ホテルオークラJRハウステンボス/日本料理「さくら」(食事メニュー)

a0036952_22374826.jpg

a0036952_1403369.jpg

今回は2012年4月1日にリブランドオープンしたホテルオークラJRハウステンボスの日本料理「さくら」のご紹介です。
しっとりと落ち着いた和風庭園を眺めながら、最高級の「和」の味覚をご堪能ください。
伝統の技で、四季折々の旬の素材が食卓を彩ります。
ご結納など大切なおもてなしの席には個室のお座敷もございます。
【場所】ホテルオークラJRハウステンボス3階
     席数 130席
     個室  3室
【営業時間】17:00~21:30(最終受付)
【予約】対応。 予約・問い合わせは 0956-58-7111

2012年4月1日にハウステンボスJR全日空ホテルからリブランドオープンしたホテルオークラJRハウステンボス。全日空時代の「雲海」は「さくら」になりました。
内装などの変更は見られないようです(現在客室の一部が改装中のようですが、それらの後レストラン・バーの改装が行われる可能性もあるかも??)が、オフィシャルサイトによる上記案内文をみると、全日空時代かつてレストラン紹介の文章にあった「寿司カウンターでは新鮮な海の幸をご賞味いただけます。」が消えています。
a0036952_1344911.jpg

 上の写真(雲海時代のもの)は案内された席から入口方向を見たところ。わかり難いですが、写真右手の仕切られたエリアが、すし処「出島」。
a0036952_1818100.jpg

 写真は07年の「出島 deお寿司バイキング」の際のもの。このような機会以外、私の知る範囲では寿司カウンターが活用されてはいなかったのではないでしょうか?メニューに寿司会席はありましたが。
 「さくら」になって下記のように単品においては寿司メニューはありますが、会席料理においては寿司メニューは見当たらなくなっています。会席料理の内容は詳細不明なものもありますので、会席メニューからお寿司がなくなったのかはわかりませんが。。。

 また、営業時間をみると17時からとなっています。オフィシャルサイトのカフェテラス「カメリア」の方は朝食営業の案内もありますので、現時点においては「さくら」は朝食営業はなされていないようですね。

 それら以外は目立った変更はなさそうです。以下は(オークラになってからはまだ1度しか利用していませんので)「雲海」に関して以前書いたものを元に手直ししたものです。
a0036952_1343084.jpg

上の写真は席から和風庭園を望んだところ。モダンな和といった感じで水をたたえた石庭に時折湯煙があがります。中庭越しにはワッセナーやHTBの風景が広がります。

「さくら」はハウステンボスにおける和食処としてお勧めのレストランです。ただ問題は場外にあるため、夜のイベントを楽しむとすると不便な事。
ホテル専用カナルクルーザーは現在(たぶん)ホテルオークラ宿泊者のみ利用できるように制限されていますが、ホテルオークラのレストラン予約者は利用できるようにしていただけるともっと利用出来るように思います。

立地的に利用し難い面もあるのですが、温泉(琴乃湯)とセットで利用したり、スターライトで食前酒をいただきながらハウステンボス・ワッセナー黄昏時の情景(素敵です)を楽しんだ後に利用するのはけっこうお勧めだったりします。
ホテルオークラのレストランはいずれも個性があり、なかなかに魅力あるレストランだと私は思っています。

ここ「さくら」は、コース、一品料理ともに、旬の食材をもちいた料理は四季折々内容が変わり、工夫された料理で楽しませてくれます。
和食はあまりにも身近な料理なだけに、好みが人それぞれであり、お客がいろんな地方からお出でになる事を考えると、全ての方に満足いただけるかは私にはわかりませんが、私好みの料理ではありますし、多くの方に受けいられる味ではないかと思っています。
和服でサービスしてくださるスタッフの方たちの頑張りと気配り等も好ましい大きな要素です。

