<   2009年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

日本料理/吉翠亭(夜Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパに07年10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭の夜のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00
      昼:11:30~14:00
      夜:17:30~21:00
【予約】できれば予約されておかれた方がよろしいかと思います。もちろん予約なしでも空きがあれば問題ありません。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。私にとってももっとも寛いで楽しめるお店の1つです。
オフィシャルサイトに女将さんの紹介記事がアップされています。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

夜は2時間ほどかけて楽しませていただきました。
お昼は、およそ1時間~1時間半。
お酒をあまり飲まない方だともっと時間はかからないでしょう。
戎座も良いですが、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。

コースもなかなか魅力ですし、単品料理(昼・夜共通)も充実(ちらし寿司他お勧めのものが。。)していますので、そちらでの利用もお勧めです。
いずれも旬の食材を用いた季節感豊かな料理が提供されています。ハウステンボスで最もスタッフの方々の対応も気持ちよく、現在私にとって最も気持ちよく食事させていただけるお店の1つです。
エリタージュが実質クローズし、エクセルシオールもディナータイムの営業をしていない現在、ここぞという時に私が利用する一番手のお店(ご一緒していただく方によっては戎座を選択する事も)になっています。
ラストオーダーが21時とハウステンボス場内では遅めの時間設定になっていますので、夜食的な利用もできそうです。

下記は8月16日の記録及びオフィシャルサイトの記載を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-22 07:37 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(夜Part2)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップしています。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-22 06:41 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

海鮮和食居酒屋/中の茶屋(昼)

a0036952_20185272.jpg

今回はこの7月17日にリニューアルオープンした中の茶屋の昼メニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
座敷ならではの和やかなくつろぎの中でいただく日本の味覚。窓の外にはレンガの街並みが広がり、まるでアムステルダムの日本料理店にいるかのような錯覚に陥ります。大村湾とその近海で獲れる新鮮な魚介類を素材に和食の味が堪能できます。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街2階
    席数:152席/28卓(10名様×1卓、8名様×1卓、6名様×8卓、4名様×18卓)
【営業時間】11:30~22:30  15:00~17:00中間クローズ
   ※オープン当初は23:00ラストオーダーとなっていましたが、8月に入り22:30となっています。
   ※営業時間や店休日は時期により変わることがあります。ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

09年1月7日以降お昼のみ営業していた時期を経て、4月はまるまる店休となり、ユトレヒトの2階部分はいずれもクローズ状態に。GW期間中は限定メニューで臨時営業していましたが、その後クローズ。
そして、この7月17日にテナントとしてリニューアルオープンしました。
a0036952_7501416.jpg

a0036952_7503457.jpg

内装はほぼそのまま居抜きでの復活営業のようです。
新生中の茶屋は「大村湾や五島などの地元の新鮮な魚介や地元のおいしい食材を楽しむ事ができる海鮮和食居酒屋」のようです。
夜は早い時間帯は食事、遅い時間(20時半頃から居酒屋メニューも提供開始)は食事&居酒屋、昼は新鮮な魚介類を中心とした定食メニューの提供となっています。
a0036952_7505551.jpg


以下のメニューは8月13日の店外表示をもとに改定に利用したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-22 06:30 | ユトレヒト

日本料理/吉翠亭(昼Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパの和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
  ※09年6月に入り朝食が6:30~10:00が7:00~10:00へ変更になっています。
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
a0036952_7222366.jpg

和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もとてもよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

お昼は、私の場合およそ1時間~1時間半。夜は2時間ほどかけて、お酒を楽しみながらゆっくりと美味しいひとときを楽しみます。
戎座も良いですが、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューは提示されない事もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。
昼に利用される際は各種御膳がお勧めですが、単品でいただくのも良いものです。特にリゾート気分を味わおうと昼間からのんべする際にはいろいろとお酒にあわせて好みで選ぶのも楽しいものです。
ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)他お勧めです。

 ※daydreamerさんの(ランチで単品)レポ

現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、吉翠亭のランチタイムメニューでは下記祝祭御膳とレディース御膳が対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトからご覧下さい。


下記は8月9日・16日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-21 07:35 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼Part2)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップしています。

