<   2008年 05月 ( 59 )   > この月の画像一覧

鉄板焼/戎座(昼)

a0036952_2572663.jpg

今回はホテルヨーロッパに昨年10月2日オープンした和食のお店2店のうち鉄板焼の戎座のランチタイムメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
九州の厳選ブランド牛を中心に、地元の新鮮な野菜や魚介を鉄板焼にて供する戎座。
笑顔が集う、心楽しいひととき。
新鮮な素材の魅力をそのままに、職人が見事な手さばきで焼いて供する美味の数々が
鉄板の上で音を立て素材をお客様の好みに焼き上げ、食欲と笑顔を誘います。
焼き手の演出とともに、会話も弾む鉄板焼。
素材にまつわる物語が聞ければ、それも楽しいひとときのエッセンスに。
食べる楽しさの原点を、思い出していただけることでしょう。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 カウンター10席×2コーナー 計20席
【営業時間】昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_2582331.jpg

ホテルヨーロッパの裏口横手の建物に日本料理店がそれぞれ造られています。
入口は戎座も吉翠亭も共通です。
a0036952_22401445.jpg

入り口に受付・クロークがあり、戎座は入って直ぐ左手。
a0036952_2584911.jpg

鉄板カウンターが左右にあり、それぞれ10名座れるようになっています。
a0036952_2591027.jpg

窓の外にはちょっとした日本庭園があり良い雰囲気。
a0036952_2593061.jpg

見事な手さばきで調理される様もご馳走です。
若手の方も頑張っておられます。
使われている食材は吟味されたもの。
サラダにもディナータイムにおいては下足・貝柱といった魚介が使われ工夫がなされており、特製のガーリックライスも個性派で、料理長が関西の方で活躍されていた際にはこのガーリックライスを目当てに通われていた方も多いとか。
a0036952_304186.jpg

お店の雰囲気も、スタッフの方のサービスもなかなかのものです。その心配りが居心地の良さを生み出しています。
私個人の感想は味はハウステンボスJR全日空ホテルの名店「大村湾」に匹敵する、時に凌駕しているかも?と思う反面、眺望などを含めると総合力ではまだ「大村湾」の方が上かも?と微妙なところです。ところが、ネットでみていると評価は分かれるようで、味に関しても大村湾に軍配を上げられる方もおられます。
オープンしてまだ1年経たない戎座。評価はまだまだこれからが勝負でしょう。
新人の方も頑張っておられるようですから、今後さらに充実していく事を期待して見守っていきたいと思います。
a0036952_22144574.jpg

いろいろと飲みながらですが、私の場合、昼で1時間~1時間半、夜はたっぷり2時間かけて食事を楽しんでいます。花火やイベントなどを楽しみたい方は、時間には余裕をみておかれるとよろしいかと思います。
席数に限りがあるうえに、(たっぷり時間をかけて食事されるので)あまり回転しないとなると、1日に利用できる客数は限られたものになりますので、利用される際は予約をお勧めします。

ふくちゃんのレポ レポその2「3月2日帰国【ランチ@戎座】」
せつこさんのレポ その2 その3

以下は5月6日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-08 22:14 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

吉翠亭・戎座(ドリンクメニューPart1)

a0036952_33358.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパに昨年10月に新しくオープンした吉翠亭と戎座のドリンクメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日6月17日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
ドリンクメニューに関しては両店共通です。

ホテルヨーロッパの和食処として、日本酒や焼酎などかなり検討され厳選されたものが用意されています。夜だけでなく、昼間からそれらをいただけるのがのんべには嬉しいもの。
美味しいお酒が飲みたい、九州の美味しいお酒が飲みたいって方、昼間から飲みたいって方吉翠亭・戎座は大注目です。
特に毎月登場しているお勧めの限定銘柄は入手困難な焼酎なども含まれていたり、価格的にもとってもお得で注目です。
10月から3月までに提供されていた特選お勧め銘柄の日本酒・焼酎・梅酒の中には、メニューには載っていないものでも現在でもいただけるものがあります。
a0036952_23505575.jpg