和食好きな方には(好みはいろいろでしょうが)オススメできるお店だと思いますが、上記のように場内のイベント中心会場と離れているのが、(私にとって)利用し難い点です。
17時頃から早めの夕食をとり食後に入国して夜のHTBを楽しむか、HTBを楽しんだ後遅めの夕食、あるいは焼酎片手に夜食を楽しむか。ホテル専用船の利用(現在はたぶんホテルオークラ宿泊者のみ利用できます。再入場手続きに注意が必要です。あらかじめご確認下さい。)も時間が合えば便利です。

以下のメニューは4月1日に利用した際の記録を元に記載したものです。



雲海時代の会席料理に比べ価格帯が上がっています。その分内容もグレードアップしているのでしょう。
単品料理も興味深く、寿司も用意されています。
「季節の素材を贅沢に使用した、会席料理や単品料理を季節毎に」用意されるようです。

会席料理のうちレストランフェアメニューとなっているのが「料理長おまかせの会席」。
現在提供されているのは子供の健やかな成長を願う「端午の節句」をイメージした「端午の節句を祝う、すこやか会席」で、春らしい素材を色鮮やかに、やさしい味わいに仕上げたと言います。

単品料理の中では「長崎豚角煮」が料理長おすすめの逸品として紹介されています。メニューには「長崎豚角煮」とだけありますが、レストランインフォメーションやオフィシャルサイトには「豚角煮の小鍋仕立て」¥2,000とあります。「コトコトとじっくり丁寧に煮込んだ豚角煮は、淡雪のようにとろける至福の味わい。角煮に最適な豚肉と匠の技のハーモニーを、熱々の小鍋にご用意」したものだとか。

4月1日に私がいただいたのは店名である「さくら」。この日の内容は
 前菜 : 季節の物盛り合わせ
 座付 : 虎魚葛叩き  若布・梅肉・口取り
 造里 : 季節の鮮魚盛り合わせ あしらい一式
 焼物 : 国産牛ロースステーキ サラダ
 焚合 : 白芋茎旬煮 鯛の子旨煮 五条麩 花びら人参 絹さや 木の芽
 揚物 : 地海老天婦羅 鱚 椎茸 蚕豆
 蒸物 : 桜海老茶碗蒸し
 御食事 : 御飯 香物 留椀
 御食後 : 水菓子

a0036952_22455743.jpg

a0036952_22461751.jpg

  前菜は季節の物盛り合わせ。素敵な盛り付けです。
a0036952_22481887.jpg

  生湯葉の上に蟹の身がのり鼈甲餡が掛けてあります。
a0036952_225262.jpg

  鴨ロースや南蛮漬けなど
a0036952_22543218.jpg

  座付は座付吸い物とも言うようですが、日本料理において客が席について最初の方で出す吸い物の事。この日の内容は、虎魚(おこぜ)葛叩き  若布・梅肉・口取り
a0036952_22595520.jpg

