カテゴリ:迎賓館・ホテルヨーロッパ( 1080 )

日本料理/吉翠亭(昼Part3)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、4つに分けてアップしています。

以下に続きを記載します。
                       現在とは異なる内容のメニュー
ファミリエ限定スペシャル会席
a0036952_23342179.jpg

  ※写真は12年5月3日にいただいた際のメニューです。
・新緑月スペシャル会席       8,000円
【提供期間】5月1日~6月30日
  前菜 : てっぱい 烏賊金山寺和え 笹巻き寿司 穴子松風 自家製唐墨 手長海老
  椀物 : アスパラ豆富 若布真薯 木の芽
  造り : 本日のお造り三種
  焼き揚げ物 : 鱸若草焼き 和牛生麩山椒焼き 花蓮根 新玉葱掻き揚げ 一寸豆
  進肴 : 蛸二食酢仕立て
  煮物 : 鯛玉締め 飯蛸小倉煮 新じゃが 芽芋
  御飯物 : 挽き茶茶漬け 鱧佃煮 香の物
  甘味 : 青梅ゼリー寄せ チェリー

a0036952_2223914.jpg

  ※写真は11年12月11日にいただいた際のものです。
冬のスペシャル会席        8,000円
  小鉢 : 蟹子豆富 旨出汁
  八寸 : 酢牡蠣 小袖寿司 蟹味噌松風 慈姑煎餅
  椀物 : 海老・鯛葛打ち 南瓜豆
  造り : 本日のお造り三種
  強肴 : 甘鯛蓮蒸し 鼈甲餡
  焼揚物 : 銀鱈柚庵焼き 河豚龍田揚げ
  小鍋 : 本日の小鍋
  御飯物 : 蟹雑炊 もしくは 炊き込み御飯
  甘味 : 林檎餅 金柑甘露煮

 ※mattariのレポ
a0036952_433558.jpg

  ※11年9月11日のもの
●秋のスペシャル会席        8,000円
  先付 : 萩豆富 旨出汁
  二菜 : スッポン羽二重蒸し
  八寸 : 締め鯖 鱧の小袖寿司 銀杏 丸十 自家製唐墨 柿玉子他
  椀物 : 土瓶蒸し(鱧 松茸 海老 銀杏 三つ葉 酢橘)
  造り : 本日のお造り三種
  焼物 : 鱒とイクラの友焼き 丹波占地 茄子 陸蓮根(オクラ)
  蓋物 : 落ち鮎 栃餅の揚げ出し 椎茸 紅葉卸 洗い葱 振り柚子
  御飯物 : 菊花雑炊 香の物
  甘味 : マロンプリン イチヂクのコンポート
a0036952_7232837.jpg

  ※11年7月7日のもの
スペシャル会席        8,000円
  小鉢 : アボカド豆富 いくら
  二菜 : 冷製羽二重蒸し 梅肉餡
  椀物 : 牡丹鱧 岩水雲 金魚人参 柚子
  造り : 本日のお造り三種
  焼き物 : 鮎塩焼き 酢取り野菜 蓼酢
  進肴 : 伊萬里牛冷しゃぶ
  煮物 : 丸茄子 すっぽん餡
  御飯物 : ミニ鰻丼 香の物 赤出汁
  甘味 : 料理長特製 京風甘味
 ※mattariのレポ
a0036952_713622.jpg

a0036952_714921.jpg

  ※07年10月14日のもの
a0036952_056445.jpg

a0036952_0562783.jpg

  ※08年1月13日のもの
・松花堂弁当     3,675円

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-26 11:31 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼Part4)

a0036952_23571183.jpg

字数制限にかかりましたので、4つに分けてアップしています。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。

以下に続きを記載します。
                       現在提供されていない主なメニュー
  時期により、日により再提供される事があります。
a0036952_1212214.jpg

  ※写真は12年12月16日にいただいた際のものです。
・京風湯豆富御膳        3,000円
  湯豆富本場の地”京都”で、20年間の修行をした料理長が作る御膳。上品な一番だしを使用した湯豆富は、料理長が選び抜いた京都産豆富2種を使用しております。
【提供期間】12月1日~12月28日、13年1月9日~2月28日
   ※ランチのみ
  小鉢 : 白和え
  蒸し物 : 豆乳羽二重蒸し
  天麩羅 : 海老 南瓜 掻き揚げ
  湯豆富 : 京豆富 昆布 ゆず
  御飯物 : 炊き込み御飯 香の物 赤出汁
  甘味 : 吉翠亭特製甘味
a0036952_2253179.jpg

  ※写真は10年5月6日にいただいたものです。
・海鮮御膳           2,310円
  造り : 本日のお造り二種
  煮物 : あら炊き 季節野菜
  焼き物 : 本日の焼き魚
  蒸し物 : 茶碗蒸し
  食事 : 次の3つから選択
    地魚天婦羅と五島饂飩(温・冷)
    御飯・海鮮赤出汁
    海鮮散し寿司・赤出汁
  甘味 : 特製甘味
mattariのレポ

a0036952_104518.jpg

  ※写真は11年11月6日にいただいた際のものです。
○鰊蕎麦セット         2,100円
  鰊蕎麦、天麩羅(5種)、寿司(7種)
a0036952_23322855.jpg

  ※写真は11年5月22日にいただいた「茶蕎麦セット」
・茶蕎麦セット         2,100円
  茶蕎麦(冷製)
  天麩羅(5種)
  寿司(7種)

a0036952_23332456.jpg

  ※写真は12年5月20日にいただいた「長崎和牛冷しゃぶ御膳」7,000円
○長崎和牛冷しゃぶ御膳       ¥8,000
  長崎和牛と旬の野菜を秘伝の胡麻だれとポン酢でお召し上がり下さい。
【提供期間】13年5月7日~6月30日
  小鉢 : 水雲酢 松葉胡瓜
  酒肴 : 本日の酒肴五種盛り
  造り : 本日のお造り三種
  蒸し物 : 旬菜羽二重蒸し 銀餡
  冷しゃぶ : 長崎和牛 フリルアイス カリフラワー トマト ブロッコリー ホワイト・グリーンアスパラ
  寿司 : 本日のお寿司五種盛り
  麺物 : 五割蕎麦
  甘味 : 特製餡蜜
a0036952_23332456.jpg

  ※写真は12年5月20日にいただいた際のものです。
長崎和牛冷しゃぶ御膳      7,000円
【提供期間】12年5月7日~6月30日
  小鉢 : 水雲酢 松葉胡瓜
  酒肴 : 本日の酒肴五種盛り
  造り : 鮪の山掛け とろろ芋 黄身 季節のあしらえ
  蒸し物 : 旬菜羽二重蒸し 銀餡 梅肉
  冷しゃぶ : 長崎和牛 フリルアイス カリフラワー トマト ブロッコリー ホワイト・グリーンアスパラ
        デトロイト 特製胡麻ダレ 熟成ぽん酢 薬味
  寿司 : 本日のお寿司五種盛り 江戸生姜
  麺物 : 五割蕎麦 出汁 薬味
  甘味 : 特製餡蜜
a0036952_1752575.jpg

  ※写真は12年3月11日にいただいた際のもので、これに甘味がつきます。
・20周年記念特別会席「祝祭の宴」   12,000円
【提供期間】3月1日~4月30日
【提供時間】11:30~14:00 17:30~21:00
  食前酒 : しずく酒
  御祝い肴 : 子持ち昆布白和え てっぱい 桜葉鮨 玉蒲 海老黄身寿司 煮鮑 自家製唐墨二種
  御椀物替り: 桜鯛と白子のしゃぶしゃぶ吸い物仕立て
           フリルアイス 新筍 桜花大根・人参 若布 ぽん酢 薬味
  御造り : 本日の御造り三種盛り 季節のあしらえ
  御焼物 : 新筍木の芽焼き 和牛生麩巻き 御多福豆 甘鯛西京焼き 桜花大根 酢取り茗荷
  御揚物 : 春野菜天婦羅(金漆 たらの芽 蕗の薹花山葵 春諸子 桜海老掻揚げ 赤万願寺唐辛子)
  御蓋物 : 新じゃがいも饅頭 鯛の子 蕨 菜種 桜麩 木の芽 銀餡 露生姜
  御飯物 : 穴子赤飯 白味噌 香の物三種
  甘味  : 蓬アイスのパフェ(苺 蜜柑 メロン 黒豆 蕨餅 チョコソース ミント)
a0036952_1758274.jpg

