カテゴリ:ハーバータウン( 38 )

シーフードレストラン/レッドロブスター Part1

a0036952_22434191.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区に12年10月24日にオープンしたレッドロブスターのご紹介です。改訂版をアップします。
九州初上陸!全米NO.1 シーフードレストラン「レッドロブスター」
 全米で約700店舗、日本では23店舗を展開しているアメリカンシーフードレストラン。
牡蠣、蟹、海老などの新鮮素材から、食べごたえ十分のアメリカンステーキ、旨味たっぷりのクラムチャウダー、具たっぷりのパエリア、シュリンプカクテルなど幅広いラインナップを、高いホスピタリティとパフォーマンスでご提供いたします。
 中でも、店名にもなっている「ロブスター」はライブ(活き)でご提供。
週2回、カナダより生きたまま輸入した最高品種のカナディアンロブスターを店舗の水槽で管理、オーダーを受けてから調理します。
日本に上陸して30年守り続けてきた、ここでしか味わえない味をぜひご賞味ください。
【場  所】フリーゾーン、サウザンド・サニー号乗り場近く
     ※席数 店内80席 ララス20席
【営業時間】11:00~22:00
     ※金土祝は23:00まで
     ※店休日 なし
     ※時期により営業時間等には変更があるかと思いますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】 ランチタイム等予約可能。詳細は店舗まで。
     ※パーティー利用可能人数80名
【問い合わせ】0956-80-4267
【その他】禁煙(テラスのみ喫煙可)

 12年11月に入り、いろいろとお店にも変化があるハウステンボス。その様な中にあっても注目は、12年10月24日、かねてから噂のあったレッドロブスターが、カタルニア跡にオープン。
a0036952_2244687.jpg

 レッドロブスターは、全米700店舗、国内23店舗を展開するという全米ナンバー1のシーフードレストランだとか。
 牡蠣、蟹、海老など新鮮素材をはじめ、食べ応え十分のアメリカンステーキやクラムチャウダー、パエリア、シュリンプカクテルなど、幅広いシーフード料理を高いホスピタリティとパフォーマンスで提供してくれるというもの。
a0036952_18322960.jpg

 店名にもなっている「ロブスター」は週2回、カナダより最高品種のカナディアンロブスターを生きたまま輸入し、店舗にある水槽で管理、オーダーを受けてから調理してくれるといいます。
a0036952_22443494.jpg

 オープン直後にも利用してみたかったところですが、11月1日にようやく訪れる事が出来ました。当初発表があった時は店内100席(及びテラス席が20)という報道もあり、そんなに入らないだろう?と思ったりもしていたのですが、店内80席、テラス20席となったようで、席数を増やす為もあってか、入口が以前とは異なっています。
a0036952_22445899.jpg

 以前は白とブルーを基調とした爽やかな印象の店内でしたが、ウッディで落ち着いた感じの店内に。
a0036952_22451732.jpg

帆船のマストをイメージしていた太い飾り柱はかつての名残りを感じさせるもの。

 メニューはかなり多彩(これだけ多彩なメニューを維持していけるのかは?と懸念しましたが13年4月時点でも豊富なラインナップが揃っています。)ですね。手頃な価格のものから、ハレの日の利用に仕えるような豪華なメニューもあり、いろいろな局面で利用できるお店のようです。
 修学旅行生の利用にも、カップルやグループでの利用にも使え、家族や三世代での利用にも、一人での利用にも。
a0036952_22454333.jpg

 誕生日又は記念日特典もあるようです。実際にお誕生日などのハレの日に利用されている方たちも多いようです。
Birthday&Anniversary 記念日特典
・プチバースデーデザート、記念写真サービス
 予約なしの当日客も対象。歓迎会やお祝いなどの集まりで席の予約も可。予算と希望に合わせて用意していただけるようです。

・特別な日にライブロブスターの予約を。
  ライブロブスターのジャンボサイズ(2~7ポンド)の予約可。2週間以内にカナダより直送。特別な日のパーティー用に。
  ライブロブスター 2.0ポンド ¥8,800
           3.0ポンド ¥13,800
           4.0ポンド ¥18,800
           5.0ポンド ¥22,800
           6.0ポンド ¥27,800
           7.0ポンド ¥32,800
    ※1ポンド=約450g

 また、レッドロブスターモバイル会員(登録費、年会費不要)になるともれなく特典があるとか。

 シーフードレストランに相応しい立地ではありますが、イベントの中心がかつてのオレンジ広場からアレキサンダー広場に移っている現在、人の流れ的には難しい場所でもあります。サウザンドサニー号やパレスハウステンボスあたりの利用と組み合わせてでタイムスケジュールを考えられるとよろしいのではないでしょうか。好きな方はわざわざ足を運ぶ価値もあるレストランだとも思います。レッドロブスターを利用したくてハウステンボスに来られている方たちも少なくない感じで、実際に多くの方が利用されています。人出の多い日などは待ち時間を要する事も。

 フロアスタッフの方々も好印象で、良いお店だと思います。

 レッドロブスターのオフィシャルサイトはこちら。オフィシャルサイトにはメニューも詳しく掲載されていますが、店舗によってメニューのラインナップ等に違いもあるようで、ハウステンボス店とは一部異なる部分がありますのでご注意下さい。
 レッドロブスターのオフィシャルブログ「レッドロブスター新人広報のお仕事ブログ」もなかなか楽しく、新メニューチェックにも役立ちます。ローストビーフとか、いただいてみたいなァと思いますもの。

遅くなりましたが、以下は11月17日に利用してきた際の記録を元に改訂し記載しています。
世界を旅するロブスター(第一弾がタイ編で、第二弾はスペイン編、第三弾はメキシコ編、第四弾北欧編でした。)の第五弾総集編は明日1月31日まで。
2月半ばにはメニューが新しくなるようです。

9月19日に「北欧からの贈り物~スモーブロー風~」と「卵をたっぷり使った自家製タルタルソースのサーモンフライ」をいただきましたが、サーモンフライは総集編の中の1品。
a0036952_183228.jpg

 「卵をたっぷり使った自家製タルタルソースのサーモンフライ」は「サーモンをカリカリに揚げ、自家製のタルタルソースを豪快にかけて仕上げました。ピクルス、タマネギの食感も味わえるよう大きくカットし、卵をたっぷり使ったタルタルソースは、シェフ自慢の一品です。」というものですが、サーモン好き、タルタル好きにはもってこいの一品。
a0036952_1832430.jpg

