2010年 05月 05日 ( 5 )

アンカーズラウンジ Part1

a0036952_18543464.jpg

a0036952_22333994.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパアンカーズラウンジのメニューです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ロビー中央、白鳥が浮かぶ内海を抱く開放的なラウンジです。ご朝食、お待ち合わせ、ご休憩をはじめ、夕方5時以降からはバーとしてもご利用いただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:108席
【営業時間】喫茶 10:00~17:00(ラストオーダー)
 ※営業時間は時期により異なる事があります。オフィシャルサイト及びハウステンボスニュースでご確認ください。
 ※上記営業時間とは別にウォーターコートコンサートが行われていましたが、残念な事に08年6月末をもって終了しています。
 ※現在ホテルヨーロッパの朝食会場は通常アドミラルと吉翠亭になっているようです。
【予約】対応なし。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。※朝食オープン時は禁煙。

 内海を望む開放的なラウンジで、時折出入りするクルーザーを眺めながらゆったりとお茶するのはとても優雅な時間。
フランベデザートはここだけの人気メニュー。
a0036952_7273512.jpg

ハウステンボスホテルズのパティシェ特製ケーキ(ケーキは基本的に各ホテルラウンジ共通です。)のセットも人気です。人気が高いがために早い時間に売り切れになってしまうことも少なくなく、ご希望の方は早めの利用が望ましいかと思います。
サンドイッチ等で軽く昼食をとることもできます。
a0036952_7251172.jpg

昼下がりのひと時にお気に入りの本を片手にゆったりとティータイムを過すのはなかなか良いものです。

デイタイムはホテルラウンジは婚礼の関係で貸し切りになることもあります。
なお、アンカーズラウンジが婚礼で貸し切りの場合は、通常シェヘラザードが喫茶営業するようですが、その場合は下記とは異なるメニューになります。

ウォーターコートコンサート会場としての顔 HTBの1日を締め括るイベントとしてのコンサート。ハヴィエル・オルモ氏!のコンサートを筆頭に素晴らしいコンサートの数々。毎日これだけのコンサートを開催し続けているホテルはあまり類をみないのでは。
このコンサートもアンカーズラウンジの、そしてハウステンボスの魅力に浸ることのできてお勧めです。

というのは以前書き続けていた事ですが、残念ながら08年7月からはこの楽しみを味わう事は出来ません。シェヘラで飲んでいてもコンサートの音楽が聞こえてこないのは寂しいもので、なんだかホテルヨーロッパ自体に侘しさを感じてしまうのは、私の思い入れの強さがさせる事なのかもしれませんね。

08年12月26日から期間限定(09年1月4日まで)でコンサートが行われました。
a0036952_2383788.jpg

1月2日(JRの最終の関係でコンサートを楽しむ事はできませんでしたが、シェヘラでグラスを傾けながら聴いた調はとても素敵なものでした。
a0036952_2391237.jpg

ホテルヨーロッパロビーの雰囲気を優雅なものにした音色は、そして満員の盛況ぶりはやはりこのコンサートの素敵さを知らしめてくれるものであったかと思います。

そして09年春は地元長崎を中心に活躍中の若手実力派アーティストによる素敵なコンサートが行われました。
こちらは別途ご紹介していますので、よろしかったらこちらをご覧下さい。

 09年7月16日の夕刻にはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団員の方々3名(ヴァイオリン2、ヴィオラ1)を迎えてのスペシャルなイブニングコンサートも行われました。

 出来うる事ならこれからも期間限定でも開催される事を願っております。

 また、年に1、2回開催されるデザートブッフェは大好評・大人気です。デザートブッフェの最高峰とも言われるアンカーズラウンジのデザートブッフェ、機会がありましたら是非利用される事をおすすめします。開催日の案内にご注目あれ♪
07年のクリスマスデザートブッフェも大好評だったようです。
 ※にょろさんのレポ その2
 ※sayuriさんのレポ
08年は残念ながら行われませんでしたが、09年は2月と5月に開催されました。
 ※mattariのレポ(09年5月)をご覧下さい。

そして今年の2月も開催されました。
バレンタインデザートブッフェ
【日時】2010年2月11日 午後12:00~   午後14:00~  各回90分
   1日2回行われ、30分前から受付開始
【料金】大人  ¥3,500
    子供  ¥1,800  小学生~中学生以下
    幼児   ¥500  4歳以上~小学生未満
【申し込み・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

