カテゴリ:ワールドバザール( 48 )

アムステルダムレストラン&カフェ

a0036952_9493547.jpg

今回は2013年2月2日にリニューアルしたアムステルダム広場(旧アレキサンダー広場)に登場している、アムステルダム・ガーデンレストランのご紹介です。
改訂版をアップします。
 パリの街角を思わせるオープンカフェ
 アムステルダム広場(旧アレキサンダー広場)のスタッドハウスを囲むように並ぶ、パリの街角を思わせるオープンレストラン&カフェ。
ヨーロッパの街並みを眺めながら、ホテルレストランのシェフが季節ごとに作るお料理やソムリエが厳選するお飲み物をお楽しみいただけます。
【営業時間】 10:00~ハウステンボス営業終了時間
【座席数】 260席

a0036952_1205676.jpg

a0036952_1211719.jpg

 アレキサンダー広場周辺は美しく上品にライトアップされた街並みになっています。
a0036952_14115172.jpg

a0036952_1412776.jpg

a0036952_14324231.jpg

a0036952_14342184.jpg


a0036952_14403715.jpg

a0036952_1441437.jpg

こちらはBBQコーナー。
a0036952_14515036.jpg

a0036952_1452502.jpg

7月13日には屋台が再編されていました。
a0036952_14454947.jpg

ステージもその時々により模様替えがなされています。上の写真は7月13日のもの。
a0036952_1444574.jpg

こちらの写真は8月11日のもの。
a0036952_23592922.jpg

こちらは14年1月26日。
a0036952_14385393.jpg

アムステルダム・カフェも前面がオープンとなったより開放的な空間になっています。
a0036952_14393018.jpg

a0036952_14395681.jpg

a0036952_1447292.jpg

夏場は周囲もミストにより涼感ある空間に。
冬はヒーターが。
a0036952_14415212.jpg

a0036952_14421455.jpg

ドムトールン4階から眺めたアムステルダム広場です。
a0036952_01521100.jpg

 こちらは11月3日に撮影したもの。
a0036952_0161666.jpg

a0036952_0163127.jpg

a0036952_0164649.jpg

11月2日からリンクファンタジアがオープンしています。
              リンクファンタジア
 世界最大級の第一幕を超える楽しさ。光の二大エンターテイメント誕生!
 スケーティングに合わせてリンクの光の映像が動きだす!
【開催期間】 2013年11月2日~2014年3月30日

a0036952_0173662.jpg

a0036952_0175794.jpg

a0036952_0181610.jpg


以下のメニューは1月26日に利用した際の記録を元に改定したものです。
アムステルダムレストラン&カフェにおいて「イタリアンフェア」、「牡蠣&シャンパン祭」メニューが登場しています。
昨秋のワイン&チーズ祭終了後も、レストラン内のカウンター席をバーカウンターの様に活用して、店内においてワインの飲み比べメニューが登場しています。12月の内容とは異なり、イタリアンフェアという事でイタリアワイン15種類が用意され、うち5種類を選んで飲み比べ出来るようになっています。
チーズもワイン&チーズ祭りの時は100種類ものチーズが用意されていましたが、その後も常時30種類ほどが用意され、10g単位で様々なチーズを選んで頂く事が出来ます。イタリアンフェアにおいてもイタリアのチーズ3種類のセットも提供されています。
12月に利用した際はカクテルも次の様に豊富に用意されていましたが、今回は未確認です。
ケーキもいろいろと用意されていますので、カフェとしてもバーとしても、レストランとしても利用できる使い勝手の良いお店かと。

~カクテル~
アムステルダム広場オリジナルカクテル
○マッキン・ペッシェ       ¥800
  ジン、グレナデン、ネクター、トニックウォーター
○ビューティフル・ガーデン    ¥800
  ローズリキュール、グレープフルーツ、トニックウォーター
○ダンシングガール        ¥800
  カシス、辛口ジンジャーエール、グレナデン

ブランデーベース
○サイドカー           ¥900
  コアントロー、レモン
○フレンチコネクション      ¥900
  アプリコット

ウィスキーベース
○ゴットファーザー        ¥900
  アマレット
○マンハッタン          ¥900
  スイートヴェルモット

ワインベース
○ワインクーラー         ¥900
  赤ワイン、オレンジジュース、コアントロー、ジンジャーエール
○キール             ¥900
  白ワイン、カシス
○キールロワイヤル        ¥1,400
  シャンパン、カシス
○ミモザ             ¥1,400
  シャンパン、オレンジジュース
○ベリーニ            ¥1,400
  シャンパン、ネクター、グレナデン

ジンベース
○ジントニック          ¥800
  トニックウォーター、ライム
○ホワイトレディ         ¥800
  コアントロー、レモン
○ジンリッキー          ¥800
  ソーダ、ライム

ウォッカベース
○バラライカ           ¥800
  コアントロー、レモン
○ソルティードック        ¥800
  グレープフルーツジュース
○スクリュードライバー      ¥800
  オレンジジュース
○モスコミュール         ¥800
  ジンジャーエール、ライム

ラムベース
○X.Y.Z.             ¥800
  コアントロー、レモン
○ソルクバーノ          ¥800
  グレープフルーツジュース、トニックウォーター
○キューバリバー         ¥800
  コーラ、ライム

テキーラベース
○マルガリータ          ¥800
  コアントロー、レモン
○テキーラサンライズ       ¥800
  オレンジジュース、グレナデンシロップ

その他
○カンパリオレンジ        ¥800
  カンパリ、オレンジジュース
○カンパリソーダ         ¥800
  カンパリ、ソーダ、レモン
○カシスソーダ          ¥800
  カシス、ソーダ
○カシスオレンジ         ¥800
  カシス、オレンジ
○スプモーニ           ¥800
  カンパリ、グレープフルーツ、トニックウォーター
○カルーアミルク         ¥800
  カルーア、ミルク
○チャイナブルー         ¥800
  ブルーキュラソー、ディタ、グレープフルーツ
○ディタオレンジ         ¥800
  ディタ、オレンジジュース

ノンアルコールカクテル
○シャーリーテンプル       ¥800
  グレナデン、ジンジャーエール
○サラトガクーラー        ¥800
  ジンジャーエール、ライム

~ウィスキー~
○ジョニーウォーカー・スイング  ¥1,100
○オールドパー          ¥900
○アードベッグ 10Y        ¥1,100
○タリスカー 10Y         ¥1,100
○グレンリベット 12Y       ¥900
○カナディアンクラブ       ¥600
○余市 10Y            ¥1,100

~コニャック~
○レミーマルタン VSOP      ¥1,100


また、現在キッチンハウス等の屋台メニューはアムステルダムレストラン&カフェ店内でも注文可能になっています。それに伴い、屋台で直接購入した飲食物はレストラン店内に持ち込めない事になっていますので、ご注意。
同時にレストラン内でいただく場合とテイクアウトでいただく場合で、一部のメニューにおいては価格設定が若干異なる(レストラン内だとサービス料が加わるということかと)ものがあります。

                        メニュー
a0036952_22202815.jpg

a0036952_1457183.jpg

アムステルダムレストラン・カフェ
a0036952_0144956.jpg

 ワイン&チーズ祭り(サンヴァンサン祭)終了後もカウンター席でワイン等を楽しめるようになっています。

イタリアンフェア
ホテルシェフ特製イタリア料理
○イカスミ麺を使ったズワイガニのパスタ ¥1,400
○イカスミのリゾット          ¥1,300
・シーフードドリア           ¥1,300
○シーフードサラダ カルパッチョ風   ¥1,200
○ミネストローネ            ¥600
○ブルスケッタ             ¥400
○イタリアンパニーニ          ¥700

イタリアワイン
●イタリアワイン5種類飲み比べ    ¥1,400
  厳選した15種類のイタリアワインのうち、お好きなワイン5種類をお楽しみいただけます。
 1.カヴィロ タヴェルネッロ・ランブルスコ・ロッソ IGT (赤) 微発泡 軽口 イタリア
    「イタリアのエミリア・ロマーニャ州で作られる微発泡微発泡ワイン。明るいルビー色。フルーティでかわいらしい香り。
     バランスのとれたブーケと楽しくなるようなソフトな味わいのランブルスコ。」
 2.フェウド・アランチョ フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ (赤)スティル 中口 イタリア
    「非常に豊かな香りが印象的。イチゴやカシスの果実に黒胡椒のアクセント。果実由来の甘みと上品な酸のバランス。
     ソフトなタンニンで舌触りが滑らか。」
 3.フェウド・アランチョ フェウド・アランチョ カベルネ・ソーヴィニョン (赤)スティル 中口 イタリア
    「プラムやカシスのような果実のアロマにカベルネ・ソーヴィニョン特有のハーブとスパイスのニュアンスが漂う。
     滑らかでふくよかなタイプ。完熟果実を想わせるシューシーな果実味が魅力。」
 4.メリーニ キアンティ (赤)スティル 中口 イタリア
    「フレッシュさが印象的なキャンティ。軽やかな赤ワイン。」
 5.ファレスコ モンテリーヴァ ウンヴリア・ロッソ (赤)スティル 中口 イタリア
    「軽やかな果実味とタンニン、心地よい酸味のバランスの良い赤ワイン。」
 6.カンティーネ ヴォルピ  サンジョヴェーゼ・マルケ・オーガニック (赤)スティル 辛口 イタリア
    「ピュアでリッチな味わいのオーガニックワインです。」
a0036952_23571099.jpg

