カテゴリ:迎賓館・ホテルヨーロッパ( 1080 )

鉄板焼/戎座(夜)

a0036952_230936.jpg

今回はホテルヨーロッパに07年年10月2日オープンした和食のお店2店のうち鉄板焼の戎座の夜のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
長崎和牛指定店。
有名黒毛和牛に勝るとも劣らない「長崎和牛」。
「長崎和牛」は、ミネラル豊富な大自然の恩恵を受けた牧草で育てられ、柔らかな食感とジューシーできれのよい脂味が特徴です。
新鮮な素材の魅力をそのままに、職人が見事な手さばきで焼いて供する美味の数々が
鉄板の上で音を立て素材をお客様の好みに焼き上げ、食欲と笑顔を誘います。
焼き手の演出とともに、会話も弾む鉄板焼。
笑顔が集う、心楽しいひととき。
食べる楽しさの原点を、思い出していただけることでしょう。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 カウンター10席×2コーナー 計20席
【営業時間】昼:11:30~14:00(ラストオーダー) 
       ※土日・祝日限定
       ※平日は完全予約制(予約受付前日の17:00まで)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_2582331.jpg

ホテルヨーロッパの裏口横手の建物に日本料理店がそれぞれ造られています。
入口は戎座も吉翠亭も共通です。
a0036952_22401445.jpg

入り口に受付・クロークがあり、戎座は入って直ぐ左手。
a0036952_2584911.jpg

鉄板カウンターが左右にあり、それぞれ10名座れるようになっています。
a0036952_2591027.jpg

窓の外にはちょっとした日本庭園があり良い雰囲気。
a0036952_22301046.jpg

見事な手さばきで調理される様もご馳走です。
目の前で調理される様は鉄板焼の醍醐味です。ハレの日の食事にふさわしいものがあります。
a0036952_1711815.jpg

お店の雰囲気も、スタッフの方のサービスもなかなかのものです。
私個人の感想は味はハウステンボスJR全日空ホテルの名店「大村湾」に匹敵する、時に凌駕しているかも?と思う事もある反面、眺望などを含めると総合力ではまだ「大村湾」の方が上のように思えます。
a0036952_17112952.jpg

ネットでも評価は分かれるようで、味に関しても大村湾に軍配を上げられる方もおられます。
プラスアルファの魅力を求める方には大村湾の利用(個人的には黄昏時がお勧め)をお勧めしますが、立地において戎座が優位とも言えます。私個人は眺めをも楽しんでもらいたい場合は大村湾を、立地を活かしたプランニングをする場合は戎座を選ぶかと思います。
大村湾には季節メニューの楽しみもあり、戎座にもその点は今後も期待したいところです。
いずれにせよどちらも名店と言える存在である事は確かだと思います。
a0036952_2162745.jpg

戎座は予算的な事を考えるならば、ランチ中心の食事プランにして、戎座のランチを楽しまれるのもよろしいような気もします。

いろいろと飲みながらですが、私の場合、昼で1時間~1時間半、夜はたっぷり2時間ほどかけて食事を楽しんでいます。時間には余裕をみておかれるとよろしいかと思います。
席数に限りがあるうえに、(たっぷり時間をかけて食事されるので)あまり回転しないとなると、1日に利用できる客数は限られたものになりますので、利用される際は予約をお勧めします。

以下は10月13日の夜に利用した際の記録をもとに改定したものです。
期間限定のメニューとして「秋のスペシャルディナーコース ~松茸と長崎和牛の極み~」が登場しています。
加えて季節のアラカルトメニューとしても「松茸」が登場しています。
a0036952_23711100.jpg

 ちょっとオーダーし難いかと思うのは『時価』。この日は100g 7,500円
a0036952_23104585.jpg

 50gでいただく事も出来るとの事でしたが、100gでオーダー。
a0036952_23113449.jpg

 この日はお仲間と楽しいひとときを過ごさせていただいたのですが、私的には二度とお目にかかれない様な松茸集合!の図に。
a0036952_2315343.jpg

 自家製の”柚子焼き塩”などでいただくのですが、思うに一人分には多すぎたかも。何人かでシェアする方がお勧めかも。
a0036952_2317213.jpg

 アラカルトメニューのガーリックライスではなく、「松茸のガーリックライス」をお願いしたのですが、それ用の松茸です。
a0036952_23181037.jpg

a0036952_23184547.jpg

a0036952_23202375.jpg

a0036952_2321270.jpg

a0036952_23212934.jpg

a0036952_23215091.jpg

 この松茸のガーリックライスが私的には絶品♪なのです。
a0036952_23235166.jpg

a0036952_23245517.jpg

a0036952_23251958.jpg

a0036952_23254023.jpg

 炎もご馳走です。

a0036952_22303560.jpg

今年の2月に戎座初のワイン会が開催されました。戎座のワイン会につきましては姉妹ブログでご紹介しています。
mattariの戎座ワイン会レポ
a0036952_22315155.jpg

a0036952_22321344.jpg

「秋のスペシャルディナーコース ~松茸と長崎和牛の極み~」の中の「松茸と紅葉鯛の香包み お吸物仕立て」「松茸のガーリックライス」につきましても姉妹ブログでご紹介していますので、よろしかったらこちらをご覧ください。

ドリンクメニューについて、別途アップしています。

下記価格は税込み価格で、別途サービス料10%がかかります。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-17 23:26 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(ワイン&その他のメニュー)

a0036952_11332236.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパのメインバー「シェヘラザード」のその他のメニュー(ノンアルコールカクテル、ビール、ワイン他)のご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日10月17日
それ以外のメニューについては「What's New」からご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全43席の落ち着いた空間。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【料金システム】チャーム、カバーチャージ有り。詳しくはこちら
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

シェヘラザードではメニューにないドリンクも材料がそろっていれば、可能な限り作っていただけます。
私も、車でHTBに行く事が多いこともあって、シェヘラザードに行ってもノンアルコールカクテルをおまかせで作って頂くことがよくあります。
お酒の飲めない方でも大丈夫。下記ソフトドリンクメニューにない、珈琲や紅茶での利用も可能です。

以下は9月22日に利用した際の記録を元に改定したものです。
9月5日にはメニューを確認できなかった英国王室御用達No.1スパークリングの「ナイティンバー・クラッシック・キュヴェ 2008」が新メニューで提供されていました。7月にメニューに登場した際は、ナイティンバーを使ったオリジナルカクテルもメニューに掲載されていましたが、今回はナイティンバー・クラシック・キュヴェのみとなっています。
a0036952_21561442.jpg

ナイティンバー・クラッシック・キュヴェがハウステンボス初入荷。これが実に素敵なスパークリング。
a0036952_21564884.jpg

綺麗な黄金色の中に繊細な泡が。。。味わいも良く、シャンパーニュを差し置いてチャンピオンを獲得したという事が十分にうなずけるように思います。

ボトルワインのリスト(以前と変更なし)がメニューに載せられています。これ以外にも提供できるようですが、スペースの関係で下記の内容になっているようです。
a0036952_16155730.jpg

最古のメゾンのシャンパン「ルイナール・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」は以前期間限定で登場していましたが、グランドメニュー入り。

○印は新(再)登場、●印はマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。

焼酎、日本酒は別紙メニュー(メニューとしては用意されていない事も)となっており、その時々で異なるラインナップで用意されているように思いますが、現時点でどのようなものが用意されているのか、いないのかは不明です。

※10月6日は素敵なラム酒をいただく事ができました。
a0036952_2065097.jpg

○クレマン ヴィンテージ 1976 ¥1,200
  70年代のラムは希少で、クレマン・ヴィンテージ1976は幻のラムとも呼ばれているとか。
a0036952_2072572.jpg

 「バーボンバレルで20年間熟成された後、オークの大樽で保管され、2008年に瓶詰めされた限定生産品」で、「 香りと味わいのバランスが良く、スパイスやアーモンドの風味に加え、微かにバニラ」の甘い香りが広がります。

以下の価格は税・サービス料込です。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-03 22:21 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(ディナーPart1)

a0036952_17314636.jpg

今回はハウステンボス、ホテルヨーロッパのメインダイニング・デ アドミラルのディナータイムメニューです。
改訂版ををアップします。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:88席
      禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
【その他】ドレスコード:夕食時のみ、ゴムぞうり・スリッパ・ビーチサンダル・男性の半ズボン(ハーフパンツ)でのご利用はご遠慮いただきますよう、お願い致します。

