カテゴリ:迎賓館・ホテルヨーロッパ( 1080 )

エリタージュ(リンク集)

a0036952_9375423.jpg



a0036952_9383110.jpg



a0036952_9385569.jpg

今回はエリタージュです。
改訂版をアップします。最新更新日8月08日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
※エリタージュのメニューを別にアップしましたので、こちらをご覧下さい。

フランス料理の巨匠、故アラン・シャペルの愛弟子である上柿元勝総料理長が腕を振るう素晴らしい料理と、吟味して選ばれたワイン。極上の正餐が心ゆくまで楽しめる、ハウステンボス内で最高格を誇るフランス料理レストラン。店名のエリタージュは、フランス語で「いいものを受け継ぐ」という意味。巨匠、シャペル自らに「ミヨネーで過ごした3年が、彼を私に近い存在につくりあげた。仕事に対する深い情熱と実践、彼は未来のシャペルである」とまで言わしめた、上柿元総料理長のオリジナリティあふれる料理は、まさに芸術品。地元で採れた新鮮な海の幸、山の幸はもちろん、世界中から集められた最上級の食材が、彼の手によって姿を変えてゆく。そして、銘醸ワインとの絶妙な味のハーモニーは、どんな美食家でも必ず満足するはず。ユトレヒトの運河に面したロイヤルゲストハウス「迎賓館」の1階にあるこのレストランでは、もちろん誰でも食事できるが、予約だけは忘れずに。また、(男性は)ジャケットは必ず着用のこと。
洗練された最高のサービスと、ここでしか味わえない贅を堪能したいというゲストに自信を持っておすすめできる最高格のレストラン。
【場所】ユトレヒト地区迎賓館内
    席数:38席
    禁煙
【時間】11:30~14:00  17:00~21:00
※平成17年2月14日(月)夕食~22日(火)の夕食まで、店内メンテナンスの為、クローズさせていただきます。
【予約】予約制
        予約・お問い合わせ/レストラン「エリタージュ」 電話0956-27-0548
【ドレスコード】 男性ジャケット着用。ジーンズ・スニーカー不可。
         中学生以上。
※ただし、個室利用の場合は小学生でも可だったと思います。またこどもの日などには親子での企画が行われることも。

エリタージュについては店内やメニュー及び料理の写真撮影(最近は料理の写真撮影ができるようになりました。他の方々の不快にならないように撮影を行っているつもりです)は行っていませんので、この項はいわゆるリンク集ですね。
上の3番目の写真は某綺麗どころからいただいたもので、ブライダルフェア(この時は撮影OKだとか)の際に撮影されたものです。通常この部屋でディナーをいただきます。予約状況などによりテーブルセッティングがなされるようですから、いつもこのようなテーブルセッティングというわけではないでしょう。
a0036952_9392598.jpg

この冬は光の街に新登場のロイヤルイルミネーションで魅せてくれています。このイルミネーションを堪能するにはロマンティックナイトカヌー(1月2月は休止中。3月から再開予定)がお勧め。
洗練された極上の味わいと、磨き抜かれたおもてなし

”古き良き時代”のヨーロッパのレストランの優雅で華麗な雰囲気をそのままに受け継いだ、味、雰囲気、サービス共に最高級の、三ツ星レストランの品格を誇るフレンチレストランです。上柿元名誉総料理長がつくり出す料理の数々は、まさに味の芸術品。ソムリエのサービスによるワインと共に、フランス料理の真髄をご堪能下さい。運河よりクルーザーにてそのままご来店いただくこともできます。


