<   2007年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧

グランキャフェ前屋台

a0036952_22422585.jpg



a0036952_0555575.jpg

今回はアムステルフェーン、グランキャフェ前にオープンしている屋台のご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。

この屋台はグランキャフェのバーテンダーの方等により交代で運営されているものです。
営業日、時間等不明ですが、オープンしているのを見かけられたら、ちょっと一杯、ドリンクの利用はいかがでしょう。

下記は4月29日に記録したものです。

More
by mattarinonbe | 2007-04-30 22:43 | ビネンスタッド

ナッシュマルクト/TRAM型屋台村

a0036952_1839296.jpg

今回はニュースタッド地区に登場したTRAM型屋台のご紹介です。最新更新日5月26日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
オランダの路面電車「TRAM」型のスタイリッシュな移動屋台が出現!
「マウリッツ広場に登場したかっこいい屋台2店舗。パティシェのデザートクレープとビールと揚物が看板の個性的なお店です。
【営業時間】10:00~18:00
  ※雨天等により店休となる場合も。

この屋台については幻耶麻さんのページで紹介されています。
5月25日からはアジアン・シーズン・スイーツ専門店とカレー専門店のもう2店舗登場するようで楽しみです。
屋台が4つ揃えば屋台村「ナッシュマルクト」という感じになりそうですね。

※ザ・フライヤーズは、こちらによるとエバーカフェのプロデュースによるもののようですね。

29日にクレープをいただいてきましたが、予想以上に美味しくって(普段クレープを食する機会がないので、他との比較はできませんが)、他の味も試してみたい気になりました。可愛らしい外観とあいまって注目の屋台です。

※今日25日には4店舗そろっているはずです。新たにオープンする2店舗のうち1店舗はカレーの屋台で、ザ・フライヤーズ同様、エバーカフェのプロデュースによるもののようです。
  カレー専門「マサラ・ダッハ」
   リンク先をみると「全5種類のカレーライスとナンカレーセットがメニュー」で、「「オリジナルカレー」の他、「田舎風カレー」「ほうれん草カレー」「インド風キーマカレー」「ハッシュドビーフ」と辛口から甘口まであり」サイズもフルサイズと3/4サイズが用意されるようです。
                                    5月25日付記
Marchさんのブログでも紹介されていましたが、エバーカフェのサイトによると
  「5月25(金)・26(土)・27(日)の三日間限定で、ナッシュマルクトの各店で500円以上お買上げの方に、ソフトドリンクをサービス中です。フライ・カレー・クレープ・アジアンスィーツの各車両での500円以上のレシートをお持ち下さい。」というサービスが行われているようです。
  同サイトの写真を見ると、オレンジ広場での撮影。いよいよ移動式営業が行われているのでしょうか。この週末見てこようと思います。  5月26日付記。
     
以下に各屋台のメニューをご紹介します。

More
by mattarinonbe | 2007-04-30 18:41 | ニュースタッド

ワールドバザール他(屋台)

a0036952_17395555.jpg

今回はワールドバザール他、ビネンスタッド地区で臨時に登場している屋台のご紹介です。
最新更新日5月14日。

ワールドバザールでGWスペシャルとして「長崎うまかもん博」が開催されています。
 「ちゃんぽん、カステラ、角煮まんじゅう、五島うどん、海産物など、全国に知られる長崎の”うまかもん”がワールドバザールに大集合。グルメは見逃せません。またゴールデンウィークで帰省中という方は長崎みやげをたっぷり買い込むチャンスです!」
 このうまかもん博において実演販売の屋台が2つ登場しています。

以下に屋台のメニューをご紹介します。

More
by mattarinonbe | 2007-04-30 17:46 | ビネンスタッド

(佐世保)バーガー in ハウステンボス

a0036952_1548426.jpg

ハウステンボスにおいてもハンバーガーはいろいろと提供されています。
ホテルアムステルダムのオークラウンジで提供されているステーキバーガーや、ビッケンビッケン、グーテンアペティート、バーガーハウスダムとバーガーハウスグロットが現在常時ハンバーガーが提供されているお店です。
 ※上記写真はオークラウンジのステーキバーガーとビッケンビッケンのゴーダチーズバーガーです。
GW期間中はユトレヒトテラスにおいてもビッケンビッケンの佐世保バーガーが提供されています。