以下に続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-21 07:21 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ワイン専門店/ディオニソス&ちょっぴりドクターフィッシュ♪

a0036952_21244310.jpg

今回はハウステンボスの中心部ビネンスタッド地区のショッピング街にあるワイン専門店ディオニソス(及びちょっぴりドクターフィッシュ等)のご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オリジナルワインからヨーロッパ各国のワイン、生ワインをライナップ
 ハウステンボスオリジナルワインを中心にしたワイン専門店。ヴィンテージアイテムも多く取扱い、有機のワイン「生ワイン」も必見。

ソムリエの店長を筆頭にワインの知識が豊富なスタッフがお客様に合ったワインをお選びいたします。
【場所】 ビネンスタッド地区 マルシェ・ド・パラディ内
【営業時間】 10:00~19:00
    ※営業時間は時期により異なります。

a0036952_21255152.jpg

さて、ディオニソスですが、ワインの専門店として、ワインを販売するだけでなく、グラスでワインを(お手頃価格で)楽しむ事が出来るお店ですので少しご紹介させていただきす。

ディオニソスはビネンスタッド地区に08年3月15日にリニューアルオープンしたマルシェ・ド・パラディのカドゥマルシェ(お土産市場。かつてキッズファクトリーがあった建物はジョリマルシェ、食の市場・おいしい市場と名付けられています。)の店舗の1つ。
a0036952_2132441.jpg

いろんなお店が集うマルシェで買い物に勤しむお母様方を待ちながら、マイスターズドリップでコーヒーをいただくのも良いですが、(車でなければ)ここディオニソスでグラスワインをいただくのもお父様方にお勧めです。もちろん、ワイン好きな女性にもお勧め。
ノンアルコールのものも用意されていますので、車の方も、飲めない方も。カウンターで(お店が忙しくない時などはソムリエの方やスタッフの方からいろいろとお話をうかがいながらグラスを傾けるのも楽しみです)立ち飲みするのも良いですし、窓際の席でゆっくりとグラスを傾けるのも。

a0036952_2131066.jpg

グラスワインのメニューは下記のようにその時々でラインナップが異なります。
ソムリエの方が選ばれたワインを手ごろな価格でいただくのは休日の昼のちょっとした贅沢。
グラスでも一部提供されていますが、生ワインがハウステンボスの、ディオニソスの売り。オフィシャルサイトで詳しい案内がありますので、興味のある方は是非こちらをご覧ください。
グラスでいただいたもので、気に入ったものは購入出来るものも。

 ※catruiさんのレポ

おつまみとしてチーズやサラミ、生ハムなどが用意されており単品でも購入できることも。
a0036952_16524954.jpg

この8月頃からディオニソスでのチーズ販売がかなり充実したものになっていました。白カビタイプのシャウルス、ヌーシャテル、青カビタイプのロックフォール、フルムダンベール、シェーブルタイプのサントモールといったもの。ラインナップはその時々で変わるかと思いますが、他店とは異なりワインとの相性で選ばれたソムリエ厳選のチーズたちです。
a0036952_16532994.jpg

他にもクラッカー、パテ、ムースなどが販売されていましたので、ワインの購入の際にあわせて購入するとよろしいのでは。

a0036952_15541087.jpg

サンヴァンサン祭期間中やクリスマスの時期、年末・年始は下記のように素晴らしい企画も行われていました。
3月の3連休やGWも年末・年始同様、ハウステンボスの生まれ年のスペシャルなワインがグラスで提供されています。
1杯¥5,000はいいお値段ですが、これだけのワインをグラスでいただける機会は通常ないですし、ボトルでの価格を考えると¥5,000はかなりお得でした。
これからも注目です。

ところで、ディオニソスとは無関係ですが、ワールドバザールにドクターフィッシュが登場し、注目です。
a0036952_933468.jpg

ドクターフィッシュ
  足の古い角質を食べてくれ、皮膚病の治療や美肌効果のあるドクターフィッシュが登場。
【期間】7月18日~8月31日
【時間】11:00~18:00
【料金】一般¥500 ファミリエ会員¥400

19日に体験してきましたが、なかなか楽しいです。くすぐったいような心地よさが。ちっちゃな魚が群れて一生懸命足をつつく様は何か感動的な感じも。通常虐げられ非難の的となる”オヤジの足”に喜んで集まってきてくれている(写真はお見苦しい足が写ってますのでアップしませんが)のですもの。私のまわりだけ、お魚がお腹を上にしてぷか~っと浮いてきたら・・・なんてのは全くの杞憂で、楽しい時間(5~10分程度だったでしょうか?)は無事終了。
めったに出来ない体験ですから、お勧めです。
1度に8人が体験できるようですが、人気で待ち人も。皆さん楽しそうにされていましたよ。
a0036952_9352751.jpg

