ア クールヴェール(ディナーブッフェ)

a0036952_7535622.jpg

今回はハウステンボスのホテルアムステルダムのブッフェレストランアクールヴェールのディナータイムメニューです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
地元食材にこだわった九州食彩ダイニング
2008年11月21日(金)リニューアルオープン
地元長崎をはじめ、九州一円から安全でおいしい豊富な食材を取り揃え、フランス料理を中心に和風、中華風にアレンジした料理などがブッフェ形式で楽しめるレストラン。
料理の仕上げを目の前で行うコーナーもあり、調理人のパフォーマンスとともに出来たての料理も味わえます。
内装はピクニックガーデンをコンセプトに、柱の表面には木の素材を用いるなど森の中で様々な料理を楽しむ空間を演出しています。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内1階
      席数:アクールベール 148席
         アクールベールカフェ 48席
        ※リニューアル前は96席でした。
【営業時間】6:30~10:30
      11:30~14:00(ラストオーダー)
      17:30~20:30(ラストオーダー)
【予約】予約・お問い合わせ/レストランインフォメーション 電話0956-58-1111
(総合予約センター 電話0956-27-0012 )
※キャンセル料は人数減の場合、前日よりキャンセル料が発生するかと思いますので要注意。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗

a0036952_7542987.jpg

アクールヴェールは、08年9月1日から改装工事に入っていました。開業して16年となり調理器具なども更新する必要も生じてきてのリニューアルだったようですが、08年11月21日に素敵にリニューアルオープンしました。
a0036952_6304378.jpg

アクールヴェールの入口はホテルバスを降り、ホテル入口や中庭へと向かう通路の途中に新しく設けられています。
a0036952_6313856.jpg

入口を入ると円形のスペースがあり右手に受付、左手にレジがあります。
a0036952_747409.jpg

そこを抜けると直線的に見通しの利く開放感のある空間で、以前よりも広がりが感じられます。
「内装はピクニックガーデンをコンセプトに、柱の表面には木の素材を用いるなど森の中で様々な料理を楽しむ空間を演出」しているそうですが、カジュアルでありながらシックで落ち着いた感じの空間です。
a0036952_7513714.jpg

 ※写真は中央の2つのブッフェ台の間から入口方向を振り返ったところ。
突き当たりにブッフェ台が設置された区画があり、中央にブッフェ台が2つ。右手にメイン料理が、左手にデザート類が置かれています。
a0036952_7453310.jpg

右手は今回のリニューアルの特徴の1つでもあるライブキッチンのコーナーとなっています。手前は以前にもあったステーキをその場で焼いて提供するもので、奥の方はIH調理器の上に保温された状態の料理が並び、その向こう側で新たに調理される様を楽しむ事が出来ます。
a0036952_7532854.jpg

品数もかなり揃えてあり、特別に大食な方以外はまずは一通り見た後、選んで楽しまれた方が良さそうな気がします。全ての料理が好みに合うなんて事はないでしょうから、好みと思われるもの、美味しいと思うものを見つけて、それを中心に味わう事が満足感を大きくしてくれるように思います。
a0036952_748356.jpg

このブッフェ台が並ぶスペースの向こうが可動式の壁で区切られたアクールヴェールカフェ。
朝食時などはこの壁をオープンにし、より多くの人を受け入れ可能になっています。
a0036952_6504217.jpg

アクールヴェールはフランス語で「心を開いて」という意味。朝食から昼食・夕食までブッフェスタイルの料理を楽しめます。

ブッフェというスタイルをとる以上、限界もあると思います。コースの一皿一皿に心血を注ぐのと同じようにはいかないわけで、感動的な料理に出会いたければ、エリタージュ(残念ながら現在は一般は利用出来ない状況のようです)やデ アドミラルあたりのコースがおすすめかとも思いますが、「食」は嗜好が分かれるところ。どんなに素晴らしい料理であっても、好みに合わなければそれまで。その意味では、数ある料理の中から好みに合うものだけを、好きなだけ食べることのできるブッフェスタイルの方がより満足感を得られる事もあると思います。
なにより料金的にもホテルレストランにおいてはお手頃感があります。

