<   2011年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

花の家(軽食・甘味タイム)

a0036952_720862.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区の花の家の甘味タイム(14:00~17:00)のメニューのご紹介です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
06年12月に入ってからでしょうか、甘味タイムが設定され、同時間帯のメニューが変更になっています。食事も用意されており、遅い昼食、早い夕食をいただくのにも便利かと。
改訂版をアップします。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
  広い座敷もあり、大人数での宴会や、友人同士での小規模な会食まで、広い目的に応じて利用できます。
  御料理もうどんやそば、丼からお膳、鍋までそろっており、お子様からお年寄りまで幅広く三世代で楽しめるメニューを取り揃えております。
  四季を彩る御料理とあたたかいおもてなし、くつろぎのひとときをどうぞ。
【場所】スパーケンブルグ
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】11:30~21:30(ラストオーダー)
   ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。ハウステンボスニュース等でご確認下さい。  
      H23.2.13以降は11:30~21:00で、金・土・祝日は21:30まで。
【店休日】毎週火曜日
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。Edy対象店舗

a0036952_720546.jpg

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発をきりました。
新店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。

a0036952_7215211.jpg

 感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。
 ホテルヨーロッパに日本料理店がオープンし、予算や用途などによって使い分けることができるようになっています。加えて吉翠亭料理長の方による季節メニュー等も登場し、お得感が増してきているように思います。

 営業時間において中間クローズがないのも利用しやすくて好ましいポイントです。ただし、時間帯によって提供されるメニューが異なりますので注意が必要です。
花の家は時間帯によって4つのメニューが存在するようです。名称は「甘味タイム」以外は私が勝手につけたものですが、
①開店~14時まで  ランチタイムメニュー
②14時~17時まで  軽食・甘味タイム
③17時~21時まで ディナータイム
④21時~閉店まで ナイトタイム(居酒屋タイム)

この②の甘味タイムが、今回ご紹介するものです。
この時間帯は中間クローズで閉まっている飲食店が多い(加えて現在はとっとっとも15:00~17:00は喫茶のみとなっています)ので、下記のような食事メニューはありがたい存在かと。
甘味処として利用するも良し、遅めの昼食若しくは早めの夕食として、あるいはちょいと一杯リゾート気分で楽しむも良し。

以下は6月26日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-29 21:37 | スパーケンブルグ

ピザ&パスタ/ピノキオ

a0036952_1375349.jpg

今回はハウステンボス・ユトレヒト地区にあるピノキオです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
イタリア・ナポリにある古いピザ屋をイメージした店内でひときわ目を引くのは、陶器の町・有田で特注した登り窯の技術を導入した大きなピザ窯。世界でただ一つのこの窯でパリッと焼き上げるピザの味は折り紙付きです。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街1 階
    席数64席
【営業時間】11:00~21:00(ラストオーダー)
    ※営業時間及び店休日は時期により異なる事がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】対応なし
【その他】Edy対象店舗。車椅子利用可。
     とくとくチケット特典対象店舗。お食事のお客様へコーヒーまたはソフトドリンクサービス。

ピノキオはHTBで一番人気のお店とされています。
a0036952_1458299.jpg

掲示板等でHTBで何を食べたらいいかというご質問が良くなされます。レスするのが難しいご質問です。その方の好みや予算、シチュエーション(家族連れであるとか恋人どうしであるとか、年齢その他)によっても様々で画一的にレスできるものではないと思います。
美味しいものを食べたい。
HTBらしいものを食べたい。
という2つの条件を最も満たすのは、(エリタージュ、エクセルシオールが休業中の現在)HTBの食の顔とも言える「デ・アドミラル」あたりになるかと思いますが、フレンチが苦手な方もおられるでしょうし、その他の条件が合わない場合もあるでしょう。「戎座」「吉翠亭」も素敵ですが、HTBらしいかと言われるとちょっと考えてしまいます。美味しいものっていう条件なら十分(だと私は思います)なのですけども。