9月19日には加えて「カニピラフ」。これはツボにはまる美味しさ。「ズワイガニのダシで炊き上げた」というピラフは、さっぱりとした味わいながらもしみじみと美味しく。蟹爪や脚にはたっぷりの身が詰まっているのに加え、ほぐした身もたくさんで、蟹の身たっぷりのピラフが¥1,500はかなりお得だと思いました。
さっぱりとした味わいなので、他の料理にも合わせやすいと思います。個人的なお勧め。

a0036952_2142972.jpg

7月28日には「ロブスターテールグリル&ローストビーフ(100g)」をいただきました。じっくり低温で焼き上げたローストビーフとカナダ産ロブスターテールのコンビネーションで、テーブルサイドで、黒胡椒とソースをかけて仕上げて下さいます。
こちらもお得感のあるメニューでなかなかのもの。
特製のホースラディッシュソースでいただくローストビーフも、ロブスターテールもスペシャルとまでは言いませんが、美味しくいただけました。

 12年11月1日に私がいただいたのは、コンボプレートの「レッドロブスターコンビプレート」¥2,780
シーフード+ライス+ミートからなる選べるシーフードコンビネーションプレートで、シーフードはロブスターテールかシュリンプの黄金焼きのいずれかを。ライスはパエリアかシュリンプドリアのどちらかを選択します。それにカットステーキがつく内容。
a0036952_22475331.jpg

私が選んだのはロブスターテールにパエリア。
a0036952_2248928.jpg

パエリアはおこげが美味しく、かなり胡椒が利かせてあります。
a0036952_22482912.jpg

ロブスターテールの存在感もなかなかのもの。
a0036952_2248481.jpg

カットステーキはいい味していますが、アメリカンビーフ。和牛の様なやわらか~ってのとは違います。人によっては歯ごたえがあり過ぎると思われるかもしれませんし、ステーキの味わいも脂の旨味ではなく、赤身の美味しさでもあり、そのあたりでも好みはわかれるはずです。ロブスターも同様かも。大きさ存在感はあるものの、人によってはもっと美味しいと思う海老が別にあるかもしれません。

これだけのものが一皿に揃っているのは魅力ですが、良くも悪くもアメリカンな印象。そのあたりを理解したうえで利用するのにはお勧めのお店と言えるかな、というのが第一印象です。これから他のメニューもいただいてみたい、そう思います。

a0036952_18314671.jpg

 11月22日(2日、12日、22日)はロブスターの日で生ビールジョッキ半額の特典があり、まずはビールの友として「オイスターの香草パン粉焼き」を。3ピース¥980と5ピース¥1,480がありますが、1人とあって3ピースを選択。「 ローズマリータイム、イタリアンパセリと一緒に焼き上げる事で牡蠣の美味しさを引き出した一品。」だといいます。私は牡蠣の香草パン粉焼きは好物で、美味しくいただきました。もっとガーリックを利かせた方がより好みではありますが。
a0036952_1832753.jpg

 メインでいただいたのはランチタイムメニューのパエリアの中から「プレミアムパエリア」 ¥1,480を。
「有頭海老を丸ごと1本使用して海老の旨味たっぷりに仕上げたパエリア」で、なかなかいけます。パエリアランチでは6種類のパエリアが用意(ランチメニュー以外にもう1種メニューにあります)が、パエリアによりライスが異なっていますが、プレミアムパエリアはサフランライスになっています。おこげが美味しく胡椒を利かせたスパイシーな味わい。有頭海老がマヨネーズベースのソースとあいまってとっても美味。
 残念ながら現在この「プレミアムパエリア」はメニューから外れています。


以下の価格は税込み価格です。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-30 12:37 | ハーバータウン

シーフードレストラン/レッドロブスター Part2

a0036952_22515018.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップしています。

以下にメニューの続きを記載します。
フライドアペタイザー
  定番ホットアペタイザー
・バッファローチキンウィング  8ピース¥580 16ピース¥880
  ニューヨーク州バッファロー市発祥、ピリッと辛いスパイスで仕上げた鶏料理。ケイジャンBBQソースでお召し上がり下さい。
・ソフトシェルクラブ      ¥780
  脱皮したてのカニをフライで。サクッと丸ごと召し上がれます。
・チポトレフィッシュ&チップス ¥580
  白身魚にチポトレ(ハバネロの燻製)を効かせたフィンガーフード。
・カラマリフリット(イカのフライ) ¥480
  世界中のシーフードレストランで定番のカラマリフリット。
・牡蠣フライ          ¥580
  ふっくらうまみたっぷりの牡蠣フライです。
・ポップコーンシュリンプ    ¥580
  定番ポップコーンシュリンプをちょっぴりスパイシーに仕上げました。
・フレンチフライWithチーズソース ¥580
  サックリと揚げたフレンチフライに熱々のチェダーチーズソース。ビールのおつまみやメイン料理の付け合せにどうぞ!
・オニオンツリー        ¥880
  オニオンリングを30㎝の高さまで積み上げました。レッドロブスター料理№1のこの高さは必見です。


ライブロブスター
  世界最高品質のロブスターをどうぞ!
  世界最高品質のカナダ産ロブスター、現地の美味しさをそのままお届け!
   ロブスターは、「アメリカ」「カナダ」「ヨーロッパ」で獲れます。英語では「ロブスター」、仏語では「オマール」と呼ばれ海外では”シーフードの王様”と言われています。また、産地によって特徴が大きく異なります。
   レッドロブスターで使用しているカナダ産のロブスターは厳格な基準(ライセンス・漁時期・漁場)が定められており、世界中のレストランから高い評価を受けています。伊勢海老よりも弾力があり、タラバガニに近い質感をもっています。驚くような身の弾力と広がる旨みは、他の食材では味わえないロブスターならではの食感です。「現地の美味しさをそのまま体験」していただく為にレッドロブスターではカナダ産にこだわっています。
  レッドロブスターでは、徹底された品質管理の元、毎週店舗へ出荷されています。店内の専用タンクで保管されたカナダ産の”三ツ星ロブスター”です。
   基本メニューとして4種類の調理方法(スチーム、オーブン、スパイス、豆板醤)から、カナダ産の”活きロブスター”をお楽しみいただけます。 
  はじめて「ロブスター」を楽しむなら、まずはスチームがおすすめです。身の旨味、弾力にきっと驚くことでしょう。
  海老、蟹などにはない新たな感覚を体験できます。
 ※ラージは要予約
・ライブロブスター(スチーム)  R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  カナディアンロブスターの身の甘みが一番感じられる調理法です。
  ロブスターを初めて食べるならこちらがおすすめ!
・ライブロブスター(スパイス焼) R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  計8種類のスパイスを使って調理しました。ビールが進む一品です。
  このお料理はパンに合います!
・ライブロブスター(オーブン焼) R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  香りを感じるならオーブン焼きで、世界最高品質ならではの味。
・ライブロブスター(豆板醤)   R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  ロブスターをフライにして豆板醤ソースで絡めたくせになる一品です。
  このお料理はパンに合います!
・ライブロブスター(黄金焼き)  R(レギュラー)¥4,800 M(ミディアム)¥6,800 L(ラージ)¥8,800
  ロブスターを特製黄金ソースでふっくら焼きあげました。
  ※調理にお時間がかかりますので、お早めにご注文ください。
・シェフのお奨めライブロブスター  ¥4,800
  レッドロブスターがお薦めする「ライブロブスターメニュー」。メニューの詳細についてはスタッフにお尋ねください。
  ※数量限定