  造里は、この日は縞鯵、鯛、シビ鮪、シビ鮪の皮、烏賊、イクラといった流石の内容。
a0036952_2315713.jpg

  造りは、好みにより塩・梅肉・醤油でいただきます。
a0036952_2332526.jpg

  焼物は国産牛ロースステーキ。バター醤油の味わいで、好みによりぽん酢をかけていただくものだったかと。旨いです。
a0036952_2353127.jpg

  サラダ
a0036952_2361245.jpg

  焚合は白芋茎旬煮 鯛の子旨煮 五条麩 花びら人参 絹さや 木の芽
a0036952_23725100.jpg

  揚物は天婦羅の盛り合わせで、地海老に鱚、椎茸、蚕豆。天だしか抹茶塩でいただきます。
a0036952_238521.jpg

  蒸物は桜海老茶碗蒸し。
a0036952_239426.jpg

  御食事は御飯 香物 留椀
a0036952_23101399.jpg

  御食後は水菓子で、この日は写真のようにフルーツでした。
a0036952_23104930.jpg

  食後はこの札を持って、レジへ。

  なかなかの内容でした。美味しくいただき、「雲海」同様「さくら」もいい日本料理店だと思います。ただ、吉翠亭と比較すると、個人的には吉翠亭に軍配を、現時点においてはあげさせていただきます。
 ただ、雲海の時もそうでしたが、メニュー構成においてはなかなか魅力があり、この日いただいたものもメインに「国産牛ロースステーキ」をもってくるなど、一般的に好まれそうな内容にも思えます。その意味では、注文以前にお品書きにおいて、会席料理の内容がわからないのは、その良さが活きないようにも思えます。
また、雲海時代は価格設定においても、吉翠亭よりも利用しやすいものになっていましたが、さくらにおいてはその差が縮まっています。
 「さくら」になってまだ1度しかいただいていませんので、もっといろいろ楽しんでみたいと思います。いずれにせよ「さくら」も好きなお店なのですから。

                           メニュー
会席料理
●料理長おまかせ会席    ¥12,000
a0036952_2240487.jpg

  ※写真は12年4月1日にいただいた際のものです。
○さくら          ¥9,300
  御料理7品、御食事、御食事後

○つばき          ¥7,600
  御料理6品、御食事、御食事後

○はなみずき        ¥6,000
  お料理5品、御食事、御食事後

○陶板焼会席        ¥8,200
  先付、一の段、強肴、二の段、御食事、御食事後

○天婦羅会席        ¥7,600
  前菜、お造り、先天、煮物、蒸し物、後天、御食事、御食事後

○旬菜箱          ¥5,000
  先付、一の段、強肴、二の段、御食事、御食事後


一品料理
 ※一品料理は季節により内容がかなり変わります。
突き出し・珍味
○魚の子旨煮          ¥1,000
○子持若布           ¥1,200
○水烏賊酒盗和え        ¥1,200
○蛤煮浸し           ¥1,200
○白芋茎雲丹掛け        ¥1,500
○蚕豆塩蒸し          ¥1,500
○生雲丹長芋          ¥1,500
○生湯葉雲丹餡掛け       ¥1,800
○あぶり干子煮浸し       ¥1,800
○いかこのここのわた      ¥2,000

吸物
●赤味噌仕立て         ¥1,000
○麦味噌仕立て         ¥1,000
○焼あらかぶ清仕立て      ¥1,200
○虎魚葛叩き          ¥1,800
○蛤スープ仕立て        ¥1,500
○すっぽん丸仕立て       ¥2,500

お造り
●鯛              ¥1,800
●水烏賊            ¥2,300
●縞鯵             ¥2,300
○鮪              ¥2,300
○虎魚             ¥2,500
●盛り合わせ          ¥3,800

焼き物
○鮎一夜干し          ¥1,000
○鯛塩焼            ¥1,200
○鰆けんちん焼         ¥1,200
○甘鯛若狭焼          ¥1,800
○虎魚山椒焼          ¥1,500
●鮑塩焼            ¥2,300
○国産牛ロース網焼       ¥2,500
○国産牛ヒレ陶板焼       ¥3,500

煮物
●鯛荒焚き           ¥2,000
●野菜焚き合わせ        ¥1,000
○筍土佐煮           ¥1,200
○冷鴨白煮           ¥1,200
○あらかぶ煮付         ¥1,800
○長崎豚角煮          ¥2,000
○牛ロースすき煮        ¥2,500

揚物
○揚げ出し豆腐         ¥700
○茄子揚げ出し         ¥800
●鶏竜田揚げ          ¥1,000
●地海老天婦羅         ¥1,500
○うちわ海老天婦羅       ¥1,500
●天麩羅盛り合せ        ¥2,800

酢物
○もずく酢           ¥800
○じゃこ若布胡瓜酢       ¥800
○檜扇貝酢味噌         ¥1,800

御飯・麺類
・寿司盛り合わせ        ¥3,500
  吸物付き
○握り寿司盛り合せ       ¥4,500
  吸物付き
○鶏滑茸雑炊          ¥1,500
・蟹雑炊            ¥1,800
○すっぽん雑炊         ¥2,000
●島原素麺           ¥1,500
・五島うどん          ¥1,800
○稲庭うどん          ¥1,800

