<   2008年 05月 ( 59 )   > この月の画像一覧

ローズカフェテラス

a0036952_0241759.jpg



a0036952_0244953.jpg

今回はバラ祭が始まったハウステンボスで、バラの運河に期間限定でオープンしたローズカフェテラスのご紹介です。最新更新日6月6日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
見事に咲きそろったバラたちを、船内から優雅に眺めることができます。ローズティーやローズカクテル、美味しいケーキなどと一緒にお楽しみください。
【期間】5月10日(土)~6月15日(日)
【営業時間】12:30~16:30

a0036952_0253398.jpg

場所はアートガーデン横、白鳥たちに餌やり体験が出来る場所です。ここにカナルカフェで使われるパーティークルーザーが薔薇の装いで係留されています。
a0036952_0255819.jpg

船内や、船の後部デッキで、あるいは運河沿いのテラス席で薔薇や白鳥、黒鯛などを愛でながらひと時の安らぎを楽しむのになかなか素敵です。
a0036952_0262128.jpg

15時頃には餌やりが行なわれる事も多く、その時間帯を中心に白鳥たちが集まっています。
ハウステンボスの運河には沢山の生き物が住み着いていますが、このあたりはもっとも魚影が濃いところでもあります。
a0036952_026375.jpg

運河沿いの壁面の薔薇も見ものです。
a0036952_8255615.jpg

また現在白鳥の赤ちゃんが誕生しており、22日時点で運河で1羽、森のゾーンで5羽愛らしい姿を楽しむ事ができます。
a0036952_8263854.jpg

ここローズカフェテリアでも14時半~15時過ぎ位の時間帯(餌やりの時間帯)にその愛らしい姿を見ることが出来るのではないかと思います。
a0036952_828598.jpg

ちなみにここで見かけなかった場合はアムステルダム運河の現在メガ3Dを楽しむ事のできる旧クリスタルドリーム横に水飲み場がありますが、そこで見かける事ができるかもしれません。森のゾーンで楽しむのも素敵です。

いつもはホテルのバーなどで素敵にサービスしていただいているバーテンダーの方たちの洗練されたサービスで居心地の良い時間を過ごすことができました。
a0036952_0301165.jpg

運河はハウステンボスを象徴するものの1つ。カナルカフェとはまた一味違ったローズカフェテラス。お散歩の途中に利用するのにお勧めです。
ただし、ケーキについてはホテルズのラウンジで提供されているもの(ホテルズのケーキを参照下さい。)とはラインナップが異なりますので、ケーキがお目当ての方はどちらがお好みか検討されておかれた方が宜しいかと思います。
a0036952_83142.jpg

 ※みーさんのレポ
 ※guraさんのレポ
 ※sayuriさんのレポ

以下は5月22日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-25 08:32 | アートガーデン

ベーカリーカフェ/グーテンアペティート

a0036952_14272121.jpg

今回はグーテンアペティートです。
改訂版をアップします。最新更新日09年8月6日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ドイツ語で『おいしく召し上がれ』という名前の当店は、明るい店内に焼き立てパンの香りが漂うベーカリーキャフェテリア。 オランダ風家庭料理をテーマにしたオリジナルメニューが楽しめます。また、場内にあるパン工場で焼き上げた自慢のパンはテイクアウトもOK。
【場所】ビネンスタッド地区ルーベンス通りタンテ・アニー横
    席数:186席、テラス36席
【営業時間】10:30~18:30(ラストオーダー)
  ※店休日や営業時間は時期により異なることがありますので、ハウステンボスニュースでご確認下さい。
【予約】対応なし

店内で販売されているパンはホテルクオリティのもので、実際にホテルの朝食などで出されているものと同じもの。お土産に買って帰る人も多く、翌日の朝食用などに購入する宿泊者もいます。
a0036952_1845124.jpg