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-30 12:25 | ハーバータウン

ワインサロン&バー/オークラウンジ(Part1)

a0036952_0341751.jpg

a0036952_439258.jpg

今回はホテルアムステルダムのワインサロン&バー、オークラウンジの御紹介です。
改訂版をアップします。
星空、酒、そして人との語らい。ひととき夢の世界の旅人となる。

オーク材の書棚が据え付けられたこのラウンジは、まるで友人の家の居間に招かれたような暖かい落ち着いた雰囲気。ソファーに身をゆだねながらグラスを傾けるひとときは、都会では味わえない贅沢でゆたかな時間が流れていきます。
【場所】ホテルアムステルダム内
【営業時間】17:00~23:30
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

ハウステンボスの場内ホテルにはそれぞれに個性的なラウンジがあり、それぞれに魅力的でした。アムステルダムにあって、隠れ家的な存在で密かな?お気に入りだったのがオークラウンジ。
オークラウンジはホテルアムステルダムのメインダイニング アクールヴェールのリニューアル工事に伴い、その隣にアクールヴェールカフェがオープンするのに伴い、08年11月14日をもっていったん営業を終了する事に。
その後、宿泊者用の休憩スペースとして活用されていましたが、10年1月9日より3月末までワインバーとして期間限定で営業。
4月に入り再びクローズとなりましたが、嬉しい事に7月頃から?営業を再開。
そして12年2月11日、ワインサロン&バーとしてリニューアル。

 オークラウンジの位置は初めての方にはわかりにくいように思います。ホテルアムステルダムの1階にあり、正面玄関から行くのと裏手(海側小道の方)から行くルート(遅い時間は閉まっている事がありますのでご注意)があります。
a0036952_011752.jpg

ホテルアムステルダムに入ったロビーの正面突き当たりにエレベーターがありますが、その左手に位置しています。
a0036952_21181446.jpg

 上の写真(10年9月撮影)のラウンジ入り口左手にカウンターがあり、(かつて右手にはレジがありました)そこから直接見えない位置にも席があり、スタッフの方の視線をあまり意識することなく過ごす事ができます。疲れている時であるとか、静かに落ち着いたひと時を過ごしたい時などとても良いと思います。
a0036952_0183019.jpg

 仲間と語り合いながら、一人お気に入りの本を片手に過ごしたり。。。
a0036952_23174553.jpg

 「オークラウンジ」はあまりラウンジらしくないラウンジで、隠れ家的なスポットと言えるのではないでしょうか。
a0036952_23182734.jpg

 昼下がりにゆったりと寛ぐのにも良い(残念ながら現在はナイトタイムのみの営業)ですし、夕刻に暮れなずんでゆく窓外の情景をのんびり眺めながら過ごすのも大好きです。
a0036952_2319424.jpg

a0036952_23193063.jpg

かつてヴィノテークで味わった時間が(まったく同じとはいきませんが)ここにあります。

a0036952_2154199.jpg

a0036952_21543863.jpg

 今回のリニューアルは、マイナーチェンジといった感じでしょうか。
a0036952_21291255.jpg

a0036952_21293453.jpg

a0036952_6512564.jpg

 カウンターで飲めるのは嬉しい変化。席数は2席ほどですが。
 ※H25年1月以降?現在はカウンター席は外されているようです。
a0036952_18235928.jpg

a0036952_239514.jpg

 ところでオークラウンジがワインサロン&バーとなってからは、私は専らカウンター(2席のみのこじんまりしたものです)で楽しんでいたのですが、5月3日は久しぶりにラウンジ内のソファー席でゆったりと楽しませていただきました。
a0036952_2384514.jpg

 基本的な部分は以前と変わっていないようですが、例えばこの棚には以前はティーカップなどの食器類が並んでいた事もありますし、飾り棚として、本棚として使われていた事もあったように思いますが、現在はワインボトルがディスプレイされています。
a0036952_2392390.jpg

そして壁の絵がいかにもワインサロン&バーらしいものに。
a0036952_23104374.jpg

a0036952_23114327.jpg

a0036952_23112717.jpg

a0036952_23122222.jpg

どこかユーモラスで、味があってお気に入り。私にとって、オークラウンジに新しいテイストが加わった感じです。

a0036952_20413484.jpg

 食前・食後に、イベントの待ち時間に、一日の終わりに素敵な書斎のような「オークラウンジ」でグラスを傾けてみませんか。

a0036952_19321481.jpg

 ラウンジ内だけでなく、ロビーでもゆったりとグラスを傾ける事が出来るようになっています。
a0036952_19324198.jpg

 時期により日によって時間や奏者は変わりますが、ロビーコンサートも行われています。
 コンサート時間が変更になったり、休演日もありますので、ロビーにてご確認下さい。

オークラウンジではアムステルダムロビーでのライブをBGMとして楽しむ事も出来ます。
 7月13日の表示は 21:00~21:20
 8月11日の表示は 22:00~22:20
でした。

以下は1月26日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
クリスマスカクテルの「舞雪」、ワイン&フレッシュカクテルフェアのカクテル3種が引き続き提供されています。
季節の一品料理は「トマトで煮込んだ雲仙産豚バラ肉と黒キャベツのニョッキのチーズ焼き」で、なかなか美味しそう。いずれいただいてみたいものです。

グランドメニューも豊富なラインナップが用意されており、シェリーフェアで提供されていたフェアメニュー5種のうち、「ティオ・ペペ・フィノ」と「ハーベイ・ブリストル・クリーム」はフェア終了後もグランドメニューとして提供されていました。現在はそれに「アルフォンソ」(オロロソ(辛口)シェリー)が加わって3種が提供されているかと。
a0036952_18392763.jpg

