ヴィノテーク(スタンダードカクテルPart1)

a0036952_12192535.jpg



a0036952_19403127.jpg

今回はハウステンボス、ホテルデンハーグのワインバーヴィノテークのメニューの中からスタンダードカクテルメニュー(その1)のご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
夕暮れの港を眺めながら、窓際でワイングラスを傾けます。ここヴィノテークは日本のホテルでは初の本格派のワインバー。。ボトル単位でなくてはオーダーできなかった銘柄物のワインが気軽にグラスで楽しめます。
【場所】スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:27席
【営業時間】17:00~24:00(ラストオーダー)
【予約】HPによると対応なし。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

 ヴィノテークはHTBの店の中でも個性的・特徴的で、根強いファンを持つワインバーです。このヴィノテークの隠れ家的なゆったり寛げる雰囲気の中でグラスを傾けながら、バーテンダーとの会話を楽しむ、その至福のひと時の為に遠方からHTBにこられる方が少なからずおられるバーです。
a0036952_1220645.jpg

ワインだけでなく、カクテルなども素敵なヴィノテーク。オリジナルカクテルやノンアルコールカクテルも素敵ですが、スタンダードカクテルも。
カクテルの知識はなくても、好みを伝えればOK。お酒のプロ・バーテンダーの方が一生懸命に考え作って下さいます。
ヴィノに来た時よりもちょっぴり幸せになって帰ってもらえるように、その方にあったカクテルなどを考慮して下さる事でしょう。
非日常の一日の締めくくりにグラスを傾ける。。。やわらかな時に身をゆだねてみてはいかがでしょう。

現在平日の17:00~20:00までは「ハッピーアワー」の取り扱いが行われている事があります。
カクテル等が対象になり、カクテルは1杯¥500でいただけることも。

catruiさんのレポ

下記のメニューは11月24日に記録したものです。



以前のメニューとは若干の変更がありました。
オリジナルカクテルについては別途ご紹介しています。


                        メニュー
ジンベース
a0036952_621210.jpg

アムステルダム(オリジナルカクテル) (中口)  ¥1,050
a0036952_2329186.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの
ギムレット  (中口)       ¥892
  ドライジン、フレッシュライムジュース、コーディアルライム
  中口 30度
 「ハードボイルド小説からいっぱんに有名になった:1890年、イギリス海軍の軍医ギムレット卿の提唱により生まれ、ハードボイルド小説の大家レーモンド・チャンドラーが『長いお別れ』の中で主人公フィリップ・マーロウに「ギムレットには早すぎる」の名セリフを言わせて一躍有名になったカクテル。辛口でキレのあるドライな味わいは潮風を感じる男のカクテル。」
a0036952_22552186.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの
ホワイト レディ (中口)     ¥945
  ドライジン、コアントロー、レモンジュース
  中口 29度
 「清楚で上品なイメージを身にまとった人気カクテル:ブランデー・ベースの有名なカクテルサイド・カーを、ジン・ベースに代えるとこのホワイト・レディに。コアントロー(オレンジの香りとまろやかな甘さが特徴のリキュール)の上品な香りが漂い、レモンの酸味が全体を引き締める甘味と酸味、アルコール度数が上品にバランスのとれたカクテル。透き通るような白く美しい姿は純白のドレスをまとった繊細で高貴な貴婦人をイメージさせ、大切なひととの素敵なよるを演出してくれます。」
a0036952_9472687.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたものです。
ジン&トニック (中甘口)      ¥945
  ドライジン、トニックウォーター、カット・ライム
  中口 14度
 「爽やかなのど越しでロング・ドリンクスの人気№1:ジンとトニック・ウォーターのほんのりとした苦味とかすかな甘味が、多くの人に好まれてきた最もポピュラーなロング・ドリンクス。アペリティフとしてだけでなく、パーティ・ドリンクとしても愛飲されている初めてカクテルを飲む人にも安心のカクテルの1つ。」
a0036952_742380.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたものです。
トム コリンズ (中甘口)     ¥945
  ドライジン、レモンジュース、シュガーシロップ、ソーダ、スライスレモン、マラスキーノ・チェリー
  中口 16度
 「誰にでも飲みやすいさっぱりした味わい:コリンズとは、酒にレモン・ジュースと糖分を加え、ソーダ水で割ったドリンクのこと。基本的にはフィズと同じだが、フィズよりも大ぶりのコリンズ・グラスを使うことで区別される。キリッとしたジンの口当たりと苦味に、レモンのほのかな酸味が際立ち、ソーダのはじける泡が心地よい。飲み飽きしないシャープな味わいで、ロングドリンクでは最も有名なカクテルの1つ。」
a0036952_23243966.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
ブルー ムーン (中口)       ¥945
 ドライジン、クレーム・ド・バイオレット、レモンジュース
  中口 23度
 「名前も色もファンタジックな夜のために:色の美しさでは、トップクラスのカクテル。ブルーというよりも淡いバイオレットで、妖艶でロマンティックな夜を演出するファンタジックなカクテル。ところで、当たり前のように“青い月”と表現するが、実際には月が青く見えることはなかなか起こらない現象でもある。その意味では、このブルー・ムーンは、特別でラッキーな日に二人で乾杯するのにふさわしいカクテルなのかもしれない。」 
a0036952_21311623.jpg

