<   2007年 11月 ( 49 )   > この月の画像一覧

全日空ホテル・中国料理「花梨」Part1

a0036952_2222392.jpg

今回はハウステンボスJR全日空ホテルの中国料理「花梨」です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
山海の珍味名菜がにぎやかに円卓を飾ります。
「食は広州にあり」、広東料理の真髄を心ゆくまでご賞味ください。
調度を吟味し、意匠を凝らしたインテリア。豪華な雰囲気も共にお楽しみください。
ご会食やご商談には個室もございます。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル3階
    席数 70席
【営業時間】17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
【予約】対応      予約・問い合わせは 0956-58-7111 

長崎の新地も日本三大中華街に入れていただいており(他の2つとはだいぶ規模に差があるようで気が引けますが)、長崎といえば中華のイメージは多くの方にあるようです。
実際長崎には美味しい中華のお店がいろいろありますが、私はこの「花梨」が好きです。
a0036952_625561.jpg

さくまあきらさんのHPの日記にハウステンボスや花梨のレポートがあります。
「味からいえば、「SHEF‘S(シェフズ)」に似ているかな?
いや、もっと似ているお店があったはずだ。どこだったかなあ。あっ! 思い出した! 伊勢丹7Fの「正月屋吉兆」の味にそっくりなのだ。
 中華料理が、和食の吉兆の味に似ている?
 そんな馬鹿なとおもうかもしれないが、一品一品のやさしさ、奇をてらわずに、正攻法で出してくるあたり、吉兆にそっくりだ。前菜なんか、ほとんどおなじだし。」
「とにかく私が苦手な、ボテッとした中華ではなくて、あっさりしているのに、味が深い。最高の美味しさだ。」

流石に、私などと違い的確なコメント!
さくまさんのお仲間の紫尾さんの日記の中のコメントは
「問答無用で、うまい!
懐かしくて、優しくて、暖かくて、滋味がある。
上品でありながら、すましていない。
贅沢でありながら、おごっていない。
そんなうまさである。」
a0036952_9574862.jpg

浦田シェフは地元テレビ局にもレギュラー出演するほどの料理人。出される料理は繊細な感性が盛り付けに如実にあらわれており、フレンチと和食の良さを取り入れた、ヌーベルシノワと言えるかと思います。
花梨の中国料理は、広州料理をベースに、料理長・浦田修による大胆かつ繊細な創作がほどこされ、どなたでも美味しく召し上がれる「花梨」ならではの味わいを創りあげています。数々の賞にも輝く浦田修の中国料理、ぜひご堪能ください。

通常中華のコースというと2人以上からで、大皿に出されたものを取り分けて食べる事が多いかと思います。「花梨」のコースは1人でもオーダーでき、ひとつひとつの料理が1人分綺麗に盛り付けられて出されます。
季節のレストランフェアのメニューにも特徴があらわれていますが、1皿の量は控え目(オードブルの連続といった印象を受ける方もおられるようです)ですが、品数が多くコースを通してのボリュームは充分(食欲旺盛な方には足りないかも)です。
いろいろな種類の料理を味わってみたいという方、美しい料理、繊細な料理を、素材を生かした料理を食べたいという方には、お勧めのお店だと思います。

反面、オーソドックスな中華が好みの方、ボリュームがあってこってりした中華がお好みの方、食べなれた定番メニューが含まれたコースをご希望の方には向かないかもしれません。ご注意あれ。
a0036952_22212770.jpg

ホテル開業10周年を記念し、左右10頭の龍にこの10年間の感謝の想いを込め、正面の昇竜にこれからの10年を社員一丸となって進んでいく決意と、発展を祈念する気持ちを込め、
浦田シェフが約2ヶ月をかけてぺティナイフのみを使って、すべて手作業で彫りあげたもの
a0036952_22214474.jpg