ハウステンボス2011-2012 忘新年会プラン「鍋コース」
  前菜 : 季節物五種盛り
  造り : 寒鰤ちり造り ぽん酢 紅卸 洗い葱
  揚げ物: 鮟鱇龍田揚げ 万願寺唐辛子 葱きり 酢橘
  鍋物 : 饂飩すき(鯛、狭腹、サーモン、焼き穴子、蛤、海老、牡蠣、白菜、春菊、白葱、椎茸、生麩、豆富、柚子胡椒)
  食事 : 雑炊 香の物
  水菓子: 焼き林檎 ミント
 ※mattariのレポ

a0036952_15152882.jpg

 写真は10年3月の花籠弁当。※13年春も期間限定で提供されています。
・花籠弁当     1人¥2,000 2人¥3,500
  春の味覚がぎゅっと詰まったテイクアウト専用メニュー。
【提供期間】12年3月17日(土)~4月8日(日)
【提供期間】11年3月5日(土)~4月28日(木)
【受け取り時間】11:00~15:00
【内容】
  口取り : 鰆若草焼き 黍魚子桜香煮 飯蛸 桜花蓮根 サーモン龍飛巻き  
        鯛桜鮨 笹巻き麩 木の芽合え(筍・独活・烏賊)土筆
        玉蒲 近江蒟蒻 鰻八幡巻き
  揚げ物 : 海老おかき揚げ 烏賊団子 菜種
  煮物  : 若筍煮 桜麩 小芋 一寸豆翡翠煮 南瓜 木の芽
  御飯物 : 梅じゃこおにぎり 海老味噌おにぎり 香の物
【予約・問い合わせ】吉翠亭 0956-27-0414
a0036952_15295354.jpg

a0036952_15363939.jpg

お龍御膳            3,460円
 「明治の文明開化と共に食されるようになった豚肉の丼をメインに、龍馬の伴侶お龍さんの故郷京都の野菜やオランダ煮、衣に味がついた”長崎天婦羅”をお膳で提供。」
【提供時間】11:30~14:00
  小鉢  : 胡麻豆富 旨出汁
  造り  : 鯛の和風カルパッチョ
  揚物  : ハトシ 万願寺唐辛子 檸檬
 焚き合せ : 京野菜の焚き合せ(季節物五種盛り)
  食事  : 開花丼 赤出汁 香の物
  水菓子 : ホテル特製シャーベット
a0036952_17265139.jpg

a0036952_1727182.jpg

a0036952_17274077.jpg

  ※写真は08年5月5日のものです。
・松花堂弁当 海鮮石焼付    4,725円
a0036952_7185454.jpg

  ※10年3月14日のもの。
・レディス御膳         3,675円
  先付け : 汲み上げ湯葉 椎茸 桜花 黄身 山葵餡
  取り肴 : 鰆若草焼き 小巻玉子 笹巻き寿司 木の芽和え
        稚鮎おかき揚げ 筍田楽 たらの芽 一寸豆
        連子鯛紫蘇おろし 菜種 桜花蓮根
  中皿  : 桜鯛の昆布締め 煎り酒
  温物  : 若筍煮 蕗 麩蒲焼 花弁人参 木の芽
  お食事 : 山菜散らし寿司 小吸い物 香の物
         (もしくは)
         山菜うどん
  甘味  : 桜餅 御抹茶
a0036952_23166100.jpg

  ※10年1月31日のもの。
・レディス御膳         3,675円
  先付け : ふろふき大根 かもじ 芽葱 振り柚子
  中皿  : 鴨ロースサラダ仕立て(水菜・フリルアイス・アンディブ・柘榴)醤油ジュレ 芥子茄子
  点心  : 鰤西京焼き 出し巻き 胡麻和え 松笠慈姑 (串打ち)玉蒲 サーモン蓮根 鰻八幡巻 
        帆立霰揚げ 海老芋唐揚げ 笹巻き麩 黍魚子龍田揚げ
  お食事 : 鯵棒鮨 小吸い物 香の物
           (もしくは)
          野菜天婦羅うどん
  甘味  : 黒豆ゼリー 御抹茶
a0036952_20425066.jpg

  ※09年9月6日にいただいた際のもの。
・レディス御膳         3,675円
  先付け : 柿膾 (柿 林檎 大徳寺 人参 大根)
  取り肴 : 小巻玉子 鱧寿司 生麩田楽 枝豆 月見小芋 
        丸十栂ノ尾煮 鱧の子巻織 小串 海老二見
  中皿  : コールドビーフ 
  蓋物  : 角煮 山科茄子 菊花芥子餡 絹莢 木の芽
  お食事 : 鱧雑炊
  甘味  : マンゴ羊羹 抹茶
a0036952_12402557.jpg

  ※08年12月7日にいただいた際のもの。
○レディス御膳         3,675円
  先付け : 冬至豆富 飛び子 とろろ芋 椎茸 旨出汁
  温物  : ふろふき大根 牡蠣 かもじ 芽葱 振り柚子
  中皿  : 寒鰤焼き霜サラダ仕立て(水菜・フリルアイス・海草サラダ・アンディブ・柘榴)ぽん酢餡掛け
  点心  : 鰆照り焼き 出し巻き 海老芋唐揚げ 笹巻き麩 胡麻和え
        (串打ち)玉蒲 サーモン蓮根 鰻八幡巻 
        海老変わり揚げ 黍魚子龍田揚げ
  お食事 : 鯵棒鮨 小吸い物 香の物
           もしくは
         野菜天婦羅うどん
  甘味  : 栗雲竜 御抹茶
a0036952_19593665.jpg

  ※08年8月17日にいただいたもの。
・レディス御膳         3,675円
  先付け : 青豆豆富 芥子茄子 蓴菜 山葵出し
  取り肴 : 鰻巻玉子 鱧寿司 鱸黄身たれ焼き 蛸の子
        鱧の子煮凍り 南京 新小芋 枝豆 山桃
  中皿  : 夏鴨ロース 夏野菜添え(アスパラ トマト 水菜 玉葱)
  蓋物  : 角煮 丸茄子 新じゃが芋 三度豆 楓麩 かもじ葱 木の芽
  お食事 : 島原素麺
  甘味  : 餡蜜 (西瓜 マンゴ 灰汁巻き 羊羹)
抹茶

めぐみの長崎 冬のグルメフェアー
a0036952_23275864.jpg

a0036952_23281578.jpg

  ※10年1月17日にいただいたもの。
・長崎和牛すき焼き御膳    3,675円
  小鉢・造り・すき焼き・御飯・水菓子
a0036952_23283643.jpg

a0036952_23285787.jpg

  ※10年1月17日のもの。
a0036952_23122924.jpg

  ※10年1月31日にいただいた際のもの。
・長崎和牛ステーキ丼セット  3,675円
  小鉢・造り・丼・赤出汁・香の物・水菓子
a0036952_21444186.jpg

  ※09年12月6日のもの。一部下記とは内容が異なります。
・安閑くずし会席
  小鉢 : 養老豆富 芥子茄子 枸杞の実 旨出汁
  吸い物替わり : 九十九島産牡蠣と根菜の豆乳スープ
  造り : 刺身蒟蒻サラダ仕立て ノンオイル味噌ドレッシング
  焼き物 : 鰤塩焼き かもじ葱 蓮根餅 アーモンド麩 万願寺唐辛子
  蓋物 : 角煮 大根 愛の赤 洗い葱 パプリカ 生姜餡
  食事 : 麦とろろ御飯 香の物 翁汁
  水菓子 : 自家製柚子アイス
オープン2周年感謝フェアーメニュー
a0036952_1538076.jpg