 7.カンティーネ ヴォルピ  ネロ・ダヴォラ・シチリア・オーガニック (赤)スティル 辛口 イタリア
    「シチリア島にて作られる個性豊かなオーガニクワインです。」
a0036952_23533623.jpg

 8.サンテロ  ピノ・ロゼ  (ロゼ)泡 中辛口 イタリア
    「ピノ・ビアンコ種とピノ・ネロ種を用いてつくられた本格的な辛口ロゼスパークリングワイン、その名も「ピノ・ロゼ」。
     スタイリッシュなラベルと本格的な味わいをお楽しみください。」
 9.カヴィロ  タヴェルネッロ・フリッツァンテ・ロゼ (ロゼ)微発泡 やや辛口 イタリア
    「フレッシュなベリーやチェリーを思わせるほのかに甘い香り。心地よい微発泡の口当たりと、チャーミングで
     優しい果実感が特長のイタリア産微発泡ワインです。」
a0036952_2351474.jpg

 10.サンテロ  ピノ・シャルドネ・スプマンテ  (白)泡 中辛口 イタリア
    「ピノ・ビアンコ種とシャルドネ種を用いてつくられた本格的な辛口のスパークリングワインです。
     泡立ちはきめ細かく、スッキリとした味わいで料理との相性も抜群です。」
 11.ベリッチア  ベリッチア・トレッビアーノ・ダブルッツォ (白) スティル 中辛口 イタリア
    「オーガニックワイン。桃やレモンのような柑橘系フルーツの香り。フレッシュでフルーティな味わいが心地よく、
     フィニッシュにはクリスピーさも感じられる。」
 12.カンティーネ・ヴォルピ  インゾリア・シチリア・オーガニック (白)スティル 中辛口 イタリア
    「シチリア島にて作られる爽やかなオーガニックワインです。」
 13.フェウド・アランチョ  フェウド・アランチョ・インツォリア (白) スティル 中辛口 イタリア
    「レモンのような酸のきりっとした果実、白い花やミネラルの香り。洋ナシやメロンのような果実味豊かで、
     酸とミネラルできりっとした印象。夏野菜のような瑞々しさ。」
a0036952_23544112.jpg

 14.フェウド・アランチョ  フェウド・アランチョ・グリッロ (白) スティル 中辛口 イタリア
    「白桃のようなジューシーで魅力的な果実の香りに、紅茶やジャスミンのフレーヴァー。全体的に丸みのある印象で、
     豊かな酸味は穏やかでボリューム感が高い。ほんのりビター感。」
a0036952_2355199.jpg

 15.ウマニロンキ  ヨーリオ・ビアンコ (白)スティル 中辛口 イタリア
    「リッチな味わいとフルーティな香りが楽しめる。」

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-02-09 23:57 | ワールドバザール

アムステルダムレストラン&カフェ

a0036952_9493547.jpg

今回は2013年2月2日にリニューアルしたアムステルダム広場(旧アレキサンダー広場)に登場している、アムステルダム・ガーデンレストランのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
 パリの街角を思わせるオープンカフェ
 アムステルダム広場(旧アレキサンダー広場)のスタッドハウスを囲むように並ぶ、パリの街角を思わせるオープンレストラン&カフェ。
ヨーロッパの街並みを眺めながら、ホテルレストランのシェフが季節ごとに作るお料理やソムリエが厳選するお飲み物をお楽しみいただけます。
【営業時間】 10:00~ハウステンボス営業終了時間
【座席数】 260席

a0036952_1205676.jpg

a0036952_1211719.jpg

 アレキサンダー広場周辺は美しく上品にライトアップされた街並みになっています。
a0036952_14115172.jpg

a0036952_1412776.jpg

a0036952_14324231.jpg

a0036952_14342184.jpg


a0036952_14403715.jpg

a0036952_1441437.jpg

こちらはBBQコーナー。
a0036952_14515036.jpg

a0036952_1452502.jpg

7月13日には屋台が再編されていました。
a0036952_14454947.jpg

ステージもその時々により模様替えがなされています。上の写真は7月13日のもの。
a0036952_1444574.jpg

こちらの写真は8月11日のもの。
a0036952_14385393.jpg

アムステルダム・カフェも前面がオープンとなったより開放的な空間になっています。
a0036952_14393018.jpg

a0036952_14395681.jpg

a0036952_1447292.jpg

夏場は周囲もミストにより涼感ある空間に。
a0036952_14415212.jpg

a0036952_14421455.jpg

ドムトールン4階から眺めたアムステルダム広場です。
a0036952_01521100.jpg

 こちらは11月3日に撮影したもの。
a0036952_0161666.jpg

a0036952_0163127.jpg

a0036952_0164649.jpg

11月2日からリンクファンタジアがオープンしています。
              リンクファンタジア
 世界最大級の第一幕を超える楽しさ。光の二大エンターテイメント誕生!
 スケーティングに合わせてリンクの光の映像が動きだす!
【開催期間】 2013年11月2日~2014年3月30日

a0036952_0173662.jpg

a0036952_0175794.jpg

a0036952_0181610.jpg


以下のメニューは12月22日に利用した際の記録を元に改定したものです。
クリスマスメニュー、オイスターフェアメニューが登場しています。

                        メニュー
a0036952_22202815.jpg

a0036952_1457183.jpg

アムステルダムレストラン・カフェ
a0036952_0144956.jpg

 ワイン&チーズ祭り(サンヴァンサン祭)終了後もカウンター席でワイン等を楽しめるようになっています。
ドリンクメニュー
~カクテル~
アムステルダム広場オリジナルカクテル
○マッキン・ペッシェ       ¥800
  ジン、グレナデン、ネクター、トニックウォーター
○ビューティフル・ガーデン    ¥800
  ローズリキュール、グレープフルーツ、トニックウォーター
○ダンシングガール        ¥800
  カシス、辛口ジンジャーエール、グレナデン

ブランデーベース
○サイドカー           ¥900
  コアントロー、レモン
○フレンチコネクション      ¥900
  アプリコット

ウィスキーベース
○ゴットファーザー        ¥900
  アマレット
○マンハッタン          ¥900
  スイートヴェルモット

ワインベース
○ワインクーラー         ¥900
  赤ワイン、オレンジジュース、コアントロー、ジンジャーエール
○キール             ¥900
  白ワイン、カシス
○キールロワイヤル        ¥1,400
  シャンパン、カシス
○ミモザ             ¥1,400
  シャンパン、オレンジジュース
○ベリーニ            ¥1,400
  シャンパン、ネクター、グレナデン

ジンベース
○ジントニック          ¥800
  トニックウォーター、ライム
○ホワイトレディ         ¥800
  コアントロー、レモン
○ジンリッキー          ¥800
  ソーダ、ライム

ウォッカベース
○バラライカ           ¥800
  コアントロー、レモン
○ソルティードック        ¥800
  グレープフルーツジュース
○スクリュードライバー      ¥800
  オレンジジュース
○モスコミュール         ¥800
  ジンジャーエール、ライム

ラムベース
○X.Y.Z.             ¥800
  コアントロー、レモン
○ソルクバーノ          ¥800
  グレープフルーツジュース、トニックウォーター
○キューバリバー         ¥800
  コーラ、ライム

テキーラベース
○マルガリータ          ¥800
  コアントロー、レモン
○テキーラサンライズ       ¥800
  オレンジジュース、グレナデンシロップ

その他
○カンパリオレンジ        ¥800
  カンパリ、オレンジジュース
○カンパリソーダ         ¥800
  カンパリ、ソーダ、レモン
○カシスソーダ          ¥800
  カシス、ソーダ
○カシスオレンジ         ¥800
  カシス、オレンジ
○スプモーニ           ¥800
  カンパリ、グレープフルーツ、トニックウォーター
○カルーアミルク         ¥800
  カルーア、ミルク
○チャイナブルー         ¥800
  ブルーキュラソー、ディタ、グレープフルーツ
○ディタオレンジ         ¥800
  ディタ、オレンジジュース

ノンアルコールカクテル
○シャーリーテンプル       ¥800
  グレナデン、ジンジャーエール
○サラトガクーラー        ¥800
  ジンジャーエール、ライム

~ウィスキー~
○ジョニーウォーカー・スイング  ¥1,100
○オールドパー          ¥900
○アードベッグ 10Y        ¥1,100
○タリスカー 10Y         ¥1,100
○グレンリベット 12Y       ¥900
○カナディアンクラブ       ¥600
○余市 10Y            ¥1,100