ピノキオもよくお勧めで名前があがるお店です。ピザやパスタが苦手でなければコスト的にも味的にもお勧めでしょう。ピッツァなどがHTBらしいかと言われると疑問もあありますが、一番人気のお店という事で条件クリアでしょうか。
ただし、一番人気のお店が一番美味しいお店とは限りません。味の好みは人それぞれですから。
ピザ&パスタのお店ですが、どちらかと言えばお勧め・人気はピザでしょうか。
a0036952_22113795.jpg

ユトレヒトのレストランは15時~17時の時間帯中間クローズの店が多いのですが、このピノキオは営業しており、その面でも利用しやすいお店です。
a0036952_14105224.jpg

また、アレルギー成分表の店外表示もあり、店内でも求めに応じ見せていただけますので、アレルギーのある方にも安心かと。もっとも小麦がダメな方だと、ピザ&パスタのお店ですから、ハムやサラダ位しか食べられるものはないかと思いますが。。。
a0036952_21571519.jpg

ハウステンボスで最も行列のできるお店の1つですので、食事時には行列が出来るのは日常的に見ることで、多くの人で賑わうような時期はかなりの待ち時間(1時間前後、時には2時間以上という事も。それだけ待つのであれば他店を利用した方が良さそうにも思うのですが・・)を覚悟しないといけない場合があります。待つか、他のお店を利用するか。。ピノキオを利用しようと思われている方はあらかじめ他の候補も考えておかれた方がよろしいかとも思います。
また、17時前であれば(ランチタイム真っ最中を除き)、(クリスマスなどは16時代でもかなりの行列が出来る事も)比較的すいていますので、混雑が予想される時は早めの利用もお勧めです。

sayuriさんのレポ
Marchさんのピノキオレポ

以下は6月26日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-28 22:01 | ユトレヒト

鉄板焼/戎座(昼)

a0036952_22144574.jpg

今回はハウステンボスのホテルヨーロッパに07年10月2日オープンした和食のお店2店のうち鉄板焼の戎座のランチタイムメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
※戎座は残念な事に1月12日からランチタイムは店休となっていました。ディナータイムのみの営業になっていました。ところが昨年8月あたりからでしょうか、土・日・祝日限定でランチタイム営業を再開しています。
九州の厳選ブランド牛を中心に、地元の新鮮な野菜や魚介を鉄板焼にて供する戎座。
笑顔が集う、心楽しいひととき。
新鮮な素材の魅力をそのままに、職人が見事な手さばきで焼いて供する美味の数々が
鉄板の上で音を立て素材をお客様の好みに焼き上げ、食欲と笑顔を誘います。
焼き手の演出とともに、会話も弾む鉄板焼。
素材にまつわる物語が聞ければ、それも楽しいひとときのエッセンスに。
食べる楽しさの原点を、思い出していただけることでしょう。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 カウンター10席×2コーナー 計20席
【営業時間】昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
    ※水曜日店休
    ※ランチタイム営業は土日・祝日、にたぶんお盆のような特日のみ
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)
             0956-58-1111(代表)

a0036952_2582331.jpg

ホテルヨーロッパの裏口横手の建物に日本料理店がそれぞれ造られています。
入口は戎座も吉翠亭も共通です。
a0036952_323561.jpg

入り口に受付・クロークがあり、戎座は入って直ぐ左手。
a0036952_22401445.jpg

a0036952_4553534.jpg

写真は戎座の入り口です。
受付で案内を待ち、係りの方の案内で入室します。
支払いはテーブルチェックではなく、帰りにここ受付レジで。
a0036952_2584911.jpg

鉄板カウンターが左右にあり、それぞれ10名座れるようになっています。
a0036952_2591027.jpg

窓の外にはちょっとした日本庭園があり良い雰囲気。
a0036952_21545169.jpg

見事な手さばきで調理される様もご馳走です。
豪快にあがる炎にびっくりする子供さんも。

使われている食材は吟味されたもの。
オフィシャルサイトには、
「長崎和牛」指定店有名
 黒毛和牛に勝るとも劣らない「長崎和牛」。
「長崎和牛」は、ミネラル豊富な大自然の恩恵を受けた牧草で育てられ、柔らかな食感とジューシーできれのよい脂味が特徴です。
シェフの厳しい目で選び抜いた「長崎和牛」のとろける味を、地元の新鮮な野菜や魚介とともにご堪能ください。