  ※09年9月20日にいただいた際のもの。一部下記とは内容が異なります。
・くずし会席「月の雫」          ¥3,675
【提供期間】09年9月12日~11月30日
  先付け : 無花果白酢掛け 重陽の花
  吸い物 : 満月豆富 朧昆布 芒豆 蓴菜 柚子
  造り  : 鯵 赤身 あしらえ一式
  焼き八寸 : 柿膾 秋鯖寿司 柿玉子 新栗栂ノ尾煮
        鯛龍飛巻き 鱒柚庵焼き 紫頭巾
  蒸し物 : 萩蒸し 銀餡 忍び生姜
  ご飯物 : 菊花雑炊
  水菓子 : ホテル特製ソルベ 月の雫

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-26 11:02 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

鉄板焼/戎座(夜)

a0036952_2572663.jpg

今回はホテルヨーロッパに07年年10月2日オープンした和食のお店2店のうち鉄板焼の戎座の夜のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎和牛指定店。
有名黒毛和牛に勝るとも劣らない「長崎和牛」。
「長崎和牛」は、ミネラル豊富な大自然の恩恵を受けた牧草で育てられ、柔らかな食感とジューシーできれのよい脂味が特徴です。
新鮮な素材の魅力をそのままに、職人が見事な手さばきで焼いて供する美味の数々が
鉄板の上で音を立て素材をお客様の好みに焼き上げ、食欲と笑顔を誘います。
焼き手の演出とともに、会話も弾む鉄板焼。
笑顔が集う、心楽しいひととき。
食べる楽しさの原点を、思い出していただけることでしょう。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 カウンター10席×2コーナー 計20席
【営業時間】昼:11:30~14:00(ラストオーダー) 
       ※土日・祝日限定
       ※平日は完全予約制(予約受付前日の17:00まで)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_2582331.jpg

ホテルヨーロッパの裏口横手の建物に日本料理店がそれぞれ造られています。
入口は戎座も吉翠亭も共通です。
a0036952_22401445.jpg

入り口に受付・クロークがあり、戎座は入って直ぐ左手。
a0036952_2584911.jpg

鉄板カウンターが左右にあり、それぞれ10名座れるようになっています。
a0036952_2591027.jpg

窓の外にはちょっとした日本庭園があり良い雰囲気。
a0036952_22301046.jpg

見事な手さばきで調理される様もご馳走です。
目の前で調理される様は鉄板焼の醍醐味です。ハレの日の食事にふさわしいものがあります。
a0036952_1711815.jpg

お店の雰囲気も、スタッフの方のサービスもなかなかのものです。
私個人の感想は味はハウステンボスJR全日空ホテルの名店「大村湾」に匹敵する、時に凌駕しているかも?と思う事もある反面、眺望などを含めると総合力ではまだ「大村湾」の方が上のように思えます。
a0036952_17112952.jpg

ネットでも評価は分かれるようで、味に関しても大村湾に軍配を上げられる方もおられます。
プラスアルファの魅力を求める方には大村湾の利用(個人的には黄昏時がお勧め)をお勧めしますが、立地において戎座が優位とも言えます。私個人は眺めをも楽しんでもらいたい場合は大村湾を、立地を活かしたプランニングをする場合は戎座を選ぶかと思います。
大村湾には季節メニューの楽しみもあり、戎座にもその点は今後も期待したいところです。
いずれにせよどちらも名店と言える存在である事は確かだと思います。
a0036952_2162745.jpg

戎座は予算的な事を考えるならば、ランチ中心の食事プランにして、戎座のランチを楽しまれるのもよろしいような気もします。

いろいろと飲みながらですが、私の場合、昼で1時間~1時間半、夜はたっぷり2時間ほどかけて食事を楽しんでいます。時間には余裕をみておかれるとよろしいかと思います。
席数に限りがあるうえに、(たっぷり時間をかけて食事されるので)あまり回転しないとなると、1日に利用できる客数は限られたものになりますので、利用される際は予約をお勧めします。

以下は9月15日のお昼に利用した際の記録と9月19日の店外表示記録をもとに改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-21 22:33 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

アンカーズラウンジ(デイタイムPart1)

a0036952_18543464.jpg

a0036952_22333994.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパアンカーズラウンジのメニューです。
改訂版をアップします。
ロビー中央、白鳥が浮かぶ内海を抱く開放的なラウンジです。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:108席
【営業時間】喫茶 10:00~19:00(ラストオーダー)
 ※営業時間は時期により異なる事があります。オフィシャルサイト等でご確認ください。
 ※08年6月末をもって終了したウォーターコートコンサートですが、11年9月17日より期間限定でウォーターコートコンサートがスペシャルナイトコンサートとして復活しました。期間終了後もナイトコンサート(呼び名等は時期によって変わっています。現在は光のコンサート。)が金・土・日及び祝日等に開催されています。
 ※朝食営業(7:00~10:00 大人¥3,234 小人¥1,617)の内容等につきましては、2011年の記事になりますがオフィシャルブログをご覧ください。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。※朝食オープン時は禁煙。

 内海を望む開放的なラウンジで、時折出入りするクルーザーを眺めながらゆったりとお茶するのはとても優雅な時間。ヨーロッパ宿泊者以外の方にも楽しんでいただきたいと思っています。
a0036952_7273512.jpg

ハウステンボスホテルズのパティシェ特製ケーキ(ケーキは基本的に各ホテルラウンジ共通です。)のセットも人気です。人気が高いがために早い時間に売り切れになってしまうことも少なくなく、ご希望の方は早めの利用が望ましいかと思います。
サンドイッチ等で軽く昼食をとることもできます。
アフタヌーンティーの評判もいいようですね。
a0036952_7251172.jpg

昼下がりのひと時にお気に入りの本を片手にゆったりとティータイムを過すのはなかなか良いものです。
a0036952_21473298.jpg

デイタイムもアフタヌーンコンサート(ウェルカムミュージック)が行われています。詳しくはホテルヨーロッパのオフィシャルサイト又はホテルヨーロッパロビーの案内板をご覧ください。

 9月15日のウェルカムコンサートは次のような表示でした。
14:00~14:20 14:30~14:45 14:55~15:20 15:30~15:45 15:55~16:20 16:30~16:50

アンカーズラウンジには優雅なコンサートが良く似合います。
a0036952_18215733.jpg

ナイトコンサートも引き続き週末の金土日は行われています。こちらも時期により時間(料金もミュージックチャージが必要な時と、ドリンク代のみの時があるようですが、このところ「ただいまの期間ミュージックチャージ無料」の表示が続いています)が異なっています。上記リンク先等でご確認下さい。
※2月24日、3月10日は21:15~22:15でミュージックチャージ無料、ドリンク代で利用可。

デイタイムはホテルラウンジは婚礼の関係で貸し切りになることもあります。
a0036952_19151736.jpg

a0036952_1927997.jpg

なお、アンカーズラウンジが婚礼で貸し切りの場合は、通常シェヘラザードかシェヘラザード前のロビー空間において喫茶営業するようですが、その場合は下記とは異なる(絞り込まれた)メニューになることもあります。
※最近は基本的に同様のようです。ただフランベデザートがメニューにある時はアンカーズ内のみでの提供だったかと。

 また、年に1、2回開催されるデザートブッフェは大好評・大人気でした。デザートブッフェの最高峰とも言われたアンカーズラウンジのデザートブッフェ(※mattariのレポ(09年5月))、機会がありましたら利用されてみられるのもよろしいかと。
 近年では10年9月5日に行われました。11年の1月・2月、6月には(ミニ)デザートブッフェといったものも行われました。11年のクリスマスにはデハールでデザートブッフェクルーズが開催されました。
a0036952_1822384.jpg

 12年春はハッピーバレンタインスペシャルの企画として、ショコラトリーに加えケーキブッフェが開催されました。
a0036952_18231762.jpg

 フランベも久々にいただけ大満足♪
 ※mattariのレポ
 12年5月のバラ祭期間中には「バラ祭スペシャル デザートブッフェ」が、12年8月には「夏休み スペシャルデザートブッフェ」が、そしてこの12月には「クリスマスデザートブッフェ・パーティー」が開催されています。最盛期には比肩できない様に思いますが、いずれも素敵な内容でした。
 ※2月3日にもデザートブッフェが開催されました。
 ※13年5月22日にもバラ祭スペシャルデザートブッフェが開催されました。

