<   2008年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ハーバーカフェテリア

a0036952_21132192.jpg



a0036952_1936942.jpg

今回はハウステンボス・スパーケンブルグ地区のハーバーカフェテリアのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日2月7日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
バラエティー豊かなメニューをより気軽に
旧ポルチッタ・ピノキオ・グランデが、ハーバーカフェテリアとしてリニューアルオープン。豊富なメニューを気軽に楽しめる価格で揃えていますので、ご家族連れのお客様にお勧めします。ランチ、ディナーはもちろん、休憩にもご利用ください。
【営業時間】11:00~20:00(ラストオーダー)
  ※2月は17:00~20:00で、2月3日・10日・11日・17日・24日は11:00オープン。
【店休日】
  ※2月21日、28日は店休。
  ※営業時間、店休日は時期により異なることがありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【席数】 座席数 1階 200席
      テラス 40席
【その他】車椅子利用可。

a0036952_11585478.jpg

ポルチッタ・ピノキオ・グランデがリニューアルしてハーバーカフェテリアが07年春に誕生しました。
場所は港町スパーケンブルグのバス停とオレンジ広場の中間あたりで、ランガダイク前(及び帆船デリーフデ号前)になります。
a0036952_21244695.jpg

ハーバーカフェテリアには入口が2つあります。冒頭の写真はランガダイク側の入口で、ポルチッタの入口もこちらでしたね。
その入口を入って左手を見たのが上の写真です。
現在飲食物の提供が行われているのがこの左手になります。
a0036952_21322820.jpg

左手に進んだ突き当りの写真です。
セルフサービスのお店ですので、ここでトレーを持ち、カウンターでオーダーしながら飲食物を受けとり、流れの最後にあるレジで支払いを済ませる形式です。
a0036952_2134339.jpg


飲食物を受け取り支払いを済ませると好みの場所・席でいただきます。
その時の人出などにより開放されているスペースは異なるようで、通常使用する1階左手以外のスペースも開放されている事があります。
a0036952_21362791.jpg

左手の席は明るい開放的な空間です。

a0036952_21494623.jpg

1階中央はスペースを区切られた、個室風空間。

a0036952_21532855.jpg

ランガダイク側から見た1階右手はテーブル席。
壁側かスクリーンが下ろされたような感じになっていますが、この夏は一時こちらでお好み焼きが提供されていた事があります。
現在は下記のように平日にはポルチッタ・ピノキオ・グランデとしてオープンしています。
※ポルチッタの臨時営業は1月のみで、2月は行われていないようです。


先ほどの写真でお気づきかと思いますが、2階への階段からの写真がありましたが、2階部分がオープンになっているのが、今回のリニューアルの特徴の1つといって良いかと思います。
a0036952_21575497.jpg

2階席です。
a0036952_21592277.jpg

2階のテラス席です。
a0036952_221474.jpg



a0036952_2213552.jpg

2階テラス席からの眺めは良く、注目ですね。
ただし、2階席が利用できる場合でもテラス席はクローズされている事がありますし、2階席自体クローズになっていることもあります。
昨夏はこの2階席で1階とは別のメニュー(お好み焼きや焼きしゃぶしゃぶ等)が提供されていた事もあります。

a0036952_2243159.jpg

1階、デリーフデ側の入口です。こちら側には1階テラススペースがありますが、ドムトールン側はバーベキューテラス・ブリュとして営業され、デンハーグ側はハーバーカフェテリアとして、飲食物をテイクアウトする感じでいただく事ができるようです。天気の良い日などは開放的に食事するのも良さそうですね。
a0036952_6321660.jpg

こちらがわに期間限定で屋台(場所をハーバーカフェテリアの横オレンジ広場側に移動して営業していた事もあります)が登場し、限定メニューが提供される事があります。ジャンバラヤ(上の写真)や巨大パエリアなど。これらもこのテラス席でいただく事もできます。
この冬はこちら側でオイスターバーベキューが行われています。
a0036952_23264368.jpg

上記右側スペース及び、2階への階段はクローズされている事もあるようです。利用者が少ない時間帯などは店舗左側スペースのみでの営業なのかもしれません。
昨年クリスマス及び大晦日にポルチッタ・ピノキオ・グランデが先に別記事でご紹介したように臨時営業していましたが、この1月7日からユトレヒトのピノキオが土日・祝日のみの営業となり、平日はこちらでポルチッタ・ピノキオ・グランデが代わりに営業しています。
※2月からはユトレヒトのピノキオは通常通りの営業で、ポルチッタの方は店休のようです。

a0036952_85633.jpg

中央通路にサービスステーションがあり、お冷はこちらに用意されています。
a0036952_8561619.jpg

中央の青い○を押すと冷水が出てきます。

リニューアルオープン当初に比べメニューが少しずつ追加を重ねてきており、オープン当初よりも充実してきたように思います。
カフェテリア形式のお店は便利な面もありますが、一般的に質や味の点ではそれなりってイメージですが、これまでいただいた範囲では予想以上に味・量の点においても納得のいくものでしたが、いろんな声を聞くと、賛否が分かれているようです。(おそらく)バイトスタッフが多いと言う事もあり(私見では各スタッフの方たちにかなり好感なのですが)、多客時・多忙時には必ずしも十分な対応が出来ないでいる節もうかがえ、そのあたりも承知の上での利用(味や質にこだわる方は他店を利用されるとか)が望ましいかもしれません。

