<   2011年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ワンピースレストラン ハーバーテラス

a0036952_11223780.jpg

今回はハウステンボス、フリーゾーンにオープンしたシャボンディハウス ワンピースレストランに隣接してオープンしているワンピースレストラン ハーバーテラス のご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日9月9日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
【営業時間】喫茶&テラス 10:00~16:00
       ビアテラス 日~木曜日 10:00~21:00
               金・土・祝前日 10:00~22:00
       ※ビアテラスは16:00~と記載されていたものも
       ※ハーバーテラスは10:00~15:30まで席が開放されていて、飲食や休憩に利用できるようになっているようです。
       ※ハーバーテラスは雨の日も営業中です。シャボンディハウス2階の席が用意されています。

a0036952_11245151.jpg

a0036952_20401366.jpg

 場所は、以前バーベキューテラス・ブリュとして営業していたところです。
a0036952_11252453.jpg

 目前にデリーフデ号があり、ロケーションにも優れた場所です。ワンピース関連で記念撮影を楽しむ方たちもたくさん。
a0036952_11265594.jpg

 利用したうえでご紹介しようと思っていましたが、なかなか思うように機会がなく、胃袋の都合もあってまだ・・メニューを見る限り、お手頃価格で利用しやすいように思います。
 内容等はいずれ利用したうえで写真をアップしたいと思っています。

以下は7月10日・17日・21日の店外表示記録を元に記載したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-31 20:40 | スパーケンブルグ

ワンピースショップ&レストラン/シャボンディハウス

a0036952_8522228.jpg

今回は11年3月19日にオープンしたシャボンディハウス・ワンピースレストランのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
麦わらの一味が好きな食べ物や、サンジが作った料理をモチーフにしたメニューが勢ぞろい。見て楽しい、食べても美味しいメニューが並びます。
ワンピースメニューを注文した方には、オリジナルシールをプレゼント中♪
【営業時間】9:30~22:00
   ※8月13日・14日は  9:00~22:00
   ※レストラン 料理の提供は上記営業終了1時間前、9:30~11:00・21:00~22:00は喫茶営業

a0036952_8583787.jpg

 シャボンディハウスは、ハウステンボス内フリーゾーンにあって、先だってまではアクティビティセンターだったところです。ここを中心にフリーゾーンは、ワンピース色に染まっています。
a0036952_9132317.jpg

 昨年大人気だったワンピース企画。今年はよりスケールアップ!有料ゾーンのレストラン、ショップに加え、入場無料のフリーゾーンにおいて様々なお楽しみが用意されています。
a0036952_1314935.jpg

a0036952_1321129.jpg

a0036952_1325816.jpg

目玉はサウザンド・サニー号!

他にもいろいろとお楽しみが用意されています。

a0036952_8574873.jpg

「ウォーターバルーンにのろう」はシャボンディ諸島のシャボン玉に乗った気分で、水上散歩を楽しむというものですが、これがなかなか難しそうで。。。でもとっても楽しそう。
a0036952_1363387.jpg

この「ウォーターバルーンにのろう」は現在場所を移してデリーフデ号前で行われています。
a0036952_135389.jpg

a0036952_1361072.jpg

シャボンディハウス前では記念撮影のスポットが。

デリーフデ号は現在乗船して記念撮影を楽しむ事が出来ます(GWに期間限定で行われていたのが、好評につき期間延長しています)
 デリーフデ号乗船体験
 20年目にして初めて”デリーフデ号”に乗り込める!
【時間】10:00~18:00(最終受付)
    ※雨天中止
【料金】 大人¥300
     小人¥100 (4歳~小学生)
    ※安全の為幼児は乗船できません

 
加えて、パイレーツチャレンジが登場しています。
パイレーツチャレンジ
  港町の謎の海賊団「パイレーツチャレンジ」
 水鉄砲で敵の的をやぶって冷たいアイスをゲットしろ!
【時間】①14:30~ ②15:30~ ③16:30~ 各回約20分
【料金】¥300
  ※定員20名
  ※4歳以上。幼児のみでの参加は不可。
  ※雨天・強風時は中止