                        ランチ&クルーズプラン
a0036952_23374410.jpg

エリタージュ エ ネレイド プラン
最高に素敵なプランの再登場です。クルージング時間が延長されイルカウォッチングクルーズになる他、クルーザーでのシャンパンは飲まない方を考慮してオプションとし料金が減額されるなどより魅力的なプランになっているように思います。この機会にご利用されてはいかがでしょうか。お勧めです。
ギリシャ神話に登場する「海の精」から名付けられた、クルーザー界の「フェラーリ」と呼ばれるイタリア製最高級サロンクルーザー「ネレイド」。
最高時速約70kmのスピードと洗練されたデザインを持つスポーツタイプのクルーザーで大村湾の「イルカウォッチングクルーズ」をお楽しみいただいたその後は、そのまま食事会場の迎賓館に着岸。最高級フランス料理「エリタージュ」にて、ハウステンボスホテルズ名誉総料理長 上柿元勝プロデュースによるフランス料理をご賞味いただき、極上の午後のひとときをお過ごし下さい。
【期間】06年03月04日~06年10月31日
【料金】¥10,000(1名様料金。税込、サービス料・ハウステンボス入場料別)
【内容】
  1.11:00~ パラディ発。「ネレイド」にて大村湾イルカウォッチングクルーズ
  2.12:30~ 迎賓館ポンツーン着。「エリタージュ」にてコースランチ
【その他】
  ・1日2組限定(最大計6名様まで)
    ※最大計6名とありますが、これはネレイドの上部デッキが定員6名である事に由来するようです。昨年利用時は計7名のケースがありました。どうしてもの時はクルーズ中に入れ代わる事で7名以上での利用もお願いすれば可能?かもしれません。
  ・悪天候(強風を含め)によりクルーザーが欠航になる場合があります。その場合エリタージュのランチのみ利用することは可能。
  ・イルカは自然動物の為、ご覧いただけない場合もあります。
  ・クルージング中のベビーシャンパンは今回はオプションで¥1,890
  ・食事中の飲み物は別料金。
  ・利用は中学生以上に限定。
  ・前日の18時までに予約
【予約・問い合わせ】
  エリタージュ 0956-27-0548

ちこがこさんのレポ
a0036952_945563.jpg

せつこさんのレポ その2 その3 その4 その5 その6 その7
guraさんのレポ
senriさんのレポ
mattariのレポ「第2回 エリタージュランチ&クルーズ」
guraさんのレポ
ふくちゃんさんのレポ その2 その3 その4  その5
マッキーさんのレポ
mattariのレポ
てんの妻さんのレポ  その2(メニュー)  その3  その4  その5  その6  その7  その8


                          モーレンクラブ限定特別メニュー

  「期間限定でモーレンクラブのお客様だけに特別メニューをご用意致します。上柿元勝がプロデュースする旬の食材をふんだんに使用したお料理をぜひこの機会にご堪能下さい。」
【期間】06年1月13日~3月3日
【料金】
・モーレンクラブ特別ランチコース    ¥5,775(サービス料別途)
・モーレンクラブ特別ディナーコース  ¥12,600(サービス料別途)
【予約】0956-27-0548 (受付時間10:00~18:00)

                          オフィシャルサイト
エリタージュ 今月の厳選グラスワイン

トゥインクルフェアメニュー その他のメニューも紹介されてます。

秋の味覚フェアメニュー その他のメニューも紹介されてます。
  ※sma_ne_3のレポその1 その2

私の選んだ厳選素材

上柿元勝の料理哲学

                          エリタージュレポ
ネットで見つけたレポ
その1
その2 「ポン・ヌフ オーナーの部屋」

ブログでのレポート
mattarinonbe 「ハウステンボスファン」

てん&てんの妻さんのレポ・ガイド 「なんちゃってセレブのハウステンボス日記」

toyさんのレポ・ガイド 「Suitable Life」 レポ2

マッキーさんのレポ 「マッキーの雑記帳」

beat_megumiさんのレポ

candysamaさんのレポその1その2

スーさんのレポ

掲示板での投稿
wasenarさんのレポ

uripuuさんのレポ1 レポ2

紹介記事
FOOD PRESS Vol.10 「食の仕掛け人たち」
MEN'S EX [メンズ イーエックス] 10月号
 「国内外のVIPや著名人を顧客に持つ、名店中の名店。
「食材がいちばん喜んでくれる方法で料理するだけ」とはいたって謙虚な氏の弁だが、地元産の山海の幸を使った料理は、他に類を見ないほどの斬新なアイデアに溢れた正統派フレンチ。

器はロイヤルコペンハーゲン、カトラリーはオランダ王室御用達のヴァンケンペンを使用。
ゲストは専用の車で出迎えられ、食前酒を飲みながら食事の仕度が整うのを待つ。アペリティフクルーズを愉しんでから、というアクセスも用意される。」
福岡グルメ フレンチ情報

料理紹介サイト
BBハウステンボス クッキングスクール
総料理長直伝 家庭でできるお手軽フレンチレシピ
季節のメニューアイデア 「春の料理」
長崎牛ロース肉のポアレ 香草風味 愛野産ポテトのリヨン風と大村にんじんの蜂蜜、クミン風味添え
by mattarinonbe | 2006-02-09 10:46 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(ウィスキー)

a0036952_22594543.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパのメインバー「シェヘラザード」のウィスキーメニューです。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
それ以外のメニューについては「What's New」からご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【予約】対応なし。ただしアフタヌーンティーに関しては要予約(空いていれば予約なしでもOK)