2月10日時点では、焼酎や日本酒を乗せたワゴンを持ってきていただくと、ざっとみただけでも「森伊蔵」「魔王」「伊佐美」「月の中」「佐藤 黒」「佐藤 麦」「杜氏潤平」「繁枡 大吟醸 箱入り娘」「エビス福梅」といったこれまでに提供された特選銘柄で、現在のメニューにはのっていないものが見受けられました。焼酎・日本酒党の方はメニューにない逸品がある可能性もありご注目!
a0036952_23512046.jpg



a0036952_2352937.jpg

私も当然のごとく、、「杜氏潤平」¥808、「森伊蔵」¥1,039(各々税・サービス料込。)を楽しんできました。これらは入手困難なもので、当面は現品限りの可能性が少なくありませんので、飲みたい!って方はお早めに。
a0036952_16123725.jpg

食前酒として用意されている「すず音」もご注目。
女性には梅酒もお勧め。ただ梅酒は甘めなので料理にはあわせにくいかも?私は食後にデザートワイン的に楽しんでいます。

以下は5月5日・6日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-08 21:32 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

吉翠亭・戎座(ドリンクメニューPart2)

a0036952_23591147.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップします。

以下にドリンクメニューの続きを記載します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-08 21:18 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパに昨年10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:6:30~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg



a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

夜は2時間ほどかけて楽しませていただきました。
お昼は、(私の場合)およそ1時間(~1時間半)。
戎座も良かったけど、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューが提示されない場合もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)などお勧めです。

下記は5月5日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-08 17:36 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

チョコレートハウス

a0036952_124169.jpg

今回はハウステンボス・ニュースタッド地区のチョコレートハウスです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
上記写真は外壁の少女像のレリーフ。「小間使いの少女」というドレスデン美術館所蔵の肖像画(ジャン・エティアンヌ・リオタール画)が原画。ピンクの帽子にエプロン姿、お盆に乗せてチョコレートを運んでいる様子が描かれているとか。
1744年にジュネーブの画家 ジャン・エティアンヌ・リオタールによって「チョコレートを運ぶ少女」が描かれました。
 その昔、チョコレートは飲み物であった。始まりは飲み物として、そして今では食べ物として独特の風味とコクを持つセピア色の宝石。
 チョコレートハウスは、その本物のおいしさと伝統を「チョコレートを運ぶ少女」に託してあなたに贈ります。

 心をこめて。

 チョコラテリアではそんな昔を感じさせるおいしいチョコレートドリンクをはじめ、チョコレートピザなどのオリジナルメニュー、コーヒーやジュース、ビール、軽食など、約50種類のメニューが楽しめます。
 館内中央には、高さ4.2メートルから本物のチョコレートが流れ落ちる「チョコレートの滝」や、売店、工房の設備もあり、様々な角度からチョコレートが楽しめます。
【場所】ニュースタッド地区グルメレストラン街
     席数:80 席
【営業時間】10:30~18:00(ラストオーダー)
   ※パスタセットは16:00オーダーストップ
【予約】対応なし。ただし、チョコレートフォンデュのみ事前予約必要。この場合の予約はメニューの予約であって席の予約ではないので注意。
   ※チョコレートフォンデュも用意があって予約が定数に達していないような場合などは、予約なしで楽しめたというレポを見た事もあります。予約していない場合でご希望の場合はダメもとで聞いてみるのも手かも。
チョコレートフォンデュの予約/ 電話0956-27-0603

HTBで人気のショップ。三菱商事と神戸の老舗チョコレートメーカー「モロゾフ」との合弁会社により運営されているようです。
チョコレートフォンデュは隠れたハウステンボス名物。お勧めです。
カレーやチョコレートドリンクも美味しいと評判のようです。好みがあるかと思いますが。。
チョコレートピッツァには注意が必要(1人ではボリュームが多いとか)のようですが、この手のメニューが好きな人には好評のようです。

以下のメニューは5月1日に記録したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-08 10:09 | ニュースタッド