 2チームに分かれての海賊たちの水鉄砲合戦。楽しそうです。

a0036952_934955.jpg

シャボンディハウスの入り口は2つありますが、こちらは旧ランガダイクに面した入口
入って左手がワンピースレストランで、右手にショップが
a0036952_944816.jpg

 ワンピースグッズを求めてたくさんの人が。
 限定のワンピース特殊切手も。
a0036952_953668.jpg

 ファンにとってお宝がいっぱい!
a0036952_1335482.jpg

 記念撮影をする人もたくさん。
a0036952_13101980.jpg

 記念撮影の対象は時期により異なるものが用意されています。

a0036952_9162528.jpg

 レストランはかつてのハーバーカフェテリアを思い出すようなセルフサービススタイルのお店。
a0036952_9171258.jpg

 メニューを見て、オーダーするものが決まったらトレーを持ち、
a0036952_917365.jpg

 セットメニューの場合はカードを取って進みます。
a0036952_9175831.jpg

最初はカップサラダのコーナー。続いてデザートコーナー。
a0036952_9182652.jpg

その後、料理にスープ、ソフトクリーム、ビール、ドリンクコーナーが続きます。
a0036952_9184972.jpg

ソフトドリンクはセルフサービスシステム。

以下は7月17日・24日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-31 13:11 | スパーケンブルグ

居酒屋 按針

a0036952_731498.jpg

今回はハウステンボス、アムステルフェーンに10年4月リニューアルオープンした居酒屋 按針です。
改定版をアップします。最新更新日13年4月29日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
    気軽に立ち寄れる地元料理を楽しめる店
店名の「アンジン」はデ・リーフデ号で日本にやって来たウィリアム・アダムスこと三浦按針にちなんで名付けられた。
地元長崎の新鮮なお魚を使った刺身や焼き鳥、五島うどんなどが並ぶほか、地酒・焼酎なども各種揃えています。そのほか、その日採れた素材を使ったおすすめメニューなどもご用意。お食事はもとよりちょっとしたお夜食まで、ぜひお立ち寄りください。
【場所】アムステルフェーン1階
   席数:かつては26席。
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
   ※現在、ランチタイムも営業しているようです。15時まで。
H23.1.11以降は17:00~24:00まで。ランチタイムも営業
     H23.2.10以降は17:00~23:00。土日祝日は23:30まで。ランチタイムも営業
     H23年GWの頃から17:00~23:30(ラストオーダー)
     H23.6.1以降は 17:00~23:30。金・土は24:00(ラストオーダー)
【定休日】月曜日店休
  ※営業時間や店休日は時期により異なる事があります。ハウステンボスニュース等でご確認ください。

a0036952_7311753.jpg

  ※上の写真は以前の按針店内。下の現在のものと比較して見てください。
居酒屋「按針」が06年7月22日、鮨 按針としてリニューアルオープン。多くのファンをつかみ、人気があったのですが、09年5月8日の営業を最後にクローズしていました。
そして、この4月居酒屋 按針としてリニューアルオープンしました。
今後グランキャフェもリニューアルオープンする予定で、アムステルフェーン復活です。
a0036952_7322530.jpg