~コニャック~
○レミーマルタン VSOP      ¥1,100

ワイン飲み比べ
○世界のワイン15種類より飲み比べ(5種) ¥1,200
  以下のワインの中から5種類を選び飲み比べ
 1.バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド アニョー・ルージュ (赤)スティル 中口 フランス
    デイリーボルドーとして最高の味わい!格付け1級「シャトー・ムートン」のDNAを受け継ぐ、旨みのあるボルドー。
 2.バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド カデ・ドック・メルロ (赤) スティル 中口 フランス
    プラムやラズベリーの酸味が強め、タンニンもしっかりしていて、どっしり腰が座って飲み応えのある味わい。
 3.バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド カデ・ドック・カベルネ・ソーヴィニョン (赤) スティル 中口 フランス
    赤系果実やスパイスの魅力的でリッチなアロマがあり、しっかりとしたタンニンと、奇麗に丸みを帯びた味わいの
    完璧なコンビネーション
 4.バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド アニョー・ブラン (白) スティル 辛口 フランス
    フレッシュさとフルーティーさ、フローラル系のアロマ、格付け1級「シャトー・ムートン」のDNAを受け継ぐ、
    清涼感のある万能ワイン。
 5.カ・ディ・ライオ イプシロン・スプマンテ・ロゼ・ピンクゴールド (ロゼ) 泡 中辛口 イタリア
    濃いピンク、泡はエレガントで長く続く。ローズ、ストロベリーなど、個性あるデリケートなアロマ。酸味と果実味、
    アルコール分のバランスが良い。
 6.ヴァレベルボ ドゥエグラーディ (白)微発泡 甘口 イタリア
    アルコール度数2%の低アルコールの甘口ワイン。程よく酸味がありまろやかな質感。微発泡でクリーミーな泡が優しい。
 7.ヴァレベルボ ヴァレベルボ・モスカート・ダスティ (白)微発泡 甘口 イタリア
    マスカットの風味いっぱいの甘口ワイン。マスカットを思わせる爽やかさと甘さが混じり合った香り、余韻には
    はちみつのような奥深いニュアンスも残ります。
 8.クロ・モンブラン クロ・モンブラン・カステル・テンプラニーリョ (赤) スティル 中口 スペイン
    数々のミシュラン星付きレストランにオンリストされている実力派。ラズベリーやバニラの香りにスパイスのニュアンス。
    なめらかなタンニンと豊かな果実味!
 9.クロ・モンブラン クロ・モンブラン・カステル・マカブー・シャルドネ (白) スティル 辛口 スペイン
    桃やパイナップルなどの香りが華やか。芳醇な果実味、フレッシュで力強さを併せ持ち、上品な後味が印象的。
 10.モンテス モンテス・リミテッド・セレクション・カベルネ・ソーヴィニョン‐カルメネール (赤)スティル 重口 チリ
    ”パワフル・モンテス”が楽しめる赤ワイン。黒系果実のしっかりとしたアロマが印象的。ソフトでやさしい舌触りと
    甘いタンニンが印象的。
 11.モンテス モンテス・リミテッド・セレクション・ピノ・ノワール (赤)スティル 中口 チリ
    最高評価5つ星を獲得したベストバイワイン。生産量の少ない限定品!満足感のあるピノ・ノワール。
 12.モンテス モンテス・リミテッド・セレクション・ソーヴィニョン・ブラン (白)スティル 中辛口 チリ
    ソーヴィニョン・ブランのトップ・キュヴェ!各方面で高評価連発!!爽やか&果実味豊で食事との組み合わせも◎
 13.グラント・バージ ジービー・88・カベルネ・ソーヴィニョン (赤)スティル 中口 オーストラリア
    オーストラリアの高級ワインの産地の、エレガントなオークの香りときめ細かいタンニンのカベルネ。
    カシスやベリーの熟した味わいと、ジャムのような濃密なフレーヴァー。
 14.グラント・バージ ジービー・32・シャルドネ (白)スティル 辛口 オーストラリア
    オーストラリアの高級ワイン産地で造られる。甘みと酸味のバランスが良いシャルドネ!メロンの香り、口当たりは
    芳醇でまろやか。
 15.シレーニ・エステート セラー・セレクション・スパークリング・ロゼ (ロゼ)発泡 辛口 ニュージーランド
    明るいルビー色。ラズベリーのフレッシュな味わい。メルロ由来のアロマティックで、軽やかなタンニンを感じる
    フルーティーなスタイル。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-02-07 00:23 | ワールドバザール

ワインサロン&バー/オークラウンジ(Part2)

a0036952_13112736.jpg

a0036952_14472057.jpg

a0036952_17531678.jpg

字数制限にかかりましたので、3つに分けてアップします。

以下に続きを記載します。
Sherry
ゴンザレス・ピアス
a0036952_17573214.jpg

  ※写真は11年4月10日シェリーフェアでいただいた「ティオ・ペペ・フィノ」
・ティオ・ペペ           ¥800
 「世界中のレストランで、食前酒に選ばれるシェリーの傑作です。ライトでドライ。オン・ザ・ロックもお勧めです。」
・アルフォンソ           ¥1,000
 「オロロソ(辛口)シェリー。もっとも長い熟成期間を経た、重厚なコクを持つ辛口シェリー。」

ボテガ・ハーベイ
a0036952_0545536.jpg

  ※写真は12年3月15日にいただいた際のもの。
・ハーベイ・ブリストル・クリーム  ¥900
 「クリームのようになめらかな味わいを持つ甘口シェリーの芸術品です。」

Port Wine
a0036952_21112351.jpg

  葡萄の発酵途中で、ブランデーを加えアルコール度を高めた甘みある果実酒。ポルトガル特産、オポルト港から積み込まれたポルト酒。
二―・ポート
・ドライポート           ¥1,000
  ポルトガル、ドウロ地区の辛口ポートワイン。ドライで上品な余韻が楽しめます。
a0036952_21121261.jpg

  ※写真は12年3月4日にいただいた際のもの。
・ルビーポート           ¥1,000
  大樽で平均3年熟成。プラムやチェリーを想わせる甘み。引き締めるきれいな苦味を楽しめます。
・レイト・ボトル・ド・ヴィンテージ・ポート 1,300
  4~6年熟成。ブドウの作柄の良い年だけ造られる。ほろ苦さ、酸を引き立てた甘口のヴィンテージポート。
a0036952_21122658.jpg

  ※写真は12年3月4日にいただいた際のもの。
・トゥニーポート10年        ¥1,300
  平均5~6年熟成のポートワインをブレンドした甘口ポートワイン。ポートワインの代名詞的存在。

Cidrre
a0036952_21192514.jpg

  ※写真は12年3月24日にいただいた際のもの。
ピエール・ユエ
・シードル・ブシェ         ¥1,000
  リンゴからつくる醸造酒のスパークリングワイン。高品質のリンゴを使用し、心地良い酸味を楽しめます。
カクテル
ジンベース
a0036952_2128281.jpg

  ※10年9月5日のもの。
・ジントニック             ¥900
  ジン、トニック
・ギムレット              ¥1,000
  ジン、ライム、シュガー
・ホワイトレディ            ¥1,000
  ジン、コアントロー、レモン

ラムベース
・ダイキリ               ¥1,000
  ラム、レモン、シュガー
・X.Y.Z.                ¥1,000
  ラム、コアントロー、レモン
・キューバリブレ            ¥900
  ラム、コーラ、ライム

ウォッカベース
・ガルフストリーム           ¥1,000
  ウォッカ、ブルーキュラソー、ピーチ
a0036952_1326046.jpg

  ※10年12月26日のもの。
・シーブリーズ             ¥900
  ウォッカ、クランベリー、グレープフルーツ
・ソルティドッグ            ¥900
  ウォッカ、グレープフルーツ
a0036952_21231568.jpg

  ※10年9月20日のもの。
・モスコミュール            ¥900
  ウォッカ、ジンジャーエール

テキーラベース
・マルガリータ             ¥1,000
  テキーラ、コアントロー、レモン
・テキーラサンライズ          ¥900
  テキーラ、オレンジ、グレナデンシロップ

リキュールベース
・ダージリンクーラー          ¥1,000
  ティフィン、フランボワーズ
・チャイナブルー            ¥900
  ライチ、グレープフルーツ
・ファジーネーブル           ¥900
  ピーチ、オレンジ
・スプモーニ              ¥900
  カンパリ、グレープフルーツ
・カルアミルク             ¥900
  カルア、ミルク

ウィスキーベース
・マミーテイラー            ¥900
  ウィスキー、ジンジャーエール
・ゴッドファーザー           ¥900
  ウィスキー、アマレット

ブランデーベース
a0036952_10364633.jpg

  ※写真は13年6月9日のものです。
・サイドカー              ¥1,200 *
  ブランデー、コアントロー、レモン
・アレキサンダー            ¥1,300 *
  ブランデー、カカオ、フレッシュクリーム

ワインベース
・キティ                ¥1,000
  赤ワイン、ジンジャーエール
・ミモザ                ¥1,300 *
  スパークリングワイン、オレンジ

ノンアルコールカクテル
・ヴァージンブリーズ          ¥700
  クランベリー、グレープフルーツ
・シンデレラ              ¥700
  オレンジ、レモン、パイナップル
a0036952_14435813.jpg

・ピンクレモネード           ¥700
  グレナデン、レモン
・シャーリーテンプル          ¥700
  ジンジャーエール、グレナデン
・サラトガクーラー           ¥700
  ジンジャーエール、ライム

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-28 22:02 | ワールドバザール

ワインサロン&バー/オークラウンジ(Part3)

a0036952_22351364.jpg

字数制限の関係で3つに分けてアップします。
a0036952_19321481.jpg

 ラウンジ内だけでなく、ロビーでもゆったりとグラスを傾ける事が出来るようになっています。
a0036952_19324198.jpg

 時期により日によって時間や奏者は変わりますが、ロビーコンサートも行われています。
 8月11日は22:00~22:20でした。
 11月17日は21:05~21:25、21:35~21:55でした。
 コンサート時間が変更になったり、休演日もありますので、ロビーにてご確認下さい。