隣には無料の足湯もあり、ワールドバザールの反対側は縁日風になっています。
a0036952_1020677.jpg

a0036952_9354673.jpg

ミッフィーの絵付け体験もまだ行われていました。
ワールドバザール周辺ではストリートオルガンの演奏体験(13:00~、14:30~、15:30~各約20分間)も行われたり、ワールドバザールステージではちゅーりーのピクチャーサービス(13:00~ 約20分間)とミッフィーのピクチャーサービス(14:00~、16:00~約20分間)も。
おみやげGET!オークションは15時から(約20分)。ちゅーりーのお散歩も(ワールドバザール周辺17:30~、18:30~各約20分間)
是非、ワールドバザールに足をお運び下さい。
ディオニソスはワールドバザールの近くです。散策の合間に一杯いかがですか?

以下に今まで私が記録してきたグラスワインのラインナップをご紹介します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-20 16:56 | ビネンスタッド

カフェデリ プリュ

a0036952_721239.jpg

今回は09年7月25日にパティスリーの跡にリブランド・オープンしたカフェ デリ プリュのご紹介です。
改定版をアップします。最新更新日9月10日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
HOTEL EURORE cafe-deli Plus
開業当初より定評のあるホテルヨーロッパの味を気軽に楽しめるお店が、ユトレヒト地区にオープン。
厳選された材料を使用した、こだわりのスイーツ・ベーカリー・デリカテッセンを取り揃えました。店内でお召し上がりいただけるほか、テイクアウトでご自宅でお楽しみいただくこともできます。
【場所】 ユトレヒト地区ワールドレストラン街1階
【営業時間】11:00~17:30
     ※毎週水曜日店休
     ※営業時間、店休日は時期により異なる事がありますので、ご注意。8月後半は19日、26日店休です。

a0036952_51779.jpg

 オフィシャルサイトのスタッフブログで紹介されているように、この「カフェ デリ プリュ」は、天然酵母のパンのベーカリー、パニーニやオープンサンドなどのデリ、マドレーヌやケーキなどのスイーツの大きく3つに分けたメニューを楽しむことができます。それぞれ専門の調理人たちが腕に磨きをかけ自慢のメニューだといいます。店内で食べるのも、(一部を除き)テイクアウトもOK。

 とても使い勝手の良いお店になるような印象があります。軽食として利用するのも、カフェとして利用するのも、テイクアウトしたものを場内のお気に入りの場所(といってもそれなりの場所を選ぶ配慮は必要と思いますが)でいただくのも、レストラン難民対策として利用するのも、翌日の朝食用にテイクアウトしたり、家庭に持ち帰っていただくのも。
a0036952_7255183.jpg

 加えて、ショーウィンドウに美しく飾られたスイーツたちはギフトにも対応しているとか。ギフトに関しては下記のように内容がより充実していました。

 26日に利用した感想は上記のようにいろいろと使えるお店だなという事。スタッフブログにもあるように価格もリーズナブル。かつてのパティスリーがホテルズのお店になることで、スイーツの価格も(例えばかつてのパティスリーとアンカーズでの価格差のように)上がるのではないかとも思われましたが、”パティスリー価格”に抑えてあるように思います。その分?クレームブリュレや洋梨のタルトのように、小ぶりな感じもしますが。
 逆に一度に複数のスイーツを楽しんだり、デリメニューやパンとスイーツを合わせたりする楽しみもあるように思います。

 デリメニューもいろいろと用意されており、オフィシャルサイトによるとカンパーニュ オープンサンドはかなりボリュームがあるとか。26日に私がいただいたのはパニーニ。パニーニと言えば、ティークリッパーで提供されていたものがとても印象にありますが、それとは違ったタイプ。出来たての熱々を提供する為、オーダーしてから8分ほどかかるとか。私としてはまったく問題なし。ビールをいただきながらゆったりと待ちます。このお店の店長さんはシェヘラでお世話になっていたOさん。カクテルをオーダーしたくなるところですが、ビールで大人しく。パニーニはボリュームは控えめな印象がありますが、とても美味。ゴルゴンゾーラとプロシュートの風味、塩気が効いていて私好み。ただし、ゴルゴンゾーラが苦手な方もおられるかと。また、ビールといただくのに(好みからも)ちょうど良い塩気だと思いましたが、人によってはしょっぱ過ぎると思われる方もおられるかも。
a0036952_533379.jpg