 アムステルフェーンの入口には按針の看板が。メニューを見る事も出来ます。
 1階の付きあたりが按針。
a0036952_7325391.jpg

a0036952_7334026.jpg

 入り口脇には開店祝のお花と手作りの人形が。可愛らしく出迎えてくれます。
  ※オープン当初の様子です。
a0036952_734521.jpg

 按針入り口です。
a0036952_7345397.jpg

 壁紙などは全面的に新しくしたという事ですが、以前の雰囲気が残されているのは嬉しいところです。
a0036952_7354212.jpg

 カウンター席正面の壁面は大きく変わったところです。かつてあった棚は取り払われ、モダンな感じに。
a0036952_735206.jpg

 テーブル席の方は朱塗りと黒で、雰囲気はそのまま。店名でもある按針の肖像画もそのまま生かされています。
a0036952_736580.jpg

 かつてはオレンジ広場からも入店出来ましたが、この日は閉め切られていました。どうやら入り口はアムステルフェーン建物内部の1か所になるようですね。

10年6月6日に気がついた(6月1日~?)のですが、按針はランチタイムも営業しています。
お手頃価格で良さそうな感じです。
ランチタイムの五島うどんは夜もいただける時もあるようでした。
テイクアウトメニューの表示を見ることも。
時期により(ナイトタイムの)グランドメニューはほぼ同じですが、本日のおすすめメニューやランチタイムメニューなどいろいろと変化がありました。

また、テラス席で炭火焼が行われる事も
炭火焼コーナー
   17:00~20:00(ラストオーダー)
以下は10年7月18日の記録です。
○イカの姿焼き    ¥600
○ホッケの塩焼き   ¥600
○鯵の一夜干し    ¥600
○サザエの壺焼き   ¥600
○とうもろこし    ¥500
  北海道産
○豚足      1個¥400
○サザエ     1個¥500
○イカ      1杯¥600
○貝       1個¥300
a0036952_10575893.jpg

お手頃価格で人気のお店のようです。

以下は7月23日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-31 10:59 | ビネンスタッド

カフェ&コンビニ/カタルニア

a0036952_12282871.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区にこの7月16日オープンした新店舗のうち、カフェ&コンビニエンスストアとしてリニューアルオープンしたカタルニアのご紹介です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
おいしくて便利なカフェ&コンビニエンスストアがサウザンド・サニー号乗り場のそばに登場!
店内は地中海の帆船リゾートをイメージしたカフェエリアがあり、限定スイーツなどをご提供しています。出港待ちの時間などにぜひご利用ください。
また、コンビニエンスストアでは日用品、菓子類などもご用意しております。
【場  所】フリーゾーン、サウザンド・サニー号乗り場近く
【営業時間】9:30~22:00

a0036952_0595626.jpg

 かつてカタルニアは港町にあるとても雰囲気のあるスペイン料理のお店でした。パエリア発祥の地スペインのカタルニア地方に由来する店名で、店内には帆やマストが飾られ、地中海をイメージしたインテリアで演出されていました。

a0036952_10376.jpg

 クローズされていたカタルニアが04年7月にヌエヴァ・カタルニアとしてリニューアルオープンしました。
a0036952_104121.jpg

新鮮なシーフードの炭火焼やパエリアを味わえる海辺のレストランで、白とブルーを基調とした爽やかな店内でのパエリアや、海風を感じながら新鮮なシーフードを炭焼きで味わえる海辺のオープンレストラン。
a0036952_23445259.jpg

昼は青い空ときらめく海を見ながら、夜は一面の星空を眺めながらゆっくりとした食事をお楽しみいただけるというもので、実はこのブログで最初に取り上げさせていただいたのはこのヌエヴァ・カタルニアでした。
a0036952_025430.jpg

a0036952_053660.jpg

  ※ここまでの写真は冒頭のものを除き、かつてのヌエヴァ・カタルニア時代のものです。
 とても素敵なお店で、熱烈なファンもいたお店ですが、ハウステンボスの中心から離れ、動線的に恵まれていなかった事もあってか05年6月26日にクローズ。
 その後07年にポルチッタ・ピノキオ・グランデがリニューアル工事のため一時クローズとなった際に、その期間中代わりにカタルニアが期間限定で復活営業(1月9日~3月7日だったでしょうか)したり、テラス部分だけバーベキューテラスとして営業した事もありました。
 中華のお店としてオープンするといった話もあったりしたのですが、長らく沈黙を続けていたカタルニア。。。

 そして今回カフェ&コンビニエンスストアとしての復活リニューアルオープンです。
スペイン料理やパエリアのお店ではないのは残念ですが、現在このエリアにこられる方はワンピースファンでサウザンド・サニー号やミニメリー号を利用される方々や、ウォーターマークホテルに宿泊される方が大半(というかほぼ全てに近いかと)でしょうから、このような形が現状に即していて良いのでしょう。
a0036952_12323442.jpg

