<   2008年 05月 ( 59 )   > この月の画像一覧

中の茶屋(夜)

a0036952_150211.jpg



a0036952_112950.jpg

今回はハウステンボス、ユトレヒト地区の日本料理中の茶屋の夜メニューです。
改訂版をアップします。最新更新日7月27日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
座敷ならではの和やかなくつろぎの中でいただく日本の味覚。窓の外にはレンガの街並みが広がり、まるでアムステルダムの日本料理店にいるかのような錯覚に陥ります。大村湾とその近海で獲れる新鮮な魚介類を素材に和食の味が堪能できます。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街2階
    席数:152席/28卓(10名様×1卓、8名様×1卓、6名様×8卓、4名様×18卓)
【営業時間】昼:11:30~15:00迄
      夜:17:00~20:30(オーダーストップ)
    ※水曜日店休
    ※営業時間、店休日はハウステンボスニュース等でご確認ください。
【予約】対応。詳細はオフィシャルサイトで。
※予約の場合、メニューは夜は卓袱料理になるようで4名~6名で、1人¥4,000~。昼は松花堂2,500円~。3日前までに予約が必要のようです。キャンセル料が発生する場合がありますので、詳細はオフィシャルサイトをご覧下さい。
【その他】Edy対象店舗

a0036952_1464133.jpg

HTBにおいては貴重な和食の店。
私が案内された席は掘りごたつ式(掘りごたつ式でない席もあります)でゆったりと食事を楽しめました。
お酒もある店ですが、店の雰囲気などからも子供さん連れの利用にも適しており、実際に幅広い年齢層に利用されています。
a0036952_147287.jpg

窓際の席からは運河をのぞむ事ができ、なかなかの眺めです。
a0036952_2258758.jpg

昨年10月からホテルヨーロッパに和食処が2店舗オープンしました。日本料理の吉翠亭と鉄板焼の戎座。さらに12月には麺 おもやいもオープン。
それぞれにつきましてはこのブログでもご紹介していますが、和食利用の際の選択肢が増えています。
現在ハウステンボス場内における和食のお店は
高級店
・日本料理 吉翠亭
・鉄板焼 戎座
・懐石料理 伊萬里  予約制。4日前までに予約が必要。

和食処
・中の茶屋
・花の家
・麺 おもやい


・鮨 按針

長崎ちゃんぽん
・悟空

とあり、ホテルアムステルダムのア クールヴェールのランチやディナーのブッフェも和食料理が充実しています。また場外になると全日空ホテルの雲海も素敵です。
どこを利用するかは、予算やメンバー、お好みなどにより考慮することになるでしょう。

以下のメニューは5月29日に利用した際の記録を参考に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-30 14:29 | ユトレヒト

バーガーハウス/ビッケンビッケン

a0036952_239157.jpg

今回はバーガーハウス・ビッケンビッケンです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
ハンバーガーやソフトクリームはアッと驚くサイズ。特製バンズを使用したビッグハンバーガーは具だくさん。 ソフトクリームはピーナッツ、赤ワインなど4種類。ジャンボソフトクリームはレギュラーサイズの倍のボリュームで食べ応え抜群です。
【場所】港町スパーケンブルグ地区オレンジ広場
【営業時間】10:30~21:00
 ※雨天・荒天時店休
 ※季節(月)により営業時間等は異なります。ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

 HTBでハンバーガーといえば、「ビッケンビッケン」「ダム」、加えて「オークラウンジ」「グーテンアペティート」。(注:他にもチーズワーフのようにハンバーガーをメニューに加えている店があります。)
a0036952_832657.jpg

 ビッケンビッケンは「佐世保バーガーのお店!」。佐世保バーガー認定制度の第1回認定店26店舗のうちの1つです。
 「ヒカリ」であるとか特定の佐世保バーガー店の味を楽しみたいって方は、これからも佐世保まで足を運ぶ事でしょうが、単に佐世保バーガーを味わいたいって方はこのビッケンビッケンやグーテンアペティート、更には佐世保バーガー以上の佐世保バーガーとも思えるオークラウンジで楽しまれると宜しいかと思います。

