2007年 03月 14日 ( 3 )

ヴィノテーク(ヨーロッパ、魅惑のロゼ)

a0036952_6453968.jpg

今回はヴィノテークのワインメニューのうち現在行われている「ヨーロッパ、魅惑のロゼ」のご紹介です。最新更新日4月12日
ワインリスト等については先の記事をご覧下さい。ただし欠品などもあるようで、新しいメニューを作る予定(4月に入ってから?)だと聞きますので、近くそちらも改訂版をアップする事になるものと思います。
ワイン以外のメニューにつきましては、What's Newにリンク一覧があります。
夕暮れの港を眺めながら、窓際でワイングラスを傾けます。ここヴィノテークは日本のホテルでは初の本格派のワインバー。。ボトル単位でなくてはオーダーできなかった銘柄物のワインが気軽にグラスで楽しめます。
【場所】スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:27席
【営業時間】17:00~24:00(ラストオーダー)
【予約】HPによると対応なし。

 ヴィノテークはHTBの店の中でも個性的・特徴的で、根強いファンを持つワインバーです。このヴィノテークの隠れ家的なゆったり寛げる雰囲気の中でグラスを傾けながら、バーテンダーとの会話を楽しむ、その至福のひと時の為に遠方からHTBにこられる方が少なからずおられるバーです。

ちこがこさんのレポ その2
senriさんのレポ
※てん&てんの妻さんのヴィノテークレポートです。
 「23.2004/10/16~10/18」から入ってください。
てん&てんの妻さんのレポ・その2

                       バースデーオフレポ
2007年
guraさんのレポ
てっちゃんさんのレポ
さゆりさんのレポ その2
ちこがこさんのレポ その2

上記のようにワインバーで、ヴィノテークという名称もヴィノが「ワイン」、テークが「集める」事を意味し、「ワインの箱」といった意味の日本のホテルでは初めての本格的なワインバーとしてオープンしました。オープン当初はワイン専門だったようです。その後これまでにご紹介したように、ウィスキー・ブランデー・カクテルなどの幅広いアルコール及びノンアルコールメニューを提供するように変わってきています。内装もボックス席あたりで変更が加えられているようです。

ワイン党の方々からすると、オープン当初のスタイルを個性的であり懐かしむ向きもあろうかと思いますが、HTBの立地及びリゾートという性格からすると現在の有り様の方が望ましい方向であると私は思います。
グループで訪れた場合、全員がワインを嗜むとは限らないですし、アルコール自体飲めない方もおられるのですから。幅広くいろいろな方々に利用され好まれるだけのものが、今のヴィノテークには「確実にある」と私は思います。
「ワインバー」の看板はヴィノの個性であり、大切にすべきと思いますが、その看板故に利用をためらっている方がおられることを思えば、ワイン以外のアルコールメニューやノンアルコールカクテル、加えてフードメニューの提供も行っている事を適切に伝えていくべきでしょう。

ワインについても素晴らしいフェアがいろいろと開催されてきています。ピノ・ノワールフェアの後を継ぐのは「ヨーロッパ、魅惑のロゼ」で、今回もなかなかに楽しませてくれます。

ヴィノのフェアは採算合うの?って心配になるような素敵なもので、見逃せないでしょう。

以下は3月3日及び3月11日に記録したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-03-14 23:47 | パレス&デンハーグ

シェヘラザード(ハッピーアワー&オリジナルカクテルPart1)

a0036952_1154873.jpg

今回はホテルヨーロッパの「シェヘラザード」のオリジナルカクテルメニューです。
改訂版をアップします。最新更新日12月30日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
それ以外のメニューについては「What's New」からご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【予約】対応なし。ただしアフタヌーンティーに関しては要予約(空いていれば予約なしでもOK)

a0036952_725347.jpg

上記写真はいずれもノンアルコールカクテルです。シェヘラザードは様々なシロップ類などが充実しており、ノンアルコールカクテルもじつに豊富なラインナップのものを創意・工夫を凝らして作っていただけます。ノンアルコールのんべのGさんいわく「ノンアルコールカクテルってジュースじゃない。素敵なカクテル」です。
ハウステンボスでの、ホテルヨーロッパでの非日常の1日の締めくくりに、あるいは食前酒をいただいたり、花火までの時間に一杯、いかがでしょう。シェヘラザードはのんべの男性にもお勧めですが、重厚かつシックな内装やフッカフッカのソファなど本来女性好みの雰囲気だと思います。飲める人はもちろんですが、飲めない方・バーなどを利用したことのない方にも是非一度利用してその魅力に触れていただきたいと思います。
ノンアルコールカクテルについてはフォトアルバムをご覧いただければと思います。

HTBでは、オリジナルカクテルをいただくのも楽しみです。定番となっている村上龍さんの龍’sカクテルや季節ごとのカクテル。。。
季節のカクテルについても、過去のメニューも材料がそろっていれば(殆どのものは揃っているようです。一部のカクテルで季節のフルーツが必要だったりするようですが)頼んで作って頂く事ができる場合があります。
メニューにないカクテルもその方の好みに合わせて創ってくださいます。
 世界にひとつだけ
あなただけのオリジナルカクテルを創作します。
ホテルヨーロッパ メインバー「シェヘラザード」ではお客様の趣向をお伺いして バーテンダーがその場で“あなただけのオリジナルカクテル”を創作いたします。 ハウステンボスご滞在の思い出に、是非おすすめ致します。
* バーテンダーが簡単にお客様のお好みをお伺い致します。
* 料金 1,050円~(サービス料別)


シェヘラザード、アラビアンナイトの語り手の名前。ペルシャの王、シャハリヤールは女性を信じられず毎日新しい妻を迎えては、その夜に殺していた。そこに迎えられた大臣の娘シェヘラザード。彼女は賢い女性で、毎日面白い話を王に聞かせ続けた。話の続きをどうしても知りたい王は、シェヘラザードを殺さずに毎晩過ごしたとか。そうして千一夜にも続いた物語を聴くことで、かの暴君もシェヘラザードを愛し、シャリアール王は名君になったという。
千夜一夜物語の語り部・伝説の美女シェヘラザードの名を冠したホテルヨーロッパのメインバーは、幾夜もいつの夜も変わらぬ優しさで優雅に包み込むように、一日の余韻に浸らせてくれることでしょう。

ハッピーアワーのとってもお得な企画もパワーアップして継続して行われていますので、この機会にご利用下さい。
下記メニューは3月11日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-03-14 13:59 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(ハッピーアワー&オリジナルカクテルPart2)

a0036952_13462075.jpg

字数制限のため2つに分けてアップしています。

以下にメニューの続きを記します。

More
by mattarinonbe | 2007-03-14 13:46 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