シェリーは欧米特にイギリスでは食前酒として大人気だとか。松田優作もアイルトン・セナもシェリーを愛飲していたと言います。
シェリーは熟成法により「フィノ」と「オロロソ」に大別され、アルコール度数16度以内がフィノ、超えるものをオロロソと呼ばれています。フィノは薄い色調で繊細な味わい、オロロソは琥珀色で独特の芳香を持つとされています。
a0036952_17573214.jpg

 「ティオ・ペペ・フィノ」はおそらくシェリーフェアでの一番人気だったのではないでしょうか。吉田茂氏の長男・吉田健一氏はティオ・ペペをこよなく愛されたようで、「酒 肴 酒」という本の中で「辛口の上等な日本酒を葡萄で造ったような酒」「このシェリーは上等のブランデー、あるいは日本酒と同様に色が薄くて、そしてちょうどその極上の日本酒に近い味がする。」「ナッティーな香りとトロリとした舌触りが独特。口中が爽やかにもなる。ちびちびやっていると(アルコール度数がやや高いのでぐいぐいとは飲めない)、不思議に食欲が湧いてくる」と表現されているようです。
a0036952_17563920.jpg

 シェリーの味わいは甘口、極甘口、辛口に大別されますが、「ハーベイ・ブリストル・クリーム」は甘口で、食後酒としてとても良い感じです。デザートワインのような感覚で楽しめ、デザートワインよりかなりお手頃価格です。特に女性には喜ばれるのではないでしょうか?
a0036952_0583977.jpg

 ポートワインも4種類メニューに用意されています。ポルトガル北部ポルト港から出荷される特産の酒精強化ワインで、赤と白があり、赤は輝くルビー色で「ポルトガルの宝石」と称されているとも。
a0036952_0581840.jpg

ニーポートは、1842年創業の歴史あるポートメーカーで最高品質のワイン造りに挑んでいるとか。ワイン専門誌などでも注目されており、トゥニーポート10年など絶賛されているようです。
そのワインは甘いけども酸味もあって甘すぎず、ナイトキャップとしていただくのにも適しています。

 ワインサロン&バーという事で、ワインメニューも充実していますが、カクテルやウィスキーなどもリニューアル以前とほぼ同様のラインナップのものが用意されており、幅広く利用できるオークラウンジです。

 「イルドレフェア」で好評だった「イル・ド・レ」3種はグランドメニューのブランデーメニューにおいて、引き続き提供されています。
「イル・ド・レ」は、あのカミュの、「エレガンス」、「ボルドリー」、「イル・ド・レ」の個性ある3シリーズのうちの1つ。
a0036952_23221889.jpg

「Ile de Re FINE ISLAND」(イル・ド・レ ファインアイランド)はおそらく3種の中でもっともイル・ド・レの個性が楽しめる気が。潮風の味わいが感じられます。イル・ド・レの個性はファインアイランドに最もあらわれているような気もします。
a0036952_23225083.jpg

「Ile deRe DOUBLE MATURED」(イル・ド・レ ダブルマチュアード)は独特の製法。まずレ島で伝統的なブレンド用タンクで数年寝かせその個性を生み出し、次いでコニャック地方で内面を焼いた樽で熟成させオークの香りやスモーキーさを加えるといいます。どこかバーボンを思わせる、3種の中でも個性的な味わいで、個人的なお気に入り。
a0036952_23232720.jpg

「Ile de Re X.O.」は長期熟成の時の重さが感じられる、こなれた優雅な味わい。流石X.O.

 カクテルもメニューにないものもお願い出来る事があります。
a0036952_2252758.jpg

 写真は2月19日にいただいたもので、焼酎の萬膳をベースに作っていただきました。1杯¥1,000

フードメニューでは、グランドメニューにあるクロックムッシュも、かつてヴィノテークなどでいただいたのと同じで、シンプルですがいい味わいです。
アクールヴェールカフェで提供されているケーキが残った場合?オークラウンジでいただける事があります。オークラウンジの入口左手、かつてレジがあったスペースのショーケースにケーキがあればオーダー可です。
1月5日にはエンガディン・タルトをいただきました。
a0036952_131914100.jpg

○エンガディン・タルト
 「キャラメルをかけたナッツを閉じ込めて焼いたタルト」
 これは昨秋の大ヨーロッパ祭の際に登場したケーキの1つですね。大人な味わいで、ワインにも合いそうなケーキです。

○印は新(再)登場、●印は再登場やマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。

以下の価格は税・サービス料込み

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-28 23:02 | ハーバータウン

花の家(ディナータイムPart1)

a0036952_1814648.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区に2006年8月1日リニューアルオープンした花の家の夜(17:00~21:30)の時間帯のうち17:00~21:00まで(21時以降はメニューが変わるかと)のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
  お子様からお年寄りまで三世代で楽しめるメニューを取り揃えた和食処「花の家」が港町にオープン。四季を彩る料理と温かいおもてなしで、くつろぎのひとときをお過ごしください。
【場所】ハーバータウン(旧スパーケンブルグ)
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】[1月1日~4日] 10:00~23:00
      [1月5日・6日] 10:00~22:00
      [1月7日~31日] 10:00~21:00
         ※金・土は22:00まで
         ※1月12日は23:00まで
      ■昼メニュー 11:00~14:00
      ■夜メニュー 17:00~21:00
    ※季節によって異なります
    ※10:00~11:00は喫茶営業。
    ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗。喫煙席あり。

a0036952_720546.jpg

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発したお店です。
店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。
a0036952_7215211.jpg

 花の家は感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。ファミレス的な存在ですが、ファミレス的な料理の他、ホテルヨーロッパの日本料理店 吉翠亭の料理長によりプロデュースされた季節メニューも登場しており、本格的な味わいのものも楽しむ事が出来ます。
 子供さんを連れた家族も気楽に利用できるように思います。半面落ち着いた雰囲気の中食事を、という方には時間帯によっては向かないかもしれません。
a0036952_7203779.jpg