 26日は2度利用したのですが、いただいたスイーツは、「宮崎産完熟マンゴープリン」「枝豆のブランマンジェ」「クレームブリュレ」。いずれも美味しくってお勧めです。中でも(のんべな私は)”枝豆と黒ゴマのブランマンジェに大人の味のノンアルコールビールのジュレをコラボ”したという枝豆のブランマンジェがお気に入り。豆の風味も良く出ています。マンゴープリンと枝豆のブランマンジェは期間限定のものですので、機会がありましたら是非ご賞味下さい。
 カレーパンもいただきましたが、”5日間かけてシェフが煮込んだカレー”を使っているという本格的な美味しさ。これもかなり人気が出そうです。数に限りがあり、毎日13:00、15:00の限定販売ということですから、ご注意。カレーパン以外もホテルの食事で出されている美味しいパンが揃っており魅力です。

 焼き菓子もハウステンボス印の蜂蜜を使ったマドレーヌが注目を集めており、美味しいのですが、フィナンシェ ナチュールやガレット ブルトンも美味しくいただきました。
a0036952_502416.jpg

 いただいたものすべてが美味しく、スタッフの方々も素敵な方が揃っており、とても良い感じ。
 こだわりのメニューの数々。オフィシャルサイドにそのこだわり、ホテルクオリティーについての記事がアップされています。

 次は何をいただこうかな。。♪

 あえて言うならば、軽食として利用する上ではカップスープ(テイクアウトに不向きという事でメニューにないのかとも思いますが、店内のみでも)があるとより良いかな?ロード・レーウで提供されているようなビシソワーズやガスパチョ(とっても美味しかった)、アドミの味覚フェアディナーで提供されている「夏野菜の冷製エミュルション 2種」の2種のスープもとても美味しかったので、そのような冷たいスープがあれば、サラダもセットで生きるかも。もちろん単品でも。
 スイーツもアイスデザートがあると、家族やグループで利用する際にオーダーの幅が広がりそれぞれのニーズに合わせやすいかも?ティークリッパー名物のスムージーがいただけると最高!なのですが。。
 と言っても、今のままでも十分魅力的なお店の誕生です。是非ご利用を♪

 と前回書かせていただきましたが、8月9日にはアイスクリームとシャーベットのセットが登場していました。ギフトセットも充実しています。

以下は8月9日に記録してきたものをベースに8月14日の記録をもとに改定したものです。ラインナップは日により時期により変わってくると思いますので、ご参考までに。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-19 07:43 | ユトレヒト

ロード・レーウ(ランチタイム)

a0036952_039378.jpg

今回はハウステンボス、ユトレヒト地区にあるロード・レーウのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。

【営業時間】11:00~21:00 中間クローズ15:00~17:00
    ※木曜日店休 8月後半は無休のようです。
    ※営業時間・店休日は時期により異なりますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【場所】ワールドレストラン街1階
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗。

ユトレヒトにオランダ料理専門店あり!といわれたロード・レーウ。オランダ語でロードは赤、レーウはライオン。オランダ王室の紋章に描かれている「赤いライオン」が店名の由来です。伝統を重んじて、オランダの由緒あるレストラン「ファイフリーフェン」を再現した造りになっていおり、落ち着いた重厚な雰囲気のお店です。

オランダが栄光と苦難の歴史を刻んできたようにロード・レーウも変遷の道を歩んできました。
05年来クローズ中だったロードレーウが、06年3月に3日間ワインバーとして復活オープン後再びクローズし、GW期間中に臨時に復活営業していましたが、06年6月1日にリニューアルオープンしました。

かつてのオランダ料理専門店から、ビストロ、ワインバーとその姿を変え、現在はランチタイムはハンバーグステーキとレモンステーキなどのステーキ類、ディナータイムはステーキを中心に提供するお店になっています。
a0036952_6302793.jpg

本格的な味わいのハンバーグステーキをはじめとする料理が、重厚なロードレーウの雰囲気の中お手頃価格で楽しめます。
手作りハンバーグは良質の美味しいもので評判が良いようです。一般のレストランでよく見かける業務用のものとは別物の味わい。レモンステーキは佐世保名物。
時期によってはかつてロード・レーウの看板メニューであったチーズフォンデュが期間限定で提供される事もあり、季節メニューにも注目です。
チューリップ祭の時期であるとか繁忙期の天気の良い日にはテラス席での営業も行われる事があります。その際は店内とは別メニューが用意されていたりします。
a0036952_22525526.jpg