比較的手軽に食事を、という時は使い勝手のある店だと思います。ハンバーガーもかなりボリュームがありけっこう美味しいと思います。ハンバーガーを日常的に食しているわけではありませんが、他店との比較などし難いのですが、以前とある佐世保バーガーのお店で食べた感じでは遜色ないような、むしろビッケンビッケンの方が美味しいような気がしたこともあります。

a0036952_42944.jpg

ただ、注意しないといけないのは、この店の厨房施設は限られており、注文が重なるとなかなかさばけない事がある点です。場所柄、花火などのショーの開始時間を待つ間に注文しようとする方たちがかなり多いのですが、かなりの行列が出来ているような場合は、オーダーするまでに10分以上並んで待たないといけない場合もあります。オーダーした後も調理されたものを受け取るにはやはりそれなりの待ち時間が必要な場合があります。繁忙期など合計30分近く待った事があります。
行列が出来ている場合は、花火の開始時間までかなり余裕をもって並ばないと並んでいるうちに始まってしまう事があります。並んでいると花火を鑑賞するには店が邪魔だと思います。

ソフトクリームのラインナップも季節によっても違いがあり(赤ワイン、マロンとかコスモスとか。。)楽しみです。


下記は5月11日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-29 04:11 | スパーケンブルグ

エクセルシオール(ランチタイムPart1)

a0036952_039524.jpg

今回はホテルデンハーグのメインダイニング・地中海風料理エクセルシオールのランチタイムメニューです。
増補版をアップします。最新更新日6月13日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
オーシャンビューが眼前に広がるテラスを持つメインダイニング。イタリア・スペイン・南仏・ギリシャなど、陽光あふれる地中海の味覚と洗練された味わいに仕上げた南欧スペシャリティを気取りのないサービスとともにお楽しみいただけます。
【場所】スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:104席
    禁煙
【営業時間】
   モーニング 7:00~10:00
   ランチ   11:30~15:00
   ディナー  17:30~21:30(ラストオーダー)
※婚礼により貸切の場合があります。
【予約】対応。詳しくはオフィシャルサイトを。
【その他】車椅子利用可。子供・赤ちゃん連れの客も歓迎(下記)

a0036952_10573981.jpg

 「今宵のディナーはエクセルシオールで堪能してみることにしよう。お気に入りのワインを賞味し、新鮮な近海の魚をふんだんに使ったメニューに舌鼓を打つ。本場のフランス料理を、あの上柿元勝総料理長の手でさらに洗練させた、オリジナルの地中海風料理だという。あっさりとしていながら、深みのあるソースはまさにここでしか味わえない逸品。海に面したテラス席なら、気分はもっと地中海。」Byデンハーグのリーフレット
a0036952_0573346.jpg

ランチタイムはコース、アラカルトともに(ディナータイムはコースのみ。アラカルトはサラダ及びデザートのブッフェは別料金)季節のサラダが付いて、ブッフェ形式で自由に好きなだけサラダを楽しむことができます。野菜をたっぷりとることができることは、ホテルのメインダイニングの雰囲気、サービスを考えると十分すぎるほどお値打ちではないかと思います。
サラダのブッフェボードにはお箸も用意されています。

ランチタイムに利用するレストランとして、最もお薦めなレストランの1つが、ここエクセルシオールです。
格から言えば、エリタージュやデ アドミラルの方が上でしょうし、それぞれ素晴らしいコースランチをいただく事ができます。リッチにランチを楽しみたい方にはそちらがお薦めかと思いますが、サラダブッフェのお得感、より気軽に利用できる点などで、エクセルシオールはお薦めだと思います。
大村湾の眺めを楽しみながら、素敵なサービスのもとゆったりと食事を楽しむことができるでしょう。
ロード・レーウ、ソウル、老李など魅力あるお店は他にもあります。魅力あるメニューは他にもあります。お好みにより利用されると宜しいかと思います。

デンハーグはリゾートホテルであり、子供さん・赤ちゃんをつれての宿泊客も少なくないはず。と言うことで、そのような客の利用について尋ねてみたところ、
「私どもはウェルカムです。」との明確なお答えが。ただし、子供用の椅子として用意してあるものが、ベルトのないタイプのもののみとかで、特に1歳未満場合、ベビーカーのまま入店していただくか、(海側ではない)ベンチシートの席を用意させていただくことになるとのお話でした。

