チリパウダーでお好みの辛さに。
・オリジナルブレッドフォンデュ シュリンプ¥1,080 ロブスター¥1,280
  パンを器にトローリチーズソースで!
 「パンの器の中にとろ~りチーズ♪外のパンはチーズフォンデュのように、器はカットしてお召し上がり下さい。」

クリスピーパイピッツァ
  「うすいピザ生地のまわりにサクッサクのパイがのっているオリジナルピザ。パイをくずさないようにカットして外側からくるくる巻いて食べるとサクサク感が楽しめます。一番人気はマルゲリータ」
・マルゲリータ クリスピーパイピッツァ ¥980
  シンプルに生地の美味しさが伝わるピッツァです。直径24㎝
 ※ダブルチーズ +¥100
・シュリンプ クリスピーパイピッツァ  ¥1,080
  たっぷりシュリンプにサクサク感が美味しいピッツァです。直径24㎝
 ※ダブルチーズ +¥100
・シーフード クリスピーパイピッツァ  ¥1,180
  シーフードをのせた定番ピッツァです。直径24㎝
 ※ダブルチーズ +¥100

ライブロブスター
  世界最高品質のロブスターをどうぞ!
  世界最高品質のカナダ産ロブスター、現地の美味しさをそのままお届け!
   ロブスターは、「アメリカ」「カナダ」「ヨーロッパ」で獲れます。英語では「ロブスター」、仏語では「オマール」と呼ばれ海外では”シーフードの王様”と言われています。また、産地によって特徴が大きく異なります。
   レッドロブスターで使用しているカナダ産のロブスターは厳格な基準(ライセンス・漁時期・漁場)が定められており、世界中のレストランから高い評価を受けています。伊勢海老よりも弾力があり、タラバガニに近い質感をもっています。驚くような身の弾力と広がる旨みは、他の食材では味わえないロブスターならではの食感です。「現地の美味しさをそのまま体験」していただく為にレッドロブスターではカナダ産にこだわっています。
  レッドロブスターでは、徹底された品質管理の元、毎週店舗へ出荷されています。店内の専用タンクで保管されたカナダ産の”三ツ星ロブスター”です。
   基本メニューとして4種類の調理方法(スチーム、オーブン、スパイス、豆板醤)から、カナダ産の”活きロブスター”をお楽しみいただけます。 
  はじめて「ロブスター」を楽しむなら、まずはスチームがおすすめです。身の旨味、弾力にきっと驚くことでしょう。
  海老、蟹などにはない新たな感覚を体験できます。
 ※ラージは要予約
・ライブロブスター(スチーム)  R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  カナディアンロブスターの身の甘みが一番感じられる調理法です。
  ロブスターを初めて食べるならこちらがおすすめ!
・ライブロブスター(スパイス焼) R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  計8種類のスパイスを使って調理しました。ビールが進む一品です。
  このお料理はパンに合います!
・ライブロブスター(オーブン焼) R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  香りを感じるならオーブン焼きで、世界最高品質ならではの味。
・ライブロブスター(豆板醤)   R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  ロブスターをフライにして豆板醤ソースで絡めたくせになる一品です。
  このお料理はパンに合います!
・ライブロブスター(黄金焼き)  R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  ロブスターを特製黄金ソースでふっくら焼きあげました。
  ※調理にお時間がかかりますので、お早めにご注文ください。
・シェフのお奨めライブロブスター  ¥4,800
  レッドロブスターがお薦めする「ライブロブスターメニュー」。メニューの詳細についてはスタッフにお尋ねください。
  ※数量限定

クラブ
a0036952_22194888.jpg

  北洋を中心に世界中から届いたデリシャスクラブ
・ズワイガニ(スノークラブ)  250g ¥1,580 500g ¥2,980
  身が繊細で甘みたっぷりのズワイガニ。ホットorコールド
・タラバガニ(キングクラブ)  240g ¥2,980 480g ¥5,780
  カニの王様、しっかりとした食感のタラバガニ。ホットorコールド
・ズワイ&タラバの盛り合わせ  R(レギュラー)¥4,280 L(ラージ)¥5,780
  2種類のカニが入った欲張りメニュー!
  ワイワイみんなで楽しめる。ご家族でどうぞ!
・タラバ蟹の豆板醤炒め     ¥3,280
  タラバ蟹に豆板醤を絡めたクセになる一品。

※ズワイガニとタラバガニの違いについて ズワイガニとタラバガニはそれぞれの美味しさがあるんです!
 大振りな身とプリッとした食感のタラバガニ 食べ応えのある肉質のタラバガニ
  タラバガニは、身の大きさと食感が楽しめるカニです。ズワイガニ程の甘みがありませんが食べ応え十分のカニです。
 繊細なカニ本来の旨味を持つズワイガニ カニの旨味をもつズワイガニ
  ズワイガニの特徴は身が繊細でカニの旨味があります。「茹でる」事でズワイガニ本来の旨味を感じることが出来ます。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-08-01 20:56 | ハーバータウン