近年佐世保バーガーが有名になり、ハウステンボスに訪れた方の中にも、佐世保市内まで佐世保バーガーを食べに足を運ばれる方もおられるようです。

そのような中にあって、西日本新聞の記事によると「佐世保バーガーブームにあやかってバーガー店が乱立する中、優良店を公式認定することで、観光客に安心して「本物の佐世保バーガー」を味わって」もらおうと認定制度がスタートしています。この制度の是非には異論もあるようですが。。
認定を希望する店舗は佐世保観光コンベンション協会へ申請を行い、審査を受ける事になります。注文を受けて客の目の前で調理、地元産の食材を使用、他にないユニークさがあるといった基準で審査を受け、合格した店舗が「佐世保バーガー」の認定書を受け取る事になるようです。
今回初の認定を26店舗が受けたようです。
申請をしなければ認定を受けないわけですから、26店舗以外のお店のハンバーガーが佐世保バーガーと言えないとかいうわけではないと思いますが、この26店舗は一定以上の水準は満たしている、安心して利用できる店舗とは言えそうに思われます。

この26店舗の中に、ハウステンボスのグーテンアペティート、ビッケンビッケンが含まれています。ちなみにローレライも認定を受けています。

オークラウンジなどは認定を受けていませんが、これはおそらく申請をしなかったのだろうと思います。オークラウンジのステーキバーガーは一般の佐世保バーガー以上のクオリティを有していると私は思っています。

以下に通常提供されているバーガーメニューをピックアップしてみます。この他にもチーズワーフなどのカフェテリアや屋台などで提供される場合があります。

More
by mattarinonbe | 2007-04-30 16:20 | トピックス

エバーカフェ(GW期間テイクアウトメニュー)

a0036952_7433024.jpg



a0036952_743533.jpg

今回はハウステンボス、ニュースタッド地区、エバーカフェのご紹介です。
改定版をアップします。
癒しのスペース エバーカフェ
 新鮮・地元・健康・ファッションにこだわったフードメニューと、ヘルシードリンクなどを揃えたくつろぎのカフェが誕生。
【場所】ニュースタッド地区、kiraraの近く、ゴールデンホップ跡。
【営業時間】10:00~18:00(ラストオーダー)
  ※営業時間は時期により異なりますのでハウステンボスニュース等でご確認下さい。

 ゴールデンホップ跡に子供たちに大歓迎されそうな室内型プレイランド「キンダージム」がオープンしましたが、その横、かつてのゴールデンホップの禁煙席であった部分がリニューアルし、昨年の7月22日エバーカフェが誕生しました。
a0036952_74481.jpg

 入口はクリスタル橋近く、通りに向かって作られ(以前は今のキンダージム方向から入るようになっていました。今もそちらからも入れるのかも?)、入口を入ってすぐ右手のカウンターでオーダー、支払いを済ませる形式です。下記のようにメニューはけっこう豊富ですので、入口横のメニュー表示でおおよそ検討して入られるとよろしいかもしれませんね。

 佐世保を拠点として、地域に密着した衣・食・遊をビジネスとしているという㈱エバーグリーンの「食」に関する店舗に佐世保駅前にエバーカフェがあり、その姉妹店としてオープンしたのが、このエバーカフェのようです。

a0036952_7441925.jpg

 ガラス張りの運河に飛び出したカフェは1階でありながら、中2階の位置にあり、運河や運河船、白鳥たちを望むことができ、ハウステンボスの街並みを眺めながらゆったりとカフェーな時間を楽しむ事ができます。
 また、天気の良い日、陽気が良く風があまりない日などは窓が開いてオープンカフェになるようです。
 サンドイッチやドッグに使うパンは自家製で、皮付きポテトは雲仙市愛野産のジャガイモ、トマトジュースには長崎のブランドトマト大島トマトを使用するなど地元産素材を活かそうとしているところも好感がもてるように思います。
 元気に頑張って欲しいお店です。

a0036952_7445649.jpg

 エバーカフェ入口右横にはテイクアウト用のカウンターが用意されています。室内でのメニューを若干絞り込んだものになっています。

以下は4月29日に店外表示メニューを記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-04-30 15:03 | ニュースタッド