 和食という事もあって人気もあり、多客時には30分以上の待ち時間を要する事もあります。
 
 花の家は港町スパーケンブルグのオレンジ広場近くにあり、このあたりは10年4月28日より無料ゾーンとなっています。

以下は1月26日の店外表示記録をもとに改定したものです。
1月17日から”和食”無形文化遺産登録記念フェアメニューが登場しています。昼・夜共通メニューですが、1日10食限定での提供です。
また、12月1日頃から「長崎和牛 味噌ちゃんこ膳」も登場しています。

a0036952_22361162.jpg

スタミナフェアメニューとして登場した「和風ローストビーフ重」(ポテトサラダ、汁物付き)も引き続き提供されています。このメニューは昼・夜共通メニューです。夜間は単品メニューとしての「和風ローストビーフ」¥1,500も。
a0036952_2237352.jpg

a0036952_22365046.jpg

散々シェヘラ等で飲んだ後にいただいたので、味のコメントとかはできかねますが、美味しくいただいてきました。

「長崎和牛 焼きしゃぶ御膳」「海鮮焼きしゃぶ御膳」も引き続き提供されていました。
a0036952_22322757.jpg

1月13日のお昼に前日の12日から登場したという「長崎和牛 焼きしゃぶ御膳」をいただいてきました。
a0036952_2233238.jpg

手前が長崎和牛バラで奥が長崎和牛ロース。いずれもかなり上質なお肉で、とても美味。それぞれ追加メニューとしても用意がありますので、シェアしていただくのも良いかも。

長崎県産品フェアで登場した「鯛めし定食」も引き続き提供されています。
a0036952_23564467.jpg

「鯛めし定食」は以前からあったメニューですが、以前いただいた際よりもパワーアップ!していました。
a0036952_23571931.jpg

小鉢に
a0036952_23574122.jpg

天麩羅に
a0036952_23581372.jpg

汁物。ここに佐世保の鯛が使われていて以前よりも豪華に。
a0036952_23583843.jpg

香の物
a0036952_2359392.jpg

そして鯛めし♪鯛を炊き込む鯛めしも多いですが、ここでは錦糸卵の上に刺身が乗せられています。見た目も良く実に旨い!そう思います。
お勧めメニューですね。

○印は新(再)登場、●印は再登場やマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。
以下の価格は税込み。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-28 00:48 | ハーバータウン

花の家(ディナータイムPart2)

a0036952_5494188.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップします。

以下に続きを記載します。
以下のドリンクメニューは11月17日に利用した際のものです。
ドリンクメニュー
a0036952_72339.jpg

ビール
・キリン一番搾り生 ジョッキ¥700
・キリン一番搾り生  グラス¥550
・キリンラガー瓶ビール   ¥600

・キリンフリー       ¥450
  ノンアルコールビール

焼酎

・思案橋(長崎)      ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)


・黒霧島(宮崎)      ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)


・長崎ペーロン(長崎)   ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)

日本酒
a0036952_0414625.jpg

  ※写真は11年12月1日にいただいた際のものです。
松竹梅白壁蔵 澪       ¥1,400
  ほどよい酸味とほんのり甘い味わい
  アルコール分5%。新感覚のスパークリング清酒。
 「”澪”は水脈。そして”MIO”はイタリア語で”私の”という意味。これまでにない飲みやすさの、おいしいお酒です。」

○本陣  金選       ¥600(180ml)
          熱燗一合¥600
            二合¥1,200

○本陣  純米酒      ¥850(グラス)
              ¥3,300(ボトル)

梅酒
・梅酒           ¥400
・しょうが蜜の梅酒     ¥450
・ローズヒップとラズベリーの梅酒 ¥500

チューハイ
・レモン          ¥480
・ライム          ¥480
・カルピス         ¥480
・梅            ¥480
・ウーロン         ¥480

カクテル
a0036952_063119.jpg

  ※写真は11年4月10日のもの。
・やさしいミモザ      ¥450
  白ワイン+オレンジジュース
  シャンパンの代わりに白ワインを使い、やさしさを表現しました。
a0036952_22261443.jpg

  ※写真は11年5月3日のもの
・カシスオレンジ      ¥450
  カシス+オレンジジュース
  柑橘系オレンジの爽やかさと、カシスの甘さが女性に人気です。
a0036952_074747.jpg

  ※写真は11年4月10日のもの。
・カシスソーダ       ¥450
  カシス+ソーダ
  クレームドカシスの甘酸っぱさを、ソーダでキリッと仕上げてあります。

ワイン
・SANTA HELENA(赤・白) グラス¥450 ボトル¥2,400

ソフトドリンク
アイスドリンク
・コカコーラ        ¥300
・ジンジャーエール     ¥300
・オレンジジュース     ¥300
a0036952_09257.jpg

  ※写真は11年4月10日にいただいた際のもの。
・柚子えーる        ¥390
  柚子+ジンジャーエール

ホットorアイス ドリンク
・ウーロン茶        ¥300
・珈琲           ¥300
・カルピス         ¥300
・自家製しょうが蜜     ¥390

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-28 00:32 | ハーバータウン

花の家(ランチタイムPart1)

a0036952_720862.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区の花の家のお昼(11:00~14:00)のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
 広い座敷もあり、大人数での宴会や、友人同士での小規模な会食まで、広い目的に応じて利用できます。
 御料理もうどんやそば、丼からお膳、鍋までそろっており、お子様からお年寄りまで幅広く三世代で楽しめるメニューを取り揃えております。
 四季を彩る御料理とあたたかいおもてなし、くつろぎのひとときをどうぞ。
【場所】ハーバータウン(旧スパーケンブルグ)
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】[1月1日~4日] 10:00~23:00
      [1月5日・6日] 10:00~22:00
      [1月7日~31日] 10:00~21:00
         ※金・土は22:00まで
         ※1月12日は23:00まで
      ■昼メニュー 11:00~14:00
      ■夜メニュー 17:00~21:00
    ※季節によって異なります
    ※10:00~11:00は喫茶営業
    ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
    ※予約不可日もありますので、詳しくはオフィシャルサイトで。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗

a0036952_720546.jpg

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発をきりました。
新店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。
a0036952_7215211.jpg

 感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。
 ホテルヨーロッパに日本料理店がオープンし、予算や用途などによって使い分けることができるようになっています。

 ホテルヨーロッパ、吉翠亭料理長仕込みのメニューもあり、花の家の料理もレベルアップしている印象があります。季節感あるメニューが真藍の楽しみでもありました。花の家にリニューアル当初はその点で物足りなさを感じた事もありましたが、このところ季節メニューがいろいろと登場するようになり、好ましい変化だと楽しみにしています。
a0036952_7203779.jpg

 また、ファミレス的な感じと言う事もあって、小さなお子さん連れでも気軽に利用できるお店の1つだと思います。子供用のメニューが用意されているだけでなく、取り分け用の皿や子供用スプーン、フォーク、子供用の簡易エプロンまで用意されているようですので、必要に応じお願いしてみると宜しいかと思います。

a0036952_11444988.jpg

10年4月28日より花の家のある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りで無料ゾーンのレストランを利用する場合、10年7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


