<   2007年 07月 ( 45 )   > この月の画像一覧

この夏スペシャルなブッフェプラン&テーブルマナー教室

a0036952_643863.jpg

今回はこの夏に企画されている期間限定のスペシャルなディナーブッフェを2つとテーブルマナー教室2プランをご紹介します。最新更新日8月16日

すでにご存知の方も多いかと思いますが、オフィシャルサイトなどで注目のプランが紹介されています。

                   ディナーブッフェ
ファミリーサマーブッフェ
  ファミリーに大人気のブッフェスタイル。会場はレンブラントの名を冠した豪華なバンケットホールで、まるでヨーロッパの社交場でのディナーパーティーの様な雰囲気でホテルメイドの味覚をお気軽にご賞味下さい。
【会場】ホテルヨーロッパ「レンブラントホール」
【期間】8月10日~8月22日
【時間】18:00~20:30
【料金】大人¥6,000 シニア¥4,500 小学生¥3,000 幼児(4歳~小学生未満)¥1,000
  ※料金は税・サービス料込み

  レンブラントホールのブッフェは素晴らしいです。昨年夏のブッフェはがいーど!でご紹介しています。こちらをご覧下さい。

デハール サマーブッフェ
 「洋上に浮かぶ迎賓館と言われる、ロイヤルクルーザー「デ ハール」。通常はパーティや披露宴など、チャーターのみの運航ですが、特別ディナークルーズを開催いたします。時間ごとに移り変わるハウステンボスや大村湾の美しい風景と、ブッフェスタイルのディナーを、この機会にぜひお楽しみください。 」
【会場】ロイヤルクルーザー「デ ハール」(パラディ前桟橋発着)
【提供期間】8月13日(月)~8月16日(木)
【時間】  18:00~20:00(乗船開始 17:45~)
【料金】               前売  当日
    大人(中学生以上) 6,500円 7,000円
    シニア(60歳以上) 5,200円 5,500円
    小学生         3,300円 3,500円
    幼児(4歳~小学生未満) 1,000円 1,000円
※ハウステンボス入場料が別途必要です。
※料金には、お料理・お飲物(オレンジジュース、ウーロン茶)乗船料、サービス料、税金が含まれます。
【予約・問い合わせ】ハウステンボス 宴会予約係 TEL:0956-27-0545

 私的には待ってました!のスペシャルプラン。一般客にとって利用できない(とっても困難な)状況が続いていましたが、ようやくチャンス到来♪是非利用したいものと思っております。
 期間がお盆期間と言うことで、利用できない方もおられるかもしれませんが、この機会にいかがですか?


                   テーブルマナー教室&ランチ
夏休みお子様テーブルマナー教室
 「夏の一日、ご家族で記念に残る楽しいランチタイムはいかがですか?専属スタッフにより、フランス料理のマナーをやさしくご案内。」
【会場】ホテルヨーロッパ「デ アドミラル」
【期間】7月21日~8月26日の各週土日のみ
【時間】12:00~  1日5組20名様限定
【料金】5,250円(サービス料別)
【予約】前日までに要予約。  0956-58-1111

ワンランク上のレストラン活用術 気軽に学べるテーブルマナー
 「ハウステンボスで最高格を誇る、フレンチレストランのスタッフが講義を交えて、本格フレンチコースをお楽しみいただきます。身だしなみや食事中のマナー、普段聞けないような素朴な疑問にもお答えします。」
【会場】迎賓館 エリタージュ
【日時】 8月19日(日) 12:00~
【料金】 12,000円(サービス料込み)
【予約・問い合わせ】 迎賓館 「エリタージュ」 TEL:0956-27-0548
【その他】 定員30名様
       中学生以上が対象。
       ジーンズやスニーカーなどの軽装はご遠慮ください。
       ハウステンボス入場料が別途必要となります。