以下のメニューは9月6日・11月4日に店外表示されていたものを記録していたものに12月からのクリスマスメニューについて加味したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-11-30 15:50 | 場外ホテル

全日空ホテル・鉄板焼「大村湾」

a0036952_1013188.jpg

         ※上の写真は全日空ホテルの「大村湾」とは直接のつながりは、ありません。大村湾って事でイメージ画像ですね。
今回は、ハウステンボスJR全日空ホテルの大村湾です。
改訂版をアップします。最新更新日1月4日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
厳選された牛肉、採れたての魚介類、地元の新鮮な食材を集めて、お客様の前で調理いたします。
シェフの見事なナイフさばきにもご注目ください。
眼下に悠然と大村湾が広がる最上階からの眺めも格別です。
【場所】ハウステンボスJR全日空ホテル12階
    席数 20席
【営業時間】17:00~22:00
【予約】対応。 できれば予約された方がよいかと思います。  
     予約・問い合わせは 0956-58-7111

a0036952_22574078.jpg

「大村湾」はコストパフォーマンスの点からすると、味・展望とも優れていると思います。
目の前で調理してくれるお店で同等の味の所は他にもあるとは思いますが、同等の景観を誇るところは。。。味・景観共に満足させてくれる所は希少価値があるのではないでしょうか。

シェフも貫禄のある方、若く可憐な女性シェフ、いずれも素敵な気配り・調理で魅せてくださいます。2人でいってコースメニューの選択肢で迷っていると、それぞれを(例えばサーロインとフィレを)1人分づつとし、分けてサーブしてくださったりします。その点では例えば平戸コースと五島コースをオーダーして魚介と肉とをそれぞれ分けて出してもらうように頼む事も可能でしょう。

展望は「アストラル」と同じ12階で最高!です。ただ、鉄板焼きのカウンターを囲んで席がありますから、窓際に席が並ぶ「アストラル」の方が展望を楽しむには有利とは言えるかと思います。「大村湾」の場合、席によっては柱などによりさえぎられて花火などは見にくい場合があります。(今の花火はオレンジ広場あたりで楽しむのが一番だと思います。)
席数も限られていますので、利用される場合は予約される事をお勧めします。早めの予約の方が席の面でも良いかもしれません。
a0036952_2342730.jpg

12階からの眺めは最高ですが、日没後はライトアップの中心からは離れている事もあり、ワッセナーには明かりがあまり灯らない事が多いこともあって、日没前黄昏時からの食事開始が個人的なお勧めです。冬場は17時(半)頃から、夏場であれば18時半頃からでしょうか。
夕暮れ時の空がロゼ色に染まる頃はまるで異国に
いるような錯覚をおこすセレブな空間で
地元で取れた新鮮な食材を、お客様の目の前で、シェフが
見事なナイフさばきで調理します。
新鮮な素材をダイナミックにしあげ、その味をさらに引き立てる
ワインを各種とり揃えています。
鉄板焼とワインは不思議な組合せと思う方も多いようですが
ワイン選びに困ったらいつでもソムリエに相談して下さい。
お客様の雰囲気とお食事にピッタリのワインをお選びします。

ワインメニューはいろいろあったと思います。(以前の記録ですが)一例として、
・バロンフィリップ メルロー (グラス)       ¥809~
・バロンフィリップ シャルドネ(グラス)       ¥809~
・モエ・エ・シャンドン(グラスシャンパン)      ¥1,155~
a0036952_234489.jpg

デザートは鉄板焼カウンターから席を移していただきます。これも気分が変わって良いものです。食事の余韻に浸りながら、デザートやコーヒーなどを楽しんだ後、支払いはその場でテーブルチェックです。
a0036952_16222117.jpg

ホテルヨーロッパに鉄板焼の戎座がオープンし、流石はホテルヨーロッパクオリティという感じの料理が開業記念メニューとして提供されていますが、ここ大村湾においても秋のレストランフェアにおいて人気かつ定評のある鮑を含んだメニューが提供されています。料理については、今後どのような比較評価になっていくかわかりませんが、景観のアドバンテージがある事に変わりはなく、今後も十分に利用価値のある素敵なお店であり続けるでしょう。

