<   2010年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

マジックバー/ムーンシャワー

a0036952_781670.jpg

今回はハウステンボス・アムステルフェーンのマジックバー/ムーンシャワーのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
アーティストの鼓動を間近で感じるミニシアター。グラス片手に本格エンタテイメントをお楽しみ下さい。スペシャルゲストによる特別講演も開催しています。
【営業時間】19:00~24:00
      ※営業時間等は時期により異なる事があります。
【年齢制限】かつては「18歳未満は入場不可」でしたが、現在は年齢制限はありません。

a0036952_20463752.jpg

ムーンシャワーはこれまでにいろいろと紆余曲折がありました。
近年では、06年冬のゴスペルが終わり、店休していたムーンシャワーが07年のチューリップ祭以降、キャストによるショーイベントは通常行わず、DJが選ぶオールディーズナンバーを聴かせるミュージックバーとしての営業を行い、07年夏は05年、06年とサンバチームで素敵な歌声を聴かせてくれていたリリアンさんとギターのロドリーゴさんのライブが魅せてくれました。60年代70年代の懐かしいオールディーズナンバー。とっても素敵なライブでした。
07年夏のライブが終了した後、再びクローズする話もあったようですが、テナントとして営業を続ける道がとられました。
 その後2年半、様々なライブで楽しませていただきました。
 そして、新生ハウステンボス誕生を契機として、ムーンシャワーは4月下旬頃にエンターテイメントタウン構想の中にあってリニューアルオープンする事となり、3月末でいったんピリオドを打ちました。これまでムーンシャワーで頑張ってこられた方は4月から、カフェ・デ・ハーフェンをリニューアルオープンされました。こちらをご覧ください。

 今年のGWはプリンセス天功さんやあのねのねさんの公演で楽しませてくれました。
 6月からは、ハウステンボス直営となりドリンク類の販売は、ハウステンボスが行い、イベントは5月までのように行うスタイルに変更になっていました。
a0036952_21121114.jpg

a0036952_2101747.jpg

座席は以前のようにゆったりとしたものになり、カクテルなどを楽しみながらライブやショーを楽しめます。

いろいろと行われた中で、私はばんばひろふみさん、星奈々&エンジェルス、あのねのねさん、岸田敏志さん、嘉門達夫さんらそうそうたるメンバーのライブ・ショーを楽しませていただきました。
 そしてエンジェルスのショーも最高でした。
a0036952_21293498.jpg

a0036952_21295384.jpg

a0036952_21301295.jpg

a0036952_2130337.jpg

a0036952_21305234.jpg

a0036952_2131822.jpg

a0036952_2131232.jpg

 ヴィーナス、コーヒールンバ、キッスは目にして、ダンシングクイーン、テネシーワルツといった名曲にあわせての素晴らしい魅惑のショーでした。いつかまた楽しめる日がくるといいのですが。。。

 そのようなムーンシャワーですが、8月からまたリニューアルし、清水国明さんは一歩引き、飲食はハウステンボス直営で、イベントはグランキャフェオーナーの方の流れで行われるような感じで、マジックバーとして営業を続けていました。
出演するマジシャンは日によって異なるようですが、8月5日は福岡中心に活躍されているマジック界の大御所の方が出演されていたようです。素晴らしいマジック・イリュージョンでした。日によってだいぶ差異はあったようですが、その後私が楽しませていただいた時はいずれもなかなかのものでした。
営業時間は19時~24時で、1時間毎に15分ほどのマジックショーがあり、ショーの合間にはテーブルマジックの披露も。マジックグッズの販売も。実演披露もあって、なかなか楽しいものでした。
a0036952_7103167.jpg

 料金システムも(マジックバーとしてのスタート時点とは)当初は下記のようなものでした。
鑑賞無料・テーブルチャージプラン
 大人 通常価格¥2,500 鑑賞無料券持参の方¥1,500(とありましたが、私が10月に利用した際はふつうに¥1,500だったように思います。)
   ワンドリンク・おつまみ付き
     ドリンクは、生ビール、グラスワイン、ウィスキー(ロック・水割り・ハイボール)、焼酎(ロック・水割り)、ジントニック、
           モスコミュール、スクリュードライバー、ファジーネイブル、カシスオレンジ、ウーロン茶、オレンジジュース、
           コカコーラ、ジンジャーエール、ココア、イチゴオレ、カルピス  から選択。
 小学生以下 (鑑賞無料券持参の場合とありましたが、現在は必要ないような感じかと)ノーチャージ、ドリンク飲み放題