エクセルシオールで中心となって頑張っておられるホテルマン(ホテルウーマン)の方たちはいずれも一流のサービスマインド・ホスピタリティー精神の持ち主であると私は思います。何か、要望がある場合などお気軽に相談されてはいかがでしょう。

一時期はメニューに変化がなく、好きな店だけに残念な思いをしていましたが、ここにきて九十九島牡蠣フェアにとどまらず、カレーフェア、リゾットフェア、そして再び九十九島牡蠣フェアと季節のフェアが続けざまに行なわれるのは大歓迎♪これからも期待しています。
できれば人気のメニューは定番化するなり、季節メニューとして(多少変更したとしても)再登場させて欲しい気もします。

びょりさんのレポ
ウロウロさんのレポ
senriさんのレポ
kenさんのレポ

以下のメニューは3月2日・5月25日に記録したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-28 21:28 | パレス&デンハーグ

鮨 按針

a0036952_623191.jpg



a0036952_23413544.jpg

今回はハウステンボス、アムステルフェーンにある鮨 按針です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
 地元長崎の新鮮なお魚を使ったにぎり鮨をメインに、珍味や酢物など一品物も充実。また、ドリンク類も地酒をはじめ、各種取り揃えています。お食事はもとよりちょっとしたお夜食まで、ぜひお立ち寄りください。
店名の「アンジン」はデ・リーフデ号で日本にやって来たウィリアム・アダムスこと三浦按針にちなんで名付けられた。朱塗りと黒で統一された店内は、和風のお店でありながらエキゾチックな雰囲気も感じさせる。
【場所】アムステルフェーン1階
   席数:26席
【営業時間】18:00~23:00(ラストオーダー)
【定休日】月曜日店休
  ※営業時間や店休日は時期により異なります。ハウステンボスニュース等でご確認ください。
【その他】喫煙席あり

a0036952_7311753.jpg

居酒屋「按針」が06年7月22日、鮨 按針としてリニューアルオープン。
「真藍」が「花の家」として06年8月1日にリニューアルオープンするのに関連して、「真藍」で鮨を握っておられた料理人の方が「按針」へ異動し「鮨 按針」としてリニューアルオープンする運びになった感じです。
a0036952_23421096.jpg

魚が美味しいと言われる長崎、そして真藍で美味しい握りを食べさせてくれた職人の方ですから、その質は納得のいくもの。
市中の安価なお寿司屋さんに比べると良い値段だったりもしますが、食の安全が脅かされている昨今、地元で水揚げされた質の良いネタをいただけるのは歓迎です。これからもこだわりのネタを提供し続けていただきたいものです。

ハウステンボス場内で握り寿司といえば、ここ按針が最高だと思います。吉翠亭の単品料理の中に握り寿司があり、こちらも劣らず美味ではありますが。
ネタは上質で、特に「吟選にぎり」はいささか良いお値段ではありますが、(好み・評価はひとそれぞれかとは思いますが。。)それに見合うだけ(以上)の満足感を得ることができるでしょう。吟選以外のメニューもなかなかのものだと思います。

お好みのネタもその時々の旬の良質なものが、下記のメニュー記載されているもの以外にも用意されていたりします。
巻物もメニューに載っているもの以外でもいただける場合があり、私は以前「穴子巻」をいただいた事がありますが、Marchさんのレポにある「ウニ巻」を是非食べてみたいものと思っています。

時期により登場し内容が異なる「本日の一品」も楽しみです。「和牛ロースわさび正油」や「熊本産馬にぎり」などとっても美味しかったので再登場を期待したいところです。

ラストオーダーが23:00というのもポイント高いです。遅い時間に食事を楽しめる店として重宝します。ただし、遅い時間にはネタが切れているものもありますので、どうしても食べたい!というものがある場合は早めの時間の利用がよろしいかもしれません。
また、週末など満席・行列な場合もありますので、人出の多いような日は利用時間をずらすなどの配慮も望まれるかもしれません。