【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (ランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには1時間半程度はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)

デ アドミラルは重厚なホテルヨーロッパのメインダイニング。格調高い落ち着いた雰囲気で、窓外の風景や温かみのある照明がムードを高めてくれます。
エリタージュが(一般客にとって)利用できない現在、アドミラルはハウステンボスにおける最上のフレンチレストランです。
洗練されたサービスの中ゆったりとした食事はリゾートの醍醐味。

エリタージュと異なり、ハウステンボスがリゾートであることから、アドミラルにおいてはドレスコードはありません。男性で言うとジャケットの着用とかは不要ですし、ノーネクタイで全く問題ありません。
必要以上に気負うことなく、ゆったりとひと時の贅沢を堪能してみてはいかがでしょうか。
ディナーの所要時間はおおよそ2時間位でしょうか。あまりの居心地良さに3時間以上かけてゆったりじっくりと楽しまれる方も少なからずおられるようです。

ディナータイムには時間によっては生演奏を楽しみながらいただく事ができます。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

勘定は(基本的に)テーブルチェックになりますので、食事が終わりましたら係りの方にその旨告げ、テーブルにて支払いを済ませる事になります。
a0036952_7181640.jpg

ここでは食事メニュー及びワインのフェアメニュー、グラスワインのみの紹介となっていますが、ドリンクメニューは他にもいろいろ用意されており、特にワインはなかなかのラインナップのようです。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ特典があります♪ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。

11年から入り次々とスペシャルな企画が登場してます。
極上ランチ
a0036952_1618102.jpg

11年1月15日の極上ランチは最高!でした。
mattariのレポ
a0036952_1635936.jpg

11年8月25日から10月23日までは第2回極上のランチが。
9月18日に楽しませていただきましたが、素晴らしい料理とワインでした。
mattariのレポ

グランアミューズ
a0036952_21595032.jpg

11年5月15日、6月5日・12日には第1回グランアミューズが。
mattariのレポ
a0036952_21405275.jpg

12年1月28日と29日の両日に第2回「Grands Amuse (グラン アミューズ)」が開催されました。
12年7月21日と22日にもグランアミューズが開催されました。

ワインセミナー、ワインの会
a0036952_221263.jpg

11年2月20日のワインセミナー&ランチも素晴らしいものでした。
mattariのレポ(2月20日ワインセミナー)
11年8月21日に第2回ワインセミナーが開催され、これも素晴らしいものでした。
a0036952_16354288.jpg

またサンヴァンサン祭(10月8日~10月23日)にあわせてワインブッフェの企画も登場し、こちらもお値段以上に素晴らしくお得なものでした。
a0036952_21533162.jpg

11年12月3日には「第6回 デアドミラル ワイン会 ~ブルゴーニュ CORTON村~」も開催されています。写真は参加されたKさんからいただいたもの(感謝!)です。
a0036952_1421794.jpg

12年2月19日には「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」が開催されました。
mattariのレポ(2月19日「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」)

12年6月30日、13年3月2日に「名醸地サンテミリオンを巡る」、13年4月20日に「名醸地アルザス地方のライジングスター”ポット・ゲイル”を味わう」、13年6月22日に「名醸地ロワールを味わう」というワイン会が開催されています。
a0036952_2257916.jpg

そして13年8月25日にも開催されました。
mattariのレポ(8月25日夏のワイン会)

13年10月25日にはアドミラルではありませんが、デハールでスペシャルなワイン会が開催されます。
                  サンヴァンサン・スペシャル・メーカーズディナー
 世界に誇るフランス・ボルドー5大シャトーのひとつであるバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社からアントニー・グルメル氏をスペシャルゲストにお招きいたします。
 1853年、ロスチャイルド・ファミリーの一人で、イギリスに渡ったナタニエル・ド・ロスチャイルド男爵が、フランスのポイヤック村に位置するシャトーを購入しその名を「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」と改めたところから飛躍的な躍進を遂げたバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社。同社が誇る約60銘柄より特別にセレクトされた「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」をはじめ、数種類の名醸ワインと共に、特別ディナーをご堪能下さい。
【開催日】13年10月25日 18:30~ ホテルヨーロッパ西玄関で受付 19:00~
【会場】 ロイヤルクルーザー「デハール」
【料金】 ¥40,000(料理・ワイン・税金・サービス料込)
【予約】 0956-27-0545

また、13年12月1日にもアドミラルでワイン会が予定されています。
           ボルドー格付け3級”シャトー・ジスクール”のオーナー アレクサンダー・バン・ビーク氏来日決定!
 メドックのなかでも美しいシャトー(城)を持つことで有名なジスクール。450haという広大な敷地のなかには広い森と湿度と風を調整する人工湖をもつ。最上のテロワールから生まれるワインは「1970年代においては、”はずれ年”でも、ジスクールは品質の点でボルドーの大半の著名なシャトーのものを上回っていた。」とワインアドヴォケイトで賞賛されるほど。今回はシャトー・ジスクール・ファミリーが産み出す名醸ワインと共に、デ アドミラル料理長 日下部誠の料理をご堪能下さい。
【開催日】13年12月1日(日)
【時間】 17:30 シェヘラザードで受付 18:00~
【料金】 ¥25,000(料理・ワイン・税金・サービス料込)
【予約】 0956-27-0561(10:00~18:00)


グルマンの会
a0036952_2224650.jpg

11年3月6日のグルマンの会も素晴らしいものでした。
mattariのレポ(3月6日グルマンの会)
a0036952_21422478.jpg

11年9月4日の第2回グルマンの会もとっても素晴らしいものでした。
mattariのレポ(9月4日グルマンの会)
12年4月1日の第3回グルマンの会も素敵なものでした。


下記は9月5日の店外表示記録を元に改定したものです。
コース内容、アラカルトのラインナップ共に変更があります。

今回はドリンクメニューは見ていません。現在は以前と異なっているかと思います。

以下の料金は税・サービス料込みの価格です。
○印が新登場、●印がマイナーチェンジ(内容や素材等の変更)していたものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-03 19:48 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(ディナーPart3)

a0036952_201063.jpg

デアドミラルのディナーPart3です。改訂版をアップします。
字数制限の関係で3つに分けてアップしています。

以下にメニューの続きを記します。
                       現在提供されていない主なメニュー
 以下は09年3月以降のものです。それ以前のものは以前の投稿の方でご覧下さい。
a0036952_1638479.jpg

  ※写真は12年11月1日にいただいた際のものです。
・カットチーズ                    ¥1,200
a0036952_22174521.jpg

  ※写真は12年10月7日にいただいた際のものです。
●アニヴェルセル          ¥15,000
 ~20周年記念メニュー~
 ~秋風にのせて~
  スコットランド産サーモン スモークし3つの味わいに仕立てて 
      バジルオイル バルサミコソース添え キャヴィアと共に
  秋トリュフ香る キノコのクリームスープ カプチーノ仕立て
  北海道から届いた大粒ホタテ貝のポワレ 地元産カマスのカダイフ包みとの饗宴 
      ホタテ貝のジュ ア・ラ・クレームと青リンゴのピュレを添えて
  巨峰のグラニテ
  シャラン産鴨「マダム ビュルゴー」 やさしくロティしヴァンテ産フォアグラのコンフィと共に 
赤い果実の風味を添えて ボルドレーズスタイル
  季節のチーズをワゴンサーヴィスで
  フランス産シャテーニュ グラスとスープのデュオ ショーフロワスタイル
  ミニュアルディーズ
  コーヒーまたは紅茶
mattariのレポ
a0036952_8394429.jpg

  ※写真は11年11月13日のもの。
○九十九島産カキと鮮魚のブイヤベース 柚子胡椒のルイユ添え ¥4,300
 「魚介のコンソメ、赤座エビの出汁に野菜を加え、じっくり煮込んだスープ。」
a0036952_15252862.jpg