 営業時間において中間クローズがないのも利用しやすくて好ましいポイントです。ただし、時間帯によって提供されるメニューが異なりますので注意が必要です。
花の家は時間帯によって4つのメニューが存在するようです。名称は「甘味タイム」以外は私が勝手につけたものですが、
①開店~14時まで  ランチタイムメニュー
  ※15時までだったことも。時期により変動があるかもしれません。
  ※H11年9月より開店時間が早まり、11:00までは喫茶タイムとなっています。
②14時~17時まで  軽食・甘味タイム(現在は甘味タイム)
③17時~21時まで ディナータイム
④21時~閉店まで ナイトタイム(居酒屋タイム)
  ※この時間帯のメニューが現在どうなっているのかは未確認です。

この①のランチタイムが、今回ご紹介するものです。

以前に比べると、お昼のメニューはより充実したものになっています。
手頃な価格帯のメニューから、高級感のあるメニューまで。
加えて、吉翠亭の料理長の方の監修により、メニューが一新・向上しつつあるように思います。

以下は1月26日の店外表示記録をもとに改定したものです。
1月17日から”和食”無形文化遺産登録記念フェアメニューが登場しています。昼・夜共通メニューですが、1日10食限定での提供です。

12月あたりからは冬のメニューに替わり、「国産牛すき焼き定食」(秋きのこが外れたメニューに)、「特上蟹天重」や「鍋焼きうどん」がこの冬も登場しています。

11月17日は新たに登場していた「長崎中華そば」をいただきました。
a0036952_23502697.jpg

細めのストレート麺に、たぶんアゴ出汁のスッキリと旨みが感じられる醤油味で、今の私にはラーメンではこの手の味わいが一番。
a0036952_23504358.jpg

好みでニンニクの醤油漬け(これもいい感じ)を加えていただきます。
花の家はこの様な¥1,000いかないメニューから、下記の様なお昼から高級感のあるメニューまで選べるのがいいですね。

a0036952_22361162.jpg

スタミナフェアメニューとして登場した「和風ローストビーフ重」(ポテトサラダ、汁物付き)¥2,500も引き続き提供されています。
a0036952_2237352.jpg

a0036952_22365046.jpg

この時は散々シェヘラ等で飲んだ後だったので、味のコメントとかはできかねますが、美味しくいただいてきました。

季節メニューとしては春の特選メニューとして登場していた「海鮮重」も引き続き提供され定番メニュー化しているようです。
「長崎和牛 焼きしゃぶ御膳」「海鮮焼きしゃぶ御膳」も同様に定番化したようで引き続き提供されています。
a0036952_22322757.jpg

1月13日には「長崎和牛 焼きしゃぶ御膳」をいただきました。
a0036952_2233238.jpg

手前が長崎和牛バラで奥が長崎和牛ロース。いずれもかなり上質なお肉で、とても美味。それぞれ追加メニューとしても用意がありますので、シェアしていただくのも良いかも。

また、「スーパー太陽卵の牛とじ重」も引き続き提供されています。
「スーパー太陽卵の牛とじ重」は「Annevisary New,20 Menu(花の王国続編)メニュー」として登場していたもの。
a0036952_92385.jpg

 自然食で育てられた鶏の卵「スーパー太陽卵」でのとじ加減がとっても良くなかなかに美味しい一品。

花の家のカレー(時期によりメニューが入れ替わりますが)「絶品 角煮カレーセット」もなかなかのもの。

花の家のメニュー全体も、お手頃価格のものから、少し値は張りますが素敵な内容のものまで、ある程度幅広く用意されており、利用者に優しい設定な気がします。

吉翠亭料理長がかかわっておられる事もあり、花の家のメニューも向上・充実してきている印象があります。

スパ&カフェの企画も登場しています。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

○印が(今年)新(再)登場のもので、●印がマイナーチェンジ(内容・価格の変更)していたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-27 22:47 | ハーバータウン

花の家(ランチタイムPart2)

a0036952_17142836.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップします。

以下に続きを記載します。
以下のドリンクメニューは11月17日に利用した際のものです。
ドリンクメニュー
a0036952_72339.jpg

ビール
・キリン一番搾り生 ジョッキ¥700
・キリン一番搾り生  グラス¥550
・キリンラガー瓶ビール   ¥600

・キリンフリー       ¥450
  ノンアルコールビール

焼酎

・思案橋(長崎)      ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)


・黒霧島(宮崎)      ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)


・長崎ペーロン(長崎)   ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)

日本酒
a0036952_0414625.jpg

  ※写真は11年12月1日にいただいた際のものです。
松竹梅白壁蔵 澪       ¥1,400
  ほどよい酸味とほんのり甘い味わい
  アルコール分5%。新感覚のスパークリング清酒。
 「”澪”は水脈。そして”MIO”はイタリア語で”私の”という意味。これまでにない飲みやすさの、おいしいお酒です。」

○本陣  金選       ¥600(180ml)
          熱燗一合¥600
            二合¥1,200

○本陣  純米酒      ¥850(グラス)
              ¥3,300(ボトル)

梅酒
・梅酒           ¥400
・しょうが蜜の梅酒     ¥450
・ローズヒップとラズベリーの梅酒 ¥500

チューハイ
・レモン          ¥480
・ライム          ¥480
・カルピス         ¥480
・梅            ¥480
・ウーロン         ¥480

カクテル
a0036952_063119.jpg

  ※写真は11年4月10日のもの。
・やさしいミモザ      ¥450
  白ワイン+オレンジジュース
  シャンパンの代わりに白ワインを使い、やさしさを表現しました。
a0036952_22261443.jpg

  ※写真は11年5月3日のもの
・カシスオレンジ      ¥450
  カシス+オレンジジュース
  柑橘系オレンジの爽やかさと、カシスの甘さが女性に人気です。
a0036952_074747.jpg

  ※写真は11年4月10日のもの。
・カシスソーダ       ¥450
  カシス+ソーダ
  クレームドカシスの甘酸っぱさを、ソーダでキリッと仕上げてあります。

ワイン
・SANTA HELENA(赤・白) グラス¥450 ボトル¥2,400

ソフトドリンク
アイスドリンク
・コカコーラ        ¥300
・ジンジャーエール     ¥300
・オレンジジュース     ¥300
a0036952_09257.jpg

  ※写真は11年4月10日にいただいた際のもの。
・柚子えーる        ¥390
  柚子+ジンジャーエール

ホットorアイス ドリンク
・ウーロン茶        ¥300
・珈琲           ¥300
・カルピス         ¥300
・自家製しょうが蜜     ¥390