鑑賞無料・飲み放題プラン  ¥2,800
  おつまみ付
  時間制限なし
  飲み放題の対象は、生ビール・グラスワイン・ウィスキー(ロック、水割り、ハイボール)・焼酎(ロック、水割り)・ジントニック
    モスコミュール・スクリュードライバー・ファジーネイブル・カシスオレンジ・ウーロン茶・オレンジジュース・コカコーラ・
    ジンジャーエール・ココア・イチゴオレ・カルピスが記載されていました。

 その後いろいろと変遷があり、10月3日・10日現在はマジックショーの鑑賞は無料ですが、鑑賞するためにはテーブルチャージは必要というちょっとわかり難い?システムでした。
a0036952_14351241.jpg

 そして、光の街がスタートした11月後半あたり(私は11月21日に記録)からは入場料500円(小学生以下は無料)で1ドリンクのオーダーが必要なオーダー制となっていました。飲み放題は¥2,200.
 アレキサンダー広場のドリンク屋台あたりでは、無料鑑賞券も入手することが出来ることも。

そして。。。12月26日をもってマジックバーの営業は終了しました;
a0036952_1434694.jpg

昨日11月30日からは、「ノンバーバル・パフォーマンス ギア」の公演がスタートしています。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。動画もあります。
昨日はギアを楽しむつもりでしたが、あいにくの悪天候で。。。いずれご紹介できればと思っています。
この公演は1月23日までで、それ以降ムーンシャワーがどうなるのかは未定のようです。
これまでに数々の素敵なイベントなどで楽しませてくれたムーンシャワー。数あるハウステンボスの飲食店にあっても、かなり思い入れのあるお店だけに、とても気になるところです。

以下のメニューは12月23日・26日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-31 14:48 | ビネンスタッド

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回はこの7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日2月21日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:30(ラストオーダー)
※時期により変更があると思われますので、営業時間一覧・ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
H23.1.11以降は10:00~21:00で、土日は21:30まで

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンしました!

 7月17日~19日はオープニングイベントが行われた事もあって、リニューアルオープンを待ちかねた人々でとても賑わったようです。私も18日・19日に楽しんできました。
a0036952_12283837.jpg

 ニュースタッドからクリスタル橋を渡ってスリラー・ファンタジー・ミュージアムへと向かうと、案内の看板が。
a0036952_12333083.jpg

 左折してすぐに見えてきたのが。。。GMAレストランとその手前の角には九州初上陸となるフジテレビショップが。
a0036952_12355584.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアムはハウステンボスとフジテレビがタッグを組んだ、世界最大級のホラータウンとして誕生したもの。テレビ局と組む事でいろんな楽しみが。。。
a0036952_12401486.jpg

 湾岸署、ちびまる子ちゃん、サザエさん、めざましテレビ、とくダネ!、ペケ×ポン、ヘキサゴン、レッドカーペット、はねるのトびら、ドラゴンボール改やラフ君・ウメちゃんといった人気グッズが沢山♪オリジナルTシャツやプリクラも。
 お土産にとっても喜ばれましたョ。
a0036952_1258236.jpg

 MJ WORLD。マイケル・ジャクソンがとってもお気に入りだったというクリスタルドリームが生まれ変わったもので、マイケル・ジャクソンさんの遺品や未公開映像の上映などがあるとか。その展示スペースは無料で楽しめますが、ラスベガスから来日したマイケル・ジャクソンさんのそっくりさんによるショー(約30分)も800円(とくとくチケット・ファミリエ会員は700円)で楽しめたとか。
現在は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)で、そっくりさんによるライブショー(スーパートリビュートショー)開催時間(所要時間15分)はオフィシャルサイトによると11:00、13:00、15:00、16:00、18:00、19:00の1日6回。
a0036952_1323714.jpg

 当初はMJ WORLDの入り口左手に券売機があり、ゴーストウェディングとメロディ・イン・ザ・ダークのチケットを販売(MJ WORLDやスプーキーホールのチケットはそれぞれの館内で販売)していましたが、現在はそれぞれの館内での販売に変わっています。

 スプーキーホール注:H23年1月16日までで終了しています。新たなアトラクションが登場予定のようです。)は旧アニメワールドで、以前はコムタチン・コムタチンの上映も行われていたところ。ホラータウンと言う事もあって、ゲゲゲの鬼太郎ランドに。
a0036952_13152150.jpg