  ※写真は11年11月20日のものです。
○ジビエコース(デギュスタシオンメニュー シュプスタンス)¥17,000
  冬のフレンチを存分にお楽しみ頂きたく、機関限定でジビエ(野生の鳥獣類)の特別コースをご用意させていただきました。魅惑のフレンチの世界をこの機会に。
【提供期間】11/7~12/14
  ジビエのパテ アンクルート
  ペルドロールージュのコンソメ仕立て キャベツ添え
  ピジョン ラミエのロティ ショコラ風味
  長崎産仔いのしし“うまかぼたん”のロティ カシスのソース
  ナチュラルチーズ各種
  アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶
a0036952_13381972.jpg

  ※写真は11年11月20日にいただいた際のものです。
テリーヌ・ド・フロマージュ      ¥1,800
 「4種類ものチーズを使用したテリーヌです。ワインとの相性も抜群です。」

a0036952_1724896.jpg

・デギュスタシオンメニュー シュプスタンス      ¥17,000
 ※ガーデニングワールドカップ期間は「お野菜が主役のメニュー」になっています。
【提供期間】10月8日~11月6日
  コンソメジュレ、人参のピュレ、ウニのハーモニー キャヴィア添え
  野菜のコンポジション テリーヌ仕立て ヘーゼルナッツオイルの乳化ソース
  トリュフのアロマ香るポテトのロザスとポワローのフォンデュ
  フランス産キノコのクリームスープ
  秋野菜のガルグイユ風に佐世保産真鯛のポワレを添えて
  オニオンのフォンデュにのせたポーチ・ド・エッグと鴨のスモーク トリュフ風味のジュ・ド・プーレ
  グラニテ
  野菜のポトフ仕立て 仔牛とフォアグラのファルシ添え
  アドミラル特製のデセール
    10月10日は南瓜のアイスクリームとチーズのムース トマトのコンポート添えでした。
  コーヒーまたは紅茶

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-10-03 19:43 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

吉翠亭・戎座(ドリンクメニューPart1)

a0036952_14312926.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパ吉翠亭と戎座のドリンクメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。最新更新日10月17日
ドリンクメニューに関しては吉翠亭と戎座は両店共通する部分も多いのですが、ワイン等に関しては戎座がより充実している場合もあり、焼酎・日本酒等は吉翠亭の方が充実している場合もあるようです。ただ隣り合ったお店ですから融通が効き、戎座でランチをいただいた際に吉翠亭のドリンクメニューを見せていただきオーダーした事もありますし、逆に吉翠亭でワインをお願いした際に戎座で出されているものをいただいた事もあります。
今現在は、吉翠亭と戎座のドリンクメニューは基本的に共通したものになっているようです。

ホテルヨーロッパの和食処として、日本酒や焼酎などかなり検討され厳選されたものが用意されています。夜だけでなく、昼間からそれらをいただけるのがのんべには嬉しいもの。
美味しいお酒が飲みたい、九州の美味しいお酒が飲みたいって方、昼間から飲みたいって方吉翠亭・戎座は大注目です。

女性には梅酒もお勧め。ただ梅酒は甘めなので料理にはあわせにくいかも?私は食後にデザートワイン的に楽しんでいます。

以下は9月15日に吉翠亭を利用した際の記録をもとに改定したものです。
「ハッピーアペリティフ」と「サンヴァンサンフェア~ニュートン・ヴィンヤード~」のメニューが登場しています。

その他にも一部ラインナップに変更があります。

○印が新登場したものです。●印は価格や生産年が異なっていたりしたものです。

下記価格は税・サービス料込の価格です。
                ドリンクメニュー
ハッピーアペリティフ
  食前のお酒は、アペリティフorアペタイザーと呼ばれ、お食事前の時間を贅沢に又優雅に過ごすうえでは、欠かせないものです。また胃を刺激し、食欲増進の手助けとなりお食事をより印象深いものにいたします。
 ハウステンボスのアペリティフはいかがでしょうか?
お勧めシャンパン
a0036952_2254058.jpg

  ※写真は13年9月15日に戎座でいただいた際のものです。
○モエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアル グラス¥2,000

お勧めシャンパンカクテル
○西海みかんのミモザ   ¥1,500

ベルギービール
a0036952_2220216.jpg

  ※写真は13年3月10日にいただいた際のものです。
a0036952_23121270.jpg

  ※写真は13年7月21日にいただいた際のものです。
a0036952_22505989.jpg

  ※写真は13年9月15日にいただいた際のものです。
○ステラアルトア           ¥1,000
 「世界で一番愛されているベルギービールホップが香る喉越しのピルスナータイプ。ホップが香る爽快な飲み口で、ドライな後口。食前酒にお勧めです。」


サンヴァンサンフェア~ニュートン・ヴィンヤード~
 カリフォルニアワインの先駆者として有名なニュートンは、ナパとソノマバレーの境界線であるマヤカマス山地の東側にあるセントヘレナの西にある岩の多い平静なスプリングマウンテンの最初のワイナリーの一つです。ニュートン・ヴィンヤードは1977年に、スプリングマウンテンがブドウ産地で成功することを見据えていたスー・ファ・ニュートン博士とピーター・ニュートン博士によって創立されました。このすばらしい敷地の優れた特徴は、ヴィンヤードの頂上の稜線にある松の木です。ナパバレーのあちこちがら見える30mもある松の木はピノ・ソロと呼ばれています。ピノ・ソロはニュートン・ヴィンヤードのラベルに使用されており、極上ワインへの深い情熱を表す印です。
 オーナーのニュートン夫妻が心がけているのは、できるだけ自然に沿ったワイン造りです。畑の微気候に合わせて栽培する品種を選び、化学肥料、殺虫剤や除草剤の使用を最小限に抑え、熟度を確かめながらすべて手摘みで収穫します。ワイン醸造は、自然発酵およびろ過せずに瓶詰めする昔ながらの醸造法に基づき、細心の注意を払って行われます。丹念に育てたブドウは、すこしづつ手摘みで収穫されたあと、スプリングマウンテンの貯蔵庫で圧搾されます。パズルおよびアンフィルタードワインは、清澄およびろ過処理せずに瓶詰めされます。これらの処理により、収穫したブドウの繊細さと特徴が失われる可能性があるからです。アメリカのアンフィルター・ワインの第一人者として知られるニュートンは、自然の調和を大切にし、最高の品質の果実から個性豊かなワインを生み出すことに力を注いでいます。

a0036952_3272387.jpg

  ※写真は09年にいただいた2005です。
a0036952_22482788.jpg

  ※写真は13年10月13日にいただいた際のものです。
○アンフィルタード・シャルドネ 2010   グラス¥1,800 ボトル¥12,000
 「アンフィルタードの最高傑作。白桃やパイナップルの果実味と蜂蜜やナッツが幾層にも重なる豊かな味わいです。」
a0036952_22494854.jpg

  ※写真は13年9月15日にいただいた際のものです。
○アンフィルタード・メルロー 2009    グラス¥1,800 ボトル¥12,000
 「果実の自然の味わいを保つことを第一に造られ、フローラルなアロマの骨格のある味わいを楽しむことのできるワインです。」
○ザ パズル 2010                    ボトル¥16,000
 「ニュートンブランドの最高峰に君臨し、限定生産されているザ・パズル。さまざまな要素をパズルのように組み合わせられた芸術作品。」

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-27 22:55 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

吉翠亭・戎座(ドリンクメニューPart2)

a0036952_19415534.jpg

字数制限により、3つに分けてアップします。

以下にドリンクメニューに関する続きを記載します。
※スパークリング清酒、日本酒、焼酎は8月21日に記録したものです。現在は異なっているかもしれません。

スパークリング清酒
a0036952_1210192.jpg

  ※写真は11年12月11日にいただいた際のものです。
・ひととき /山形 六歌仙酒造  180ml¥1,200
 「シャンパンと同じ瓶内二次発酵で造られた新感覚の日本酒。極め細やかな泡立ち、ソフトな口当たりが特徴です。」
a0036952_1210333.jpg

  ※写真は11年12月11日にいただいた際のものです。
・澪-みお/神戸 松竹梅 白壁蔵 300ml¥1,400
 「米と米麹から生まれた、ほどよい酸味とほのかな甘みで爽やかな泡が心地よい優しいスパークリング清酒です。」

