ワインサロン&バー/オークラウンジ(Part1)

a0036952_0341751.jpg

a0036952_439258.jpg

今回はホテルアムステルダムのワインサロン&バー、オークラウンジの御紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
星空、酒、そして人との語らい。ひととき夢の世界の旅人となる。

オーク材の書棚が据え付けられたこのラウンジは、まるで友人の家の居間に招かれたような暖かい落ち着いた雰囲気。ソファーに身をゆだねながらグラスを傾けるひとときは、都会では味わえない贅沢でゆたかな時間が流れていきます。
【場所】ホテルアムステルダム内
【営業時間】17:00~23:30
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

ハウステンボスの場内ホテルにはそれぞれに個性的なラウンジがあり、それぞれに魅力的でした。アムステルダムにあって、隠れ家的な存在で密かな?お気に入りだったのがオークラウンジ。
オークラウンジはホテルアムステルダムのメインダイニング アクールヴェールのリニューアル工事に伴い、その隣にアクールヴェールカフェがオープンするのに伴い、08年11月14日をもっていったん営業を終了する事に。
その後、宿泊者用の休憩スペースとして活用されていましたが、10年1月9日より3月末までワインバーとして期間限定で営業。
4月に入り再びクローズとなりましたが、嬉しい事に7月頃から?営業を再開。
そして12年2月11日、ワインサロン&バーとしてリニューアル。

 オークラウンジの位置は初めての方にはわかりにくいように思います。ホテルアムステルダムの1階にあり、正面玄関から行くのと裏手(海側小道の方)から行くルート(遅い時間は閉まっている事がありますのでご注意)があります。
a0036952_011752.jpg

ホテルアムステルダムに入ったロビーの正面突き当たりにエレベーターがありますが、その左手に位置しています。
a0036952_21181446.jpg

 上の写真(10年9月撮影)のラウンジ入り口左手にカウンターがあり、(かつて右手にはレジがありました)そこから直接見えない位置にも席があり、スタッフの方の視線をあまり意識することなく過ごす事ができます。疲れている時であるとか、静かに落ち着いたひと時を過ごしたい時などとても良いと思います。
a0036952_0183019.jpg

 仲間と語り合いながら、一人お気に入りの本を片手に過ごしたり。。。
a0036952_23174553.jpg

 「オークラウンジ」はあまりラウンジらしくないラウンジで、隠れ家的なスポットと言えるのではないでしょうか。
a0036952_23182734.jpg

 昼下がりにゆったりと寛ぐのにも良い(残念ながら現在はナイトタイムのみの営業)ですし、夕刻に暮れなずんでゆく窓外の情景をのんびり眺めながら過ごすのも大好きです。
a0036952_2319424.jpg

a0036952_23193063.jpg

かつてヴィノテークで味わった時間が(まったく同じとはいきませんが)ここにあります。

a0036952_2154199.jpg

a0036952_21543863.jpg

 今回のリニューアルは、マイナーチェンジといった感じでしょうか。
a0036952_21291255.jpg

a0036952_21293453.jpg

a0036952_6512564.jpg

 カウンターで飲めるのは嬉しい変化。席数は2席ほどですが。
 ※H25年1月以降?現在はカウンター席は外されているようです。
a0036952_18235928.jpg

a0036952_239514.jpg

 ところでオークラウンジがワインサロン&バーとなってからは、私は専らカウンター(2席のみのこじんまりしたものです)で楽しんでいたのですが、5月3日は久しぶりにラウンジ内のソファー席でゆったりと楽しませていただきました。
a0036952_2384514.jpg

 基本的な部分は以前と変わっていないようですが、例えばこの棚には以前はティーカップなどの食器類が並んでいた事もありますし、飾り棚として、本棚として使われていた事もあったように思いますが、現在はワインボトルがディスプレイされています。
a0036952_2392390.jpg