とあります。
a0036952_2159485.jpg

 写真は昨年いただいた際のものですが、6月14日時点でいうと、ディナータイムは長崎産の牛(5月にいただいた際は壱岐牛でした)で、ランチタイムはたしか鹿児島あたりのものだったかと。ディナータイムの方が肉質はいいのですが、ランチタイムのものも十分上質の美味しいお肉でした。写真は左がサーロイン180gで右がフィレ100gです。
 今回ランチタイムメニューをみると、ステーキランチのところに「ご当地九州国産牛」の記載がありますので、以前と同じような感じかと思われます。

a0036952_304186.jpg

お店の雰囲気も、スタッフの方のサービスもなかなかのものです。その心配りが居心地の良さを生み出しています。
a0036952_12533598.jpg

小さなお子さん用の椅子も用意されています。
目の前で調理され、盛大にあがる炎に思わずのけぞりながら目を丸くして見入っている様子は可愛らしいもの。きっといい思い出になったことでしょうね。

私個人の感想は鉄板焼きの醍醐味を楽しむなら戎座?味はハウステンボスJR全日空ホテルの名店「大村湾」に匹敵する、時に凌駕しているかも?と思う反面、眺望(「大村湾」からの眺めはそれだけでご馳走ですから・・)や季節メニューの魅力などを含めると総合力ではまだ「大村湾」の方が上かも?と微妙なところです。
ハウステンボスを楽しむにあたっては場内にある立地の良さは戎座の魅力の1つ。
現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。レストラン予約の際に、車の車種・ナンバー、入場時間を伝えておきます。

専用駐車場以外にもフリーゾーン駐車場としてウェストゲート駐車場(43台+障害者用1台、普通乗用車のみ)がありますが、こちらは利用料金¥500が必要です。
また、いずれもペット同伴の場合は利用出来ず、通常の入国口からペット同伴の手続きをして入国する事になるようです。

 また、7月17日よりフリーゾーン内に西肥バスが乗り入れを開始しています。ハウステンボス入国口から利用する場合は6番バス乗り場に1時間に1~2便(曜日により変動)発着(季節催事等によりフリーゾーンへのバス乗り入れが制限される場合もあるとか)し、ハウステンボス入国からの運賃は150円、所要時間は5~6分程度とか。
a0036952_16474169.jpg

a0036952_16482100.jpg

場内のバス停はホテルヨーロッパ前と、ハウステンボス港町の2か所。
バスの時刻表など詳しくはこちらを。
ホテルヨーロッパ行きシャトルバスも利用出来ます。こちらは無料で利用出来ます。バス乗り場はハウステンボス入国口前7番バス乗り場で、10:15~19:15 (毎時15分、45分発)。
無料ゾーンのみ利用の場合はテーマパークゾーン内での途中下車は出来ません。満席により利用出来ない場合も。
佐世保市やハウステンボス近隣にお住まいの方は、時に自分へのご褒美として戎座等での食事を楽しみに足を運ばれるのもよろしいのではないでしょうか。

戎座は、お好みや予算にもよりますが、お勧めできるお店の1つです。
下記メニューをご覧いただくと、ランチにしては高価と思われるかもしれませんが、ディナータイムと比較するとかなりお得な価格設定になっています。
a0036952_22203446.jpg

  ※写真は11年6月19日にいただいたフィレ120g。なかなにいいお肉です。
私個人はハウステンボスにおける食事はランチメインで、ランチにお金をかけるのがお勧めだったりします。現在もディナータイムに相当する時間にはかなりイベントがあり、ディナーをゆったり時間をかけて楽しむ(それはそれで素敵なのですが)とイベントが楽しめなかったりする場合もあります。ランチを存分に楽しみ、夜は軽めにいただくのが、スケジュール的にも良かったりする事もあるかと。
a0036952_22214056.jpg