みゆさんからいただいたコメント
みーさんの「冬のレストランフェア」レポ

ドリンクメニュー以外をご紹介すると
以下は11月4日に店外表示の記録を元に改定した先の記事に12月から始まるクリスマススペシャルディナーについてのご紹介を追加したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-11-30 09:06 | 場外ホテル

チャンポン/悟空

a0036952_1614283.jpg

今回は悟空です。
改訂版をアップします。最新更新日1月24日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
全国的に有名な長崎名物といえば、やはり『ちゃんぽん』。ハウステンボスでも本場の味が楽しめます。悟空のスープは雌鶏と野菜を7時間かけて煮込んだ特別製。旨みだけを取り出したあっさり味なので、九州のこってり味が苦手という人もおいしくいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街1階
    席数:78席
【営業時間】11:00~20:00(ラストオーダー)
    ※毎週水曜日店休
    ※営業時間及び店休日はハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】対応なし
【その他】車椅子利用可

a0036952_163980.jpg

 やはり長崎という事もあり、他県からお出でになられた方の中にはちゃんぽんを食べたいというご希望の方が少なくありません。悟空のちゃんぽんは長崎市内の有名店にもひけを取らない味だと思います。ただ、上記のようにあっさり目の味ですから、こってりしたものでないとという方には、ものたりなく感じられる場合もあるようです。このあたり好みの問題ですね。
私はまだいただいた事がありませんが、場外ホテルにもちゃんぽんのメニューがあり、評判も良いようです。
冬場、寒い日(もちろん夏でも美味しくいただけますが)にちゃんぽん、お勧めです。
a0036952_2255647.jpg

店に入ると左手にショーウィンドウがあり、これをみて食券を求める方式です。

以下は11月18日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-11-29 16:05 | ユトレヒト

ティークリッパー(Part1)

a0036952_1413740.jpg

今回はティークリッパーです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
ホテルデンハーグの海側玄関右手にある紅茶専門店。淡い色調のインテリアで、クラシック音楽が静かに流れ、海に面した大きな窓からはハウステンボスの港が一望できます。各種ストレートティーのほか、アレンジティーも充実しています。
【場所】場所:スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:50席
【営業時間】10:00~18:00(ラストオーダー)
【予約】対応なし。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。禁煙席あり。

 オランダの王宮を再現した壮麗なホテルデンハーグのレストラン・ティールーム・バーはいずれも個性的。
 「ティークリッパー」とは紅茶を運ぶ為の高速帆船のこととか。
a0036952_6483637.jpg

19世紀には紅茶を運ぶための快速船「ティークリッパー」が中国からイギリスまで新茶を届ける速さを競い合った。最初に届けられた新茶は高値で取引されるため、船主に莫大な利益をもたらしたのである。この競争は「ティーレース」と呼ばれ、「カティーサーク」、「サーモピレー」などのティークリッパーがしのぎを削りあった。

という事で、ネオンサインにも「TER RACE」の表示がありますね。(って誰もつっこんでくれないので、自分で突っ込んどきますが、「それテラスやんか!」)
a0036952_6485262.jpg


 禁煙席と喫煙席がありともに良いです。禁煙席は海に面した開放的な空間。ゆったりと大村湾の光景を眺めながら、また読書しながら午後のひと時を優雅に過ごす事ができます。
 喫煙席はロビー側にあり、ふかふかのソファーがとても居心地良いです。歩き疲れた午後の遅い時間にソファーに身をゆだねて寛いだひと時を過ごすのも良いものです。
 私のお気に入りの店の1つです。デンハーグに宿泊しない時でもお茶を楽しみに寄らせてもらいます。とってもリゾートに相応しいお店だと思います。ゆったりと寛いだ贅沢なリゾートタイムをいかがですか。