オープン当初パンを提供していたロイヤルが撤退して、天然酵母を使用したパン作りで名高いフランスの「メゾンカイザー」の日本法人の指導下でハウステンボス内の工場で作られるパンが場内ホテルやアペティートなどに提供されるようになっているようです。ロイヤル時代のパンも評判が良かったのですが、現在のパンも多くの方に支持されているようで、ホテルの朝食などでも人気が高いようです。

a0036952_159442.jpg

店内での食事は、トレー(お箸などは店内にもあります)を持ってカウンターで表示・展示されているメニューを見てオーダーしレジで支払う形式。

店内メニューはもとはアメリカ人が見たヨーロッパ風の料理がテーマだったとか。
現在はグーテンアペティートも変身中なのでしょう。皿うどんやラーメン(かなり美味しいと思いましたが、現在メニューにないようなのが残念です。いずれ再登場して欲しいものです。)、ロコモコなどの新メニュー開発が行われてきています。
佐世保名物となったハンバーガーも、ビッグハンバーガーとして登場しました。ビッケンビッケンとここアペティートのハンバーガーは佐世保バーガーの認定を受けています。

a0036952_1593766.jpg

メニュー構成や店のシステム(半セルフサービス:食後の片付けはお店の方がやってくださいます)、雰囲気から子供さん連れも利用しやすい、ファミレス的なお店で、子供向けのカレー、ハンバーグのセットも用意されています。
ドリンクのみの利用も可能です。
ソーセージ(これがまた美味しいのです。少なくとも私好み。)つまみにビールをぐいっといくのも素敵です。

この3月15日にかつてのキッズファクトリーがショッピングゾーンとしてリニューアルオープンしました。買い物にいそしむお母様方を待ちながらお父様たちはアペティートで一服、ってのも良さそうです。
その意味では店頭に「ドリンクのみでのご利用も歓迎です」といった表示があると利用しやすいかと思いますし、ビールセットのようなものも用意されていると良いかも。
と以前の記事で書いていましたが、今回ビールセットが登場していました。
a0036952_7195227.jpg

内容は写真のようなもので、ソーセージにダッチフライドチキン、フライドポテトとボリュームは生ビール1杯に対しては十分過ぎるほど。欲を言えばソーセージが異なる味わいのものであると(1種だと好みに合わない場合もありますので)より楽しめるのですが、生ビールとのセットで¥1,000(現在は¥1,200で提供されているようです。)は、お勧めでもあるダッチソーセージとセットでいただく場合よりも生ビール代¥550お得です。
このセットをオーダーした際、先にビールを受け取り後から調理されたおつまみが運ばれてきましたがその間にビールはかなり進んでしまいますので、ペース配分をご注意。ビール2杯楽しむつもりであればまったく問題ありませんが。

下記メニューは5月22日に記録したものを元した先の記事に修正を加えたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-25 07:21 | ビネンスタッド

グランキャフェ(ウィスキー)

a0036952_946104.jpg

今回は、ハウステンボス アムステルフェーンにあるカフェ&バーグランキャフェのバータイムメニューからウィスキーに関するものです。
改訂版をアップします。最新更新日09年3月23日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
それ以外のメニューにつきましては「What's New」からご覧下さい。
店内に入るとまず驚くのが、お酒の種類。1,000種類以上のお酒が並ぶカウンターはまさにお酒のミュージアム。300種類以上のレパートリーを誇るバーテンダーが鮮やかな手つきで供するカクテルの味は貴方の気分次第。
【場所】ビネンスタッド地区アムステルフェーン1階
    席数:55席
【営業時間】18:00~23:30(ラストオーダー)
【店休日】毎週火曜日店休。
     ※貸切日店休となる場合もあります。
     ※営業時間、店休日は時により異なる場合がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【その他】喫煙席あり。

a0036952_351876.jpg

世界の銘酒事典を網羅しようかという洋酒のラインナップなど、のんべの方も満足される品揃えだと思います。予想以上に本格的なバーで、リーズナブルな料金で普通はなかなか手がでないようなお酒を楽しむのも良い思い出になることでしょう。
オンザロックを頼むと何気に氷がアイスボール(これは手間が相当かかるのです)だったりする、素晴らしいバーです。
a0036952_20361046.jpg

