<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

チャイニーズキッチン/メイファン

a0036952_2254840.jpg

今回はハウステンボス・ユトレヒト地区、ラオリー後に09年7月25日にオープンしたチャイニーズキッチン「メイファン」のご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
 四川風担々麺と麻婆豆腐のお店がオープン。一押しは料理長特選の黒胡麻入り担々麺で、その他にも麻婆豆腐や中華スイーツをお気軽に楽しめます。この夏は暑くて辛い坦々麺を食べて体の中からリフレッシュしましょう。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街1階
【営業時間】11:00~20:00
     ※店休日 毎週木曜日  1月は8日・15日・22日・29日店休となっています。
     ※営業時間、店休日は時期により異なる事がありますのでご注意。

 かつてのラオリーが長崎市内で展開する老李グループによるテナント営業だったのに対し、メイファンはハウステンボスホテルズによるお店。ホテルズによる中華という事で、いろんな構想があったようです。それが紆余曲折を経て形になってあらわれたのがメイファン。
 メニュー表示を見る限り、料理メニューはけっこう絞り込まれたものになっている印象と、噂に聞いていた(構想段階)よりも価格が抑えてあるように思います。利用しやすい価格設定でしょう。
 ホテルクオリティーの料理ですから味は(好みは人それぞれでしょうし、ラオリーの方が好みな方もおられるかと思いますが)折り紙つきかと。
a0036952_554487.jpg

 店内はラオリー時代のまま。違いは返却口の表示くらいでしょうか。

以下は1月11日・24日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-31 09:16 | ユトレヒト

チャンポン/悟空

a0036952_1614283.jpg

今回は悟空です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
全国的に有名な長崎名物といえば、やはり「ちゃんぽん」。ハウステンボスでも本場の味が楽しめます。
 自慢のスープはあっさり味に仕上げており、最後までおいしくいただけます。新鮮な野菜をふんだんに使用し、ボリュームも栄養価も満点です!
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街1階
    席数:78席
【営業時間】11:00~18:00(ラストオーダー)
    ※1月8日・9日・10日・15日・16日・22日・23日・29日・30日は19:00ラストオーダー。
    ※毎週水曜日店休
    ※営業時間及び店休日はハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】対応なし
【その他】車椅子利用可

a0036952_163980.jpg

 やはり長崎という事もあり、他県からお出でになられた方の中にはちゃんぽんを食べたいというご希望の方が少なくありません。悟空のちゃんぽんは長崎市内の有名店にもひけを取らない味だと思います。ただ、上記のようにあっさり目の味ですから、こってりしたものでないとという方には、ものたりなく感じられる場合もあるようです。このあたり好みの問題ですね。
以前はサイトで「悟空のスープは雌鶏と野菜を7時間かけて煮込んだ特別製。旨みだけを取り出した」と紹介されていましたが、さっぱりめの味わいでありながら旨みとコクがあり、素材が活かされている感じで私は好きな味です。ただし、私がいただいた時と現在では(中華街のお店でも良くある事ですが)味に変化があるかも?しれませんが。。

a0036952_2255647.jpg

入り口にメニュー表示が、店に入ると左手にショーウィンドウがあり、カウンターにもメニューが。これらをみて先に食券を求める方式です。

場内レストランの殆どのお店と同様、ミールクーポンの使用が可能なお店で、修学旅行生が訪れる日には、修学旅行生用のお得なセットメニューが用意されているのを見かける事があります。

senriさんのレポ

以下は1月24日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-28 21:26 | ユトレヒト

アクティビティラウンジ

a0036952_6594866.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区アクティビティセンター内にあるアクティビティ・ラウンジのご紹介です。
改定版をアップします。営業時間に変更がありますので、ご注意下さい。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
a0036952_22432035.jpg