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2014-01-27 22:38 | ハーバータウン

花の家(ディナータイムPart1)

a0036952_1814648.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区に2006年8月1日リニューアルオープンした花の家の夜(17:00~21:30)の時間帯のうち17:00~21:00まで(21時以降はメニューが変わるかと)のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
  お子様からお年寄りまで三世代で楽しめるメニューを取り揃えた和食処「花の家」が港町にオープン。四季を彩る料理と温かいおもてなしで、くつろぎのひとときをお過ごしください。
【場所】ハーバータウン(旧スパーケンブルグ)
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】日~木 10:00~21:00
   金・土・祝前日 10:00~22:000
         ※9/14は23:00まで
         ※9/22は24:00まで
      ■昼メニュー 11:00~14:00
      ■夜メニュー 17:00~21:00
    ※季節によって異なります
    ※10:00~11:00は喫茶営業。
    ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗。喫煙席あり。

a0036952_720546.jpg

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発したお店です。
店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。
a0036952_7215211.jpg

 花の家は感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。ファミレス的な存在ですが、ファミレス的な料理の他、ホテルヨーロッパの日本料理店 吉翠亭の料理長によりプロデュースされた季節メニューも登場しており、本格的な味わいのものも楽しむ事が出来ます。
 子供さんを連れた家族も気楽に利用できるように思います。半面落ち着いた雰囲気の中食事を、という方には時間帯によっては向かないかもしれません。
a0036952_7203779.jpg

 和食という事もあって人気もあり、多客時には30分以上の待ち時間を要する事もあります。
 
 花の家は港町スパーケンブルグのオレンジ広場近くにあり、このあたりは10年4月28日より無料ゾーンとなっています。

以下は11月3日の店外表示記録及び11月24日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
「伊萬里牛と秋茸のすき焼き定食」も引き続き提供されていましたが、「秋茸」とあるだけに12月あたりからはメニューが替わるかも。
ウィンターフェアメニューとして12月1日から「長崎和牛味噌ちゃんこ膳」¥2,800が登場する事になっています。

a0036952_22361162.jpg

スタミナフェアメニューとして登場した「和風ローストビーフ重」(ポテトサラダ、汁物付き)も引き続き提供されています。このメニューは昼・夜共通メニューです。夜間は単品メニューとしての「和風ローストビーフ」¥1,500も。
a0036952_2237352.jpg

a0036952_22365046.jpg

散々シェヘラ等で飲んだ後にいただいたので、味のコメントとかはできかねますが、美味しくいただいてきました。

「長崎和牛 焼きしゃぶ御膳」「海鮮焼きしゃぶ御膳」も引き続き提供されていました。
a0036952_22322757.jpg

1月13日のお昼に前日の12日から登場したという「長崎和牛 焼きしゃぶ御膳」をいただいてきました。
a0036952_2233238.jpg

手前が長崎和牛バラで奥が長崎和牛ロース。いずれもかなり上質なお肉で、とても美味。それぞれ追加メニューとしても用意がありますので、シェアしていただくのも良いかも。

長崎県産品フェアで登場した「鯛めし定食」も引き続き提供されています。
a0036952_23564467.jpg

「鯛めし定食」は以前からあったメニューですが、以前いただいた際よりもパワーアップ!していました。
a0036952_23571931.jpg

小鉢に
a0036952_23574122.jpg

天麩羅に
a0036952_23581372.jpg

汁物。ここに佐世保の鯛が使われていて以前よりも豪華に。
a0036952_23583843.jpg

香の物
a0036952_2359392.jpg

そして鯛めし♪鯛を炊き込む鯛めしも多いですが、ここでは錦糸卵の上に刺身が乗せられています。見た目も良く実に旨い!そう思います。
お勧めメニューですね。

○印は新(再)登場、●印は再登場やマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。
以下の価格は税込み。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-12-01 08:43 | ハーバータウン

花の家(ディナータイムPart2)

a0036952_5494188.jpg

字数制限にかかりましたので、2つに分けてアップします。

以下に続きを記載します。
ドリンクメニュー
a0036952_72339.jpg

ビール
・キリン一番搾り生 ジョッキ¥700
・キリン一番搾り生  グラス¥550
・キリンラガー瓶ビール   ¥600

・キリンフリー       ¥450
  ノンアルコールビール

焼酎

・思案橋(長崎)      ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)


・黒霧島(宮崎)      ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)


・長崎ペーロン(長崎)   ¥390(グラス)
              ¥2,480(ボトル)

日本酒
a0036952_0414625.jpg

  ※写真は11年12月1日にいただいた際のものです。
松竹梅白壁蔵 澪       ¥1,400
  ほどよい酸味とほんのり甘い味わい
  アルコール分5%。新感覚のスパークリング清酒。
 「”澪”は水脈。そして”MIO”はイタリア語で”私の”という意味。これまでにない飲みやすさの、おいしいお酒です。」

○本陣  金選       ¥600(180ml)
          熱燗一合¥600
            二合¥1,200

○本陣  純米酒      ¥850(グラス)
              ¥3,300(ボトル)

梅酒
・梅酒           ¥400
・しょうが蜜の梅酒     ¥450
・ローズヒップとラズベリーの梅酒 ¥500

チューハイ
・レモン          ¥480
・ライム          ¥480
・カルピス         ¥480
・梅            ¥480
・ウーロン         ¥480

カクテル
a0036952_063119.jpg

  ※写真は11年4月10日のもの。
・やさしいミモザ      ¥450
  白ワイン+オレンジジュース
  シャンパンの代わりに白ワインを使い、やさしさを表現しました。
a0036952_22261443.jpg

  ※写真は11年5月3日のもの
・カシスオレンジ      ¥450
  カシス+オレンジジュース
  柑橘系オレンジの爽やかさと、カシスの甘さが女性に人気です。
a0036952_074747.jpg

  ※写真は11年4月10日のもの。
・カシスソーダ       ¥450
  カシス+ソーダ
  クレームドカシスの甘酸っぱさを、ソーダでキリッと仕上げてあります。

ワイン
・SANTA HELENA(赤・白) グラス¥450 ボトル¥2,400

ソフトドリンク
アイスドリンク
・コカコーラ        ¥300
・ジンジャーエール     ¥300
・オレンジジュース     ¥300
a0036952_09257.jpg

  ※写真は11年4月10日にいただいた際のもの。
・柚子えーる        ¥390
  柚子+ジンジャーエール

ホットorアイス ドリンク
・ウーロン茶        ¥300
・珈琲           ¥300
・カルピス         ¥300
・自家製しょうが蜜     ¥390