Marchさんのレポ
ちこがこさんのレポ
Marchさんのレポ(その2?)
みーさんのレポ
Marchさんのレポ

以下は5月22日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-28 20:44 | ビネンスタッド

毎週水曜日はお得なレディースデー

a0036952_23424929.jpg

今回はハウステンボスの場内ホテルのラウンジ及びシェヘラザードで行なわれているレディースデーについてのご紹介です。

女性の方は水曜日はお得な日。
下記のようなお得なプランが用意されているようです。
以前ラウンジのレディースデーについてはご紹介したことがありますが、期間が不明だったのですが、現在も行なわれているようです。
水曜日に訪れるとホテルに案内の表示が出ているようですが、私は水曜日に訪れる事がまずないので未確認です。という事で下記の内容も一部不明な点もありますが、以前の記録をもとに記載してあります。

以下は5月22日の記録等を元に記載したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-27 23:46 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

エリタージュ(リンク集Part1)

a0036952_9375423.jpg



a0036952_9383110.jpg



a0036952_9385569.jpg

今回はエリタージュです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
※エリタージュのメニューは上記リンク先及び、別にアップしてある(ただし現在は変更があるかもしれません)ので、こちらをご覧下さい。

フランス料理の巨匠、故アラン・シャペルの愛弟子である上柿元勝総料理長が腕を振るう素晴らしい料理と、吟味して選ばれたワイン。極上の正餐が心ゆくまで楽しめる、ハウステンボス内で最高格を誇るフランス料理レストラン。店名のエリタージュは、フランス語で「いいものを受け継ぐ」という意味。巨匠、シャペル自らに「ミヨネーで過ごした3年が、彼を私に近い存在につくりあげた。仕事に対する深い情熱と実践、彼は未来のシャペルである」とまで言わしめた、上柿元総料理長のオリジナリティあふれる料理は、まさに芸術品。地元で採れた新鮮な海の幸、山の幸はもちろん、世界中から集められた最上級の食材が、彼の手によって姿を変えてゆく。そして、銘醸ワインとの絶妙な味のハーモニーは、どんな美食家でも必ず満足するはず。ユトレヒトの運河に面したロイヤルゲストハウス「迎賓館」の1階にあるこのレストランでは、もちろん誰でも食事できるが、予約だけは忘れずに。また、(男性は)ジャケットは必ず着用のこと。
洗練された最高のサービスと、ここでしか味わえない贅を堪能したいというゲストに自信を持っておすすめできる最高格のレストラン。
【場所】ユトレヒト地区迎賓館内
    席数:38席
    禁煙
【時間】11:30~14:00  17:00~21:00
【予約】予約制
        予約・お問い合わせ/レストラン「エリタージュ」 電話0956-27-0548
【ドレスコード】 男性ジャケット着用。ジーンズ・スニーカー不可。
         中学生以上。
※昨年11月よりランチタイムのドレスコードが変更になったようです。ジーンズ・スニーカーは不可ですが、男性のジャケット着用は必要なくなったとか。 これについては、批判的な方もおられるかと想像しますが、私はより利用しやすくなったと歓迎したいと思います。ただ、ジャケット着用の必要はなくなったとはいえ、自ら気後れする事がないような服装が望ましいように思います。といいつつ私が利用させていただく際はたいした格好ではありませんが。。
※中学生以上ですが、個室利用の場合は小学生でも可だったと思います。またこどもの日などには親子での企画が行われることも。
【その他】車椅子利用可

この項はメニュー紹介ではなく、イベント紹介及びメニューに直結するもの以外のレポ紹介を行う、いわゆるリンク集のつもりです。
洗練された極上の味わいと、磨き抜かれたおもてなし

”古き良き時代”のヨーロッパのレストランの優雅で華麗な雰囲気をそのままに受け継いだ、味、雰囲気、サービス共に最高級の、三ツ星レストランの品格を誇るフレンチレストランです。上柿元名誉総料理長がつくり出す料理の数々は、まさに味の芸術品。ソムリエのサービスによるワインと共に、フランス料理の真髄をご堪能下さい。運河よりクルーザーにてそのままご来店いただくこともできます。


以下に各種リンク集を記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-27 21:54 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