そして壁の絵がいかにもワインサロン&バーらしいものに。
a0036952_23104374.jpg

a0036952_23114327.jpg

a0036952_23112717.jpg

a0036952_23122222.jpg

どこかユーモラスで、味があってお気に入り。私にとって、オークラウンジに新しいテイストが加わった感じです。

a0036952_20413484.jpg

 食前・食後に、イベントの待ち時間に、一日の終わりに素敵な書斎のような「オークラウンジ」でグラスを傾けてみませんか。

a0036952_19321481.jpg

 ラウンジ内だけでなく、ロビーでもゆったりとグラスを傾ける事が出来るようになっています。
a0036952_19324198.jpg

 時期により日によって時間や奏者は変わりますが、ロビーコンサートも行われています。
 コンサート時間が変更になったり、休演日もありますので、ロビーにてご確認下さい。

オークラウンジではアムステルダムロビーでのライブをBGMとして楽しむ事も出来ます。
7月13日の表示は
  21:00~21:20
でした。

以下は7月13日に利用した際の記録をもとに改定したものです。



「ジュレップカクテルフェア」が始まっています。
「ジュレップ」とはアメリカ南部で古くから飲まれている爽やかなミックス・ドリンクで、今日では各種スピリッツを使ったカクテルが作られ、中でもウィスキーベースのものが人気だとか。特に有名なのがミント・ジュレップ(バーボン・ウイスキーをベースとする冷たいタイプのロングドリンク)で、競馬のケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクとして知られています。
今回のフェアではベースを変えたものが3種類提供されています。いずれもフレッシュミントと炭酸水を使ったカクテルで、爽やかにいただける夏向きのカクテルかと。
私が今の所いただいているのはカンパリ・ジュレップのみですが、これはカンパリのほろ苦さが活かされたもの。梅酒ベースのものは少し甘めかも?という気がし、ウィスキーベースのローゼス・ジュレップはローゼスというからにはバーボンのフォアローゼスを使ったものでしょうか?3種の中では最もスタンダードなカクテルかもしれませんね。
8月1日からは真夏の果実カクテルフェアもスタートする予定のようです。

中国のお酒「ウェンジュン(文君酒 WENJUN) 」が ショット¥2,000で登場しています。
 「ウェンジュンはスーパープレミアムな白酒(パイチュウ)です。400年以上の歴史を誇るウェンジュン蒸留所は、最高品質のごくわずかな蒸留酒のみを厳選し、まろやかな甘さと気品をたたえた幾重にも重なりあう香りを生み出しています。」
というものですが、シェヘラでちょっぴり試飲させていただいた感想としては、私の知る範囲ではズブロッカを思い出させるような味わいで、個人的には興味のあるお酒ですが、ショット¥2,000は。。。
 ネットでみると「ルイ・ヴィトンは2007年に傘下のヘネシーとモエ・エ・シャンドンに「剣南春」と合資企業を設立させ、欧米風のパッケージで「文君酒」を売り込んだが、なかなかブランドが定着しないままとなっている。」とありますね。ビッグネームが並んでいて興味をそそられるところで、よほど興味のある方はお試しあれ。

「ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ワインフェア」は引き続き行われています。
季節の一品料理は引き続きトビコの冷製パスタ添え。

グランドメニューも豊富なラインナップが用意されており、シェリーフェアで提供されていたフェアメニュー5種のうち、「ティオ・ペペ・フィノ」と「ハーベイ・ブリストル・クリーム」はフェア終了後もグランドメニューとして提供されていました。現在はそれに「アルフォンソ」(オロロソ(辛口)シェリー)が加わって3種が提供されているかと。
a0036952_18392763.jpg

シェリーは欧米特にイギリスでは食前酒として大人気だとか。松田優作もアイルトン・セナもシェリーを愛飲していたと言います。
シェリーは熟成法により「フィノ」と「オロロソ」に大別され、アルコール度数16度以内がフィノ、超えるものをオロロソと呼ばれています。フィノは薄い色調で繊細な味わい、オロロソは琥珀色で独特の芳香を持つとされています。
a0036952_17573214.jpg

 「ティオ・ペペ・フィノ」はおそらくシェリーフェアでの一番人気だったのではないでしょうか。吉田茂氏の長男・吉田健一氏はティオ・ペペをこよなく愛されたようで、「酒 肴 酒」という本の中で「辛口の上等な日本酒を葡萄で造ったような酒」「このシェリーは上等のブランデー、あるいは日本酒と同様に色が薄くて、そしてちょうどその極上の日本酒に近い味がする。」「ナッティーな香りとトロリとした舌触りが独特。口中が爽やかにもなる。ちびちびやっていると(アルコール度数がやや高いのでぐいぐいとは飲めない)、不思議に食欲が湧いてくる」と表現されているようです。
a0036952_17563920.jpg