日本酒
a0036952_16131844.jpg

・翠 純米酒/長崎 杵の川酒造      1合¥900
 「芳醇な味わいの特別純米酒。山田錦を使用し、米本来の旨味と、さっぱりとした後口の良さが楽しめます。」
a0036952_14263170.jpg

・美禄天 大吟醸/長崎 杵の川酒造    1合¥1,800
 「吟醸酒特有のフルーティーな香りと旨味と酸味が調和した味わい。」
a0036952_22425575.jpg

  ※写真は13年1月13日にいただいた際のものです。
・本陣 純米吟醸/長崎 潜龍酒造     1合¥1,000
 「心地良い吟醸香、すっきりしたのどごしが特徴の純米吟醸です。」
a0036952_22433649.jpg

  ※写真は13年1月13日にいただいた際のものです。
・ふるさと讃歌 大吟醸/長崎 潜龍酒造  1合¥2,000
 「ほんのりとした甘みに滑らかな酸味がバランス良く調和した味わいです。」
・まがたま 純米大吟醸/長崎 山崎本店酒造場  1合¥1,400
 「やさしい香りとすっきりした味わいの純米大吟醸。」
・大吟醸 しずく酒/長崎 山崎本店酒造場    1合¥1,900
 「圧力をかけずに自然にしたたり落ちた大吟醸酒。芳醇な香りとふくよかな味わい。」
a0036952_2254233.jpg

  ※写真は13年2月3日にいただいた際のものです。
・宮の松 特別純米酒/佐賀 松尾酒造     ¥1,100
 「ふんわりとした米の旨みが感じられ、様々な料理に良く合うお酒。」
a0036952_1382842.jpg

・東一 純米吟醸   /佐賀県 五町田酒造    ¥1,500
 「穏やかな香りで、すっきり上品さの中に山田錦らしい本来のふくよかな旨みを感じます。」
a0036952_21245787.jpg

  ※写真は13年6月29日にいただいた際のものです。
・鍋島 特別純米酒 /佐賀県 旭酒造       ¥1,600
 「ほんのりと香り立つ、ミネラル感のある、非常に爽やかな味わいです。」
a0036952_1371122.jpg

・香露 純米吟醸酒/熊本 熊本県酒造研究所 1合¥2,000
 「吟香は控えめで、酸をきれいに抑えて上品に仕上がっています。」
a0036952_1351272.jpg

・独楽蔵 無農薬山田錦 六十 純米酒/福岡 杜の蔵酒造 1合¥1,000
 「切れの中にコクがあり雑味が少ない、すばらしい仕上がり。」
・繁桝 純米大吟醸 福徳寿 /福岡県 高橋商店  ¥1,800
 「なんとも言えない爽やかな香りで、しっとり落ち着いた円やかな味わいです。」
・繁桝 特別純米酒  /福岡県 高橋商店     ¥1,200
 「軽やかさの中にも純米らしいふくらみを感じさせる酒。」
a0036952_2395849.jpg

  ※写真はH20年にいただいた際のものです。
・英勲 井筒屋伊兵衛 純米大吟醸/京都 斉藤酒造  1合¥2,500
 「芳醇でふくよかな味わいとフルーティーな香りがうまくとけこみ、すっきりとした切れの良いお酒です。」
 「長らく途絶えていた幻の酒造好適米の銘品種「祝」を京都で復活させ京都の米、伏見の白菊水で造り上げた京都ならではの純米大吟醸酒。」
a0036952_811819.jpg

  ※写真は13年6月16日にいただいた際のものです。
・一吟 純米大吟醸  /京都 斉藤酒造      ¥2,600
  「口当たりはやさしく味わい深く、淡麗さとフルーティーな吟醸香が優雅さを引き出す上品な高級酒です。」

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-27 22:41 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

吉翠亭・戎座(ドリンクメニューPart3)

a0036952_13534150.jpg

字数制限の為、3つに分けてアップします。

以下にドリンクメニューに関する続きを記載します。

                       現在提供されていない主なメニュー
a0036952_15432258.jpg

a0036952_15434118.jpg

・日本酒のみくらべ          ¥1,300
  吉翠亭厳選の日本酒飲み比べセットをお値打ち価格でご用意致しました。
  造り手が育んだ日本酒の奥深い味わいをぜひお愉しみ下さい。
 ☆純米大吟醸・英勲 井筒屋伊兵衛
   日本を代表する純米大吟醸
   ふくよかな味わいで、すっきりした切れが良い純米大吟醸。
 ☆大吟醸・美禄天
   なめらかな喉越しとさわやかな香り。地酒の大吟醸。
 ☆純米酒・東一
   口当たりが柔らかで優しく、フルーティーな香りが特徴の純米吟醸酒。
※一合売りも用意されています。
・英勲 井筒屋伊兵衛 / 京都 斉藤酒造  ¥2,500
・美禄天 大吟醸 / 長崎 杵の川酒造    ¥1,800
・東一 純米吟醸酒 / 佐賀 五町田酒造   ¥1,500
夏の冷酒
a0036952_20533968.jpg

●英勲 純米大吟醸飲み比べ      ¥1,300
 ☆英勲純米大吟醸 井筒屋伊兵衛
 ☆英勲純米大吟醸 無圧搾り
 ☆英勲純米大吟醸 生貯蔵原酒

夏のカクテル
a0036952_20535937.jpg

○氷梅                ¥700
  こだわりの梅酒ベースにクランベリーを加えたカクテル。
○グレープフルーツサワー       ¥700
  グレープフルーツベースに炭酸で仕上げたカクテル。
吉翠亭ももいろフェア
にごり酒
a0036952_22174166.jpg

○ももいろにごり酒          ¥400
  珍しい”桃色酵母”を使用した、繊細な酸味とほのかな甘味を持った天然桃色のにごり酒。
カクテル
a0036952_22182476.jpg

○吉翠おとめ             ¥600
  こだわりの梅酒をベースに柚子と赤果実が見事に調和した甘酸っぱいカクテル。
ノンアルコールカクテル
a0036952_22565392.jpg

  ※写真は11年3月10日にいただいた際のものです。
○桃色とにっく            ¥500
  グレープフルーツとクランベリーを使ったさわやかなカクテル。
ロゼシャンパン
a0036952_2217228.jpg

a0036952_22172091.jpg

○ヴェルズネイ・ロゼ・ブリュット(グラス) ¥2,500

焼酎
a0036952_6204826.jpg

・麦焼酎「百年の孤独」    ¥700
 「手造りの麹に選りすぐった大麦を使用し、長期間熟成させることで淡い琥珀色をしており、コクが深く風味豊かに仕上がっています。とろりとしたのどごしが特徴です。」
a0036952_1857377.jpg

・芋焼酎「森伊蔵」      ¥700
 「契約栽培のさつまいもを昔ながらのかめ壷でじっくりと熟成をさせました。甘味のあるまろやかな味わいをお楽しみ下さい。」

焼酎
芋焼酎
a0036952_124275.jpg

  ※写真は07年にいただいた際のものです。
a0036952_6325251.jpg

  ※写真は12年12月16日にいただいた際のものです。
○伊佐美/鹿児島 甲斐商店        ¥800
 「まろやかな口当たりとキレのある喉ごしが特徴です。」
 「言わずと知れた元祖、幻の焼酎。豊かな甘みが素晴らしい、材料の芋を厳選して、昔ながらの黒麹で仕込み木桶蒸留機で蒸留、後味に酸味が残る感じのドライな焼酎。」
a0036952_691462.jpg

・屋久の島   鹿児島県 本坊酒造  ¥735
 「良質な鹿児島産のさつま芋を黒麹で仕込み、芳醇な原酒を屋久島の軟らかい水を割り水として使用しています。爽やかな芋の香りが特徴です。喉ごしはすっきりしていますが、後に芋の香りがふわっと広がります。」
a0036952_6181868.jpg

・月の中/宮崎 岩倉酒造場     ¥735
 「柔らかい芋の甘味と風味で、後口のキレもありバランスの取れた素晴らしい味わい。」
a0036952_8381190.jpg