下記は1月14日に店外表示の記録を元に改定したものです。店外表示では確認できないものもありますので、一部不正確かもしれません。ご参考程度にご覧下さい。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-31 19:28 | スパーケンブルグ

デ アドミラル(ディナーPart1)

a0036952_17314636.jpg

今回はデ アドミラルのディナータイムメニューです。
改訂版ををアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:90席
      禁煙
【営業時間】
 モーニング(Open時は) 6:30~10:30
 ランチ   11:30~14:30
 ディナー  17:00~22:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (ランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには1時間半程度はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
  一部のメニューはインターネットで予約する事で特典として10%オフになることもありお得です。

デ アドミラルは重厚なホテルヨーロッパのメインダイニング。格調高い落ち着いた雰囲気で、窓外の風景や温かみのある照明がムードを高めてくれます。
料理の内容やサービスも素晴らしいです。

エリタージュと異なり、ハウステンボスがリゾートであることから、アドミラルにおいてはドレスコードはありません。必要以上に気負うことなく、ゆったりとひと時の贅沢を堪能してみてはいかがでしょうか。
ディナーの所要時間はおおよそ1時間半から2時間位でしょうか。あまりの居心地良さに3時間以上かけてゆったりじっくりと楽しまれる方も少なからずおられるようです。

勘定は(基本的に)テーブルチェックになりますので、食事が終わりましたら係りの方にその旨告げ、テーブルにて支払いを済ませる事になります。
a0036952_7181640.jpg

以下の料金は税込み価格です。ただし別途10%のサービス料がかかります。

ここでは食事メニュー及びワインのフェアメニューのみの紹介となっていますが、当然ドリンクメニューもいろいろ用意されており、特にワインはなかなかのラインナップのようです。
また、事前に予約すれば予算・好みに応じて、通常メニュー以外の料理・コースをいただく事も可能なようです。

まいさんのレポ
Marchさんの「モーレン会員限定ディナー」レポ
「すし屋のおかみさん」のレポ

下記メニューは12月6日に店外表示を記録したものに2月以降のプランをご紹介したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-31 17:39 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

ミュージックバー/ムーンシャワー

a0036952_0161192.jpg

今回はハウステンボス・アムステルフェーンのムーンシャワーです。
ハウステンボスニュース添付の営業時間案内に記載誤りがあったようですので、訂正版をアップします。「本日のイベント」についても店外表示されていたものを少しご紹介しています。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
 ハウステンボスで唯一アナログ音楽を聴きながらお酒を飲めるムーンシャワー。
専属DJのセレクトする1960年代以降のロックやポップスに包まれながらお酒が楽しめます。ノーチャージで、メニュー価格もリーズナブル。
素敵な大人の夜の時間をお過ごしください。
【営業時間】19:30~23:00(ラストオーダー)23:30(クローズ)
   ※ハウステンボスニュースと共にいただく営業時間一覧の記載には誤りがあったようで、店外表示にて上記のように訂正がありました。
【店休日】毎週月曜日及び貸切日
   ※時期により営業時間、店休日は異なる事がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
   ※店休日の記載にも誤りがあったようで、水曜日を月曜日に上記のように訂正しました。
【料金】ノーチャージ。ドリンク代のみのようです。
   ※ゴスペルのようなイベントがある場合はチャージがあることも。
【座席数】60席
【年齢制限】以前は「18歳未満は入場不可」でしたが、現在は年齢制限はありません。
【予約】貸切り、2次会等の予約受付。詳しくは上記リンク先、オフィシャルサイトをご覧下さい。
   予約・問い合わせはハウステンボス予約センターまで  0956-27-0011
【その他】喫煙席あり。イベントがある際はイベント時禁煙。

a0036952_125169.jpg

一昨年冬のゴスペルが終わり、店休していたムーンシャワーが昨年のチューリップ祭以降、キャストによるショーイベントは通常行わず、DJが選ぶオールディーズナンバーを聴かせるミュージックバーとしての営業を行い、
a0036952_005738.jpg

昨年夏は05年、06年とサンバチームで素敵な歌声を聴かせてくれていたリリアンさんとギターのロドリーゴさんのライブが魅せてくれました。
60年代70年代の懐かしいオールディーズナンバー。とっても素敵なライブでした。
このライブについては姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらご覧下さい。

