2004年 07月 26日 ( 4 )

ユトレヒトテラス・バラエティーカフェ

a0036952_2391933.jpg

今回はユトレヒトテラス・バラエティーカフェです。この項工事中(最新更新9月13日)。
運河沿いのテラス席が「おしゃれなバラエティーカフェ」として、リニューアルオープン。この夏は、パニーニ、フォカッチャ、ヘルシーなパフェなど、イタリアのバールをテーマにした料理をお届け。夜は炭火焼きバーベキューがお楽しみいただけます。

【場  所】ラグジュアリーリゾートゾーン・ユトレヒトテラス
【営業時間】11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
        18:00~20:30(ブロセット屋台)


この秋ユトレヒトテラスは変身するようです。
料理のバリエは場内随一 マルシェ・ド・アベニュードムトールン下のユトレヒト地区の運河沿いに、ドイツをイメージしたポテト料理、ソーセージなどの屋台が立ち並びます。その場でお買いあげいただいた食材を目の前で調理、召し上がっていただくスタイルです。秋のさわやかな風がわたるテラス席で、のんびりお楽しみ下さい。
■提供時間/11:00~17:30
■場所/ユトレヒトテラス
※雨天時店休日

「澄んだ秋空のもと、運河沿いのテラスに。飲んで、食べて、寛げる、アベニュー(通り)が登場します。マルシェで選んだ食材をその場で調理するので、できたての味をお楽しみいただけます。」とあるように、新鮮食材を購入しその場で調理してもらうスタイルになるようです。
わかり次第もう少し詳しく記載したいと思います。
イタリアンバールがジャーマンバールに変わるなどメニューもかなり変わっている部分があるようです。もう少しわかりしだい(たぶん)別途まとめることになるかと思います。


以下は7月26日の記述(その後一部記載を追加してます)です。

More
by mattarinonbe | 2004-07-26 23:33 | ユトレヒト

マルシェ

a0036952_2144595.jpg


今回はマルシェです。最新更新9月16日。
このマルシェは期間限定という事ですが、9月9日の時点で「Piet」以外は閉店(ネームプレートも外されていました)してました。12日昼は「Piet」も閉店していました。16日昼はオープンしてました。

ヨーロッパのオープン市場をイメージしたおしゃなマルシェが期間限定でオープン。
アクセサリーや食材、雑貨などのショッピングや、楽しいゲーム、また清涼感いっぱいのアイスクリームショップやスイーツスタンドなど10店舗ほどが登場します。

【場所】オレンジ広場 【時間】10:00~21:00

ここの「BAR」もユトレヒトテラス同様「バール」と読むのでしょうね。
営業時間は10時からとなっていますが、私が訪れた時は「かまぼこバール」「クレープ(と読んでいいのかな?)バール」は昼頃まだオープンしてませんでした。夕刻からの営業かな?

花火までの待ち時間をいかに過ごすかがテーマの1つでしたから、このマルシェ、使い勝手あるような気がします。ビッケンビッケンだけでは厨房の容量不足でオーダーを処理しきれない(待ち時間が長い)傾向もありましたから、その意味でも歓迎です。
ただ、フードメニューに関しては「腹の足しになる」位に思っておかれた方がよさそうです。あまり味に期待しすぎないように。

マルシェにある飲食店のメニューは以下。

More
by mattarinonbe | 2004-07-26 21:51 | スパーケンブルグ

ポルチッタ ピノキオ・グランデ

a0036952_040247.jpg

今回は注目の新店舗の1つ「ポルチッタ ピノキオ・グランデ」です。この項まだ工事中です(最新更新日9月17日)。

南イタリアの古いお城をイメージした店内に100卓のテーブルが並び、定評のイタリア料理をご堪能できます。 また、店内にはステージもあり、季節により食事をとりながらオリジナルショーを楽しめる他、2階には120名まで利用できる予約席もご用意します。

【場  所】ラグジュアリーリゾートゾーン・
      帆船デ・リーフデ前(旧バタヴィアキッチン)
【予約対応】30名様~120名様(2階席)
【営業時間】11:00~22:00(21:30オーダーストップ)
※ショーの内容及び時間につきましては未定です。

メニューは以下。ユトレヒトのピノキオとは異なりますね。
ピザに関してはユトレヒトの「ピノキオ」の方が美味しかったという書き込みをよく見かけます。
窯が違うのか、まだ安定していないのか・・・?
このあたりは私はまだ未確認でなんとも言えないのですが、ピザにこだわりのある方は当面はユトレヒト店利用の方が無難かもしれません。でもこちらにはユトレヒトにないメニューもあり、どちらが良いかは何とも言えない様な。。。?