 時間によっては、ホール前で記念撮影のチャンスも。
a0036952_1317324.jpg

 館内は、上映以外は写真撮影可で、記念撮影のポイントとしても楽しめます。
a0036952_1321452.jpg

 ゲゲゲの鬼太郎の名シーンの再現もされていますが、旧アニメワールドの雰囲気も残っていて懐かしさも。アニメもけっこう楽しめました。アニメは時期により異なるものが上映されているようです。料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
 スプーキーホールの前には占いのフォーチュン チェンバーも。ここは以前のシーボルト出島蘭館のまま楽しめ、その途中に占い師の方がおられるというスタイル。
 ※H23年2月11日より日本の怪談屋敷にリニューアルしています。

a0036952_13254124.jpg

 「ゴースト・ウェディング~カロヨンミュージアム~」。旧カロヨンシンフォニカです。
「中世のオランダ。王女に恋したカロヨン演奏者。二人は結ばれることなく悲しい結末を迎えた。数百年の時を超え、二人の為に幾多の試練を超えて観客が向かった先に待っていたのは、忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??恐怖と爆笑が交互に襲う?謎に包まれた超新感覚のホラーアトラクション!」とありますが、あまりホラー色は強くないような印象でした。ホラーの雰囲気はありますが、よほどの方でなければ、ホラーは苦手って方でも楽しめそうな気がします。「二人の為に幾多の試練を超えて」とあるように、いくつかの試練が用意されています。ある程度の人数まとまって案内されますので、積極的に試練にチャレンジした方がより楽しめそうな気がします。私は19日に2回楽しみましたが、一部の内容(試練)は異なっていました。この部分は時期によっても異なると考えられますので、繰り返し楽しめる?かも。
 それにしても「忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??」という表現は。。。笑ってしまいました。流石にフジテレビが関わったアトラクションですね。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
a0036952_13363814.jpg

 「メロディ・イン・ザ・ダーク~オルヘルハウス」。旧オルゴールファンタジア。
「19世紀オランダ。二人のオルゴール職人による熾烈な闘いがあった・・・どちらのオルゴールの音色が美しいか?  100年を経た現代でも、二人はゴーストとなって決着を付けようと彷徨っている。ホラーハウスの中で、トリックアートやマジックショーが楽しめるバラエティ・エンターテイメント・アトラクション。」
 これも7月に2度か楽しんでみましたが、一部内容が異なっており、それぞれに楽しめました。12月に再度利用した際はオープン当初とは異なる部分もありました。どちらが良いかは・・?
「100年の争い・オルガンの音色の決着は?」という点でも、やや構想・設定を活かしきれていないような気もしないではなく、特にラストは直前でけっこう気分が盛り上がるだけにもう少し。。。ってな気も。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)

 いずれもなかなかに楽しめました。当初予想していたようなホラータウンとはちょっと違いましたが、懸念している人も少なからずおられたと思いますが、ハウステンボスらしさを損なうことのないものになっていると思いますし、7月の印象ではフジテレビが関わるってこんな事なんだと感心する事も。

 広場中央には本日のイベント情報が掲示されています。
9月9日は、下記イルミネーションショーが、18:00~、18:30~、19:00~、19:30~、20:00~、20:30~、21:00~。
 その他、ゴーストパニックが、11:30~、17:00~。これはゴーストのキャラクターイベントのようで、ピクチャーサービス&パフォーマンスといった内容のようです。約10分間で雨天中止。
 また、MJワールドでのマイケルそっくりさんによるスペシャルトリビュートショーは、14:00~、15:00~、18:15~、19:15~、20:15~とありました。
 これらの時間や内容は時期により日により変更があるかと思いますので、利用の際に確認されてください。

a0036952_148672.jpg

 なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 そして、20:00~、20:30~、21:00~(時期・季節により時間は異なると思われます)の3回、約8分間楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーでした。贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。

 アトラクションの内容もオープン当初とは少しずつ変化を加えてあるようですが、スリラー・ファンタジー・ミュージアム(ホラータウン)も冬バージョンとなり、新しい仕掛けが登場しています。
a0036952_23514430.jpg

