2008年 02月 25日 ( 1 )

鮨 按針

a0036952_623191.jpg



a0036952_23413544.jpg

今回はハウステンボス、アムステルフェーンにある鮨 按針です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
 地元長崎の新鮮なお魚を使ったにぎり鮨をメインに、珍味や酢物など一品物も充実。また、ドリンク類も地酒をはじめ、各種取り揃えています。お食事はもとよりちょっとしたお夜食まで、ぜひお立ち寄りください。
店名の「アンジン」はデ・リーフデ号で日本にやって来たウィリアム・アダムスこと三浦按針にちなんで名付けられた。朱塗りと黒で統一された店内は、和風のお店でありながらエキゾチックな雰囲気も感じさせる。
【場所】アムステルフェーン1階
   席数:26席
【営業時間】18:00~23:00(ラストオーダー)
【定休日】月曜日店休
  ※営業時間や店休日は時期により異なります。ハウステンボスニュース等でご確認ください。
【その他】喫煙席あり

a0036952_7311753.jpg

居酒屋「按針」が06年7月22日、鮨 按針としてリニューアルオープン。
「真藍」が「花の家」として06年8月1日にリニューアルオープンするのに関連して、「真藍」で鮨を握っておられた料理人の方が「按針」へ異動し「鮨 按針」としてリニューアルオープンする運びになった感じです。
a0036952_23421096.jpg

魚が美味しいと言われる長崎、そして真藍で美味しい握りを食べさせてくれた職人の方ですから、その質は納得のいくもの。
市中の安価なお寿司屋さんに比べると良い値段だったりもしますが、食の安全が脅かされている昨今、地元で水揚げされた質の良いネタをいただけるのは歓迎です。これからもこだわりのネタを提供し続けていただきたいものです。

ハウステンボス場内で握り寿司といえば、ここ按針が最高だと思います。吉翠亭の単品料理の中に握り寿司があり、こちらも劣らず美味ではありますが。
ネタは上質で、特に「吟選にぎり」はいささか良いお値段ではありますが、(好み・評価はひとそれぞれかとは思いますが。。)それに見合うだけ(以上)の満足感を得ることができるでしょう。吟選以外のメニューもなかなかのものだと思います。

お好みのネタもその時々の旬の良質なものが、下記のメニュー記載されているもの以外にも用意されていたりします。
巻物もメニューに載っているもの以外でもいただける場合があり、私は以前「穴子巻」をいただいた事がありますが、Marchさんのレポにある「ウニ巻」を是非食べてみたいものと思っています。

時期により登場し内容が異なる「本日の一品」も楽しみです。「和牛ロースわさび正油」や「熊本産馬にぎり」などとっても美味しかったので再登場を期待したいところです。

ラストオーダーが23:00というのもポイント高いです。遅い時間に食事を楽しめる店として重宝します。ただし、遅い時間にはネタが切れているものもありますので、どうしても食べたい!というものがある場合は早めの時間の利用がよろしいかもしれません。
また、週末など満席・行列な場合もありますので、人出の多いような日は利用時間をずらすなどの配慮も望まれるかもしれません。

Marchさんのレポ
ちこがこさんのレポ
Marchさんのレポ(その2?)
みーさんのレポ
Marchさんのレポ

以下は2月21日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-02-25 22:22 | ビネンスタッド