ハレの日のランチ、たまの贅沢を存分に味わうには戎座のランチはかなり適しているかと思われます。
a0036952_20363012.jpg

いろいろと飲みながらですが、私の場合、昼で1時間半前後、夜はたっぷり2時間以上かけて食事を楽しんでいます。
席数に限りがあるうえに、(たっぷり時間をかけて食事されるので)あまり回転しないとなると、1日に利用できる客数は限られたものになりますので、利用される際は予約をお勧めします。

daydreamerさんのレポ 
ふくちゃんのレポ レポその2「3月2日帰国【ランチ@戎座】」
せつこさんのレポ その2 その3

以下は6月19日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-26 22:21 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ロード・レーウ(ランチ&ディナーPart1)

a0036952_039378.jpg

今回はハウステンボス、ユトレヒト地区にあるロード・レーウのランチタイム及びディナータイムメニューです。
改定版をアップします。最新更新日7月18日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ステーキ&ハンバーグのお店。
ハンバーグはシェフ手作りの本格的なもの。ご注文いただいてから焼き上げ、最高の状態で提供します。
ステーキはオージービーフを使ったリーズナブルなものや地元長崎黒毛和牛を使った特選ステーキを準備。肉本来の味をお楽しみいただけます。おいしさをさらに広げる特製ソースをお好みでどうぞ。
【場所】ワールドレストラン街1階
    ※席数 60席
【営業時間】11:00~21:00 中間クローズ15:00~17:00
    ※営業時間・店休日は時期により異なりますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】電話予約のみ。予約・問い合わせ 総合予約センター 0956-27-0012
    ※予約不可日もありますので、詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗。
     とくとくチケット特典対象店舗。お食事のお客様へコーヒーまたはソフトドリンクサービス

ユトレヒトにオランダ料理専門店あり!といわれたロード・レーウ。オランダ語でロードは赤、レーウはライオン。オランダ王室の紋章に描かれている「赤いライオン」が店名の由来です。伝統を重んじて、オランダの由緒あるレストラン「ファイフリーフェン」を再現した造りになっていおり、落ち着いた重厚な雰囲気のお店です。

オランダが栄光と苦難の歴史を刻んできたようにロード・レーウも変遷の道を歩んできました。
05年来クローズ中だったロードレーウが、06年3月に3日間ワインバーとして復活オープン後再びクローズし、GW期間中に臨時に復活営業したりしていましたが、06年6月1日にファン待望のリニューアルオープンをとげました。

かつてのオランダ料理専門店から、ビストロ、ワインバーとその姿を変え、その後ランチタイムはハンバーグステーキとレモンステーキなどのステーキ類、ディナータイムはステーキを中心に提供するお店になっていました。
今回のメニュー変更により、ランチタイムとディナータイムのメニューは共通となり、ハンバーグステーキ、ステーキ、チーズフォンデュなどをいただく事が出来るようになっています。
a0036952_6302793.jpg

本格的な味わいのハンバーグステーキをはじめとする料理が、重厚なロードレーウの雰囲気の中お手頃価格で楽しめます。
手作りハンバーグは良質の美味しいもので評判が良いようです。一般のレストランでよく見かける業務用のものとは別物の味わい。レモンステーキは佐世保名物。
かつてロード・レーウの看板メニューであったチーズフォンデュが期間限定メニューから、定番メニューとして復活なりました。
チューリップ祭の時期であるとか繁忙期の天気の良い日にはテラス席での営業も行われる事があります。その際は店内とは別メニューが用意されることも。
a0036952_22525526.jpg