ブッフェの場合、全体にざわつく感じがあり、ゆったりと雰囲気も味わいながら食事を楽しみたい方にはデアドミラルや吉翠亭、戎座あたりがお勧めかとも思いますが、反面小さな子供さんを連れて家族で食事をする場合は、(アドミラルや吉翠亭、戎座でも十分可能ですが)こちらの方が雰囲気的にも、より気軽に楽しめるかもしれませんね。

じげもん(地元)及び九州の旬の食材にこだわってのメニュー構成は、昨今の食に対する不安な出来事が続く中において、安心であり、低価格な飲食店においてよくみかける業務用食材の多用とは異なる姿勢であり、とても好感がもてるポイントです。
a0036952_1320146.jpg

九州食菜ダイニング
 「九州の食材にこだわり洋食料理はもちろん、和風・中華風のブッフェ料理をご用意し、バラエティ豊かなメニューが揃いました。料理の仕上げを目の前で行うコーナーもあり、見て楽しい食べて美味しいブッフェレストランです。
※現在(4月1日より)料金値下げされています。
    ランチ 大人       ¥2,300   ディナー 大人      ¥4,800(¥5,000)
        小学生      ¥1,200        小学生     ¥2,400(¥2,500)
        4歳~小学生未満  ¥700        4歳~小学生未満 ¥1,300(¥1,400)
        シニア(60歳以上)¥2,000       シニア(60歳以上)¥4,200(¥4,400)
  ※ディナーの( )内は休前日料金
  ※加えて現在アクールヴェール ファミリーキャンペーンとして期間限定で以下のようなお得な企画が行われています。
    ◎ランチ&ディナー幼児無料キャンペーン
      キャンペーン期間中、幼児(4歳~小学生未満)のランチ及びディナーブッフェ料金が無料。
     【期間】5月6日~ 期間限定となっていますが、終了日は明記されていないようですね。
     【料金】上記幼児(4歳~小学生未満)料金 ランチブッフェ通常 700円→無料
                        ディナーブッフェ通常 1,300円→無料
※休前日も無料



※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、アクールヴェールのブッフェメニューも対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトからご覧下さい。



以下は8月12日のディナータイムに記録してきたものです。



ブッフェの内容が夏のメニューに変わっています。加えてハウステンボスリニューアル第2弾にあわせて、7月17日よりパワーアップした内容になっているとか。
a0036952_1320428.jpg

今回も素敵なお料理がいろいろとありますが、キッズコーナーの登場やソフトクリームマシーンの登場が目を惹きました。
ドリンクメニューにも変更があり、フリードリンクの登場も注目です。
ブッフェの内容は時期により日により異なるかとも思いますので、参考としてご覧下さい。また、料理が補充される際に違うものが登場する場合もあります。



                ブッフェ内容(8月12日)
a0036952_13172842.jpg

a0036952_1224446.jpg

○熊本産トマトとパルマ産生ハムのカプレーゼ アクールヴェール風
a0036952_12544774.jpg

○長崎産烏賊と夏野菜のマリネ トマトのゼリー添え
a0036952_125584.jpg

・ア クールヴェール自家製国産牛タタキ
a0036952_12552758.jpg

●九州各地で採れた夏野菜のマリネ タイム風味
a0036952_13154362.jpg

○長崎産人参のクリームスープ
a0036952_1315390.jpg

・九州各地で採れた野菜のサラダ
a0036952_13182735.jpg

※ドレッシングはフレンチドレッシング、胡麻ドレッシング、柚子ドレッシング、青じそドレッシング
a0036952_1313593.jpg

a0036952_13142148.jpg

・エコセ
  生クリームを贅沢に使いほのかな甘みのあるパン
・米粉のパン
  米粉を使ったパンにケシの実を散りばめました。
・プチ エピ
  チャパタ生地をいなほの形に焼き上げました
・ゆずのパン
  バケット系生地にゆずを練りこみました
・ブリオッシュ
  バターを練りこんだリッチなパン