バーガーハウス/ダム

a0036952_9335461.jpg

今回はバーガーハウス・ダムです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ビネンスタッドのお店の中で、とくに若い世代に喜ばれているお店がバーガーハウスダム。ちょっとお腹がすいた、というときに手軽に食べられるハンバーガーは、旅人の強い味方である。
アムステルダムの中心にある市民に親しまれる広場「ダム」の名を冠した店の名前どおり、誰でも気軽に入れる雰囲気もいい。
いくら時間があっても足りないハウステンボスの街の散策の途中で頬張るハンバーガーの味は、また格別。
【場所】ビネンスタッド カルーセル前
  ※席数:店内70席、テラス28席
  ※禁煙
【営業時間】10:00~17:30(ラストオーダー)
  ※5月3日~5日は20:00ラストオーダーでした。時期により営業時間・店休日は異なりますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

a0036952_9342478.jpg

以下は5月1日記録したもの。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-08 09:35 | ビネンスタッド

アンカーズラウンジ(ウォーターコートコンサート)

a0036952_22495467.jpg

今回はハウステンボス、ホテルヨーロッパにあるアンカーズラウンジのウォーターコートコンサート時のメニューです。
改訂版をアップします。最新更新日7月4日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
残念ながらH20年6月いっぱいで終了となりました。継続を願う声は少なくなく、再開を願っております。
アンカーズラウンジのその他の時間帯のメニューについては、こちらをご覧下さい。
運河に抱かれたホテルヨーロッパ。おやすみ前のひととき。
内海を望むアンカーズラウンジで、軽快なリズムとともに
すてきな夜のひとときをお過ごしください。
【時間】21:10~22:00
  ※1月7日~2月29日まで(だと思います)は冬時間で20:10~21:00までと、通常より1時間早くなっています。
【料金】カバーチャージ (ドリンク別)
     一般         ¥1,155
     場内ホテル宿泊者   ¥577

HTBの1日を締め括るイベントとしてのコンサート。ハヴィエル・オルモ氏!(HTB再訪を熱望しています。)のコンサートを筆頭に素晴らしいコンサートの数々。毎日これだけのコンサートを開催し続けているホテルはあまり類をみないのでは、と思います。

ルーマニアの方たちによるクラシックコンサートであったり、サックスなどのブラス中心のジャズ演奏であったり、日本人女性によるバイオリンとピアノによるクラシック主体のコンサート。
そしてハンガリーの方たちによるバイオリンとピアノによるクラシック主体で、ポップス、ジャズを交えた演奏で、リクエストタイムもあり、以前のルーマニアの方たちの頃に近い内容であったり。。。とその時々によりコンサートの内容は変わり、楽しませてくれます。
a0036952_22542191.jpg

現在はハンガリーの方によるバイオリンとピアノによるもので、なかなかに素敵なコンサートが行われています。
5月3日に楽しませていただいたコンサートの内容は姉妹ブログにアップしてますので、宜しかったらこちらをご覧下さい。

現在のシステムは、コンサートのテーブルチャージは1,155円(場内ホテル宿泊者は577円)で、別にドリンクをオーダーする形式です。
コンサート終了後は、日帰りの方、場外ホテル宿泊の方はしかるべきところまで、車で送っていただけるだろうと思います。ハウステンボスでの1日の〆に、非日常の1日を満喫する為にも利用されてみてはいかがでしょうか。

さて、この素敵なコンサート。残念ながら6月末をもって終了となる予定です。出来ることなら、7月以降も続けていただきたいと願っているのですが。。ホテルヨーロッパの素晴らしさを象徴するようなイベントだと思いますので。
5月、6月に帰国される方、最後の機会かもしれませんので、ご利用を検討されてはいかがでしょうか。

みーさんのレポ
みーさんのご意見
まいさんのレポ&ご意見

下記メニューは5月3日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-07 22:52 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

