カテゴリ:ホラータウン( 10 )

TFMレストラン

a0036952_21534568.jpg

今回は12年11月23日にリニューアルオープンしたTFMレストランの御紹介です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
  スリラー・ファンタジー・ミュージアムのほっとひと息つけるオアシス
 ホラーを意識した斬新な、あったかメニューを中心としたレストランが新登場!。
ドラキュラカレーなどの軽食やスープ、ソフトドリンク&アルコール各種メニューをご用意。
 店内ではホラーテイストの衣装を着たスタッフがお出迎えします!
夜にはスリラー・ファンタジー・ミュージアムのイルミネーションショーを席に座ったままご覧いただけます。
【場所】スリラー・ファンタジー・ミュージアム
    席数 店内 60席 テラス20席
【営業時間】 9:00~21:00
   ※金・土・祝前日は22:00まで
   ※11月23日23:00まで
 ※時期により変更があるかと思いますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンし、それに伴い10年7月17日にGMAレストランがオープン。「ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン」というコンセプトで、ホラードッグを中心としたレストランでした。
 この場所では、かつてオランダ料理のお店ハングリーフライヤー、マルチメディアカフェ・ハングリーフライヤー、ピノキオドゥエとお店が変遷した後、レストランからストリートオルガンの工房ピーレメントボウへと変わった後、前記のようにミュージアムスタッドそのものが閉鎖になってしまうといった、悲しい歴史があり、その後を受けたGMAレストランも12年10月末あたり、2年あまりでその歴史にピリオドを打つことになってしまいました。
 今回不死鳥の様に(ゾンビの様に?)甦ったTFMレストランに再び期待したいものと思います。
 店名のTFMは「スリラー・ファンタジー・ミュージアム」から来ているものと思われますが、このエリア自体「世界最大級のスリラー・ファンタジー・ミュージアムとして新しく生まれ変わる」との案内掲示がなされていました。「世界最大級」がどれほどのものかわかりませんが、楽しみにしていたいと思います。
a0036952_21561021.jpg

  ※11月22日撮影
a0036952_22171410.jpg

  ※11月23日撮影
 隣のMJワールドが現在リニューアル工事中で、こちらは12月29日にリニューアルオープン予定だとか。新アトラクションは、闇と3Dホラーサウンドの世界が楽しめるというもののようです。
a0036952_2157155.jpg

 TFMレストランですが、外観は店名以外特に変更はないようですね。
a0036952_21574034.jpg

a0036952_215836.jpg

 店内も基本的には同じで、GMAレストランのバーカウンターに、ドリンクバーとスープバーが設置されています。
a0036952_21584943.jpg

 内装、椅子・テーブルも同様。
 GMAの最後の頃にあったトリコのディスプレイはなくなり、中央にスノーマンやパンプキンマンが、
a0036952_2243070.jpg

a0036952_2245962.jpg

 店のコーナーには、バットマンとスーパーマンがディスプレイされています。

 オフィシャルサイトには「店内ではホラーテイストの衣装を着たスタッフがお出迎え」とありますが、この日はドラキュラの衣装で、女性スタッフはメイドさんの衣装でした。

 営業時間は、GMAレストランの時はハウステンボスの営業時間開始後1時間の10時からでしたが、TFMレストランはハウステンボスの営業開始時間と同時にオープンする事になり、その点ではより利用しやすくなっています。

以下は11月23日に利用した際の記録を元に記載しています。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-11-25 22:14 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回は10年7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。
※残念ながら12年10月末あたりをもってクローズになったようです。11月1日には営業しておらず「11月23日から新店舗(レストラン)がオープン予定」となっていました。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】日~木・祝日  10:00~21:00(ラストオーダー)
      金・土・祝前日 10:00~21:30
※時期により変更がありますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンし、それに伴ってオープンしたお店です。

a0036952_148672.jpg

 様々なアトラクション(評価はそれぞれかと思いますが)もあり、なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーで、贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。
a0036952_22481470.jpg

 このイルミネーションも7月16日にリニューアルし、ゴーストパニック、スリラーナイトなどの企画でも楽しませてくれています。

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。
 この価格帯のお店として、ハウステンボス内でもお気に入りのお店の1つです。
a0036952_741117.jpg

天気の良い日は開放的な空間に。スリラーファンタジーミュージアム内で流れるご機嫌なミュージックをBGMに楽しめます。
価格的にも、若い方がグループやカップルなどで利用するのに、ファミリーで利用するのに向いているような気がします。

 私はハウステンボスの帰りにホラードッグなどをテイクアウトすることが多いですね。ちょっとした手土産に、夜食や翌日の朝食等になかなかです。お試しあれ♪

 GMAって何の略なのかなァ。。と思っていましたが、GMAエンタープライズという会社(東京の芸能会社でGMAというゴルフ用品メーカーや
GMA8というゴルフ シミュレーションバーや飲食店などを関連会社として展開しているようですね)の関係のお店になるのでしょうか。
オープンの時は所属するタレントさんたちもお手伝いに来られていたようですね。お見かけしたような気も。
その際の事がブログにアップ(こちらこちら)されています。

下記メニューは3月25日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-03-27 23:17 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回は10年7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:00(ラストオーダー)
※H23.3.5以降は10:00~21:00で、土日は21:30まで。
※時期により変更がありますので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンし、それに伴ってオープンしたお店です。

a0036952_148672.jpg

 様々なアトラクション(評価はそれぞれかと思いますが)もあり、なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーで、贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。
a0036952_22481470.jpg

 このイルミネーションも7月16日にリニューアルし、ゴーストパニック、スリラーナイトなどの企画でも楽しませてくれています。

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。
 この価格帯のお店として、ハウステンボス内でもお気に入りのお店の1つです。
a0036952_741117.jpg

天気の良い日は開放的な空間に。スリラーファンタジーミュージアム内で流れるご機嫌なミュージックをBGMに楽しめます。
価格的にも、若い方がグループやカップルなどで利用するのに、ファミリーで利用するのに向いているような気がします。

 私はハウステンボスの帰りにホラードッグなどをテイクアウトすることが多いですね。ちょっとした手土産に、夜食や翌日の朝食等になかなかです。お試しあれ♪

下記メニューは2月26日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2012-03-02 22:22 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回は10年7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日1月30日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:00(ラストオーダー)
※H23.3.5以降は10:00~21:00で、土日は21:30まで。
※時期により変更がありますので、営業時間一覧・ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンし、それに伴ってオープンしたお店です。

a0036952_148672.jpg

 様々なアトラクション(評価はそれぞれかと思いますが)もあり、なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーで、贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。
a0036952_22481470.jpg

 このイルミネーションも7月16日にリニューアルし、ゴーストパニック、スリラーナイトなどの企画でも楽しませてくれています。

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。
 この価格帯のお店として、ハウステンボス内でもお気に入りのお店の1つです。
a0036952_741117.jpg