 この禁煙席・テラス席が今年1ヶ月ほどかけてリニューアル工事が行われました。以下にリニューアル前後の写真をいくつかアップしてみます。同じアングルでの写真が撮れれば良かったのですが。。。
a0036952_1424342.jpg

    ※リニューアル前
a0036952_1431449.jpg

    ※リニューアル後
a0036952_1445275.jpg

    ※リニューアル前
a0036952_1452368.jpg

    ※リニューアル後
 リニューアル前も素敵でしたが、リニューアル後も素敵です。「内装、家具、インテリアを一新し、シックで外光が心地よいティーラウンジへとイメージチェンジしました。また、大村湾を一望でき、リゾート感ただようウェディング会場としてもご利用いただけるようになりました。」と案内にありました。
a0036952_1455947.jpg

    ※リニューアル前
a0036952_1463999.jpg

    ※リニューアル後。白い布はテントを表し、シャンデリアは海から引き上げたパーツをイメージして錆びた感じの塗装がなされているとか。
a0036952_1484773.jpg

    ※リニューアル前。窓側とロビー側ではソファが異なっていました。それぞれ居心地の良いソファでした。
a0036952_150362.jpg

    ※リニューアル後。宴席として使う為にソファは統一されています。居心地は良いですが、以前のソファを懐かしむ声も。写真でお分かりになるでしょうか。入り口あたりにあったレジカウンターがなくなっています。これに伴い勘定はテーブルチェック(飲食が終わるとスタッフに告げて勘定書きを持ってきていただき、テーブルでの支払い)となっています。

 紅茶専門店という事で紅茶のメニューも豊富。
アフタヌーンティーが好評です。ランチもかねてゆったり寛いだ時間を過ごしてみませんか?
 ケーキセットも人気です。
「海や帆船を眺めながら、ゆっくり気分でいただくケーキセットは、季節のフルーツを使ったものなど、ホテル特製のケーキが、約10種類楽しめるよ。」とあります。ケーキセットを頼むと全種類のケーキを持ってきてくださり、選ばせていただけるのですが、人気があるため、時間とともに売り切れのものが出てきてケーキの種類は少なくなってきます。時には売り切れのことも。
a0036952_1422478.jpg

ケーキは時期により異なります。ケーキについてはホテルズのケーキをご参照下さい。ケーキは各ホテルラウンジとも基本的には共通です。

                        ティークリッパーレポ
みーさんのレポ
はしっこのひとさんのレポ
てん&てんの妻さんのレポ
epsomさんのレポ
はしっこのひとさんのレポ

以下のメニューは11月22日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-11-29 14:11 | パレス&デンハーグ

ティークリッパー(Part2)

a0036952_017863.jpg



a0036952_0174357.jpg

字数制限の関係で2つに分けてアップします。最新更新日4月1日
上の写真はPart1でもふれましたが、ティークリッパーのロビー側のスペース、喫煙席です。
タバコを吸わない私ですが、午後の遅い時間(比較的すいている時間帯)など他にお客さんが他におられない時はこの喫煙席のふかふかのソファーでゆったりと体を休めながら寛ぐのを好んでいます。