7月1日にスパーケンブルグ地区ハーバーカフェテリア跡にアクティビティーセンターがオープンしました。
当初は夏の期間限定のような形でしたが、秋もそしてこの冬も素敵な楽しみを提供してくれます。
人気のセグウェイ、マリンレジャーなど、体験アクティビティをご紹介。是非お立ち寄り下さい。
【場所】スパーケンブルグ地区
【営業時間】10:00~22:00
   ※当初は上記のようになっていましたが、昨年冬からは昼過ぎ13時頃からの営業となっていました。H20年1月現在は9:30~18:00のようです。ただしラウンジは下記のように21:30(ラストオーダー)のようです。
   ※ラウンジ営業時間もオフィシャルサイトには
      平日 15:00~21:30
      週末 15:00~22:30
    とありますが、ハウステンボス全体が冬時間での営業となっているH20年1月現在はアクティビティラウンジの営業時間は14:00~21:30(ラストオーダー)となっているようです。中間クローズ16:00~17:00
   時期により営業時間の変更があるようですので、ご注意下さい。チューリップ祭りの頃にはまた変更があるかも。
【予約】アクティビティプログラムに関しては予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0131(9:00~18:00)
   ※Web予約も。

 場内ホテル及びハウステンボスジェイアール全日空ホテル、ホテル日航ハウステンボス宿泊者には好評のアクティビティパスは1月12日以降しばらくお休みになっています。

これはサロンクルーザーのネレイドがメインテナンス中だったり、ナイトカヌーが2月末頃までオヤスミ(ただし実施される可能性もあるかも )する事により利用できるプログラムが時期的に減少し、お得感が少なくなってしまう為のようで、チューリップ祭の頃には再度登場する予定のようです。その際には新たな企画も考えておられるようで、楽しみです。

 アクティビティパスはオヤスミですが、各種アクティビティプログラムは用意されていますので、ご注目。
a0036952_22464945.jpg

 アクティビティセンター内に予約状況を一覧できるボードがありますので、ご参考に。
a0036952_1852414.jpg

a0036952_71175.jpg

 受付カウンターの真向かいにはグッズの販売も。その横にラウンジの入り口が。
 ここはかつてポルチッタ・ピノキオとして営業し、ハーバーカフェテリアになってからは繁忙期に活用されていたスペースを活かしリニューアルしたもの。
 当初はアクティビティーセンター・ナイトラウンジとして営業が始まったのが、9月からは昼間も営業するようになりアクティビティ・ラウンジ&カフェ・バーとして継続されています。
アクティビティラウンジ Cafe&Bar ライブラリー
 昼はライブラリー&カフェとして、夜はライブラリー&バーとしてお気軽にお立ち寄りください。
 1,000冊の本(雑誌・絵本・情報誌)、おもちゃをご用意しました。ゆったりとくつろげるソファーでのんびりとお過ごし下さい。
 カジュアルなBarで、アルコール片手に今日の思い出や明日の計画などをみんなでおしゃべり。
 ※秋には花火&月見が見えるテラス席も。現在は2階テラス席の営業に加え、1階テラス席においてオイスターバーベキューの提供が下記のように行われています。
【開放時間】9月からは10:00~21:30(ラストオーダー) 中間クローズ17:00~18:00
  でしたが、上記のようにアクティビティセンター自体のオープンが13時頃からとなりこのラウンジの利用時間もそれ以降になっています。Cafe&Barとしての営業は現在16時からとなっています。ラストはオフィシャルサイトによると平日21:30、週末22:30のようです。
  ※ハウステンボス全体が冬時間での営業となっている現在はアクティビティラウンジの営業時間は14:00~21:30(ラストオーダー)となっているようです。中間クローズ16:00~17:00

 昨年夏もこのラウンジはラウンジ内のドリンクカウンターを必ずしも利用しなくても使っていいようになっていましたが、9月からはドリンクカウンターが営業していない時間も無料開放し、休憩等に利用できるようになっています。ドリンクカウンターが営業するのは現在は上記のように14時から。
 ラウンジ内は無料開放となっており、ビール・カクテル等(下記メニューご覧ください)はラウンジ内のドリンクカウンターで購入し、ソフトドリンクなどは館内ショップ・自販機で購入しラウンジへ持ち込む事も出来るようです。
a0036952_723151.jpg