天気の良い日は開放的な空間に。スリラーファンタジーミュージアム内で流れるご機嫌なミュージックをBGMに楽しめます。
価格的にも、若い方がグループやカップルなどで利用するのに、ファミリーで利用するのに向いているような気がします。

 私はハウステンボスの帰りにホラードッグなどをテイクアウトすることが多いですね。ちょっとした手土産に、夜食や翌日の朝食等になかなかです。お試しあれ♪

下記メニューは12月23日に利用した際の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-12-25 22:51 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回は10年7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:00(ラストオーダー)
※H23.3.5以降は10:00~21:00で、土日は21:30まで。
※時期により変更がありますので、営業時間一覧・ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンしました!

a0036952_12333083.jpg

 ニュースタッドから向かい、左折してすぐに見えてくるのが。。。GMAレストランとその手前の角には九州初上陸となるフジテレビショップが。
a0036952_12355584.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアムはハウステンボスとフジテレビがタッグを組んだ、世界最大級のホラータウンとして誕生したもの。テレビ局と組む事でいろんな楽しみが。。。
a0036952_12401486.jpg

 湾岸署、ちびまる子ちゃん、サザエさん、めざましテレビ、とくダネ!、ペケ×ポン、ヘキサゴン、レッドカーペット、はねるのトびら、ドラゴンボール改やラフ君・ウメちゃんといった人気グッズが沢山♪オリジナルTシャツやプリクラも。
 お土産にとっても喜ばれましたョ。
a0036952_1258236.jpg

 MJ WORLD。マイケル・ジャクソンがとってもお気に入りだったというクリスタルドリームが生まれ変わったもので、マイケル・ジャクソンさんの遺品や未公開映像の上映や、クリスタルドリームの映像装置を使用した、臨場感のある映像でトリビュートショーなどが楽しめます。

a0036952_13363814.jpg

 「メロディ・イン・ザ・ダーク~オルヘルハウス」。旧オルゴールファンタジア。
「19世紀オランダ。二人のオルゴール職人による熾烈な闘いがあった・・・どちらのオルゴールの音色が美しいか?  100年を経た現代でも、二人はゴーストとなって決着を付けようと彷徨っている。ホラーハウスの中で、トリックアートやマジックショーが楽しめるバラエティ・エンターテイメント・アトラクション。」
 何度か楽しませてもらいましたが、一部内容が異なっており、それぞれに楽しめました。ただ「100年の争い・オルガンの音色の決着は?」という点でも、やや構想・設定を活かしきれていないような気もしないではなく、特にラストは直前でけっこう気分が盛り上がるだけにもう少し。。。ってな気も。
 12月に再度利用した際はオープン当初とは異なる部分もありました。どちらが良いかは・・?その後も何か変更があるかもしれませんね。

a0036952_13254124.jpg

 「ゴースト・ウェディング~カロヨンミュージアム~」。旧カロヨンシンフォニカです。
「中世のオランダ。王女に恋したカロヨン演奏者。二人は結ばれることなく悲しい結末を迎えた。数百年の時を超え、二人の為に幾多の試練を超えて観客が向かった先に待っていたのは、忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??恐怖と爆笑が交互に襲う?謎に包まれた超新感覚のホラーアトラクション!」とありますが、あまりホラー色は強くないような印象でした。ホラーの雰囲気はありますが、よほどの方でなければ、ホラーは苦手って方でも楽しめそうな気がします。「二人の為に幾多の試練を超えて」とあるように、いくつかの試練が用意されています。ある程度の人数まとまって案内されますので、積極的に試練にチャレンジした方がより楽しめそうな気がします。私は何度か楽しみましたが、一部の内容(試練)は異なっていました。この部分は時期によっても異なると考えられますので、繰り返し楽しめる?かも。
 それにしても「忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??」という表現は。。。笑ってしまいました。流石にフジテレビが関わったアトラクションですね。
 最近利用していないので、近くまた楽しんでみたいと思っています。

 旧アニメワールドで、以前はコムタチン・コムタチンの上映も行われていたところは、ホラータウンと言う事もあって、ゲゲゲの鬼太郎ランド・スプーキーホールとして楽しませてくれました。
a0036952_13152150.jpg

 時間によっては、ホール前で記念撮影のチャンスも。
a0036952_1317324.jpg

 館内は、上映以外は写真撮影可で、記念撮影のポイントとしても楽しめました。
 このスプーキーホールはH23年1月16日までで終了し、4月29日に新たなアトラクションが登場しました。5Dミラクルツアー。液晶モニター156台を使ったキューブ60インチシステム映像アトラクションで、世界初の感動映像アトラクション!とか。
a0036952_1547477.jpg

 ちなみに上は工事中の一コマ。裏手の壁面を綺麗に開口部を設けて工事がなされ、工事終了後は綺麗に元通りになっています。
a0036952_15464518.jpg

シアターでは約8分、美しい映像美の世界と浮遊感など新しい体験が楽しめるとか。現在はテストモニター期間中(料金も予定料金よりも安価に楽しめるようになっています)で、どうもまだ未完の状態のようで、いずれ”浮遊感”はより楽しめるものになるようです。
a0036952_7441696.jpg

4月29日から登場しているのは「人魚伝説-Sirena-」で、綺麗な映像なのですが、この手の映像アトラクションでは映像が綺麗なのは当たり前?な感じで、ハウステンボスにはキララがあるだけに、現時点では?な感じも。映像や完成度においてはキララが上で、楽しさという点では以前あったMEGA3Dの方が上というのが、現時点での私個人の感想で、もし行列が出来ていたならば長時間並んでまで楽しむほどのものでは現時点ではないような気がしています。8分という時間の制約もあってでしょうが「人魚伝説-Sirena-」の題材は中途半端な、消化不良な印象も。
よりハウステンボスらしい題材でもいいのかも。例えばカウントダウンなどのスペシャル花火なんかはいい題材ではないかと思ったりも。5Dで臨場感・迫力ある花火の映像は凄そうな気が。地上から見上げる像だけでなく、CGを駆使して空中から見る花火、花火が周囲で炸裂する中心部から5Dに見る花火なんてのも、どんな映像になるか。。。
あるいは、以前場内ホテル宿泊の際に楽しんでいたフラワーチャンネルの5Dバージョンなんてのもいいかも?四季折々美しいハウステンボスの様々な魅力を5Dで楽しめたら、違う季節にもまた来たい!そう思っていただけそうな気がします。
映像に改良を加え7月16日にグランドオープンし、秋頃にはまた違った映像作品が楽しめる予定のようで、期待して見守っていきたいと思います。

 スプーキーホールの前には当初占いのフォーチュン チェンバーがありました。ここは以前のシーボルト出島蘭館のまま楽しめ、その途中に占い師の方がおられるというスタイルでした。
a0036952_82933100.jpg