お箸もテーブルに用意されていますので、その点でも利用しやすいと思います。

重厚で高級感ある雰囲気は特筆ものです。お勧めのお店の1つです。
一般にピノキオの知名度が高く、人気ですが、場内レストランの中での位置づけ的にはここロード・レーウの方が上位にあると思います。
メニューは別として、上記のようにオランダの由緒あるレストラン「ファイフリーフェン」を再現したというロード・レーウは最もハウステンボスらしいお店の1つといえるでしょう。


daydreamerさんのレポ

以下のメニューは8月16日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-19 04:49 | ユトレヒト

ミュージックバー/ムーンシャワー(マイケル・ジャクソンファンの集い)

a0036952_16103226.jpg

今回はハウステンボス・アムステルフェーンのムーンシャワー及びこの8月末からいろいろと企画されている故マイケル・ジャクソンさんを悼んでのイベントのご紹介です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
 ハウステンボスで唯一アナログ音楽を聴きながらお酒を飲めるムーンシャワー。
専属DJのセレクトする1960年代以降のロックやポップスに包まれながらお酒が楽しめます。ノーチャージで、メニュー価格もリーズナブル。
素敵な大人の夜の時間をお過ごしください。
【営業時間】OPEN(20:30、花火後位にオープンする事も)~23:30(ラストオーダー)
   ※冬季(1月7日~2月末日は花火の時間も1時間早まりますので、ムーンシャワーのオープンも早まるようです)
【店休日】毎週水曜日及び貸切日
   ※時期により営業時間、店休日は異なる事がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【料金】ノーチャージ。ドリンク代のみの日とゴスペルのようなイベント・ライブがある場合はチャージがあることも。
【座席数】60席
【年齢制限】以前は「18歳未満は入場不可」でしたが、現在は年齢制限はありません。
【予約】貸切り、2次会等の予約受付。詳しくは上記リンク先、オフィシャルサイトをご覧下さい。
   予約・問い合わせはハウステンボス予約センターまで  0956-27-0011
【その他】喫煙席あり。イベントがある際はイベント時禁煙。

a0036952_125169.jpg

06年冬のゴスペルが終わり、店休していたムーンシャワーが07年のチューリップ祭以降、キャストによるショーイベントは通常行わず、DJが選ぶオールディーズナンバーを聴かせるミュージックバーとしての営業を行い、
a0036952_005738.jpg

07年夏は05年、06年とサンバチームで素敵な歌声を聴かせてくれていたリリアンさんとギターのロドリーゴさんのライブが魅せてくれました。
60年代70年代の懐かしいオールディーズナンバー。とっても素敵なライブでした。

夏のライブが終了した後、再びクローズする話もあったようですが、テナントとして営業を続ける道がとられました。

そして07年11月23日~12月30日にはゴスペルライブでおおいに魅了してくれました。
a0036952_7422453.jpg

パンチの効いたパワフルなボーカル・演奏。ハートウォーミングなライブで感動をよんでいました。
a0036952_738749.jpg

クリスマスナンバー(サイレントナイト)やポップスの大ヒットナンバー(恋のサバイバル)も聴かせてくれ、ゴスペルに無縁の方でも十分楽しめた内容ではないかと思います。
ハウステンボスにおいてはハーレムメッセンジャーはすでにお馴染みであり、この時期再会できるのを多くの方々が心待ちにされていたようです。

その後もプロ・アマ取り混ぜて様々なライブが行われており、素敵に楽しませてくれています。
08年楽しんだ中で特に印象的だったのは奥土居美可さん與那嶺商会さんIROIROさん。。。
a0036952_18232051.jpg

奥土居美可
  「佐世保に米軍基地があった関係から子供の頃よりジャズに触れ影響を受ける。その後、名古屋に移り、ライブハウスで大人に混じりジャズシンガーとして音楽活動をスタート。そのコケティッシュな声の魅力と歌唱力は周囲から絶賛される。」
 そのジャズボーカルはとっても素敵です。その日によってプログラムは異なりますが、スタンダードナンバー中心に歌いあげられるジャズボーカルは心地よくも魅力的です。時にとっても意外な選曲も。「ゲゲゲの鬼太郎」のジャズバージョンなんて初めて聴きましたが素晴らしくジャズになっていました。
 ※daydreamerさんの「艶っぽくて、カッコイイ、やさしさ 」
 ※daydreamerさんの「優しさと柔らかさの記憶 」
 ※gomakuronyさんのジャズナイトレポ
 ※mattariのレポ

