ヴィノテーク(スパークリングワインフェア)

a0036952_946921.jpg

今回はヴィノテークのスパークリングワインフェアのご紹介です。上記写真はシャンパンカクテル。最新更新日5月23日
清々しい夕暮れのひとときを…爽やかなスパークリングワインとともに。
世界各国の厳選したスパークリングワインを集めました。
日頃のご支援・ご愛顧への感謝の気持ちを込めて、グラス2杯で1,500円(税・サービス料込み)というリーズナブルな価格でご用意いたしました。
【期間】4月25日~6月30日
【時間】17:00~20:00
【料金】1,500円(グラス2杯、税・サービス料込み)
    ※上記時間以外においては、1杯900円(税・サービス料別)
【内容】厳選した5種類のスパークリングワインより2種類を選んでお楽しみいただけます。アルコールのあまり強くないお客様のために、ノンアルコールワイン「GRAPILLON(Rouge/Blanc)もご用意しております。


        スパークリングワインフェア・ラインナップ
a0036952_2231829.jpg

シードル
  「リンゴの果汁を自然発酵させて造る弱発泡性のリンゴ酒。フランス最大のリンゴの産地であるブルターニュ地方やノルマンディー地方のブドウの育たないこの地では、昔からリンゴが栽培され、ワインの替わりにこのシードルが飲まれていた。ワインと同じで、りんごを圧搾し絞りだされた果汁を自然発酵( 3ヶ月間樽内)させ、瓶詰めにする。発酵が完全に終了する前に瓶詰めすると、瓶内で軽く発酵し発泡性を帯びる。 瓶詰めの時期によって、発泡性から非発泡性のものに分かれる。 このシードルとポワレ(洋梨を使ったもの)を蒸留したカルヴァドスは、世界で最も知られた果実酒のブランデーとして名高い 」
ERIC BORDELET SYDRE ARGELLETTE(エリック ボルドレ シードル アルジェレット) 
                          フランス・ノルマンディ地方
  「特別な区画の土壌に植えられたリンゴ樹から得た、最上の果実のみを使用して仕込まれるシードル。甘味はほとんど感じないが、リンゴの果肉をかじった時に感じられる新鮮なアロマが余韻に残る。」
マッキーさんのレポ

スプマンテ
   「スプマンテとはイタリア語でSpuma(泡)の出るもの、つまり発泡酒を意味するイタリアのスパークリングワイン。」
BELLAVSTA FRANCIAOCORTA CUVEE BRUT D.O.C.G(ベラヴィスタ フランチャコルタ キュヴェ ブリュット)
                           イタリア・ロンバルディア地方
  「輝くような麦わら色、焼いたパンやビスケットの香り。とても複雑でしっかりした酸味、豊かな果実味が持続性のある味わいを構成している」

アメリカン・スパークリングワイン
KORBEL BRUT NATURAL(コーベル ブリュット ナチュラル)                           アメリカ・カリフォルニア地方
  「フランス シャンパーニュ地方と同じぶどう品種を使い、伝統的な瓶内2次発酵法で作られた辛口のスパークリングワイン。軽く繊細でかすかに感じられる甘味が絶妙な調和を醸し出している。」

ゼクト
  「ドイツでつくられるスパークリングワイン(シャウムヴァイン)のうち、比較的高級なもの。アルコール度数は10度以上必要で、ワインの二次発酵による炭酸ガスでなければならず、瓶内発酵の場合は最低9ヶ月、タンク内発酵の場合は最低6ヶ月の熟成期間と、3.5気圧(20℃)以上の炭酸ガスを含有することが規定されている。ドイツ国内で生産され、公的機関の検査に合格しなければならない。」
HENKELL TROCKEN ROSE(ヘンケル トロッケン ロゼ)
                           ドイツ
  「淡いサーモンピンク色でオレンジの反射光があり、アプリコットや上質なチェリーの香り。バランスがよくきめ細かいムース状の泡が長持ちします。」

エスプモーソ カヴァ
   「スペインではガスを含むスパークリングワインを総称して“エスプモーソ”、中でもシャンパンと同じように瓶内2次発酵を行う伝統的な造り方をするものを “カヴァ”と呼びます。」
LACRIMA BACCUS RESERVA BRUT(ラクリマ バッカス レセルバ ブリュット)
                           スペイン・ベネデス地方
  「わずかに緑がかった黄色、その中で絶え間なく続くきめ細やかな泡立ち。本格的な瓶内2次発酵で丁寧に作られた華やかな果実の香りと繊細な味わいが特徴。」
by mattarinonbe | 2005-04-17 09:56 | スパーケンブルグ


<< 中の茶屋(夜) カジュアルレストラン「カスケイド」 >>