 シェリーの味わいは甘口、極甘口、辛口に大別されますが、「ハーベイ・ブリストル・クリーム」は甘口で、食後酒としてとても良い感じです。デザートワインのような感覚で楽しめ、デザートワインよりかなりお手頃価格です。特に女性には喜ばれるのではないでしょうか?
a0036952_0583977.jpg

 ポートワインも4種類メニューに用意されています。ポルトガル北部ポルト港から出荷される特産の酒精強化ワインで、赤と白があり、赤は輝くルビー色で「ポルトガルの宝石」と称されているとも。
a0036952_0581840.jpg

ニーポートは、1842年創業の歴史あるポートメーカーで最高品質のワイン造りに挑んでいるとか。ワイン専門誌などでも注目されており、トゥニーポート10年など絶賛されているようです。
そのワインは甘いけども酸味もあって甘すぎず、ナイトキャップとしていただくのにも適しています。

 ワインサロン&バーという事で、ワインメニューも充実していますが、カクテルやウィスキーなどもリニューアル以前とほぼ同様のラインナップのものが用意されており、幅広く利用できるオークラウンジです。

 「イルドレフェア」で好評だった「イル・ド・レ」3種はグランドメニューのブランデーメニューにおいて、引き続き提供されています。
「イル・ド・レ」は、あのカミュの、「エレガンス」、「ボルドリー」、「イル・ド・レ」の個性ある3シリーズのうちの1つ。
a0036952_23221889.jpg

「Ile de Re FINE ISLAND」(イル・ド・レ ファインアイランド)はおそらく3種の中でもっともイル・ド・レの個性が楽しめる気が。潮風の味わいが感じられます。イル・ド・レの個性はファインアイランドに最もあらわれているような気もします。
a0036952_23225083.jpg

「Ile deRe DOUBLE MATURED」(イル・ド・レ ダブルマチュアード)は独特の製法。まずレ島で伝統的なブレンド用タンクで数年寝かせその個性を生み出し、次いでコニャック地方で内面を焼いた樽で熟成させオークの香りやスモーキーさを加えるといいます。どこかバーボンを思わせる、3種の中でも個性的な味わいで、個人的なお気に入り。
a0036952_23232720.jpg

「Ile de Re X.O.」は長期熟成の時の重さが感じられる、こなれた優雅な味わい。流石X.O.

 カクテルもメニューにないものもお願い出来る事があります。
a0036952_2252758.jpg

 写真は2月19日にいただいたもので、焼酎の萬膳をベースに作っていただきました。1杯¥1,000

フードメニューでは、グランドメニューにあるクロックムッシュも、かつてヴィノテークなどでいただいたのと同じで、シンプルですがいい味わいです。
アクールヴェールカフェで提供されているケーキが残った場合?オークラウンジでいただける事があります。オークラウンジの入口左手、かつてレジがあったスペースのショーケースにケーキがあればオーダー可です。
1月5日にはエンガディン・タルトをいただきました。
a0036952_131914100.jpg

○エンガディン・タルト
 「キャラメルをかけたナッツを閉じ込めて焼いたタルト」
 これは昨秋の大ヨーロッパ祭の際に登場したケーキの1つですね。大人な味わいで、ワインにも合いそうなケーキです。

○印は新(再)登場、●印は再登場やマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。

以下の価格は税・サービス料込み

                      メニュー
ジュレップカクテルフェア
  お酒の特徴を生かし、フレッシュミントを合わせた清涼感あふれる夏の一杯のカクテルをご用意致しました。
【提供予定期間】~8月31日
○梅酒・ジュレップ          ¥1,200
  梅酒・フレッシュミント・炭酸水
○ローゼス・ジュレップ        ¥1,200
  ウィスキー・フレッシュミント・炭酸水
a0036952_745122.jpg