その他
○茶碗蒸し           ¥700
○湯豆腐            ¥800
○フルーツゼリー寄せ      ¥1,000
○果物盛り合わせ        ¥1,500


                     「雲海」時代にいただいた主なメニュー
a0036952_2133495.jpg

 ※上記写真はH19.5.3.にいただいた時のものです。
●朝粥定食     ¥2,540(税・サービス料込み)
 ※せつこさんのレポ
a0036952_7463187.jpg

雲海の夏祭り!すし&牛肉しゃぶしゃぶ食べ放題
日頃の「御礼」の気持ちを込めて「温冷」しゃぶしゃぶと寿司盛り合せをお好きなだけどうぞ
 「九州産の牛肉は、肉の旨みを存分に味わえるしゃぶしゃぶでお召し上がりください。「温」と「冷」お好みで楽しむことができます。寿司は六種の盛り合せでご用意。寿司、しゃぶしゃぶの食べ放題に、季節の食材のお料理が並ぶ贅沢なメニューです。 」
【提供期間】09年6月3日~8月31日
【提供時間】17:00~22:00
【料金】 大人 ¥4,300
  シニア(65歳以上) ¥3,900
  小学生以下 ¥2,500
【内容】 おしながき
    先付  季節の物三品盛り
    煮物  地魚の煮付け 冬瓜 針生姜 叩き木の芽
    進肴  温冷しゃぶしゃぶ 夏野菜一式 胡麻ポン酢
    蒸物  南瓜釜冷し茶碗蒸し
    寿司  盛り合わせ
         白身 青魚 赤身
         烏賊 穴子 車海老
    汁物  あご出汁うどん
         さつま揚げ 葱
    香物  一種盛り
    デザート  季節のデザート

佐世保ごはん      ¥5,000(税金・サービス料込)
 「握り五種盛り合わせを中心に、佐世保で獲れた食材をすべての料理に盛り込みました。」
【提供期間】08年3月1日~5月31日
  先付・箱一段目・造里・小鍋・箱二段目・御飯・香の物・デザート
welcome_htbさんのレポ
  welcome_htbさんのレポを拝見すると、佐世保ごはんのお品書きは
   先付  蛤と独活辛子浸し
   合肴  握り五種盛り合わせ
        鮮魚三種盛り あしらい一式
   焚合  長芋 魚の子 花びら人参 隠元
   焼物  海老木の芽味噌田楽焼き
   強肴  鰈白扇揚げ 雲丹香り揚げ
        糸よりけんちん蒸し 針絹さや
   蒸物  茶碗蒸し
   御飯  季節の焚込御飯
   汁物  きびなご味噌汁 馬鈴薯 あおさ 葱
   香物  一種盛り
   デザート 季節のデザート 
 のようです。ただし、日によって内容が変わることもあるかと思われます。

クリスマスメニュー
特別会席「サンタクロース(三択ロース)  ¥9,000(税金・サービス料込)
 「和」でおくる、もう一つのクリスマス
 洗練された匠の技で仕上げた会席料理、粋な大人のクリスマスをお楽しみください。
【提供期間】07年12月1日~12月25日
a0036952_1191769.jpg

  ※最上段右の写真(握り寿司)及び4段目右の写真(海老)は2人分です。3段目右は「豚ロース柔らかステーキ」で最下段右は「牛ロースステーキ」です。
小鉢  白子豆腐 鮟肝粕漬け 酢味噌掛け
凌ぎ 虎河豚握り寿司
吸物 帆立真薯みぞれ仕立て
         松の実 くこの実 水菜 柚子
造里 鮃うす造里 中トロ
あしらい一式
  煮物    海老芋 飾り人参 隠元 うずらそぼろ餡掛け
進肴   三択ロース 次の三つの中から好みのものを1つ選択
        ☆牛ロースステーキ
        ☆豚ロース柔らかステーキ
        ☆鴨ロース桑焼き
  揚物   巨大海老の揚物 チーズ黒胡麻揚げ
  酢物   蟹淡雪寄せ
  御飯   三色米せいろ蒸し
  御椀   赤味噌仕立
  香物   二種盛り
  デザート 季節のデザート
 ※乾杯用スパークリングワイン付き(2名様より)