とても素敵な内容で、大好評だったようです。いずれまた開催されると思いますのでご注目!
また1月17日にはワイン&ランチブッフェが行われました。デザートブッフェ、ワイン&ランチブッフェいずれ姉妹ブログでご紹介したいと思っていますが。。。
 ※mattariのレポ(ワイン&ランチブッフェ)
ワイン&ランチブッフェ
【日時】1月17日 12:30~
【料金】ワイン&ランチブッフェ ¥5,000
    ランチブッフェのみ   ¥2,500
    4歳~小学生       ¥2,000

ワイン好きな方にはお得すぎる内容だったかと。かなり好評だったように思います。いずれ第2回も行いたい意向のようでしたので、ご注目。

 ハウステンボスホテルズのレストラン、ラウンジ、バーはいずれもハウステンボスの良さを体現している、ハウステンボスの大きな魅力の1つです。場内ホテルに宿泊される方はその魅力に浸ってみてはいかがでしょう。場内ホテル宿泊でない方でも利用できますので、できれば足を運んで利用してみられることをお勧めします。
a0036952_99387.jpg

 ラウンジのロビーから見て左側は無料の休憩スペースになっているようです。シェヘラザードなどで活躍していた居心地の良いソファが。

以下は5月3日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-05-05 09:18 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

アンカーズラウンジ Part2

a0036952_2229239.jpg

字数制限のため2つに分けてアップします。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-05-05 09:04 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(オリジナルカクテルPart1)

a0036952_9141117.jpg

今回はホテルヨーロッパの「シェヘラザード」のオリジナルカクテルのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
それ以外のメニューについては「What's New」からご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【予約】対応なし。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

a0036952_725347.jpg

上記写真はいずれもノンアルコールカクテルです。シェヘラザードは様々なシロップ類などが充実しており、ノンアルコールカクテルもじつに豊富なラインナップのものを創意・工夫を凝らして作っていただけます。いわく「ノンアルコールカクテルってジュースじゃない。素敵なカクテル」です。
ハウステンボスでの、ホテルヨーロッパでの非日常の1日の締めくくりに、あるいは食前酒をいただいたり、花火までの時間に一杯、いかがでしょう。シェヘラザードはのんべの男性にもお勧めですが、重厚かつシックな内装やフッカフッカのソファなど本来女性好みの雰囲気だと思います。飲める人はもちろんですが、飲めない方・バーなどを利用したことのない方にも是非一度利用してその魅力に触れていただきたいと思います。
a0036952_791863.jpg

HTBでは、オリジナルカクテルをいただくのも楽しみです。
季節のカクテルについても、過去のメニューも材料がそろっていれば(殆どのものは揃っているようです。一部のカクテルで季節のフルーツが必要だったりするようですが)頼んで作って頂く事ができる場合があります。

メニューにないカクテルもその方の好みに合わせて創ってくださったりします。カクテルの知識などなくとも、「アルコール控えめでさっぱりした感じのもの」とか、好みのフルーツ、味わいなどを伝えてカクテル・ノンアルコールカクテルをつくっていただく事ができます。

a0036952_8282730.jpg

 雨の日など花火までの時間をホテルヨーロッパの素敵なバー「シェヘラザード」で雨宿りしながら優雅に過ごす。。もちろん晴天の日でも、シェヘラザードの素敵な雰囲気の中優雅に。
飲めない方もノンアルコールカクテルを好みに応じて作っていただけます。
ちなみにシェヘラザードは喫茶利用も可能です。

シェヘラザード、アラビアンナイトの語り手の名前。ペルシャの王、シャハリヤールは女性を信じられず毎日新しい妻を迎えては、その夜に殺していた。そこに迎えられた大臣の娘シェヘラザード。彼女は賢い女性で、毎日面白い話を王に聞かせ続けた。話の続きをどうしても知りたい王は、シェヘラザードを殺さずに毎晩過ごしたとか。そうして千一夜にも続いた物語を聴くことで、かの暴君もシェヘラザードを愛し、シャリアール王は名君になったという。
千夜一夜物語の語り部・伝説の美女シェヘラザードの名を冠したホテルヨーロッパのメインバーは、幾夜もいつの夜も変わらぬ優しさで優雅に包み込むように、一日の余韻に浸らせてくれることでしょう。
a0036952_3211279.jpg