夏のライブが終了した後、再びクローズする話もあったようですが、テナントとして営業を続ける道がとられました。
ハウステンボスのナイトスポットにおいても、これまでに数々の素敵なイベントで楽しませてくれたムーンシャワー。独特の魅力があり、頑張って営業を続けていただきたいものです。

イベントが行われていない時期は、料金はノーチャージでドリンク代(及びおつまみ代)のみで楽しめます。
a0036952_23431512.jpg

「懐かしい音楽に包まれて、あの頃の”時”をお過ごしください。」

a0036952_23465755.jpg

ミュージックバーとして営業するに際して、店内は若干の改装が加えられ、フロア内にも客席が設けられ、フロアの正面席があった所にDJブースが設置されていました。
a0036952_23422479.jpg

9月以降さらに若干の改装が行われており、DJブースの位置も変更されています。
また上記のように、現在ムーンシャワーは以前のような18歳未満入店不可の年齢制限はなくなっています。これは大きな変更で、現在行われているゴスペルライブでも、小学校低学年の可愛いレディが満面の笑顔で力いっぱい拍手・手拍子していた光景がとても印象的でした。きっとこの素敵な想い出は長く心に財産として残ることでしょう。
a0036952_23434149.jpg

DJの方の選曲による(リクエストも可能なようです)どこか懐かしいオールディーズが心地よく空間に満ちています。
照明を落とした落ち着いた雰囲気の中(写真は感度を上げての撮影ですから実際よりかなり明るい感じで写っています)、ご機嫌なナンバーに身をゆだねながらグラスを傾ける。。。
a0036952_23441641.jpg

魅力的なバーがいろいろと存在するハウステンボスにあっても、他とは異なる魅力空間です。
正面スクリーンには懐かしい映画がながされています。
懐かしい音楽に思わず踊りだす方たちの姿も。。。

そしてこの冬11月23日~12月30日にはゴスペルライブでおおいに魅了してくれました。
a0036952_7422453.jpg

MOON SHOWER GOSPEL&SOUL
【期間】11月23日~12月30日
【時間】21:20~、21:50~ 各約20分
【料金】場内ホテル宿泊者・モーレン会員¥1,000 一般¥1,500 子供(中学生以下)¥500
  ※サービスドリンク付き
  ※場内ホテル宿泊者は、宿泊を証明するもの(ルームキー)等の提示が必要で、会員は会員証を提示します。

パンチの効いたパワフルなボーカル・演奏。ハートウォーミングなライブで感動をよんでいました。
a0036952_738749.jpg

クリスマスナンバー(サイレントナイト)やポップスの大ヒットナンバー(恋のサバイバル)も聴かせてくれ、ゴスペルに無縁の方でも十分楽しめる内容ではないかと思います。
ハウステンボスにおいてはハーレムメッセンジャーはすでにお馴染みであり、この時期再会できるのを多くの方々が心待ちにされていたようです。
ライブが終わってしまった今、きっと再会を願っている方々も少なくないはず。

再会の為にも、ムーンシャワー、大切にしていきたいものです。機会がありましたら是非ご利用下さい。
a0036952_10591785.jpg

ゴスペルライブは終わってしまいましたが、週末など素敵なライブが行われる事があるようです。
1月5日にもなかなかに素敵なライブを楽しませていただけました。
a0036952_10585136.jpg

ライブが行われる日は看板に案内表示があると思いますので、ご注目下さい。いろいろと工夫されているようです。
※1月27日には「火曜日は歌謡NIGHT♪<歌謡曲の夜>」の表示があり、リクエストもできるようです。
※1月20日(日)は「オールリクエストの日」の表示がありました。

a0036952_2328818.jpg

またテーブルゲームもいろいろと用意されているようです。それらを借りて遊ぶのも良いかと思います。

以下は1月5日に店内メニューを記録してきたものです。一部記録が不鮮明で不確かな部分もあるかと思います。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-31 13:40 | ビネンスタッド

全日空ホテル/鉄板焼「大村湾」

a0036952_1013188.jpg

         ※上の写真は全日空ホテルの「大村湾」とは直接のつながりは、ありません。大村湾って事でイメージ画像ですね。
今回は、ハウステンボスJR全日空ホテルの大村湾です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
厳選された牛肉、採れたての魚介類、地元の新鮮な食材を集めて、お客様の前で調理いたします。
シェフの見事なナイフさばきにもご注目ください。
眼下に悠然と大村湾が広がる最上階からの眺めも格別です。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル12階
    席数 20席
【営業時間】17:00~22:00
【予約】対応。 できれば予約された方がよいかと思います。  
     予約・問い合わせは 0956-58-7111

a0036952_22574078.jpg

「大村湾」はコストパフォーマンスの点からすると、味・展望とも優れていると思います。
目の前で調理してくれるお店で同等の味の所は他にもあるとは思いますが、同等の景観を誇るところは。。。味・景観共に満足させてくれる所は希少価値があるのではないでしょうか。