長崎紀行「かえで」~伊勢海老~  通常価格¥9,240をおトク価格¥7,600(税金・サービス料込)
 「メインの伊勢海老は、お刺身・握り寿司・山椒焼からお選びください。そして、松茸・鱧・海老など豊富な食材を使った土瓶蒸し、ふくよかな米茄子はくるりと牛肉で巻きました。食欲の秋にふさわしい料理です。」
【提供期間】9月3日~10月15日
a0036952_0584444.jpg

            ※写真は進肴の伊勢海老料理は握り寿司を選択したものです。
  食前酒  自家製食前酒
  前菜   季節の前菜
  凌ぎ   御寿司ちらし風
  吸物   土瓶蒸し(松茸・白身・海老・三葉・酢立)
  造里   鯛・平政・水烏賊
  焚合   南瓜・里芋・舞茸・紅葉人参・隠元 蟹あんかけ
  進肴   伊勢海老 おまかせ料理一品
         (刺身・握り寿司・山椒焼より一品)
  焼物   米茄子牛肉巻き 色どりピーマン、笹打葱
  蒸物   茶碗蒸し
  御飯   白御飯
  御椀   赤味噌仕立て
  香物   一種盛り
  デザート 季節のデザート

a0036952_1424486.jpg

     ※写真はお寿司全12種類中10種類。下の写真にはこの日の12種類写っています。
「出島」deお寿司バイキング 大人¥5,000(税金・サービス料込)
                          小人(小学生以下)¥3,000
 「雲海に待望のお寿司バイキングが登場!雲海特製の握り寿司をお腹いっぱいお楽しみください。」
【提供期間】07年1月5日~2月28日
【提供時間】17:00~22:00(最終受付21:00)
   ※利用は90分以内
【内容】お寿司バイキング+お膳料理(7品)
   ※日によって内容が変更になる場合があります。以下は1月7日の内容

a0036952_1391322.jpg

      おしながき
  寿司 握り寿司全12種類 
  煮物 若竹煮 海老芋 梅人参 蕗 木の芽
  焼物 鰤照焼 網笠柚子 はじかみ
  蒸物 茶碗蒸し
  揚物 蟹真薯揚げ たらの芽 紅芋スティック揚げ
  汁物 河豚雑煮仕立 唐人菜 焼餅 大根 人参 椎茸 白葱 柚子
  デザート 季節のデザート(7日は苺の羊羹)

冬のレストランフェア
冬の玉手箱
  「箱の中で旬の食材が主張しあう「雲海」名物玉手箱冬のバージョン。目玉は本タラバ蟹。身がいっぱいにつまった大きなタラバ蟹の存在は圧巻です。あごでだしをとった吸物や牡蠣を使い郷土の香りを堪能していただきます。」
 先付 海茸と白菜浸し
 一段 凌ぎ もち湯葉べっこう餡掛け 山葵 海苔
    造里 ひらめ薄造り 薬味 ポン酢
    焚合 海老芋 新筍 梅人参 青菜
 二段 焼物 本タラバ焼蟹
        魚の柚庵焼き 恥神
    揚物 貝柱唐揚げ
        紅芋素揚げ 刻み野菜
 吸物 あご出汁仕立
     島原素麺 鳥唐揚げ 金紙 笹打葱 柚子
 御飯 季節の炊込御飯 牡蠣時雨煮
 香物 二種盛り
 デザート 自家製デザート
てん&てんの妻さんレポ
by mattarinonbe | 2012-04-05 23:20 | 場外ホテル


<< シャボンディハウス ハーバーテラス ホテルオークラJRハウステンボ... >>