 こちらもH23年2月11日より日本の怪談屋敷にリニューアルしています。「四谷怪談」や「番町皿屋敷」、「耳なし芳一」など、古くから日本に伝承される代表的な怪談の世界を再現したというものですが、雰囲気があってなかなか楽しめます。2月11日以降も少し手直しされています。今後も内容が少し変わっていくかも。

a0036952_8295781.jpg

 天気の良い日はシーボルト出島蘭館で展示されていたものが、広場において展示されている事があります。記念撮影にいいかと。
 ハウステンボスは記念撮影に適したスポットがたくさん!ありますが、このエリアに様々な魅力が。
a0036952_01791.jpg

a0036952_054490.jpg

a0036952_06149.jpg

 クラシックカーが並び、古き良き時代の街並みといった感じで、雰囲気も良く絶好の撮影スポットかと。
a0036952_024866.jpg

 巨大なトリックアートがうまく街並みで活かされていますね。
a0036952_031882.jpg

 運河側にはのぞき穴が。それぞれの穴で内容が違いますので、お試しあれ♪
a0036952_743373.jpg

 広場中央には本日のイベント情報が掲示されています。イベントの時間や内容は時期により日により変更があるかと思いますので、利用の際に確認されてください。

a0036952_148672.jpg

 なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 そして、20:00~、20:30~、21:00~(時期・季節により時間は異なると思われます)の3回、約8分間楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーでした。贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。

 このイルミネーションも7月16日にリニューアルするとか。どのようなものになるか期待大!です。その前に現行バージョンももっと楽しみ名残を惜しんでおこうと思っています。


 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。

下記メニューは5月15日・19日、6月12日に利用した際の記録及び5月22日、6月2日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-06-14 07:47 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回は10年7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日4月30日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:00(ラストオーダー)
※H23.3.5以降は10:00~21:00で、土日は21:30まで。
※時期により変更がありますので、営業時間一覧・ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンしました!

a0036952_12333083.jpg

 ニュースタッドから向かい、左折してすぐに見えてきたのが。。。GMAレストランとその手前の角には九州初上陸となるフジテレビショップが。
a0036952_12355584.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアムはハウステンボスとフジテレビがタッグを組んだ、世界最大級のホラータウンとして誕生したもの。テレビ局と組む事でいろんな楽しみが。。。
a0036952_12401486.jpg

 湾岸署、ちびまる子ちゃん、サザエさん、めざましテレビ、とくダネ!、ペケ×ポン、ヘキサゴン、レッドカーペット、はねるのトびら、ドラゴンボール改やラフ君・ウメちゃんといった人気グッズが沢山♪オリジナルTシャツやプリクラも。
 お土産にとっても喜ばれましたョ。
a0036952_1258236.jpg

 MJ WORLD。マイケル・ジャクソンがとってもお気に入りだったというクリスタルドリームが生まれ変わったもので、マイケル・ジャクソンさんの遺品や未公開映像の上映などがあるとか。その展示スペースは無料で楽しめますが、オープン当初はラスベガスから来日したマイケル・ジャクソンさんのそっくりさんによるショー(約30分)も800円(とくとくチケット・ファミリエ会員は700円)で楽しめたとか。
現在は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)で、そっくりさんによるライブショー(スーパートリビュートショー)開催時間(所要時間15分)はオフィシャルサイトによると14:15、15:15、16:15、18:45、19:45の1日5回。時期により変更があるようですので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。

 旧アニメワールドで、以前はコムタチン・コムタチンの上映も行われていたところは、ホラータウンと言う事もあって、ゲゲゲの鬼太郎ランド・スプーキーホールとして楽しませてくれました。
a0036952_13152150.jpg

 時間によっては、ホール前で記念撮影のチャンスも。
a0036952_1317324.jpg

 館内は、上映以外は写真撮影可で、記念撮影のポイントとしても楽しめました。
 このスプーキーホールはH23年1月16日までで終了し、4月29日に新たなアトラクションが登場します。5Dミラクルツアー。液晶モニター156台を使ったキューブ60インチシステム映像アトラクションで、世界初の感動映像アトラクション!とか。
a0036952_15464518.jpg

シアターでは約8分、美しい映像美の世界と浮遊感など新しい体験が楽しめるとか。4月29日から登場するのは「人魚伝説-Sirena-」で、秋頃にはまた違った映像作品が楽しめる予定のようです。
a0036952_1547477.jpg

 ちなみに上は工事中の一コマ。裏手の壁面を綺麗に開口部を設けて工事がなされ、工事終了後は元通りになっているようです。

 スプーキーホールの前には占いのフォーチュン チェンバーが。ここは以前のシーボルト出島蘭館のまま楽しめ、その途中に占い師の方がおられるというスタイルでした。
a0036952_82933100.jpg

 こちらもH23年2月11日より日本の怪談屋敷にリニューアルしています。「四谷怪談」や「番町皿屋敷」、「耳なし芳一」など、古くから日本に伝承される代表的な怪談の世界を再現したというものですが、雰囲気があってなかなか楽しめます。2月11日以降も少し手直しされています。今後も内容が少し変わっていく予定のようです。
a0036952_8295781.jpg

 天気の良い日はシーボルト出島蘭館で展示されていたものが、広場において展示されている事があります。記念撮影にいいかと。

a0036952_13254124.jpg

 「ゴースト・ウェディング~カロヨンミュージアム~」。旧カロヨンシンフォニカです。
「中世のオランダ。王女に恋したカロヨン演奏者。二人は結ばれることなく悲しい結末を迎えた。数百年の時を超え、二人の為に幾多の試練を超えて観客が向かった先に待っていたのは、忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??恐怖と爆笑が交互に襲う?謎に包まれた超新感覚のホラーアトラクション!」とありますが、あまりホラー色は強くないような印象でした。ホラーの雰囲気はありますが、よほどの方でなければ、ホラーは苦手って方でも楽しめそうな気がします。「二人の為に幾多の試練を超えて」とあるように、いくつかの試練が用意されています。ある程度の人数まとまって案内されますので、積極的に試練にチャレンジした方がより楽しめそうな気がします。私は19日に2回楽しみましたが、一部の内容(試練)は異なっていました。この部分は時期によっても異なると考えられますので、繰り返し楽しめる?かも。
 それにしても「忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??」という表現は。。。笑ってしまいました。流石にフジテレビが関わったアトラクションですね。
a0036952_13363814.jpg