與那嶺商会
  「沖縄では知らない人はいない與那嶺商会。現在、全国の沖縄居酒屋・ライブハウスを精力的にライブ活動中。ゆんたく(MC)&ライブの笑激的なステージパフォーマンス、ぜひご笑味あれ!」
 本当に愉快で楽しいライブです。是非またムーンシャワーでライブを楽しんでみたいアーティストです。
 ※daydreamerさんの「與那嶺商会 in 『W』 」
a0036952_18383051.jpg

IROIRO
 「長崎と大分の二人のギタリストが奏でるアコースティックインストを、ごゆっくりお楽しみください。」
 今個人的に最もお気に入りのアーティストの1組。ライブで購入したCDは繰り返し聴き、今年もっとも聴いたCDです。ボーカルなしのギター2つで奏でるサウンドはなかなかのもの。

 その他杉谷愛さん(08年12月でソロデビュー5周年という事でほぼ1カ月ハウステンボスに滞在しライブを続けておられました!)や松本浩太さん(1月24日にライブ予定)のライブも印象的でした。

 今年に入ってからも、江頭つとむ ライブ、岡部諒輔(おかべりょうすけ)ライブなど素敵なライブが楽しませてくれましたが、なかでも。。。
a0036952_0204933.jpg

 4月29日のGojittu ライブ。まったく存じ上げないアーティストでしたが、素晴らしかったァ♪
a0036952_0212237.jpg

バリーマニロウの「パラダイスカフェ」で始まり、スティングの「イングリッシュ・マン・イン・ニューヨーク」と続くオープニングで圧倒されてしまいました。素晴らしい歌声!うまい!パーカッションとギターとベースの3人のダンディ(とは思わない方もおられるかもしれませんが、私的にはカッコいいのです)なオヤジ(失礼)が実にいい味で聴かせてくれます。これまでのキャリアがいい感じに活かされているってところでしょうか。
 ボーカルは主にパーカッションの方でギターの方がそれに絡む(ソロもありました)感じでしょうか。
3曲目はジャック・ジョンソンで、4曲目は再びスティングの「シェイプ・オブ・マイ・ハート」をじっくり聴かせてくれ、マイケル・フランクスの「モンキー・シー・モンキー・ドゥ」、マーヴィン・ゲイの「ファッツ・ゴーイン・オン」、ベン・E・キング(ジョン・レノンが有名か)「スタンドバイミー」、ジェフ・バックリーの「ラバー・ユー・シュド・ハブ・カム・オーバー」・・・ときて11曲目ラストはハービー・ハンコックとジョン・メイヤーの「スティッチト・アップ」だったでしょうか。本来私の守備範囲ではないので曲名などは不正確かも。あまり聴かないジャンルの曲だったりしますが、実に渋くて素敵に魅了してくれました。私には特に1曲目、2曲目、4曲目がとても印象的でした。是非、また聴きたい!そんなライブでした。
 ムーンシャワーのライブは知らないアーチストも多いのですが、油断なりません。料金的にもリーズナブルというか安価ですので、音楽好きな方はご注目下さい。
a0036952_0242957.jpg

 4月29日のライブの後はシネマナイトとなり、ジョンフォード監督の、たぶん「荒野の決闘」だったと思いますが、ワイアット・アープが活躍する西部劇の名作で、しばし見入ってしまいました。ヴィノによる予定だったので、途中で出ましたが、出来ればもっと見たかった。。。懐かしの名画好きな方もご注目。

a0036952_16122399.jpg

 そしてこの7月18日は昨年楽しませてくれた與那嶺商会のライブ。今回は店長さんと◎ターシ(にぢゅうまるたーし)とダンサーのアツオニアウエチーノさんのフルメンバーでのライブ。「涙そうそう」、「島唄」、沖縄民謡「芭蕉布」と続いて始まったライブは、限りなく素人に近いプロとHPで紹介されているアツオニアウエチーノさんの2度のソロで微妙な笑いをはさみ、オリジナルの「花鳥風水」、スタンダードな「スタンドバイミー」と聴かせ、「エチケットソング」「涙のワンナイト首里城」で楽しくフィナーレ。アンコール2曲で楽しいひと時が終わりました。お客さんを巻き込んでのライブはまた機会があれば楽しみたいものです。