以下のメニューは8月11日に記録したものです。

                      ロビーメニュー
ビール
・アサヒビール             ¥700

ワイン
・ソーヴィニョンブラン         ¥1,200~
・シャルドネ              ¥1,200~
・ピノノワール             ¥1,200~

オリジナルシャンパンカクテル
a0036952_1525148.jpg

  ※写真は12年11月22日にいただいた際のものです。
・レッド・シャンパンカクテル      ¥1,500
a0036952_1525502.jpg

a0036952_1526437.jpg

  ※写真は12年11月22日にいただいた際のものです。
・グリーン・シャンパンカクテル     ¥1,500
・ブルー・シャンパンカクテル      ¥1,500

モヒートカクテル
・ロゼモヒート             ¥1,200
・カンパリモヒート           ¥1,200
・パルフェモヒート           ¥1,200

カクテル
a0036952_2128281.jpg

  ※10年9月5日のもの。
・ジントニック             ¥900
・カシスソーダ             ¥900
・カンパリオレンジ           ¥900
・キューバリブレ            ¥900
a0036952_21231568.jpg

  ※10年9月20日のもの。
・モスコミュール            ¥900

ソフトドリンク
・オレンジジュース            ¥400
・コカコーラ               ¥400
・ウーロン茶               ¥400
・ペリエ                 ¥600
・コーヒー               ¥800

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-28 21:55 | ワールドバザール

ワインサロン&バー/オークラウンジ(Part1)

a0036952_0341751.jpg

a0036952_439258.jpg

今回はホテルアムステルダムのワインサロン&バー、オークラウンジの御紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
星空、酒、そして人との語らい。ひととき夢の世界の旅人となる。

オーク材の書棚が据え付けられたこのラウンジは、まるで友人の家の居間に招かれたような暖かい落ち着いた雰囲気。ソファーに身をゆだねながらグラスを傾けるひとときは、都会では味わえない贅沢でゆたかな時間が流れていきます。
【場所】ホテルアムステルダム内
【営業時間】17:00~23:30
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

ハウステンボスの場内ホテルにはそれぞれに個性的なラウンジがあり、それぞれに魅力的でした。アムステルダムにあって、隠れ家的な存在で密かな?お気に入りだったのがオークラウンジ。
オークラウンジはホテルアムステルダムのメインダイニング アクールヴェールのリニューアル工事に伴い、その隣にアクールヴェールカフェがオープンするのに伴い、08年11月14日をもっていったん営業を終了する事に。
その後、宿泊者用の休憩スペースとして活用されていましたが、10年1月9日より3月末までワインバーとして期間限定で営業。
4月に入り再びクローズとなりましたが、嬉しい事に7月頃から?営業を再開。
そして12年2月11日、ワインサロン&バーとしてリニューアル。

 オークラウンジの位置は初めての方にはわかりにくいように思います。ホテルアムステルダムの1階にあり、正面玄関から行くのと裏手(海側小道の方)から行くルート(遅い時間は閉まっている事がありますのでご注意)があります。
a0036952_011752.jpg

ホテルアムステルダムに入ったロビーの正面突き当たりにエレベーターがありますが、その左手に位置しています。
a0036952_21181446.jpg

 上の写真(10年9月撮影)のラウンジ入り口左手にカウンターがあり、(かつて右手にはレジがありました)そこから直接見えない位置にも席があり、スタッフの方の視線をあまり意識することなく過ごす事ができます。疲れている時であるとか、静かに落ち着いたひと時を過ごしたい時などとても良いと思います。
a0036952_0183019.jpg

 仲間と語り合いながら、一人お気に入りの本を片手に過ごしたり。。。
a0036952_23174553.jpg

 「オークラウンジ」はあまりラウンジらしくないラウンジで、隠れ家的なスポットと言えるのではないでしょうか。
a0036952_23182734.jpg

 昼下がりにゆったりと寛ぐのにも良い(残念ながら現在はナイトタイムのみの営業)ですし、夕刻に暮れなずんでゆく窓外の情景をのんびり眺めながら過ごすのも大好きです。
a0036952_2319424.jpg

a0036952_23193063.jpg

かつてヴィノテークで味わった時間が(まったく同じとはいきませんが)ここにあります。

a0036952_2154199.jpg

a0036952_21543863.jpg

 今回のリニューアルは、マイナーチェンジといった感じでしょうか。
a0036952_21291255.jpg

a0036952_21293453.jpg

a0036952_6512564.jpg

 カウンターで飲めるのは嬉しい変化。席数は2席ほどですが。
 ※H25年1月以降?現在はカウンター席は外されているようです。
a0036952_18235928.jpg

a0036952_239514.jpg

 ところでオークラウンジがワインサロン&バーとなってからは、私は専らカウンター(2席のみのこじんまりしたものです)で楽しんでいたのですが、5月3日は久しぶりにラウンジ内のソファー席でゆったりと楽しませていただきました。
a0036952_2384514.jpg

 基本的な部分は以前と変わっていないようですが、例えばこの棚には以前はティーカップなどの食器類が並んでいた事もありますし、飾り棚として、本棚として使われていた事もあったように思いますが、現在はワインボトルがディスプレイされています。
a0036952_2392390.jpg

そして壁の絵がいかにもワインサロン&バーらしいものに。
a0036952_23104374.jpg

a0036952_23114327.jpg

a0036952_23112717.jpg

a0036952_23122222.jpg

どこかユーモラスで、味があってお気に入り。私にとって、オークラウンジに新しいテイストが加わった感じです。

a0036952_20413484.jpg

 食前・食後に、イベントの待ち時間に、一日の終わりに素敵な書斎のような「オークラウンジ」でグラスを傾けてみませんか。

a0036952_19321481.jpg

 ラウンジ内だけでなく、ロビーでもゆったりとグラスを傾ける事が出来るようになっています。
a0036952_19324198.jpg

 時期により日によって時間や奏者は変わりますが、ロビーコンサートも行われています。
 コンサート時間が変更になったり、休演日もありますので、ロビーにてご確認下さい。

オークラウンジではアムステルダムロビーでのライブをBGMとして楽しむ事も出来ます。
 7月13日の表示は 21:00~21:20
 8月11日の表示は 22:00~22:20
でした。

以下は10月13日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
「スペインカクテルフェア」に加え「スペインビールフェア」が始まっています。
「スペインには数多くのビールメーカーがありますが、買収・合併などがあり、現在の国内3大ビール会社は「Heineken Españaハイネケン・エスパーニャ社」「Mahou-San Miguelマオウ‐サン・ミゲル社」「Dammダム社」となって」いるのだとか。今回はそのうちマオウとダムのビール、そしてダム社があの!エル・ブジのシェフやソムリエチームと共同開発したという高級ビールの計3種類のラインナップ。
○エストレージャダム      ¥700
  カタルーニャ地方のビールと言えば”ダム”。本拠地をバルセロナに置き、いくつかの醸造所を集めたダムグループを形成。「エストレージャ・ダム」は92年のバルセロナオリンピックやFCバルセロナのスポンサーになっているとか。
○マオウ            ¥700
  Mahouで、日本的には”魔法”と読むかと思いますが、スペイン語では”H”を発音しないので”マオウ”。1890年創業で国内シェア30%以上の最大規模のビール会社。

 今回私がいただいたのはイネディット。
○イネディット         ¥1,500
  スペインの高級ビール。ビールに付属の説明書きによると「”イネディット”とは、スペイン語で”前例のない”の意。」で「”DAMM社”のビールマイスターと、世界最高レストラン”エル・ブジ”のシェフ”フェラン・アドリア”氏とソムリエチームが”セレブを迎えるワインはあるが、ビールがない”をコンセプトにして共同開発」されたビールのようです。
「原料には水、大麦麦芽、小麦、ホップ、コリアンダー、オレンジピール、酵母を使用し、ラガービールとホワイトビールの醸造法を組み合わせて醸造されます。特殊醸造により、外観は微かに濁っていて、香りは繊細。まずフルーツや花の香りが鼻を抜けた後、フレッシュな酵母の香りと甘いスパイスを連想するような香りが感じられます。泡立ちはクリーミーかつソフトで、デリケート。柔らかなボディー感で余韻は長く爽やかです。
”イネディット”は”世界最高の料理の味を損ねることなく、料理を楽しみながら美味しく飲めるビール”を目指して開発されたビールです。」といった事が書かれています。
a0036952_95749.jpg

 なかなか旨いです。フルーティーでビールというよりスパークリングワインをも思わせる様な味わいでしょうか。以前ディオニソスでセレブ御用達というイタリアビール「コレージ」をいただいた事がありますが、それを思い出させるような味わい。

季節の一品料理では「キノコと魚介のフリカッセ パイ包み焼き」が登場。
「ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ワインフェア」は当初の4種のうち2種のみ引き続き提供されていました。

グランドメニューも豊富なラインナップが用意されており、シェリーフェアで提供されていたフェアメニュー5種のうち、「ティオ・ペペ・フィノ」と「ハーベイ・ブリストル・クリーム」はフェア終了後もグランドメニューとして提供されていました。現在はそれに「アルフォンソ」(オロロソ(辛口)シェリー)が加わって3種が提供されているかと。
a0036952_18392763.jpg

