<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

花の家(ランチタイム)

a0036952_720862.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区の花の家のお昼(11:00~14:00)のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
  広い座敷もあり、大人数での宴会や、友人同士での小規模な会食まで、広い目的に応じて利用できます。
  御料理もうどんやそば、丼からお膳、鍋までそろっており、お子様からお年寄りまで幅広く三世代で楽しめるメニューを取り揃えております。
  四季を彩る御料理とあたたかいおもてなし、くつろぎのひとときをどうぞ。
【場所】スパーケンブルグ
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】11:30~21:30(ラストオーダー)
    ※火曜日店休
    ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。Edy対象店舗

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発をきりました。
新店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。

a0036952_720546.jpg

 季節感あるメニューが真藍の楽しみでもありました。花の家でもこのところ季節メニューが楽しませてくれており、今後も季節感のあるメニューを提供していって欲しいと思います。

a0036952_7215211.jpg

 感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。
 ホテルヨーロッパに日本料理店がオープンし、予算や用途などによって使い分けることができるようになっています。
 ただし、現在おもやいがクローズ状態で夜は按針もクローズとあって、一時期に比べると和食の選択肢が狭められてしまっています。手頃な価格で和食をとなると中の茶屋、花の家か、悟空のちゃんぽん・皿うどん(ちゃんぽん・皿うどんは長崎っ子にとってはかなり身近な料理で中華というより感覚的には和食の範疇に入ってくるような・・)になるかと。

 お昼のメニューは¥1,050~¥1,890と利用しやすい価格設定になっているかと思います。
 ネットで見ていると、良くも悪くもファミレス的な感じで評価は分かれるようです。私個人が利用した範囲では、お寿司は正直もう一歩と感じましたが、昨年5月14日に利用した際は以前よりも良くなっている印象を受けました。その他おおむね良い感じで、かなりお気に入りの私的お勧めメニューもあったりします。当たり前の事ですが、好みにあったメニュー選択がポイントですね。
 また、ファミレス的な感じと言う事もあって、小さなお子さん連れでも気軽に利用できるお店の1つだと思います。子供用のメニューが用意されているだけでなく、取り分け用の皿や子供用スプーン、フォーク、子供用の簡易エプロンまで用意されているようですので、必要に応じお願いしてみると宜しいかと思います。

a0036952_7203779.jpg

 かねてより立地の良さもあって待ち時間もけっこうあったお店ですから、客席が増えた事によって状況の改善が図られていますが、それでも、多客時など30分以上の待ち時間を要する事があるようですので、混雑すると予想される日は時間をずらして利用するとか工夫が必要だと思われます。

 営業時間において中間クローズがないのも利用しやすくて好ましいポイントです。ただし、時間帯によって提供されるメニューが異なりますので注意が必要です。
花の家は時間帯によって4つのメニューが存在するようです。名称は「甘味タイム」以外は私が勝手につけたものですが、
①開店~14時まで  ランチタイムメニュー
  ※15時までだったことも。時期により変動があるかもしれません。
②14時~17時まで  甘味タイム
③17時~21時まで ディナータイム
④21時~閉店まで ナイトタイム(居酒屋タイム)

この①のランチタイムが、今回ご紹介するものです。
 ※にょろさんのレポ

以下は3月25日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-28 17:48 | スパーケンブルグ

日本料理/吉翠亭(夜Part1)

a0036952_2143457.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパに07年10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭の夜のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びをし出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00
      昼:11:30~14:00
      夜:17:30~21:00
【予約】できれば予約されておかれた方がよろしいかと思います。もちろん予約なしでも空きがあれば問題ありません。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。私にとってももっとも寛いで楽しめるお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。
オフィシャルサイトで松元料理長の紹介がなされていますので、こちらをご覧ください。

夜は2時間半(時にのんべしながら3時間以上・・)ほどかけて楽しませていただいています。
お昼は、およそ1時間半~2時間以上。。。
お酒をあまり飲まない方だともっと時間はかからないでしょう。
戎座も良いですが、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあるようで、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。

