2007年 03月 06日 ( 3 )

アンカーズラウンジ(デイタイムPart1)

a0036952_18543464.jpg



a0036952_18535985.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパアンカーズラウンジのメニューです。
改訂版をアップします。最新更新日5月12日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
ウォーターコートコンサート時のメニューはこちらをご覧下さい。
ロビー中央、白鳥が浮かぶ内海を抱く開放的なラウンジです。ご朝食、お待ち合わせ、ご休憩をはじめ、夕方5時以降からはバーとしてもご利用いただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:108席
【営業時間】10:00~20:00(ラストオーダー)
 ※営業時間は時期により異なります。オフィシャルサイト及びハウステンボスニュースでご確認ください。
【予約】対応なし。ただし、ウォーターコートコンサートについては予約可(できれば予約された方がいいです)

 アンカーズラウンジにはいくつもの顔があります。
朝食会場としての顔 ホテルヨーロッパの朝食会場は通常2箇所(繁忙期などはレンブラントホールも朝食会場に)。優雅にセレブな気分で朝食をという方はデ アドミラル。好きなものを好きなだけ自由にという方はアンカーズラウンジが適していると思います。内海を望む「明るい陽射しが差し込む開放的なインテリア。ブッフェスタイルで気軽に食べられるのもリラックスできていい。」
両者は(朝食付プランの場合)チェックイン時に会場指定の朝食券を渡されますので、希望があれば事前に伝えておかれた方が宜しいでしょう。チェックイン時に変更も可能だとは思いますが。
他のホテルにないモーニングシャンパンで始める朝食はリゾート気分たっぷりです。

ティーサロンとしての顔 内海を望む開放的なラウンジで、時折出入りするクルーザーを眺めながらゆったりとお茶するのはとても優雅な時間。
フランベデザートはここだけの人気メニュー。ハウステンボスホテルズのパティシェ特製ケーキのセットも人気です。
サンドイッチ等で軽く昼食をとることもできます。
今回お勧めブランチとしてカスクルートセットが登場しましたが、サンドイッチメニューもさらに充実させる考えもあるようで、ティークリッパーにはパニーニセットが、オークラウンジには牡蠣フライドッグが登場と、ハウステンボスホテルズのラウンジにおいては軽食メニューを充実させようとする流れがあるようです。
a0036952_12424248.jpg

    ※写真は以前のものです。
チェックインタイムの15時頃(約20分)ウォーターコートコンサート奏者による生演奏がアンカーズラウンジ入り口でほぼ連日行われています。素敵な演奏を聴きながらのティータイムは素敵なものです。
私はこの時間帯にお気に入りの本を片手にゆったりとティータイムを過すのが好きです。場内をあわただしく観てまわるよりも、この時間帯、生演奏(日本人の耳に馴染んだ曲がジャジーに演奏される事が多いようです)をBGMにホテルヨーロッパの象徴とも言える内海の情景を眺めながらゆったり過すひと時の方がよりリゾートとしてのハウステンボスを理解できるように思います。
ホテル宿泊でない方も、宿泊の方はチェックインを遅らせてでもこの時間のアンカーズラウンジを楽しまれてはいかがでしょうか。
a0036952_23235582.jpg

バーとしての顔 ティータイムにもアペリティフとしてアルコールメニューがあり、昼間から楽しむ事ができますが、夕方5時以降はバーとしても利用できるとあります。
 シェヘラザードにバーカウンターが出来て(シェヘラザードはオープン当初はバーカウンターはなくラウンジだったといっていいようです)からこの「バーとしての顔は薄れたように思われます。現在はこの時間帯もデイタイムとメニューは同じのようです。
 食の饗宴が開催される時は、饗宴参加者の受付がアンカーズラウンジ前であり、アンカーズラウンジにおいて食前酒等の提供が行われます。

ウォーターコートコンサート会場としての顔 HTBの1日を締め括るイベントとしてのコンサート。ハヴィエル・オルモ氏!のコンサートを筆頭に素晴らしいコンサートの数々。毎日これだけのコンサートを開催し続けているホテルはあまり類をみないのでは。
このコンサートもアンカーズラウンジの、そしてハウステンボスの魅力に浸ることのできてお勧めです。
日帰りの方も、場外ホテル宿泊の方も利用してみる価値があります。出国についてはあらかじめスタッフの方に日帰り・場外ホテル宿泊である事を伝えておけば配慮していただける事でしょう。
現在コンサートのテーブルチャージは1,050円(場内ホテル宿泊者は525円)。別にドリンクをオーダーする形式です。ウォーターコートコンサート及びその際のメニューについては上記リンク先をご覧下さい。

ハウステンボスホテルズのレストラン、ラウンジ、バーはいずれもハウステンボスの良さを体現している、ハウステンボスの大きな魅力の1つです。場内ホテルに宿泊される方はその魅力に浸ってみてはいかがでしょう。場内ホテル宿泊でない方もできれば足を運んで利用してみられることをお勧めします。

以下は以前の記事に3月4日に記録したものを加えて改定したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-03-06 23:20 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

アンカーズラウンジ(デイタイムPart2)

a0036952_2229239.jpg

字数制限のため2つに分けてアップします。

以下にメニューの続きを記します。

More
by mattarinonbe | 2007-03-06 23:05 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ムーンシャワー

a0036952_0161192.jpg

今回はハウステンボス・アムステルフェーンのムーンシャワーです。
チューリップ祭が始まり、3月3日から営業再開しているようです。
3月5日利用してきましたので、改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。

【営業時間】20:00~23:30(ラストオーダー)24:00(クローズ)
【店休日】毎週水曜日及び貸切日(3月15日)
【料金】ノーチャージ。ドリンク代のみのようです。
【年齢制限】18歳未満は入場不可。

a0036952_125169.jpg

ゴスペルが終わり、店休していたムーンシャワーがチューリップ祭が始まり、営業再開しています。
ただ、これまでとは異なり、イベントスケジュールにも記載がありませんので、キャストによるショーイベントが行われるわけではないようです。
イベントに頼らない、バーとして営業していくようです。
それもあってか、料金はノーチャージ。ドリンク代のみのようです。
a0036952_0395494.jpg

「懐かしい音楽に包まれて、あの頃の”時”をお過ごしください。」
と案内看板にあります。
a0036952_122971.jpg

店内は若干の改装が加えられており、フロア内にも客席が設けられ、フロアの正面席があった所にDJブースが設置されていました。
DJの方の選曲による(リクエストとかも可能かもしれませんね)どこか懐かしいオールディーズが心地よく空間に満ちています。
照明を落とした落ち着いた雰囲気の中、ご機嫌なナンバーに身をゆだねながらグラスを傾ける。。。
a0036952_12471.jpg

カウンターでバーテンダーの方と素敵な会話を楽しむもよし。
魅力的なバーがいろいろと存在するハウステンボスに新たな魅力空間の登場です。
a0036952_11331.jpg

正面スクリーンには懐かしい映画がながれ、その前にはドラム、キーボード、ギター、ベースといった楽器が用意されているようで、週末などはライブが行われる事もあるのでしょうか。腕に覚えのある方など、楽器に触れる事もできるとか。

まだ船出したばかり、いろいろと新たな試みがこれからなされ、育っていくバーなのでは。
音楽好きな方、ムーディーな中(ハウステンボスのバーはいずれも素敵な雰囲気がありますが)グラスを傾けたい方、注目のお店です。

以下は3月5日に店内メニューを記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-03-06 01:02 | ビネンスタッド