白鳥の雛誕生♪と全日空ホテル「カスケイド」のスウィーツ

a0036952_22161934.jpg

このところアクセス数が増え、GWに向けていろいろとプランニングされている方々にご覧いただけているのだなぁと実感しております。
その方々へ朗報です!

白鳥の雛が誕生しています♪昨年は残念な結果でしたが、今年は素敵なベビーラッシュのようです。
26日、キンデルダイクのカナルステーションあたりで6羽、アートガーデン横の水鳥とのふれあいの場所で4羽、雛の愛らしい姿を見ることができました。
ぽやぽやの産毛でほんとに可愛いです。小さなあんよで泳ぎ回る姿も、母鳥の後を一生懸命ついていく姿も、何もかも愛らしく、見飽きません。

ユトレヒト裏手の抱卵中のものはまだ孵化していませんから、これからさらに愛らしい姿が増えていくものと思います。こちらの雛はGW中にはユトレヒトからホテルヨーロッパ内海あたりで魅了してくれるものと思います。
a0036952_22174237.jpg

幻耶麻さんによると「12羽の雛が産まれ、更に約30個の卵が確認されている」のだとか。
今年のGW、是非、ハウステンボスでこの愛らしい雛たちの姿を楽しまれてください。

スタッフレポートでも紹介されています。


「白鳥の雛誕生」については別ブログで書くつもりにしていましたが、取り急ぎこちらでご紹介させていただきました。

続けて「がいーど!」ネタを以下に少々。




全日空ホテル1階カジュアルレストラン「カスケイド」はスウィーツも魅力。こちらのケーキはテイクアウトもできます。お土産や車中用にケーキのテイクアウトも良いかと。

ホテルメイドのスウィーツセレクション
・大きな鯉のいちごパイ        ¥2,000(税込み)
   期間限定。要予約。長さ18cm。
  「フランスでは、エイプリルフールに魚をモチーフとしたパイが店頭に並びます。それに、日本の端午の節句を合わせて、鯉のぼりのパイを作りました。発酵バターを使った風味豊かなパイにカスタードクリームと生クリームを入れ、その上にうろこの形に見せたいちごをたっぷり並べました。パイのさくさくした食感といちごの甘みをご堪能ください。」By風のスタション
【提供期間】4月16日~5月13日
【予約】予約・問い合わせは1階レストラン「カスケイド」  0956(58)7111
    予約は受取日の3日前まで。

一期一会な苺フェア
  「ペストリーの女性パティシェが心を込めて仕上げました。オリジナルの春色ケーキをどうぞ。」期間は不明ですが、26日に見かけたフェアです。プランタンは売り切れでしたので、アムールとプレミエを買ってきました。持ち帰りですのでちょっと崩れてしまっていてあまり良い写真ではありませんが。。。
・プランタン        ¥390
  「ピスタチオの生地に苺のガナッシュとピスタチオ風味のバタークリームをサンドしました。」
a0036952_22204324.jpg

・アムール         ¥390
  「苺味のキュイエールに苺のババロワ。中には手作りジャム。センターにはヨーグルトムースが入っており、それを苺のモンブラン風に仕上げました。」
  「苺味の生地に苺のババロア、中には手作り苺ジャムとヨーグルトムース。苺味のクリームでモンブラン風に仕上げました。」
a0036952_23264035.jpg

・プレミエ         ¥390
  「苺のムースの中にホワイトチョコと合わせたピスタチオと甘酸っぱい苺ジャムが入っています。」
  「ドーム型の苺のムースの中にホワイトチョコとフレークをからめたサクサクのピスタチオと苺ジャム、そして香り豊かなピスタチオのダックワーズが入っています。」

その他のスウィーツ
26日の夕刻に販売されていたものです。すでに売り切れで記録できなかったものもいろいろとあると思います。
・シュー棒         ¥180
  「ハウステンボス駅で人気のシュークリーム」
・チョコ棒         ¥180
  「甘さ控えめなチョコレートクリームとナッツが入っています。」
・イポアールマングー    ¥390
  「ホワイトチョコとマンゴーのクリーム、フリーズドライのフランボワーズの甘酸っぱさがアクセントです。」
・タルト・フリュイ     ¥390
  「ラズベリー入りタルトの上に季節のフルーツをのせました。」
a0036952_22212213.jpg

・ミルフィーユ・オ・フレーズ ¥390
  「特製パイ生地の中にカスタードと苺が入っています。」
・テ・アンペリアル     ¥390
  「紅茶風味のミルクチョコクリーム。いちじく入りプラリネ入り。」
by mattarinonbe | 2007-04-26 22:21 | 場外ホテル


<< ティークリッパー(Part2) 全日空ホテル・中国料理「花梨」 >>