アクティビティーラウンジ

a0036952_22403585.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区アクティビティーセンター内にあるアクティビティー・ラウンジのご紹介です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
この夏新たに期間限定で登場した、アクティビティセンターが好評につきこの秋以降も継続することとなったようで、センター内のアクティビティーセンター・ナイトラウンジもアクティビティ・ラウンジとして継続されています。私的にはかなり大きな変化、好ましい変化が生じていますので、長文ですが、ご覧いただきたいと思います。
a0036952_22432035.jpg

7月1日にスパーケンブルグ地区ハーバーカフェテリア跡にアクティビティーセンターがオープンしました。
人気のセグウェイ、マリンレジャーなど、体験アクティビティをご紹介。是非お立ち寄り下さい。
【場所】スパーケンブルグ地区
【期間】9月1日~11月15日
   ※11月15日までとなっていますが、状況によってはそれ以降に冬のプログラムが登場するかも?まだはっきりとした事はわからないようですが、そのような方向性のようです。
【営業時間】10:00~22:00
   ※プログラムの受付は18時まで。プログラムによっては前日18時までの予約が必要とされているものもありますのでご注意。
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0131(9:00~18:00)
   ※Web予約も。

 場内ホテル及びハウステンボスジェイアール全日空ホテル、ホテル日航ハウステンボス宿泊者には好評のアクティビティパスも秋のプログラムで用意されています。大人¥5,000、小学生¥4,000ですが、多彩な内容が用意されており、滞在期間中の天候にも左右される面もありますが、お得感が高く、ハウステンボスを満喫する為には(滞在スケジュールにもよりますが)利用を検討されるべきではないかと思います。

 以下にこの夏のご紹介を再掲し、その後にその後の変化・現状(ハウステンボスファン必見!?)についてご案内したいと思います。
a0036952_22475449.jpg

a0036952_22483519.jpg

 アクティビティセンターの入口はハーバーカフェテリア同様、デ リーフデ側とランガダイク側にあります。
a0036952_230139.jpg

 デ リーフデ側には場内ホテル宿泊者向けのレンタサイクル(オーバーナイト)がずらっと。
a0036952_232132.jpg

 ビッケンビッケン横にはコーンに囲まれたエリアがあり、セグウェイの乗車練習場になっているようです。
a0036952_2373228.jpg

 ランガダイク側の窓際にはセグウェイがずらっと。
a0036952_2382270.jpg

 その横、ハーバーカフェテリアのボックス席が活かされており、ちゅーりーちゃんのレポによると休憩場所としても利用できるようですね。アクティビティセンター内には自販機もあった?ように思いますので、ここで一息入れるのもいいかも。
a0036952_23123195.jpg

a0036952_23125484.jpg

 ハーバーカフェテリアの厨房・料理受け取り口にはスクリーンが下ろしてあり、アクティビティセンターのプログラムの案内ボードやインフォメーションボードが。
a0036952_23175144.jpg

 店内の中央にアクティビティセンターのカウンターがあり、各種プログラムの受付をここで。私が訪れた7月1日は(ちなみに店内の写真は翌朝早朝セグウェイを楽しんだ際のものです。まだ8時前とあって店内もまだ明けやらぬって感じですね。)あいにくの激しい雨で利用者もあまりみかけなく、私も翌日の予約を行ったのみでしたが、この夏は多くの方が利用される事でしょう。それだけの多彩な魅力あるプログラムが用意されています。詳しくは上記リンク先でご確認下さい。
九十九島や有田への周辺観光プログラムもパスの対象になっていますので、場内ホテルや全日空・日航宿泊予定の方はお得なアクティビティパスの利用も検討されてみてはいかがでしょう。滞在日の天候にもよるのですが、早朝カヌーやナイトカヌー、シーカヤック、セグウェイにクルーザー他、様々な体験プログラム(日替わりワークショップや10月からは日替わり大人のセンスアップ講座も)などが用意されている中から多彩な楽しみが味わえる事でしょう。パス(数量限定のようです)利用は前日17時までの要予約のようですので、ご注意。
a0036952_1852414.jpg

a0036952_043442.jpg

 受付カウンターの真向かいにはグッズの販売も。その横にナイトラウンジの入り口が。
アクティビティセンター・ナイトラウンジ
 カジュアルなBarで、アルコール片手に今日の思い出や明日の計画などをみんなでおしゃべり。
【営業期間】7月1日~8月31日
【営業時間】18:00~22:00
※期間延長し、営業時間等も下記のように変更になっています。

 セルフサービスになっており、入口近くのカウンターで注文・支払・受取を行い、気に行った席へ。
 ちなみにファミリエポイントの対象店舗でもあります。
a0036952_084816.jpg