シェフも貫禄のある方、若く可憐な女性シェフ、いずれも素敵な気配り・調理で魅せてくださいます。2人でいってコースメニューの選択肢で迷っていると、それぞれを(例えばサーロインとフィレを)1人分づつとし、分けてサーブしてくださったりします。その点では例えば平戸コースと五島コースをオーダーして魚介と肉とをそれぞれ分けて出してもらうように頼む事も可能でしょう。

展望は「アストラル」と同じ12階で最高!です。ただ、鉄板焼きのカウンターを囲んで席がありますから、窓際に席が並ぶ「アストラル」の方が展望を楽しむには有利とは言えるかと思います。「大村湾」の場合、席によっては柱などによりさえぎられて花火などは見にくい場合があります。(今の花火はオレンジ広場あたりで楽しむのが一番だと思います。)
席数も限られていますので、利用される場合は予約される事をお勧めします。早めの予約の方が席の面でも良いかもしれません。
a0036952_2342730.jpg

12階からの眺めは最高ですが、日没後はライトアップの中心からは離れている事もあり、ワッセナーには明かりがあまり灯らない事が多いこともあって、日没前黄昏時からの食事開始が個人的なお勧めです。冬場は17時(半)頃から、夏場であれば18時半頃からでしょうか。
夕暮れ時の空がロゼ色に染まる頃はまるで異国に
いるような錯覚をおこすセレブな空間で
地元で取れた新鮮な食材を、お客様の目の前で、シェフが
見事なナイフさばきで調理します。
新鮮な素材をダイナミックにしあげ、その味をさらに引き立てる
ワインを各種とり揃えています。
鉄板焼とワインは不思議な組合せと思う方も多いようですが
ワイン選びに困ったらいつでもソムリエに相談して下さい。
お客様の雰囲気とお食事にピッタリのワインをお選びします。

ワインメニューはいろいろあったと思います。(以前の記録ですが)一例として、
・バロンフィリップ メルロー (グラス)       ¥809~
・バロンフィリップ シャルドネ(グラス)       ¥809~
・モエ・エ・シャンドン(グラスシャンパン)      ¥1,155~
a0036952_234489.jpg

デザートは鉄板焼カウンターから席を移していただきます。これも気分が変わって良いものです。食事の余韻に浸りながら、デザートやコーヒーなどを楽しんだ後、支払いはその場でテーブルチェックです。

ホテルヨーロッパに鉄板焼の戎座がオープンし、ホテルヨーロッパクオリティの料理で期待されていますが、現在のところ、ここ大村湾の方を推す声も強いようです。
料理については、今後どのような比較評価になっていくかわかりませんが、美味しい料理がいただける上に景観のアドバンテージがある事に変わりはなく、今後も十分に利用価値のある素敵なお店であり続けるでしょう。

みゆさんからいただいたコメント
みーさんの「冬のレストランフェア」レポ

ドリンクメニュー以外をご紹介すると
以下は11月4日に店外表示の記録を元に改定した先の記事に1月から始まっている冬のレストランフェアディナーについてのご紹介を加えたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-31 13:17 | 場外ホテル

全日空ホテル/雲海(食事メニュー)

a0036952_171055.jpg



a0036952_1403369.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテルの雲海です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
しっとりと落ち着いた和風庭園を眺めながら、最高級の「和」の味覚をご堪能ください。
伝統の技で、四季折々の旬の素材が食卓を彩ります。
寿司カウンターでは新鮮な海の幸をご賞味いただけます。
ご結納など大切なおもてなしのお席には個室のお座敷もございます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル3階
     席数 130席
【営業時間】(7:00~10:00) 17:00~22:00
  ※朝はオープンしていない場合もあるらしい?です。
【予約】対応。 予約・問い合わせは 0956-58-7111

a0036952_1344911.jpg

上の写真は案内された席から入口方向を見たところ。写真右手の仕切られたエリアが、すし処「出島」。
a0036952_1818100.jpg

すし処「出島」
 「活きのいい新鮮なネタで、お待ちしております。 」
【営業時間】  17:00~22:00

a0036952_1343084.jpg

上の写真は席から和風庭園を望んだところ。モダンな和といった感じで水をたたえた石庭に時折湯煙があがります。中庭越しにはワッセナーやHTBの風景が広がります。

ハウステンボスは和食が弱いと言われていましたが、この10月2日にホテルヨーロッパに日本料理の吉翠亭と鉄板焼きの戎座がオープンした事により、「花の家」、「中の茶屋」、「鮨 按針」などと以前よりも内容が充実しています。
そのような中にあって、以前からここ雲海はハウステンボスにおける和食処としてお勧めのレストランであり、現在も存在感のあるお店だと思います。