1日に2回行われる生演奏も素敵ですが、低く流れるジャズを聴きながらグラスを傾けるの静かな時間もよいものです。

a0036952_21242169.jpg

以下は5月11日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-22 09:05 | ビネンスタッド

グランキャフェ(シャンパン・ワイン・ビール・焼酎他)

a0036952_3524431.jpg

今回はグランキャフェのバー・メニューのうちワイン・シャンパン・ビール等に関するものをご紹介します。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
それ以外のメニューにつきましては「What's New」からご覧下さい。
店内に入るとまず驚くのが、お酒の種類。1,000種類以上のお酒が並ぶカウンターはまさにお酒のミュージアム。300種類以上のレパートリーを誇るバーテンダーが鮮やかな手つきで供するカクテルの味は貴方の気分次第。
【場所】ビネンスタッド地区アムステルフェーン1階
    席数:55席
【営業時間】18:00~23:30(ラストオーダー)
    ※毎週火曜日店休
    ※貸切の場合もあります。
    ※営業時間、店休日は時期により異なる事がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【その他】喫煙席あり。

a0036952_355406.jpg

HTBでは朝から夜までいろいろな所でアルコールを楽しむ事ができます。そのような中にあって、グランキャフェはシェヘラザード、ヴィノテークとともにHTBを代表する素晴らしいバーです。
市中のスナック・バーとは異なりセット料金はなく、ドリンク代のみ(以前はチャージ300円がかかってました)ですから気軽に利用できると思います。
a0036952_3565713.jpg

ふだん酒の席に縁のない方でも、1人でも気軽に利用されてはいかがでしょう。とっても素敵な雰囲気の中、非日常の1日の締め括りとしてもっと活用されてよいお店だと思います。
カクテルの名前とかわからなくてもよいのです。「アルコール控えめで飲みやすいもの」とか「さっぱりした口当たりのよいもの」といったリクエストで充分です。季節のカクテルも用意されていますし、HTBにちなんだオリジナルカクテル(新メニューになって減らされたのが残念ですが)も。どのようなカクテルか気軽に質問するとよいです。カウンターでのそのような会話も楽しみのうち。遠慮は無用です。

世界の銘酒事典を網羅した(現在欠品となっているものもありますが)という洋酒のラインナップなど、のんべの方も満足される品揃えだと思います。予想以上に本格的なバーで、リーズナブルな料金で普通はなかなか手がでないようなお酒を楽しむのも良い思い出になることでしょう。

時期によってはピアノ等の生演奏が行われることもありますが、これもまた素敵です。いかにも酒場にふさわしい演奏スタイルに選曲で魅せてくれます。
このあたりは先の記事(カクテル)をご参照下さい。

以下は5月11日に記録したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-22 08:38 | ビネンスタッド

韓国料理/ソウル(昼)

a0036952_2126319.jpg



a0036952_1819960.jpg

今回はハウステンボス・ユトレヒト地区にある韓国料理の店ソウルの昼メニューです。
改訂版をアップします。最新更新日1月19日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
夜のメニューについてはこちらをご覧下さい
当店の料理長が腕をふるうメニューは、日本人にも馴染みの深い、焼き肉や冷麺といったものから、本格的な宮廷料理まで幅広く用意されています。店内はシックなカラーでまとめられ、落ち着いた雰囲気でお食事が楽しめます。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街2階
     席数:70席(個室10席 予約のみ)
【営業時間】11:30~15:00/17:00~20:30(ラストオーダー)
    ※月曜日店休
    ※営業時間は時期により異なることがありますので、店休日とあわせハウステンボスニュース等でご確認ください。
【予約】対応。詳しくはオフィシャルサイト参照下さい
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗

HTB唯一の韓国料理の店として異彩を放っています。料理長の味への探究心が実を結び、人気店となり、韓国の方も絶賛されたとか。そのこともあってか?韓国の方の利用も多いようで満員のことも多いです。
a0036952_0524998.jpg