コースもなかなか魅力ですし、単品料理(昼・夜共通)も充実(ちらし寿司他お勧めのものが。。)していますので、そちらでの利用もお勧めです。
いずれも旬の食材を用いた季節感豊かな料理が提供されています。ハウステンボスで最もスタッフの方々の対応も気持ちよく、現在私にとって最も気持ちよく食事させていただけるお店の1つです。
エリタージュが実質クローズし、エクセルシオールもディナータイムの営業をしていない現在、ここぞという時に私が利用する一番手のお店(ご一緒していただく方によっては戎座を選択する事も)になっています。
ラストオーダーが21時とハウステンボス場内では遅めの時間設定になっていますので、夜食的な利用もできそうです。

下記は3月21日の記録及びオフィシャルサイトの記載を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-22 19:37 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(夜Part2)

a0036952_2183736.jpg

字数制限にかかりましたので、3つに分けてアップしています。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-22 17:32 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(夜Part3)

a0036952_2183736.jpg

字数制限にかかりましたので、3つに分けてアップしています。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-22 17:26 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

オークラウンジ(ワインバー)

a0036952_0341751.jpg

a0036952_439258.jpg

今回はホテルアムステルダムのラウンジ、オークラウンジが期間限定でワインバーとして復活営業を始めましたので、そのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
※3月一杯で当初予定の期間満了し、ワインバーとしての営業を終了しています。
星空、酒、そして人との語らい。ひととき夢の世界の旅人となる。

オーク材の書棚が据え付けられたこのラウンジは、まるで友人の家の居間に招かれたような暖かい落ち着いた雰囲気。ソファーに身をゆだねながらワイングラスを傾けるひとときは、都会では味わえない贅沢でゆたかな時間が流れていきます。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内
    * 席数:28席(この席数は以前のもので、現在は若干の変更があるかと。20数席程だったでしょうか。)
【営業期間】1月9日~3月31日
【営業時間】18:00~23:00

隠れ家的な存在で密かな?お気に入りだったオークラウンジ。個人的にとても嬉しい復活営業。ワインバーとして3月31日までの期間限定営業。多くの方に利用していただき、4月以降も営業していただけると嬉しいのですが。。。
a0036952_1411193.jpg

  ※アムステルダムロビーの花(1月)
a0036952_21595010.jpg

  ※アムステルダムロビーの花(2月)
 オークラウンジの位置は初めての方にはわかりにくいように思います。ホテルアムステルダムの1階にあり、正面玄関から行くのと裏手(海側小道の方)から行くルートがあります。写真はロビーのお花。
a0036952_2202726.jpg

a0036952_011752.jpg

ホテルアムステルダムに入ったロビーの正面突き当たりにエレベーターがありますが、その左手に位置しています。
a0036952_154244.jpg

 「オークラウンジ」はあまりラウンジらしくないラウンジで、隠れ家的なスポットと言えるのではないでしょうか。
 ハウステンボスホテルズにはアンカーズラウンジ、ティークリッパー(現在休業中なのがとっても残念)、アクールヴェールカフェという素敵なラウンジがあり人気ですが、オークラウンジはまた異なる味わいがあります。
a0036952_23572416.jpg

 上の写真のラウンジ入り口左手にカウンター(客席はありません)があり、右手がレジ。そこから直接見えない位置に席があり、スタッフの方の視線をあまり意識することなく過ごす事ができます。疲れている時であるとか、静かに落ち着いたひと時を過ごしたい時などとても良いような気がしています。
a0036952_0183019.jpg