 ここはかつてポルチッタ・ピノキオとして営業し、ハーバーカフェテリアになってからは繁忙期に活用されていたスペースを活かしリニューアルしたもの。
a0036952_0111937.jpg
 
中央にスクリーンがあり、アクティビティーセンターのプログラム、セグウェイやナイトカヌー、シーカヤック、サロンクルーザー、ヨットに加えRINなどの紹介VTRが流れています。
a0036952_0205080.jpg

椅子も居心地が良く。。。妙に馴染んだ感じは、デンハーグ!
「ゆったりとおくつろぎいただけるソファーをご用意」とありましたが、デンハーグで使われていたソファーがここで活躍してました。

a0036952_5204369.jpg
とても居心地がよく、寛げる空間。
もうしばらくここでデンハーグの余韻を楽しめ?そうです。

7月26日に再度利用した際には、メニューも7月1日のオープン当初よりも増え、お得なサービスメニュー(日によって内容は変わるかと)も登場していました。
特に子供限定のカルピス¥150は親子連れにはありがたい設定かと。ビール¥500も大人に嬉しい設定でした。この秋も同様のサービスがあると嬉しいのですが。。。
また、注目はカクテルがジョッキでいただける事。このボリュームで¥700はとってもお得。(このあたり9月12日?以降に予定されているメニュー改定により変更もありそうです。)
a0036952_5215331.jpg

a0036952_5221123.jpg

ゲームや絵本も用意されており、雨の日でもゆったりと寛ぎながら楽しく過ごせそうです。

ラウンジ内は無料開放となっており、ビール・カクテル等(下記メニューご覧ください)はラウンジ内のドリンクカウンターで購入し、ソフトドリンクなどは館内ショップ・自販機で購入しラウンジへ持ち込む事も出来るようです。

さて、そのアクティビティーセンター・ナイトラウンジですが、会員誌によるとアクティビティ・ラウンジとしてこの秋も営業し、営業時間も14:00~21:30となっていましたので、9月6日にのぞいてみました。
Cafe&Bar ライブラリー
 昼はライブラリー&カフェとして、夜はライブラリー&バーとしてお気軽にお立ち寄りください。
 1,000冊の本(雑誌・絵本・情報誌)、おもちゃをご用意しました。ゆったりとくつろげるソファーでのんびりとお過ごし下さい。
 カジュアルなBarで、アルコール片手に今日の思い出や明日の計画などをみんなでおしゃべり。
 ※花火が見えるテラス席も。
【開放時間】10:00~21:30(ラストオーダー)
※中間クローズ17:00~18:00

 会員誌には14時からとなっていましたが、訪れてみると10時から開放となっていました。上記のようにこの夏もこのラウンジはラウンジ内のドリンクカウンターを必ずしも利用しなくても使っていいようになっていましたが、現在はドリンクカウンターが営業していない時間も無料開放し、休憩等に利用できるようになっているのです。ドリンクカウンターが営業するのは14:00~17:00、18:00~21:30という事のようです。17時~18時の中間クローズはN氏の休憩時間という事かと。
 ドリンクカウンターがクローズしている時間帯は上記のようにセンター内の自販機等でドリンクなどを購入し持ち込んで頂く事も。
a0036952_18361193.jpg

a0036952_1838285.jpg

 そして個人的に嬉しかったのが図書の充実♪夏に利用した際も絵本やおもちゃがありましたが、加えてHTB図書などを集め、トータルで1,000冊もの本が用意されていたのです。
a0036952_18365569.jpg

 人気の昆虫写真家栗林氏の写真集も楽しいのですが、個人的にとっても嬉しいのはハウステンボスに関しての書籍類の充実♪
a0036952_18373442.jpg

「ハウステンボス物語 男たちの挑戦」「ハウステンボス・エコシティーへの挑戦」(ともにお勧め♪)といった一般書籍の他、「オランダの至宝 マウリッツハウス王立美術館展」「NEMUNOKI NAIVE ART」といったハウステンボス美術館での図録類や「長崎出島からの旅、ヨーロッパに眠る日本の宝 シーボルトコレクション」などといった美術関連書も。
a0036952_1850374.jpg

エコシティハウステンボスに関しての専門的な情報誌、環境などに関する書籍や、かつて年2回発行されていた「エラスムス」(場内ホテルの室内誌だったビジュアルなハウステンボス情報誌で、エラスムス会に入会して購読する事も出来たもの)も♪
a0036952_18384249.jpg