L字型の店内は中央にレジがあり左手がコンビニエリア、右手がカフェエリアになっています。
a0036952_12325497.jpg

a0036952_12341036.jpg

コンビニエンスストアとしての品ぞろえは写真のような感じで、
a0036952_1233724.jpg

a0036952_12333318.jpg

a0036952_12335132.jpg

今後いろいろとニーズに応じて変更があるかも。

カフェ部分においてはオリジナルプリンに各種ケーキ、ドリンク類の提供。ケーキはポーション控えめで料金を抑えてある印象ですね。ホテルズやプリュで提供されているものとは違った内容になっています。
a0036952_12351735.jpg

内装は以前のままで、椅子・テーブル等が変更になっています。
a0036952_12353543.jpg


a0036952_12312024.jpg

食後はトレー等はこの柱の背後にあるところへ
a0036952_12313889.jpg


ちなみに、カタルニアでは英語は全く必要ありませんでした。

以下は7月17日に記録してきたメニューです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-28 12:36 | スパーケンブルグ

オークラウンジ(Part1)

a0036952_0341751.jpg

a0036952_439258.jpg

今回はホテルアムステルダムのラウンジ、オークラウンジの御紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
星空、酒、そして人との語らい。ひととき夢の世界の旅人となる。

オーク材の書棚が据え付けられたこのラウンジは、まるで友人の家の居間に招かれたような暖かい落ち着いた雰囲気。ソファーに身をゆだねながらグラスを傾けるひとときは、都会では味わえない贅沢でゆたかな時間が流れていきます。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内
【営業時間】14:00~23:30
     ※14:00~17:00 ロビーラウンジ喫茶営業
     ※17:00~23:30 バーラウンジ営業
     ※4月1日より17:00~23:30になっているようです。

ハウステンボスの場内ホテル(ホテルヨーロッパ、デンハーグ、アムステルダム)にはそれぞれに個性的なラウンジがあり、それぞれに魅力的でした。デンハーグが休館となり、お気に入りのティークリッパーもクローズ中。。。
そして、アムステルダムにあって、隠れ家的な存在で密かな?お気に入りだったオークラウンジ。
オークラウンジはホテルアムステルダムのメインダイニング アクールヴェールのリニューアル工事に伴い、その隣にアクールヴェールカフェがオープンするのに伴い、08年11月14日をもって営業を終了する事に。
その後、宿泊者用の休憩スペースとして活用されていましたが、10年1月9日より3月末までワインバーとして期間限定で営業していました。
4月に入り再びクローズとなりましたが、嬉しい事に7月頃から?営業を再開しています。

 オークラウンジの位置は初めての方にはわかりにくいように思います。ホテルアムステルダムの1階にあり、正面玄関から行くのと裏手(海側小道の方)から行くルートがあります。
a0036952_011752.jpg

a0036952_2119216.jpg

ホテルアムステルダムに入ったロビーの正面突き当たりにエレベーターがありますが、その左手に位置しています。
a0036952_21181446.jpg

 上の写真(10年9月撮影)のラウンジ入り口左手にカウンター(客席はありません)があり、(右手にはレジがありました)そこから直接見えない位置にも席があり、スタッフの方の視線をあまり意識することなく過ごす事ができます。疲れている時であるとか、静かに落ち着いたひと時を過ごしたい時などとても良いような気がしています。
a0036952_0183019.jpg

 仲間と語り合いながら、一人お気に入りの本を片手に過ごしたり。。。
 上の写真はかつてオークラウンジが営業していた時期の写真です。
 ソファの配置等は時折変わっています。
 以下は10年1月10日・11日に撮影したもの。
a0036952_14121174.jpg

a0036952_14123011.jpg

a0036952_035622.jpg

 ちなみにこの記事のトップの写真は10年2月28日に撮影したもので、次の写真は7月18日に撮影したもの。 入口あたりにも席が設けてあります。
a0036952_2228789.jpg