 仲間と語り合いながら、一人お気に入りの本を片手に過ごしたり。。。
 上記の写真はロビーの花以外はかつてオークラウンジが営業していた時期の写真です。以下に1月10日・11日に撮影したものをアップしてみます。
a0036952_14112819.jpg

a0036952_14121174.jpg

a0036952_14123011.jpg

a0036952_035622.jpg

 基本的に(席の配置は若干変わっていますが)内装に変更はなく、以前同様落ち着いた空間です。
a0036952_20413484.jpg

食前・食後に、花火の待ち時間に、一日の終わりに素敵な書斎のような「オークラウンジ」でワイングラスを傾けてみませんか。


以下は3月21日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-22 12:52 | ビネンスタッド

ユトレヒトテラス(JTBデイズ)

a0036952_10492239.jpg

a0036952_445726.jpg

今回はユトレヒトテラスです。
今年もこの3連休、臨時に営業再開していますので、改訂版をアップします。
【場  所】ユトレヒト地区ユトレヒトテラス
【営業日】3月20日~22日営業
【営業時間】11:00~18:00(ラストオーダー)
    ※雨天・荒天時店休する場合があります。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

a0036952_22474817.jpg

繁忙期に臨時営業するユトレヒトテラスがこの3連休も期間限定でオープンしています。
a0036952_14473820.jpg

3月20日から22日の3日間は毎年この時期に企画される「JTBお客様感謝デイズ」として、多数のお客さんで場内が賑わいます。
とてもありがたい事で、JTBデイズに加えチューリップ祭の最盛期とあって、かなりの賑わいでした。
当然の如くレストランには食事時にはかなりの列が。せっかくの滞在時間の少なくない時間を列をなして費やしてしまうのはなんとも惜しい気も。
そのような混雑を少しでも解消し、食事を提供すべくユトレヒトテラスが臨時営業しています。
a0036952_10495041.jpg

場内はチューリップが素敵に咲き誇っています。
キンデルダイクのチューリップ畑やパレスハウステンボスも大賑わい。
家族やグループで、あるいは一人でゆったりと散策するのにとても良い時期。
それだけに、レストランに並んで必要以上に多くの時間を費やしてしまわないように考えておかれた方が宜しいかと。
21日のお昼、いわゆる食事時には場内のレストランはいずれもかなりの列が出来ていました。
今年に入り営業する姿を見かけないナッシュマルクト。この3連休は登場するかとも思っていましたが、残念ながら私が見た範囲では営業していないようで。。戎座もお昼はオヤスミしたままのよう。例年以上に食事には一考を要するようです。
列に並ぶのも良いかもしれませんが、予約できるお店に予約を入れたり、時間をずらしたり工夫が望ましいかと。
このユトレヒトテラスの利用も選択肢の1つでしょう。
こちらもかなりの列が出来ていましたが、レストランでの列に比べると回転が早く、待ち時間は割りに少ない(といってもバールによっては50分待ちといった声も)でしょう。ただ、席の確保は時間によっては難しい可能性がありますので、利用時間帯は考えられた方がいいかもしれませんね。
a0036952_10501254.jpg

a0036952_10504556.jpg

21日はシェヘラザードも昼間喫茶営業していました。シェヘラザードやアンカーズラウンジあたりでサンドウィッチをいただくのもこのような日にはお勧めかも。
a0036952_1051630.jpg

a0036952_10512432.jpg

ホテルヨーロッパのロビーには早くも五月飾りが。
a0036952_1051473.jpg

a0036952_10522775.jpg

a0036952_1053494.jpg

桜もかなり開花が進み、木によっては見事に咲き誇っています。アートガーデン裏手の迎賓館通りは訪れる人も割りに少なく穴場スポットと言えるかも。

a0036952_451681.jpg

下記のメニューは3月21日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-22 10:55 | ユトレヒト

イタリアンレストラン/プッチーニ(ディナータイムPart1)

a0036952_20285010.jpg

a0036952_7152368.jpg

今回はイタリアンレストラン・プッチーニのディナータイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎を舞台にした有名な歌劇『蝶々夫人』。その作曲者、イタリア人のプッチーニの名を冠している当店は、アンティパストからコースまで本格的なイタリアンが楽しめます。イタリアで修行を積んだシェフの腕前は折り紙付き。ローマの廃墟をイメージした店内で本場の味をご堪能ください。
【場所】ユトレヒト・ワールドレストラン街1階
    席数68席
【営業時間】11:00~21:00(ラストオーダー)
    ※15:00~17:00中間クローズ
    ※営業時間・店休日は時期により異なりますのでハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】予約対応。詳細はHPで。
    ※現在は異なっているかもしれませんが、以前問い合わせた際は予約の場合は通常メニューとは異なるコースメニューの予約になるようでした。昼は¥2,500のコースのみ。夜は¥5,000若しくは¥6,000のコースから選択だということでした。
    ※それ以上の金額でコース設定していただく事もできるようです。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗

ハウステンボスのレストランはホテルズのレストラン、場内レストラン(ユトレヒトやスパーケンブルグのレストラン)、企業館のレストラン(ニュースタッドのレストラン)に分類する事ができるかと思いますが、プッチーニは場内レストランを代表するレストランの1つです。
もっとも、現在はホテルズと場内レストランとの垣根が組織改正によりなくなってきた事によりスタッフの方々もシャッフルされるように異動され、これまでとは違った体系になってくるのではないかとも思われます。

ハウステンボスの顔となるべきレストラン、プッチーニ。いろいろと紆余曲折があり、ややメニュー的に低迷(?)の時期もあったように思いますが、現在ディナータイムにおいては2つのコースが用意されており、アラカルトメニューも前菜、魚料理、肉料理とかつてに比べると絞り込まれた感がありますが、ランチタイムに比べると充実したメニューと言え、その内容についてもいろいろと考慮がなされているようです。
a0036952_19231964.jpg

お店の雰囲気も良く、サービススタッフの方たちの頑張りを感じる、好感の持てるレストランで、好みは人それぞれでしょうが、お勧めのレストランの1つです。

 ただし(現在提供されているコース料理などいただいていないものがいろいろとありますので、あくまでもこれまで私がいただいてきた近年のものの印象によってですが)、好みによってかなり評価は分かれそうな気もします。特に肉料理に関してはガッツリいきたい方には例えばロード・レーウの方が向いているようにも思えます。若い男性にはプッチーニの肉料理は(私がこれまでいただいた範囲に限ってですが)味わいが優しすぎるかも。
 また、小さなお子さん連れの場合でも、メニューの選択肢は限られたものになるように思えます。
 名物メニューのフェトチーネ・オリジナーレも食べ手を選ぶメニューのように思います。
 好む方はとっても好むお店ですが、利用する方の年齢や好みなどによりお勧め度は変わってくると思ったりもします。

 好きなお店なだけに、今後にさらに期待し見守っていきたいと思います。

以下は3月7日、14日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-18 21:30 | ユトレヒト

イタリアンレストラン/プッチーニ(ディナータイムPart2)

a0036952_2334698.jpg

字数制限のため2つに分けてアップしています。

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-18 21:24 | ユトレヒト

ワイン専門店/ディオニソス Part1

a0036952_21244310.jpg

今回はハウステンボスの中心部ビネンスタッド地区のショッピング街にあるワイン専門店ディオニソスのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日5月2日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オリジナルワインからヨーロッパ各国のワイン、生ワインをライナップ
 ハウステンボスオリジナルワインを中心にしたワイン専門店。ヴィンテージアイテムも多く取扱い、有機のワイン「生ワイン」も必見。

ソムリエの店長を筆頭にワインの知識が豊富なスタッフがお客様に合ったワインをお選びいたします。
【場所】 ビネンスタッド地区 マルシェ・ド・パラディ内
【営業時間】 10:00~19:00
    ※営業時間は時期により異なります。

a0036952_21255152.jpg

さて、ディオニソスですが、ワインの専門店として、ワインを販売するだけでなく、グラスでワインを(お手頃価格で)楽しむ事が出来るお店ですので少しご紹介させていただきす。

ディオニソスはビネンスタッド地区に08年3月15日にリニューアルオープンしたマルシェ・ド・パラディのカドゥマルシェ(お土産市場。かつてキッズファクトリーがあった建物はジョリマルシェ、食の市場・おいしい市場と名付けられています。)の店舗の1つ。
a0036952_2132441.jpg