a0036952_05213.jpg

 ホラータウン入口には門が設置されています。写真はニュースタッド側。
a0036952_2353522.jpg

 ホラータウン内には、記念撮影スポットも。被り物も用意されています。
a0036952_23534794.jpg

 広場中央には冬バージョンで雪だるまが。
a0036952_23563580.jpg

a0036952_23581813.jpg

 裏表で表情が違っています。
a0036952_2356170.jpg

 ちなみに秋はハロウィンバージョンでした。
a0036952_23571359.jpg

 屋根の上に何やら。。。
a0036952_23574939.jpg

 バッドマンでした!他にも。。。
a0036952_2359113.jpg

a0036952_23591738.jpg

 まだこの他にもありますので、是非チェックされてみて下さい。
a0036952_001122.jpg

 こちらはビネンスタッド側の入り口で、こちらにも門が。そして・・・
a0036952_01791.jpg

a0036952_054490.jpg

a0036952_06149.jpg

 クラシックカーが並び、古き良き時代の街並みといった感じで、雰囲気も良く絶好の撮影スポットかと。
a0036952_024866.jpg

 巨大なトリックアートがうまく街並みで活かされていますね。
a0036952_031882.jpg

 運河側にはのぞき穴が。それぞれの穴で内容が違いますので、お試しあれ♪

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。

下記メニューは11月18日・12月2日・9日及び12月30日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-31 00:08 | ホラータウン

ホテルヨーロッパ(ルームサービス・年末年始特別メニュー)

a0036952_149539.jpg

a0036952_1494363.jpg

今回はホテルヨーロッパの年末・年始期間限定ルームサービスメニューです。
改訂版をアップします。
上記は175号室からの眺めです。ヨーロッパの1階のデラックスツインのテラス付きの部屋はお気に入りです。通常利用するのはスタンダードですが、デラックスを利用する時は私はできれば1階のテラス付きの部屋を利用したいと思っています。
テラス付きの部屋にとまったならルームサービスで優雅にティータームや食事といきたいものです。

ルームサービスは24時まで利用可能ですから、夜食など利用価値はいろいろとありそうです。
  ルームサービス営業時間
    朝食 6:30~10:00
    昼食 11:30~15:00
    夕食 17:30~22:00
    深夜 22:00~24:00
  ※ルームサービスの時間が一部変更になっています。

また朝食は朝食券を利用できる(メニューによっては差額支払い)ようです。朝食時にセットではなくアラカルトメニューのみでオーダーする場合も朝食券プラス差額でOKかと。
この扱いに関しては、いずれ変更になる事もあるかもしれませんが、現時点はOKのようです。

現在ホテルヨーロッパの朝食会場は、(一時期とは異なり)デ アドミラル、吉翠亭、(時としてアンカーズラウンジ、レンブラントホール)があり、加えてルームサービスでの朝食。それぞれに魅力があり、いずれを利用するか迷うところですね。希望する朝食会場などがある場合は事前に連絡・リクエストされるとよろしいかと思います。チェックイン時、あるいはその後に変更する事も可能ですが。。

GWその他繁忙期(多客時)は各場内レストランとも行列で、ホテルレストランも含め予約がとれない場合がありますので、事前に予約されていない場合で、ホテルヨーロッパ宿泊(宿泊予約の際、あるいは出発までに予約可能なレストランを予約しておくのも好ましいですが)の場合はルームサービスの利用もお勧めです。一般にルームサービスは高い!とのイメージがあるかと思いますが、デアドミラルのメニューと比較しても、けっして高いものではないと思います。むしろ手間を考えると安いと言えそうな気もします。
現在場内ホテルでルームサービスが利用できるのは、ホテルヨーロッパのみですので、各レストランが満員で行列が出来るような繁忙期に宿泊される場合は、(各ホテル、それぞれに魅力があるのですが)ホテルヨーロッパの利用も(食事対策としても)メリットがあるかと。

ルームサービスでの飲食をホテルヨーロッパ宿泊の大きな楽しみとされている方も少なからずおられるようです。

※クリスマス期間はクリスマス特別メニューで、年末年始は年末年始特別メニューなど、季節による変更の他、時期によってルームサービスメニューが異なる事があります。

また、通常メニューの他、季節メニューが用意されている事があります。
今回記録時には見かけませんでしたが、下記のように、時期によっては何らかの季節メニューが登場するかもしれません。
※以前記録した冬季限定メニュー
・ホテルヨーロッパ 特製ビーフシチューセット     ¥4,300
  「特選黒毛和牛を赤ワインでじっくり煮込みました。ホテルヨーロッパ特製のビーフシチューで体の芯から温まりくださいませ。」
   サラダ、パン、デザート、コーヒー付
   数量限定
【提供時間】15:00~24:00

※09年夏は
 ○期間限定シェフおすすめキッズメニュー     ¥1,890
  ホテル特製ハンバーグ、海老フライとポテトフライ添え、パン、デザート、ジュース
【提供時間】17:00~21:00
  ※小学生以下限定