 8月後半のイベントは22日に毎月楽しみにしているIROIROさんのライブ。私は泊まりで楽しんでくるつもりです。29日はストリートパフォーマンスショー。ジャグリング、マジック、バルーンなどステージショーとテーブルサービスが楽しめるようです。

 9月の予定はまだ詳細不明ですが、9月11日~13日はハウステンボスで行われるマイケルジャクソン・メモリアルイベントの中のファンイベントとしてマイケルジャクソン・ファンの集いが企画されていますが、レンブラントホールでのディナー&トークショーに続き、ムーンシャワーでのCLUB MJが9月11日・12日の両日行われるようです。「MJスピリットのショーを皮切りに始まる陶酔のダンスナイト」はきっと素敵な盛り上がりを魅せる事でしょう。参加ご希望の方は事前予約をこちらからどうぞ。
 マイケル・ジャクソン氏はハウステンボスを2度訪れ、中でもクリスタルドリームがお気に入りだったというエピソードは知られていますが、そのクリスタルドリームが期間限定で復活するなど、マイケル・ジャクソンファンにとっても、ハウステンボスファンにとっても注目のメモリアルイベント。MJエピソードツアーではマイケル・ジャクソン氏が泊まった迎賓館の部屋も見学できるようで、その点でも注目かと。期間限定かつファンの集いは人数限定での企画。詳細はリンク先オフィシャルサイトでご確認ください。


 これからもムーンシャワーはハウステンボスにおいて素敵な夜のひとときをもたらしてくれる事でしょう。

 その時々によりライブ、バルーン Night(風船を使ったパフォーマンスショー。各テーブルをパフォーマーが回りバルーンサービスやプレゼントも)、ストリートパフォーマンスショー(目の前で繰り広げられるパフォーマーによるジャグリング。ショーの終了後にはバルーンサービスも)などといったイベントが行われています。
 ライブ・イベントスケジュールについてはオフィシャルサイトでチェック下さい。
a0036952_23441641.jpg

 ライブ・イベントが行われていない日は、シネマナイト(懐かしい、古き良き時代の映画を楽しみながらごゆっくりとお過ごしいただけます。)、DJナイト(話題のハウスミュージックを中心に、DJが素敵な夜のひとときを演出)といったお楽しみがあり、料金はノーチャージでドリンク代(及びおつまみ代)のみで楽しめます。ドリンク代は必要ですが、下記のようにリーズナブルな価格設定であり、寝るまでにもうひと楽しみって時に利用しやすいお店でもあるかと。

 ライブやイベント時の入場料(アーチストによって価格に違いも)もワンドリンク付きですから、安過ぎる気がする位だと思うのですが、いかがでしょう。。。

  現在ムーンシャワーは以前のような18歳未満入店不可の年齢制限はなくなっています。これは大きな変更で、07年のゴスペルライブでも、小学校低学年の可愛いレディが満面の笑顔で力いっぱい拍手・手拍子していた光景がとても印象的でした。昨年も大人な世界に興味津津で楽しんでいる姿をかなり見かけ微笑ましく思いました。リゾートの夜、いつもでは味わえないこんな夜は、きっとこの素敵な想い出として長く心に財産として残ることでしょう。

ライブが行われる日は看板に案内表示もあると思いますので、ご注目下さい。

a0036952_2328818.jpg

またテーブルゲームもいろいろと用意されているのを見かけたことがあります。それらを借りて遊ぶのも良いかと思います。

以下は7月18日の記録を元にしたものを再掲したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-19 03:55 | ビネンスタッド

カクテルスタンド/ムーンシャワー

a0036952_7341264.jpg

今回はアムステルフェーン、グランキャフェ前にオープンしている屋台のご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。

この屋台は繁忙期などにオープンするもので、この夏はカクテルスタンド ムーンシャワーとしてほぼ連日(私がみかけた範囲では毎日)昼・夜営業しているようです。
営業日、時間等不明ですが、オープンしているのを見かけられたら、ちょっと一杯、ドリンクの利用はいかがでしょう。

下記は8月8日~14日に記録したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2009-08-16 07:33 | ビネンスタッド