以下にメニューの続きを記します。

More
by mattarinonbe | 2007-11-29 14:02 | パレス&デンハーグ

ミュージックバー/ムーンシャワー

a0036952_0161192.jpg

今回はハウステンボス・アムステルフェーンのムーンシャワーです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
 ハウステンボスで唯一アナログ音楽を聴きながらお酒を飲めるムーンシャワー。
専属DJのセレクトする1960年代以降のロックやポップスに包まれながらお酒が楽しめます。ノーチャージで、メニュー価格もリーズナブル。
素敵な大人の夜の時間をお過ごしください。
【営業時間】20:30~23:30(ラストオーダー)24:00(クローズ)
   ※ハウステンボスニュースと共にいただく営業時間一覧には上記のように記載がありましたが、11月4日は20時前にオープンしていました。早めにオープンしている事があるようです。
【店休日】毎週水曜日及び貸切日
     11月は7日、14日、21日店休です。
   ※時期により営業時間、店休日は異なる事がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【料金】ノーチャージ。ドリンク代のみのようです。
   ※ゴスペルのようなイベントがある場合は下記のようにチャージがあります。
【座席数】60席
【年齢制限】以前は「18歳未満は入場不可」でしたが、現在は年齢制限はありません。
【予約】貸切り、2次会等の予約受付。詳しくは上記リンク先、オフィシャルサイトをご覧下さい。
   予約・問い合わせはハウステンボス予約センターまで  0956-27-0011
【その他】喫煙席あり。イベントがある際はイベント時禁煙。

a0036952_125169.jpg

昨年冬のゴスペルが終わり、店休していたムーンシャワーがチューリップ祭以降、キャストによるショーイベントは通常行わず、DJが選ぶオールディーズナンバーを聴かせるミュージックバーとしての営業を行い、
a0036952_005738.jpg

この夏は昨年、一昨年とサンバチームで素敵な歌声を聴かせてくれていたリリアンさんとギターのロドリーゴさんのライブが魅せてくれました。
60年代70年代の懐かしいオールディーズナンバー。とっても素敵なライブでした。
このライブについては姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらご覧下さい。

夏のライブが終了した後、再びクローズする話もあったようですが、テナントとして営業を続ける道がとられました。
ハウステンボスのナイトスポットにおいても、これまでに数々の素敵なイベントで楽しませてくれたムーンシャワー。独特の魅力があり、頑張って営業を続けていただきたいものです。

イベントが行われていない時期は、料金はノーチャージでドリンク代(及びおつまみ代)のみで楽しめます。
a0036952_23431512.jpg

「懐かしい音楽に包まれて、あの頃の”時”をお過ごしください。」

a0036952_23465755.jpg

ミュージックバーとして営業するに際して、店内は若干の改装が加えられ、フロア内にも客席が設けられ、フロアの正面席があった所にDJブースが設置されていました。
a0036952_23422479.jpg

9月以降さらに若干の改装が行われており、DJブースの位置も変更されています。
また上記のように、現在ムーンシャワーは以前のような18歳未満入店不可の年齢制限はなくなっています。これは大きな変更で、現在行われているゴスペルライブでも、小学校低学年の可愛いレディが満面の笑顔で力いっぱい拍手・手拍子していた光景がとても印象的でした。きっとこの素敵な想い出は長く心に財産として残ることでしょう。
a0036952_23434149.jpg

DJの方の選曲による(リクエストも可能なようです)どこか懐かしいオールディーズが心地よく空間に満ちています。
照明を落とした落ち着いた雰囲気の中(写真は感度を上げての撮影ですから実際よりかなり明るい感じで写っています)、ご機嫌なナンバーに身をゆだねながらグラスを傾ける。。。
a0036952_23441641.jpg

魅力的なバーがいろいろと存在するハウステンボスにあっても、他とは異なる魅力空間です。
正面スクリーンには懐かしい映画がながされています。
懐かしい音楽に思わず踊りだす方たちの姿も。。。

そしてこの冬!上記のように光の街のクリスマス及びそのプレビューにおいて、ゴスペルが帰ってきました。
11月23日よりムーンシャワーでもライブが行われています。
a0036952_7422453.jpg

MOON SHOWER GOSPEL&SOUL
【期間】11月23日~12月30日
【時間】21:20~、21:50~ 各約20分
【料金】場内ホテル宿泊者・モーレン会員¥1,000 一般¥1,500 子供(中学生以下)¥500
  ※サービスドリンク付き
  ※場内ホテル宿泊者は、宿泊を証明するもの(ルームキー)等の提示が必要で、会員は会員証を提示します。
a0036952_7384838.jpg