特にビビンバは美味しくて、評判良いようです。夏季限定の冷麺など季節メニューも人気です。
ビビンバや冷麺は辛味のコチュジャンは別皿に添えてだされますので、辛いものが苦手な方も大丈夫です。ただし冷麺でもビビン冷麺のように中にコチュジャンが入って提供されるものも中にはありますので、辛いものが苦手な方は、そのあたりはオーダーの際に確認された方が良いかもしれません。
ビビンバについてはメニューに美味しい食べ方が紹介されていますので、ご覧になったうえでいただくとよろしいかと思います。

コムタンクッパもまろやかな優しい味わいで、辛いものが苦手な方、韓国料理よりも和食の方がという方にも美味しくいただけるメニューかと思います。
韓国お好み焼きチヂミもコストパフォーマンスに優れたメニューだと思います。
全体に料金的にもお手頃感のあるお店で、この価格帯のお店としてはハウステンボスでも最もお勧めのお店の1つだと思います。


びよりさんのレポ
marchさんのレポ

以下は5月18日に利用した際の記録を元に以前の記事を改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-19 00:19 | ユトレヒト

イタリアンレストラン/プッチーニ(ランチタイムPart1)

a0036952_20285010.jpg



a0036952_19225895.jpg

今回はイタリアンレストラン・プッチーニのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
長崎を舞台にした有名な歌劇『蝶々夫人』。その作曲者、イタリア人のプッチーニの名を冠している当店は、ローマの廃墟をイメージした造りの店内で昼はリーズナブルに、夜はコース料理を中心に楽しむことができます。
【場所】ユトレヒト・ワールドレストラン街1階
    席数68席
【営業時間】11:00~21:00(ラストオーダー)
    ※15:00~17:00中間クローズ
    ※火曜日店休。
    ※時期により営業時間・店休日は異なる事がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】予約対応。詳細はHPで。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗。

現在(かつては同じだった時もあります)ランチタイムとディナータイムではメニューが異なっています。プッチーニらしさを楽しむとすればどちらかと言えば、ディナータイムでの利用のような気もします。

昨年の6月にメニューが大幅に変更され、ランチタイムはカツレツとリゾットのお店になっていました。
セットメニューが3種(フェトチーネオリジナーレセットを加えると4種)用意されており、ハーフセットなどけっこうお得感があるように思いますが、量をたくさん食べられる方にはボリューム不足かもって気も。
そのような場合に追加オーダーするのに適した前菜などのメニューが欲しい気がしております。

プッチーニと言えば、パスタがハウステンボスにおいて最も美味しいお店の1つだと思っていましたが、現在通常メニューにおいてはフェトチーネオリジナーレのみになっているのは、ちょっとどうかって気もします。
フェトチーネオリジナーレはプッチーニ名物のようなメニューですが、チーズを好まない方には向かないメニューです。
リゾットなどと食材等を共通させる事で、もう少しパスタメニューを用意して欲しい気もしますし、月替わりで今月のパスタといったメニューもあると嬉しいのですが。。
a0036952_12383263.jpg

お盆期間中限定でテラス席でのみ提供されていた五島うどんを使った冷製ボロネーズ¥1,000はなかなか美味しかっただけに、現状は残念な気もします。
GW期間中はパスタセットと4種のパスタが提供されていましたが、GW明けは以前のメニューに戻り、パスタはフェトチーネオリジナーレのみになっています。

プッチーニは好きなお店ですし、サービススタッフの方たち(場内レストランでは最も充実していそうです)の頑張りを感じる、好感の持てるレストランですので、好みのメニューがあれば利用してみる価値は大いにあるかと思います。
現状ではプッチーニらしさという点ではランチタイムよりもディナータイムの方がより「らしい」感じがします。
a0036952_19231964.jpg


びょりさんのレポ
guraさんのレポ

下記メニューは5月18日に利用した際にメニューを記録したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-18 23:36 | ユトレヒト

