シェヘラザード(焼酎フェア2)

a0036952_1533134.jpg

今回はシェヘラザードで好評開催中の「焼酎フェア」の続報です。前稿もあわせてご覧下さい。最新更新日05-07-05
※今回の焼酎フェアは期間終了しましたが、引き続き10種類?ほどの銘柄が楽しめるようです。珍しいものもあり、焼酎党なら注目されて良いかと思います。こちらをご覧下さい

なかなかこれだけの焼酎は揃わないぞ、という素晴らしいラインナップの焼酎フェアがさらに強化されています。黒木本店の素晴らしい焼酎が勢揃いで黒木本店ファンの私はとても嬉しいラインナップでしたが、焼酎界をリードする(といっていいかと私は思います)西酒蔵の素晴らしい焼酎が勢揃いしています。
これだけのものが揃うことは、とても珍しいことではないでしょうか。

こだわりの西酒蔵の焼酎がこれだけそろったことで楽しめる事があります。
麹の違いによる味わいの違いが楽しめます。
 焼酎の味わいは麹菌の種類によるところが大きいと言われています。芋焼酎の仕込には白、黒、黄の3種類の麹が使用されます。
 焼酎造りの主流は白麹。白麹で造られた焼酎はおだやかでマイルドな味わいの芋らしい香りが特徴。お湯割りにすることで、芋の香りがふわっと立ち、飲み飽きしない心地よい味わいになると言われます。
 現在焼酎飲みの人気が高いのが黒麹。黒麹による焼酎が大ヒットしています。黒麹仕込みの焼酎はパンチの効いた深み、ガツンとくる香ばしさとコクのある甘み・味、キレの良さが特徴とされます。独特の個性が魅力です。
 黄麹は主に清酒造りに用いられています。もともとは焼酎造りにも黄麹が用いられていたが、もろみが発酵中に腐敗しやすく九州の温暖な地では使用が難しかった為に明治時代後期には黒麹が主流に、そして大正時代にはさらに扱いが容易な白麹に主流が移っていったといいます。黄麹の特徴は繊細かつさわやかなテイストで、フルーティーでさわやかな香り。芋焼酎が苦手という方でも楽しめるスマートな味わいに。西酒蔵のヒット作「富乃宝山」は黄麹で造られた焼酎の代表格。果実酒のような心地よい芳香が秀逸なロックでスイスイ飲める、凛とした透明感のある味わいが真骨頂。
 「白天宝山」は白麹。「吉兆宝山」は黒麹。そして「富乃宝山」は黄麹と麹の違いによる焼酎の味わいの違いを楽しむことができるラインナップです。

芋の違いによる味わいの違いを楽しめます。
 西酒蔵の西陽一郎氏は「芋を掘り下げたい」と語っておられます。芋焼酎の9割は黄金千貫というさつま芋を原料としています。蒸撰シリーズで綾紫、白豊、紅東という品種の芋の魅力が掘り下げられています。その3品種のうち綾紫による「宝山 蒸撰綾紫 酒精乃雫」と白豊による「宝山 蒸撰白豊 酒精乃雫」がラインナップに加わっています。いずれ紅東による「宝山 蒸撰紅東 酒精乃雫」も登場するのではないでしょうか。それぞれ、ワインを思わせる上品な「綾紫」、華やかな香りの「白豊」、シャープでキレのよい「紅東」と評されています。
 
          ~銘蔵・西酒造で感じる深み~
本格焼酎の定番「富乃宝山」、秘蔵酒「天使の誘惑」、2002年からの試み「情熱シリーズ」などを世に送り込み続ける西酒造の熱い「情熱」徹底した「こだわり」深い「思い」を心ゆくまでご堪能下さい。

薩摩宝山          ¥525
  25度 南薩産黄金千貫・米麹
  創業1845年以来変わることなく磨き続ける旨さ。全国に広く愛される宝山シリーズの原点。
  ずっと変わることのない芋焼酎の味わいをお楽しみ下さい。