 ドリンクカウンターはセルフサービスになっており、注文・支払・受取を行い、気に行った席へ。ちなみにファミリエポイントの対象店舗でもあります。
 牡蠣焼きの受付もアクティビティラウンジ内のカウンターとなっています。
a0036952_0111937.jpg
 
中央にスクリーンがあり、アクティビティーセンターのプログラム、セグウェイやナイトカヌー、シーカヤック、サロンクルーザー、ヨットに加えRINなどの紹介VTRが流れています。
a0036952_0205080.jpg

椅子も居心地が良く。。。妙に馴染んだ感じは、デンハーグ!
「ゆったりとおくつろぎいただけるソファーをご用意」とありましたが、デンハーグで使われていたソファーがここで活躍してました。
とても居心地がよく、寛げる空間。
もうしばらくここでデンハーグの余韻を楽しめそうです。
a0036952_16472836.jpg

 その後カウンター席(普通のカウンターとは異なるのは、この方が居心地がいいとの声に応えてのこととか)が出来たり、いろいろと工夫しながらリニューアル・マイナーチェンジが繰り返されているようです。デンハーグ以外からも椅子等が活用されているようにも。

a0036952_1838285.jpg

a0036952_5215331.jpg

ゲームや絵本も用意されており、子供たちも、雨の日でもゆったりと寛ぎながら楽しく過ごせそうです。
a0036952_16482552.jpg

飛び出す絵本も楽しいもの。
a0036952_18361193.jpg

 そして個人的に嬉しかったのが図書の充実♪HTB図書などを集め、トータルで1,000冊もの本が用意されていたのです。
a0036952_18365569.jpg

 人気の昆虫写真家栗林氏の写真集も楽しいのですが、個人的にとっても嬉しいのはハウステンボスに関しての書籍類の充実♪
a0036952_18373442.jpg

「ハウステンボス物語 男たちの挑戦」「ハウステンボス・エコシティーへの挑戦」(ともにお勧め♪)といった一般書籍の他、「オランダの至宝 マウリッツハウス王立美術館展」「NEMUNOKI NAIVE ART」といったハウステンボス美術館での図録類や「長崎出島からの旅、ヨーロッパに眠る日本の宝 シーボルトコレクション」などといった美術関連書も。
a0036952_1850374.jpg

エコシティハウステンボスに関しての専門的な情報誌、環境などに関する書籍や、かつて年2回発行されていた「エラスムス」(場内ホテルの室内誌だったビジュアルなハウステンボス情報誌で、エラスムス会に入会して購読する事も出来たもの)も♪
a0036952_18384249.jpg

そしてデイリーハウステンボス、ハウステンボスニュースも!92年3月16日~96年8月31日までのようですが、懐かしくも興味津々♪
a0036952_1839641.jpg

a0036952_18393011.jpg

また、「観光丸」「オランダ村とプリンス・ウィレム」といった書籍も。
a0036952_18395416.jpg


a0036952_733550.jpg

 その後長崎新聞社から100冊の寄贈があり、長崎に関する書籍が増え、より充実した内容になっています。
a0036952_74661.jpg


かねてから私が欲していた、(場内ホテルに宿泊していなくても利用できる)ゆったりと寛げる休憩スペースと、ハウステンボスに関する書籍・資料などを集めた図書室という2つがここにかなり満足できるレベルで実現していた事に驚き、満足しています。
デンハーグを懐かしむ寛ぎのソファーでゆったりとしながら、写真集や画集、そして何よりハウステンボス関連の書籍・資料を紐解きながらのひととき。。。
a0036952_7438100.jpg

ナイトタイムは間接照明で落ち着いた雰囲気になっています。
お金をかけずともいいものをという気概、心意気が伝わってきます。
現在の私のハウステンボスライフにおいては欠かせない存在になっています。