イタリアンレストラン/プッチーニ(ランチタイムPart2)

a0036952_222345.jpg

プッチーニのランチタイムメニューの続きです。
字数制限の為2つに分けてアップします。

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-18 23:27 | ユトレヒト

グランキャフェ(カクテルPart1)

a0036952_2236216.jpg



a0036952_044141.jpg

今回はグランキャフェのカクテルメニューです。
改訂版をアップします。最新更新日5月28日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
グランキャフェのその他のメニューはこちらからご覧下さい。
店内に入るとまず驚くのが、お酒の種類。1,000種類以上のお酒が並ぶカウンターはまさにお酒のミュージアム。300種類以上のレパートリーを誇るバーテンダーが鮮やかな手つきで供するカクテルの味は貴方の気分次第。
【場所】ビネンスタッド地区アムステルフェーン1階
    席数:55席
【営業時間】18:00~23:30(ラストオーダー)
【店休日】毎週火曜日店休。
     ※貸切日店休となる場合もあります。
     ※営業時間、店休日は時により異なる場合がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【その他】喫煙席あり。

HTBでは朝から夜までいろいろな所でアルコールを楽しむ事ができます。そのような中にあって、グランキャフェはシェヘラザード、ヴィノテークとともにHTBを代表する素晴らしいバーです。
市中のスナック・バーとは異なりセット料金はなく、ドリンク代のみ(以前はチャージ300円がかかってました)ですから気軽に利用できると思います。

ふだん酒の席に縁のない方でも、1人でも気軽に利用されてはいかがでしょう。とっても素敵な雰囲気の中、非日常の1日の締め括りとしてもっと活用されてよいお店だと思います。
カクテルの名前とかわからなくてもよいのです。「アルコール控えめで飲みやすいもの」とか「さっぱりした口当たりのよいもの」といったリクエストで充分です。季節のカクテルも用意されていますし、HTBにちなんだオリジナルカクテルも。どのようなカクテルか気軽に質問するとよいです。カウンターでのそのような会話も楽しみのうち。遠慮は無用です。
また、今はメニューにないカクテル、例えばハウステンボスにちなんだオリジナルカクテルや、過去の季節のカクテルも、材料があれば(フレッシュフルーツを使うものなどは時期によってはできないでしょう)つくっていただく事ができることも。
もっと気軽に利用し、楽しまれてよいバーだと思います。
ちなみにコーヒーでの利用も可能(たぶん今でも可能だと思うのですが?)です。ノンアルコールカクテルもいろいろと用意されています(下記のように充実が図られています)ので、アルコールが飲めない方でも楽しむことができるでしょう。

世界の銘酒事典を網羅した(現在欠品となっているものもあるようですが)という洋酒のラインナップなど、のんべな方も満足される品揃えだと思います。予想以上に本格的なバーで、リーズナブルな料金で普通はなかなか手がでないようなお酒を楽しむのも良い思い出になることでしょう。
a0036952_21124068.jpg

時期によっては、ピアノ等の生演奏を楽しむことができます。その時々により内容等は異なりますが、私が楽しんだ範囲では、いかにも酒場にふさわしい演奏スタイルに選曲で魅せてくれます。
ライブの時間・内容は時期により変更がありますので、店外表示されているもので、ご確認下さい。

現在はライブが、1st STAGEが21:00より 2nd STAGEが22:00から各20分間行われているようです。水がバイオリン、木~月がピアノです。
a0036952_22365341.jpg

また、特別に19:30からピアノ連弾コンサートも行なわれています。こちらは6月30日まで(火・水曜日休演)。
この連弾コンサート、ハンガリーから来られた双子の奏者でなかなか素晴らしいです。
a0036952_22371893.jpg

5月11日に楽しんできましたが、その際の内容はハンガリアンダンスで始まり、マイウェイ、ヘイジュード、スケーターワルツ?といった内容でご機嫌かつ息の合った見事な演奏でした。日毎演奏曲目は異なるという事ですから、期間中何度か足を運びたいと思っています。