富乃宝山          ¥630
  25度 南薩産黄金千貫・米麹
  麹づくりに、黄麹を用いて酒造好適米「五百万石」を使用。原料芋は黄金千貫を使用し、芳醇で香り高い本格焼酎です。
  フルーツを思わせる芳香とスッキリした甘みをお楽しみ下さい。

吉兆宝山          ¥630
  25度 南薩産黄金千貫・米麹
  黒麹を使い、「かめ壷」で仕込む伝統的な手法で造り上げた芋焼酎です。酒質は旨味、コクが深く、かつスッキリとした後味が特徴。芋焼酎を味わう醍醐味がここにあります。

白天宝山          ¥682
  25度 南薩産黄金千貫・米麹 (限定出荷)
  白麹仕込み。辛口のキレの良さと、舌の上で転がすときに感じるやわらかな芋の甘みが同居。かめ壷で仕込んだ麹の違いを飲み比べてください。

芋麹全量          ¥682
  出来高度数28度 南薩産黄金千貫・米麹
 「一麹」と昔から酒造りで言われるように、酒造りの最初の出番は麹。麹にも芋を用い、芋だけで仕込み。芋が持つ、香ばしく上品な口当たりを存分に楽しめます。

宝山 蒸撰綾紫 酒精乃雫   ¥682
  34度 南薩産綾紫・米麹 (季節限定)
 「綾紫」という紫芋を原料に、華やかな印象を持った焼酎に仕上げました。開封するととたんに上質な甘い香りが立ち上がってきます。味わいはとてもスムーズ。

宝山 蒸撰白豊 酒精乃雫   ¥682
  34度 南薩産白豊・米麹 (季節限定)
  南九州を中心に栽培されている「白豊」を原料にしたこの「蒸撰白豊」は「蒸撰綾紫」とは対照的で、軽快な飲み口と華やいだ香りを楽しめます。でも、余韻は重厚で深みを感じさせます。

天使の誘惑         ¥1,260
  40度 南薩産黄金千貫・米麹
  厳選された原酒を樽に寝かせ、時を刻みました。琥珀色の液体「天使の誘惑」ならではの味わいの深さ・濃さ・立ち上がる香りは、宝山の名作です。

万暦初留取り六○      ¥1,365
  44.5~44.9 南薩産黄金千貫・米麹
  丁寧に育て、はぐくんだ焼酎の初留取りです。蒸留の際、一番最初に流れてくる部分を60秒間初留取りし、そのまま瓶詰めしました。旨みを凝縮した一本です。

万暦初留取り二四○     ¥1,365
  44.5~44.9 南薩産黄金千貫・米麹
  丁寧に育て、はぐくんだ焼酎の初留取りです。蒸留の際、一番最初に流れてくる部分を240秒間初留取りし、そのまま瓶詰めしました。旨みを凝縮した一本です。

※「六○と二四○」の味の違いの感想をネットで拾うと
「60は華やかな薫りの鮮烈な味。240はどろっとした濃醇さで重厚な味。芋の風味の綺麗なことは共通」
 「60秒もの・・豊かな風味を含んだ不純物が多く、白くにごった感があるのも特徴。まさに芋焼酎の初留取りの真髄!?
240秒・・60秒よりは不純物は少なく、芋焼酎香も漂わせ60秒ものとはまた違った表情が楽しさとうれしさを誘います。」


一粒の麦          ¥525
  25度 大麦・大麦麹
  香り軽快、しかも濃く丸い。麦焼酎の理想を常圧間接蒸留に求めた「一粒の麦」。豊醇な味と上品な香りの麦焼酎に仕上げました。


上記税込み価格に10%のサービス料が加算されます。
by mattarinonbe | 2005-05-03 02:38 | ユトレヒト


<< ムーンシャワー(フエゴ・デ・エ... 5月のまったり(場内編) >>