コース、一品料理ともに、旬の食材をもちいた料理は四季折々内容が変わり、工夫された料理で楽しませてくれます。
和食はあまりにも身近な料理なだけに、好みが人それぞれであり、お客がいろんな地方からお出でになる事を考えると、全ての方に満足いただけるかは私にはわかりませんが、私好みの料理ではありますし、多くの方に受けいられる味ではないかと思っています。
和服でサービスしてくださるスタッフの方たちの頑張りと気配り等も好ましい大きな要素です。

和食好きな方には(好みはいろいろでしょうが)オススメできるお店だと思いますが、花火やイベントの中心会場となる場内のオレンジ広場やアレキサンダー広場と離れているのが、利用し難い点です。
17時頃から早めの夕食をとり食後に入国して夜のHTBを楽しむか、HTBを楽しんだ後遅めの夕食、あるいは焼酎片手に夜食を楽しむか。全日空ホテル専用船の利用(現在は全日空ホテル宿泊者のみ利用できます。再入場手続きに注意が必要です。あらかじめご確認下さい。)も時間が合えば便利です。

以下のメニューは1月20日に店外表示を記録したものを元に、改定したものです。

More
by mattarinonbe | 2008-01-31 12:27 | 場外ホテル

全日空ホテル/カジュアルレストラン・カスケイド(ランチタイム)

a0036952_8532047.jpg



a0036952_847978.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテル1階のカジュアルレストラン「カスケイド」のランチタイムメニューです。最新更新日7月13日
改訂版をアップします。
※ランチタイム以外のメニューは、「What's New」からご覧ください。
やわらかな光が降りそそぐアトリウム、水のせせらぎ、そして大きなガラス窓の向こうにはハウステンボスの美しい街並み。
「とびきりの」空間にあるカジュアルレストランです。
喫茶、軽食からコース料理まで、多彩なメニューをお楽しみいただけます。
【営業時間】7:00~22:00 / 席数 180席

非常に気持ちの良い空間です。HTBにおける朝食会場としては、運河を望むデ アドミラル、内海を望むアンカーズラウンジも良いですが、大村湾の穏やかな景観を楽しめるエクセルシオールの評価が高いようです。ここカスケイドはエクセルシオール以上だと私個人は思っています。
眼前にワッセナーの美しい佇まい、ガーデンチャペル「ホールン教会」越しに遠くドムトールンを望む景観は素晴らしく、それらが吹き抜けの空間いっぱいに広がるガラスを通し視界全体に広がる様は圧倒的な開放感・爽快感。

時期によってはランチタイムにもブッフェなどの企画が行われる事もあります。
  ※mattariのレポ

2月1日よりカスケイドでホテルメイドの特製ショコラが販売開始となるようです。
※St.Valentine
  「こだわりは甘さのバランス。想いを届ける特製ショコラ。
 カカオの含有率にこだわり、苦すぎず甘すぎず、チョコレートそのものの味を引き出したパティシェ自慢の手作りチョコレートをご用意しました。
 ベルギー産のチョコレートを使ったオレンジピール、ナッツ、トリュフなど、お好きな組み合わせでお選びいただけます。特別な人へ特別なチョコレートで、あなたの想いを伝えてみませんか?」

以下は1月20日に記録したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-31 00:01 | 場外ホテル

全日空ホテル・スカイラウンジ「アストラル」Part1

a0036952_1047169.jpg



a0036952_5264449.jpg

今回は全日空ホテル12階のスカイラウンジ「アストラル」のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
昼はホテル最上階からの自慢の眺望。
夜は満天の星とお洒落なカクテル、世界の銘酒がお楽しみいただけます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル12階
    席数 70席
【営業時間】15:00~24:00

a0036952_5271737.jpg



a0036952_537454.jpg

ここからの眺めは最高!です。
ハウステンボスにおける最良のアトラクションの1つといってもいいかもしれません。
全日空ホテルのパークビューの部屋に泊まっている方は部屋からの眺めで良いかと思いますが、パークビューの部屋でない場合や、全日空ホテルに宿泊しない方は是非利用を検討されてください。

ランチ(期間限定)をとりながら眺めを楽しむも良し、夕刻早目の1杯や一日の終わりにグラスを傾けるのもいいです。
黄昏時の光移り行く時の眺めも素晴らしいですし、夜のハウステンボス(特に光の街の時期)に花火があがる光景も素敵です。もっとも花火や光の街はやはり場内で楽しむのが一番です。全日空ホテルからは距離がありますからね。

ドムトールンからの眺めも良いですが、全日空ホテルからの眺めはまた別物で素晴らしい!です。ワッセナーの素晴らしさ、ハウステンボスの街造りの素晴らしさは全日空ホテルからの眺望により実感できることと思います。
ハウステンボスに入場する前にその景観を楽しみ、期待感をアップさせるも良し、
下記のようにノンアルコールカクテルも用意されていますので、車で来られた方もアストラルでハウステンボスに名残を惜しむのも素敵だと思います。