夕方17時オープン。夕刻食前酒を楽しむのも良いものです。
遅い時間帯は混雑することもありますが、夕刻(この時間はまず混まない)はゆったりと寛いで飲む事ができます。
カウンターでバーテンダーの方との会話を楽しみながらグラスを傾ける。。。
ふっかふかのソファーに身をゆだね、歩きつかれた体を休め今日一日を思い返しながらグラスを交わし、今宵のショー・イベントを心待ちする。。。
食前酒として利用したり、食後酒をいただきながらイベントや花火開始までのひと時を過ごす。
運が良ければ、ロビー・シェヘラザード横でピアノなどの生演奏(これがまた素晴らしい!)をBGMに素敵なカクテルにほろ酔い気分。最高のリラクゼーションです。生演奏が行われるのは18時半頃が多いでしょうか。ウォーターコートコンサート開始前位の時間帯に行われる事もあります。およそ20分間の贅沢。

花火などイベントを楽しんだ後、仕上げのひと時をシェヘラで過ごす。アンカーズラウンジで行われるウォーターコートコンサートをBGMにグラスと会話する。今日1日を振り返り、明日に思いを馳せる。。。
「シェヘラ」や「ヴィノ」で1日を締めくくり、HTBのリゾートライフをフルに満喫する。良いものですよォ。。。
「シェヘラ」でのナイトライフの後、酔い覚ましにしっとりとライトアップされたHTBの街並みを散策するのもHTBならではの過ごし方。気の趣くまま「ヴィノ」へハシゴする事も。

HTBは私にとって心休まる所であり、最高に酔い気分にさせてくれる所でもあります。飲むだけの為にも訪れる、価値ある所です。

私はまともにメニューを見たことがありません。いつもはお任せでカクテル(及びノンアルコールカクテル)をオーダーし、バーテンダーの方にゆだねた楽しみ方をするからですが、メニューにないカクテル・ドリンクをいただくのも楽しみのうちです。時にはかなり難しい・風変わりな?オーダーを宿題として出される方もおられるそうで。。。

以下はウィスキーメニューです。12月からジャパニーズウィスキー同好会の企画も始まっています。

                      ウィスキーメニュー
スコッチウィスキー
ウィスキーを確立した元祖(スコッチが世界各地に渡り、それをベースにして原料、製造方法など工夫が行われその地独特のウイスキーになっていったといわれてる。いわば世界のウイスキーの手本)としての存在感があるウィスキー。スコッチ・ウィスキーはスコットランドで作られるウィスキーの総称であり、法律で厳しく規定されている。
 スコッチ・ウィスキーは性質の違いから3つのタイプに分けられる。モルト・ウィスキー、グレーン・ウィスキー、ブレンデッド・ウィスキー。
 モルト・ウィスキーは個性にあふれ、得てして飲み難いと言われ、グレーン・ウィスキーはおとなしくおもしろ味に欠けると言われる。この両者の短所を打ち消し、長所を引き出したのがブレンデッド・ウィスキーである。ブレンデッド・ウィスキーの登場により、スコッチ・ウィスキーは世界へ大きく飛躍した。現在でもスコッチ・ウィスキー販売量の9割ほどはブレンデッド・ウィスキー。日本でも有名なバランタイン、ベル、シーバス・リーガル、カティサーク、J&B、ジョニー・ウォーカー、オールド・パー、ホワイトホースなどは皆ブレンデッド・ウィスキー。
 では、何故モルト・ウィスキーに魅力を感じる人々が多くいるのか?それはモルト・ウィスキーにはブレンデッドやグレーンにはない大いなる個性、神秘性があるからであろう。」
         By MALT Bank

シングルモルトウィスキー
ザ・マッカラン25年        ¥6,300
  「はほどよく効いたスモーキー・フレーバーと、豊かなコクが素晴らしい。」

ザ・マッカラン12年        ¥1,470
  「マッカランはシングルモルトの最高峰と形容され、各種コンテストではほとんどナンバーワンとなっている銘酒。」「色は濃厚な琥珀色。香りはスモーキーで濃厚なシェリーの香り。ウッディネス(熟成木香)も豊富。味わいはオイリーで濃厚なウッディネスがある。フィニッシュはスモーキーな芳しいフィニッシュ。フルーティーなフィニッシュが長く続き実に芳醇。」