以下は1月1日、11日、17日、24日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-28 20:09 | スパーケンブルグ

カフェデリ プリュPart1

a0036952_721239.jpg

今回は09年7月25日にパティスリーの跡にリブランド・オープンしたカフェ デリ プリュのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
HOTEL EURORE cafe-deli Plus
開業当初より定評のあるホテルヨーロッパの味を気軽に楽しめるお店が、ユトレヒト地区にオープン。
厳選された材料を使用した、こだわりのスイーツ・ベーカリー・デリカテッセンを取り揃えました。店内でお召し上がりいただけるほか、テイクアウトでご自宅でお楽しみいただくこともできます。
【場所】 ユトレヒト地区ワールドレストラン街1階
【営業時間】11:00~17:30
     ※毎週水曜日・木曜日店休。
     ※営業時間、店休日は時期により異なる事がありますので、ご注意。

a0036952_51779.jpg

 オフィシャルサイトのスタッフブログで紹介されているように、この「カフェ デリ プリュ」は、天然酵母のパンのベーカリー、パニーニやオープンサンドなどのデリ、マドレーヌやケーキなどのスイーツの大きく3つに分けたメニューを楽しむことができます。それぞれ専門の調理人たちが腕に磨きをかけ自慢のメニューだといいます。店内で食べるのも、(一部を除き)テイクアウトもOK。テイクアウトして店外のテラス席でいただく事も出来ます。

 とても使い勝手の良いお店です。軽食として利用するのも、カフェとして利用するのも、テイクアウトしたものを場内のお気に入りの場所(といってもそれなりの場所を選ぶ配慮は必要と思いますが)でいただくのも、レストラン難民対策として利用するのも、翌日の朝食用にテイクアウトしたり、家庭に持ち帰っていただくのも。
a0036952_285122.jpg

 加えて、ギフトも充実のラインナップです。焼き菓子は試食もできるようになっています。

 リーズナブルな価格で、楽しめるお店です。セットメニューも登場してますます利用しやすくなっているように思います。

a0036952_502416.jpg

 スタッフの方々も素敵な方が揃っており、とても良い感じ。
 こだわりのメニューの数々。オフィシャルサイドにそのこだわり、ホテルクオリティーについての記事がアップされています。

 次は何をいただこうかな。。♪魅力的なお店の誕生です。是非ご利用を♪

以下は1月11日に記録してきたものをベースに改定したものです。ラインナップは日により時期により変わってくると思いますので、ご参考までに。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-28 19:09 | ユトレヒト

カフェデリ プリュPart2

a0036952_7304952.jpg

字数制限のため2つに分けてアップします。

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-28 18:57 | ユトレヒト

アンカーズラウンジ(デイタイムPart1)

a0036952_18543464.jpg

a0036952_22333994.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパアンカーズラウンジのメニューです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ロビー中央、白鳥が浮かぶ内海を抱く開放的なラウンジです。ご朝食、お待ち合わせ、ご休憩をはじめ、夕方5時以降からはバーとしてもご利用いただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:108席
【営業時間】朝食 7:00~10:00
      喫茶 10:00~17:00(ラストオーダー) ※営業時間一覧には10:00からとありますが、ホテルズニュースなどでは11:00~と
 ※営業時間は時期により異なる事があります。オフィシャルサイト及びハウステンボスニュースでご確認ください。
 ※上記営業時間とは別にウォーターコートコンサートが行われていましたが、残念な事に08年6月末をもって終了しています。
【予約】対応なし。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。※朝食オープン時は禁煙。