a0036952_13133777.jpg

a0036952_12554971.jpg

a0036952_1256792.jpg

○長崎産胡瓜と蛸の胡麻酢和え
a0036952_12562646.jpg

○長崎産茄子の吉野煮
a0036952_12564567.jpg

○滝川豆腐と佐賀産芥子蓮根
a0036952_1257678.jpg

○五島産鹿尾菜(ひじき)の白和え
a0036952_1353218.jpg

○佐世保で水揚げされた寒八の刺身
a0036952_1258339.jpg

○長崎産鱸の檸檬酢醤油焼き
a0036952_12582520.jpg

a0036952_2158345.jpg

○長崎手延べ”ド・ロさま素麺”

a0036952_1323246.jpg

a0036952_1324144.jpg

○長崎で水揚げされた黍魚子(きびなご)と五島沖で獲れた蛸、野菜の天ぷら
a0036952_1334544.jpg

○沖縄産冬瓜の翁煮
a0036952_133654.jpg

○長崎産高菜散し寿司
a0036952_1392357.jpg

a0036952_2157278.jpg

○長崎産鯖と夏野菜の特製冷汁 麦飯添え
a0036952_1394784.jpg

○麦ご飯
a0036952_1311107.jpg

・白ご飯
a0036952_1321421.jpg

a0036952_13113213.jpg

○ホテル特製辛口カレー
a0036952_13115332.jpg

・アクールヴェール特製甘口カレー

a0036952_13519.jpg

ライブキッチン
a0036952_1321437.jpg

○佐賀産ほうれん草と魚介のパスタ トマトクリームソース
a0036952_1341592.jpg

○海老のマヨネーズソース和え 長崎みかん風味
a0036952_1344197.jpg

○宮崎産しし唐と平政(ひらまさ)のソテー プロヴァンス風
a0036952_1312720.jpg

○熊本産茄子とマロニーの特製麻婆茄子
a0036952_13212862.jpg

○長崎雲仙スーパーポークバラ肉のソテー バルサミコソース ローズマリー風味

a0036952_12585581.jpg

○熊本産トマトとアボカドの特製ピザ
a0036952_12592376.jpg

a0036952_12594184.jpg

a0036952_130443.jpg

○平政(ひらまさ)と宮崎産ズッキーニのグリエ トロピカルソース
a0036952_1302024.jpg

  トロピカルソース:マンゴーやパイナップル、玉葱や赤ピーマン、きゅうりが入っています。
a0036952_1304023.jpg

○仔羊のロティ 柚子胡椒入り香草パン粉焼き 長崎産ポテト添え

a0036952_2018632.jpg

a0036952_23271396.jpg

・オーストラリア産牛ロースのステーキ
a0036952_2019834.jpg

・長崎雲仙スーパーポークのステーキ
※ステーキソースは西洋ワサビ入りグレービーソース、オニオンソースとガーリックソースの3種が用意されていました。

a0036952_1373411.jpg

キッズコーナー
a0036952_1371096.jpg

○ソーセージ
a0036952_1365243.jpg

○フライドポテト
a0036952_1363125.jpg

○から揚げ
a0036952_136936.jpg

○ハンバーグ

a0036952_1313989.jpg

a0036952_1382100.jpg

a0036952_1382564.jpg

・フルーツ各種
a0036952_13101852.jpg

●木苺のムース
a0036952_13122398.jpg

○パイナップルのタルト
a0036952_13123885.jpg

・くるみ入りのブラウニー
a0036952_21483194.jpg

・カスタードプリン
a0036952_1385948.jpg

○マンゴー羊羹
a0036952_13103927.jpg

○柚子胡椒プリン
a0036952_13243555.jpg

○ヨーグルトのシャーベット
○キャラメルアイスクリーム
a0036952_13232440.jpg

a0036952_13162543.jpg

a0036952_13164048.jpg

a0036952_1325723.jpg

○ソフトクリームバー

a0036952_13165673.jpg

・冷茶
・キャロット&フルーツ
・冷水
a0036952_1322087.jpg

・珈琲
・紅茶
a0036952_13222197.jpg

・緑茶


                メニュー(有料ドリンク)
  以下の価格は税・サービス料込み
a0036952_12245853.jpg

ソムリエ厳選ワインセレクション
  料理長青山修志が、九州夏の食材を贅沢に使った料理と、ソムリエが厳選した銘醸ワインが気軽に楽しめます。
○クレマン・ド・ブルゴーニュ キュヴェ・ピノ・ノワール&シャルドネ  グラス¥1,000 ボトル¥6,000
a0036952_21541061.jpg