※07年夏シェフおすすめキッズメニューとシャンパン1/2&オードブル盛り合わせが
・シェフおすすめキッズメニュー          ¥3,150(サービス料別途)
  近郊野菜の冷たいクリームスープ
  ホテル特製ハンバーグ、車海老フライとソーセージ、ポテトに魚介ドリア
  デザート
  ジュース
【提供時間】17:00~22:00
  ※小学生以下限定
  ※1日限定20セット
・シャンパン1/2&オードブル盛り合わせ     ¥6,300(サービス料別途)
  シャンパン1/2(375ml)・・・ピペ・エドシック
  オードブル盛り合わせ・・・日替わりのオードブル4種類盛り合わせ
【提供時間】17:00~24:00
  ※1日限定10セット

※06年夏はキッズメニュー&涼夏メニューがありました。
【期間】 7/21~8/31
キッズメニュー 17:00~21:00
・Aセット(和牛フィレ肉のカットステーキとエビフライなどのセット)  ¥3,675
・Bセット(和牛ハンバーグとエビフライなどのセット)          ¥2,625
おすすめ涼夏メニュー 21:00~24:00
・島原そうめん                            ¥1,050
・冷やし中華                             ¥1,470


以下はH22年12月26日に記録した年末・年始の期間限定ルームサービスメニューです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-29 22:23 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(ドリンクメニューPart1)

a0036952_14312926.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパ吉翠亭のドリンクメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ドリンクメニューに関しては基本的に両店共通ですが、一部メニュー表示が異なります。
ただ、融通が効き、戎座でランチをいただいた際に吉翠亭のドリンクメニューを見せていただきオーダーした事もありますし、逆に吉翠亭でワインをお願いした際に戎座で出されているものをいただいた事もあります。

ホテルヨーロッパの和食処として、日本酒や焼酎などかなり検討され厳選されたものが用意されています。夜だけでなく、昼間からそれらをいただけるのがのんべには嬉しいもの。
美味しいお酒が飲みたい、九州の美味しいお酒が飲みたいって方、昼間から飲みたいって方吉翠亭・戎座(残念ながら戎座は現在ランチは行っていませんが・・)は大注目です。

女性には梅酒もお勧め。ただ梅酒は甘めなので料理にはあわせにくいかも?私は食後にデザートワイン的に楽しんでいます。

以下は12月26日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-29 21:07 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(ドリンクメニューPart2)

a0036952_13534150.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップします。

以下にドリンクメニューに関する続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-29 20:32 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

レンブラントホール(クリスマスファミリーディナーブッフェ)

a0036952_11145340.jpg

今回はハウステンボス、ホテルヨーロッパのレンブラントホールでこのクリスマス期間中(12月23日~25日)3日間限定で開催されたクリスマスファミリーディナーブッフェのご紹介です。
毎シーズン好評をはくしているホテルヨーロッパ「レンブラントホール」でのディナーブッフェが登場。オランダを代表する画家レンブラントにちなんで名づけられたホールで、地元の旬の食材や、フランス産の食材を取り入れたパラエティ豊かなメニューをご用意いたしました。ご家族・気のおけない仲間とご利用ください。
【期間】10年8月13日~15日
【時間】18:00~20:30
【料金】大人(中学生以上) 6,000円
     小学生      3,000円
   幼児(4歳~小学生未満)1,000円
    ※税・サービス料込み、飲み物別
    ※ファミリエ会員は10%割引。(飲み物代は割引対象外)
    ※ファミリエポイント対象
【予約】予約・問い合わせ。ハウステンボスホテルズ 宴会予約係 TEL:0956-27-0545

a0036952_1958343.jpg

 レンブラントホールはホテルヨーロッパの宴会場。過去に食の饗宴などが行われた会場でもあります。素晴らしい雰囲気のこのホールで行なわれるブッフェはハウステンボス・ブッフェの最高峰!料理の内容・質(その時々の価格設定にもより内容等は異なりますが。。)、サービスの質、いずれも申し分なしです。
 豪華な雰囲気の中、洗練されたサービスに素晴らしい内容の料理の数々・・・価格以上の満足感が得られる内容だと思います。
a0036952_1265833.jpg

 ファミリーディナーブッフェが行われるのはGWや夏休み期間、年末・年始といったかなりの人出も予想される時期。そのような場合、問題なのが、食事の際の大混雑。ユトレヒトのレストラン街などかなりの行列、待ち人が出ることが予想されます。
 レストラン街で食事する場合は食事の時間帯を通常よりずらすなどしないとかなり待つことを覚悟する必要があるかもしれません。
 そのような事情からすると、あらかじめお気に入りのレストラン・プランを予約しておく事もお勧めです。ただし、レストランによっては予約対応でないところも多いですし、予約の場合はメニュー等に制約がある場合もあります。
 その意味でレンブラントホールの(ファミリー)ディナーブッフェは予約対応でありお勧めです。
a0036952_17572777.jpg