市中のスナックなどでいうセット料金・テーブルチャージがありませんので気軽に、お手頃価格で楽しむ事ができます。

もっともっと知られ、利用されるべきスポットだと思います。
ハウステンボスには素敵なバーがいろいろとあります。その中にあっても、純粋にバーとしてもっとも好むのはアストラルではないか、そんな気がする事もあります。場外にある事もあって「ハシゴ」し難いので利用頻度は(他に比べると)それほどでもないのですが。。。

日によってはウェディング関係などにより貸切になっていることがあります。利用される場合は事前に確認された方が宜しいかと思います。 予約・問い合わせは 0956(58)7111
a0036952_175347.jpg

最上階から眺めるパノラマが何よりのおもてなし。
ロマンテックな夕焼けを楽しみたいならティータイムは遅めに
バータイムはちょっと早目がオススメです。
ハウステンボスに煌く夜景と共に優雅な大人の時間を
お愉しみください。

ナイトタイムメニューの提供は時期により開始時間が異なるようです。この春は18時からでしたが、この秋は17時からのようでした。クリスマスディナーの開始時間からするとこの冬も17時からでしょうか。17時からだと食前酒としての利用もしやすく歓迎♪です。
全日空ホテルでは工夫を凝らしたレストランフェアが四季折々楽しみですが、このアストラルで食前酒して他のレストランでディナーするようなセットプランがあっても楽しいかもしれませんね。
個人的には琴乃湯で温泉を楽しみ、琴ラウンジでゆったりとすごし、アストラルで食前酒し、レストランで夕食を楽しむ、そんな楽しみ方をする事があります。それだけの魅力のあるアストラル、全日空ホテルです。
a0036952_184572.jpg

メニューにはありませんが、ノンアルコールカクテルも作って頂く事ができます。
a0036952_5482594.jpg

・バージンブリーズ            ¥900
ブルースカイ
ノンアルコールカクテル
シーブリーズ  

下記メニューは以前の記録を1月27日の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-29 23:14 | 場外ホテル

全日空ホテル/カジュアルレストラン・カスケイド(ディナーブッフェ)

a0036952_8532047.jpg



a0036952_125284.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテル1階のカジュアルレストラン「カスケイド」のディナータイムの期間限定メニューです。
改訂版をアップします。
改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
やわらかな光が降りそそぐアトリウム、水のせせらぎ、そして大きなガラス窓の向こうにはハウステンボスの美しい街並み。
「とびきりの」空間にあるカジュアルレストランです。
喫茶、軽食からコース料理まで、多彩なメニューをお楽しみいただけます。
【営業時間】7:00~22:00 / 席数 180席

a0036952_847978.jpg

非常に気持ちの良い空間です。
眼前にワッセナーの美しい佇まい、ガーデンチャペル「ホールン教会」越しに遠くドムトールンを望む景観は素晴らしく、それらが吹き抜けの空間いっぱいに広がるガラスを通し視界全体に広がる様は圧倒的な開放感・爽快感。

季節の味覚の食べ放題企画や時として行われるデザートブッフェもなかなか魅力的です。
ハウステンボスでディナーブッフェと言えば、ホテルヨーロッパのレンブラントホールでクリスマスや年末年始の頃や夏休みの時期などに期間限定で行われるものが、最高峰だと思います。
価格設定も大きく異なり、それと比べるのは適当ではないでしょう。
比べるとすればアムステルダムのアクールヴェールで行われている「じげもん」のブッフェやローレライ(現在もかに三昧プランが登場しています)あたりになるでしょうか。
その他、日航ホテルのラヴァンドル(ランチブッフェは現在も行われています。評価は人それぞれのようです)でも期間限定でディナーブッフェが行われる事があるようですし、時としてデハールやトロティネ、エクセルシオール(旧正月期間中は海外からのお客様向けにディナータイムはブッフェになる事があります。)でもディナーブッフェが期間限定で行われる事があります。
a0036952_154610.jpg

現在利用可能なブッフェ企画としてはアクールヴェールのディナーブッフェか、カスケイドのこのブッフェが(私見ですが)お勧めかと思います。
前者の方が価格設定がやや上(大人¥5,500。ハウステンボス会員は10%引き)な分、(じげもん)食材へのこだわりや、料理やデザートの内容など若干上ではないか?って気もしますが、カスケイドのブッフェの方がメニューにわかり易さ(メイン食材を大きく打ち出し、脇を馴染みのある幅広く人気の料理で固める)があるような気もします。蟹好き!って方にはこちらの方があっているかもしれませんね。
また、アクールヴェールのブッフェ内容でも子供でも楽しめるものが当然用意されていますが、カスケイドの方がお子様向けメニューをより明確に打ち出し用意されているように思います。

カスケイドの問題点は利用するとすれば、宿泊客以外にとっては場外にあり、ハウステンボスの夜の中心地からかなり離れており利用しにくいって事でしょう。
できれば、ディナー利用客は宿泊者でなくてもホテル専用船が利用できると有難いですし、天然温泉「琴乃湯」とのセットプランなども魅力な気がします。
a0036952_164049.jpg