 待望の?大人の為のテーブルマナー講座です。素敵なランチをいただきながら、最高のホスピタリティーを誇るエリタージュスタッフの方からいろいろとマナーに関してのお話をお聞きすることができる絶好の機会です。
by mattarinonbe | 2007-07-28 06:14 | トピックス

スパーケンブルグ地区屋台

a0036952_5361688.jpg



a0036952_537592.jpg

今回はこの夏、ハウステンボス・スパーケンブルグ地区に展開している屋台のご紹介です。最新更新日7月29日
この夏のメインイベントは灯りのまつり ファントマティーコ!
幻想的な万灯の光の空間に、さまざまな屋台が登場しています。

以下は7月15日以降に記録してきたものですが、必ずしも全てを網羅しているものでもないと思いますし、日によって若干メニューが異なっていたりする事もあります。
参考までにご覧いただきたいと思います。

More
by mattarinonbe | 2007-07-28 05:46 | スパーケンブルグ

ユトレヒトテラス(ビアテラス)

a0036952_442233.jpg



a0036952_445726.jpg

今回はユトレヒトテラスです。
夏になり営業を再開していますので、改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
【場  所】ラグジュアリーリゾートゾーン・ユトレヒトテラス
【営業時間】17:00~21:00(ラストオーダー)
    ※雨天・荒天時店休
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

繁忙期に臨時営業するユトレヒトテラスがこの夏も期間限定でオープンしています。

時期によりメニュー内容がかなり変わるユトレヒトテラス
チューリップ祭前半・JTBデーでは「長崎・佐世保グルメ街道」として昨年のチューリップ祭前半とほぼ同様のコンセプトで、佐世保バーガーの他、海軍さんのビーフシチューや島原の具雑煮、大村寿司など郷土色のあるメニューが提供されており、個人的にはこの路線が良いような気がしていますが、提供体制・施設の問題なのか、特定の時期以外はそのようなラインナップにはなっていません。
a0036952_451681.jpg

今回はビアテラスとして夕刻以降ビアテラスとしての営業で、ドリンクについては昼間も営業している場合があるようです。

下記のメニューは7月16日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-07-28 04:06 | ユトレヒト

中の茶屋(昼)

a0036952_133371.jpg



a0036952_0595049.jpg

今回は中の茶屋の昼メニューです。
改訂版をアップします。最新更新日8月14日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
座敷ならではの和やかなくつろぎの中でいただく日本の味覚。窓の外にはレンガの街並みが広がり、まるでアムステルダムの日本料理店にいるかのような錯覚に陥ります。大村湾とその近海で獲れる新鮮な魚介類を素材に和食の味が堪能できます。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街2階
    席数:152席/28卓(10名様×1卓、8名様×1卓、6名様×8卓、4名様×18卓)
【営業時間】昼:11:30~15:00迄
       夜:17:00~20:30(オーダーストップ)
   ※水曜日店休
   ※営業時間や店休日は時期により変わることがあります。ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】対応。詳細はオフィシャルサイトで。
   ※予約の場合通常メニューとは異なり、夜は卓袱料理になるようで4名~6名で、1人¥4,000~。昼は松花堂2,500円~
【その他】Edy対象店舗

ハウステンボスにおいては貴重な和食の店。
掘りごたつ式の席もありゆったりと食事を楽しめます。
※掘りごたつ式でない席もあります。混雑時にはそちらに案内される事も。
a0036952_111149.jpg

ハウステンボス場内で和食の店というと、現在はこの「中の茶屋」の他は「懐石料理/伊萬里」、「花の家」、そして「鮨 按針」になります。(長崎生まれの中華という意味でちゃんぽんの「悟空」も見方によっては和食の範疇に入るかもしれません。)
「伊萬里」は12時オープンですが3日前に予約が必要で、「鮨 按針」は寿司屋で昼間は営業していません。
ランチにハウステンボス場内で和食となると、現状では「中の茶屋」か「花の家」のいずれかになります。他にも和食的なメニューを用意しているお店はありますが。
a0036952_1128160.jpg