お箸もテーブルに用意されていますので、その点でも利用しやすいと思います。

重厚で高級感ある雰囲気は特筆ものです。お勧めのお店の1つです。
一般にピノキオの知名度が高く、人気ですが、場内レストランの中での位置づけ的にはここロード・レーウの方が上位にあると思います。
メニューは別として、上記のようにオランダの由緒あるレストラン「ファイフリーフェン」を再現したというロード・レーウは最もハウステンボスらしいお店の1つといえるでしょう。

高級感のあるお店ですが、下記のように子供向けのメニューも用意されており、家族連れでの利用も問題ありません。チーズフォンデュも、食材にチーズを絡めていただくという初めての経験に笑顔の子供さんもたくさん見かけています。

daydreamerさんのレポ

下記メニューは6月12日の店外表示および19日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-23 20:44 | ユトレヒト

ロード・レーウ(ランチ&ディナーPart2)

a0036952_539236.jpg

字数制限にかかりましたので、2つにわけてアップします。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-23 19:14 | ユトレヒト

花の家(甘味タイム)

a0036952_720862.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区の花の家の甘味タイム(14:00~17:00)のメニューのご紹介です。
06年12月に入ってからでしょうか、甘味タイムが設定され、同時間帯のメニューが変更になっています。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
  広い座敷もあり、大人数での宴会や、友人同士での小規模な会食まで、広い目的に応じて利用できます。
  御料理もうどんやそば、丼からお膳、鍋までそろっており、お子様からお年寄りまで幅広く三世代で楽しめるメニューを取り揃えております。
  四季を彩る御料理とあたたかいおもてなし、くつろぎのひとときをどうぞ。
【場所】スパーケンブルグ
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】11:30~21:30(ラストオーダー)
   ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。ハウステンボスニュース等でご確認下さい。  
      H23.2.13以降は11:30~21:00で、金・土・祝日は21:30まで。
【店休日】毎週火曜日
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。Edy対象店舗

a0036952_720546.jpg

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発をきりました。
新店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。

a0036952_7215211.jpg

 感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。
 ホテルヨーロッパに日本料理店がオープンし、予算や用途などによって使い分けることができるようになっています。加えて吉翠亭料理長の方による季節メニュー等も登場し、お得感が増してきているように思います。

 営業時間において中間クローズがないのも利用しやすくて好ましいポイントです。ただし、時間帯によって提供されるメニューが異なりますので注意が必要です。
花の家は時間帯によって4つのメニューが存在するようです。名称は「甘味タイム」以外は私が勝手につけたものですが、
①開店~14時まで  ランチタイムメニュー
②14時~17時まで  甘味タイム
③17時~21時まで ディナータイム
④21時~閉店まで ナイトタイム(居酒屋タイム)

この②の甘味タイムが、今回ご紹介するものです。
この時間帯は中間クローズで閉まっている飲食店が多い(加えて現在はとっとっとも15:00~17:00は喫茶のみとなっています)ので、下記のような食事メニューはありがたい存在かと。
甘味処として利用するも良し、遅めの昼食若しくは早めの夕食として、あるいはちょいと一杯リゾート気分で楽しむも良し。

以下は6月19日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-23 12:18 | スパーケンブルグ

日本料理/吉翠亭(昼Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパの和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】人出が多いと予想される日など、出来るだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
a0036952_7222366.jpg

和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もとてもよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

お昼は、私の場合およそ1時間~1時間半。夜は2時間~時に3時間以上(時間掛け過ぎですが;;御膳料理だと比較的時間はかからず、会席料理だと食事のペースにあわせて料理が運ばれてきますので、ある程度時間を要します。)かけて、お酒を楽しみながらゆっくりと美味しいひとときを楽しみます。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューは提示されない事もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。
昼に利用される際は各種御膳がお勧めですが、単品でいただくのも良いものです。特にリゾート気分を味わおうと昼間からのんべする際にはいろいろとお酒にあわせて好みで選ぶのも楽しいものです。
ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)他お勧めのものがいろいろ。