以下は08年冬のレストランフェアメニューのご紹介です。
現在全日空ホテルでは鍋フェアが行われており、カスケイドではタラバ蟹とかにすき・豚キムチ鍋、選りすぐり冬の味覚食べ放題!が行われています。
冬はカスケイド、「選りすぐり冬の味覚食べ放題」がおトク!です。
別料金で飲み放題メニュー(3日前までに予約)も用意されており、車の代行運転の手配サービスも用意されています。
3月7日からはカニとローストビーフをメインにした「春一番の食べ放題」が予定されているようです。4月6日までの毎週金・土・日・祝日開催で、3月20日~4月6日の春休み期間中は連日開催となっています。

開催日以外のメニューについては未確認です。コースメニューやアラカルトメニューが用意されているものと思います。
javin.bowieさんのレポ

a0036952_133012.jpg

タラバ蟹とかにすき・豚キムチ鍋 選りすぐり冬の味覚食べ放題!
 「冬の定番・鍋料理は”かにすき”と”豚キムチ鍋”にチーズを添えてまろやかに!約20種類の料理と一緒に召し上がれ」
【提供期間】1月11日~3月2日 毎週金・土・日・祝日
【提供時間】17:00~22:00(最終受付21:00)
   ※利用は100分以内
【料金】 大人       ¥4,200
    シニア(65歳以上) ¥3,700
    小人(4歳~12歳)  ¥2,000
【内容】約20種類の料理とデザートがすべて食べ放題。
   ※お子様コーナーも用意されています。

以下は1月27日に記録してきた内容です。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-29 01:20 | 場外ホテル

全日空ホテル・中国料理「花梨」Part1

a0036952_2222392.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテルの中国料理「花梨」です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
山海の珍味名菜がにぎやかに円卓を飾ります。
「食は広州にあり」、広東料理の真髄を心ゆくまでご賞味ください。
調度を吟味し、意匠を凝らしたインテリア。豪華な雰囲気も共にお楽しみください。
ご会食やご商談には個室もございます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル3階
    席数 70席
【営業時間】17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
   ※下記のように時期・日によってはランチタイムも特別営業している事があります。
【予約】対応      予約・問い合わせは 0956-58-7111 

長崎の新地も日本三大中華街に入れていただいており(他の2つとはだいぶ規模に差があるようで気が引けますが)、長崎といえば中華のイメージは多くの方にあるようです。
実際長崎には美味しい中華のお店がいろいろありますが、私はこの「花梨」が好きです。
a0036952_625561.jpg

さくまあきらさんのHPの日記にハウステンボスや花梨のレポートがあります。
「味からいえば、「SHEF‘S(シェフズ)」に似ているかな?
いや、もっと似ているお店があったはずだ。どこだったかなあ。あっ! 思い出した! 伊勢丹7Fの「正月屋吉兆」の味にそっくりなのだ。
 中華料理が、和食の吉兆の味に似ている?
 そんな馬鹿なとおもうかもしれないが、一品一品のやさしさ、奇をてらわずに、正攻法で出してくるあたり、吉兆にそっくりだ。前菜なんか、ほとんどおなじだし。」
「とにかく私が苦手な、ボテッとした中華ではなくて、あっさりしているのに、味が深い。最高の美味しさだ。」

流石に、私などと違い的確なコメント!
さくまさんのお仲間の紫尾さんの日記の中のコメントは
「問答無用で、うまい!
懐かしくて、優しくて、暖かくて、滋味がある。
上品でありながら、すましていない。
贅沢でありながら、おごっていない。
そんなうまさである。」
a0036952_9574862.jpg

浦田シェフは地元テレビ局にもレギュラー出演するほどの料理人。出される料理は繊細な感性が盛り付けに如実にあらわれており、フレンチと和食の良さを取り入れた、ヌーベルシノワと言えるかと思います。
花梨の中国料理は、広州料理をベースに、料理長・浦田修による大胆かつ繊細な創作がほどこされ、どなたでも美味しく召し上がれる「花梨」ならではの味わいを創りあげています。数々の賞にも輝く浦田修の中国料理、ぜひご堪能ください。

通常中華のコースというと2人以上からで、大皿に出されたものを取り分けて食べる事が多いかと思います。「花梨」のコースは1人でもオーダーでき、ひとつひとつの料理が1人分綺麗に盛り付けられて出されます。
季節のレストランフェアのメニューにも特徴があらわれていますが、1皿の量は控え目(オードブルの連続といった印象を受ける方もおられるようです)ですが、品数が多くコースを通してのボリュームは充分(食欲旺盛な方には足りないかも)です。
いろいろな種類の料理を味わってみたいという方、美しい料理、繊細な料理を、素材を生かした料理を食べたいという方には、お勧めのお店だと思います。