エリタージュ(リンク集Part2)

a0036952_21471285.jpg

エリタージュ紹介記事のリンク集の続きです。最新更新日10月30日

字数制限のため2つに分けてアップしています。
以下にディナー、ランチ等のリンク集を記します。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-27 21:48 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ヴィノテーク(グラスワイン飲み放題)

a0036952_6453968.jpg

今回はハウステンボス、ホテルデンハーグのワインバーヴィノテークのグラスワイン飲み放題です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
その他のメニューにつきましては、What's Newにリンク一覧があります。
夕暮れの港を眺めながら、窓際でワイングラスを傾けます。ここヴィノテークは日本のホテルでは初の本格派のワインバー。。ボトル単位でなくてはオーダーできなかった銘柄物のワインが気軽にグラスで楽しめます。
【場所】スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:27席
【営業時間】17:00~24:00(ラストオーダー)
【予約】HPによると対応なし。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

 ヴィノテークはHTBの店の中でも個性的・特徴的で、根強いファンを持つワインバーです。このヴィノテークの隠れ家的なゆったり寛げる雰囲気の中でグラスを傾けながら、バーテンダーとの会話を楽しむ、その至福のひと時の為に遠方からHTBにこられる方が少なからずおられるバーです。

ちこがこさんのレポ その2
senriさんのレポ
※てん&てんの妻さんのヴィノテークレポートです。
 「23.2004/10/16~10/18」から入ってください。
てん&てんの妻さんのレポ・その2

上記のようにワインバーで、ヴィノテークという名称もヴィノが「ワイン」、テークが「集める」事を意味し、「ワインの箱」といった意味の日本のホテルでは初めての本格的なワインバーとしてオープンしました。オープン当初はワイン専門だったようです。その後これまでにご紹介したように、ウィスキー・ブランデー・カクテルなどの幅広いアルコール及びノンアルコールメニューを提供するように変わってきています。内装もボックス席あたりで変更が加えられているようです。

ワイン党の方々からすると、オープン当初のスタイルを個性的であり懐かしむ向きもあろうかと思いますが、HTBの立地及びリゾートという性格からすると現在の有り様の方が望ましい方向であると私は思います。
グループで訪れた場合、全員がワインを嗜むとは限らないですし、アルコール自体飲めない方もおられるのですから。幅広くいろいろな方々に利用され好まれるだけのものが、今のヴィノテークには「確実にある」と私は思います。
「ワインバー」の看板はヴィノの個性であり、大切にすべきと思いますが、その看板故に利用をためらっている方がおられることを思えば、ワイン以外のアルコールメニューやノンアルコールカクテル、加えてフードメニューの提供も行っている事を適切に伝えていくべきでしょう。

ワインについても様々なワインがグラスで楽しめるだけでなく、素晴らしいフェアがいろいろと開催されてきています。
ヴィノのフェアは採算合うの?って心配になるような素敵なもので、見逃せないでしょう。
現在はルイ・ジャド・フェアが行われています。同フェアについてはこちらにアップしています。

ヴィノテークではグラスワインの飲み放題企画もいろいろと行なわれてきましたが、新たな企画としてルイ・ジャド・フェアが始まった事に伴い、飲み放題企画がなくなっていましたが、それを惜しむ声もあったようで、それに応えてか新たに飲み放題企画も試行されているようです。
「試行」と書いたのは、いつまで行なわれるのかとか具体的には決まっていないようです。
a0036952_720963.jpg

また、現在は平日(月~木)のみ行なわれているようですが、これについてもどうなるのか不明な点もあるようで、今のところヴィノテークの店頭に飲み放題の案内があれば利用できる、という感じでしょうか。

以下は5月22日に記録してきたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-27 07:13 | パレス&デンハーグ

ヴィノテーク(セットメニュー&フードメニュー)

a0036952_22184088.jpg

今回はヴィノテークのフードメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
ヴィノテークの他のメニューは「What's New(スパーケンブルグ)」からご覧下さい。
夕暮れの港を眺めながら、窓際でワイングラスを傾けます。ここヴィノテークは日本のホテルでは初の本格派のワインバー。。ボトル単位でなくてはオーダーできなかった銘柄物のワインが気軽にグラスで楽しめます。
【場所】スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:27席
【営業時間】17:00~24:00(ラストオーダー)
※料理のラストオーダーは23:00
【予約】HPによると対応なし。

a0036952_22191269.jpg

 ヴィノテークはHTBの店の中でも個性的・特徴的で、根強いファンを持つワインバーです。このヴィノテークの隠れ家的なゆったり寛げる雰囲気の中でグラスを傾けながら、バーテンダーとの会話を楽しむ、その至福のひと時の為に遠方からHTBにこられる方が少なからずおられるバーです。

catruiさんのレポ
※てん&てんの妻さんのヴィノテークレポートです。
 「23.2004/10/16~10/18」から入ってください。
てん&てんの妻さんのレポ・その2
a0036952_22344583.jpg