 アンカーズラウンジにはいくつかの顔が。
朝食会場としての顔 ホテルヨーロッパの朝食会場は通常アドミラルとアンカーズの2箇所(繁忙期などはレンブラントホールも朝食会場に)でしたが、現在は和食の吉翠亭が加わり朝食が提供される会場として4箇所があり、そのうちの2~4箇所がその時々の朝食会場としてオープンしているようです。
内海を望む「明るい陽射しが差し込む開放的なインテリア。ブッフェスタイルで気軽に食べられるのもリラックスできていい。」との評価も。
他の場内ホテル宿泊者でも希望されれば、差額支払いでアンカーズラウンジで朝食をとる事も可能なようです。希望される方は事前に、若しくはチェックイン時にでもフロントで尋ねてみらると宜しいかと思います。
他のホテルにないモーニングシャンパン(ただし吉翠亭はモーニングシャンパンはありません)で始める朝食はリゾート気分たっぷりです。

ティーサロンとしての顔 内海を望む開放的なラウンジで、時折出入りするクルーザーを眺めながらゆったりとお茶するのはとても優雅な時間。
フランベデザートはここだけの人気メニュー。
a0036952_7273512.jpg

ハウステンボスホテルズのパティシェ特製ケーキ(ケーキは基本的に各ホテルラウンジ共通です。)のセットも人気です。人気が高いがために早い時間に売り切れになってしまうことも少なくなく、ご希望の方は早めの利用が望ましいかと思います。
サンドイッチ等で軽く昼食をとることもできます。
a0036952_7251172.jpg

昼下がりのひと時にお気に入りの本を片手にゆったりとティータイムを過すのはなかなか良いものです。

デイタイムはホテルラウンジは婚礼の関係で貸し切りになることもあります。
なお、アンカーズラウンジが婚礼で貸し切りの場合は、通常シェヘラザードが喫茶営業するようですが、その場合は下記とは異なるメニューになります。

ウォーターコートコンサート会場としての顔 HTBの1日を締め括るイベントとしてのコンサート。ハヴィエル・オルモ氏!のコンサートを筆頭に素晴らしいコンサートの数々。毎日これだけのコンサートを開催し続けているホテルはあまり類をみないのでは。
このコンサートもアンカーズラウンジの、そしてハウステンボスの魅力に浸ることのできてお勧めです。

というのは以前書き続けていた事ですが、残念ながら08年7月からはこの楽しみを味わう事は出来ません。シェヘラで飲んでいてもコンサートの音楽が聞こえてこないのは寂しいもので、なんだかホテルヨーロッパ自体に侘しさを感じてしまうのは、私の思い入れの強さがさせる事なのかもしれませんね。

08年12月26日から期間限定(09年1月4日まで)でコンサートが行われました。
a0036952_2383788.jpg

1月2日(JRの最終の関係でコンサートを楽しむ事はできませんでしたが、シェヘラでグラスを傾けながら聴いた調はとても素敵なものでした。
a0036952_2391237.jpg

ホテルヨーロッパロビーの雰囲気を優雅なものにした音色は、そして満員の盛況ぶりはやはりこのコンサートの素敵さを知らしめてくれるものであったかと思います。

そして09年春は地元長崎を中心に活躍中の若手実力派アーティストによる素敵なコンサートが行われました。
こちらは別途ご紹介していますので、よろしかったらこちらをご覧下さい。

 09年7月16日の夕刻にはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団員の方々3名(ヴァイオリン2、ヴィオラ1)を迎えてのスペシャルなイブニングコンサートも行われました。

 これからもコンサートが行われる事があるかもしれませんので、ご注目あれ♪

 また、年に1、2回開催されるデザートブッフェは大好評・大人気です。デザートブッフェの最高峰とも言われるアンカーズラウンジのデザートブッフェ、機会がありましたら是非利用される事をおすすめします。開催日の案内にご注目あれ♪
07年のクリスマスデザートブッフェも大好評だったようです。
 ※にょろさんのレポ その2
 ※sayuriさんのレポ
08年は残念ながら行われませんでしたが、09年2月に開催されました。
デザートブッフェ
【期日】09年2月11日 1回目12:00~、2回目14:00~ 各回90分
【料金】大人 ¥3,500 小学生 ¥1,800 4歳~小学生未満 ¥500
  ※ファミリエ会員10%OFF
多くの方々が待ちわびておられたようで、予約受付開始まもなく満員になったようです。
そして09年5月にも開催されました。その内容は別途ご紹介していますので、よろしかったらこちらをご覧下さい。