レンブラントホール(GWファミリーディナーブッフェ)

a0036952_620546.jpg



a0036952_6581049.jpg

            ※上記写真は06年夏のもの
今回はハウステンボス、ホテルヨーロッパのレンブラントホールでこのGWに期間限定で行なわれるファミリーディナーブッフェのご紹介です。
ホテルヨーロッパ「レンブラントホール」でのディナーブッフェが登場。地元の旬の食材や、フランス産の食材をふんだんに取り入れたメニューをご用意しております。
【期間】08年5月4日(日)、5日(祝)
【時間】18:00~21:00
【料金】大人(中学生以上) 6,000円
    シニア(60歳以上) 4,500円
     小学生      3,000円
   幼児(4歳~小学生未満)1,000円
    ※サービス料込み、飲み物別
    ※ホームページ(上記リンク先)を見ての予約(予約時にその旨伝えて下さい)、モーレンクラブ会員の方は10%割引。(飲み物代は割引対象外)
【予約】要予約。ハウステンボスホテルズ 宴会予約係 TEL:0956-27-0545

a0036952_835154.jpg

 レンブラントホールはホテルヨーロッパの宴会場。食の饗宴(このところ行なわれていないのが残念ですが・・またムッシュの素晴らしい料理・企画をお願いしたいものです。)などが行われる会場でもあります。素晴らしい雰囲気のこのホールで行なわれるブッフェはハウステンボス・ブッフェの最高峰!料理の内容・質(その時々の価格設定により内容等は異なりますが。。)、サービスの質、いずれも申し分なしです。
a0036952_9505940.jpg

 豪華な雰囲気の中、洗練されたサービスに素晴らしい内容の料理の数々・・・価格以上の満足感が得られる内容だと思います。
a0036952_8362527.jpg

 対象日のハウステンボスはかなりの人出も予想されます。そのような場合、問題なのが、食事の際の大混雑。ユトレヒトのレストラン街などかなりの行列、待ち人が出ることが予想されます。
 レストラン街で食事する場合は食事の時間帯を通常よりずらすなどしないとかなり待つことを覚悟する必要があるかもしれません。
 そのような事情からすると、あらかじめお気に入りのレストラン・プランを予約しておく事もお勧めです。ただし、レストランによっては予約対応でないところも多いですし、予約の場合はメニュー等に制約がある場合もあります。
 その意味でレンブラントホールの(ファミリー)ディナーブッフェは予約対応でありお勧めです。

 ファミリーで、カップルで想い出に残る素敵な食事を楽しまれてはいかがでしょう。もちろん1人での利用も問題なしです。
 宿泊者以外でも利用できますし、ファミリーでなくとも一人でも利用できます。カップルでの利用も素敵でしょう。コースはちょっと緊張する、というような方もブッフェなら気軽に利用できるものと思います。私の隣の席はカップルでのご利用で、「やわらか~♪かまなくてもいいねぇ。。きてよかったね♪アリガト」ってなもんでとっても素敵な感じで食事されていたようです。
 お勧めの企画です。対象日ハウステンボスを訪れる方、検討されてはいかがでしょう。

にょろさんのレポ(07年クリスマス)
にょろさんのレポ(07年夏)
にょろさんのレポ(06年クリスマス)
マーチさんのレポ(06年夏)
guraさんのレポ(06年夏のファミリーディナーブッフェ) フォトアルバム
a0036952_0422072.jpg

以下に08年5月4日に利用した際の料理等の内容を記します。ご参考までに。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-05 08:51 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ユトレヒトテラス

a0036952_442233.jpg



a0036952_445726.jpg

今回はユトレヒトテラスです。
GWになり営業を再開していますので、改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
【場  所】ラグジュアリーリゾートゾーン・ユトレヒトテラス
【営業日】4月26日・27日、5月3日~5日営業
【営業時間】11:00~17:00(ラストオーダー)
    ※雨天・荒天時店休する場合があります。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

a0036952_22474817.jpg

繁忙期に臨時営業するユトレヒトテラスがこのGWも期間限定でオープンしています。
4月26日・27日に続き、5月3日~5日も営業しています。

時期によりメニュー内容がかなり変わるユトレヒトテラス
チューリップ祭前半・JTBデーでは「長崎・佐世保グルメ街道」として昨年のチューリップ祭前半とほぼ同様のコンセプトで、佐世保バーガーの他、海軍さんのビーフシチューや島原の具雑煮、大村寿司など郷土色のあるメニューが提供されており、個人的にはこの路線が良いような気がしていますが、提供体制・施設の問題なのか、特定の時期以外はそのようなラインナップにはなっていません。

a0036952_451681.jpg

下記のメニューは4月27日に一部のメニューを記録してきたものに5月3日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-05 07:26 | ユトレヒト