「花の家」は三世代向きの和風ファミレスといった位置づけのお店のようですが、中の茶屋も「漬物バー」がランチタイムに登場するなど、お店の雰囲気からしても特に年配の方に向いているように思います。お子様メニューも用意されており、三世代での利用については「花の家」だけではない、そう思われます。

以下のメニューは7月26日に店外表示を記録したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-07-28 03:32 | ユトレヒト

台湾料理/楼蘭(夜メニューPart1)

a0036952_19162311.jpg

今回は楼蘭の夜のメニューです。
改訂版をアップします。最新更新日10月1日
※楼蘭は現在の場所での営業は10月9日まで、10月15日からは1階の「グロット」後でチャイニーズファーストフードのお店としてリニューアルオープンの予定です。
藍染織物の青を基調にした落ちついた雰囲気の店内。料理長自ら台湾で厳選したこだわりの食材を使い、小皿料理を中心にご家族連れからグループの方まで楽しめます。店名は中国・シルクロードのさまよえる湖の湖畔にあったオアシスの街に由来しています。【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街2階
    席数:96席・18卓(4名×12卓、8名×6卓) 個室(4~5名様用 2室、8~20名様まで対応可能 1室)
【時間】11:30~20:30(ラストオーダー) 15:00~17:00中間クローズ
  ※時期により営業時間は異なるかと思います。
【予約】対応。2,500円よりコース料理を承ります。2名様より。詳しくは上記リンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。

a0036952_19211543.jpg

台湾料理の店として、長崎市内に5店舗展開する「老李グループ」のハウステンボス店として「TAIWANESE 中国料理 楼蘭」のオープンです。
老李のこだわり
「当店の食材・調味料は、主人が台湾で厳選したこだわりのものを使用し、本場の味はもちろん日本人にも合うようにおいしさをとことん追求しています。ぜひ、本場の味を堪能下さい。」

a0036952_1332096.jpg

料理は私はけっこう美味しいと思います。ネットでも美味しいとの評価もあればまあまあという評価もありますが、美味しくなかったとの評価は今のところ私は見ていません。

台湾料理の特徴として挙げられている事に新鮮な海鮮や旬の野菜などを用い素材を活かした淡白で繊細な味付けの料理が多いとされているようです。これまでいただいた楼蘭の料理の多くはそのような感じの、醤油を用いた日本人好みの味付けであるように思いました。油を多用したこってりした濃厚な味付けを好む方には料理によっては、物足りなく感じる可能性もあります。
メニュー構成などにおいても台湾料理の特徴とされているように見た目に豪華な料理というより、庶民的な家庭料理、家庭的で素朴さを感じさせる料理をまじめに作っている、そんな印象を受けます。

料理を気に入ってもらえているか、常に気にかけているようなまじめさも好感がもて、人により好みが異なり評価も異なるとは思いますが、コストパフォーマンスに優れている印象もあり、お勧めのお店のひとつであると言えます。
a0036952_2264083.jpg

店内は黒を基調にした落ち着いた雰囲気です。
a0036952_227923.jpg

入口入って右に4~5名用個室2室、奥に8~20名様まで対応可能な個室が1室あります。
窓際の席からはユトレヒトテラス前の運河とホテルヨーロッパ、席によっては迎賓館を眺める事ができます。

以下は7月26日の店外表示を元に以前の記事を改定したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-07-27 01:08 | ユトレヒト

ティークリッパー(Part1)

a0036952_1413740.jpg

今回はティークリッパーです。
改訂版をアップします。最新更新日8月28日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
ホテルデンハーグの海側玄関右手にある紅茶専門店。淡い色調のインテリアで、クラシック音楽が静かに流れ、海に面した大きな窓からはハウステンボスの港が一望できます。各種ストレートティーのほか、アレンジティーも充実しています。
【場所】場所:スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:50席
【営業時間】10:00~18:00(ラストオーダー)
【予約】対応なし。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。禁煙席あり。