 そして13年11月3日にもデザートブッフェが予定されています。
               デザートブッフェ世界のデザートブッフェ
シェフパティシエ 三浦英樹と、料理長 安永和生がプロデュースする世界のスイーツと軽食をブッフェ形式でお楽しみいただけます。
【開催日】2013年11月3日(日)
【時間】 12:00~/14:00~(各90分)
【料金】 大人¥3,800  小人¥2,000 幼児¥1,000
    ※3歳以下は無料


 また10年1月17日にはワイン&ランチブッフェが行われました。
 ※mattariのレポ(ワイン&ランチブッフェ)
12年3月12日~14日は”食べるエステ”ヘルシーランチブッフェが、12年12月にはクリスマスディナーブッフェ・パーティーが開催されています。


スパ&カフェメニューも引き続き提供されています。
 「甘~いスイーツを楽しんで、スパで日頃の疲れをリフレッシュ!”和”と”洋”どちらか選べるスイーツは、とろ~りとろける甘さ。スパのトリートメントは洋服を脱がずに行うので、スパ初心者の方にもオススメです。プチ癒しタイムをお楽しみください♪」
【料金】 ¥5,500
【予約】 要予約 0956-27-0503
【内容】カフェはアンカーズラウンジ(10:00~17:00)又は花の家(11:30~17:00)
      アンカーズラウンジ ケーキセット(ドリンクはコーヒー又は紅茶から選択)
    RIN ウェルネス
      クイックリフレッシュメント30分 又は リフレクソロジー45分

 12年のバレンタイン期間中(1月28日~2月14日)は、ショコラトリーがオープンし、ベルギーの高級ショコラティエ「デルレイ」のショコラやホテルパティシェ特製のショコラが販売されていました。
a0036952_1527728.jpg

a0036952_15232072.jpg

 ※13年も特製チョコの販売(内容は先の投稿をご覧ください)がなされていました。
a0036952_1919655.jpg

その後アンカーズラウンジ前でパンやスコーンの販売が行われるようになりました。
パンは朝食時から販売されているようです。朝食でいただいて気に入ったパン(全てが販売されているわけではないかもしれませんが)を購入して帰る事が可能に。
また、朝食なしのプランの場合、ここで購入して部屋でいただくのも良さそうに思えます。
 スコーンは3月4日は当初は並んでいませんでしたが、11時半頃に登場していました。アフタヌーンティーの提供が12時からですので、それにあわせるように用意されていたのかも。

12年3月4日に販売されていたパンは次のようなラインナップ
a0036952_19201281.jpg

・プチヴィエノワ・ナチュール  ¥100(税込)
  ふっくらと柔らかく、自然な甘みのあるパンです。
・★◎●プチヴィエノワ・ノア     ¥100
  胡桃をたっぷり使用し、香ばしく焼き上げました。
☆★◎△クロワッサン・ダマンドハーフ ¥120
  クロワッサン生地にアーモンドクリームを練り込んで焼き上げました。
☆★◎●△オランジェ         ¥100
  オレンジピールを練り込んだ、口中に柑橘の爽やかな風味が広がるパンです。
☆★アオサ・プチバケット       ¥100
  あおさ海苔を使用した風味豊かなバケットです。
☆●クロワッサン           ¥100
  バターをふんだんに使用し、さっくり焼き上げました。
☆★◎●△バニラ・マフィン      ¥120
  バニラの甘みを引き出す為、時間をかけてじっくり焼き上げました。
☆★◎●△チョコレート・マフィン   ¥120
  胡桃とチョコレートをたっぷり練り込み、時間をかけてじっくり焼き上げました。
4月22日の15時半に見かけたのは上記☆印のものに加え、次のもの。
○◎●パン・オ・ショコラ       ¥100
  クロワッサン生地でチョコレートを包み、焼き上げました。
○★◎△白パン            ¥100
  牛乳やクリームを使った、ほのかに甘いパンです。
6月7日の15時半に見かけたのは上記★印です。
7月8日の15時半に見かけたのは上記◎印です。
8月2日の15時過ぎに見かけたのは上記●印です。いずれも早い時間帯でしたらもっと種類があったかも。
9月2日の12時前に見かけたのは上記△印です。
9月20日の14時頃に見かけたのは
  プチヴィエノワ・ノア¥100、オランジェ¥100、アオサ・プチバケット¥100、パン・オ・ショコラ¥100、白パン¥100、バニラ・マフィン¥120、チョコレート・マフィン¥120でした。
11月1日は、プチヴィエノワ・ノア¥100、オランジェ¥100、パン・オ・ショコラ¥100、白パン¥100、クロワッサン¥100、クロワッサン・ダマンドハーフ¥120、バニラ・マフィン¥120、チョコレート・マフィン¥120でした。
1月13日は、クロワッサン・ダマンドハーフ¥120、白パン¥100、クロワッサン¥100、オランジェ¥100、チョコレート・マフィン¥120、バニラ・マフィン¥120でした。
2月24日の14時半頃に見かけたのは、クロワッサン・ダマンドハーフ¥120、白パン¥100、クロワッサン¥100、オランジェ¥100、バニラ・マフィン¥120でした。
3月10日の11時半頃に見かけたのは、パン・オ・ショコラ¥100、白パン¥100、クロワッサン¥100、オランジェ¥100、チョコレート・マフィン¥120、バニラ・マフィン¥120でした。
4月14日の17時半頃に見かけたのは、パン・オ・ショコラ¥100、クロワッサン¥100、アオサ・プチバケット¥100、クロワッサン・ダマンドハーフ¥120、オランジェ¥100、チョコレート・マフィン¥120、バニラ・マフィン¥120でした。
5月12日の15時半頃に見かけたのは、パン・オ・ショコラ¥100、クロワッサン¥100、チョコレート・マフィン¥120、バニラ・マフィン¥120でした。
7月13日はクロワッサン・ダマンドハーフ¥120、白パン¥100、オランジェ¥100、パン・オ・ショコラ¥100、クロワッサン¥100、チョコレート・マフィン¥120、バニラ・マフィン¥120でした。
9月5日はクロワッサン・ダマンドハーフ¥120、クロワッサン¥100、パン・オ・ショコラ¥100、アオサ・プチバケット¥100、白パン¥100、チョコレート・マフィン¥120、バニラ・マフィン¥120

12年3月4日に販売されていたスコーンは次のようなラインナップ
a0036952_19203596.jpg

ホテルヨーロッパオリジナルスコーン
  外はサックリ、中はしっとり、味と食感にこだわったホテルパティシェ特製オリジナルスコーンです。
・プレーンスコーン       ¥150
  長崎産卵を使用したスタンダードなスコーンです。
・抹茶スコーン         ¥150
  長崎そのぎ抹茶を使用した上品な味のスコーンです。
・チョコレートスコーン     ¥150
  チョコレートチップをたっぷり使用したスコーンです。
・桜スコーン          ¥150
  春を感じさせる桜を使用した風味豊かなスコーンです。
・コーヒースコーン       ¥150
  薫り高いコーヒー風味のスコーンです。
新作のスコーンが登場していますね。5種類それぞれいただいてみましたが、全てそれぞれに美味しく。なかでもコーヒースコーン、桜スコーン、抹茶スコーンが個人的なお気に入り。

4月22日のスコーンのラインナップは、季節の桜スコーンが終了し、プレーン、コーヒー、抹茶、チョコレートの4種が表示されており、各¥150でした。
6月7日は、プレーン、コーヒー、抹茶、チョコレートの他、次のスコーンが。
○バラスコーン         ¥150
7月8日はスタンダードなプレーン、コーヒー、抹茶、チョコレートのみ用意されていたようです。
8月2日はスタンダードプレーン4種に、ホテルヨーロッパオリジナル・アールグレイブレンドが加わっていました。
9月2日・9月20日・11月1日及び13年1月13日は12年8月2日と同様の5種でした。
3月10日はスタンダードプレーン4種に、ホテルヨーロッパオリジナル・アールグレイブレンドに加え季節の桜スコーンが再登場し6種類でした。
4月14日も3月10日と同様でした。
5月12日はコーヒースコーン、抹茶スコーン、オリジナル・アールグレイスコーンにバラスコーンでした。
7月13日、9月5日はスタンダード4種に、ホテルヨーロッパオリジナル・アールグレイブレンド、バラスコーンでした。