グレンモーレンジ18年       ¥1,995
  グレンモーレンジの最上位クラスのボトル。「色はやや濃い琥珀色。香りはややスモーキーな麦芽香。非常にフルーティー。味わいはオイリーでややスパイシー。フィニッシュはフルーティーでスパイシーな麦芽香。」

グレンモーレンジ10年       ¥1,365
  「グレンモーレンジは世界的にも人気の高いモルトウィスキーだが、特にイギリス本国の市場で人気が高い。グレンモーレンジは多くの種類があるが10年物は最もスタンダードな逸品」
  「色はゴールド。香りは非常にフルーティー。かすかにスモーキー。味わいはオイリーで実にフルーティーだがやや舌にぴりぴり来るスパイシーさがある。フィニッシュはなかなかスパイシーで芳しい麦芽香が続く。」

ラフロイグ15年          ¥1,890
  「アイラを代表する一本ラフロイグ。このボトルは15年熟成したもの。スタンダードな10年物よりまろやかでマイルドな味わいが特徴。」「色は見事な琥珀色。香りは華やかなヨード香。味わいは非常になめらかな舌触りで実にスイート。フィニッシュは甘いヨード香。個性を主張するモルトウィスキーだが非常に洗練された味わいを持つ。」

オーバン14年           ¥1,995
  「オーバンはUDVクラシック・モルト・シリーズの一本に選ばれているモルトウィスキー。ウエストハイランドの代表である。そのドライですっきりした味わいはモルト中級者にお薦めしたいモルトウィスキーである。」「色はやや濃い琥珀色。香りは非常にオイリーできれがあり、ウッディネス(熟成木香)が比較的豊富。味わいはドライですっきりした味。フィニッシュはドライだが甘みを感じる。味わいがフィニッシュまで一貫しており、バランスとれたモルトウィスキー。」

アードベッグ17年         ¥1,575
  バランタイン魔法の7柱の1つ。「色は比較的薄いゴールド。香りは林檎のような華やかな香りで、かすかなヨード香がある。味わいはドライで重厚感がある。フィニッシュは実にまろやかですっと消えていく。フィニッシュの鼻の抜け心地が実にいい。」

ラガヴーリン16年         ¥1,680
  「ラガヴーリンは銘酒の中の銘酒と言われており、評論家から常に最高の賛辞を得ているモルトウィスキー。そのパワフルでエレガントな味わいはモルト入門者にはあまりお薦めできないが、モルトウィスキーを飲み続けると必ずラガヴーリンに行き当たるほどの銘酒」で「色は濃色の琥珀色。香りは実にフルーティーできりっとした香り。軽いヨード香ももちろんある。味わいはヨード香を包み込むようなエレガントな味わい。フィニッシュは強烈かつパワフルだが、絶妙なバランス感があり、なんとも幸せな心地になる。」

ボウモア12年           ¥1,365
  「ボウモア蒸留所はアイラ島最古参の蒸留所。熟成にはシェリー樽とバーボン樽を巧みに使い分け、その気品ある酒質からアイラの女王と呼ばれる。このボトルはボウモアのスタンダード・モデルである12年物。」「色は琥珀色。香りはライトでフルーティーな香り。かすかにヨード香。味わいはフローラルのような甘さがあり、比較的オイリー。フィニッシュは若草のような甘さが広がり、かすかにスモーキー。」

ハイランドパーク12年       ¥1,365
  「ハイランド・パークはスコットランド北端のオークニー島にある蒸留所で、世界最北端の蒸留所。評論家マイケル・ジャクソン氏いわく”もっともオールラウンダーで秀逸な食後酒”といわしめるモルト。また、ウォレス・ミルロイ氏もハイランドの代表にハイランド・パークを選んでいる。常に賞賛を受けている蒸留所。」「色はやや濃い琥珀色。香りはきれと華やかさを兼ね備えた素晴らしい香り。味わいはドライで実に骨太。フィニッシュはスイートで華やか。非常によくまとまったモルトウィスキーである。」

オーヘントッシャン10年      ¥1,050
  「色は見事な琥珀色。香りは華やかだが、麦芽香が表面に出たややスモーキーな香り。味わいはマイルドで麦っぽく、華やいだ感じの味わい。フィニッシュは麦芽風味が強いが、非常にライト。」


ブレンデッドスコッチウィスキー
バランタイン30年         ¥6,300
  「30年は、スコッチの最高峰と世評の高い珠宝の古酒。30年の歳月が磨き上げた、ウイスキーの熟成の極みの味が楽しめる。年間ボトリング総数2500ケースの限定品」