 オランダの王宮を再現した壮麗なホテルデンハーグのレストラン・ティールーム・バーはいずれも個性的。
 「ティークリッパー」とは紅茶を運ぶ為の高速帆船のこととか。
a0036952_6483637.jpg

19世紀には紅茶を運ぶための快速船「ティークリッパー」が中国からイギリスまで新茶を届ける速さを競い合った。最初に届けられた新茶は高値で取引されるため、船主に莫大な利益をもたらしたのである。この競争は「ティーレース」と呼ばれ、「カティーサーク」、「サーモピレー」などのティークリッパーがしのぎを削りあった。

という事で、ネオンサインにも「TER RACE」の表示がありますね。
a0036952_6485262.jpg


 禁煙席と喫煙席がありともに良いです。禁煙席は海に面した開放的な空間。ゆったりと大村湾の光景を眺めながら、また読書しながら午後のひと時を優雅に過ごす事ができます。
 喫煙席はロビー側にあり、ふかふかのソファーがとても居心地良いです。歩き疲れた午後の遅い時間にソファーに身をゆだねて寛いだひと時を過ごすのも良いものです。
 私のお気に入りの店の1つです。デンハーグに宿泊しない時でもお茶を楽しみに寄らせてもらいます。とってもリゾートに相応しいお店だと思います。ゆったりと寛いだ贅沢なリゾートタイムをいかがですか。

 この禁煙席・テラス席が今回1ヶ月ほどかけてリニューアル工事が行われました。以下にリニューアル前後の写真をいくつかアップしてみます。同じアングルでの写真が撮れれば良かったのですが。。。
a0036952_1424342.jpg

    ※リニューアル前
a0036952_1431449.jpg

    ※リニューアル後
a0036952_1445275.jpg

    ※リニューアル前
a0036952_1452368.jpg

    ※リニューアル後
 リニューアル前も素敵でしたが、リニューアル後も素敵です。「内装、家具、インテリアを一新し、シックで外光が心地よいティーラウンジへとイメージチェンジしました。また、大村湾を一望でき、リゾート感ただようウェディング会場としてもご利用いただけるようになりました。」と案内にありました。
a0036952_1455947.jpg

    ※リニューアル前
a0036952_1463999.jpg

    ※リニューアル後。白い布はテントを表し、シャンデリアは海から引き上げたパーツをイメージして錆びた感じの塗装がなされているとか。
a0036952_1484773.jpg

    ※リニューアル前。窓側とロビー側ではソファが異なっていました。それぞれ居心地の良いソファでした。
a0036952_150362.jpg

    ※リニューアル後。宴席として使う為にソファは統一されています。居心地は良いですが、以前のソファを懐かしむ声も。写真でお分かりになるでしょうか。入り口あたりにあったレジカウンターがなくなっています。これに伴い勘定はテーブルチェック(飲食が終わるとスタッフに告げて勘定書きを持ってきていただき、テーブルでの支払い)となっています。

 紅茶専門店という事で紅茶のメニューも豊富。
アフタヌーンティーが好評です。ランチもかねてゆったり寛いだ時間を過ごしてみませんか?
 ケーキセットも人気です。
「海や帆船を眺めながら、ゆっくり気分でいただくケーキセットは、季節のフルーツを使ったものなど、ホテル特製のケーキが、約10種類楽しめるよ。」とあります。ケーキセットを頼むと全種類のケーキを持ってきてくださり、選ばせていただけるのですが、人気があるため、時間とともに売り切れのものが出てきてケーキの種類は少なくなってきます。時には売り切れのことも。
a0036952_2595735.jpg

ケーキは時期により異なります。ケーキについてはホテルズのケーキをご参照下さい。ケーキは各ホテルラウンジとも基本的には共通です。

                        ティークリッパーレポ
みーさんのレポ
はしっこのひとさんのレポ
てん&てんの妻さんのレポ
epsomさんのレポ
はしっこのひとさんのレポ

以下のメニューは7月26日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-07-27 00:39 | パレス&デンハーグ