 ファミリーで、カップルで想い出に残る素敵な食事を楽しまれると宜しいかと。もちろん1人での利用も問題なしです。
 宿泊者以外でも利用できますし、(ファミリーディナーブッフェとなっていますが)ファミリーでなくとも一人でも利用できます。カップルでの利用も素敵でしょう。コースはちょっと緊張する、というような方もブッフェなら気軽に利用できるものと思います。
a0036952_12242162.jpg

 料理に関しては味の好み、食材の好みはひとそれぞれで、私が美味しいと思っても、そうは思わない方もおられるはずで、このブログでご紹介するにあたってもいつも迷うところですが、このレンブラントホールのブッフェに関しては(100人中100人の方に満足していただけるとは限りませんが)、予算的に合えばかなり自信を持ってお勧めできます。ただし、同時期にホテルズの各レストランではそれぞれに魅力的なディナー及びディナーブッフェが行われますが、短期間の開催とあって私もいただいていないところがあり、同時期の比較は出来ない部分もあり、他を好まれる方も少なくないだろうとは思います。オフィシャルサイトの情報に注目され、お好みにあわせて選択されるとよろしいかと。

 料理のラインナップも豊富で、全種類をいただける方は必ずしも多くないと思いますので、いきなり目についたものからお皿にたくさんとられる方もよくお見かけしますが、出来れば最初に全体をみて、よりお好みに合いそうなものからまずは試しに少しずついただいてみられた方がいいような気もします。

 お勧めの企画です。今回のディナーブッフェは12月23日からの3日間のみの開催で、既に終了しましたが、これからも開催される事があるかと思いますので、ご参考までにご紹介させていただきます。

 今後の開催日情報にご注目!対象日にハウステンボスを訪れる方、ご利用の検討をお勧めします。

レンブラントホールでのブッフェレポ
にょろさんのレポ(07年クリスマス)
にょろさんのレポ(07年夏)
にょろさんのレポ(06年クリスマス)
マーチさんのレポ(06年夏)

a0036952_0422072.jpg

以下に10年12月23日に利用した際の料理等の内容を記します。ご参考までに。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-27 22:07 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

オークラウンジ

a0036952_0341751.jpg

a0036952_439258.jpg

今回はホテルアムステルダムのラウンジ、オークラウンジの御紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日12月29日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
星空、酒、そして人との語らい。ひととき夢の世界の旅人となる。

オーク材の書棚が据え付けられたこのラウンジは、まるで友人の家の居間に招かれたような暖かい落ち着いた雰囲気。ソファーに身をゆだねながらグラスを傾けるひとときは、都会では味わえない贅沢でゆたかな時間が流れていきます。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内
【営業時間】14:00~23:30
     ※14:00~17:00 ロビーラウンジ喫茶営業
     ※17:00~23:30 バーラウンジ営業

ハウステンボスの場内ホテル(ホテルヨーロッパ、デンハーグ、アムステルダム)にはそれぞれに個性的なラウンジがあり、それぞれに魅力的でした。デンハーグが休館となり、お気に入りのティークリッパーもクローズ中。。。
そして、アムステルダムにあって、隠れ家的な存在で密かな?お気に入りだったオークラウンジ。
オークラウンジはホテルアムステルダムのメインダイニング アクールヴェールのリニューアル工事に伴い、その隣にアクールヴェールカフェがオープンするのに伴い、08年11月14日をもって営業を終了する事に。
その後、宿泊者用の休憩スペースとして活用されていましたが、10年1月9日より3月末までワインバーとして期間限定で営業していました。
4月に入り再びクローズとなりましたが、嬉しい事に7月頃から?営業を再開しています。

 オークラウンジの位置は初めての方にはわかりにくいように思います。ホテルアムステルダムの1階にあり、正面玄関から行くのと裏手(海側小道の方)から行くルートがあります。
a0036952_011752.jpg

a0036952_2119216.jpg

ホテルアムステルダムに入ったロビーの正面突き当たりにエレベーターがありますが、その左手に位置しています。
a0036952_21181446.jpg

 上の写真(10年9月撮影)のラウンジ入り口左手にカウンター(客席はありません)があり、(右手にはレジがありました)そこから直接見えない位置にも席があり、スタッフの方の視線をあまり意識することなく過ごす事ができます。疲れている時であるとか、静かに落ち着いたひと時を過ごしたい時などとても良いような気がしています。
a0036952_0183019.jpg