 かつてあったレジはこの日はなく、テーブルチェック若しくはカウンターでの支払いになっています。
 そして、次の写真は10年9月に撮影したもの。
a0036952_2120739.jpg
 
 よりゆったりした配置になっています。現在は昼間も14時から営業してくれており、ゆったりとした午後を過ごすのに、もっとも適した空間の1つだと思っています。
a0036952_004946.jpg

a0036952_012166.jpg

 ナイトタイムもなかなか。メニューも以前よりも充実し、ワイン、カクテルなどのアルコールの他、紅茶等の用意もあり、グラスを傾ける方も、お酒を飲まない方にも楽しめる空間になっているように思います。
フードメニューのアイテムは限られていますが、クロックムッシュ(ハム、チーズ等を挟んだホットサンド)など私の好みのものもあり、軽食(私はハウステンボスでは昼をしっかりいただいて、夜は軽めにいただく事も多いのです)としての利用も良さそうです。

a0036952_23174553.jpg

 「オークラウンジ」はあまりラウンジらしくないラウンジで、隠れ家的なスポットと言えるのではないでしょうか。
a0036952_23182734.jpg

 昼下がりにゆったりと寛ぐのにも良いですし、夕刻に暮れなずんでゆく窓外の情景をのんびり眺めながら過ごすのも大好きです。
a0036952_2319424.jpg

a0036952_23193063.jpg

かつてヴィノテークで味わった時間が(まったく同じとはいきませんが)ここにあります。

 一日の締めをここで過ごすのも良いですが、人出の多い週末などは満席の時も。

 日によって時間や奏者は変わってくるかとも思いますが、ロビーコンサートも行われています。
9月5日・20日・23日に表示(ロビーに表示がありますので、興味のある方はご確認下さい)されていたのは。。。
a0036952_2120586.jpg

   19:30~
   20:10~
   20:40~
   21:20~
   22:00~
10月11日、11月3日、4月10日・29日、7月23日も同様でした。
※7月21日(木曜日)は21:20~のみの表示でした。
 コンサート時間が変更になったり、休演日(全て休演になるわけではないようですが)もありますので、ロビーにてご確認下さい。
a0036952_21212849.jpg

a0036952_21265417.jpg

 オークラウンジが満席の時など、ロビーでもドリンク等をいただけるようになっていました。

a0036952_20413484.jpg

 昼下がりのひと時に、食前・食後に、イベントの待ち時間に、一日の終わりに素敵な書斎のような「オークラウンジ」でグラスを傾けてみませんか。

以下は7月23日夜に利用した際の記録を基に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-26 07:42 | ビネンスタッド

花の家(ディナータイムPart1)

a0036952_5494188.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区に2006年8月1日リニューアルオープンした花の家の夜(17:00~21:30)の時間帯のうち17:00~21:00まで(21時以降はメニューが変わります)のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日8月12日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
  お子様からお年寄りまで三世代で楽しめるメニューを取り揃えた和食処「花の家」が港町にオープン。四季を彩る料理と温かいおもてなしで、くつろぎのひとときをお過ごしください。
【場所】スパーケンブルグ
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】11:30~21:30(ラストオーダー)
    ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。営業時間一覧等でご確認下さい。
      H23.2.13以降は11:30~21:00で、金・土・祝日は21:30まで。
※3月1日~3月18日は11:30~21:00
    ※3月19日~    11:30~21:30
 ※4月1日~     11:30~21:00で、金・土・祝前日は21:30まで。
    ※6月14日・21日・28日は店休
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗。喫煙席あり。

a0036952_720546.jpg

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発したお店です。
店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。
a0036952_7215211.jpg

 花の家は感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。ファミレス的な存在ですが、ファミレス的な料理の他、ホテルヨーロッパの日本料理店 吉翠亭の料理長によりプロデュースされた季節メニューも登場しており、本格的な味わいのものも楽しむ事が出来ます。
 子供さんを連れた家族も気楽に利用できるように思います。半面落ち着いた雰囲気の中食事を、という方には時間帯によっては向かないかもしれません。
a0036952_7203779.jpg