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-12-01 08:36 | ハーバータウン

花の家(ランチタイムPart1)

a0036952_720862.jpg

今回はハウステンボス、スパーケンブルグ地区の花の家のお昼(11:00~14:00)のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
三世代でくつろげる 和食処 花の家(はなのや)
 広い座敷もあり、大人数での宴会や、友人同士での小規模な会食まで、広い目的に応じて利用できます。
 御料理もうどんやそば、丼からお膳、鍋までそろっており、お子様からお年寄りまで幅広く三世代で楽しめるメニューを取り揃えております。
 四季を彩る御料理とあたたかいおもてなし、くつろぎのひとときをどうぞ。
【場所】ハーバータウン(旧スパーケンブルグ)
    テーブル席 29卓 94席
    個室  3室 9卓 42席
【営業時間】日~木 10:00~21:00
   金・土・祝前日 10:00~22:000
      ■昼メニュー 11:00~14:00
      ■夜メニュー 17:00~21:00
    ※季節によって異なります
    ※10:00~11:00は喫茶営業
    ※営業時間及び店休日は時期によって異なります。オフィシャルサイト等でご確認下さい。
【予約】予約・問い合わせ/総合予約センター 電話0956-27-0012
    ※予約不可日もありますので、詳しくはオフィシャルサイトで。
【その他】車椅子利用可。Edy対象店舗

a0036952_720546.jpg

 かつて「河童」「天狗」であったお店が変遷を辿り、「真藍」となり、06年8月1日より「花の家」として再出発をきりました。
新店舗名は花の満ち溢れるハウステンボスにて3世代のお客様に、和食を楽しく味わっていただき、我が家の様に気軽にお寛ぎいただきたい、そんな願いを込めて命名されたものだとか。
a0036952_7215211.jpg

 感じとしては和風ファミリーレストランといったところでしょうか。
 ホテルヨーロッパに日本料理店がオープンし、予算や用途などによって使い分けることができるようになっています。

 ホテルヨーロッパ、吉翠亭料理長仕込みのメニューもあり、花の家の料理もレベルアップしている印象があります。季節感あるメニューが真藍の楽しみでもありました。花の家にリニューアル当初はその点で物足りなさを感じた事もありましたが、このところ季節メニューがいろいろと登場するようになり、好ましい変化だと楽しみにしています。
a0036952_7203779.jpg

 また、ファミレス的な感じと言う事もあって、小さなお子さん連れでも気軽に利用できるお店の1つだと思います。子供用のメニューが用意されているだけでなく、取り分け用の皿や子供用スプーン、フォーク、子供用の簡易エプロンまで用意されているようですので、必要に応じお願いしてみると宜しいかと思います。

a0036952_11444988.jpg

10年4月28日より花の家のある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りで無料ゾーンのレストランを利用する場合、10年7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


 営業時間において中間クローズがないのも利用しやすくて好ましいポイントです。ただし、時間帯によって提供されるメニューが異なりますので注意が必要です。
花の家は時間帯によって4つのメニューが存在するようです。名称は「甘味タイム」以外は私が勝手につけたものですが、
①開店~14時まで  ランチタイムメニュー
  ※15時までだったことも。時期により変動があるかもしれません。
  ※H11年9月より開店時間が早まり、11:00までは喫茶タイムとなっています。
②14時~17時まで  軽食・甘味タイム(現在は甘味タイム)
③17時~21時まで ディナータイム
④21時~閉店まで ナイトタイム(居酒屋タイム)
  ※この時間帯のメニューが現在どうなっているのかは未確認です。

この①のランチタイムが、今回ご紹介するものです。

以前に比べると、お昼のメニューはより充実したものになっています。
手頃な価格帯のメニューから、高級感のあるメニューまで。
加えて、吉翠亭の料理長の方の監修により、メニューが一新・向上しつつあるように思います。

以下は11月17日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
11月17日は新たに登場していた「長崎中華そば」をいただきました。
a0036952_23502697.jpg

細めのストレート麺に、たぶんアゴ出汁のスッキリと旨みが感じられる醤油味で、今の私にはラーメンではこの手の味わいが一番。
a0036952_23504358.jpg

好みでニンニクの醤油漬け(これもいい感じ)を加えていただきます。
花の家はこの様な¥1,000いかないメニューから、下記の様なお昼から高級感のあるメニューまで選べるのがいいですね。

秋のメニュー2種は引き続き提供されていました。「特上秋天重」は「秋の味覚の王様・マツタケや丹波しめじ、海老に野菜と、山の幸・海の幸がふんだんに詰まった、秋の天重です。」という美味しくいただける一品。
「国産牛と秋茸のすき焼き定食」も美味しそう。
これらは12月からは冬のメニューに替わるかと。「特上秋天重」は「特上蟹天重」に変るのでは。「鍋焼きうどん」も登場するようです。

a0036952_22361162.jpg

スタミナフェアメニューとして登場した「和風ローストビーフ重」(ポテトサラダ、汁物付き)¥2,500も引き続き提供されています。
a0036952_2237352.jpg

a0036952_22365046.jpg

この時は散々シェヘラ等で飲んだ後だったので、味のコメントとかはできかねますが、美味しくいただいてきました。

季節メニューとしては春の特選メニューとして登場していた「海鮮重」も引き続き提供され定番メニュー化しているようです。
「長崎和牛 焼きしゃぶ御膳」「海鮮焼きしゃぶ御膳」も同様に定番化したようで引き続き提供されています。
a0036952_22322757.jpg

1月13日には「長崎和牛 焼きしゃぶ御膳」をいただきました。
a0036952_2233238.jpg

手前が長崎和牛バラで奥が長崎和牛ロース。いずれもかなり上質なお肉で、とても美味。それぞれ追加メニューとしても用意がありますので、シェアしていただくのも良いかも。

また、「スーパー太陽卵の牛とじ重」も引き続き提供されています。
「スーパー太陽卵の牛とじ重」は「Annevisary New,20 Menu(花の王国続編)メニュー」として登場していたもの。
a0036952_92385.jpg

 自然食で育てられた鶏の卵「スーパー太陽卵」でのとじ加減がとっても良くなかなかに美味しい一品。

花の家のカレー(時期によりメニューが入れ替わりますが)「絶品 角煮カレーセット」もなかなかのもの。

花の家のメニュー全体も、お手頃価格のものから、少し値は張りますが素敵な内容のものまで、ある程度幅広く用意されており、利用者に優しい設定な気がします。

吉翠亭料理長がかかわっておられる事もあり、花の家のメニューも向上・充実してきている印象があります。

スパ&カフェの企画も登場しています。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

○印が(今年)新(再)登場のもので、●印がマイナーチェンジ(内容・価格の変更)していたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-11-30 23:51 | ハーバータウン