ヴィノもシェヘラと同じくフードメニューも注目だと思います。それぞれエクセルシオール、デ アドミラルというホテルのメインダイニングでの調理ですから、美味しいく質の高い料理であるのは保証付きでしょう。
食事処としてだけの利用はいかがなものかと思いますが、一杯やりながら食事を楽しむのも利用法の1つでしょう。HTBに入国する時間が遅くて場内のレストランがあらかた営業を終えている場合や、レストランが軒並み混雑している場合など、ヴィノやシェヘラでアルコールやノンアルコールドリンクをいただきながら、食事をとるのも有効な活用法と言えるのではないでしょうか。ただし、ホテルレストランが混雑している時は、オーダー後それなりの(かなりの)待ち時間が必要になりますので、ゆったりドリンクを楽しみながら気長に待てる方のみお勧めします。

フードメニューのラストオーダーは上記のように23:00ですが、できるだけお出しできるようにしようと、乾き物についてはそれ以降もオーダーできるように変更になっています。それに伴い各種チーズの盛り合わせがオードブルの項から乾き物の項に変更となり23時以降も提供されるようになっています。

以下のフードメニューは5月22日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2008-05-25 09:31 | パレス&デンハーグ

中の茶屋(夜)

a0036952_150211.jpg



a0036952_112950.jpg

今回はハウステンボス、ユトレヒト地区の日本料理中の茶屋の夜メニューです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
座敷ならではの和やかなくつろぎの中でいただく日本の味覚。窓の外にはレンガの街並みが広がり、まるでアムステルダムの日本料理店にいるかのような錯覚に陥ります。大村湾とその近海で獲れる新鮮な魚介類を素材に和食の味が堪能できます。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街2階
    席数:152席/28卓(10名様×1卓、8名様×1卓、6名様×8卓、4名様×18卓)
【営業時間】昼:11:30~15:00迄
      夜:17:00~20:30(オーダーストップ)
    ※水曜日店休
    ※営業時間、店休日はハウステンボスニュース等でご確認ください。
【予約】対応。詳細はオフィシャルサイトで。
※予約の場合、メニューは夜は卓袱料理になるようで4名~6名で、1人¥4,000~。昼は松花堂2,500円~。3日前までに予約が必要のようです。キャンセル料が発生する場合がありますので、詳細はオフィシャルサイトをご覧下さい。
【その他】Edy対象店舗

a0036952_1464133.jpg

HTBにおいては貴重な和食の店。
私が案内された席は掘りごたつ式(掘りごたつ式でない席もあります)でゆったりと食事を楽しめました。
お酒もある店ですが、店の雰囲気などからも子供さん連れの利用にも適しており、実際に幅広い年齢層に利用されています。
a0036952_147287.jpg

窓際の席からは運河をのぞむ事ができ、なかなかの眺めです。
a0036952_2258758.jpg

昨年10月からホテルヨーロッパに和食処が2店舗オープンしました。日本料理の吉翠亭と鉄板焼の戎座。さらに12月には麺 おもやいもオープン。
それぞれにつきましてはこのブログでもご紹介していますが、和食利用の際の選択肢が増えています。
現在ハウステンボス場内における和食のお店は
高級店
・日本料理 吉翠亭
・鉄板焼 戎座
・懐石料理 伊萬里  予約制。4日前までに予約が必要。

和食処
・中の茶屋
・花の家
・麺 おもやい


・鮨 按針

長崎ちゃんぽん
・悟空

とあり、ホテルアムステルダムのア クールヴェールのランチやディナーのブッフェも和食料理が充実しています。また場外になると全日空ホテルの雲海もなかなかに素敵です。
どこを利用するかは、予算やメンバー、お好みなどにより考慮することになるでしょう。

以下のメニューは5月22日の店外表示の記録を参考に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-05-25 09:07 | ユトレヒト