 仲間と語り合いながら、一人お気に入りの本を片手に過ごしたり。。。
 上の写真はかつてオークラウンジが営業していた時期の写真です。
 ソファの配置等は時折変わっています。
 以下は10年1月10日・11日に撮影したもの。
a0036952_14121174.jpg

a0036952_14123011.jpg

a0036952_035622.jpg

 ちなみにこの記事のトップの写真は10年2月28日に撮影したもので、次の写真は7月18日に撮影したもの。 入口あたりにも席が設けてあります。
a0036952_2228789.jpg

 かつてあったレジはこの日はなく、テーブルチェック若しくはカウンターでの支払いになっています。
 そして、次の写真はこの9月に撮影したもの。
a0036952_2120739.jpg
 
 よりゆったりした配置になっています。現在は昼間も14時から営業してくれており、ゆったりとした午後を過ごすのに、もっとも適した空間の1つだと思っています。
a0036952_004946.jpg

a0036952_012166.jpg

 ナイトタイムもなかなか。メニューも以前よりも充実し、ワイン、カクテルなどのアルコールの他、紅茶等の用意もあり、グラスを傾ける方も、お酒を飲まない方にも楽しめる空間になっているように思います。
フードメニューも、クロックムッシュ(ハム、チーズ等を挟んだホットサンド)など私の好みのものもあり、軽食(私はハウステンボスでは昼をしっかりいただいて、夜は軽めにいただく事も多いのです)としての利用も良さそうです。

a0036952_23174553.jpg

 「オークラウンジ」はあまりラウンジらしくないラウンジで、隠れ家的なスポットと言えるのではないでしょうか。
a0036952_23182734.jpg

 昼下がりにゆったりと寛ぐのにも良いですし、夕刻に暮れなずんでゆく窓外の情景をのんびり眺めながら過ごすのも大好きです。
a0036952_2319424.jpg

a0036952_23193063.jpg

かつてヴィノテークで味わった時間が(まったく同じとはいきませんが)ここにあります。

 一日の締めをここで過ごすのも良いですが、人出の多い週末などは満席の時も。


 日によって時間や奏者は変わってくるかとも思いますが、ロビーコンサートも行われています。
9月5日・20日・23日に表示(ロビーに表示がありますので、興味のある方はご確認下さい)されていたのは。。。
a0036952_2120586.jpg

   19:30~
   20:10~
   20:40~
   21:20~
   22:00~
10月11日、11月3日も同様でした。

 コンサート時間が変更になったり、休演日(全て休演になるわけではないようですが)もありますので、ロビーにてご確認下さい。
a0036952_21212849.jpg

a0036952_21265417.jpg

 オークラウンジの人気はアップしてきているようで、日によって時間によっては満席の事も少なくなくなってきているようです。その場合、ロビーでもドリンク等をいただけるようになっています。

a0036952_20413484.jpg

 昼下がりのひと時に、食前・食後に、イベントの待ち時間に、一日の終わりに素敵な書斎のような「オークラウンジ」でグラスを傾けてみませんか。

以下は12月16日夜に利用した際の記録を基に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-21 23:37 | ビネンスタッド

ア クールヴェールカフェ

a0036952_83747100.jpg

今回は08年11月21日にオープンしたホテルアムステルダムのカフェ、アクールヴェールカフェの(デイタイム&ナイトタイム)メニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内1階
【営業時間】11:00~21:00
   ※3月1日以降ラストオーダーは21:00となっています。
   ※繁忙期はアクールヴェールの一部としての営業となることがあるようです。
【その他】車椅子利用可

 アクールヴェールのリニューアルに伴い、隣接してアクールヴェールカフェがオープンしました。
a0036952_21362282.jpg

 写真左端の一画がアクールヴェールカフェで、それに続く右側はアクールヴェールです。
 入口がわかり難いとの声もありますので、ご注意。
a0036952_21352151.jpg

 替わりにオープンしたアクールヴェールカフェは旧ヴォワリエ部分にオープンしたもので、街角のカフェといった雰囲気でなかなかです。
a0036952_2152214.jpg

 カフェの入り口はアクールヴェールとの境目、通りに向けて設けてあります。
a0036952_21461347.jpg

a0036952_2144322.jpg

 アクールヴェールに隣接するカフェですが、朝は両者の間の可動式の隔壁を開けアクールヴェールの朝食ブッフェの会場としても利用できるようになっています。
 その為内装は雰囲気的にも違和感のないものになっています。
 繁忙期はランチタイムやディナータイムはアクールヴェールの一部として営業し、アクールヴェール・カフェとしての営業はオヤスミの事があります。
a0036952_2139449.jpg