 和食という事もあって人気もあり、多客時には30分以上の待ち時間を要する事もあります。
 
 花の家は港町スパーケンブルグのオレンジ広場近くにあり、このあたりは10年4月28日より無料ゾーンとなっています。
 花の家は無料ゾーンにあってホテルヨーロッパの飲食店を除くと現時点で唯一のレストラン。
 ビッケンビッケンの佐世保バーガーもありますが、無料ゾーン内ではレストランの選択肢は現状ではかなり限られていますね。もちろん、有料ゾーンを利用の方も利用することが出来ます。再入場も可能です。

以下は7月17日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-23 01:11 | スパーケンブルグ

花の家(ディナータイムPart2)

a0036952_5494188.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップします。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-23 01:03 | スパーケンブルグ

花の家(ランチタイム)

a0036952_720862.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区の花の家のお昼(11:00~14:00)のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
  広い座敷もあり、大人数での宴会や、友人同士での小規模な会食まで、広い目的に応じて利用できます。
  御料理もうどんやそば、丼からお膳、鍋までそろっており、お子様からお年寄りまで幅広く三世代で楽しめるメニューを取り揃えております。
  四季を彩る御料理とあたたかいおもてなし、くつろぎのひとときをどうぞ。
【場所】スパーケンブルグ
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】11:30~21:30(ラストオーダー)
    ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
      H23.2.13以降は11:30~21:00で、金・土・祝日は21:30まで。
    ※5月3日~5日は11:00~21:30になっていました。
    ※5月9日以降は11:30~21:00で、金・土は21:30まで。
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
    ※予約不可日もありますので、詳しくはオフィシャルサイトを。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。Edy対象店舗

a0036952_720546.jpg

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発をきりました。
新店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。

a0036952_7215211.jpg

 感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。
 ホテルヨーロッパに日本料理店がオープンし、予算や用途などによって使い分けることができるようになっています。

 ホテルヨーロッパ、吉翠亭料理長仕込みのメニューもあり、花の家の料理もレベルアップしている印象があります。季節感あるメニューが真藍の楽しみでもありました。花の家にリニューアル当初はその点で物足りなさを感じた事もありましたが、このところ季節メニューがいろいろと登場するようになり、好ましい変化だと楽しみにしています。

 また、ファミレス的な感じと言う事もあって、小さなお子さん連れでも気軽に利用できるお店の1つだと思います。子供用のメニューが用意されているだけでなく、取り分け用の皿や子供用スプーン、フォーク、子供用の簡易エプロンまで用意されているようですので、必要に応じお願いしてみると宜しいかと思います。

a0036952_7203779.jpg

 かねてより立地の良さもあって待ち時間もけっこうあったお店ですから、客席が増えた事によって状況の改善が図られています。
a0036952_11444988.jpg

 10年4月28日よりスパーケンブルグ以南は無料ゾーンとなり、花の家は無料ゾーンにあってホテルヨーロッパの飲食店(及び佐世保バーガーのビッケンビッケン)を除き唯一の常設レストランでしたが、その後トロティネがランチ営業(期間限定でディナーも)し、シャボンディハウス、焼肉テラス、スバーロとオープンしフリーゾーン内の飲食店も充実してきており、好みにあわた選択肢の幅が広がってきつつあります。

上記のように現在花の家のある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りで無料ゾーンのレストランを利用する場合、10年7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


 営業時間において中間クローズがないのも利用しやすくて好ましいポイントです。ただし、時間帯によって提供されるメニューが異なりますので注意が必要です。
花の家は時間帯によって4つのメニューが存在するようです。名称は「甘味タイム」以外は私が勝手につけたものですが、
①開店~14時まで  ランチタイムメニュー
  ※15時までだったことも。時期により変動があるかもしれません。
②14時~17時まで  軽食・甘味タイム
③17時~21時まで ディナータイム
④21時~閉店まで ナイトタイム(居酒屋タイム)