 「メロディ・イン・ザ・ダーク~オルヘルハウス」。旧オルゴールファンタジア。
「19世紀オランダ。二人のオルゴール職人による熾烈な闘いがあった・・・どちらのオルゴールの音色が美しいか?  100年を経た現代でも、二人はゴーストとなって決着を付けようと彷徨っている。ホラーハウスの中で、トリックアートやマジックショーが楽しめるバラエティ・エンターテイメント・アトラクション。」
 これも7月に2度か楽しんでみましたが、一部内容が異なっており、それぞれに楽しめました。12月に再度利用した際はオープン当初とは異なる部分もありました。どちらが良いかは・・?
「100年の争い・オルガンの音色の決着は?」という点でも、やや構想・設定を活かしきれていないような気もしないではなく、特にラストは直前でけっこう気分が盛り上がるだけにもう少し。。。ってな気も。

 以上の感想は以前利用した際のもので、その後変化があるかもしれませんので。

 いずれもなかなかに楽しめました。当初予想していたようなホラータウンとはちょっと違いましたが、懸念している人も少なからずおられたと思いますが、ハウステンボスらしさを損なうことのないものになっていると思います。

 広場中央には本日のイベント情報が掲示されています。イベントの時間や内容は時期により日により変更があるかと思いますので、利用の際に確認されてください。

a0036952_148672.jpg

 なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 そして、20:00~、20:30~、21:00~(時期・季節により時間は異なると思われます)の3回、約8分間楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーでした。贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。

 アトラクションの内容もオープン当初とは少しずつ変化を加えてあるようですが、スリラー・ファンタジー・ミュージアム(ホラータウン)も冬バージョンでは、新しい仕掛けが登場していました。
a0036952_23514430.jpg

a0036952_05213.jpg

 ホラータウン入口には門が設置されています。写真はニュースタッド側。
a0036952_2353522.jpg

 ホラータウン内には、記念撮影スポットも。被り物も用意されています。4月24日にはこのお隣にも新たなものが。
a0036952_23534794.jpg

 広場中央には冬バージョンで雪だるまが。
a0036952_23563580.jpg

a0036952_23581813.jpg

 裏表で表情が違っています。
a0036952_2356170.jpg

 ちなみに秋はハロウィンバージョンでした。
a0036952_23571359.jpg

 屋根の上に何やら。。。
a0036952_23574939.jpg

 バッドマンでした!他にも。。。
a0036952_2359113.jpg

a0036952_23591738.jpg

 まだこの他にもありますので、是非チェックされてみて下さい。
a0036952_001122.jpg

 こちらはビネンスタッド側の入り口で、こちらにも門が。そして・・・
a0036952_01791.jpg

a0036952_054490.jpg

a0036952_06149.jpg

 クラシックカーが並び、古き良き時代の街並みといった感じで、雰囲気も良く絶好の撮影スポットかと。
a0036952_024866.jpg

 巨大なトリックアートがうまく街並みで活かされていますね。
a0036952_031882.jpg

 運河側にはのぞき穴が。それぞれの穴で内容が違いますので、お試しあれ♪
a0036952_15502910.jpg

 4月24日はまた少しお色直しがされていました。バットマンも引っ越しして
a0036952_15504679.jpg

 騎士象も。

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。

下記メニューは3月27日、4月3日・24日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-04-28 15:54 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回は10年7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:00(ラストオーダー)
※H23.3.5以降は10:00~21:00で、土日は21:30まで。
※時期により変更がありますので、営業時間一覧・ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンしました!

 7月17日~19日はオープニングイベントが行われた事もあって、リニューアルオープンを待ちかねた人々でとても賑わったようです。私も18日・19日に楽しんできました。
a0036952_12283837.jpg

 ニュースタッドからクリスタル橋を渡ってスリラー・ファンタジー・ミュージアムへと向かうと、案内の看板が。
a0036952_12333083.jpg

 左折してすぐに見えてきたのが。。。GMAレストランとその手前の角には九州初上陸となるフジテレビショップが。
a0036952_12355584.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアムはハウステンボスとフジテレビがタッグを組んだ、世界最大級のホラータウンとして誕生したもの。テレビ局と組む事でいろんな楽しみが。。。
a0036952_12401486.jpg

 湾岸署、ちびまる子ちゃん、サザエさん、めざましテレビ、とくダネ!、ペケ×ポン、ヘキサゴン、レッドカーペット、はねるのトびら、ドラゴンボール改やラフ君・ウメちゃんといった人気グッズが沢山♪オリジナルTシャツやプリクラも。
 お土産にとっても喜ばれましたョ。
a0036952_1258236.jpg

 MJ WORLD。マイケル・ジャクソンがとってもお気に入りだったというクリスタルドリームが生まれ変わったもので、マイケル・ジャクソンさんの遺品や未公開映像の上映などがあるとか。その展示スペースは無料で楽しめますが、オープン当初はラスベガスから来日したマイケル・ジャクソンさんのそっくりさんによるショー(約30分)も800円(とくとくチケット・ファミリエ会員は700円)で楽しめたとか。
現在は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)で、そっくりさんによるライブショー(スーパートリビュートショー)開催時間(所要時間15分)はオフィシャルサイトによると14:15、15:15、16:15、18:45、19:45の1日5回。時期により変更があるようですので、オフィシャルサイト等でご確認下さい。

 旧アニメワールドで、以前はコムタチン・コムタチンの上映も行われていたところは、ホラータウンと言う事もあって、ゲゲゲの鬼太郎ランド・スプーキーホールとして楽しませてくれました。
a0036952_13152150.jpg

 時間によっては、ホール前で記念撮影のチャンスも。
a0036952_1317324.jpg

 館内は、上映以外は写真撮影可で、記念撮影のポイントとしても楽しめました。
a0036952_1321452.jpg

 ゲゲゲの鬼太郎の名シーンの再現もされていますが、旧アニメワールドの雰囲気も残っていて懐かしさも。アニメもけっこう楽しめました。アニメは時期により異なるものが上映されていました。
このスプーキーホールはH23年1月16日までで終了しています。4月29日に新たなアトラクションが登場予定のようです。世界初の感動映像アトラクション!とか。楽しみですね。

 スプーキーホールの前には占いのフォーチュン チェンバーが。ここは以前のシーボルト出島蘭館のまま楽しめ、その途中に占い師の方がおられるというスタイルでした。
a0036952_82933100.jpg

 こちらもH23年2月11日より日本の怪談屋敷にリニューアルしています。「四谷怪談」や「番町皿屋敷」、「耳なし芳一」など、古くから日本に伝承される代表的な怪談の世界を再現したというものですが、雰囲気があってなかなか楽しめます。2月11日以降も少し手直しされています。今後も内容が少し変わっていく予定のようです。
a0036952_8295781.jpg