下記メニューは5月3日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-05-05 07:13 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(オリジナルカクテルPart2)

a0036952_13462075.jpg


字数制限のため2つに分けてアップしています。

以下に続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-05-05 07:10 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ワイン専門店/ディオニソス Part1

a0036952_21244310.jpg

今回はハウステンボスの中心部ビネンスタッド地区のショッピング街にあるワイン専門店ディオニソスのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日6月3日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オリジナルワインからヨーロッパ各国のワイン、生ワインをライナップ
 ハウステンボスオリジナルワインを中心にしたワイン専門店。ヴィンテージアイテムも多く取扱い、有機のワイン「生ワイン」も必見。

ソムリエの店長を筆頭にワインの知識が豊富なスタッフがお客様に合ったワインをお選びいたします。
【場所】 ビネンスタッド地区 マルシェ・ド・パラディ内
【営業時間】 10:00~19:00
    ※営業時間は時期により異なります。

a0036952_21255152.jpg

さて、ディオニソスですが、ワインの専門店として、ワインを販売するだけでなく、グラスでワインを(お手頃価格で)楽しむ事が出来るお店ですので少しご紹介させていただきす。

ディオニソスはビネンスタッド地区に08年3月15日にリニューアルオープンしたマルシェ・ド・パラディのカドゥマルシェ(お土産市場。かつてキッズファクトリーがあった建物はジョリマルシェ、食の市場・おいしい市場と名付けられています。)の店舗の1つ。
a0036952_2132441.jpg

いろんなお店が集うマルシェで買い物に勤しむお母様方を待ちながら、マイスターズドリップでコーヒーをいただくのも良いですが、(車でなければ)ここディオニソスでグラスワインをいただくのもお父様方にお勧めです。もちろん、ワイン好きな女性にもお勧め。
ノンアルコールのものも用意されていますので、車の方も、飲めない方も。カウンターで(お店が忙しくない時などはソムリエの方やスタッフの方からいろいろとお話をうかがいながらグラスを傾けるのも楽しみです)立ち飲みするのも良いですし、窓際の席でゆっくりとグラスを傾けるのも。

a0036952_2131066.jpg

グラスワインのメニューは下記のようにその時々でラインナップが異なります。
ソムリエの方が選ばれたワインを手ごろな価格でいただくのは休日の昼のちょっとした贅沢。
グラスでも一部提供されていますが、生ワインがハウステンボスの、ディオニソスの売り。オフィシャルサイトで詳しい案内がありますので、興味のある方は是非こちらをご覧ください。
グラスでいただいたもので、気に入ったものは購入出来るものも。

 ※catruiさんのレポ

おつまみとしてチーズやサラミ、生ハムなどが用意されており単品でも購入できることも。
a0036952_16524954.jpg

昨年8月頃からディオニソスでのチーズ販売がかなり充実したものになっていました。白カビタイプのシャウルス、ヌーシャテル、青カビタイプのロックフォール、フルムダンベール、シェーブルタイプのサントモールといったもの。ラインナップはその時々で変わるかと思いますが、ワインとの相性で選ばれたソムリエ厳選のチーズたちです。
a0036952_16532994.jpg

他にもクラッカー、パテ、ムースなどが販売されていましたので、ワインの購入の際にあわせて購入するとよろしいのでは。

a0036952_15541087.jpg

サンヴァンサン祭期間中やクリスマスの時期、年末・年始は下記のように素晴らしい企画も行われていました。
3月の3連休やGWも年末・年始同様、ハウステンボスの生まれ年のスペシャルなワインがグラスで提供されています。
1杯¥5,000はいいお値段ですが、これだけのワインをグラスでいただける機会は通常ないですし、ボトルでの価格を考えると¥5,000はかなりお得でした。

正月に登場する福袋は、値段設定も様々なものが用意され、中にはハウステンボスで最も豪華な福袋も。
キュベ・ハウステンボス・ルージュとブランのセットが¥3,000とリーズナブルなものが用意されていた一方で、オーパスワンとドンペリの組み合わせで¥50,000の福袋(他の組み合わせのものも)、シャトー・ラトゥールとドンペリ・エノテークの組み合わせで¥100,000(その他の組み合わせで4種ほど)。そして5大シャトー揃い踏みの福袋が25万!ワイン党なら垂涎ものだったのでは。


以下に今まで私が記録してきたグラスワインのラインナップをご紹介します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-05-05 00:52 | ビネンスタッド