ところでポルチッタの方の窯もユトレヒト同様、有田焼の登り窯の技術を応用したピザ窯だという情報も(未確認ですが)あります。だとすればポルチッタの方でもユトレヒト同等のピザが食べられる日も近いかもしれません。
店内はオープンキッチンになっていて、ピザが焼きあがるところなども見ることができるとか。ただ、店内は広く利用客は多い(日や時間帯にもよるでしょうが)ですから、案内された席からそのような光景が見ることができるとは限りません。私の利用した席からは全く見えなかったので、そのような造りになっているとは気づかなかった位です。

中央ステージではピザ廻しのショーが行われる事もあるとか。という事はそれだけの職人さんがポルチッタにもおられるのでしょう。
イタリアンが少々苦手なお父さん。でもきっと大丈夫。ここは、家族揃って食事が楽しめますよ♪ 和風テイストを盛り込んだパスタなども準備しています。ワインやビールを飲みたいときには、イタリアの生ハムの盛り合わせはいかがですか。相性は抜群です。
 さらに、この夏の限定メニューには、キッズが大好きなハンバーグも登場。シーズンごとに変わる限定メニューは、キッズが喜ぶ料理が続々登場するのでお楽しみに。

とオフィシャルサイトにあるように、ユトレヒトのピノキオ以上に、幅広い層を意識しているのでしょう。このあたりも店を選択するうえでのポイントになるかもしれません。

メニューは以下。

More
by mattarinonbe | 2004-07-26 00:54 | スパーケンブルグ

トロティネ

今回はトロティネです。現在は朝食(7:00~10:00(ラストオーダー))のみの営業となっています。 トロティネのランチを味わえるのは来年夏まで待たないといけないのでしょうね?
※2005年ゴールデンウィーク期間中、期間限定でランチタイムオープンするようです。HTBのメルマガによると「パスタやサンドイッチなどの軽食メニューが登場」とありますが、具体的な営業日・時間・メニューは不明です。(最新更新H17.04.23)
a0036952_21445763.jpg


陽光降りそそぐ、プールサイドのレストラン。 フォレストパークのウェルネスセンター隣りにある「トロティネ」は、湖を眺めながら食事のできる、明るい雰囲気のカジュアルレストランです。やわらかな陽の光が燦々と降り注ぎ、窓からは湖で遊ぶ水鳥たちの姿をみることができます。 白やピンク、ブルーを基調にしたテーブルクロスや小粋な椅子は、とくに女性に大人気です。
【場所】フォレストパーク地区フォレストヴィラ内
     席数:100席
    禁煙。喫煙コーナーあり。
【営業時間】7:00~10:00
【予約】対応なし。貸切のみ対応。

このトロティネ、通常は朝食のみの営業で、場内ホテル宿泊者以外にはあまり縁のない店です。
宿泊者以外でも朝食をいただくことはできるでしょうが、2,300円位からで別途サービス料が10%かかります。
ここは非常にロケーションの良い所ですから残念な気がしておりました。
写真はトロティネと湖畔の間に遊歩道があるのですが、そこからの風景です。トロティネの湖畔サイドの席からはこのような景観を楽しみながらのんびり食事が出来ることになります。

フォレストパークはHTB内でも別世界的な場所で、この湖畔あたりだけでも散策する事をお勧めしたいです。
HTBを訪れる方の動線から外れている事もあり、場所を知らない、あるいは存在そのものを知らない方も少なくないようなのは残念な事です。

そのトロティネが夏場はランチタイムも営業をしています。上記案内にもあるようにプールサイドにあるレストランですから、プール利用客の多い夏場はプールサイドでの飲食も出来るようにランチタイムの営業を行っています。
利用するチャンス!です。HTBファンの皆さんいかがでしょうか。8月31日までのようです。
a0036952_019355.jpg

ランチタイムの営業は12:00~14:30(オーダーストップ)。ただしプールサイドは飲み物中心に17時までの営業だとか。

ハウステンボスフォレストパーク内の森と湖に囲まれた絶好のロケーションを誇るレストラン「トロティネ」では、ランチタイムに減農薬や自然農法の野菜を取り入れた軽食をご用意しております。

エコロジー重視のHTBの中にあっても豊かな自然の中のレストランとあって、メニューも自然・健康志向の様です。なかなか良いなァと思います。
また「カツ丼」「冷やし五島うどん(おにぎり付き)」はHTBにあっては貴重な和食メニューです。

「和食のお店がないね~」といいながら歩いている中高年のご夫婦の姿を時折みかけます。あるお店では、メニューにライスがない事を知って注文する事無く店を後にした若いカップルを見かけたこともあります。

「冷やし五島うどん」は私の隣の席の高齢のご婦人が注文されていましたが、遠目にみてもかなりのボリューム。出された瞬間仰け反っておられました。夏バテか見るからにお疲れモードの方には。。。

和食店・メニューの充実、多様化とそれらの情報提示のあり方、その両面におけるお年寄りへの配慮はこれからの課題ではないでしょうか?

苦言めいた事を書きましたが(これらはトロティネに限った事ではなく)、隠れた?和食メニューのあるレストランとしても貴重な「トロティネ」が魅力あるお店である事は確かであり、スタッフの方たちも皆さん素敵な方であった事も書いておきます。

メニューは以下。料金はホテルのレストランという事で下記料金にサービス料10%がかかります。

More
by mattarinonbe | 2004-07-26 00:03 | スパーケンブルグ