 天気の良い日はシーボルト出島蘭館で展示されていたものが、広場において展示されている事があります。記念撮影にいいかと。

a0036952_13254124.jpg

 「ゴースト・ウェディング~カロヨンミュージアム~」。旧カロヨンシンフォニカです。
「中世のオランダ。王女に恋したカロヨン演奏者。二人は結ばれることなく悲しい結末を迎えた。数百年の時を超え、二人の為に幾多の試練を超えて観客が向かった先に待っていたのは、忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??恐怖と爆笑が交互に襲う?謎に包まれた超新感覚のホラーアトラクション!」とありますが、あまりホラー色は強くないような印象でした。ホラーの雰囲気はありますが、よほどの方でなければ、ホラーは苦手って方でも楽しめそうな気がします。「二人の為に幾多の試練を超えて」とあるように、いくつかの試練が用意されています。ある程度の人数まとまって案内されますので、積極的に試練にチャレンジした方がより楽しめそうな気がします。私は19日に2回楽しみましたが、一部の内容(試練)は異なっていました。この部分は時期によっても異なると考えられますので、繰り返し楽しめる?かも。
 それにしても「忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??」という表現は。。。笑ってしまいました。流石にフジテレビが関わったアトラクションですね。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
a0036952_13363814.jpg

 「メロディ・イン・ザ・ダーク~オルヘルハウス」。旧オルゴールファンタジア。
「19世紀オランダ。二人のオルゴール職人による熾烈な闘いがあった・・・どちらのオルゴールの音色が美しいか?  100年を経た現代でも、二人はゴーストとなって決着を付けようと彷徨っている。ホラーハウスの中で、トリックアートやマジックショーが楽しめるバラエティ・エンターテイメント・アトラクション。」
 これも7月に2度か楽しんでみましたが、一部内容が異なっており、それぞれに楽しめました。12月に再度利用した際はオープン当初とは異なる部分もありました。どちらが良いかは・・?
「100年の争い・オルガンの音色の決着は?」という点でも、やや構想・設定を活かしきれていないような気もしないではなく、特にラストは直前でけっこう気分が盛り上がるだけにもう少し。。。ってな気も。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)

 いずれもなかなかに楽しめました。当初予想していたようなホラータウンとはちょっと違いましたが、懸念している人も少なからずおられたと思いますが、ハウステンボスらしさを損なうことのないものになっていると思いますし、7月の印象ではフジテレビが関わるってこんな事なんだと感心する事も。

 広場中央には本日のイベント情報が掲示されています。イベントの時間や内容は時期により日により変更があるかと思いますので、利用の際に確認されてください。

a0036952_148672.jpg

 なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 そして、20:00~、20:30~、21:00~(時期・季節により時間は異なると思われます)の3回、約8分間楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーでした。贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。

 アトラクションの内容もオープン当初とは少しずつ変化を加えてあるようですが、スリラー・ファンタジー・ミュージアム(ホラータウン)も冬バージョンとなり、新しい仕掛けが登場しています。
a0036952_23514430.jpg

a0036952_05213.jpg

 ホラータウン入口には門が設置されています。写真はニュースタッド側。
a0036952_2353522.jpg

 ホラータウン内には、記念撮影スポットも。被り物も用意されています。
a0036952_23534794.jpg

 広場中央には冬バージョンで雪だるまが。
a0036952_23563580.jpg

a0036952_23581813.jpg

 裏表で表情が違っています。
a0036952_2356170.jpg

 ちなみに秋はハロウィンバージョンでした。
a0036952_23571359.jpg

 屋根の上に何やら。。。
a0036952_23574939.jpg

 バッドマンでした!他にも。。。
a0036952_2359113.jpg

a0036952_23591738.jpg

 まだこの他にもありますので、是非チェックされてみて下さい。
a0036952_001122.jpg

 こちらはビネンスタッド側の入り口で、こちらにも門が。そして・・・
a0036952_01791.jpg

a0036952_054490.jpg

a0036952_06149.jpg

 クラシックカーが並び、古き良き時代の街並みといった感じで、雰囲気も良く絶好の撮影スポットかと。
a0036952_024866.jpg

 巨大なトリックアートがうまく街並みで活かされていますね。
a0036952_031882.jpg

 運河側にはのぞき穴が。それぞれの穴で内容が違いますので、お試しあれ♪

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。

下記メニューは3月3日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2011-03-06 08:33 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回はこの7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日2月21日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:30(ラストオーダー)
※時期により変更があると思われますので、営業時間一覧・ハウステンボスニュース等でご確認下さい。
H23.1.11以降は10:00~21:00で、土日は21:30まで

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりに10年7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンしました!

 7月17日~19日はオープニングイベントが行われた事もあって、リニューアルオープンを待ちかねた人々でとても賑わったようです。私も18日・19日に楽しんできました。
a0036952_12283837.jpg

 ニュースタッドからクリスタル橋を渡ってスリラー・ファンタジー・ミュージアムへと向かうと、案内の看板が。
a0036952_12333083.jpg

 左折してすぐに見えてきたのが。。。GMAレストランとその手前の角には九州初上陸となるフジテレビショップが。
a0036952_12355584.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアムはハウステンボスとフジテレビがタッグを組んだ、世界最大級のホラータウンとして誕生したもの。テレビ局と組む事でいろんな楽しみが。。。
a0036952_12401486.jpg

 湾岸署、ちびまる子ちゃん、サザエさん、めざましテレビ、とくダネ!、ペケ×ポン、ヘキサゴン、レッドカーペット、はねるのトびら、ドラゴンボール改やラフ君・ウメちゃんといった人気グッズが沢山♪オリジナルTシャツやプリクラも。
 お土産にとっても喜ばれましたョ。
a0036952_1258236.jpg

 MJ WORLD。マイケル・ジャクソンがとってもお気に入りだったというクリスタルドリームが生まれ変わったもので、マイケル・ジャクソンさんの遺品や未公開映像の上映などがあるとか。その展示スペースは無料で楽しめますが、ラスベガスから来日したマイケル・ジャクソンさんのそっくりさんによるショー(約30分)も800円(とくとくチケット・ファミリエ会員は700円)で楽しめたとか。
現在は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)で、そっくりさんによるライブショー(スーパートリビュートショー)開催時間(所要時間15分)はオフィシャルサイトによると11:00、13:00、15:00、16:00、18:00、19:00の1日6回。
a0036952_1323714.jpg

 当初はMJ WORLDの入り口左手に券売機があり、ゴーストウェディングとメロディ・イン・ザ・ダークのチケットを販売(MJ WORLDやスプーキーホールのチケットはそれぞれの館内で販売)していましたが、現在はそれぞれの館内での販売に変わっています。

 スプーキーホール注:H23年1月16日までで終了しています。新たなアトラクションが登場予定のようです。)は旧アニメワールドで、以前はコムタチン・コムタチンの上映も行われていたところ。ホラータウンと言う事もあって、ゲゲゲの鬼太郎ランドに。
a0036952_13152150.jpg