エリタージュ(リンク集)

a0036952_9375423.jpg



a0036952_9383110.jpg



a0036952_9385569.jpg

今回はエリタージュです。
改訂版をアップします。最新更新日12月06日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
※エリタージュのメニューは別にアップしてあります(ただし現在は変更があるかもしれません)ので、こちらをご覧下さい。

フランス料理の巨匠、故アラン・シャペルの愛弟子である上柿元勝総料理長が腕を振るう素晴らしい料理と、吟味して選ばれたワイン。極上の正餐が心ゆくまで楽しめる、ハウステンボス内で最高格を誇るフランス料理レストラン。店名のエリタージュは、フランス語で「いいものを受け継ぐ」という意味。巨匠、シャペル自らに「ミヨネーで過ごした3年が、彼を私に近い存在につくりあげた。仕事に対する深い情熱と実践、彼は未来のシャペルである」とまで言わしめた、上柿元総料理長のオリジナリティあふれる料理は、まさに芸術品。地元で採れた新鮮な海の幸、山の幸はもちろん、世界中から集められた最上級の食材が、彼の手によって姿を変えてゆく。そして、銘醸ワインとの絶妙な味のハーモニーは、どんな美食家でも必ず満足するはず。ユトレヒトの運河に面したロイヤルゲストハウス「迎賓館」の1階にあるこのレストランでは、もちろん誰でも食事できるが、予約だけは忘れずに。また、(男性は)ジャケットは必ず着用のこと。
洗練された最高のサービスと、ここでしか味わえない贅を堪能したいというゲストに自信を持っておすすめできる最高格のレストラン。
【場所】ユトレヒト地区迎賓館内
    席数:38席
    禁煙
【時間】11:30~14:00  17:00~21:00
【予約】予約制
        予約・お問い合わせ/レストラン「エリタージュ」 電話0956-27-0548
【ドレスコード】 男性ジャケット着用。ジーンズ・スニーカー不可。
         中学生以上。
※昨年11月よりランチタイムのドレスコードが変更になったようです。ジーンズ・スニーカーは不可ですが、男性のジャケット着用は必要なくなったとか。 これについては、批判的な方もおられるかと想像しますが、私はより利用しやすくなったと歓迎したいと思います。ただ、ジャケット着用の必要はなくなったとはいえ、自ら気後れする事がないような服装が望ましいように思います。
※中学生以上ですが、個室利用の場合は小学生でも可だったと思います。またこどもの日などには親子での企画が行われることも。
【その他】車椅子利用可

この項はメニュー紹介ではなく、イベント紹介及びメニューに直結するもの以外のレポ紹介を行う、いわゆるリンク集のつもりです。
洗練された極上の味わいと、磨き抜かれたおもてなし

”古き良き時代”のヨーロッパのレストランの優雅で華麗な雰囲気をそのままに受け継いだ、味、雰囲気、サービス共に最高級の、三ツ星レストランの品格を誇るフレンチレストランです。上柿元名誉総料理長がつくり出す料理の数々は、まさに味の芸術品。ソムリエのサービスによるワインと共に、フランス料理の真髄をご堪能下さい。運河よりクルーザーにてそのままご来店いただくこともできます。


以下に各種リンク集を記します。

More
by mattarinonbe | 2007-04-30 07:45 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

エリタージュ

a0036952_9375423.jpg



a0036952_9383110.jpg



a0036952_9385569.jpg

今回はエリタージュです。現在のメニューを一部ご紹介します。
改訂版をアップします。最新更新日07-12-10
エリタージュレポ等については、リンク集からご覧下さい。