シェリーは欧米特にイギリスでは食前酒として大人気だとか。松田優作もアイルトン・セナもシェリーを愛飲していたと言います。
シェリーは熟成法により「フィノ」と「オロロソ」に大別され、アルコール度数16度以内がフィノ、超えるものをオロロソと呼ばれています。フィノは薄い色調で繊細な味わい、オロロソは琥珀色で独特の芳香を持つとされています。
a0036952_17573214.jpg

 「ティオ・ペペ・フィノ」はおそらくシェリーフェアでの一番人気だったのではないでしょうか。吉田茂氏の長男・吉田健一氏はティオ・ペペをこよなく愛されたようで、「酒 肴 酒」という本の中で「辛口の上等な日本酒を葡萄で造ったような酒」「このシェリーは上等のブランデー、あるいは日本酒と同様に色が薄くて、そしてちょうどその極上の日本酒に近い味がする。」「ナッティーな香りとトロリとした舌触りが独特。口中が爽やかにもなる。ちびちびやっていると(アルコール度数がやや高いのでぐいぐいとは飲めない)、不思議に食欲が湧いてくる」と表現されているようです。
a0036952_17563920.jpg

 シェリーの味わいは甘口、極甘口、辛口に大別されますが、「ハーベイ・ブリストル・クリーム」は甘口で、食後酒としてとても良い感じです。デザートワインのような感覚で楽しめ、デザートワインよりかなりお手頃価格です。特に女性には喜ばれるのではないでしょうか?
a0036952_0583977.jpg

 ポートワインも4種類メニューに用意されています。ポルトガル北部ポルト港から出荷される特産の酒精強化ワインで、赤と白があり、赤は輝くルビー色で「ポルトガルの宝石」と称されているとも。
a0036952_0581840.jpg

ニーポートは、1842年創業の歴史あるポートメーカーで最高品質のワイン造りに挑んでいるとか。ワイン専門誌などでも注目されており、トゥニーポート10年など絶賛されているようです。
そのワインは甘いけども酸味もあって甘すぎず、ナイトキャップとしていただくのにも適しています。

 ワインサロン&バーという事で、ワインメニューも充実していますが、カクテルやウィスキーなどもリニューアル以前とほぼ同様のラインナップのものが用意されており、幅広く利用できるオークラウンジです。

 「イルドレフェア」で好評だった「イル・ド・レ」3種はグランドメニューのブランデーメニューにおいて、引き続き提供されています。
「イル・ド・レ」は、あのカミュの、「エレガンス」、「ボルドリー」、「イル・ド・レ」の個性ある3シリーズのうちの1つ。
a0036952_23221889.jpg

「Ile de Re FINE ISLAND」(イル・ド・レ ファインアイランド)はおそらく3種の中でもっともイル・ド・レの個性が楽しめる気が。潮風の味わいが感じられます。イル・ド・レの個性はファインアイランドに最もあらわれているような気もします。
a0036952_23225083.jpg

「Ile deRe DOUBLE MATURED」(イル・ド・レ ダブルマチュアード)は独特の製法。まずレ島で伝統的なブレンド用タンクで数年寝かせその個性を生み出し、次いでコニャック地方で内面を焼いた樽で熟成させオークの香りやスモーキーさを加えるといいます。どこかバーボンを思わせる、3種の中でも個性的な味わいで、個人的なお気に入り。
a0036952_23232720.jpg

「Ile de Re X.O.」は長期熟成の時の重さが感じられる、こなれた優雅な味わい。流石X.O.

 カクテルもメニューにないものもお願い出来る事があります。
a0036952_2252758.jpg

 写真は2月19日にいただいたもので、焼酎の萬膳をベースに作っていただきました。1杯¥1,000

フードメニューでは、グランドメニューにあるクロックムッシュも、かつてヴィノテークなどでいただいたのと同じで、シンプルですがいい味わいです。
アクールヴェールカフェで提供されているケーキが残った場合?オークラウンジでいただける事があります。オークラウンジの入口左手、かつてレジがあったスペースのショーケースにケーキがあればオーダー可です。
1月5日にはエンガディン・タルトをいただきました。
a0036952_131914100.jpg

○エンガディン・タルト
 「キャラメルをかけたナッツを閉じ込めて焼いたタルト」
 これは昨秋の大ヨーロッパ祭の際に登場したケーキの1つですね。大人な味わいで、ワインにも合いそうなケーキです。
a0036952_1771335.jpg

現在アクールヴェールにおいてはスペインワインフェアが行われています。
フェアの案内がオークラウンジにおいても。こちらでもいただける場合もあるのかと。

※11月17日にはワイン&フレッシュカクテルフェアメニューが登場していました。
  ワインの特徴を生かし、フレッシュフルーツがマッチしたオリジナルカクテル。
○レッド・キティー     ¥1,500
○ホワイトクーラー    ¥1,500
○ロゼ・ボール      ¥1,500


○印は新(再)登場、●印は再登場やマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。

以下の価格は税・サービス料込み

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-17 10:02 | ワールドバザール

ア クールヴェールカフェ Part1

a0036952_9394793.jpg

a0036952_1027941.jpg

今回は08年11月21日にオープンしたホテルアムステルダムのカフェ、アクールヴェールカフェのメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
 街並みを眺めながらくつろぎのひとときを
 モダンなインテリアの店内と、街の中心広場に面したテラス席で心地良いひとときをお過ごしいただけるア クールベール カフェ。
コーヒーやアルコールをはじめ季節の果物をつかったパフェやクレープなどをご用意しています。
店内でゆっくりと過ごしたり、テラス席でハウステンボスの雰囲気をダイレクトに感じるなど、時間帯や気分によってさまざまな使い方が出来るのも大きな特徴です。
【場所】ワールドバザール(旧ビネンスタッド地区)ホテルアムステルダム内1階
    ※48席
【営業時間】11:00~21:00
    ※貸切等により営業時間が変更になることがあります。
    ※繁忙期はアクールヴェールの一部としての営業となることがあります。その場合、テラス席でドリンク飲み提供している事も。
【その他】車椅子利用可

 08年11月21日、アクールヴェールのリニューアルに伴い、隣接してアクールヴェールカフェがオープンしました。
a0036952_21362282.jpg

 写真左端の一画がアクールヴェールカフェで、それに続く右側はアクールヴェールです。
 入口がわかり難いとの声もありますので、ご注意。
a0036952_21352151.jpg

 替わりにオープンしたアクールヴェールカフェは旧ヴォワリエ部分にオープンしたもので、街角のカフェといった雰囲気でなかなかです。
a0036952_2152214.jpg

 カフェの入り口はアクールヴェールとの境目、通りに向けて設けてあります。
a0036952_21461347.jpg

a0036952_2144322.jpg

 アクールヴェールに隣接するカフェですが、朝は両者の間の可動式の隔壁を開けアクールヴェールの朝食ブッフェの会場としても利用できるようになっています。
 その為内装は雰囲気的にも違和感のないものになっています。
 繁忙期はランチタイムやディナータイムはアクールヴェールの一部として営業し、アクールヴェール・カフェとしての営業はオヤスミの事があります。
a0036952_2139449.jpg

 窓の外にはビネンスタッドの街並みが広がります。ちょうど私が利用した時はスタッドハウスの花時計前で花嫁さんが記念撮影していたり、街の情景を愛でながらのティータイムは素敵なものでした。
a0036952_841533.jpg

 黄昏時に暮れなずむ街並みを眺めながらのひとときも心落ち着く時間。
a0036952_2334835.jpg

 ホテルヨーロッパの静かな内海に臨むアンカーズラウンジ、大村湾の眺めが素敵なティークリッパー(残念ながら現在は店休中。再開の日を楽しみにしております。)、そして街角のカフェとそれぞれに個性あるホテルラウンジが揃っています。
 09年7月にオープンしたカフェデリ プリュもホテルズによるもの。加えて現在はオークラウンジも営業再開しています。あなたのお好みはいかがでしょう。

 フードメニューにおいては、ステーキバーガーはその質・存在感から佐世保バーガーを超えるバーガーだと私個人は思っており、ハウステンボスを代表するメニューの1つとも言っていいかとも。
 ケーキセットもホテルズのケーキでアンカーズラウンジと共通したものが提供されており、人気です。
a0036952_2349344.jpg

a0036952_23492461.jpg

 ところで、11年11月からシステムが変わり、最初にカウンターでオーダーして料金の支払いを済ませるようになっていましたが、私の訪れた範囲では12年11月には再び席の方でオーダーする形式に変わっていました。上の写真は12年11月3日に撮影したものですが、椅子やテーブルも変更になっていますね。

また、多客時はアクールヴェールの一部として営業する事がありますが、その様な際にテラス席だけアクールヴェールカフェとしてドリンクのみの提供で営業している場合があります。
以下に10月13日のテラス席のメニューを記載しておきます。店内メニューはその後に記載しています。

                   テラス席メニュー
お飲み物
コーヒー
・コーヒー(ホット or アイス)    ¥500
・カプチーノ             ¥600
・カフェオレ(ホット or アイス)   ¥600
・エスプレッソ            ¥600

紅茶 ルビシアの茶葉を使用しております。
・ダージリンティー          ¥700
  爽やかな渋みや若々しさが際立った、レモンティーやミルクティー向きのダージリンです。
・アッサムティー           ¥700
  甘い芳香がひときわ強く、ミルクティーに最適な強い口当たりを持った紅茶。
・キーマンティー           ¥700
  中国が世界に誇る祁門紅茶。ほのかに香る「火香」をお楽しみください。