サービスドリンクは、オレンジジュース、ウーロン茶、ファジーネーブル、スクリュードライバーの中から1杯選択です。
a0036952_7394648.jpg

アレキサンダー広場でもゴスペルライブは行われますが、ムーンシャワーでのライブは選曲も異なり、一段と盛り上がる素敵なものです。
パンチの効いたパワフルなボーカル・演奏。ハートウォーミングに迫ってくるものがあるように思います。
a0036952_738749.jpg

クリスマスナンバー(サイレントナイト)やポップスの大ヒットナンバー(恋のサバイバル)も聴かせてくれ、ゴスペルに無縁の方でも十分楽しめる内容ではないかと思います。
ハウステンボスにおいてはハーレムメッセンジャーはすでにお馴染みであり、この時期再会できるのを多くの方々が心待ちにされていたようです。
第1部と第2部では曲目も異なり、それぞれ通して楽しむ事も、一方だけを楽しむ事もできます。ただ、週末などは満席になる事もあり、花火の後は早めに来場される事をお勧めします。

入場の際に上記料金を支払いドリンクチケットを受け取り、カウンターでサービスドリンクを受け取ります。追加ドリンクなどをオーダーするとドリンクチケットにパンチ穴があけられ、帰りの際に清算する方式です。
開店からゴスペルライブ終了までは禁煙で、喫煙者は所定の喫煙場所を利用する事になります。

以下は11月23日に店内メニューを記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-11-29 08:07 | ビネンスタッド

日本料理/吉翠亭(昼)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパにこの10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
夜のメニューにつきましては、先にアップしているこちらをご覧下さい。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル42席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:6:30~10:30(ラストオーダー10:00)
      昼:11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
      夜:17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

夜は2時間ほどかけて楽しませていただきました。
お昼は、およそ1時間~1時間半。
戎座も良かったけど、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。

下記は11月22日に記録してきたものです。ドリンクメニューに関しては別途アップしてあります。

More
by mattarinonbe | 2007-11-28 05:39 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(朝食)

a0036952_092617.jpg

ハウステンボス・ホテルヨーロッパにこの10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭は朝食も提供しています。今回は吉翠亭の朝食のご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日12月29日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
お昼のメニューにつきまいては、こちらをご覧下さい。
夜のメニューにつきましては、こちらをご覧下さい。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル42席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:6:30~10:30(ラストオーダー10:00)
      昼:11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
      夜:17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)
   ※朝食も当初は予約対応で、予約の方優先でしたが、現在は予約対応ではなく、他の朝食会場と同様になっています。 

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

朝食もなかなかの内容です。
a0036952_7122989.jpg

オーダーを済ませると、まずは朝食がくるまでにお好みでつまむようにと梅干と昆布の佃煮が運ばれてきます。これもかなり良質のもの。
a0036952_7145164.jpg

ご飯とお粥の選択ですが、私はお粥を選択。
ご飯には海苔が付きますが、お粥には代わりに鼈甲餡が付き、それを好みに応じてかけていただきます。
ご飯、お粥はお代わりもできます。
ホテルヨーロッパの朝食の名物、のんべにはシンボル的な存在であるモーニングシャンパンは流石に和朝食とあってつきませんでしたが、見た目も美しく、味わい・内容も多くの方に支持されるもののように思います。和食党には歓迎される内容だと思います。

ホテルヨーロッパ宿泊者でなくても利用できます。私はデンハーグ宿泊で利用させていただきましたが、デンハーグの宿泊につく朝食券にプラス¥346(¥345)の差額支払いで利用できました。

夜は2時間ほどかけて楽しませていただきました。
お昼は、およそ1時間ほど。
そして朝食はこれまで4回利用させていただきましたが、平均45分ほどかけて楽しんでいます。
このあたり個人差が大きいかと思いますし、時間帯によっても異なる事と思います。ご参考程度に。