  ※写真は13年7月13日にいただいた際のものです。
○カンパリ・ジュレップ        ¥1,200
  カンパリリキュール・フレッシュミント・炭酸水

白酒
○ウェンジュン(文君酒 WENJUN)  ショット¥2,000
 「ウェンジュンはスーパープレミアムな白酒(パイチュウ)です。400年以上の歴史を誇るウェンジュン蒸留所は、最高品質のごくわずかな蒸留酒のみを厳選し、まろやかな甘さと気品をたたえた幾重にも重なりあう香りを生み出しています。」

季節の一品料理(期間限定フードメニュー)
・トビコの冷製パスタ添え       ¥1,200

ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ワインフェア
・オートコート・ド・ボーヌ 2010        ¥1,500
a0036952_10473557.jpg

  ※写真は13年6月9日にいただいた際のものです。
・ピュリニー・モンラッシェ・レ・シャルェモー 2007 ¥2,000
・サン・トーバン ビタンシュレ 2010       ¥1,300
・ニコラ・ロシニョール ボーヌ 2009       ¥1,800

魅惑のロゼフェア
・バンドール・クールドグラン・ロゼ2011(フランス) ¥1,200
・キャメル・ヴァレー・ピノ・ノワール・ロゼ・ブリュット(イギリス) ¥1,500
・カスティロ・ティ・アマロザート2011(イタリア)  ¥1,200

ワインリスト
Bordeaux Rouge
ボルドー
・ロナン・バイ・クリネ 2009           ¥6,000

オーメドック
・ル・オー・メドック・ド・ジスクール 2006    ¥7,000

マルゴー
・パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー 2005  ¥30,000
・シャトー・マルゴー 2003            ¥60,000

サンジュリアン
・レ・フィエフ・ド・ラグランジュ 2008      ¥10,000
a0036952_16385412.jpg

  ※写真は11年10月2日にいただいた際のものです。
・プティ・リオン・ド・マルキ・ド・ラスカーズ 2007  ¥16,000
 「スーパーセカンドと評される”シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ”の真のセカンドラベル!ラス・カーズのセカンドといえば、これまで”クロ・デュ・マルキ”と考えられてきましたが、今後、この”プティ・リオン”が、正式なセカンドラベルという位置付けになります。メドック街道の東側(川側)に、石垣に囲まれる形で広がり、小さな小川1本隔ててラトゥールの畑に隣接しています。しかもファーストヴィンテージ!全世界でわずか24,000本。いずれこのヴィンテージ・・・、幻のワインになるに違いありません!」
 カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5%
このル・プティ・リオン・デュ・マルキ・ド・ラスカーズの2008年がコミック「神の雫」に登場しています。「シャトー・ラトゥールに隣接しるラス・カーズの畑の中でも最も由緒ある区画を植え替え、その若木の葡萄を使って造られたワインです。ラス・カーズと比べるとメルローの割合が高く、早くから親しめて若木であることが少しもマイナスになっていない。そう、まるで美しい若鷹が大空を舞い飛ぶ、その瞬間を待ちながら巨大な一本の杉の木の上で毛繕いするような、そんな一枚の絵画のようなワインです。」とし、「「未熟」もまた個性として活かすことに成功した大きな可能性を秘めたワイン」と表現されています。
・シャトー・レオヴィル・バルトン 2001       ¥23,000
・シャトー・レオヴィル・ラスカーズ 1985     ¥44,000
・シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 1996      ¥34,000

ポイヤック
・シャトー・ピション・ロングヴィル・ラランド 2003 ¥24,000
・シャトー・ランシュ・バージュ 2000        ¥30,000
・シャトー・ラフィット・ロスチルド 1989      ¥90,000
・シャトー・ムートン・ロスチルド 2001       ¥58,000
・シャトー・ラトゥール 1989            ¥90,000

サンテステフ
・シャトー・オー・ボーセジュール 2009       ¥8,000
・シャトー・ド・ペズ 2008             ¥10,000
・シャトー・カロン・セギュール 2003        ¥25,000
・シャトー・モンローズ 1989            ¥50,000
・シャトー・コス・デストゥネル 1989        ¥42,000