シンガポール スリング (中甘口)    ¥945
  ドライジン、チェリーブランデー、レモンジュース、シュガーシロップ、ベネディクティンDOM、ソーダ、マラスキーノ・チェリー、スライスレモン
  中口 17度
 「シンガポール生まれのエキゾチックなカクテル:文豪サマーセット・モームも愛したシンガポールの名門ホテル「ラッフルズ」で誕生したカクテル。遠い南国への憧れからか、またたく間に人気のカクテルになり、世界的に有名なカクテルになった。世界一とも言われる美しいシンガポールの夕焼けを透き通るような色彩美で見事に表現。キリッとした辛口のジンに、チェリーブランデーの香気、レモンの酸味がマッチした炭酸で爽快な喉越しのカクテル。」
a0036952_9343511.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたものです。
マティーニ (辛口)       ¥987
  ドライジン、ドライベルモット、オレンジ・ビターズ、オリーブ、レモン・ピール
  辛口 35度
 「キング・オブ・カクテル:バーとカクテルを愛する人たちが必ず筆頭にあげる、カクテルの王様。チャーチルはじめ、世界中の著名人がこよなく愛し、ゆえにマティーニの伝説も数多い。文豪ヘミングウェイの作品や数々の映画のワンシーンをドラマチックに演出してきた。ジンとベルモットというシンプルな組み合わせゆえ、かえって奥深いカクテルともいわれる。辛口で繊細な味わいの大人のカクテルが、世界中のバーで今宵も素敵な夜を演出しているだろう。」
a0036952_2250558.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
ジン リッキー (辛口)      ¥987
  ドライジン、フレッシュライムジュース、ソーダ、カットライム
  中口 14度
 「切れ味鋭い飲み口:絞りたてのライムの風味とはじける炭酸の爽快さ。サワーやフィズと比べて最もさっぱりとした飲み心地で、暑い日やスポーツの後などに合う火照った体をしずめる爽快な喉越しが持ち味。トニックの甘さが気になる人、ジン・ライムでは甘いと思う方にはおすすめのドリンク。グラスの中のライムをマドラーで軽くつぶしながら飲むと、さらにフレーバーが香ってくる。」


ラムベース
a0036952_5225510.jpg

  ※写真はシェヘラでいただいたもの。
ダイキリ (中口)         ¥892
  ホワイトラム、ライムジュース(又はレモンジュース)、シュガーシロップ
  中口 24度
 「古くから飲み継がれてきたもっとも有名なカクテル:キューバのダイキリ鉱山の技師たちがラムをライム・ジュースで薄めたドリンクを飲んでいたことから命名された。爽やかさとほどよい甘味が人気のラム・ベースの代表的カクテル。」
 砂糖をグレナデンシロップに代えるとバカルディに。
 コアントローを加えブレンダーでシャーベット状にした「フローズン・ダイキリ」は文豪ヘミングウェイがこよなく愛したカクテル。
a0036952_024526.jpg