そして次回は今年の2月!
バレンタインデザートブッフェ
【日時】2010年2月11日 午後12:00~   午後14:00~  各回90分
   1日2回行われ、30分前から受付開始
【料金】大人  ¥3,500
    子供  ¥1,800  小学生~中学生以下
    幼児   ¥500  4歳以上~小学生未満
【申し込み・問い合わせ】0956-58-1111(代表)

また1月17日にはワイン&ランチブッフェが行われました。いずれ姉妹ブログでご紹介したいと思っていますが。。。
ワイン&ランチブッフェ
【日時】1月17日 12:30~
【料金】ワイン&ランチブッフェ ¥5,000
    ランチブッフェのみ   ¥2,500
    4歳~小学生       ¥2,000

ワイン好きな方にはお得すぎる内容だったかと。かなり好評だったように思います。いずれ第2回も行いたい意向のようでしたので、ご注目。

ちなみに前日の1月16日にはアドミラルで第3回ワイン会も行われました。こちらも盛況でした。出来れば近く姉妹ブログでご紹介したいと思っていますが。。ふくちゃんさんのブログで紹介されていますので、ご覧いただければと思います。。
第4回は3月13日です。
第4回 ホテルヨーロッパ「デ・アドミラル」ワイン会
  ~偉大なる”シャトー・オー・ブリオン”を味わう~
【日時】3月13日(土) 18:00~ シェヘラザードで受付・食前酒
            18:30~ アドミラルでディナー
【料金】¥20,000(税・サービス料込)
【ワイン】
  シャンパーニュ
   スペシャル・ハウステンボス・キュヴェ リリー・ラ・モンターニュ・グラン・レゼルヴ
       ヴィルマール
  白ワイン
   シャトー・オー・ブリオン 1993
       ぺサック・レオニャン
  赤ワイン
   シャトー・バアン・オー・ブリオン 2002
       ペサック・レオニャン
   シャトー・オー・ブリオン 2002
       ペサック・レオニャン
   シャトー・オー・ブリオン 1993
       ペサック・レオニャン

 ワイン会利用客はお得な宿泊プラン(ホテルホテルヨーロッパ、1室2~3名利用で1人¥9,000、1室1名で¥12,000)も用意されていますので、ご検討いただければと思います。とってもお得で魅力的なプランだと思いますよ。

 ハウステンボスホテルズのレストラン、ラウンジ、バーはいずれもハウステンボスの良さを体現している、ハウステンボスの大きな魅力の1つです。場内ホテルに宿泊される方はその魅力に浸ってみてはいかがでしょう。場内ホテル宿泊でない方でも利用できますので、できれば足を運んで利用してみられることをお勧めします。

以下は1月24日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-28 17:58 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

アンカーズラウンジ(デイタイムPart2)

a0036952_2229239.jpg

字数制限のため2つに分けてアップします。

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-28 17:32 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

鉄板焼/戎座(ドリンクメニュー)

a0036952_1617454.jpg

a0036952_16183171.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパ戎座のドリンクメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。

ホテルヨーロッパの和食処として、日本酒や焼酎、ワインなどかなり検討され厳選されたものが用意されています。夜だけでなく、昼間からそれらをいただけるのがのんべには嬉しいもの。
美味しいお酒・ワインが飲みたい、九州の美味しいお酒が飲みたいって方、昼間から飲みたいって方吉翠亭・戎座は大注目です。

a0036952_16233344.jpg

美味しい料理には美味しいお酒♪
ソムリエの方が選び抜いたワインなど楽しめます。

ドリンクメニューに関しては基本的に両店共通で、一部メニュー表示が異なっていたのが、現在はかなりの違いがあります。
下記のように戎座のドリンクメニューからは日本酒・焼酎・梅酒等が外れています。
ただし、まったくいただけないわけではなく、吉翠亭のドリンクメニューをみせていただき、そちらからオーダーする事も可能です。逆に吉翠亭で戎座のワインをいただく事も可能です。