 窓の外にはビネンスタッドの街並みが広がります。ちょうど私が利用した時はスタッドハウスの花時計前で花嫁さんが記念撮影していたり、街の情景を愛でながらのティータイムは素敵なものでした。
a0036952_841533.jpg

 黄昏時に暮れなずむ街並みを眺めながらのひとときも心落ち着く時間。
a0036952_2334835.jpg

 ホテルヨーロッパの静かな内海に臨むアンカーズラウンジ、大村湾の眺めが素敵なティークリッパー(残念ながら現在は店休中。再開の日を楽しみにしております。)、そして街角のカフェとそれぞれに個性あるホテルラウンジが揃っています。
 昨年7月にオープンしたカフェデリ プリュもホテルズによるもの。加えて現在はオークラウンジも営業再開しています。あなたのお好みはいかがでしょう。

 フードメニューにおいては、ステーキバーガーはその質・存在感から佐世保バーガーを超えるバーガーだと私個人は思っており、ハウステンボスを代表するメニューの1つとも言っていいかとも。
 ケーキセットもホテルズのケーキでアンカーズラウンジと共通したものが提供されており、人気です。

以下は12月16日に記録してきたメニューです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-21 21:08 | ビネンスタッド

イタリアンレストラン/プッチーニ(ディナータイムPart1)

a0036952_2337199.jpg

今回はイタリアンレストラン・プッチーニのディナータイムメニューです。
改定版をアップします。最新更新日11年1月10日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎を舞台にした有名な歌劇『蝶々夫人』。その作曲者、イタリア人のプッチーニの名を冠している当店は、アンティパストからコースまで本格的なイタリアンが楽しめます。イタリアで修行を積んだシェフの腕前は折り紙付き。ローマの廃墟をイメージした店内で本場の味をご堪能ください。
【場所】ユトレヒト・ワールドレストラン街1階
    席数56席
【営業時間】11:00~21:00(ラストオーダー)
    ※15:00~17:00中間クローズ
    ※営業時間・店休日は時期により異なりますので営業時間一覧等でご確認下さい。
【予約】予約対応。詳細はHPで。
    ※「予約は4,500円のロッシーニコースより」とあります。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗
     とくとくチケット特典対象店舗。食事利用で、コーヒー又はソフトドリンクサービス

ハウステンボスのレストランはホテルズのレストラン、場内レストラン(ユトレヒトやスパーケンブルグのレストラン)、企業館のレストラン(ニュースタッドのレストラン)及びテナントに分類する事ができるかと思いますが、プッチーニは場内レストランを代表するレストランの1つです。
a0036952_20285010.jpg

ハウステンボスの顔となるべきレストラン、プッチーニ。いろいろと紆余曲折があり、ややメニュー的に低迷(?)の時期もあったように思いますが、その後改善が図られてきました。そして、今回・・・7月17日からのハウステンボスリニューアル第2弾にあわせて、メニューの充実が図られています。
a0036952_19231964.jpg

 ローマの廃墟をイメージした(廃墟というには整った洒落た感じだと思いますが)というお店の雰囲気も良く、サービススタッフの方たちの頑張りを感じる、好感の持てるレストランで、好みは人それぞれでしょうが、お勧めのレストランの1つです。
a0036952_23375914.jpg

 ただし(現在提供されているコース料理などいただいていないものがいろいろとありますので、あくまでもこれまで私がいただいてきた近年のものの印象によってですが)、当然のことながら好みによってかなり評価は分かれそうな気もします。特に肉料理に関してはガッツリいきたい方には例えばロード・レーウの方が向いているようにも思えます。若い男性にはプッチーニの肉料理は(私がこれまでいただいた範囲に限ってですが)味わいが優しすぎるかも。
 また、小さなお子さん連れの場合でも、(子供さん向けのメニューも用意されてはいますが)メニューの選択肢は限られたものになるように思えます。
 好む方はとっても好むお店ですが、利用する方の年齢や好みなどによりお勧め度は変わってくると思ったりもします。

 私個人は好きなお店なだけに、新しいメニューをいろいろと楽しみ、今後もさらに期待し見守っていきたいと思います。

以下は12月16日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-20 22:47 | ユトレヒト

イタリアンレストラン/プッチーニ(ディナータイムPart2)

a0036952_23122114.jpg

字数制限のため2つに分けてアップしています。最新更新日11年1月10日

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-20 22:15 | ユトレヒト