 ハウステンボスホテルズのレストラン、ラウンジ、バーはいずれもハウステンボスの良さを体現している、ハウステンボスの大きな魅力の1つです。場内ホテルに宿泊される方はその魅力に浸ってみてはいかがでしょう。場内ホテル宿泊でない方でも利用できますので、できれば足を運んで利用してみられることをお勧めします。

以下は9月5日の店外表示の記録を元に改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-19 05:54 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

アンカーズラウンジ(デイタイムPart2)

a0036952_2229239.jpg

字数制限のため2つに分けてアップします。

以下に続きを記します。

         現在提供されていない主なメニュー
~フード~
a0036952_13203339.jpg

  ※写真は11年8月28日にシェヘラでいただいた際のもの。
●長崎赤鶏のフィレサンド 2種のソースで   ¥1,850
  「長崎産の赤鶏のフィレ肉に野菜をたっぷり入れ、特製胡麻ソース、カレーソースと2種類の味が楽しめるピタサンドイッチ」
a0036952_5211893.jpg

a0036952_555339.jpg

・カスクルートセット  ¥2,310
  自家製鴨のスモークとブリーチーズをサンドしたホテルヨーロッパオリジナルのバケットサンド、カスクルートとドリンクのセット

~フランベデザート~
a0036952_23433921.jpg

  ※写真は06年のもの
・茂木びわのフランベデザート ¥1,500
 「長崎名産の「茂木びわ」を使ったフランベデザートをお客様の目の前で仕上げる一皿。開放感溢れるラウンジでサービススタッフの演出と共に是非ご賞味下さい。」
  コーヒー又は紅茶付
a0036952_1422643.jpg

a0036952_14222862.jpg

  ※写真は07年のもの
a0036952_16393455.jpg

  ※写真は11年2月20日のもの
○長崎産イチゴのフランベデザート    ¥1,500
 「旬の長崎産苺を使用した温かいデザートをご用意致しました。注文を頂いてから、お客様の目の前で仕上げる一皿。開放感あふれるラウンジでサービススタッフの炎の演出と共に優雅なひとときをお楽しみ下さい。」
   コーヒー、又は紅茶付き
 以下は以前の「いちごのフランベ バニラアイスクリーム添え」のレポです。
a0036952_20263671.jpg

  ※06年撮影。
a0036952_171757.jpg

  ※09年4月19日撮影。
a0036952_13154870.jpg

a0036952_131686.jpg

  ※10年3月7日撮影。
●あまおうのフランべデザード     コーヒー又は紅茶付 ¥1,732
 「福岡産高級ブランド苺「あまおう」のフランベにホテル特製のバニラアイスクリームを添えました。炎の演出と共にお客様の前でデザートをお作り致します。」
 ※mattariのレポ
a0036952_22392034.jpg

  ※06年撮影
●パイナップルのフランベ アイスクリーム添え  ¥1,386 セット ¥1,732
 「旬の果物パイナップルのフランベに、ホテル特製のバニラアイスクリームを添えました。炎の演出とともに、お客様の目の前でデザートをお作りいたします。」
06年のレポ
a0036952_2137773.jpg

a0036952_21372540.jpg

・リンゴのフランベ アイスクリーム添え      ¥1,386 セット ¥1,732
 「旬の甘酸っぱい”紅玉”のフランベに、ホテル特製のバニラアイスクリームを添えました。炎の演出と共に、お客様の目の前でデザートをお作り致します。
a0036952_22313193.jpg

・洋梨のフランベ チョコレートアイスクリーム添え     ¥1,386 セット¥1,732
a0036952_2131298.jpg

  ※05年9月11日撮影。
・桃のフランベ

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-19 05:41 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(オリジナルカクテルPart1&バーテンダーチョイスメニュー)

a0036952_9141117.jpg

今回はホテルヨーロッパの「シェヘラザード」のオリジナルカクテルのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
それ以外のメニューについては「What's New」からご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【料金システム】チャーム、カバーチャージ有り。詳しくはこちら
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

a0036952_725347.jpg

上記写真はいずれもノンアルコールカクテルです。シェヘラザードは様々なシロップ類などが充実しており、ノンアルコールカクテルもじつに豊富なラインナップのものを創意・工夫を凝らして作っていただけます。いわく「ノンアルコールカクテルってジュースじゃない。素敵なカクテル」です。
ハウステンボスでの、ホテルヨーロッパでの非日常の1日の締めくくりに、あるいは食前酒をいただいたり、寝酒に一杯、いかがでしょう。シェヘラザードはのんべの男性にもお勧めですが、重厚かつシックな内装やフッカフッカのソファなど本来女性好みの雰囲気だと思います。飲める人はもちろんですが、飲めない方・バーなどを利用したことのない方にも是非一度利用してその魅力に触れていただきたいと思います。
a0036952_791863.jpg

HTBでは、オリジナルカクテルをいただくのも楽しみです。
季節のカクテルについても、過去のメニューも材料がそろっていれば(殆どのものは揃っているようです。一部のカクテルで季節のフルーツが必要だったりするようですが)頼んで作って頂く事ができる場合があります。

メニューにないカクテルもその方の好みに合わせて創ってくださったりします。カクテルの知識などなくとも、「アルコール控えめでさっぱりした感じのもの」とか、好みのフルーツ、味わいなどを伝えてカクテル・ノンアルコールカクテルをつくっていただく事ができます。

a0036952_8282730.jpg

 黄昏時のひととき、食事前のひとときを、一日を振り返りながら、明日を楽しみにグラスを傾ける。。シェヘラザードの素敵な雰囲気の中優雅に。
飲めない方もノンアルコールカクテルを好みに応じて作っていただけます。
ちなみにシェヘラザードは喫茶利用も可能です。
a0036952_7534610.jpg

 時に生演奏を楽しむ事も出来ます。
 時期により異なりますので、チラシ(入国のインフォメーションやホテルヨーロッパロビーあたりにある事が)等でご確認下さい。   

a0036952_741454.jpg

シェヘラザード、アラビアンナイトの語り手の名前。ペルシャの王、シャハリヤールは女性を信じられず毎日新しい妻を迎えては、その夜に殺していた。そこに迎えられた大臣の娘シェヘラザード。彼女は賢い女性で、毎日面白い話を王に聞かせ続けた。話の続きをどうしても知りたい王は、シェヘラザードを殺さずに毎晩過ごしたとか。そうして千一夜にも続いた物語を聴くことで、かの暴君もシェヘラザードを愛し、シャリアール王は名君になったという。
千夜一夜物語の語り部・伝説の美女シェヘラザードの名を冠したホテルヨーロッパのメインバーは、幾夜もいつの夜も変わらぬ優しさで優雅に包み込むように、一日の余韻に浸らせてくれることでしょう。
a0036952_3211279.jpg

下記メニューは9月5日に利用した際の記録を元に改定したものです。
a0036952_21543812.jpg

秋味カクテル5種が登場しています。
a0036952_2155616.jpg

フレッシュなフルーツをふんだんに使用したぜいたく感のあるカクテルです。
美味しいのですが、ハッピーアワー(17:00~20:00はフェアカクテルやシャンパンベースなど一部のカクテルを除き¥900)の対象外でもあり考えるところかと。

以下は税・サービス料込の値段です。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-16 22:03 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(世界のビール祭り・世界のワインとチーズ祭りメニュー)

a0036952_7331169.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパのメインバー「シェヘラザード」において「世界のビール祭り・世界のワインとチーズ祭り」に合わせて登場している期間限定メニューのご紹介です。最新更新日10月17日
それ以外のメニューについては「What's New」からご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
   ※カバーチャージあり

a0036952_2212233.jpg

夕方17時オープン。夕刻に食前酒を楽しむのも良いものです。
遅い時間帯は混雑することもありますが、夕刻(この時間はまず混まない)はゆったりと寛いで飲む事ができます。
ホテル宿泊者以外でも気軽に利用する事が出来ます。
a0036952_48175.jpg

カウンターでバーテンダーの方との会話を楽しみながらグラスを傾ける。。。
a0036952_4103450.jpg

ふっかふかのソファーに身をゆだね、歩きつかれた体を休め今日一日を思い返しながらグラスを交わし、今宵のショー・イベントを心待ちする。。。
食前酒として利用したり、食後酒をいただきながら一日の〆のひと時を過ごす。
a0036952_2055507.jpg