・女王蜂/鹿児島 国分酒造     ¥735
a0036952_1432552.jpg

・赤兎馬(濱田酒造)         ¥787
 「口当たりは淡麗でありながら、喉を伝わる重厚な味わいは南の大地を猛然と駆け抜ける、まさに”薩州赤兎馬”と呼ぶにふさわしい逸品です。」
a0036952_21112547.jpg

・川越/宮崎県 川越酒造場     ¥735
a0036952_725343.jpg

a0036952_726614.jpg

a0036952_17544493.jpg

○甕雫「極」(京屋酒造)     ¥945
a0036952_17552429.jpg

○宝山「芋麹全量」        ¥735
a0036952_1125012.jpg

・萬膳庵/鹿児島 万膳酒造    ¥735
 「黄麹仕込み。柑橘系のかぐわしい香りとスイートポテトのような甘味で、萬膳の持つ風格あるしっかりとした風味と黄麹の柔らかさを兼ね備えた絶妙な味わい。」
a0036952_17561760.jpg

○宝山「白豊」          ¥735
 「でんぷんを多く含む「白豊」を使うことで、軽快な飲み口の後に重厚かつ深みのある印象が残ります。フルーティーで爽やかな香りが特徴です。」
a0036952_6212724.jpg

・宝山「紅東」          ¥735
 「焼き芋にも使われる「紅東」は美しいオレンジ色をしています。焼き芋の香り・甘みがあり、切れの良い味わいです。」

a0036952_8295014.jpg

・花と蝶/鹿児島 白石酒造      ¥735
 「芋焼酎特有のほんのりとした甘い香りと、角の取れたなめらかな旨みが特徴。」
a0036952_9163031.jpg

・薩摩茶屋/鹿児島 村尾酒造     ¥735
 「柔らかい芋の甘味と風味で、後口のキレもありバランスの取れた素晴らしい味わい。」
a0036952_23535043.jpg

・燃島/鹿児島 萬世酒造       ¥735
 「珍しいどんぶり仕込み。奥行きがあり、芋焼酎の原点ともいえる味わい。」

麦焼酎
a0036952_6104231.jpg

・なでしこ/長崎 壱岐焼酎協業組合  ¥630
 「花酵母を使用しており、ほのかな甘さと芳醇な味わいが特徴です。」
a0036952_853148.jpg

・猿川/長崎 猿川伊豆酒造場    ¥630
 「甘く柔らかな麦こがし香が漂い、あっさりとした口当たりが特徴。」
a0036952_1622276.jpg

・兼八/大分 四ツ谷酒造       ¥630
 「1919年創業以来、代々受け継がれてきた伝統の技で、麦本来の香りと味を最大限に引き出すよう努力し、既存の麦焼酎とは一線を画す香ばしい麦の香りと深みある味が楽しめる本格派麦焼酎。

米焼酎
a0036952_9273993.jpg

・あいあい/熊本 松下醸造場    ¥630
 「あいあいは球磨焼酎最古の蔵で球磨のお米だけを使用し減圧蒸留した、限定醸造の球磨焼酎です。球磨の自然が育む水系と大地の恵みを受けて伝統の技で一滴一滴醸しあげた球磨の老舗蔵の逸品です。」
a0036952_22271771.jpg

a0036952_8392292.jpg

・八海山本格粕取り焼酎「よろしく千萬あるべし」  ¥1,102
 「高品質な日本酒の製造過程で生まれる新鮮な清酒粕のみを原料に、そのままの状態でゆっくりと時間をかけて減圧蒸留した贅沢な本格粕取り焼酎。3年以上の貯蔵により円熟したまろやかさと、日本酒特有の風味が一体化した、ふくよかな味わいが持ち味。」
a0036952_14333769.jpg

・よろしく千萬あるべし 八海醸造株式会社/新潟県  ¥630
 「日本酒「八海山」の醸造技術を取り入れ、清酒酵母と黄麹を使用した「三段仕込」で、発酵途中に清酒粕を加えることにより、吟醸香があるモロミから減圧蒸留した焼酎です。落ち着いた品格のある香りをお楽しみください。」

黒糖焼酎
a0036952_693779.jpg

・れんと  鹿児島県 奄美大島開運酒造  ¥735
 「奄美大島の最高峰湯湾岳山麓の伏流水を仕込み水・割り水に使用し、豊かな香りを引き出す酵母菌を使った原酒と、深い味を醸し出す酵母菌を使った原酒とを絶妙にブレンドしています。3ヶ月間クラシック音楽を聴かせながら熟成させることで、まろやかで優しい飲み口に仕上がっています。」
a0036952_22382194.jpg

・高倉/鹿児島 奄美大島酒造     ¥735
 「琥珀色をしており、芳醇で深みのある香りと味わい。」

そば焼酎
a0036952_2237946.jpg

・雲海/宮崎 雲海酒造          ¥600
 「そばの持つ甘みと麦麹の香ばしい風味が調和し、軽やかな味わい。」

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-27 22:35 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(夜Part1)

a0036952_2143457.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパに07年10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭の夜のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びをし出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00
      昼:11:30~14:00
      夜:17:30~21:00
【予約】できれば予約されておかれた方がよろしいかと思います。もちろん予約なしでも空きがあれば問題ありません。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。私にとってももっとも寛いで楽しめるお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。
オフィシャルサイトで松元料理長の紹介がなされていますので、こちらをご覧ください。

夜は2時間半(時にのんべしながら3時間以上・・)ほどかけて楽しませていただいています。
お昼は、およそ1時間半~2時間以上。。。
お酒をあまり飲まない方だともっと時間はかからないでしょう。
戎座も良いですが、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあるようで、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。

コースもなかなか魅力ですし、単品料理(昼・夜共通)も充実(ちらし寿司他お勧めのものが。。)していますので、そちらでの利用もお勧めです。
いずれも旬の食材を用いた季節感豊かな料理が提供されています。ハウステンボスで最もスタッフの方々の対応も気持ちよく、現在私にとって最も気持ちよく食事させていただけるお店の1つです。
エリタージュが実質クローズし、エクセルシオールもディナータイムの営業をしていない現在、ここぞという時に私が利用する一番手のお店(ご一緒していただく方によっては戎座を選択する事も)になっています。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。レストラン予約の際に、車の車種・ナンバー、入場時間を伝えておきます。

専用駐車場以外にもフリーゾーン駐車場としてウェストゲート駐車場(43台+障害者用1台、普通乗用車のみ)がありますが、こちらは利用料金¥500が必要です。
また、いずれもペット同伴の場合は利用出来ず、通常の入国口からペット同伴の手続きをして入国する事になるようです。

 また、10年7月17日よりフリーゾーン内に西肥バスが乗り入れを開始しています。ハウステンボス入国口から利用する場合は6番バス乗り場に1時間に1~2便(曜日により変動)発着(季節催事等によりフリーゾーンへのバス乗り入れが制限される場合もあるとか)し、ハウステンボス入国からの運賃は150円、所要時間は5~6分程度とか。
a0036952_16474169.jpg

a0036952_16482100.jpg

場内のバス停はホテルヨーロッパ前と、ハウステンボス港町の2か所。
バスの時刻表など詳しくはこちらを。
佐世保市やハウステンボス近隣にお住まいの方は、時に自分へのご褒美として吉翠亭等での食事を楽しみに足を運ばれるのもよろしいのではないでしょうか。

 ※現在月2回、第2第4木曜日のランチタイムに寿司バイキングが行われ好評を博しています。その内容は以下のようなものです。
【時間】11:30~14:00(ラストオーダー)
   ※利用時間 60分間
   ※料理長お任せ寿司を提供後より開始
【内容】最初は料理長お任せ寿司と赤出汁または吸い物。
    その後以下をお好きなだけ
      ・寿司(各種)
      ・季節の天麩羅(五種盛り)
      ・地魚料理
      ・茶碗蒸し
      ・赤出汁or吸い物
      ・甘味
【料金】大人3,500円(中学生以上) 小学生1,750円 幼児800円
【予約】TEL:0956-27-0414(吉翠亭直通)
【その他】誕生月の方にはプレゼントが用意されているようですので、誕生月である事を示すもの(免許証・保険証等)を持参されてください。

a0036952_7415480.jpg

 10年7月8日に利用してきましたが、姉妹ブログで御紹介していますので、宜しかったらこちらからご覧ください。9月23日も利用しましたが、その時によって寿司の内容は変わっていますので、繰り返し利用する楽しみがあります。
2011年12年も毎月第2・第4木曜日に開催されるようですので、お楽しみ下さい。
 3月10日の寿司バイキングのお品書きは次のようなものでした。
 寿司各種
  穴子、海老、小鮪、細魚(さより)、烏賊、鯛、鰹、鰆、サーモン、いくら
  鯵棒寿司、鯖棒寿司、煮帆立、ミル貝、玉子、稲荷、月見とろろ、ねぎま、サラダ巻、鉄火巻、納豆巻、かっぱ巻
 天婦羅五種
 茶碗蒸し
 鯛の兜煮
 網鰈の一夜干し
 お吸い物
 赤出汁