グラーブ
・シャトー・ラミッション・オー・ブリオン 1989   ¥60,000
・シャトー・オー・ブリオン 2002          ¥42,000

サンテミリオン
・シャトー・ド・フォンベル 2002          ¥10,000
・シャトー・フィジャック 2004           ¥17,000
・シャトー・シュヴァル・ブラン 1993        ¥58,000

ポムロール
・シャトー・ラ・コンセイヤント 2002        ¥16,000
・シャトー・ガザン 1994              ¥25,000
・シャトー・レヴァンジル 2004           ¥35,000

Bourgogne Rouge
バロン・ダヴラン
・ブルゴーニュ・ルージュ 2009           ¥6,000

ラ・ジブリオット
・ブルゴーニュ・ルージュ 2008           ¥6,500

ジャン・フランソワ・コシュ・デュリ
・ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2005        ¥13,000

メオ・カミュゼ
・フィクサン・クロ・デュ・シャピトル 2006     ¥18,000

a0036952_2123589.jpg

a0036952_2124538.jpg

  ※写真は12年3月24日にいただいた際のもの。
セクション・ニコラ・ポテル
・ジュブレ・シャンベルタン・ヴィエーニュ・ヴィーニュ 2000  ¥11,000

アルマン・ルソー
・ジュブレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック 2002  ¥46,000
・リュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショット 2002  ¥41,000

エベール・リニエ
・モレ・サン・ドニ・レ・シャフォ 2007       ¥24,000

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ
・シャンボール・ミュジニー 2006          ¥25,000

セシル・トランブルー
・シャンボール・ミュジニー 2009          ¥20,000

モンジャール・ミュルレ
・クロ・ド・ヴージョ 2004             ¥24,000

ジャン・グリヴォ
・ヴォーヌ・ロマネ・レ・ブシェール 2007      ¥22,000
・ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・ブドー 1999   ¥23,000

ブランス・フローラン・メロード
・ラドワ・レ・シャイヨ 2008            ¥7,500

ドゥー・モンティーユ
・コルトン・ルナルド 2003             ¥23,000

コント・アルマン
・ポマール・クロ・デ・ゼプノー 2004        ¥25,000

ルーロ
・オークセイ・デュレス 2004            ¥15,000

シャソルネ
・サン・ロマン・スー・ロッシュ 2009        ¥14,000

フレデリック・コサール
・ヴォルネイ 2009                 ¥20,000
・ポマール 2009                  ¥24,000
・サヴィニー・レ・ボーヌ・ゴラルド 2009      ¥17,000

Cotes du Rhone Rouge
アンドレ・ペレ
・サン・ジョセフ 2006               ¥11,000

アラン・グライヨ
・クローズ・エルミタージュ 2008          ¥9,500

ヴュー・テレグラフ
・シャトーヌフ・デュ・パプ・テレグラム 2008    ¥10,000

Vallee de la Loire Rouge
カトリーヌ・エ・ピエール・ブルトン
・ブルグイユ・エポール・ジュテ 2010        ¥7,500

Languedoc & Roussillon Rouge
a0036952_2132890.jpg

  ※写真は12年2月11日にグラスでいただいた際のもので2008。
クロ・マリ
・コトー・デュ・ラングドック・ピク・サン・ルー・オリヴェット・ルージュ 2009  ¥7,500

グラン・クレス
・コルビエール・キュヴェ・クラシック 2007     ¥6,000

Champagne
ルイ・ロデレール
a0036952_21585567.jpg

  ※写真は12年2月19日にグラスでいただいた際のもので60ml
・ブリュット・プルミエ NV       ¥12,000
 「かつてロシア皇帝も愛飲したシャンパーニュ。大手シャンパン・メゾンの中でも自社畑の多さ、熟成期間の長さ、スタンダード・キュヴェの中でもトップクラス。豊かな果実味、繊細さとまろやかさが絶妙なバランス。」
・クリスタル・ブリュット 2004     ¥39,000

ボランジェ
・グラン・ダネ・ロゼ 1999       ¥48,000
  1884年からは英国王室御用達を拝命する”ボランジェ”は、”ボランジェ憲章”で知られる伝統的な造りで、手間と時間を惜しまず究極のシャンパーニュ造りを目指す、クリュッグと並び最上位の座を占めるメゾン。「ラ・グランダネ・ロゼ」は、ピノ・ノワールが完璧に熟した年にのみ造られるヴィンテージロゼ。