いろんなお店が集うマルシェで買い物に勤しむお母様方を待ちながら、マイスターズドリップでコーヒーをいただくのも良いですが、(車でなければ)ここディオニソスでグラスワインをいただくのもお父様方にお勧めです。もちろん、ワイン好きな女性にもお勧め。
ノンアルコールのものも用意されていますので、車の方も、飲めない方も。カウンターで(お店が忙しくない時などはソムリエの方やスタッフの方からいろいろとお話をうかがいながらグラスを傾けるのも楽しみです)立ち飲みするのも良いですし、窓際の席でゆっくりとグラスを傾けるのも。

a0036952_2131066.jpg

グラスワインのメニューは下記のようにその時々でラインナップが異なります。
ソムリエの方が選ばれたワインを手ごろな価格でいただくのは休日の昼のちょっとした贅沢。
グラスでも一部提供されていますが、生ワインがハウステンボスの、ディオニソスの売り。オフィシャルサイトで詳しい案内がありますので、興味のある方は是非こちらをご覧ください。
グラスでいただいたもので、気に入ったものは購入出来るものも。

 ※catruiさんのレポ

おつまみとしてチーズやサラミ、生ハムなどが用意されており単品でも購入できることも。
a0036952_16524954.jpg

昨年8月頃からディオニソスでのチーズ販売がかなり充実したものになっていました。白カビタイプのシャウルス、ヌーシャテル、青カビタイプのロックフォール、フルムダンベール、シェーブルタイプのサントモールといったもの。ラインナップはその時々で変わるかと思いますが、ワインとの相性で選ばれたソムリエ厳選のチーズたちです。
a0036952_16532994.jpg

他にもクラッカー、パテ、ムースなどが販売されていましたので、ワインの購入の際にあわせて購入するとよろしいのでは。

a0036952_15541087.jpg

サンヴァンサン祭期間中やクリスマスの時期、年末・年始は下記のように素晴らしい企画も行われていました。
3月の3連休やGWも年末・年始同様、ハウステンボスの生まれ年のスペシャルなワインがグラスで提供されています。
1杯¥5,000はいいお値段ですが、これだけのワインをグラスでいただける機会は通常ないですし、ボトルでの価格を考えると¥5,000はかなりお得でした。

正月に登場する福袋は、値段設定も様々なものが用意され、中にはハウステンボスで最も豪華な福袋も。
キュベ・ハウステンボス・ルージュとブランのセットが¥3,000とリーズナブルなものが用意されていた一方で、オーパスワンとドンペリの組み合わせで¥50,000の福袋(他の組み合わせのものも)、シャトー・ラトゥールとドンペリ・エノテークの組み合わせで¥100,000(その他の組み合わせで4種ほど)。そして5大シャトー揃い踏みの福袋が25万!ワイン党なら垂涎ものだったのでは。


以下に今まで私が記録してきたグラスワインのラインナップをご紹介します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-18 19:07 | ビネンスタッド

日本料理/吉翠亭(昼Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパの和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
  ※09年6月に入り朝食が6:30~10:00が7:00~10:00へ変更になっています。
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
a0036952_7222366.jpg

和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もとてもよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

お昼は、私の場合およそ1時間~1時間半。夜は2時間~3時間(時間掛け過ぎですが;;)ほどかけて、お酒を楽しみながらゆっくりと美味しいひとときを楽しみます。
戎座も良いですが、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューは提示されない事もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。
昼に利用される際は各種御膳がお勧めですが、単品でいただくのも良いものです。特にリゾート気分を味わおうと昼間からのんべする際にはいろいろとお酒にあわせて好みで選ぶのも楽しいものです。
ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)他お勧めです。

 ※daydreamerさんの(ランチで単品)レポ

現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、吉翠亭のランチタイムメニューでは下記祝祭御膳とレディース御膳が対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトからご覧下さい。


下記は3月14日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-03-18 07:40 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