 時間によっては、ホール前で記念撮影のチャンスも。
a0036952_1317324.jpg

 館内は、上映以外は写真撮影可で、記念撮影のポイントとしても楽しめます。
a0036952_1321452.jpg

 ゲゲゲの鬼太郎の名シーンの再現もされていますが、旧アニメワールドの雰囲気も残っていて懐かしさも。アニメもけっこう楽しめました。アニメは時期により異なるものが上映されているようです。料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
 スプーキーホールの前には占いのフォーチュン チェンバーも。ここは以前のシーボルト出島蘭館のまま楽しめ、その途中に占い師の方がおられるというスタイル。
 ※H23年2月11日より日本の怪談屋敷にリニューアルしています。

a0036952_13254124.jpg

 「ゴースト・ウェディング~カロヨンミュージアム~」。旧カロヨンシンフォニカです。
「中世のオランダ。王女に恋したカロヨン演奏者。二人は結ばれることなく悲しい結末を迎えた。数百年の時を超え、二人の為に幾多の試練を超えて観客が向かった先に待っていたのは、忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??恐怖と爆笑が交互に襲う?謎に包まれた超新感覚のホラーアトラクション!」とありますが、あまりホラー色は強くないような印象でした。ホラーの雰囲気はありますが、よほどの方でなければ、ホラーは苦手って方でも楽しめそうな気がします。「二人の為に幾多の試練を超えて」とあるように、いくつかの試練が用意されています。ある程度の人数まとまって案内されますので、積極的に試練にチャレンジした方がより楽しめそうな気がします。私は19日に2回楽しみましたが、一部の内容(試練)は異なっていました。この部分は時期によっても異なると考えられますので、繰り返し楽しめる?かも。
 それにしても「忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??」という表現は。。。笑ってしまいました。流石にフジテレビが関わったアトラクションですね。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
a0036952_13363814.jpg

 「メロディ・イン・ザ・ダーク~オルヘルハウス」。旧オルゴールファンタジア。
「19世紀オランダ。二人のオルゴール職人による熾烈な闘いがあった・・・どちらのオルゴールの音色が美しいか?  100年を経た現代でも、二人はゴーストとなって決着を付けようと彷徨っている。ホラーハウスの中で、トリックアートやマジックショーが楽しめるバラエティ・エンターテイメント・アトラクション。」
 これも7月に2度か楽しんでみましたが、一部内容が異なっており、それぞれに楽しめました。12月に再度利用した際はオープン当初とは異なる部分もありました。どちらが良いかは・・?
「100年の争い・オルガンの音色の決着は?」という点でも、やや構想・設定を活かしきれていないような気もしないではなく、特にラストは直前でけっこう気分が盛り上がるだけにもう少し。。。ってな気も。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)

 いずれもなかなかに楽しめました。当初予想していたようなホラータウンとはちょっと違いましたが、懸念している人も少なからずおられたと思いますが、ハウステンボスらしさを損なうことのないものになっていると思いますし、7月の印象ではフジテレビが関わるってこんな事なんだと感心する事も。

 広場中央には本日のイベント情報が掲示されています。
9月9日は、下記イルミネーションショーが、18:00~、18:30~、19:00~、19:30~、20:00~、20:30~、21:00~。
 その他、ゴーストパニックが、11:30~、17:00~。これはゴーストのキャラクターイベントのようで、ピクチャーサービス&パフォーマンスといった内容のようです。約10分間で雨天中止。
 また、MJワールドでのマイケルそっくりさんによるスペシャルトリビュートショーは、14:00~、15:00~、18:15~、19:15~、20:15~とありました。
 これらの時間や内容は時期により日により変更があるかと思いますので、利用の際に確認されてください。

a0036952_148672.jpg

 なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 そして、20:00~、20:30~、21:00~(時期・季節により時間は異なると思われます)の3回、約8分間楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーでした。贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。

 アトラクションの内容もオープン当初とは少しずつ変化を加えてあるようですが、スリラー・ファンタジー・ミュージアム(ホラータウン)も冬バージョンとなり、新しい仕掛けが登場しています。
a0036952_23514430.jpg

a0036952_05213.jpg

 ホラータウン入口には門が設置されています。写真はニュースタッド側。
a0036952_2353522.jpg

 ホラータウン内には、記念撮影スポットも。被り物も用意されています。
a0036952_23534794.jpg

 広場中央には冬バージョンで雪だるまが。
a0036952_23563580.jpg

a0036952_23581813.jpg

 裏表で表情が違っています。
a0036952_2356170.jpg

 ちなみに秋はハロウィンバージョンでした。
a0036952_23571359.jpg

 屋根の上に何やら。。。
a0036952_23574939.jpg

 バッドマンでした!他にも。。。
a0036952_2359113.jpg

a0036952_23591738.jpg

 まだこの他にもありますので、是非チェックされてみて下さい。
a0036952_001122.jpg

 こちらはビネンスタッド側の入り口で、こちらにも門が。そして・・・
a0036952_01791.jpg

a0036952_054490.jpg

a0036952_06149.jpg

 クラシックカーが並び、古き良き時代の街並みといった感じで、雰囲気も良く絶好の撮影スポットかと。
a0036952_024866.jpg

 巨大なトリックアートがうまく街並みで活かされていますね。
a0036952_031882.jpg

 運河側にはのぞき穴が。それぞれの穴で内容が違いますので、お試しあれ♪

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。

下記メニューは11月18日・12月2日・9日及び12月30日の記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-12-31 00:08 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回はこの7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日8月30日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:30(ラストオーダー)
※時期により変更があると思われますので、営業時間一覧・ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりにこの7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンしました!

 7月17日~19日はオープニングイベントが行われた事もあって、リニューアルオープンを待ちかねた人々でとても賑わったようです。私も18日・19日に楽しんできました。
a0036952_12283837.jpg

 ニュースタッドからクリスタル橋を渡ってスリラー・ファンタジー・ミュージアムへと向かうと、案内の看板が。
a0036952_12333083.jpg

 左折してすぐに見えてきたのが。。。GMAレストランとその手前の角には九州初上陸となるフジテレビショップが。
a0036952_12355584.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアムはハウステンボスとフジテレビがタッグを組んだ、世界最大級のホラータウンとして誕生したもの。テレビ局と組む事でいろんな楽しみが。。。
a0036952_12401486.jpg

 湾岸署、ちびまる子ちゃん、サザエさん、めざましテレビ、とくダネ!、ペケ×ポン、ヘキサゴン、レッドカーペット、はねるのトびら、ドラゴンボール改やラフ君・ウメちゃんといった人気グッズが沢山♪オリジナルTシャツやプリクラも。
 お土産にとっても喜ばれましたョ。
a0036952_1258236.jpg