 桜餅
 山葵プリン
 山葵アイス

a0036952_1494871.jpg

 最初に料理長お任せのお寿司が。
 左上から玉子、海老、サラダ巻、いくら、稲荷、鯵、鯛、鰹、鰆。
 いずれも美味しいのですが、
a0036952_14125768.jpg

 鰹がいい仕事がされていて、他ではいただいた事のないものでした。
a0036952_14134879.jpg

 制限時間内は、好きなものを好きなだけ♪
a0036952_14142440.jpg

 左上から小鮪、煮穴子、ミル貝、細魚、烏賊、サーモン。
a0036952_14163063.jpg

 左上からねぎま、月見とろろ、鯖棒寿司、鯵棒寿司、かっぱ巻
 いずれも美味しく。。
a0036952_14175842.jpg

a0036952_14181670.jpg

 天麩羅は海老に魚に南瓜、万願寺に蕗の薹だったでしょうか。
 ワンランク上の天麩羅です。
a0036952_14194340.jpg

 桜餅に
a0036952_14201326.jpg

a0036952_14203165.jpg

 山葵プリン!山葵は効きすぎず、いい感じなミルキーな和風プリンといった感じでしょうか。

kotobukiさんのレポ

a0036952_743536.jpg

 また、吉翠亭のイベントとして「美食の会」があります。昨年3月に第1回が開催され、第2回が7月11日(日)のお昼に行われました。第2回のテーマは鱧と夏野菜の京料理「清涼の宴」で素晴らしい会でした。
第1回のレポは姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらこちらからご覧ください。
a0036952_2342055.jpg

 第2回のレポ、興味のおありの方はこちらをご覧下さい。
a0036952_2253629.jpg

第3回は10月3日に行われました。第3回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_23313643.jpg

第4回は1月23日に開催されました。第4回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_11553117.jpg

第5回は4月24日に開催されました。こちらも素晴らしい会でした。第5回のレポはこちらにアップしています。
第6回は7月10日(日)、第7回は10月2日でした。
a0036952_2351893.jpg

第6回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_17544470.jpg

第7回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_19274944.jpg

第8回は回は1月21日・22日に開催されました。第8回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_2150094.jpg

第9回は4月21日・22日でした。
第9回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_17241139.jpg

第10回は7月7日・8日でした。
※第10回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_2335922.jpg

第11回は10月20日・21日でした。
※第11回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_12231718.jpg

第12回は1月26日・27日でした。
※第12回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_1925248.jpg

第13回は4月でした。
※第13回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_1934012.jpg

第14回は7月でした。
※第14回のレポはこちらにアップ中です。
第15回は10月です。
             吉翠亭 座・秋の美食会
【日時】 ① 2013年10月12日(土) 17:30受付 18:00開宴
     ②    10月13日(日) 12:00受付 12:30開宴
【料金】 1人 ¥16,000(税・サービス料込)
【定員】 各回 16名  相席です。
【問い合わせ・予約】 吉翠亭 0956-27-0414


a0036952_234322.jpg

12年10月には美食の会の他、「吉翠亭ワイン会」の企画も。 シャンパンハウス アヤラと日本料理を堪能する ~エクスポートマネージャー レイモン・ランジュヴァル氏を招いて~というもので、とても素晴らしい会でした。
※和飲会のレポはこちらにアップしています。

 6月15日には日本酒の会「天の美禄会」が開催されました。その献立(daydreamerさんに見せていただきました)は次の様なものだったとか。
水無月吉日 天の美禄会御献立
  ★食前酒 獺祭 純米大吟醸 発泡にごり酒 (山口県)
 御鰭椀 : 本式鰭椀(鯛 海老 小餅 鶏 椎茸 三つ葉 吸い口)
  ★ 白鶴 上選生貯蔵酒 (兵庫県)
 先付け : 青梅蜜煮
 八寸 : 青竹九種盛り(鯒煮凍り 芋蛸南瓜 この腸山葵長芋 鮴甘露煮 新丸十 新枝豆 唐墨)
  ★ 本陣 大吟醸 嘉門 (長崎県)
 造り : 旬鱧落し とろ鮪 炙り太刀魚 季節のあしらえ
  ★ 繁桝 特別純米酒 (福岡県)
 焼き物 : 団扇海老花山椒バター焼き 宮崎牛山椒焼き 胡麻だれ
  ★ 〆張鶴 純米吟醸酒 越淡麗 (新潟県)
 強肴 : 縞鯵きずし 緑酢 水玉ラディッシュ
  ★ 獺祭 純米大吟醸五十 (山口県)
  ★ 獺祭 純米大吟醸四十五 (山口県)
 揚げ物 : 若鮎天麩羅 川海老 鮎蓼 アスパラ 葉地神生姜
  ★ 浦霞 禅 純米吟醸 (宮城県)
 蓋物 : 伊佐木煮付け 新牛蒡 万願寺唐辛子 木の芽
  ★ 雪中梅 (新潟県)
 御飯物 : すっぽん御飯 京漬物三種 赤出汁
 甘味 : 上賀茂トマトのパフェ
  ★ 吉翠亭特製カクテル

 上記の他次のお酒が用意されており好きなものがいただけたようです。
  ★ 越乃寒梅 (新潟県)
  ★ 東洋美人 大辛口 (山口県)
  ★ 東一 (佐賀県)
  ★ 鍋島 特別純米酒 (佐賀県)
  ★ 鍋島 純米吟醸 (佐賀県)
  ★ 鍋島 肥州 (佐賀県)
  ★ 天吹酒造 超辛口 特別純米酒 (佐賀県)
  ★ 天吹酒造 純米吟醸 雄町 生 (佐賀県)
  ★ 天吹酒造 純米吟醸  (佐賀県)
  ★ 本陣 大吟醸 ふるさと讃歌 (長崎県)
  ★ 美禄天 大吟醸 (長崎県)

10月26日1(土)には 「第2回天の美禄会」が、11月22日(金)には「 天婦羅とワインの会」も開催されるようです。
                       日本酒の宴「天の美禄会」
  日本酒フェア期間中のアイテムをはじめ、当日のみの手に入りにくいプレミアム日本酒などもご用意いたします。天の美禄とは”天より天から授かった、おいしい飲み物”の意味です。今回の日本酒は、東日本大震災の被災地支援として東北地方を中心に厳選銘酒を揃えました。お酒に相う料理長の特別料理とともにご堪能ください。
【日時】10月26日(土) 受付17:30 開宴18:00
【料金】16,000円
【予約・問い合わせ】 0956-27-0414

 第1回の内容がかなり良かったようですので、第2回も注目です。

下記は9月5日及び15日の店外表示記録にオフィシャルサイトの情報等を加味して改定したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-26 22:27 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパの和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】人出が多いと予想される日など、出来るだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
a0036952_7222366.jpg

和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もとてもよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

お昼は、私の場合およそ1時間半~2時間強。夜は2時間~時に3時間以上(時間掛け過ぎですが;;御膳料理だと比較的時間はかからず、会席料理だと食事のペースにあわせて料理が運ばれてきますので、ある程度時間を要します。)かけて、お酒を楽しみながらゆっくりと美味しいひとときを楽しみます。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューは提示されない事もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。
昼に利用される際は各種御膳がお勧めですが、単品でいただくのも良いものです。特にリゾート気分を味わおうと昼間からのんべする際にはいろいろとお酒にあわせて好みで選ぶのも楽しいものです。
ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)他お勧めのものがいろいろ。

 ※daydreamerさんの(ランチで単品)レポ

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、10年7月1日より専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。