そしてデイリーハウステンボス、ハウステンボスニュースも!92年3月16日~96年8月31日までのようですが、懐かしくも興味津々♪
a0036952_1839641.jpg

a0036952_18393011.jpg

また、「観光丸」「オランダ村とプリンス・ウィレム」といった書籍も。
a0036952_18395416.jpg


かねてから私が欲していた、(場内ホテルに宿泊していなくても利用できる)ゆったりと寛げる休憩スペースと、ハウステンボスに関する書籍・資料などを集めた図書室という2つがここにかなり満足できるレベルで実現していた事に驚き、満足しています。
デンハーグを懐かしむ寛ぎのソファーでゆったりとしながら、写真集や画集、そして何よりハウステンボス関連の書籍・資料を紐解きながらのひととき。。。
ナイトタイムは間接照明で落ち着いた雰囲気になっているとも聞きます。
お金をかけずともいいものをという気概、心意気が伝わってきます。
これからの私のハウステンボスライフにおいては欠かせない存在になりそうです。


以下は9月6日に記録してきたメニューです。



○印が新たに登場していたメニューです。私がこの日利用したのは16時頃でしたが、Cafeメニューではないドリンクメニューの方から頂く事も出来ました。
またアクティビティパス提示特典もあるようですので、パス利用の方はあわせてご注目。14:00~17:00限定でアクティビティーラウンジ内のドリンク(一部商品は対象外)20%割引(券)のようです。

メニューに関しては今週末あたりから変更になるかも。

                       Cafeメニュー
・地元西海みかんジュース   ¥500
  人気No.1 西海ブランド”味っ子”に合格した地元のみかんだけを原料にした自然の甘み・コクを楽しめるジュース。
a0036952_5241732.jpg

・バンザイサイダー      ¥500
  おすすめ!シャンパンサイダー香料と上質の砂糖を使ったサイダーです。
・コーヒー          ¥400
  アイス、ホット
○カフェオレ         ¥400
  アイスも
○ジンジャーエール      ¥400
○コカコーラ         ¥400
○トマトジュース       ¥400
・生ビール          ¥700
・カクテル          ¥700
・ワイン           ¥700

                        メニュー
ビール
・サントリーモルツ生ビール       ¥700
a0036952_22495117.jpg

・サントリープレミアムモルツ(小瓶)  ¥700

カクテル      ALL¥700
a0036952_22492235.jpg

・ジントニック
  ジン+トニック
・モスコミュール
  ウォッカ+ジンジャー+ライム
○ソルティードック
  塩+ウォッカ+グレープフルーツ
・ブルドッグ
・スクリュードライバー
  ウォッカ+オレンジ
○ラムコーク
  ラム+コーラ+レモン
a0036952_1840232.jpg

○テキーラサンライズ
  テキーラ+オレンジ+グレナデンシロップ
a0036952_5234568.jpg

・カンパリオレンジ
○カンパリソーダ
  カンパリ+ソーダ+レモン
○カシスソーダ
  カシス+ソーダ+レモン
  ※オレンジやグレープフルーツ割りもできます。
・カシスグレープフルーツ
・ファジーネイブル
  ピーチ+オレンジ
・パッソアグレープフルーツ
○パッソアオレンジ
  パッションフルーツ+オレンジ
○ディタトニック
  ライチ+トニック+レモン
・スプモーニ
  カンパリ+グレープフルーツジュース+トニック
○カルアミルク
  コーヒー+ミルク
○レッドアイ
  ビール+トマトジュース
○シャンディーガフ
  ビール+ジンジャーエール

ワイン
・グラスワイン        ¥700
・ボトルワイン        ¥3,500

ウィスキー
・マッカラン12年       ¥700
・ザ グレンリベット18年    ¥1,200
・グレンモーレンジ18年    ¥1,200
・ハイランドパーク12年    ¥700
・ラフロイグ10年       ¥700
・ボウモア カスクストレングス ¥800
・シーバスリーガル12年    ¥700
・バランタイン17年      ¥1,000
・オールドパー スーペリア   ¥1,300
・山崎12年          ¥900
・I.W.ハーパー12年      ¥800
・ワイルドターキー12年    ¥800
・ジャックダニエル シングルバレル ¥900

ブランデー
・ヘネシーVSOP        ¥1,000
・ヘネシーXO         ¥1,200

焼酎
・思案橋(麦)        ¥600
・赤霧島(芋)        ¥600
・伊佐美(芋)        ¥700

ソフトドリンク
・地元西海みかんジュース   ¥500
a0036952_5241732.jpg

・バンザイサイダー      ¥500
・コーヒー          ¥400

フード
a0036952_2249072.jpg

・枝豆            ¥400
・ポテトチップス&ミックスナッツ ¥300 
by mattarinonbe | 2009-09-10 18:43 | スパーケンブルグ


<< 日本料理/吉翠亭(昼Part2) ロイヤルクルーザー/デハール(... >>