ティークリッパー(Part2)

a0036952_017863.jpg



a0036952_0174357.jpg

字数制限の関係で2つに分けてアップします。
上の写真はPart1でもふれましたが、ティークリッパーのロビー側のスペース、喫煙席です。
タバコを吸わない私ですが、午後の遅い時間(比較的すいている時間帯)など他にお客さんが他におられない時はこの喫煙席のふかふかのソファーでゆったりと体を休めながら寛ぐのを好んでいます。

以下にメニューの続きを記します。

More
by mattarinonbe | 2007-07-27 00:30 | パレス&デンハーグ

ミュージックバー/ムーンシャワー

a0036952_0161192.jpg

今回はハウステンボス・アムステルフェーンのムーンシャワーです。
改訂版をアップします。最新更新日9月13日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
 ハウステンボスで唯一アナログ音楽を聴きながらお酒を飲めるムーンシャワー。
専属DJのセレクトする1960年代以降のロックやポップスに包まれながらお酒が楽しめます。ノーチャージで、メニュー価格もリーズナブル。
素敵な大人の夜の時間をお過ごしください。
【営業時間】20:00~23:30(ラストオーダー)24:00(クローズ)
【店休日】毎週水曜日及び貸切日
【料金】ノーチャージ。ドリンク代のみのようです。
【座席数】60席
【年齢制限】18歳未満は入場不可。
【予約】2次会プランで対応。詳しくは上記リンク先、オフィシャルサイトをご覧下さい。
【その他】喫煙席あり。

a0036952_125169.jpg

ゴスペルが終わり、店休していたムーンシャワーがチューリップ祭以降、営業再開しています。
ただ、以前とは異なり、イベントスケジュールにも記載がありませんので、キャストによるショーイベントはこれまでのところ行われてはいないようです。
イベントに頼らない、バーとして営業していくようです。時にはキャストによるショー(フラメンコやサンバ、ゴスペルなど)魅せて欲しい気はしますが。。。
a0036952_005738.jpg

と思っていましたら、この夏、昨年、一昨年とサンバチームで素敵な歌声を聴かせてくれていたリリアンさんとギターのロドリーゴさんのライブが楽しめます。60年代70年代の懐かしいオールディーズナンバー。何度もカヴァーされている曲もあり、若い方にも馴染みのある曲が少なくないと思います。
このライブの時間やプログラムについては姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらご覧下さい。

料金はノーチャージ。ドリンク代(及びおつまみ代)のみで楽しめます。
a0036952_0395494.jpg

ライブの時間以外にも、「懐かしい音楽に包まれて、あの頃の”時”をお過ごしください。」
と案内看板にあるように音楽を楽しむ事ができます。
a0036952_1185363.jpg

店内は若干の改装が加えられており、フロア内にも客席が設けられ、フロアの正面席があった所にDJブースが設置されていました。
その後も手を加えられたようで、3月当初よりもよい感じになっているように思います。
DJの方の選曲による(リクエストとかも可能かもしれませんね)どこか懐かしいオールディーズが心地よく空間に満ちています。
照明を落とした落ち着いた雰囲気の中、ご機嫌なナンバーに身をゆだねながらグラスを傾ける。。。
a0036952_1192318.jpg

魅力的なバーがいろいろと存在するハウステンボスに新たな魅力空間の登場です。
正面スクリーンには懐かしい映画がながされています。7月7日はオズの魔法使い。とっても懐かしく見入ってしまいました。
a0036952_11331.jpg

その前にはドラム、キーボード、ギター、ベースといった楽器が用意されているようで、週末などはライブが行われる事もあるのでしょうか。腕に覚えのある方など、楽器に触れる事もできるという話でしたが。。

まだ船出したばかり、いろいろと新たな試みがこれからなされ、育っていくバーなのでしょう。
スタッフも(私が利用した限りにおいては)若い方が中心のようで、その頑張りに期待です。懐かしいオールディーズを若い感覚でスタイリッシュに。。。