お任せでカクテル(及びノンアルコールカクテル)などをオーダーし、バーテンダーの方にゆだねた楽しみ方をするのも楽しみのうち。
お酒の知識は不要です。好みを伝えれば、お酒のプロ・バーテンダーの方が自分にあった、あいそうな飲み物を用意して下さいます。
お酒が飲めない方・飲めない時はノンアルコールカクテルも好みに合わせて用意して下さるかと。喫茶で利用する事も可能です。
a0036952_484034.jpg

一日ハウステンボスを楽しんだ後、仕上げのひと時をシェヘラで過ごす。
a0036952_20424857.jpg

アンティーク家具に囲まれた落ち着き空間で、ブランデーグラス片手に今日を振り返り、明日に思いを馳せる。。。その香気にやさしく包まれながら。。。大人の楽しみです。

HTBは私にとって心休まる所であり、最高に「酔い気分」にさせてくれる所でもあります。飲むだけの為にも訪れる、価値ある所です。
どうぞ、このままで。。。

サンヴァンサン祭り期間中、特別企画としてDRCのフィーヌとマールが1杯¥4,000で提供されていた事も。時としてとってもお得な企画があるのです。

以下は9月5日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
a0036952_18304228.jpg

今年の世界のビール祭り・世界のワインとチーズ祭りに合わせて、ドイツビールとドイツのスパークリングワイン及びドイツ料理が登場しています。
a0036952_18442463.jpg

9月5日にはドイツビールの「フレンスブルガー ヴァイツェン」と「ドイツ風ポテトサラダ チョリソー添え」をいただきました。
a0036952_18445475.jpg

ここでのレシピはわかりませんが、ドイツ風ポテトサラダはマヨネーズは使わず、ブイヨン、ドレッシング等で仕上げるものが多いようで、さっぱりと旨みが広がる美味しいもの。ピリ辛のチョリソーはイベリコ豚を使用した旨みたっぷりのもので、ポテトサラダともよくあってなかなかのもの。

以下は税・サービス料込の料金です。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-16 18:48 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デアドミラル(ランチPart1)

a0036952_23231296.jpg

今回はハウステンボスのフラッグシップホテル、ホテルヨーロッパのメインダイニングデアドミラルのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:88席
     禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (多客時を除きランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには早くても1時間半~2時間程度以上はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
【ドレスコード】ランチタイムはなし。
        夕食時のみ、ゴムぞうり・スリッパ・ビーチサンダル・男性の半ズボン(ハーフパンツ)でのご利用はご遠慮下さい。

【その他】車椅子利用可。Edy対応。

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしい実績をもつお店です。エリタージュが(とっても残念な事に)オヤスミしている(今のハウステンボスの流れ、ホテルヨーロッパの方向性からみていずれ復活するものと期待していますが)今、ハウステンボスで№1の位置づけ(和食だと吉翠亭もありますが)のお店といっていいかと思います。

ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。ドレスコード(注:夕食時のみ、ゴムぞうり・スリッパ・ビーチサンダル・男性の半ズボン(ハーフパンツ)でのご利用はご遠慮下さいとあります。)もありませんので、気楽・気軽に利用してみてはいかがでしょう。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。
平日のお昼にアドミラルでランチってのは私にとって、ぷちリゾート気分を満喫できる素敵なひとときで、お勧めです。
a0036952_2311947.jpg

旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
食の安全がいろいろと問われる昨今、安心して本物の味を確かめに来る事のできるお店は貴重です。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で特典が用意されています。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。

アドミラルではスペシャルな企画が登場することも。
極上ランチ
a0036952_1618102.jpg

11年1月15日の極上ランチは最高!でした。
mattariのレポ
a0036952_1635936.jpg

11年8月25日から10月23日までは第2回極上のランチが。
9月18日に楽しませていただきましたが、素晴らしい料理とワインでした。
mattariのレポ

グランアミューズ
a0036952_21595032.jpg

11年5月15日、6月5日・12日には第1回グランアミューズが。
mattariのレポ
a0036952_21405275.jpg

12年1月28日と29日の両日に第2回「Grands Amuse (グラン アミューズ)」が開催されました。
そしてこの夏7月21日と22日に再度グランアミューズが開催されました。

ワインセミナー、ワインの会
a0036952_221263.jpg

11年2月20日のワインセミナー&ランチも素晴らしいものでした。
mattariのレポ(2月20日ワインセミナー)
11年8月21日に第2回ワインセミナーが開催され、これも素晴らしいものでした。
a0036952_16354288.jpg

またサンヴァンサン祭(11年10月8日~10月23日)にあわせてワインブッフェの企画も登場し、こちらもお値段以上に素晴らしくお得なものでした。
a0036952_21533162.jpg

11年12月3日には「第6回 デアドミラル ワイン会 ~ブルゴーニュ CORTON村~」も開催されています。写真は参加されたKさんからいただいたもの(感謝!)です。
a0036952_1421794.jpg

12年2月19日には「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」が開催されました。
mattariのレポ(2月19日「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」)
12年6月30日、13年3月2日、4月20日、13年6月22日にもワイン会が開催されています。
a0036952_2257916.jpg

そして13年8月25日にも開催されました。
mattariのレポ(8月25日夏のワイン会)

13年10月25日にはアドミラルではありませんが、デハールでスペシャルなワイン会が開催されます。
                  サンヴァンサン・スペシャル・メーカーズディナー
 世界に誇るフランス・ボルドー5大シャトーのひとつであるバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社からアントニー・グルメル氏をスペシャルゲストにお招きいたします。
 1853年、ロスチャイルド・ファミリーの一人で、イギリスに渡ったナタニエル・ド・ロスチャイルド男爵が、フランスのポイヤック村に位置するシャトーを購入しその名を「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」と改めたところから飛躍的な躍進を遂げたバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社。同社が誇る約60銘柄より特別にセレクトされた「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」をはじめ、数種類の名醸ワインと共に、特別ディナーをご堪能下さい。
【開催日】13年10月25日 18:30~ ホテルヨーロッパ西玄関で受付 19:00~
【会場】 ロイヤルクルーザー「デハール」
【料金】 ¥40,000(料理・ワイン・税金・サービス料込)
【予約】 0956-27-0545

また、13年12月1日にもアドミラルでワイン会が予定されています。

グルマンの会
a0036952_2224650.jpg

11年3月6日のグルマンの会も素晴らしいものでした。
mattariのレポ(3月6日グルマンの会)
a0036952_21422478.jpg

11年9月4日の第2回グルマンの会もとっても素晴らしいものでした。
mattariのレポ(9月4日グルマンの会)

12年4月1日の第3回グルマンの会も素敵なものでした。いずれ姉妹ブログでご紹介できれば・・と思っています。

 スパRINとのセットプランも継続しています。
スパ&ランチ
  美味しいランチを食べて、スパでボディトリートメント♪
【期間】2013年9月1日~11月30日
【内容】ランチ  日本料理「吉翠亭」 または フレンチ「デ アドミラル」
    スパ   The Life Spa RIN ウェルネス
【時間】吉翠亭・デ アドミラル   11:30~14:00
    The Life Spa RIN ウェルネス  11:00~23:00 (最終受付 22:00)
     ※スパとランチは滞在中なら別日に利用する事も可。
【料金】¥9,600 
     ※事前予約制
     ※¥3,000追加でスパメニューを60分コースに変更可。
【予約・問い合わせ】The Life Spa RIN ウェルネス TEL:0956-27-0503
    ※RINもアドミや吉翠亭も無料ゾーンにあります。予約時に車のナンバー等を伝えておくと、無料駐車場を利用する事も可能です。
【スパ内容】ハーフボディートリートメント45分やアロマフェイシャルトリートメント45分の2種が用意されているようです。
    ※所要時間いずれも約75分
【アドミラル・ランチメニュー内容】
   スモークサーモンに地元産の野菜を添えて
   トリュフの香り豊かな、えびすかぼちゃのヴルーテ
   佐世保産カマスのグリエと、きのこのマリネ プロヴァンス風
   アドミラル特製のデセール
   コーヒーまたは紅茶