以下は12月28日の記録をもとに(遅ればせながら)改定したものです。1月に入り(吉翠亭のドリンクメニューからしても)若干変更になっているかも。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-21 20:41 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

鉄板焼/戎座(夜)

a0036952_2572663.jpg

今回はホテルヨーロッパに07年年10月2日オープンした和食のお店2店のうち鉄板焼の戎座の夜のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日8月19日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
九州の厳選ブランド牛を中心に、地元の新鮮な野菜や魚介を鉄板焼にて供する戎座。
笑顔が集う、心楽しいひととき。
新鮮な素材の魅力をそのままに、職人が見事な手さばきで焼いて供する美味の数々が
鉄板の上で音を立て素材をお客様の好みに焼き上げ、食欲と笑顔を誘います。
焼き手の演出とともに、会話も弾む鉄板焼。
素材にまつわる物語が聞ければ、それも楽しいひとときのエッセンスに。
食べる楽しさの原点を、思い出していただけることでしょう。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 カウンター10席×2コーナー 計20席
【営業時間】昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
   ※残念ながら10年1月12日以降ランチタイムの営業はオヤスミしています。チューリップ祭のような繁忙期にはランチ営業も再開されるのではないかと予想・期待していますが。。
【店休日】3月10日から毎週水曜日が店休となるようです。
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_2582331.jpg

ホテルヨーロッパの裏口横手の建物に日本料理店がそれぞれ造られています。
入口は戎座も吉翠亭も共通です。
a0036952_22401445.jpg

入り口に受付・クロークがあり、戎座は入って直ぐ左手。
a0036952_2584911.jpg

鉄板カウンターが左右にあり、それぞれ10名座れるようになっています。
a0036952_2591027.jpg

窓の外にはちょっとした日本庭園があり良い雰囲気。
a0036952_2593061.jpg

見事な手さばきで調理される様もご馳走です。
a0036952_22183152.jpg

目の前で調理される様は鉄板焼の醍醐味です。ハレの日の食事にふさわしいものがあります。
若手の方も頑張っておられます。
使われている食材はいずれも吟味された素晴らしいもの。
特製のガーリックライスも個性派で、料理長が関西の方で活躍されていた際にはこのガーリックライスを目当てに通われていた方も多いとか。
※オフィシャルサイトで料理長の方の紹介がなされています。こちらをご覧下さい。
a0036952_304186.jpg

お店の雰囲気も、スタッフの方のサービスもなかなかのものです。
私個人の感想は味はハウステンボスJR全日空ホテルの名店「大村湾」に匹敵する、時に凌駕しているかも?と思う反面、眺望などを含めると総合力ではまだ「大村湾」の方が上かも?と微妙なところです。
ネットでも評価は分かれるようで、味に関しても大村湾に軍配を上げられる方もおられます。
プラスアルファの魅力を求める方には大村湾の利用(個人的には黄昏時がお勧め)をお勧めしますが、立地において戎座が優位とも言えます。私個人は眺めをも楽しんでもらいたい場合は大村湾を、(あくまでも私見ですが)より本格的な味わいを楽しみたい場合は戎座を選ぶかと思います。ただ、大村湾には季節メニューの楽しみがある事も付記しておきたいと思います。
いずれにせよどちらも名店と言える存在である事は確かだと思います。
a0036952_1711815.jpg

エリタージュが実質クローズ状態で、エクセルシオールもオヤスミしている今、場内でディナーを楽しむにあたって、(懐具合は別として)ベストなものを望むならば、フレンチのデ アドミラルか日本料理の吉翠亭、鉄板焼の戎座になるかと思われます。その中で最も幅広くお勧めしやすいのは戎座だと思っています。
a0036952_17112952.jpg