 ※daydreamerさんの(ランチで単品)レポ

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


また、7月17日よりフリーゾーン内に西肥バスが乗り入れを開始しています。ハウステンボス入国口から利用する場合は6番バス乗り場に1時間に1~2便(曜日により変動)発着(季節催事等によりフリーゾーンへのバス乗り入れが制限される場合もあるとか)し、ハウステンボス入国からの運賃は150円、所要時間は5~6分程度とか。
a0036952_16474169.jpg

a0036952_16482100.jpg

場内のバス停はホテルヨーロッパ前と、ハウステンボス港町の2か所。
バスの時刻表はこちらから。
佐世保市やハウステンボス近隣にお住まいの方は、時に自分へのご褒美として吉翠亭での食事を楽しみに足を運ばれるのもよろしいのではないでしょうか。

 ※現在月2回、第2第4木曜日のランチタイムに寿司バイキングが行われ好評を博しています。その内容は以下のようなものです。
【時間】11:30~14:00(ラストオーダー)
   ※利用時間 60分間
   ※料理長お任せ寿司を提供後より開始
【内容】最初は料理長お任せ寿司と赤出汁または吸い物。
    その後以下をお好きなだけ
      ・寿司(各種)
      ・季節の天麩羅(五種盛り)
      ・地魚料理
      ・茶碗蒸し
      ・赤出汁or吸い物
      ・甘味
【料金】大人3,500円(中学生以上) 小学生1,750円 幼児800円
【予約】TEL:0956-27-0414(吉翠亭直通)
【その他】誕生月の方にはプレゼントが用意されているようですので、誕生月である事を示すもの(免許証・保険証等)を持参されてください。

a0036952_7415480.jpg

 7月8日に利用してきましたが、姉妹ブログで御紹介していますので、宜しかったらこちらからご覧ください。9月23日も利用しましたが、その時によって寿司の内容は変わっていますので、繰り返し利用する楽しみがあります。
2011年も毎月第2・第4木曜日に開催されるようですので、お楽しみ下さい。
 3月10日の寿司バイキングのお品書きは次のようなものでした。
 寿司各種
  穴子、海老、小鮪、細魚(さより)、烏賊、鯛、鰹、鰆、サーモン、いくら
  鯵棒寿司、鯖棒寿司、煮帆立、ミル貝、玉子、稲荷、月見とろろ、ねぎま、サラダ巻、鉄火巻、納豆巻、かっぱ巻
 天婦羅五種
 茶碗蒸し
 鯛の兜煮
 網鰈の一夜干し
 お吸い物
 赤出汁

 桜餅
 山葵プリン
 山葵アイス

a0036952_1494871.jpg

 最初に料理長お任せのお寿司が。
 左上から玉子、海老、サラダ巻、いくら、稲荷、鯵、鯛、鰹、鰆。
 いずれも美味しいのですが、
a0036952_14125768.jpg

 鰹がいい仕事がされていて、他ではいただいた事のないものでした。
a0036952_14134879.jpg

 制限時間内は、好きなものを好きなだけ♪
a0036952_14142440.jpg

 左上から小鮪、煮穴子、ミル貝、細魚、烏賊、サーモン。
a0036952_14163063.jpg

 左上からねぎま、月見とろろ、鯖棒寿司、鯵棒寿司、かっぱ巻
 いずれも美味しく。。
a0036952_14175842.jpg

a0036952_14181670.jpg

 天麩羅は海老に魚に南瓜、万願寺に蕗の薹だったでしょうか。
 ワンランク上の天麩羅です。
a0036952_14194340.jpg

 桜餅に
a0036952_14201326.jpg

a0036952_14203165.jpg

 山葵プリン!山葵は効きすぎず、いい感じなミルキーな和風プリンといった感じでしょうか。

a0036952_743536.jpg

 また、吉翠亭のイベントとして「美食の会」があります。昨年3月に第1回が開催され、第2回が7月11日(日)のお昼に行われました。第2回のテーマは鱧と夏野菜の京料理「清涼の宴」で素晴らしい会でした。
第1回のレポは姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらこちらからご覧ください。
a0036952_2342055.jpg