フランス料理の巨匠、故アラン・シャペルの愛弟子である上柿元勝総料理長が腕を振るう素晴らしい料理と、吟味して選ばれたワイン。極上の正餐が心ゆくまで楽しめる、ハウステンボス内で最高格を誇るフランス料理レストラン。店名のエリタージュは、フランス語で「いいものを受け継ぐ」という意味。巨匠、シャペル自らに「ミヨネーで過ごした3年が、彼を私に近い存在につくりあげた。仕事に対する深い情熱と実践、彼は未来のシャペルである」とまで言わしめた、上柿元総料理長のオリジナリティあふれる料理は、まさに芸術品。地元で採れた新鮮な海の幸、山の幸はもちろん、世界中から集められた最上級の食材が、彼の手によって姿を変えてゆく。そして、銘醸ワインとの絶妙な味のハーモニーは、どんな美食家でも必ず満足するはず。ユトレヒトの運河に面したロイヤルゲストハウス「迎賓館」の1階にあるこのレストランでは、もちろん誰でも食事できるが、予約だけは忘れずに。また、(男性は)ジャケットは必ず着用のこと。
洗練された最高のサービスと、ここでしか味わえない贅を堪能したいというゲストに自信を持っておすすめできる最高格のレストラン。
【場所】ユトレヒト地区迎賓館内
    席数:38席
    禁煙
【時間】11:30~14:00  17:00~21:00
【予約】予約制(空席があれば、当日予約も可能なようです。)
        予約・お問い合わせ/レストラン「エリタージュ」 電話0956-27-0548
【ドレスコード】 男性ジャケット着用。ジーンズ・スニーカー不可。
         中学生以上。
※ただし、個室利用の場合は婚礼での利用の際など、小学生でも可だったと思います。またこどもの日などには親子での企画が行われることも。
※昨年11月よりランチタイムのドレスコードが変更になったようです。ジーンズ・スニーカーは不可ですが、男性のジャケット着用は必要なくなったとか。 これについては、批判的な方もおられるかと想像しますが、私はより利用しやすくなったと歓迎したいと思います。ただ、ジャケット着用の必要はなくなったとはいえ、自ら気後れする事がないような服装が望ましいように思います。
【その他】車椅子利用可

ハウステンボスリゾートの楽しみに「食」があります。その最高峰がここ「エリタージュ」。
ドレスコードなどから敷居が高いと思われがちですが、価格的には以外にリーズナブル。安価とはさすがにいえませんが、料理・サービス等の質の高さからすればかなりお値打ちもの。東京など大都市であれば数倍の価格でおかしくないという声をしばしば耳に(目に)します。

特にランチタイムは利用しやすいように思います。エリタージュデビューしてみませんか?

メニューは季節により変わります。下記は現在の基本的なメニューのようですが、この他にフェアメニュー等があります。
エリタージュの場合、好みに応じ(好き嫌いに応じ)料理の内容を変更してもらうなど予約時にリクエストが可能なようで、料金追加で内容のグレードアップも可能なようです。
クルージング&ランチプラン「エリタージュ エ ネレイド」が今年も登場しており、注目です。これについては上記リンク集をご覧下さい。
下記料金は税込み価格。別途サービス料10%。

以下のメニューは以前の記事にHPでの記載などを元に改定を加えたものですが、フェアメニュー以外のコースメニューは(HPを見る限り)変更がないようです。アラカルトメニューについては不明ですので、以前のものをそのまま載せています。

More
by mattarinonbe | 2007-04-30 01:25 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

イタリアンレストラン/プッチーニ(ディナータイムPart1)

a0036952_20285010.jpg



a0036952_7152368.jpg

今回はイタリアンレストラン・プッチーニのディナータイムメニューです。
改定版をアップします。最新更新日10月11日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
長崎を舞台にした有名な歌劇『蝶々夫人』。その作曲者、イタリア人のプッチーニの名を冠している当店は、アンティパストからコースまで本格的なイタリアンが楽しめます。イタリアで修行を積んだシェフの腕前は折り紙付き。ローマの廃墟をイメージした店内で本場の味をご堪能ください。
【場所】ユトレヒト・ワールドレストラン街1階
    席数68席
【営業時間】11:00~21:00(ラストオーダー)
    ※15:00~17:00中間クローズ
    ※スリーベリーフェア期間中は15:00~17:00もオープンしているかと。
    ※火曜日店休(GW期間中5月6日までは休みなしのようです。)
    ※営業時間・店休日は時期により異なりますのでハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】予約対応。詳細はHPで。
    ※予約の場合は通常メニューとは異なるコースメニューの予約になるようです。現在は昼は¥2,500のコースのみ。夜は¥5,000若しくは¥6,000のコースから選択だとか。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗

ハウステンボスのレストランはホテルズのレストラン、場内レストラン(ユトレヒトやスパーケンブルグのレストラン)、企業館のレストラン(ニュースタッドのレストラン)に分類する事ができるかと思いますが、プッチーニは場内レストランを代表するレストランの1つです。

ハウステンボスの顔となるべきレストラン、プッチーニ。いろいろと紆余曲折があり、ややメニュー的に低迷(?)の時期もあったように思いますが、現在ディナータイムにおいては2つのコースが用意されており、アラカルトメニューも前菜、魚料理、肉料理とかつてに比べると絞り込まれた感がありますが、ランチタイムに比べると充実したメニューと言え、その内容についてもいろいろと考慮がなされているようで、季節感もあって楽しめます。頑張りを感じる事ができます。
a0036952_19231964.jpg

お店の雰囲気も良く、サービススタッフの方たちの頑張りを感じる、好感の持てるレストランで、好みは人それぞれでしょうが、お勧めのレストランの1つです。

以下は4月29日に記録してきたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-04-29 23:33 | ユトレヒト

イタリアンレストラン/プッチーニ(ディナータイムPart2)

a0036952_2334698.jpg

字数制限のため2つに分けてアップしています。

以下にメニューの続きを記します。

More
by mattarinonbe | 2007-04-29 23:24 | ユトレヒト

韓国料理/ソウル(夜)

a0036952_1448100.jpg



a0036952_10453737.jpg

今回はソウルです。
改訂版をアップします。最新更新日5月15日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
昼のメニューについてはこちらをご覧下さい。
当店の料理長が腕をふるうメニューは、日本人にも馴染みの深い、焼き肉や冷麺といったものから、本格的な宮廷料理まで幅広く用意されています。店内はシックなカラーでまとめられ、落ち着いた雰囲気でお食事が楽しめます。
【場所】ユトレヒト地区ワールドレストラン街2階
     席数:70席(個室10席 予約のみ)
【営業時間】11:30~15:00/17:00~20:30(ラストオーダー)
   ※月曜日店休
   ※営業時間は時期により変わる事があります。店休日等はハウステンボスニュース等でご確認下さい。
【予約】対応。詳しくはオフィシャルサイト参照下さい
  ※昼2,500円、夜4,000円から(それぞれ1名あたりの料金)で、夜は2名以上での予約。予約の場合、通常メニューとは異なるメニューになるそうです。昼はビビンバなどのセットで、夜は宮廷料理・焼肉コースの2タイプより選択。
宮廷料理は4,000円と5,000円の2つのコースが用意されていて、4,000円のコースではクジョルパン、カルビチム、チヂミ焼き、石鍋ビビンバ、キムチ、わかめスープ、シャーベットの内容で、5,000円のコースはそれに加えてシンソルロ(神仙炉:鍋料理)がつくようです。
焼肉コースは¥4,000で通常メニューに類似したもののようです。

  ※mattariのレポ
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗

ハウステンボス唯一の韓国料理の店として異彩を放っています。料理長の味への探究心が実を結び、人気店となり、韓国の方も絶賛されたとか。
店内は落ち着いた雰囲気。
ビビンバは美味しくて、評判良いようです。料金的にもお手頃感のあるお店です。
ビビンバにおいてもコチュジャンが別添えになっているなど、(私の知る範囲では)辛さは自分で調整できるようになっていますので、辛いものはちょっと・・という方でもここソウルでなら、大丈夫ではないでしょうか。

時期によりメニュー内容は多少変わります。

以下は4月19日に店外表示を記録したものにより以前の投稿に改定を加えたものです。

More
by mattarinonbe | 2007-04-29 05:57 | ユトレヒト