以下は9月5日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
9月1日からコースメニューが秋のメニューになり、アラカルトメニューにおいても変更があります。
ワインも「世界のワイン祭 ソムリエ厳選ワイン」が提供されています。

9月5日は「世界のワイン祭 ソムリエ厳選ワイン」5種のうち4種とともに、「秋のおすすめコース」をいただきました。
まずはシャンパン。
a0036952_2315379.jpg

「クロード・バロン・キュヴェ・サファイア・ブリュット」グラス¥2,000
 「若き三姉妹の挑戦!2003年に造り出した新しいシャンパーニュ「キュヴェ・サファイア」は、珍しいピノ・ムニエ主体(ピノ・ムニエ80% シャルドネ10% ピノ・ノワール10%)の手造りシャンパーニュ。彼女たちが手掛けるシャンパーニュは、キメの細かい泡がふくよかな果実味を包み込む上質な仕上がり。父とは一味違う、非常にフレッシュで女性らしい繊細さを秘めた美しい仕上がりとなっています。」というものですが、ホントにフレッシュで果実味豊かでかなり気に入りました。
a0036952_2322214.jpg

アミューズです。磯の香りが広がる海草のゼリーを使った海をイメージした一品。
a0036952_2331860.jpg

下に海草のゼリー。上の泡状のものは柑橘系の風味でさっぱりと。なかなか美味しいアミューズです。
a0036952_233417.jpg

続いて「長崎牛のパストラミに地元産の野菜を添えて」。パストラミはもともとは保存用につくられていたもので、塩漬けした牛肉を燻煙し香辛料で調味するものだと思いますが、
a0036952_2354947.jpg

ここでは燻製の度合は強くなくミディアムレアな感じで実に美味しく。ナスやズッキーニ、トマト、ニンジンといった野菜とあわせてさっぱりといただけました。ソースはポルト酒のソース。
a0036952_2363647.jpg

続いていただいたワインは「ラベイユ・ド・フューザル・ブラン 2010」 グラス¥1,600
 「赤のファーストは格付けシャトーであるシャトー・ド・フューザル。格付け赤より高評価といわれる白のセカンドワイン。」
a0036952_237765.jpg

 「ナポレオンから引き継いだ”蜂”(ラベイユ)の紋章がついたこのワインはファーストにも劣らない人気を誇ります。」とありますが、このラベイユの紋章はナポレオンが皇帝になる前に使っていたもののようです。シャトー・ド・フューザルは300年以上の歴史があるシャトーで、シャトー名になっているフランス革命期にこのシャトーを所有していたド・フューザル候がナポレオン・ボナパルトと親交があったのだとか。
 このワインの味わいも「セミヨン比率が高い(セミヨン65% ソーヴィニョン・ブラン30% ミュスカデル5%)ことに由来する、ハチミツ、りんごの蜜などの香り、上質なミネラル感とボリューム感のあるエレガントな仕上がり」になっている素敵なもの。
a0036952_2383793.jpg

「きのこのマリネとヤリイカのソテー プロヴァンス風」もなかなかのもの。
a0036952_2394413.jpg

イカはニンニクを軽く効かせたぷりぷりの味わいで、ブナピー、エリンギ、シイタケ等を使ったキノコのマリネも美味。秋はやっぱりキノコを美味しくいただけるのがいいですね。ってもとはキノコが全然ダメな人だったのですが。。。アドミや吉翠亭でいただくキノコ料理はいまや私の好物です。
a0036952_23102042.jpg

パンは2種類のバターを添えて
a0036952_2311922.jpg

「えびすかぼちゃ なめらかなヴルーテにして、トリュフの香りと共に」。
a0036952_23113824.jpg

ヴルーテは「ビロードのような、滑らかな」といった意味合い。その通りとってもなめらかでかぼちゃの風味が心地よく広がります。トリュフオイルとトリュフ塩が使われており、香りのアクセントに。
a0036952_23122084.jpg

「ムルソー・ブラニー・スー・ル・ド・ダーヌ 2010」グラス¥3,000
 「ドメーヌ・ルフレーヴの当主のアンヌ・クロードの指揮のもと、ビオディナミを10年にわたり採用してきた畑がオリヴィエ・ルフレーヴに返却された畑によりドメーヌとしてリリースするファーストヴィンテージ!ルフレーヴからルフレーヴへその伝統と魂はしっかりと継承され、オリヴィエ・ルフレーヴのワインは優しく、気品に満ち、繊細。決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルです。」
 これ、相当美味しいです。「ラベイユ」も美味しくいただきましたが、このムルソーもご機嫌な味わいで深い余韻に浸れます。
a0036952_2313112.jpg

「佐世保産沖アラカブ 香ばしくポワレして トマトのクーリにゴボウと小松菜のピュレを添えて」
a0036952_23135171.jpg

アラカブの下にはゴボウのピュレ。上にはペコロス(小タマネギ)とアサリがサフラン風味で。さらにその上にサツマイモ。緑とオレンジ色のソースは小松菜のクーリ(ピューレして裏ごしした野菜や果物から作られる濃厚なソース)とトマトのクーリ。
なかなかに美味しい一皿でした。

ただ、メインが魚だと赤ワインがいけないなぁ(チーズはアムステルダム広場の方でいただくつもりだったので)。。。と思ったのですが、やっぱり赤も一杯いただくことに。
a0036952_23143493.jpg

「クラレンドール・ルージュ 2008」グラス¥1,800 
 「シャトー・オー・ブリオンが手掛ける人気ワイン、クラレンドル。2008年ヴィンテージは、シャトー・オー・ブリオンとシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンの畑のブドウだけを使用した特別なブレンド(メルロ49% カベルネ・ソーヴィニョン32% カベルネ・フラン17% プティ・ヴェルド2%)。そのため、アペラシオンには『ペサック・レオニャン』が付けられ、そえを記念して造られた特別仕様の”赤いラベル”はこのヴィンテージだけの限定品。」というのですから、飲まずにはいられません。
 「よく熟した森の果実やベリー系の香りの後に、バニラを含むスパイシーな香りが広がり、長い余韻が」楽しめるという素晴らしいワインでした。
a0036952_23151962.jpg

「デ アドミラル特製のデセール」はアプリコットのタルトに木イチゴのシャーベット、バニラアイス。
a0036952_2316487.jpg

素敵なランチでした。


以下の価格は税・サービス料込み。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-13 23:16 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(ランチPart2)

a0036952_21393699.jpg

字数の関係で3部に分けてアップします。

以下に続きを記します。
ランチタイムとディナータイムでは通常グラスワインのラインナップに違いがあります。

                   ドリンクメニュー
  下記の他にワインリストも用意されています。
世界のワイン祭 ソムリエ厳選ワイン
a0036952_20522817.jpg

シャンパン
a0036952_20532198.jpg

  ※写真は13年9月5日にいただいた際のものです。
○クロード・バロン・キュヴェ・サファイア・ブリュット  グラス¥2,000 ボトル¥12,000
 「若き三姉妹の挑戦!珍しいピノ・ムニエ主体の手造りシャンパーニュ
 1974年からシャンパーニュを作るクロード・バロンの3人の娘、クレール、アリーヌ、リゼが2003年に造り出した新しいシャンパーニュ「キュヴェ・サファイア」。三姉妹が各自の得意分野で活躍しています。バロン家の親戚一同が葡萄栽培に携わっており、手で摘み取られた葡萄は父親クロードのアドバイスを取り入れながら、2007年に新設したばかりという最新設備で醸造され、24ヵ月の熟成期間を経てリリースされます。彼女たちが手掛けるシャンパーニュは、キメの細かい泡がふくよかな果実味を包み込む上質な仕上がり。父とは一味違う、非常にフレッシュで女性らしい繊細さを秘めた美しい仕上がりとなっています。」
 ブドウ品種:ピノ・ムニエ80% シャルドネ10% ピノ・ノワール10%