また、10年7月17日よりフリーゾーン内に西肥バスが乗り入れを開始しています。ハウステンボス入国口から利用する場合は6番バス乗り場に1時間に1~2便(曜日により変動)発着(季節催事等によりフリーゾーンへのバス乗り入れが制限される場合もあるとか)し、ハウステンボス入国からの運賃は150円、所要時間は5~6分程度とか。
a0036952_16474169.jpg

a0036952_16482100.jpg

場内のバス停はホテルヨーロッパ前と、ハウステンボス港町の2か所。
バスの時刻表はこちらから。
佐世保市やハウステンボス近隣にお住まいの方は、時に自分へのご褒美として吉翠亭での食事を楽しみに足を運ばれるのもよろしいのではないでしょうか。

a0036952_743536.jpg

 また、吉翠亭のイベントとして「美食の会」があります。10年3月に第1回が開催され、第2回が7月11日(日)のお昼に行われました。第2回のテーマは鱧と夏野菜の京料理「清涼の宴」で素晴らしい会でした。
第1回のレポは姉妹ブログにアップしていますので、宜しかったらこちらからご覧ください。
a0036952_2342055.jpg

 第2回のレポ、興味のおありの方はこちらをご覧下さい。
a0036952_2253629.jpg

第3回は10月3日に行われました。第3回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_23313643.jpg

第4回は11年1月23日に開催されました。第4回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_11553117.jpg

第5回は4月24日に開催されました。こちらも素晴らしい会でした。第5回のレポはこちらにアップしています。
第6回は7月10日(日)、第7回は10月2日でした。
a0036952_2351893.jpg

第6回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_17544470.jpg

第7回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_19274944.jpg

第8回は12年1月21日・22日に開催されました。第8回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_2150094.jpg

第9回は4月21日・22日でした。
第9回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_17241139.jpg

第10回は7月7日・8日でした。
※第10回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_2335922.jpg

第11回は10月20日・21日でした。
※第11回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_12231718.jpg

第12回は1月26日・27日でした。
※第12回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_1925248.jpg

第13回は4月でした。
※第13回のレポはこちらにアップしています。
a0036952_1934012.jpg

第14回は7月でした。
※第14回のレポはこちらにアップ中です。
第15回は10月です。
             吉翠亭 座・秋の美食会
【日時】 ① 2013年10月12日(土) 17:30受付 18:00開宴
     ②    10月13日(日) 12:00受付 12:30開宴
【料金】 1人 ¥16,000(税・サービス料込)
【定員】 各回 16名  相席です。
【問い合わせ・予約】 吉翠亭 0956-27-0414


a0036952_234322.jpg

12年10月には美食の会の他、「吉翠亭ワイン会」の企画も。 シャンパンハウス アヤラと日本料理を堪能する ~エクスポートマネージャー レイモン・ランジュヴァル氏を招いて~というもので、とても素晴らしい会でした。
※和飲会のレポはこちらにアップしています。

 6月15日には日本酒の会「天の美禄会」が開催されました。その献立(daydreamerさんに見せていただきました)は次の様なものだったとか。
水無月吉日 天の美禄会御献立
  ★食前酒 獺祭 純米大吟醸 発泡にごり酒 (山口県)
 御鰭椀 : 本式鰭椀(鯛 海老 小餅 鶏 椎茸 三つ葉 吸い口)
  ★ 白鶴 上選生貯蔵酒 (兵庫県)
 先付け : 青梅蜜煮
 八寸 : 青竹九種盛り(鯒煮凍り 芋蛸南瓜 この腸山葵長芋 鮴甘露煮 新丸十 新枝豆 唐墨)
  ★ 本陣 大吟醸 嘉門 (長崎県)
 造り : 旬鱧落し とろ鮪 炙り太刀魚 季節のあしらえ
  ★ 繁桝 特別純米酒 (福岡県)
 焼き物 : 団扇海老花山椒バター焼き 宮崎牛山椒焼き 胡麻だれ
  ★ 〆張鶴 純米吟醸酒 越淡麗 (新潟県)
 強肴 : 縞鯵きずし 緑酢 水玉ラディッシュ
  ★ 獺祭 純米大吟醸五十 (山口県)
  ★ 獺祭 純米大吟醸四十五 (山口県)
 揚げ物 : 若鮎天麩羅 川海老 鮎蓼 アスパラ 葉地神生姜
  ★ 浦霞 禅 純米吟醸 (宮城県)
 蓋物 : 伊佐木煮付け 新牛蒡 万願寺唐辛子 木の芽
  ★ 雪中梅 (新潟県)
 御飯物 : すっぽん御飯 京漬物三種 赤出汁
 甘味 : 上賀茂トマトのパフェ
  ★ 吉翠亭特製カクテル

 上記の他次のお酒が用意されており好きなものがいただけたようです。
  ★ 越乃寒梅 (新潟県)
  ★ 東洋美人 大辛口 (山口県)
  ★ 東一 (佐賀県)
  ★ 鍋島 特別純米酒 (佐賀県)
  ★ 鍋島 純米吟醸 (佐賀県)
  ★ 鍋島 肥州 (佐賀県)
  ★ 天吹酒造 超辛口 特別純米酒 (佐賀県)
  ★ 天吹酒造 純米吟醸 雄町 生 (佐賀県)
  ★ 天吹酒造 純米吟醸  (佐賀県)
  ★ 本陣 大吟醸 ふるさと讃歌 (長崎県)
  ★ 美禄天 大吟醸 (長崎県)

10月26日1(土)には 「第2回天の美禄会」が、11月22日(金)には「 天婦羅とワインの会」も開催されるようです。
                       日本酒の宴「天の美禄会」
  日本酒フェア期間中のアイテムをはじめ、当日のみの手に入りにくいプレミアム日本酒などもご用意いたします。天の美禄とは”天より天から授かった、おいしい飲み物”の意味です。今回の日本酒は、東日本大震災の被災地支援として東北地方を中心に厳選銘酒を揃えました。お酒に相う料理長の特別料理とともにご堪能ください。
【日時】10月26日(土) 受付17:30 開宴18:00
【料金】16,000円
【予約・問い合わせ】 0956-27-0414

a0036952_2281489.jpg

 6月9日は”三梅”をいただく事ができ、大満足♪

 スパ&ランチプランも魅力です。3月からランチメニューが新たなものになっています。
スパ&ランチ
  美味しいランチを食べて、スパでボディトリートメント♪
  テーマは、“春のぷるぷる肌”。
【期間】2013年3月1日~6月30日
【内容】ランチ  日本料理「吉翠亭」 または フレンチ「デ アドミラル」
    スパ   The Life Spa RIN ウェルネス
【時間】吉翠亭・デ アドミラル   11:30~14:00
    The Life Spa RIN ウェルネス  11:00~21:00 (最終受付 19:40)
    ※スパとランチは滞在中なら別日に利用する事も可。
【料金】¥9,600  ※事前予約制
    ※¥3,000追加でスパメニューを60分コースに変更可。
【予約・問い合わせ】The Life Spa RIN ウェルネス TEL:0956-27-0503 (10:00~20:00)
    ※RINもアドミや吉翠亭も無料ゾーンにあります。予約時に車のナンバー等を伝えておくと、無料駐車場を利用する事も可能です。
【スパ内容】ボディートリートメント45分やアロマフェイシャルトリートメント45分の2種が用意されているようです。詳しくはこちらをご覧ください。
【吉翠亭・ランチメニュー内容】
   小鉢  山菜胡麻和え(一寸豆、たらの芽、土筆、高野豆富、くこの実)
   汁物  若布豆乳味噌仕立て(若布、筍、蓬豆富、ほうれん草、桜人参、木の芽)
  中皿  刺身蒟蒻と蛍烏賊冷燻のサラダ 自家製青紫蘇ドレッシング
   焼き物 鰆蕗の薹味噌焼き 花弁百合根 酢取り茗荷
 蓋物  大豆羽二重蒸し 花弁人参 鶯餡掛け 山葵
   食事  山菜肉御飯
   甘味  桜香牛乳羹 ミント