この①のランチタイムが、今回ご紹介するものです。
 ※にょろさんのレポ

かつては夜のメニューだった「豚かつとじ鍋定食」「上ロース 牛すき焼き定食」(いずれも私は美味しくいただきました)にしゃぶしゃぶとすき焼きのメニューがお昼にもいただけるようになっています。それにより現在、お昼のメニューはかな~り充実したものになっています。
手頃な価格帯のメニューから、しゃぶしゃぶのような高級感のあるメニューまで。
加えて、吉翠亭の料理長の方の監修により、メニューが一新しつつあるように思います。

以下は7月17日の店外表示記録をもとに記載したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-22 22:06 | スパーケンブルグ

イタリアンレストラン/プッチーニ(ランチタイムPart1)

a0036952_20285010.jpg

a0036952_19225895.jpg

今回はハウステンボス、ユトレヒトにあるイタリアンレストラン・プッチーニのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎を舞台にした有名な歌劇『蝶々夫人』。その作曲者、イタリア人のプッチーニの名を冠している当店は、ローマの廃墟をイメージした造りの店内で昼はリーズナブルに、夜はコース料理を中心に楽しむことができます。
【場所】ユトレヒト・ワールドレストラン街1階
    席数56席
【営業時間】11:00~21:00(ラストオーダー)
    ※15:00~17:00中間クローズ
    ※時期により営業時間・店休日は異なる事がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】予約対応。詳細はHPで。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗。

プッチーニと言えば、ハウステンボスのレストランにおいてはホテルレストラン以外ではかつては最高峰に位置づけられていたお店。現在でもそのような格付けと言っていいだろうと思います。
パスタならプッチーニ!というファンが多数いる(いた)お店でもあります。リゾットも人気ですが。。

ハウステンボスがいろいろと試行錯誤してきた中にあって、プッチーニもいろいろと変遷があったように思います。
07年の6月にはメニューが大幅に変更され、ランチタイムはカツレツとリゾットのお店になり、パスタはフェトチーネオリジナーレのみになっていた事も。
08年夏頃からは下記のようにパスタメニューも増やされ、かつての姿に近づいた気がします。ただ、個人的な感想としてはこれらのパスタメニューはプッチーニ的というよりもピノキオ的なイメージも。
かつては月替わりのパスタメニューが楽しませてくれた事もあります。
「自家製カラスミのビゴリ」「「早春の使者」ホタルイカを使ったイカ墨の手打ちパスタ」「生ハムと桃の冷製パスタ」「馬鈴薯のニョッキ 長崎産トマトの冷製ソース」「長崎県産アジと柑橘類の冷製パスタ 自家製フェンネルの香りを添えて」などなど、こだわりの自家製パスタ、自家製カラスミを使ったパスタや旬の食材を使った個性的なメニューがその時々で楽しむ事が出来ました。
そのような意味で、ちょっと残念な気もしていました。
お気に入りのお店だけに。。。

一昨年夏あたりから(私にとって)改善の兆しが明らかになってきて、夏のおすすめメニューとしてオリジナルの冷製パスタが2種登場し、冬はオイスターフェアメニュー、そして龍馬伝メニューと期間限定・季節メニューもいろいろと登場し、人気だったように思います。
加えて昨年7月17日からの新生ハウステンボスのリニューアル第2段にあわせ、プッチーニのグランドメニューも大幅な変更となり、一時期の低迷期(と勝手に思っていただけかもしれませんが)を脱したように思います。やはり、私にとって好みのイタリアンレストランで、今後も期間限定メニューなど、いろいろと愉しませてくれる事を期待しております。

a0036952_19231964.jpg


びょりさんのレポ

下記メニューは7月17日の店外表示記録及び17日夜に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-22 21:23 | ユトレヒト

イタリアンレストラン/プッチーニ(ランチタイムPart2)

a0036952_222345.jpg

プッチーニのランチタイムメニューの続きです。
字数制限の為2つに分けてアップします。

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-07-22 21:19 | ユトレヒト