ちなみにハウステンボス内においてステーキを楽しむとするなら、ここ戎座の他にロード・レーウ、スモーキーテースト(2階ステーキハウス)、そしてブッフェですが、アクールヴェールになるでしょう。
この中で最も上位にあるのはもちろん戎座で、次いでロード・レーウでしょうか。
ロード・レーウはオランダの由緒ある名店を再現した重厚な雰囲気の中いただくステーキも(戎座には及ばないものの)なかなかのもので、(ドリンクは別として)¥4,000~¥5,000程度でいただけるのは懐的にも魅力があるかと。
スモーキーテーストは戎座、ロード・レーウには及びませんが、¥1,500~¥3,000程度でいただけるメリットがあり、家族づれの方や若いカップル・グループなどには十分満足いただけるのではないかと思います。ただし、味・サービス・雰囲気においてより上質なものを求める方にはお勧めし難い面もあるように思います。
アクールヴェールのディナーブッフェもメインにステーキを据え、様々な料理をいただける楽しさでポイントを稼げるように思います。
他に和食ファミリーレストランといった感じの花の家にもステーキを含めた定食などが用意されていたりします。
また、異色な存在としてア クールヴェールカフェのステーキバーガー(お勧めです)も見逃せないかとも。
a0036952_2162745.jpg

個人的にはやはり戎座がお勧めで、予算的な事を考えるならば、ランチ中心の食事プランにして、戎座のランチ(残念ながら現在はオヤスミしていますが、いずれ必ず再開の時が来ると思いますので、ご注目あれ♪)を楽しまれるのがよろしいような気もします。

いろいろと飲みながらですが、私の場合、昼で1時間~1時間半、夜はたっぷり2時間ほどかけて食事を楽しんでいます。花火やイベントなどを楽しみたい方は、時間には余裕をみておかれるとよろしいかと思います。
席数に限りがあるうえに、(たっぷり時間をかけて食事されるので)あまり回転しないとなると、1日に利用できる客数は限られたものになりますので、利用される際は予約をお勧めします。

以下は12月28日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-21 17:12 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(ドリンクメニューPart1)

a0036952_14312926.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパ吉翠亭のドリンクメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日2月11日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ドリンクメニューに関しては基本的に両店共通ですが、一部メニュー表示が異なります。
3月19日・20日のメニューで比較すると、吉翠亭の方ではお勧め厳選銘柄として日本酒・焼酎がメニュー表示されていますが、戎座の方はお勧めグラスワイン。
ただ戎座の方で吉翠亭のメニューにあるお勧め銘柄をいただくことが出来るなど融通が効きます。
戎座でランチをいただいた際に吉翠亭のドリンクメニューを見せていただきオーダーした事もありますし、逆に吉翠亭でワインをお願いした際に戎座で出されているものをいただいた事もあります。

ホテルヨーロッパの和食処として、日本酒や焼酎などかなり検討され厳選されたものが用意されています。夜だけでなく、昼間からそれらをいただけるのがのんべには嬉しいもの。
美味しいお酒が飲みたい、九州の美味しいお酒が飲みたいって方、昼間から飲みたいって方吉翠亭・戎座は大注目です。

ホテルヨーロッパのソムリエの方により厳選されたラインナップは素敵なものですし、吉翠亭の女性スタッフの方々もよく勉強し頑張っておられます。オリジナルのカクテルを考案される方やワインを勉強されているかた、そして焼酎アドバイザーの資格を見事取得された方など。。。
吉翠亭の魅力はその女性スタッフの方々の素敵な頑張りによるところも大きい。。そう実感されている方は少なくないはずです。

女性には梅酒もお勧め。ただ梅酒は甘めなので料理にはあわせにくいかも?私は食後にデザートワイン的に楽しんでいます。

以下は1月17日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-01-21 10:55 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