  ※季節によりメニューが異なっています。


※現在月2回、第2第4木曜日のランチタイムに寿司バイキングが行われ好評を博しています。
a0036952_7415480.jpg

 10年7月8日に利用してきましたが、姉妹ブログで御紹介していますので、宜しかったらこちらからご覧ください。9月23日も利用しましたが、その時によって寿司の内容は変わっていますので、繰り返し利用する楽しみがあります。
 11年3月10日の寿司バイキングのお品書きは次のようなものでした。
 寿司各種
  穴子、海老、小鮪、細魚(さより)、烏賊、鯛、鰹、鰆、サーモン、いくら
  鯵棒寿司、鯖棒寿司、煮帆立、ミル貝、玉子、稲荷、月見とろろ、ねぎま、サラダ巻、鉄火巻、納豆巻、かっぱ巻
 天婦羅五種
 茶碗蒸し
 鯛の兜煮
 網鰈の一夜干し
 お吸い物
 赤出汁

 桜餅
 山葵プリン
 山葵アイス

a0036952_1494871.jpg

 最初に料理長お任せのお寿司が。
 左上から玉子、海老、サラダ巻、いくら、稲荷、鯵、鯛、鰹、鰆。
 いずれも美味しいのですが、
a0036952_14125768.jpg

 鰹がいい仕事がされていて、他ではいただいた事のないものでした。
a0036952_14134879.jpg

 制限時間内は、好きなものを好きなだけ♪
a0036952_14142440.jpg

 左上から小鮪、煮穴子、ミル貝、細魚、烏賊、サーモン。
a0036952_14163063.jpg

 左上からねぎま、月見とろろ、鯖棒寿司、鯵棒寿司、かっぱ巻
 いずれも美味しく。。
a0036952_14175842.jpg

a0036952_14181670.jpg

 天麩羅は海老に魚に南瓜、万願寺に蕗の薹だったでしょうか。
 ワンランク上の天麩羅です。
a0036952_14194340.jpg

 桜餅に
a0036952_14201326.jpg

a0036952_14203165.jpg

 山葵プリン!山葵は効きすぎず、いい感じなミルキーな和風プリンといった感じでしょうか。

kotobukiさんのレポ

 この寿司バイキングが12年6月は通常の第2第4木曜日以外にも特別に開催されました。6月17日には初めてディナータイムにも。そして7月・8月も拡大バージョンで開催されました。9月・10月は通常通り第2第4木曜日の開催でした。11月以降も通常通りの開催のようです。
お勧めの企画です。
mattariのレポ(寿司バイキング・夜バージョン)
※2013年3月から新料金プランとなっています。
【時間】11:30~14:00(ラストオーダー)
   ※利用時間 60分間
【内容】寿司各種(約20種)、季節の天麩羅、地魚料理、茶碗蒸し、付き出し、赤出汁、吸い物、甘味 など
【料金】大人4,000円(中学生以上) 小学生2,500円 幼児1,500円
【予約】TEL:0956-27-0414(吉翠亭直通)
【その他】誕生月の方にはプレゼントが用意されているようですので、誕生月である事を示すもの(免許証・保険証等)を持参されてください。

a0036952_2262496.jpg

13年5月9日のお品書きは次のようなもの。
寿司各種 穴子、海老、本鮪、烏賊、生ハム、煮帆立、桜勘、平目、蛸、和牛炙り、サーモン、いくら
     蟹サラダ巻き、鯖棒寿司、稲荷、柴巻、穴子胡瓜、月見とろろ、玉子
季節の野菜天麩羅五種
季節の茶碗蒸し
あら炊き
鰆たれ焼き
桜うどん(温・冷)
お吸い物
赤出汁
コールドビーフサラダ仕立て

苺羊羹
山葵プリン
桜アイス



下記は9月15日に利用した際の記録及びオフィシャルサイトにアップされている情報を元に記載したものです。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-26 19:06 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

日本料理/吉翠亭(昼・夜Part2)

a0036952_23571183.jpg

吉翠亭の紹介は字数制限がありますので、4つに分けてアップしています。最新更新日6月20日

Part2では吉翠亭の単品メニューをご紹介します。
単品メニューは昼・夜共通になります。通常お昼は単品メニューが提示されない事が多いように思います(コースメニューの方がお得感があるように設定されている事にもよるかと)が、お願いすればメニューを持ってきていただけます。

以下は9月15日に記録してきたものです。
一部変更があります。

吉翠亭は単品料理にも素敵なものがいろいろと用意されています。
a0036952_16465297.jpg

9月15日は「河内鴨の蒸し煮」をいただきました。これはなかなかに旨くってお気に入りの一品。

4月14日は美食の会(いずれ姉妹ブログでご報告予定です)の日ですが、私のいつものパターンで開宴前のひとときを、美味しい肴をいただきながら一杯楽しみました。
a0036952_181212.jpg

 この日いただいたのは珍味三種盛り。実にいい肴でした。
a0036952_1814955.jpg

 メモしていなかったので、あやふやですが、貝柱も食感味わいともに良く
a0036952_1825658.jpg

 石鯛だったかと思いますが、身も皮もいい肴で、それらがこのわたと合わさる事で「日本酒持って来~い♪」ってなご機嫌なものに。
a0036952_184481.jpg

 美味しいコールドビーフも工夫されています。上にかかっているのはホースラディッシュを用いているのかちょっと辛みのあるコールドビーフにぴったりのものですが、ここに唐墨パウダーが加わる事で絶品になっています。
 気の利いた逸品をいただきながら、グラスを傾けるひとときは最高の休日です。加えて居心地の良い空間にしてくださっているスタッフの方々の存在もあって、何度でも足を運びたい場所となっています。

a0036952_1054938.jpg

3月10日はメニューにはありませんが、のれそれをいただく事が出来ました。
のれそれは穴子の稚魚で、高知県で珍重される早春の味覚。
私は初めていただきましたが、つるんとした食感と心地好い噛み応えもあってなかなかのもの。
5センチほどの体にちっこい愛らしい目があって、『ごめんなさい』という気になりますが、春の時期に命の芽吹きをいただくことで、今年も一年頑張って(頂いた生命の分も)いい年にしなければ!という気になります。
 のれそれはメニューにはありませんが(仕入れがあれば週末等にはいただける可能性も)、早春の味覚としては「素魚踊り喰い」や「春野菜の天麩羅盛り合わせ」なども用意されています。 

6月16日はメニューにはまだない岩牡蠣をいただく事ができました。
a0036952_11252929.jpg

 ぷりっぷりでとっても美味しく。たぶん近く(7月から?7月から戎座で九十九島岩牡蠣フェアが開催されます)メニューに載るかと。  
a0036952_1127639.jpg

 「団扇海老山椒バター焼き」は相当美味しかったです。団扇海老は味わい的には伊勢海老よりも上ではないかともいわれており、私も好んでいただきますが、これは今までいただいた中でも一番美味しかったかも。
バターがかなり効いており、格別な味わい。
a0036952_1129152.jpg

 こちらは私がいただいたものではありませんが、ひじき素麺を使った鯛煮麺。かなりのボリュームです。

 他にもいろんな美味しいものが揃っています。
 御造りも人気ですし、
 焚き合わせなどもいいお味ですし、鮑のステーキもとっても美味しいですし。。。
a0036952_23411650.jpg

a0036952_7494040.jpg

 「和風ステーキ100g(F1牛)」も見るからに素敵です。特製のゴマダレ(これがまたいい味!)で堪能。旨し♪ 現在はF1牛はメニューから外れ、長崎和牛のみになっています(以前は2つのいずれかの選択でした)が。
 旬の素材を使った天麩羅も素敵ですし、
 鯛茶漬けも一般のお茶漬けという感覚からすると豪華な逸品で、ちらし寿司や穴子寿司、握り寿司もお気に入り。
 うな重も美味しいですが、注文があってから調理にかかる本格的なもので、オーダーしてから30分ほどかかるかと思いますので、ご注意。価格的にも今年は全国的に手を出しにくくなってもいるようですが。。
 ここで名前をあげなかったものも、私はいずれも美味しくいただきました。

○印は新(再)登場、●印はマイナーチェンジ(価格変更等)していたものです。

 以下の価格は税・サービス料込です。

More(ここをクリック下さい)
by mattarinonbe | 2013-09-26 16:50 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