ノミネ・ルナール
・ノミネ・ルナール・ブリュット NV   ¥9,500
・ノミネ・ルナール・ブリュット・ロゼ NV  ¥12,000

ヴィルマール
・スペシアル・ハウステンボス・キュヴェ・リリィー・ラ・モンターニュ・グランド・レゼルヴ NV  ¥17,000

エグリ・ウーリエ
・トラディッション・ブリュット・グラン・クリュ NV  ¥21,000
  ”エグリ・ウーリエ”はクリュッグ、サロンと並ぶ評価を得ているシャンパーニュ好きの憧れの生産者。テロワールを重視したブルゴーニュ的なワイン造りで、ピノノワール75%の密度と厚みのある味わいが特徴。

Vin Mousseux(スパークリングワイン)
ユエ
・ヴーヴレイ・ブリュット NV      ¥6,500

ブヴェ・ラドゥベイ
・ラ・ピラミッド・ブリュット NV    ¥7,000

ジャイランス
・グラン・トラディッション 2009    ¥6,000


Bourgogne Blanc
ラモネ
a0036952_0522666.jpg

  ※写真は「お花見サンヴァンサン」でグラスでいただいた際のもの。
・ブルゴーニュ・アリゴテ 2009     ¥8,500
・シャサーニュ・モンラッシェ 2008   ¥18,000

オリヴィエ・ルフレーブ
・ブルゴーニュ・ブラン・レ・セティーユ 2008  ¥6,500
・ムルソー・レ・ティエ 2009      ¥12,000

エティエンヌ・ソゼ
・ブルゴーニュ・ブラン 2009      ¥8,000
・ピュリニー・モンラッシェ 2008    ¥18,000

ジャン・クロード・コルトー
・プティ・シャブリ 2009        ¥4,500

デュブルイユ・フォンティーヌ
・ベルナン・ベルジュレス 2008     ¥9,500

コント・ラフォン
・ムルソー・クロ・ド・ラ・バール 2008  ¥35,000

ポテル・アヴィロン
・プイィ・フイッセ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2009  ¥9,500

レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン
・ヴィレ・クレッセ 2009         ¥9,500

マルク・ジャンボン
・マコン・ピエールクロ・ブラン・キュヴェ・フェ・ドゥ・シェーヌ 2007  ¥6,000

シャソルネ
・オークセイ・デュレス・レ・クレ 2009  ¥15,000
・サン・ロマン・コンブ・バザン 2009   ¥12,500

Bordeaux Blanc
ボルドー
・クラレンドル・ブラン 2009       ¥5,500
・シャトー・マルジョス 2007       ¥6,500
・シャトー・タルボ・カイユ・ブラン 2006  ¥10,000

ソーテルヌ
・シャトー・ドワジー・ヴェドリーヌ 1996  ¥15,000

Val de la Loire Blanc
セルジュ・ダグノー
・プイィ・フュメ 2010          ¥8,000

Alsace Blanc
ボット・ゲイル
・アルザス・リースリング・レ・ゼレマン 2009  ¥5,000
・アルザス・ゲヴルツトラミネール・レ・ゼレマン 2009  ¥7,000

Vin Doux Naturel
ラ・カーヴ・ド・ラべ・ルー
a0036952_0532078.jpg

  ※写真は「お花見サンヴァンサン」でいただいた際のもの。
・ミュスカ・ド・リブサルト       ¥1,000
  ラングドック&ルーション地方でつくられる。ブドウ天然の甘みを生かしたワイン。シトラスやピーチ、アプリコットのアロマにカリンの砂糖漬けのようなエキゾチックさが感じられる甘美な味わい。

Vin de Liqueur
ブラ―
・ポモー・ド・ノルマンディー      ¥1,000
  ノルマンディー地方産の良質のりんご果汁にカルヴァドスをブレンド、18ヵ月以上オーク樽で貯蔵。甘い香りとりんごのフルーティーさが感じられるやや甘口の味わいです。

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2013-07-24 07:08 | ワールドバザール


<< 花の家(ディナータイムPart2) ワインサロン&バー/オークラウ... >>