ソフトドリンク
・オレンジジュース          ¥400
・グレープフルーツジュース      ¥400
・パイナップルジュース        ¥400
・コーラ               ¥400
・ジンジャーエール          ¥400
・ブラッドオレンジジュース      ¥500
  シチリア産ブラッドオレンジのストレート果汁100%ジュースです。
・グァバジュース           ¥600
  柔らかいグァバの果汁100%、トロピカルな南国の香りのジュースです。
・クランベリージュース        ¥600
  真っ赤な果実クランベリーの果汁入り、すっきりとした飲み心地のジュースです。
・ペリエ スパークリングウォーター   ¥600
  南フランス生まれの炭酸入りナチュラルミネラルウォーターです。

ビール
  五感の全てで味わう、かつてない「辛口」体験
・アサヒスーパードライ エクストラコールド 330ml ¥550
・生ビール ジョッキ500ml       ¥700

・アサヒドライゼロ          ¥500
  アルコール0.00%

カクテル
○ジントニック            ¥900
○カシスソーダ            ¥900
○カシスオレンジ           ¥900
a0036952_23151393.jpg

  ※写真は13年10月13日にいただいた際のものです。
○カンパリソーダ           ¥900
○カンパリオレンジ          ¥900

ワイン
 ※ワインは別メニューをご用意しております。

以上の様に、店内メニューにカクテルが追加されたものになっています。
a0036952_23153690.jpg

テラス席からは、ライトアップされたスタッドハウス等の情景や、
a0036952_23171415.jpg

a0036952_23182867.jpg

a0036952_23192379.jpg

3Dプロジェクションマッピング(やや木々が邪魔にはなりますが)や光のナイトパレードも楽しむ事が出来ますので、ドリンクをいただきながらイベント開始を待つのにも良いかと。


以下は9月5日、22日の店外表示記録及び10月6日に利用した際の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-15 23:21 | ワールドバザール

ア クールヴェールカフェ Part2

a0036952_2313170.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップします。

以下に続きを記載します。

お飲み物
コーヒー
・コーヒー(ホット or アイス)    ¥500
・カプチーノ             ¥600
・カフェオレ(ホット or アイス)   ¥600
・エスプレッソ            ¥600

紅茶 ルビシアの茶葉を使用しております。
・ダージリンティー          ¥700
  爽やかな渋みや若々しさが際立った、レモンティーやミルクティー向きのダージリンです。
・アッサムティー           ¥700
  甘い芳香がひときわ強く、ミルクティーに最適な強い口当たりを持った紅茶。
・キーマンティー           ¥700
  中国が世界に誇る祁門紅茶。ほのかに香る「火香」をお楽しみください。

ソフトドリンク
・オレンジジュース          ¥400
・グレープフルーツジュース      ¥400
・パイナップルジュース        ¥400
・コーラ               ¥400
・ジンジャーエール          ¥400
・ブラッドオレンジジュース      ¥500
  シチリア産ブラッドオレンジのストレート果汁100%ジュースです。
・グァバジュース           ¥600
  柔らかいグァバの果汁100%、トロピカルな南国の香りのジュースです。
・クランベリージュース        ¥600
  真っ赤な果実クランベリーの果汁入り、すっきりとした飲み心地のジュースです。
・ペリエ スパークリングウォーター   ¥600
  南フランス生まれの炭酸入りナチュラルミネラルウォーターです。

ビール
  五感の全てで味わう、かつてない「辛口」体験
・アサヒスーパードライ エクストラコールド 330ml ¥550
・生ビール ジョッキ500ml       ¥700

・アサヒドライゼロ          ¥500
  アルコール0.00%

ワイン
 ※ワインは別メニューをご用意しております。
 ※アクールヴェールで提供されているワインをいただく事が出来るようで、10月6日は次の様なラインナップでした。

アクールヴェール・スペインワインフェア
  スパークリングワイン、白ワイン2種、パーカー90点以上の高得点赤ワイン6種をスペイン料理などとご一緒にお楽しみ下さい。
【提供期間】9月1日~10月31日
Clos Monteblanc  クロ・モンブラン
ピレネー山脈の麗、フランスの国境に近いスペイン東部の州、カタルーニャのコンカ・デ・バルベラの地に「クロ・モンブラン」は位置します。この地のシンボルは、モンブランと呼ばれる歴史的な城塞都市。 この造り手「クロ・モンブラン」はスペイン最新型のお手本ともいえるモダンスタイルのワインを造っています。世界の料理界をリードするミシュラン3つ星のスペインレストランにもオンリストされ、最先端の料理とも難なくマリアージュしてしまうほどです。

スパークリングワイン
a0036952_14372110.jpg

a0036952_14401169.jpg

  ※写真は13年9月22日のものです。
Proyecto Cu4tro Cava Premium Reserva 2008
○プロジェクト・クワトロ・カヴァ プレミアム・レゼルヴァ   グラス¥900  ボトル¥6,000
 「カヴァを超えたカヴァ。通常のカヴァの1.5倍~2倍 2年半~3年間という長期熟成を経ています。そのため「これってカヴァ?」と思わず疑ってしまうようなリッチな風味を楽しめます!リンゴ、イースト、ナッツの香りなどの豊かな香り。シャンパーニュを思わせるきめ細かな泡立ち。凛とした上品な酸味が特徴です。しかし飲み口はどこか優しく、フレンドリー。どんどん飲みたくなる気軽さがまた魅力。」
 品種:マカブー50%、チャレッロ20%、パレリャーダ20%、シャルドネ10%


白ワイン
Clos Montblanc Xipella Blanc Premium 2011    グラス¥750  ボトル¥4,500
○クロ・モンブラン・チペリャ・ブラン・プレミアム
 「際立つミネラル感。 シャープな柑橘類、青リンゴの爽やかな香り。意外なほどのヴォリューム感があり、バランスのとれた酸が感じられます。品種はマカベオが60%、パレリャーダ40%。どちらもスペインの土着品種。土着葡萄と聞くとあか抜けない印象もありますが、洗礼されたスタイルに驚かされますよ。」
 品種:マカベオ60%、パレリャーダ40%
a0036952_14492227.jpg

  ※写真は13年9月22日にいただいた際のものです。
Clos Montblanc Sauvignon Blanc 2011
○クロ・モンブラン・ソーヴィニョン・ブラン・プレミアム    グラス¥800  ボトル¥5,000
 「南国系の果物や香草の香りが広がり、上品ですっきりした味わいです。酸のバランスが良く、後味が爽快な白ワインです。この造り手”クロ・モンブラン”はスペイン最新型のお手本ともいえるモダンスタイルのワインを造っているからミシュラン三ツ星のスペインレストランに採用。最先端の料理とも難なくマリアージュしますよ。」
 品種:ソーヴィニョン・ブラン 100%


赤ワイン
パーカー90点以上の高得点ワイン モダンスペイン赤ワイン6種
世界の『食』の最先端をいくスペイン。
そのスペインの中でもトレンドのスペインワインを発掘。


Arrocal 2009
○アロカル 2009           グラス¥900円  ボトル¥6,000
  パーカーポイント90点
 「カシスやブラックベリーなどの黒系果実、スミレの花やバニラのニュアンス。徐々に豊かな果実味が広がります。タンニンによるアタックは強めながら繊細な印象です。かすかに甘みが感じられるしなやかなスタイル。」
 品種:ティント・フィノ(テンプラニーリョ)100%  
a0036952_14575213.jpg

  ※写真は13年9月22日のものです。
Sabor Real Joven 2008
○サボール・レアル ホーベン 2008  グラス¥900  ボトル¥6,000円
  パーカーポイント90点
 「軽やかで清涼感のあるブルーベリーやミントの香り。干しぶどうのようなニュアンスもあり、全体的にとてもきれいでチャーミングな印象です。ジューシーでフェミニンなスタイル。」
 品種:ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%  
a0036952_1452169.jpg

  ※写真は13年9月22日のものです。
Sabor Real Joven 2007
○サボール・レアル クリアンサ 2007  グラス¥900  ボトル¥6,000
  パーカーポイント90点
 「ブラックベリーの熟した黒系果実やこけももの香り。木樽由来のバニラやローストしたニュアンス。円熟した柔らかな厚みのあるボディ。しっかりとしたコクが感じられる、野生的な味わいが魅力です。」
 品種:ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%  


Claraval 2006
○クララバル 2006         グラス¥900  ボトル¥6,000
  パーカーポイント91点
 「熟したプラムやカシスなどの黒系果実、スパイシーなニュアンスがあり豊かで力強い印象です。しっかりとした酸とタンニン芳醇な果実味、完熟したイチゴのような赤系。果実味の甘さが魅力です。」
 品種:ガルナッチャ 50%、テンプラニーニョ 20%、カベルネ 20%、シラー 10%
a0036952_14592916.jpg

  ※写真は13年9月22日にいただいた際のものです。
Las Pizarras 2009
○ラス・ピサラス 2009      グラス¥900  ボトル¥6,000
  パーカーポイント91点
 「樹齢70年~100年にも及ぶ超古樹のガルナッチャから造られています。太陽の恵みを存分に浴び完熟した非常に濃厚、果実の自然な甘やかさが感じられ、飲みごたえのある1本です。」
 品種:ガルナッチャ 100%  
a0036952_14553854.jpg