オールディーズという事で、中年以降の世代にとって懐かしさを感じる空間であると同時に、若い方にとっても十分に楽しめる空間だと思いますし、スタッフの方々が若い(他が歳食ってるというわけではありませんが・・)だけに女性のグループ等にも受ける要素がありそうに思います。
音楽好きな方、ムーディーな中(ハウステンボスのバーはいずれも素敵な雰囲気がありますが)グラスを傾けたい方、注目のお店です。

※ムーンシャワーは夏のライブが終わった9月3日から店休に入ったようです。いつまでなのかは不明です。この冬はハーレムメッセンジャーのライブを行なおうという企画もあるようですから、今後に期待して再開を待ちたいと思います。

以下は7月7日に店内メニューを記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-07-27 00:02 | ビネンスタッド

デ アドミラル(ランチPart1)

a0036952_21194451.jpg

デアドミラルのランチタイムメニューです。
夏季おすすめアラカルトが登場していますので、改訂版をアップします。最新更新日8月26日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:90席
      禁煙
【営業時間】
 モーニング 6:30~10:30
   ※現在はモーニングの営業は原則行われていないようです。朝食付宿泊プランの場合、アンカーズラウンジでの朝食になり、多客時はレンブラントホールも使われるようです。ただし、朝食付プランでない方などが飛び込みで利用されるのには対応されているとか。このような形がいつまでなされるのかは不明です。
 ランチ   11:30~14:30
 ディナー  17:00~22:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (ランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには1時間半程度はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
  一部のメニューはインターネットで予約する事で特典として10%オフもありお得です。【その他】車椅子利用可

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしいです。
ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。

フェアメニューなど旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
アラカルトにおいても、メニュー自体に変更がなくても、その時々の旬の素材を使って違った表情の料理が提供されるようです。

みーさんのレポ

以下は7月26日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-07-26 23:34 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(テラス)

a0036952_211447.jpg



a0036952_225754.jpg

今回はデ アドミラルのテラスです。
改訂版をアップします。
ホテルヨーロッパはいわずと知れたハウステンボスのフラッグシップホテル。素敵な部屋が数ある中で、私が好きなのは1階のテラス付きの部屋。ここでルームサービスを楽しむとリゾート気分満点!
スウィートやデラックスツインの部屋に宿泊しないと味わえない気分を手軽に味わえるのが、デ アドミラルのテラス席。いよいよオープンです。
 ※天候その他により、営業しない日もあるものと思われます。
【営業時間】12:00~14:30

今年も夏休みに入りテラスがオープンしていました。

天気が良く、暑すぎず、風もあまり強くない日には、テラス席で、運河や運河を行き来するカナルクルーザーに白鳥たち、ドムトールンや迎賓館などの素敵な景観を楽しみながらの飲食は、とても気分の良いもの。
26日はかなり暑い日でしたが、テラスは大きなパラソルが陽射しを遮ってくれている事、運河を吹き渡る風が心地よい事によりさほど暑さを感じる事なく楽しむ事ができました。
若干の暑さはビールが旨い!事でどこかへ行ってしまったようです。
冷房の効いた屋内で飲むビールよりも風に吹かれながらのビールの方がスカッと夏らしくって旨い!気がします。

意外にすごし易いと感じたテラスでの飲食。ホテルヨーロッパのスウィートや一部のデラックスルーム等の宿泊客のみが楽しむ事のできるテラスでの楽しみを手軽・気軽に楽しむ事ができます。
a0036952_316543.jpg

テラス席への入り口はシーブリーズの道向かいあたりにあります。

さて、このテラス席の入り口横に「夏季限定シェフおすすめアラカルト」の案内が出ていましたので、テラスでもいただけるのかと思い込んでいましたが、今年はテラスではドリンクのみの提供だとか。「夏季限定シェフおすすめアラカルト」はデアドミラル店内での提供でした。

以下は7月26日に記録してきたメニューです。

More
by mattarinonbe | 2007-07-26 23:15 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