白ワイン
a0036952_20541040.jpg

  ※写真は13年9月5日にいただいた際のものです。
○ラベイユ・ド・フューザル・ブラン 2010 グラス¥1,600 ボトル¥10,000
 「赤のファーストは格付けシャトーであるシャトー・ド・フューザル。格付け赤より高評価といわれる白のセカンドワイン。
 優れたワインの一大産地となったグラーヴの中でも、レオニャン地区のシャトー・ド・フューザルは300年にわたる長い歴史を持ち、”ボルドーワイン発祥の地”とも言われています。ド・フューザルは、赤ワインも白ワインも生産していますが、グラーヴの格付けに入っているのは赤ワインのみ。白ワインは格付けこそされていませんが、ボルドーの白の中ではトップクラスとの評価も。かねてから愛好家が「金の砂」と名付け、ひそかに愛飲し続けてきました。年間生産量が3,000ケースという少なさも手伝い、なかなかお目にかかることの少ないワインです。
 「ラベイユ・ド・フューザル」はこのセカンドワイン。ナポレオンから引き継いだ”蜂”(ラベイユ)の紋章がついたこのワインはファーストにも劣らない人気を誇ります。
セミヨン比率が高いことに由来する、ハチミツ、りんごの蜜などの香り、上質なミネラル感とボリューム感のあるエレガントな仕上がりになっています。」
 ブドウ品種:セミヨン65% ソーヴィニョン・ブラン30% ミュスカデル5%
a0036952_20545047.jpg

  ※写真は13年9月5日にいただいた際のものです。
○ムルソー・ブラニー・スー・ル・ド・ダーヌ 2010  グラス¥3,000 ボトル¥20,000
 「ドメーヌ・ルフレーヴより返却された畑によりドメーヌとしてリリースするファーストヴィンテージ!オリヴィエ・ルフレーヴのワインは優しく、気品に満ち、繊細。決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルです。ビオディナミを10年にわたり採用してきた畑がオリヴィエ・ルフレーヴに返却され造られた『ブラニー・スー・ル・ド・ダーヌ』一級畑ブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは、以前ドメーヌ・ルフレーヴが所有していた土地で造られるワイン。平均樹齢20年、ビオディナミを採用しており、ブドウは全て手摘み、発酵は100%オーク、その内35%が新樽を使用しています。かつてピノ・ノワールが植えられ、ドメーヌ唯一の赤ワインとして、ブラニー・スー・ル・ド・ダーヌの名で出荷されていたクリマ。土壌微生物学の権威、クロード・ブルギニヨン教授の勧めにより、95年、赤から白へ植え替えを始めた(AOCの規定による白はムルソーに)。ムルソーらしく、ハニーテイストでリッチな仕上がり。
 ルフレーヴからルフレーヴへ。その伝統と魂はしっかりと継承されています。」
 ブドウ品種:シャルドネ100%

赤ワイン
a0036952_20555286.jpg

  ※写真は13年9月5日にいただいた際のものです。
○クラレンドール・ルージュ 2008   グラス¥1,800 ボトル¥12,000
 「シャトー・オー・ブリオンが手掛ける人気ワイン、クラレンドル。シャトー・オー・ブリオンやシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンを率いるルクセンブルグ大公国ロベール殿下が造り出したワインが”クラレンドル”。
 2008年ヴィンテージは、シャトー・オー・ブリオンとシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンの畑のブドウだけを使用した特別なブレンド。そのため、アペラシオンには『ペサック・レオニャン』が付けられ、そえを記念して造られた特別仕様の”赤いラベル”はこのヴィンテージだけの限定品。よく熟した森の果実やベリー系の香りの後に、バニラを含むスパイシーな香りが広がり、長い余韻がお楽しみいただけます。バランスの良い、ボルドーらしい骨格と複雑さを併せ持っており、シャトー・オー・ブリオンとシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンで培われたワイン造りの哲学と最高の技術がよく反映されています。」
 ブドウ品種:メルロ49% カベルネ・ソーヴィニョン32% カベルネ・フラン17% プティ・ヴェルド2%

○マルサネ・レ・ゼシェゾ 2010    グラス¥1,800 ボトル¥12,000
 「マルサネのなかでもトップクラスのワインを造り出すパリゾ。パリゾのラインナップの中でもレ・シェゾEchezotsは東向きの畑で表土が薄く、アルジェロ・カリケール。海由来の化石(オストレア・アクミナータ)をほとんど含みません。水捌けがよく、ブドウの熟成は少し遅めですが、それが逆に隅々まで行き渡る熟成を促し、全体に好影響を与えます。「小さな谷のテロワール」と呼ばれる、レ・ゼシェゾ。コクがありながらもマイルドで、果実がしっかりしつつも強すぎない。ブドウが晩熟であることも影響し、複雑味とキメ細やかさが相まって、美しく繊細で、フレッシュでチャーミングな中に抜群のミネラルが感じられます。」

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-13 20:56 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(ランチPart3)

a0036952_2275890.jpg

字数の関係で4部に分けてアップします。

以下に続きを記します。
                     現在提供されていない(内容が異なる)主な料理
セット・コースメニュー
a0036952_17173458.jpg

  ※写真は13年6月9日にいただいた際のものです。
●季節のコース セゾン          ¥7,000
~夏~
  アミューズ
  現代風にアレンジした、パルマ産生ハム フルーツ添え
  地元産魚介類、野菜のマリネ レモン風味 サマートリュフと共に
  特選とうもろこし 冷製スープ仕立て、クリスピーなベーコンのアクセント
  佐世保産コチのロティ ニース風 ソースオマール
  彼杵茶のグラニテ
  イベリコ豚を赤ワインでやわらかく煮込み、ヴァンデ産フォアグラのコンフィを添えて
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶
a0036952_18205335.jpg

  ※写真は13年3月10日にいただいた際のものです。
●春のおすすめコース        ¥4,000
  シェフからの贈り物
  佐世保産サワラのコンフィのニース風サラダ仕立て
  県内産ジャガイモで作ったポタージュパルマンティエ
     パセリのエミュルションにイベリコ豚で作った自家製“チョリソ”を添えて
  佐世保産的鯛 タプナードを挟んでカダイフでフリットにし、トマトと菜の花のピュレと共に
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶
a0036952_22303251.jpg

  ※写真は12年12月2日のもの。
・季節のコース セゾン          ¥7,000
~冬~
【提供期間】12月1日~
  アミューズ
  寒ブリのスモークに赤いコンディマン、生ハムのジュレ、デ・アドミラル特製キャヴィア添え
  紅イモのクリームスープにパルメザンチーズのフランを添えて
  佐世保産真鯛をやさしくロティ キャロットとアーモンドのクーリと共に
  林檎のグラニテ
  やわらかく煮込んだ牛タンとヴァンデ産フォアグラ、トリュフのキャベツ包み
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶

a0036952_2230549.jpg

  ※写真は12年12月2日にいただいた際のもので、アップグレードしています。
・本日のおすすめコース        ¥4,000
  シェフからの贈り物
  雲仙豚のテリーヌ トリュフ風味 地元で採れた野菜のマリネ添え
  なめらかな紅イモのクリームスープ
  佐世保産カナトフグと冬野菜のフリカッセ ユズの香り
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶
 ※アップグレード:プラス¥2,600で「特選和牛ロースのグリエ マデラソース グラタンドフィノワーズと共に」を追加

a0036952_13392483.jpg

  ※写真は11年11月20日にいただいた冬のコースで現在のものとは異なります。
●季節のコース セゾン          ¥7,000
~秋色のシンフォニー~
【提供期間】9月1日~
  アミューズ
  佐世保産真鯛のマリネ 香草風味 キャヴィア添え
  かぼちゃのポタージュ ヴァニラの香りのカプチーノ仕立て
  佐世保産イトヨリのポワレ ソースノイリー
  巨峰のグラニテ
  牛ホホ肉の赤ワイン煮 セップのプラリネ風味のヴァンテ産フォアグラ トリュフ香る野菜のエテュヴェ添え
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶

a0036952_1935192.jpg

  ※写真は12年9月2日にいただいた際のものです。
●本日のおすすめコース        ¥4,000
  シェフからの贈り物
  キノコと魚介類のマリネ
  かぼちゃのポタージュ ヴァニラの香りのカプチーノ仕立て
  長崎産シイラのロティ カボスの香り
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶
 ※アップグレード:プラス¥2,600で「特選和牛のグリエ 秋野菜添え マスタードソース」を追加

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-13 19:48 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