  ※写真は13年9月22日にいただいた際のものです。
Alto Las Pizarras 2008
○アルト・ラス・ピサラス 2008     グラス¥900  ボトル¥6,000
  パーカーポイント90点
 「樹齢70年~100年にも及ぶ超古樹のガルナッチャから造られています。ブルゴーニュ産、フレンチオーク新樽で熟成。この新樽はタンニンなどの成分をもたらし、ワインに深さと複雑さを与えてくれます。熟成感のある、落ち着いた色合いが印象的です。」
 品種:ガルナッチャ 100%  

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-15 22:21 | ワールドバザール

カフェテリア/ハングリーキッチン

a0036952_2247037.jpg

今回は11年9月16日にオープンしたカフェテリア ハングリーキッチン のご紹介です。
改訂版をアップします。
 手作りハンバーグや、シェフ特製の自家製カレーがリーズナブルに楽しめる
 街の中心街ビネンスタッドで、気軽にお食事が楽しめるカフェテリアレストラン。
手作りハンバーグやカレー、パスタなど老若男女に人気のメニューが揃うほか、ボリューム満点のステーキも。リーズナブルなお値段で、シェフ特製の美味しいメニューが食べられます。
【場所】ワールドバザール地区(旧ビネンスタッド地区)
【営業時間 (日~木)10:00~20:30(最終入店)
    (金土祝前日)10:00~21:30(最終入店)
    ※10月13日は 9:00~21:30
    ※以前は9:30~11:00はモーニング営業、20:30~21:30喫茶営業でした。現在は詳細不明な点もありますが、食事提供は11:00~。
    ※時期により営業時間等は異なりますので、オフィシャルサイトでご確認下さい。
【座席数】1階 80席
      1階テラス 24席
      2階 68席     合計172席
    ※2階席はクローズの事が多いかと。

a0036952_18223078.jpg

 グーテンアペティートが11年8月末頃に終了となり、リニューアル工事がなされていましたが、11年9月16日にカフェテリア&ベーカリー ハングリーキッチンとしてオープンしました。その後上記のようにドラゴンクエスト展期間中はルイーダズキッチンとしてリニューアル営業していましたが、ドラクエ展終了後再びハングリーキッチンとして営業を行っています。
いろいろと企画ものに利用しやすいお店のようで、13年3月23日から始まった(5月6日まで)レイトン教授とドムトールンの秘宝においてはレイトンズキッチンとしてレイトン教授にちなんだメニューが提供されていました。
レイトン教授の企画終了後は再びハングリーキッチンとして営業しています。

 店内の様子は基本的には、グーテンアペティートの時とほぼ同じ。
a0036952_2304230.jpg

 入店してすぐ左手にはリニューアル当初はベーカリーコーナーがありましたが、ルイーダズキッチンを経た現在はベーカリーの販売は行われていないようです。現在ベーカリーはアンカーズラウンジで販売されています。

a0036952_23123373.jpg

 こちらでオーダー。このあたりもグーテンアペティートと同様ですね。
a0036952_2320170.jpg

 リニューアル当初はこちらにサラダバーがありました。その右手にパンセットのパン(※現在はパンは置いてないかも。メニューからも外れているようです)が置かれています。
 サラダバーセットをオーダーした場合は、こちらのサラダバーをおかわり自由で利用できるようになっています。
 ライスセット、パンセットを利用した場合もそれぞれライス、パンがおかわり出来るようです。
a0036952_1823177.jpg

 現在は入店して直ぐのこちらにサラダバーがあります。サラダバーはレジでオーダーし、¥350(とこちらには表示されています)でお代わり自由となっています。

a0036952_2323591.jpg

 店内もほぼ同様。左手奥が、上でご紹介したベーカリーコーナー等があるスペースで、1階レストランスペースとの境部分に2階フロアへの階段があります。私は2階を利用した事がない(殆どの場合クローズになっているようです。多客時のみ使用されるのではないでしょうか?)ので、ハングリーキッチンが2階部分も利用出来そうなのは楽しみです。
 写真右手奥にトレー・食器等の返却口があります。
 グーテンアペティート同様、セルフサービスのお店ですね。
 上の写真は11年9月18日に撮影したもの。
a0036952_18241649.jpg

 こちらは12年6月17日に撮影したものです。
a0036952_18234466.jpg

 テレビモニターが設置されています。
a0036952_18243342.jpg

 この日は大リーグ中継が流されていました。この夏は時間帯によってはオリンピック中継が楽しめた事でしょう。

 喫茶としての利用・ドリンクのみでの利用もOKです。
 早い時間から開いているのもありがたいですね。使い勝手の良いお店のように思います。

以下は9月5日・15日・23日、10月6日の店外表示記録を元に改定したものです。
この夏のスタミナフェアで登場した「スタミナ300」(牛ロースステーキ300g、ライス、サラダバー付のセット)が好評につき期間延長して提供されています。
加えて、期間限定メニューとして9月頃から「豚バラの塩ダレ焼き」が登場しています。
また、この秋の世界の大収穫祭メニューとして「エスカルゴ」に加え、「ニョッキ・アラビアータ」が登場しています。

a0036952_18264293.jpg

 12年6月17日は「アメリカンステーキ サーロイン」をいただいてみました。イメージ通りのステーキ。ステーキを中心としたメニューのスモーキーテーストがクローズしましたので、それを補う意味でもハングリーキッチンのステーキメニューは歓迎です。
 ステーキの質としては個人的にはロード・レーウの方が良いような印象(ただし、その後ステーキメニューのラインナップが増えていますので、現時点での比較は不明です)ですが、ハングリーキッチンのサーロインステーキも量が選べる、ボリューム的な魅力があります。ワンポンドステーキも嬉しいのですが、ハングリーキッチンのワンポンドは3枚というのがちょっと残念。スモーキーテーストで出されていた分厚いワンポンドステーキの方が存在感や味わいのうえで魅力な気がします。

「第10回全国和牛能力共進会」で最高賞の内閣総理大臣賞に輝き日本一の和牛の仲間入りをした長崎和牛のステーキも注目です。

a0036952_2335571.jpg

 以前いただいた「国産牛ほほ肉入りハングリー特製ビーフカレーライス」は、国産牛ほほ肉が存在感があり、スプーンでサックリ切れる柔らかさで美味。カレーそのものもいただきやすい味わいです。 

 その他のメニューも利用しやすい価格設定になっていますね。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-08 21:27 | ワールドバザール

ワンピース×バーガーハウス/ダム

a0036952_23123768.jpg

今回はハウステンボス、ビネンスタッド地区に10年7月15日にリニューアルオープンしたワンピース×バーガーハウス/ダムです。
改訂版をアップします。
ワンピースをテーマにしたハンバーガーを楽しめるお店。
 食べるのをためらいそうな、かわいいサウザンド・サニー号をモチーフにしたハンバーガーをはじめ、ユニークなメニューが並びます。
 ワンピースメニューを食べて「麦わらの一味」のように元気いっぱいハウステンボスを冒険だ!

ワールドバザール地区(旧ビネンスタッド)のお店の中で、とくに若い世代に喜ばれているお店がバーガーハウスダム。ちょっとお腹がすいた、というときに手軽に食べられるハンバーガーは、旅人の強い味方である。

アムステルダムの中心にある市民に親しまれる広場「ダム」の名を冠した店の名前どおり、誰でも気軽に入れる雰囲気もいい。
いくら時間があっても足りないハウステンボスの街の散策の途中で頬張るハンバーガーの味は、また格別。
【場所】ワールドバザール(旧ビネンスタッド) カルーセル前
  ※席数:店内70席、テラス28席
  ※禁煙。ただしテラス席は喫煙可。
【営業時間】日~木 10:00~20:30
     金・土・祝前日 10:00~21:30
  ※10月13日は9:00~21:30
  ※営業時間は時期により異なりますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【その他】車椅子での利用可。
     ペットとの同伴可(テラス席のみ)。

a0036952_9335461.jpg

a0036952_9342478.jpg

  ※上の写真は以前のもの。
a0036952_19234819.jpg

バーガーハウスダムが、10年7月15日より(7月1日~14日は店舗改装の為店休でした)、ワンピースレストラン・ダムとしてリニューアルオープンしました。「麦わらの一味の料理人・サンジが考案したココでしか食べられないスペシャルメニューが勢ぞろい!」というコンセプト。
a0036952_19241971.jpg

a0036952_19244231.jpg

当初は、7月15日~10月17日まで開催されるONE PIECE メモリアルログ in ハウステンボスにおけるコンセプトレストラン(注:上の写真はその頃のもので、現在は冒頭の写真の様な感じです。)として、ONE PIECEにちなんだユニークなメニューを提供するものでした。
a0036952_1925447.jpg

セルフサービスのお店ですので、店内に入店したら、まずはオーダーを。
番号札を受け取ってから席について待ちます。
a0036952_732367.jpg

※ここまでの写真は冒頭のもの(及び以前のもの)を除きリニューアルオープン当初のもの。
メモリアルログ終了後も新たなONE PIECE メニューとして、「麦わら冒険カレー」「サウザンド・サニー号オムライス」などが登場し営業が続けられています。
 無料ゾーンにおいてもシャボンディハウスにおいてワンピースメニューが提供されています。
a0036952_12173516.jpg