バカーディ           ¥892
  バカルディ・ホワイトラム、レモンジュース(又はライムジュース)、グレナデンシロップ
  中口 24度
 「バカルディ社のラムを使うこだわりのカクテル:レモンの酸味が効いた口当たりの良さから世界中の人気となったバカルディは、最大手のラム製造会社が、自社のラムを宣伝するために作ったカクテル。したがってバカルディ・ラムを使った純正カクテルのみに許される名称でもある。他のラムを使った場合は2つの名称になる。シロップを普通 のシュガー・シロップを使った場合は有名な「ダイキリ」、このレシピのようにグレナディン・シロップを使った場合は「ピンク・ダイキリ」。」
a0036952_23141292.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
X,Y,Z(エックス・ワイ・ジー) (中辛口)          ¥945
  ホワイトラム、コアントロー、レモンジュース
  中口 27度
 「究極と名づけられたラム・カクテルの傑作:エックス・ワイ・ジィ。アルファベットの最後の3文字を使いこれ以上のものはない、これが“究極”のカクテルという意味がこめられた、さっぱりとした上品な味のカクテル。ベースをブランデーに代えると有名な「サイドカー」、ジンなら「ホワイト・レディ」、ウォッカならば「バラライカ」と、姉妹の多いカクテルでもある。」
a0036952_23324442.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
メアリー ピックフォード (甘口)  ¥945
  ライトラム、パイナップルジュース、マラスキーノリキュール、グレナデンシロップ
  甘口 18度
 「映画女優の名にふさわしい華やかさをもつ:「世界の恋人」と謳われたアメリカの女優の名前をつけられたカクテル。華やかさをかもしだすソフトタイプの甘口のカクテル。」
a0036952_0255033.jpg

  ※写真はアンカーズラウンジでいただいたもの。
キューバ リブレ (中口)      ¥987
  ホワイトラム、フレッシュライム、コーラ
  中口 12度
 「キューバ独立を祝して誕生した自由の味:キューバ独立を支援したアメリカのコーラで、キューバ特産のラムを割るという、当時の2国間の友好関係の象徴でもあった。コーラの甘さと清涼感で手軽に楽しめるカクテル。」 個人的にはかつてのクラブトロピカーナを想い出させるカクテル。


ウォッカベース
a0036952_14213592.jpg

スレッジハンマー (辛口)   ¥892
  ウォッカ、ライムジュース
  辛口 35度
  「「スレッジ・ハンマー」とは、両手で持って振り下ろす大きなハンマーのこと。そのイメージから、“強力”“パワフル”といった意味もある。その名の通りシンプルかつ強いカクテルで、ウォッカの美味しさが際立つ。」
a0036952_23293264.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
バラライカ (中辛口)         ¥945
  ウォッカ、コアントロー(ホワイトキュラソー)、レモンジュース
  中口(やや甘口) 26度
 「やさしく透き通った音色のような、クリアな味わい:バラライカ(ギターに似たロシアの民族弦楽器)の美しい音色が聞こえてくるようなさっぱりとキレのある飲み口の良いカクテル。クールな外見も魅力。このカクテルは、ブランデー・ベースの有名な「サイドカー」のウォッカ・バージョンで、コアントローとレモン・ジュースを使ったカクテルは香りとやさしい甘味に人気があり、この他にもベースをジンに代えると「ホワイト・レディ」、ラム・ベースならば「X.Y.Z.」と姉妹が多い。」

chibaさんのレポ
a0036952_23192194.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
モスコ ミュール (中甘口)     ¥987
  ウォッカ、フレッシュライム、ジンジャーエール(又はジンジャービア)
  中口 12度
 「ハリウッドビジネスから生まれたカクテル:大量に仕入れたジンジャー・ビアを売りさばこうと考えていた男、自分の作っていた銅製マグ・カップを容器にと提案した女、そしてウォッカを宣伝したかったメーカー。その3者の思惑が、そのまま「モスコ・ミュール」という1杯のカクテルを生んだ。そして現在、このカクテルの人気は世界的に広まった。爽やかなライムの香りと喉越しのよさで人気。」
a0036952_9445959.jpg