 MJ WORLD。マイケル・ジャクソンがとってもお気に入りだったというクリスタルドリームが生まれ変わったもので、マイケル・ジャクソンさんの遺品や未公開映像の上映などがあるとか。その展示スペースは無料で楽しめますが、ラスベガスから来日したマイケル・ジャクソンさんのそっくりさんによるショー(約30分)も800円(とくとくチケット・ファミリエ会員は700円)で楽しめたとか。
現在は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)で、そっくりさんによるライブショー(スーパートリビュートショー)開催時間(所要時間15分)はオフィシャルサイトによると11:00、13:00、15:00、16:00、18:00、19:00の1日6回。
a0036952_1323714.jpg

 MJ WORLDの入り口左手に券売機がありますが、これはゴーストウェディングとメロディ・イン・ザ・ダークのチケットを販売しているもの。MJ WORLDやスプーキーホールのチケットはそれぞれの館内で販売していましたので、ご注意。
 オープン当初よりも案内板の追加によりわかりやすくなっていますね。

 スプーキーホールは旧アニメワールドで、以前はコムタチン・コムタチンの上映も行われていたところ。ホラータウンと言う事もあって、ゲゲゲの鬼太郎ランドに。
a0036952_13152150.jpg

 時間によっては、ホール前で記念撮影のチャンスも。
a0036952_1317324.jpg

 館内は、上映以外は写真撮影可で、記念撮影のポイントとしても楽しめます。
a0036952_1321452.jpg

 ゲゲゲの鬼太郎の名シーンの再現もされていますが、旧アニメワールドの雰囲気も残っていて懐かしさも。アニメもけっこう楽しめました。料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
 スプーキーホールの前には占いのフォーチュン チェンバーも。ここは以前のシーボルト出島蘭館のまま楽しめ、その途中に占い師の方がおられるというスタイル。

a0036952_13254124.jpg

 「ゴースト・ウェディング~カロヨンミュージアム~」。旧カロヨンシンフォニカです。
「中世のオランダ。王女に恋したカロヨン演奏者。二人は結ばれることなく悲しい結末を迎えた。数百年の時を超え、二人の為に幾多の試練を超えて観客が向かった先に待っていたのは、忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??恐怖と爆笑が交互に襲う?謎に包まれた超新感覚のホラーアトラクション!」とありますが、あまりホラー色は強くないような印象でした。ホラーの雰囲気はありますが、よほどの方でなければ、ホラーは苦手って方でも楽しめそうな気がします。「二人の為に幾多の試練を超えて」とあるように、いくつかの試練が用意されています。ある程度の人数まとまって案内されますので、積極的に試練にチャレンジした方がより楽しめそうな気がします。私は19日に2回楽しみましたが、一部の内容(試練)は異なっていました。この部分は時期によっても異なると考えられますので、繰り返し楽しめる?かも。
 それにしても「忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??」という表現は。。。笑ってしまいました。流石にフジテレビが関わったアトラクションですね。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
a0036952_13363814.jpg

 「メロディ・イン・ザ・ダーク~オルヘルハウス」。旧オルゴールファンタジア。
「19世紀オランダ。二人のオルゴール職人による熾烈な闘いがあった・・・どちらのオルゴールの音色が美しいか?  100年を経た現代でも、二人はゴーストとなって決着を付けようと彷徨っている。ホラーハウスの中で、トリックアートやマジックショーが楽しめるバラエティ・エンターテイメント・アトラクション。」
 これも2度楽しんでみましたが、一部内容が異なっており、それぞれに楽しめました。二人のオルゴール職人のゴーストのキャラはそういう意味だったんだ(モデルが・・・)と感心した面もありますが、最初の案内部分にしか登場しないゴーストもいて、ちょっともったいない気も。「100年の争い・オルガンの音色の決着は?」という点でも、やや構想・設定を活かしきれていないような気もしないではなく、特にラストは直前でけっこう気分が盛り上がるだけにもう少し。。。ってな気も。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)

 いずれもなかなかに楽しめました。当初予想していたようなホラータウンとはちょっと違いましたが、懸念している人も少なからずおられたと思いますが、ハウステンボスらしさを損なうことのないものになっていると思いますし、フジテレビが関わるってこんな事なんだと感心する事も。
a0036952_13553452.jpg

 特設ステージも用意されており、オープニングイベントが行われました。私は生バンドステージショーを楽しみましたが、松村邦洋さんやモト冬樹さんやものまねの方など素敵に楽しませてくれましたが、バンド演奏もキャラバンなど素敵で、進行役も務められた美土里りんごさんも持ち歌の他アニメソングを素敵に聴かせて下さり、明るいキャラクターとあわせて魅力的でした。
 これからも、折に触れ、素敵なイベントを行って欲しいものです。

 現在、広場中央に本日のイベント情報が掲示されています。
8月13日・15日・26日は、下記イルミネーションショーが、19:30~、20:00~、20:30~、21:00~、21:30~。
a0036952_23184452.jpg

 その他、ゴーストのピクチャーサービス(キャラクター・イベント)も時折行われているようですね。
8月13日は、13:00~13:20、14:00~14:20、16:00~16:20、17:00~17:20、18:00~18:20、19:40~19:55、20:10~20:25、20:40~20:55、21:10~21:25(雨天・荒天中止)と案内表示を見かけました。
a0036952_2319825.jpg

 現在納涼足水も登場しています。

a0036952_148672.jpg

 なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 そして、20:00~、20:30~、21:00~(時期・季節により時間は異なると思われます)の3回、約8分間楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーでした。贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。

下記メニューは8月26日に記録したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-08-27 23:24 | ホラータウン

GMAレストラン

a0036952_1227236.jpg

今回はこの7月17日にオープンした、新生ハウステンボスの目玉企画の1つ、スリラー・ファンタジー・ミュージアムにあるレストラン、GMAレストランの御紹介です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
ホラーを意識した斬新なメニューのレストラン。
ファーストフードとソフトドリンク&アルコールの各種メニューで展開。リーズナブルに飲食ができます。
日没以降は雰囲気も大人のスポットへ大変身!おすすめメニューは「ホラードック」。ソースは数種類から選べます。
【営業時間】10:00~21:30(ラストオーダー)・22:00
※時期により変更があると思われますので、営業時間一覧・ハウステンボスニュース等でご確認下さい。

 09年6月末をもって閉鎖されていた旧ミュージアムスタッドが、約1年ぶりにこの7月17日にスリラー・ファンタジー・ミュージアムとしてリニューアルオープンしました!