 こちらはもともとがバーガーハウスだったこともあり、ワンピースメニューはバーガータイプのものに特化し、フリーゾーンのシャボンディハウスの方はバーガー以外のワンピースメニューの提供と差別化がされているようですね。
a0036952_12182914.jpg

なかなかユニークなバーガーで楽しそうです。
ワンピースメニュー以外のバーガーもいろいろと用意されています。
a0036952_1219227.jpg

a0036952_12194111.jpg

 13年夏は、「カプコンサマーフェスティバルinハウステンボス」の開催にあわせて、「モンスターハンターカフェ・ダム」としてオリジナルメニューが提供されていました。

a0036952_23141941.jpg

 カプコンのイベントが終了後、再び「ワンピース×バーガーハウス/ダム」として営業しています。上の写真は13年9月5日に撮影したものですが、外観も以前に比べワンピース色は薄いものになっているように思います。店内も上の写真とは異なる様相になっているかもしれませんね。

以下は9月5日、15日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-04 23:18 | ワールドバザール

ホテルアムステルダム/アクールヴェール(ランチブッフェ)

a0036952_7535622.jpg

今回はホテルアムステルダムのブッフェレストランアクールヴェールのランチブッフェです。
改訂版をアップします。
地元食材にこだわった九州食彩ダイニング
2008年11月21日(金)リニューアルオープン
地元長崎をはじめ、九州一円から安全でおいしい豊富な食材を取り揃え、フランス料理を中心に和風、中華風にアレンジした料理などがブッフェ形式で楽しめるレストラン。
料理の仕上げを目の前で行うコーナーもあり、調理人のパフォーマンスとともに出来たての料理も味わえます。
内装はピクニックガーデンをコンセプトに、柱の表面には木の素材を用いるなど森の中で様々な料理を楽しむ空間を演出しています。
【場所】ビネンスタッド地区ホテルアムステルダム内1階
      席数:リニューアル前は96席でした。リニューアル後は148席で、繁忙期はアクールベールカフェ48席もアクールヴェールの一部として営業がなされます。
【営業時間】6:30~10:00
      11:30~14:00最終入店
      17:30~20:30最終入店
【予約】予約・お問い合わせ/レストランインフォメーション 電話0956-58-1111
(総合予約センター 電話0956-27-0012 )
   ※WEBから予約すると10%OFF。
   ※割引除外日、割引対象外メニューあり。
   ※キャンセル料は人数減の場合、前日17時以降より100%となりますので要注意。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗

アクールヴェールはフランス語で「心を開いて」という意味。朝食から昼食・夕食までブッフェスタイルの料理を楽しめます。
a0036952_7542987.jpg

 H20年9月1日から改装工事に入り(開業して16年となり調理器具なども更新する必要も生じてきてのリニューアルだったようです)、H20年11月21日に素敵にリニューアルオープンしています。
a0036952_6304378.jpg

 アクールヴェールの入口はホテルバスを降り、ホテル入口や中庭へと向かう通路の途中にあります。
a0036952_6313856.jpg

 入口を入ると円形のスペースがあり右手に受付、左手にレジがあります。
a0036952_747409.jpg

 そこを抜けると直線的に見通しの利く開放感のある空間で、以前よりも広がりが感じられます。
「内装はピクニックガーデンをコンセプトに、柱の表面には木の素材を用いるなど森の中で様々な料理を楽しむ空間を演出」しているそうですが、カジュアルでありながらシックで落ち着いた感じの空間です。
a0036952_7513714.jpg

 ※写真は中央の2つのブッフェ台の間から入口方向を振り返ったところ。
突き当たりにブッフェ台が設置された区画があり、中央にブッフェ台が2つ。右手にメイン料理が、左手にデザート類が置かれています。
a0036952_7453310.jpg

右手はリニューアルの特徴の1つでもあるライブキッチンのコーナーとなっています。手前は以前にもあったステーキをその場で焼いて提供するもので、奥の方はIH調理器の上に保温された状態の料理が並び、その向こう側で新たに調理される様を楽しむ事が出来ます。
a0036952_7532854.jpg

品数もかなり揃えてあり、特別に大食な方以外はまずは一通り見た後、選んで楽しまれた方が良さそうな気がします。全ての料理が好みに合うなんて事はないでしょうから、好みと思われるもの、美味しいと思うものを見つけて、それを中心に味わう事が満足感を大きくしてくれるように思います。
a0036952_748356.jpg

このブッフェ台が並ぶスペースの向こうが可動式の壁で区切られたアクールヴェールカフェ。
朝食時などはこの壁をオープンにし、より多くの人を受け入れ可能になっています。

a0036952_13284529.jpg

2013年9月に利用した際は、リニューアル当初とは椅子テーブルにおいて変更がみられました。この日はかなり利用者が多かったので、あまりいい写真ではありませんが、冒頭のリニューアル当初の写真とは違っているのがお分かりいただけるかと。

 ブッフェというスタイルをとる以上、限界もあると思います。コースの一皿一皿に心血を注ぐのと同じようにはいかないわけで、感動的な料理に出会いたければ、かつてならエリタージュ。今ならホテルヨーロッパのアドミラル、吉翠亭あたりがおすすめかとも思いますが、「食」は嗜好が分かれるところ。どんなに素晴らしい料理であっても、好みに合わなければそれまで。その意味では、数ある料理の中から好みに合うものだけを、好きなだけ食べることのできるブッフェスタイルの方がより満足感を得られる事もあると思います。
なにより料金的にもホテルレストランにおいては(特にディナータイムにおいて)お手頃感があります。ディナーブッフェとランチブッフェを比較すると料理内容では当然の事ながらディナーブッフェが上回るものの、ランチタイムの方によりお得感をいだかれる方も多いようです。

 ランチブッフェの内容はその時々により変更がありますが、下記(あるいは過去の記事を)をご参考にされて下さい。

ブッフェの場合、全体にざわつく感じがあり、ゆったりと雰囲気も味わいながら食事を楽しみたい方にはデアドミラルや戎座、吉翠亭あたりがお勧めかとも思いますが、反面小さな子供さんを連れて家族で食事をする場合は、(アドミラルなどでも十分可能ですが)こちらの方が雰囲気的にも、より気軽に楽しめるかもしれませんね。

明らかな子供向きメニューというのは、例えば全日空ホテルのアストラル(現在の内容は未確認)ほどには用意されていないように思いますが、味付けなど子供でも楽しめるように配慮されており、三世代で楽しめる内容だと思います。

トロティネもブッフェレストランとなり、健康にこだわった料理を展開しており、おもやいではより安価な価格設定のブッフェがいただけます。お好みに応じて利用されるとよろしいかと思います。

料理の内容は季節により、時期により異なります。

バイキングレストラン
 ランチ
大人       ¥2,800
          シニア(60歳以上)  ¥2,500
          小学生        ¥1,200
          4歳~小学生未満  ¥700
 ディナー 
大人  ¥5,500
シニア(60歳以上) ¥4,800
小学生  ¥2,500
4歳~小学生未満  ¥1,500
 
価格は時期により異なりますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。
現在は下記のように大感謝祭価格で利用出来ます。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で特典サービスが行われています。アクールヴェールにおいては10%オフの特典が。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトからご覧下さい。


以下は9月22日のランチタイムに記録してきたものです。
a0036952_14191554.jpg

今回もなかなか良いです。
現在のシェフは上柿元ムッシュの薫陶を受けられ、アドミラルで腕を振るわれていた方で、アクールヴェールの和の料理・甘味は吉翠亭で出されるようなもので、現在のハウステンボスを代表するアドミラル、吉翠亭のエッセンスを味わえる(ブッフェスタイルであり、両店でいただくのには及ばないかもしれませんが)のは魅力です。
オフィシャルサイトの記載をみると和のメニューは日によって内容が異なるようですね。
a0036952_14161569.jpg

a0036952_14163879.jpg

ライブキッチンで調理中の様子を見ることができるのも楽しく、出来立て待ってをいただけるのも良いかと。
生ハムも立派。
サラダに関して、(久しぶりの利用なのでいつからなのかはわかりませんが)以前よりもドレッシングの種類が(3~4種から5種に)増え10種類のトッピングが用意されているのも良いことですね。

スイーツにおいても和の甘味が日替わりで2品用意されるようです。
ネームプレートを見ませんでしたので、正確な事はわかりませんが、9月22日に用意されていたのは、桃雲龍と栗蒸し羊羹ではなかったかと。
a0036952_15121661.jpg

 こちらがアクールヴェールに用意されていたもので、
a0036952_15134244.jpg

 こちらが8月に吉翠亭の寿司バイキングにおいて用意されていた桃雲龍です。
 栗蒸し羊羹もいい味しています。

ブッフェで自由にいただけるドリンクメニュー以外の有料のドリンクメニューも魅力で、飲み放題も用意されている他、ワインや焼酎も魅力的なラインナップです。

スペインワインフェアもなかなかのもの。このフェアのワインは、アクールヴェールカフェでもいただけるようで、場合によってはオークラウンジでいただく事も出来るかもしれません。お手ごろ価格でお勧めです。

○が私の記録において前回とは異なる新登場メニューで、●はマイナーチェンジしたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-29 14:25 | ワールドバザール