オークラウンジ(ナイトタイム)

a0036952_100253.jpg

今回はホテルアムステルダムのラウンジ、オークラウンジのナイトタイムメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
※デイタイムメニューにつきましてはこちらをご覧下さい。
星空、酒、そして人との語らい。ひととき夢の世界の旅人となる。

オーク材の書棚が据え付けられたこのラウンジは、まるで友人の家の居間に招かれたような暖かい落ち着いた雰囲気。ソファーに身をゆだねながらグラスを傾けるひとときは、都会では味わえない贅沢でゆたかな時間が流れていきます。ティータイムを楽しむラウンジとして、又アペリティフ(食前酒)やディジェスティフ(食後酒)に、お気軽にお立ち寄りください。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内
    * 席数:28席
【営業時間】10:00~23:30(ラストオーダー)
     10:00~18:00は禁煙
【予約】対応なし
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。ただし10:00~18:00は全席禁煙

a0036952_011752.jpg

 オークラウンジの位置は初めての方にはわかりにくいように思います。ホテルアムステルダムに入ったロビーの正面突き当たりにエレベーターがありますが、その左手に位置しています。
a0036952_154244.jpg

 「オークラウンジ」はあまりラウンジらしくないラウンジで、隠れ家的なスポットと言えるのではないでしょうか。
 ハウステンボスにはアンカーズラウンジ、ティークリッパーという素敵なラウンジがあり人気ですが、オークラウンジはその両者とは異なる味わいがあります。
a0036952_23572416.jpg

 上の写真のラウンジ入り口左手にカウンター(客席はありません)があり、右手がレジ。そこから直接見えない位置に席があり、スタッフの方の視線をあまり意識することなく過ごす事ができます。疲れている時であるとか、静かに落ち着いたひと時を過ごしたい時などとても良いような気がしています。
 午後のひと時を時に転寝しながら過ごしたり、お気に入りの本を片手に過ごしたり。。。
 
 ホテルラウンジとしては、ヨーロッパの「アンカーズラウンジ」、デンハーグの「ティークリッパー」そしてアムステルダムの「オークラウンジ」。それぞれを比較すると、紅茶なら「ティークリッパー」、コーヒーなら「アンカーズラウンジ」と言えるかと私は思います。そしてここ「オークラウンジ」はフレッシュジュースに特徴があるように思えます。
はしっこのひとさんのレポによるとケーキセットをオーダーするとコーヒーカップが選べるとか。地元の焼き物にこだわって陶器のカップが用意されています。これがなかなか楽しい!と思います。

 フードメニューもホテル特製バーガー(ステーキバーガーの評判が良いです。お勧め!)や、ナイトタイムはおつまみもあってなかなかのものです。
 そのほかにもケーキセットやサンドイッチ、アラカルトメニューが用意されています。


a0036952_0183019.jpg

 18時以降はナイトタイムとしてメニューが変わります。デイタイムのメニューも渡される事がありますので、オーダーできるのでしょう。ただし、ケーキは売り切れている事も多いようです。
 今のHTBで本格的にアルコールを楽しむのであれば、「シェヘラザード」「ヴィノテーク」「グランキャフェ」そして「カフェ デ ハーフェン」、焼酎(シェヘラザードのラインナップが素晴らしい!)や日本酒なら「按針」でしょう。
 ただ、それらのお店とは違った趣があり、下記のようなアルコールメニューをソファーで寛いで楽しむのになかなか良いと思います。また、焼酎に関しては下記のように地元のものをいろいろと揃えてあり、つまみも美味しいものが用意されていますので、ここオークラウンジもお勧めです。

花火やイベントの待ち時間に、一日の終わりに素敵な書斎のような「オークラウンジ」でグラスを傾けてみませんか。

                          オークラウンジレポ
びよりさんのレポ
みーさんのレポ
catruiさんのレポ
びよりさんのレポ
すまさんのレポ
はしっこのひとさんのレポ2
はしっこのひとさんのレポ
はしっこのひとさんのレポ

以下は5月3日夜記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-04 14:13 | ビネンスタッド