反面、オーソドックスな中華が好みの方、ボリュームがあってこってりした中華がお好みの方、食べなれた定番メニューが含まれたコースをご希望の方には向かないかもしれません。ご注意あれ。

全日空ホテルの各レストランにおいては「記念日にエール」の特典があります。
レストラン利用日が誕生日や結婚記念日の10日前後の場合、3日前までに予約すると夕食利用の際にホテルからプレゼントがあるようです。内容はワイン・ハーフボトル1本とフォトサービス。

a0036952_22212770.jpg

ホテル開業10周年を記念し、左右10頭の龍にこの10年間の感謝の想いを込め、正面の昇竜にこれからの10年を社員一丸となって進んでいく決意と、発展を祈念する気持ちを込め、
浦田シェフが約2ヶ月をかけてぺティナイフのみを使って、すべて手作業で彫りあげたもの
a0036952_22214474.jpg

以下のメニューは1月20日に店外表示されていたものを記録していたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-24 18:20 | 場外ホテル

ホテルヨーロッパ(ルームサービス)

a0036952_149539.jpg



a0036952_1494363.jpg

今回はホテルヨーロッパのルームサービスメニューです。
改訂版をアップします。最新更新日08-02-14
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
上記は175号室からの眺めです。ヨーロッパの1階のデラックスツインのテラス付きの部屋はお気に入りです。通常利用するのはスタンダードですが、デラックスを利用する時は私はできれば1階のテラス付きの部屋を利用したいと思っています。
テラス付きの部屋にとまったならルームサービスで優雅にティータームといきたいものです。

ルームサービスは24時まで利用可能ですから、夜食など利用価値はいろいろとありそうです。
また朝食は朝食券を利用できる(メニューによっては差額支払い)そうです。下記リンクのguraさんのレポをご覧下さい。

現在ホテルヨーロッパの朝食会場は、アンカーズラウンジ、デアドミラル、吉翠亭、(時としてレンブラントホール)があり、加えてルームサービスでの朝食。それぞれに魅力があり、いずれを利用するか迷うところですね。希望する朝食会場などがある場合は事前に連絡・リクエストされるとよろしいかと思います。

GWその他繁忙期(多客時)は各場内レストランとも行列で、ホテルレストランも含め予約がとれない場合がありますので、事前に予約されていない場合で、ホテルヨーロッパ宿泊(宿泊予約の際、あるいは出発までに予約可能なレストランを予約しておくのも好ましいですが)の場合はルームサービスの利用もお勧めです。一般にルームサービスは高い!とのイメージがあるかと思いますが、デアドミラルのメニューと比較しても、けっして高いものではないと思います。むしろ手間を考えると安いと言えそうな気もします。

ルームサービスのデザートメニューは、アドミラルのディナータイムのデザートメニューとワゴンサービスが盛り合わせになっている以外は同様で、価格も100円程度アップするだけですから、ホテルズのケーキが早い時間に売り切れになる事が多いので、ルームサービスの利用もお勧めですね。

※クリスマス期間はクリスマス特別メニューで、年末年始は年末年始特別メニューなど、季節による変更の他、時期によってルームサービスメニューが異なる事があります。

また、通常メニューの他、季節メニューが用意されている事があります。
今回記録時には見かけなせんでしたが、下記のように、時期によっては何らかの季節メニューが登場するかもしれません。
※以前記録した冬季限定メニュー
・ホテルヨーロッパ 特製ビーフシチューセット     ¥4,300
  「特選黒毛和牛を赤ワインでじっくり煮込みました。ホテルヨーロッパ特製のビーフシチューで体の芯から温まりくださいませ。」
   サラダ、パン、デザート、コーヒー付
   数量限定
【提供時間】15:00~24:00

※07年夏シェフおすすめキッズメニューとシャンパン1/2&オードブル盛り合わせが
・シェフおすすめキッズメニュー          ¥3,150(サービス料別途)
  近郊野菜の冷たいクリームスープ
  ホテル特製ハンバーグ、車海老フライとソーセージ、ポテトに魚介ドリア
  デザート
  ジュース
【提供時間】17:00~22:00
  ※小学生以下限定
  ※1日限定20セット
・シャンパン1/2&オードブル盛り合わせ     ¥6,300(サービス料別途)
  シャンパン1/2(375ml)・・・ピペ・エドシック
  オードブル盛り合わせ・・・日替わりのオードブル4種類盛り合わせ
【提供時間】17:00~24:00
  ※1日限定10セット

※06年夏はキッズメニュー&涼夏メニューがありました。
【期間】 7/21~8/31
キッズメニュー 17:00~21:00
・Aセット(和牛フィレ肉のカットステーキとエビフライなどのセット)  ¥3,675
・Bセット(和牛ハンバーグとエビフライなどのセット)          ¥2,625
おすすめ涼夏メニュー 21:00~24:00
・島原そうめん                            ¥1,050
・冷やし中華                             ¥1,470


以下はH20年1月13日の記録により改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2008-01-24 13:11 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