 第2回のレポ、興味のおありの方はこちらをご覧下さい。
a0036952_2253629.jpg

第3回は10月3日に行われました。第3回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_23313643.jpg

第4回は1月23日に開催されました。第4回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_11553117.jpg

第5回は4月24日に開催されました。こちらも素晴らしい会でした。第5回のレポはこちらにアップしています。
第6回は7月10日(日)です。
 受付 12:00~ 開宴 12:30~
 料金 ¥15,000(税・サービス料、ドリンク代込み)
 定員 30名
 予約・問い合わせ 0956-27-0414


下記は6月12日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-23 11:53 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼・夜Part2)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、4つ(夜は3つ)に分けてアップしています。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。

以下に続きを記載します。
Part2では単品メニューをご紹介します。
単品メニューは昼・夜共通になります。通常お昼は単品メニューが提示されない事が多いように思います(コースメニューの方がお得感があるように設定されている事にもよるかと)が、お願いすればメニューを持ってきていただけます。

以下は6月12日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-21 22:48 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼Part3)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、4つに分けてアップしています。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-21 22:44 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

イタリアンレストラン/プッチーニ(ディナータイムPart1)

a0036952_2337199.jpg

今回はイタリアンレストラン・プッチーニのディナータイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎を舞台にした有名な歌劇『蝶々夫人』。その作曲者、イタリア人のプッチーニの名を冠している当店は、アンティパストからコースまで本格的なイタリアンが楽しめます。イタリアで修行を積んだシェフの腕前は折り紙付き。ローマの廃墟をイメージした店内で本場の味をご堪能ください。
【場所】ユトレヒト・ワールドレストラン街1階
    席数56席
【営業時間】11:00~21:00(ラストオーダー)
    ※15:00~17:00中間クローズ
    ※営業時間・店休日は時期により異なりますので営業時間一覧等でご確認下さい。
【予約】予約対応。詳細はHPで。
    ※予約はコースのみ。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗
     とくとくチケット特典対象店舗。食事利用で、コーヒー又はソフトドリンクサービス

ハウステンボスのレストランはホテルズのレストラン、場内レストラン(ユトレヒトやスパーケンブルグのレストラン)、企業館のレストラン(ニュースタッドのレストラン)及びテナントに分類する事ができるかと思いますが、プッチーニは場内レストランを代表するレストランの1つです。
a0036952_20285010.jpg

ハウステンボスの顔となるべきレストラン、プッチーニ。いろいろと紆余曲折があり、ややメニュー的に低迷(?)の時期もあったように思いますが、その後改善が図られてきました。そして、今回・・・7月17日からのハウステンボスリニューアル第2弾にあわせて、メニューの充実が図られています。
a0036952_19231964.jpg

 ローマの廃墟をイメージした(廃墟というには整った洒落た感じだと思いますが)というお店の雰囲気も良く、サービススタッフの方たちの頑張りを感じる、好感の持てるレストランで、好みは人それぞれでしょうが、お勧めのレストランの1つです。
a0036952_23375914.jpg

 ただし(現在提供されているコース料理などいただいていないものがいろいろとありますので、あくまでもこれまで私がいただいてきた近年のものの印象によってですが)、当然のことながら好みによってかなり評価は分かれそうな気もします。特に肉料理に関してはガッツリいきたい方には例えばロード・レーウの方が向いているようにも思えます。若い男性にはプッチーニの肉料理は(私がこれまでいただいた範囲に限ってですが)味わいが優しすぎるかも。
 また、小さなお子さん連れの場合でも、(子供さん向けのメニューも用意されてはいますが)メニューの選択肢は限られたものになるように思えます。
 好む方はとっても好むお店ですが、利用する方の年齢や好みなどによりお勧め度は変わってくると思ったりもします。

 私個人は好きなお店なだけに、新しいメニューをいろいろと楽しみ、今後もさらに期待し見守っていきたいと思います。

以下は6月12日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-16 15:41 | ユトレヒト