メロンボール (甘口)   ¥1,155
  ウォッカ、メロンリキュール、オレンジジュース
  「メロンの風味が効いた女性向きのカクテル」
a0036952_2335413.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
スクリュー ドライバー (中甘口)  ¥1,155
  ウォッカ、オレンジジュース、スライスオレンジ
  中口 12度
 「オレンジジュースとウォッカのハーモニー:夏の暑い日、喉の乾きにぴったりの爽快な飲み飽きしないカクテル。カクテルを混ぜる道具がなかった事からねじ回し(スクリュードライバー)で混ぜた事から名付けられたアメリカの油田で誕生したカクテル。飲み口がよく、ついつい飲みすぎてしまうことからレディー・キラーとしても有名なカクテル。」
a0036952_0291416.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
ソルティー ドッグ (中辛口)     ¥1,155
  ウォッカ、グレープフルーツジュース、塩
  中口 13度
 「スタンダードの中でも古くから人気のあるカクテル:カクテルに初めて塩を使った画期的作品。スノー・スタイルの塩が口直しになり、グレープ・フルーツの苦味とともに暑い夏の日にぴったりのさわやかさを生む。添えられたカットグレープフルーツが犬のしっぽのように見えたことから名付けられたが、現在ではホテルバーなどではグレープフルーツを飾らない事が多い。」
 スノースタイルにしないものは「ブルドッグ」「グレイハウンド」と呼ばれている。


テキーラベース
a0036952_7404230.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
・メキシコ ローズ (中辛口)         ¥892
  テキーラ、クレームドカシス、レモンジュース
 「スタンダードカクテルだが、知名度は低く、このカクテルの存在を知らないバーテンダーの方が多いのが現状。ちょっとベースを弱目にしてカシスを強めにすれば女性も美味しく飲めるカクテルになる。マイナーなため、カクテルに力を入れられているお店じゃないとなかなか作ってもらえない希少価値のあるカクテル」だとか。
a0036952_10593218.jpg



a0036952_110019.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
マルガリータ (中甘口)      ¥945
  テキーラ、ホワイトキュラソー、ライムジュース、塩を使ったスノースタイルのカクテル。
  中口 26度
 「アメリカのバーテンダー、デュレッサー氏が天国の恋人「マルガリータ」に捧げたカクテル。恋人の故郷の酒テキーラを用い、ソルト・スノースタイルは悲しみを表す。
 ちょっぴり切なくロマンティックな味わいは人々を魅了し、アメリカのナショナル・カクテル・コンテストで優勝した、愛する人と飲みたいロマンティックなカクテル。」
 ホワイトキュラソー(コアントロー)をブルーキュラソーに代えると「ブルー・マルガリータ」。純白な「マルガリータ」が亡き恋人を想うセンチメンタルなカクテルだとすると、「ブルー・マルガリータ」は夏の海のイメージがあり、恋の予感が漂うカクテルな感じでしょうか。
a0036952_2353491.jpg

シルクストッキング (甘口)    ¥945
  テキーラ、クレームドカカオ、生クリーム
  「ベースの酒にカカオ・リキュールと生クリームを加えたカクテルは、食後酒の代表格。テキーラ・ベースのバリエーションは、最も官能的な名前のカクテル。舌触りは、文字どおりシルキーな感触。 」
a0036952_14191522.jpg

・メキシカン・エル・ディアブロ (中口)     ¥987
  テキーラ、クレームドカシス、ライムジュース、ジンジャーエール
a0036952_22342246.jpg

  ※写真はシェヘラザードでいただいたもの。
テキーラ サンライズ (中甘口)    ¥1,155
  テキーラ、オレンジジュース、グレナデンシロップ
  中口 12度
 「ミック・ジャガーが愛飲し世界に広まったカクテル:グラスの底に沈んだ赤いグレナディン・シロップが、朝焼けに染まる美しいメキシコの朝をイメージした美しいカクテル。広く世界中で人気の高いカクテル。ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがツアー中に愛飲し、イーグルスも同名の曲を作っている。」


Part2へ続きます。
by mattarinonbe | 2008-02-28 19:30 | パレス&デンハーグ


<< ホテルズのケーキ ヴィノテーク(スタンダードカク... >>