2009年 04月 30日 ( 2 )

チーズケーキハウス/パティスリー(Part1)

a0036952_555785.jpg



a0036952_22553385.jpg

今回はハウステンボス場内ユトレヒト地区にあるパティスリーです。
改訂版をアップします。最新更新日6月4日
※ハウステンボスの中でも人気店であったパティスリー。残念ながら5月31日をラストに6月からクローズ状態です。リニューアルオープンの話もあるようで、期待して待ちたいと思います。
パティスリーとはフランス語で小麦粉を使った焼き菓子と、また、それを売る店のことを意味します。当店はその名のとおり、オリジナルのチーズケーキを中心に様々な種類の手作りケーキをそろえています。
予約(当日の午前中までに)をすれば、特製のバースデイケーキも注文できるようです。
【場所】:ユトレヒト地区ワールドレストラン街1 階
     席数:34席 テラス(20席 ただし期間限定)
【営業時間】10:00~18:00(ラストオーダー)
     ※水曜日店休
     ※営業時間は時期により異なります。店休日とあわせてオフィシャルサイト及びハウステンボスニュースでご確認ください。
【その他】車椅子利用可

HTBの「食」の楽しみの大きな部分をデザートが占めます。「ティークリッパー」や「アンカーズラウンジ」「アクールヴェールカフェ」といったホテルのラウンジで優雅にいただくデザートもとても美味で素敵すが、HTBでデザートといえばこの「パティスリー」を忘れる事はできません。

a0036952_22541441.jpg

 定番スイーツにおいては、オレンジ風味とキャラメル風味の2種類があるチーズタルトは特に人気があるようで、「とろっとした口当たりとチーズのまろやかさを大切にして、焼き上がりにこだわった逸品」だとか。

 季節限定のオリジナルデザートもパティスリーの魅力。四季折々風情あるハウステンボス散策の途中にほっと一息いかがでしょう。
デザート・ケーキのラインナップも充実しています。
スコーンセットもあり軽食・アフタヌーンティーとしての利用もよろしいかと思います。

 私がパティスリーを初めて利用したのは記録(2003年4月以降は何がしかの記録を残しています)にあるのは2004年2月でいただいたのはクラシックショコラ。
本来甘いものを好まない(誰も信じてくれませんが・・)事もあって、ハウステンボスの飲食店にあってはデビューはやや遅かったお店ですね。当時は写真をあまり撮っていなかった(写真を比較的多く撮るようになったのは04年7月以降で、このブログを始めてからになります)ので画像はなく、一番最初のパティスリーの画像は2004年8月で今回見直してみるとパンプルムース。これは今回(4月29日)いただいたパンペルモの前身にあたるものですね。
a0036952_23274627.jpg

ぷるぷるの食感のひんやりしたゼリーで甘酸っぱく清涼感のあるデザート。甘いものを好まない私でもとっても美味しくいただけるものでした。当時日常生活の中では甘いものをまず口にしなかった(今でもハウステンボスとパティスリー・カミーユ以外のものを口にする事はあまりないですね)私が、ハウステンボスにおいては時にスイーツの梯子をしたりするようにまでなったのはホテルズとパティスリーのスイーツたちが良質で、口に優しい(しつこくない、もたれない)ものだった事。加えてお店の方たちが異物とも思えるオヤジ一人客をも自然に優しく接しもてなして下さった事も大きな事でした。
オフ会仲間から、バーはともかくパティスリーで常連ってどうよ、と呆れられながらも通い続けたのは、美味しい事に加え、居心地の良さがあったから。一応遠慮して他の女性客があまりおられないような時間帯を選んでの利用ですが。。。

そのオフ会仲間とも何度かオフ会でパティスリーを利用したものです。
a0036952_23282598.jpg

オフ会で想い出深いのは2005年3月6日のフォーボスコ。オヤジ(に加えるとお気の毒な男性も)4人のテーブルにイチゴボスコが4つならぶ様は壮観というか、何というか。。。一緒にオフ会していた女性陣が離れた席から見ていたのも印象的です。
このイチゴボスコは「ボスコはイタリア語で「森」の意。その名の通り、苺を隙間なく敷き詰めたケーキ。濃厚なクレームブリュレとスポンジを重ね、周囲に12~13粒ものイチゴでデコレイト。上から自家製ヨーグルトソースで仕上げました。苺の甘酸っぱさと見事なハーモニー」というもので、実に素晴らしい、私の中ではパティスリーの最高傑作!と思う逸品です。
a0036952_23291587.jpg

この4ボスコに並ぶ想い出深いものとして6ノエルもあります。
これについては姉妹ブログでも書いていますので、よろしかったらこちらもご覧下さい。

現在白鳥が抱卵中で、5月上旬~半ば頃にはとっても愛らしい雛が誕生してくれるものと楽しみにしています。
a0036952_23295419.jpg

その白鳥の雛誕生を祝して「白鳥親子のお散歩(白鳥親子のシュークリーム) 」を提供してくれたのもパティスリー。私の知る範囲ではこのような雛誕生を祝ってのメニューが登場したのはここパティスリーだけでは?心優しさも魅力です。もっとハウステンボス全体でお祝いすればいいのに・・・そう思います。

今やハウステンボスを代表する土産物の1つになった、チーズケーキ専門店「ラフレシール」のチーズケーキもここパティスリーの女性パティシェの方の手になるもの。ミッフィーのお誕生日のケーキなども同様です。

いろんな想い出、思い、味の記憶が懐かしく蘇ってくるこのパティスリー。この5月いっぱいでその歴史にいったん?ピリオドを打つことになりました。ハウステンボスにあって私の記憶の中では行列の出来る店ベスト3の1つ。同じ行列の出来るお店ソウルが4月9日に閉ざされたのに続いての決定です。

このGWにも多くの方がハウステンボスを訪れる事と思います。パティスリーファンの方も少なくない事でしょう。
今のうちに利用しておかれますように。。。

下記は4月29日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-04-30 23:30 | ユトレヒト

チーズケーキハウス/パティスリー(Part2)

a0036952_1231636.jpg

字数制限のため2つに分けてアップします。

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-04-30 21:55 | ユトレヒト