オンザロックを頼むと何気に氷がアイスボール(これは手間が相当かかるのです)だったりする、素晴らしいバーです。

以下は5月11日の記録をもとに改訂したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-18 22:37 | ビネンスタッド

グランキャフェ(カクテルPart2&ノンアルコールカクテル)

a0036952_849565.jpg



a0036952_850030.jpg

字数制限のため2つにわけてアップします。最新更新日5月28日

以下にメニューの続きを記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-18 22:10 | ビネンスタッド

グランキャフェ(フードメニュー)

a0036952_2236216.jpg



a0036952_044141.jpg

今回はグランキャフェのフードメニューです。
改訂版をアップします。最新更新日9月18日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
グランキャフェのその他のメニューはこちらからご覧下さい。
店内に入るとまず驚くのが、お酒の種類。1,000種類以上のお酒が並ぶカウンターはまさにお酒のミュージアム。300種類以上のレパートリーを誇るバーテンダーが鮮やかな手つきで供するカクテルの味は貴方の気分次第。
【場所】ビネンスタッド地区アムステルフェーン1階
    席数:55席
【営業時間】18:00~23:30(ラストオーダー)
    ※毎週火曜日店休
    ※貸切の場合もあります。
    ※営業時間、店休日は時期により異なる事がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【その他】喫煙席あり。

HTBでは朝から夜までいろいろな所でアルコールを楽しむ事ができます。そのような中にあって、グランキャフェはシェヘラザード、ヴィノテークとともにHTBを代表する素晴らしいバーです。
市中のスナック・バーとは異なりセット料金はなく、ドリンク代のみ(以前はチャージ300円がかかってました)ですから気軽に利用できると思います。

ふだん酒の席に縁のない方でも、1人でも気軽に利用されてはいかがでしょう。とっても素敵な雰囲気の中、非日常の1日の締め括りとしてもっと活用されてよいお店だと思います。
カクテルの名前とかわからなくてもよいのです。「アルコール控えめで飲みやすいもの」とか「さっぱりした口当たりのよいもの」といったリクエストで充分です。季節のカクテルも用意されていますし、HTBにちなんだオリジナルカクテルも。どのようなカクテルか気軽に質問するとよいです。カウンターでのそのような会話も楽しみのうち。遠慮は無用です。
また、今はメニューにないカクテル、例えばハウステンボスにちなんだオリジナルカクテルや、過去の季節のカクテルも、材料があれば(フレッシュフルーツを使うものなどは時期によってはできないでしょう)つくっていただく事ができるでしょう。実際に「グランキャフェ」や「サザンウィンド」などを楽しんできました。
もっと気軽に利用し、楽しまれてよいバーだと思います。
ちなみにコーヒーでの利用も可能です。

世界の銘酒事典を網羅した(現在欠品となっているものもあるようですが)という洋酒のラインナップなど、のんべの方も満足される品揃えだと思います。予想以上に本格的なバーで、リーズナブルな料金で普通はなかなか手がでないようなお酒を楽しむのも良い思い出になることでしょう。
a0036952_16213995.jpg

時期によっては、ピアノ等の生演奏を楽しむことができます。いかにも酒場にふさわしい演奏スタイルに選曲で魅せてくれます。
現在はライブが、1st STAGEが21:00より 2nd STAGEが22:00から各20分間行われているようです。水がバイオリン、木~月がピアノです。
また、特別に19:30からピアノ連弾コンサートも行なわれています。こちらは6月30日まで。
ライブの内容・時間は時期により変更がありますので、店外表示されているもので、ご確認下さい。

オンザロックを頼むと何気に氷がアイスボール(これは手間が相当かかるのです)だったりする、素晴らしいバーです。

フードメニューも按針とタッグを組み充実が図られています。按針からのメニュー2つは、時間帯によっては(按針混雑時)かなり待ち時間を要すると思います。

以下は5月11日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-17 21:52 | ビネンスタッド