 7月17日~19日はオープニングイベントが行われた事もあって、リニューアルオープンを待ちかねた人々でとても賑わったようです。私も18日・19日に楽しんできました。
a0036952_12283837.jpg

 ニュースタッドからクリスタル橋を渡ってスリラー・ファンタジー・ミュージアムへと向かうと、案内の看板が。
a0036952_12333083.jpg

 左折してすぐに見えてきたのが。。。GMAレストランとその手前の角には九州初上陸となるフジテレビショップが。
a0036952_12355584.jpg

 スリラー・ファンタジー・ミュージアムはハウステンボスとフジテレビがタッグを組んだ、世界最大級のホラータウンとして誕生したもの。テレビ局と組む事でいろんな楽しみが。。。
a0036952_12401486.jpg

 湾岸署、ちびまる子ちゃん、サザエさん、めざましテレビ、とくダネ!、ペケ×ポン、ヘキサゴン、レッドカーペット、はねるのトびら、ドラゴンボール改やラフ君・ウメちゃんといった人気グッズが沢山♪オリジナルTシャツやプリクラも。
 お土産にとっても喜ばれましたョ。
a0036952_1258236.jpg

 MJ WORLD。マイケル・ジャクソンがとってもお気に入りだったというクリスタルドリームが生まれ変わったもので、マイケル・ジャクソンさんの遺品や未公開映像の上映などがあるとか。その展示スペースは無料で楽しめますが、ラスベガスから来日したマイケル・ジャクソンさんのそっくりさんによるショー(約30分)も800円(とくとくチケット・ファミリエ会員は700円)で楽しめるようです。私は今回まだ楽しんでいませんが、なかなかのものらしいですね。
a0036952_1323714.jpg

 MJ WORLDの入り口左手に券売機がありますが、これはゴーストウェディングとメロディ・イン・ザ・ダークのチケットを販売しているもの。MJ WORLDやスプーキーホールのチケットはそれぞれの館内で販売していましたので、ご注意。ちょっとわかり難い?かも。

 スプーキーホールは旧アニメワールドで、以前はコムタチン・コムタチンの上映も行われていたところ。ホラータウンと言う事もあって、ゲゲゲの鬼太郎ランドに。
a0036952_13152150.jpg

 時間によっては、ホール前で記念撮影のチャンスも。
a0036952_1317324.jpg

 館内は、上映以外は写真撮影可で、記念撮影のポイントとしても楽しめます。
a0036952_1321452.jpg

 ゲゲゲの鬼太郎の名シーンの再現もされていますが、旧アニメワールドの雰囲気も残っていて懐かしさも。アニメもけっこう楽しめました。料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
 スプーキーホールの前には占いのフォーチュン チェンバーも。

a0036952_13254124.jpg

 「ゴースト・ウェディング~カロヨンミュージアム~」。旧カロヨンシンフォニカです。「中世のオランダ。王女に恋したカロヨン演奏者。二人は結ばれることなく悲しい結末を迎えた。数百年の時を超え、二人の為に幾多の試練を超えて観客が向かった先に待っていたのは、忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??恐怖と爆笑が交互に襲う?謎に包まれた超新感覚のホラーアトラクション!」とありますが、あまりホラー色は強くないような印象でした。ホラーの雰囲気はありますが、よほどの方でなければ、ホラーは苦手って方でも楽しめそうな気がします。「二人の為に幾多の試練を超えて」とあるように、いくつかの試練が用意されています。ある程度の人数まとまって案内されますので、積極的に試練にチャレンジした方がより楽しめそうな気がします。私は19日に2回楽しみましたが、一部の内容(試練)は異なっていました。この部分は時期によっても異なると考えられますので、繰り返し楽しめる?かも。
 それにしても「忘れ去られた悲しいゴースト芸人の一発芸だった??」という表現は。。。笑ってしまいました。流石にフジテレビが関わったアトラクションですね。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)
a0036952_13363814.jpg

 「メロディ・イン・ザ・ダーク~オルヘルハウス」。旧オルゴールファンタジア。「19世紀オランダ。二人のオルゴール職人による熾烈な闘いがあった・・・どちらのオルゴールの音色が美しいか?  100年を経た現代でも、二人はゴーストとなって決着を付けようと彷徨っている。ホラーハウスの中で、トリックアートやマジックショーが楽しめるバラエティ・エンターテイメント・アトラクション。」
 これも2度楽しんでみましたが、一部内容が異なっており、それぞれに楽しめました。二人のオルゴール職人のゴーストのキャラはそういう意味だったんだ(モデルが・・・)と感心した面もありますが、最初の案内部分にしか登場しないゴーストもいて、ちょっともったいない気も。「100年の争い・オルガンの音色の決着は?」という点でも、やや構想・設定を活かしきれていないような気もしないではなく、特にラストは直前でけっこう気分が盛り上がるだけにもう少し。。。ってな気も。
 料金は500円(とくとくチケット・ファミリエ会員は400円)

 いずれもなかなかに楽しめました。当初予想していたようなホラータウンとはちょっと違いましたが、懸念している人も少なからずおられたと思いますが、ハウステンボスらしさを損なうことのないものになっていると思いますし、フジテレビが関わるってこんな事なんだと感心する事も。
a0036952_13553452.jpg

 特設ステージも用意されており、オープニングイベントが行われました。私は生バンドステージショーを楽しみましたが、松村邦洋さんやモト冬樹さんやものまねの方など素敵に楽しませてくれましたが、バンド演奏もキャラバンなど素敵で、進行役も務められた美土里りんごさんも持ち歌の他アニメソングを素敵に聴かせて下さり、明るいキャラクターとあわせて魅力的でした。
 これからも、折に触れ、素敵なイベントを行って欲しいものです。
a0036952_148672.jpg

 なかなか楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアムですが、特筆ものは夜のイルミネーションでしょう。
a0036952_1483322.jpg

a0036952_148516.jpg

 そして、20:00~、20:30~、21:00~(時期・季節により時間は異なると思われます)の3回、約8分間楽しめるスリラー・ファンタジー・ミュージアム&スリラー・ファンタジー・ミュージアム・イルミネーション・ショーは私的には必見!
a0036952_1413326.jpg

a0036952_14135192.jpg

 素敵なイルミネーション・ショーでした。贅沢な悩みですが、アレキサンダー広場やムーンシャワーでも素敵なイベントやショー、ライブ等が行われており、どれを楽しむか迷うほど。
 何度も足を運ばれるか、連泊されるか、事前に良く検討されておかれると宜しいかと。

 ハウステンボスの新名所、スリラー・ファンタジー・ミュージアム。楽しむにあたってGMAレストランは便利です。
a0036952_1419992.jpg

a0036952_14192934.jpg

 昨年までは、ピーレメント・ボウがあった場所で、かつてはハングリー・フライヤーやピノキオ・ドゥエだったりしたところですが、開放的なレストランに生まれ変わっていました。
a0036952_1423491.jpg

a0036952_14252598.jpg

 店内にはフードカウンターとドリンクカウンターが。
a0036952_14275864.jpg

a0036952_14282154.jpg

a0036952_14284058.jpg

 テラス席もあり、テラス席からはイベントの特設ステージなど景観を楽しむ事が出来ます。

下記メニューは7月18日に記録したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2010-07-22 14:32 | ホラータウン