下記は10月14日に加え11月に3回利用した際の記録をもとに記載したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-11-26 00:14 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

グランキャフェ(カクテルPart1)

a0036952_2236216.jpg



a0036952_044141.jpg

今回はグランキャフェのカクテルメニューです。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
グランキャフェのその他のメニューはこちらからご覧下さい。
店内に入るとまず驚くのが、お酒の種類。1,000種類以上のお酒が並ぶカウンターはまさにお酒のミュージアム。300種類以上のレパートリーを誇るバーテンダーが鮮やかな手つきで供するカクテルの味は貴方の気分次第。
【場所】ビネンスタッド地区アムステルフェーン1階
    席数:55席
【営業時間】18:00~23:30(ラストオーダー)
【店休日】毎週火曜日店休。
     ※貸切日店休となる場合もあります。
     ※営業時間、店休日は時により異なる場合がありますので、ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【その他】喫煙席あり。

HTBでは朝から夜までいろいろな所でアルコールを楽しむ事ができます。そのような中にあって、グランキャフェはシェヘラザード、ヴィノテークとともにHTBを代表する素晴らしいバーです。
市中のスナック・バーとは異なりセット料金はなく、ドリンク代のみ(以前はチャージ300円がかかってました)ですから気軽に利用できると思います。

ふだん酒の席に縁のない方でも、1人でも気軽に利用されてはいかがでしょう。とっても素敵な雰囲気の中、非日常の1日の締め括りとしてもっと活用されてよいお店だと思います。
カクテルの名前とかわからなくてもよいのです。「アルコール控えめで飲みやすいもの」とか「さっぱりした口当たりのよいもの」といったリクエストで充分です。季節のカクテルも用意されていますし、HTBにちなんだオリジナルカクテルも。どのようなカクテルか気軽に質問するとよいです。カウンターでのそのような会話も楽しみのうち。遠慮は無用です。
また、今はメニューにないカクテル、例えばハウステンボスにちなんだオリジナルカクテルや、過去の季節のカクテルも、材料があれば(フレッシュフルーツを使うものなどは時期によってはできないでしょう)つくっていただく事ができることも。
もっと気軽に利用し、楽しまれてよいバーだと思います。
ちなみにコーヒーでの利用も可能です。ノンアルコールカクテルもいろいろと用意されていますので、アルコールが飲めない方でも楽しむことができるでしょう。

世界の銘酒事典を網羅した(現在欠品となっているものもあるようですが)という洋酒のラインナップなど、のんべな方も満足される品揃えだと思います。予想以上に本格的なバーで、リーズナブルな料金で普通はなかなか手がでないようなお酒を楽しむのも良い思い出になることでしょう。
a0036952_21124068.jpg

時期によっては、ピアノ等の生演奏を楽しむことができます。いかにも酒場にふさわしい演奏スタイルに選曲で魅せてくれます。
現在はライブが、1st STAGEが21:00より 2nd STAGEが22:00から各20分間行われているようです。以前行われていたのは水曜日・木曜日はバイオリンで、金曜日~月曜日はピアノでしたが、現在のは未確認です。22日(木)はバイオリンでした。
ライブの時間・内容は時期により変更がありますので、店外表示されているもので、ご確認下さい。
※ライブの時間は花火との関係で決められているような感じです。

オンザロックを頼むと何気に氷がアイスボール(これは手間が相当かかるのです)だったりする、素晴らしいバーです。

以下は11月22日の記録をもとに改訂したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-11-25 21:15 | ビネンスタッド

グランキャフェ(カクテルPart2&ノンアルコールドリンク)

a0036952_849565.jpg



a0036952_850030.jpg

字数制限のため2つにわけてアップします。

以下にメニューの続きを記します。

More
by mattarinonbe | 2007-11-25 21:06 | ビネンスタッド