○マコン・ヴィラージュ・グランジュ・マニアン 2008 / ルイ・ジャド  グラス¥900 ボトル¥5,000
  ワインの銘醸地、フランス・ブルゴーニュ地方。マコン・ヴィラージュはブルゴーニュ地方の南部にあり、味わいは辛口で飲みやすく、花の香りがほのかに感じられるフルーティで爽やかなワイン。「熊本産トマトとパルマ産生ハムのカプレーゼ アクールヴェール風」と共に、お楽しみ下さい。
○コトー・デュ・ラングドック・ピク・サン・ルー・オリヴェット・ルージュ 2007 グラス¥1,000 ボトル¥7,000
○リースリング・コート・ド・トリュックハイム 2008   グラス¥900 ボトル¥5,000
○エステート・メルロ 2008               グラス¥700 ボトル¥4,500
○ウッドブリッジ・ロゼ 2008              グラス¥500 ボトル¥3,500

旧驟雨銘酒セレクション
  今回紹介します焼酎は、全国の酒販店グループが結成する「日本・侍士の会」から厳選した本格焼酎です。
http://www5.ocn.ne.jp/~jsamurai/kura.htm
○侍士の門(黒麹)            ¥600
 「164年以上栽培していなかった財部産の幻の米「白玉」と天然水を使用。味も香りもまろやかで芋焼酎のイメージを変えた極上の逸品です。」
○弥作(白麹)              ¥600
 「幻の白玉米(白麹)と大隅産黄金千貫を用い、名杜氏「黒瀬安光」の手により造られ、味は濃厚で、深みのある芋の甘い香りがします。」
○私領 五番隊(黒麹)           ¥600
 「生産者育成新品種の貴重な芋である「ベジータレッド」を使用。香りが穏やかな広がりを見せ口当たりはまろやかで刺激はほとんどなく膨らみのある柔らかさがします。」

フリードリンク
○フリードリンク(アルコール)      ¥2,000~
○フリードリンク(ソフトドリンク)    ¥1,000

ビール
●生ビール(キリン一番搾り) ジョッキ(480ml)¥650
               ピッチャー(980ml)¥1,300
瓶ビール
・アサヒスーパードライ    小瓶(334ml)¥700
●ハイネケン(オランダ)          ¥700
●黒ビール ギネス(アイルランド)     ¥700

ノンアルコールビール
●キリン・フリー             ¥500

スパークリングワイン
●スパークリングワイン(甘口・辛口)グラス¥1,000
                  ボトル¥5,800

ロゼワイン
・ロゼワイン          グラス¥500
                ボトル¥3,500

ハウスワイン
・赤ワイン・白ワイン       グラス¥500
                 ボトル¥3,500

果実酒(すりおろし果肉入り)
●梅酒                ¥500
●長崎びわ酒             ¥500

焼酎
●芋・麦・黒ごま          ¥500~

日本酒
●六十余州(長崎県・波佐見)    ¥700

ウィスキー
●ウィスキー(シングル)      ¥1,000

ソフトドリンク
●ラフランスソーダ       ¥500
●サラトガクーラー       ¥500
  ノンアルコールカクテル(ライム・ジンジャーエール)
●長崎みかんジュース      ¥400
●グレープフルーツジュース   ¥400
●パイナップルジュース     ¥400
●コーラ            ¥400
●ジンジャーエール       ¥400
●ペリエ            ¥600
by mattarinonbe | 2010-08-20 12:25 | ビネンスタッド


<< 長崎洋食/とっとっと 原田伸郎さんのお店/ドラゴンブルー >>