ロイヤルサルート21年       ¥3,990
  「“ローヤル サルート”とは、英国海軍が王室に敬意を表して撃ち鳴らす皇礼砲のこと。この時空砲を21回鳴らすことから、シーバスブラザーズ社は、熟成年数“21”にこだわりました。
 21年もの熟成を経たウイスキー、ローヤルサルート21年。それは英国王室に最上の敬意を表した、いわばシーバスブラザーズ社が捧げる皇礼砲だった。当初は記念限定品として発売されましたが、その出来映えの素晴らしさ故に継続販売を望む多くの声に応えて、引き続き製造され現在に至った、まさにプレミアムスコッチの最高峰と呼ぶにふさわしいウイスキー。
 最低でも21年間、厳選された上質なオーク樽で熟成されたモルトとグレーン原酒のみがブレンドされるローヤルサルート21年。この長い歳月に耐えうる原酒は極めて希少で、熟成期間中は毎年約2%が、「天使の分け前」として天に昇ります。21年もの歳月を考えると、あらためて気づく、その贅沢感。厳選された原酒と長い歳月の淘汰が、このうえなく豪華なスコッチを生み出しているのです。」

ロイヤルハウスホールド      ¥2,100
  「製造元は、1879年、グラスゴー市で創業。ロイヤル・ハウスホールド(王室の意)は、かつて英王室専用だった高級ブレンデッド品。リッチでメローな味わいをもち、スコッチの最高級品の一典型として、グルメに好評。」

バランタイン17年         ¥1,890
  「17年は、重厚な香り、力強い口当たりをもちながら、豊かなふくらみを感じさせるまろやかな味わいに特徴」

シーバスリーガル18年       ¥1,890
  「シーバス社は、1801年創業。製品は、いずれも華やかでバランスのよい香味に仕上がっており、いまや世界150カ国以上で、その名を知られるようになっている。18年は円熟の極みに達した熟成18年以上の原酒をブレンド。一本一本のボトルにナンバーが刻まれ「特別のシーバス」を演出してくれている。」

シーバスリーガル12年       ¥1,260
  「シーバス リーガル12年はスコッチのプリンスと称される佳酒。」

オールド パー スーペリア     ¥1,890
  「オールド・パーは、ピート香が充分にのり、深い味わいをもっている。明治時代からわが国に多くのファンをもつデラックス・スコッチ。酒名は、152歳まで長生きした農夫トーマス・パーに由来する。スーペリアは、熟成感の深さを味わえる高級酒。1989年の発売。」

オールド パー12年         ¥1,260
  「オールド・パー12年は、厚いボディのなかに、スモーキーな香味がバランスよく溶け込んでいる。」

ジョニーウォーカー ゴールドラベル18年  ¥1,470
  「ゴールド・ラベルは、18年熟成のモルト原酒をブレンドしたスーパー・プレミアム品。」

ジョニーウォーカー 黒ラベル12年  ¥1,260
  「約40種のモルト、グレーンをブレンドしてつくられる。赤ラベルは、スコッチのトップ・セリング・ブランド。ハイランド・タイプの豊かな香りと、コクのある味わいが特徴。黒ラベルは、12年以上熟成のモルトをブレンドしたデラックス品。なめらかでマイルド。」

デュワーズ ホワイト ラベル     ¥892
  「アメリカでは、デュワーズの名で高い人気のスコッチ。ハイランドのアバフェルディなどのモルトをベースにブレンド。スパイシーでマイルドな味わいは、ブレンデッド・スコッチの一典型。モルト含有率も高く、スタンダード品の特級酒といえる。」


カナディアンウィスキー
カナダのウイスキーは、世界の五大ウイスキーのなかでは、最も軽快な風味をもっている。ライト・ウイスキーの典型が揃っているといっていい。一般的な原料はライ麦、大麦麦芽、トウモロコシ。

クラウン ローヤル         ¥1,260
  「1939年イギリス国王ジョージ6世夫妻がカナダを初訪問した際、シーグラム社が献上品としてつくったもの。その後、同社の賓客接待用に少量生産されていたが、今ではカナダを代表するウイスキーとして、世界各国に輸出されている。10年樽熟成による熟成香が豊かである。」

カナディアンクラブ20年       ¥1,890
  「深い琥珀色、甘く華やかな香りとふくよかなコクは、最高級のオーク樽に詰められ20年以上もの間熟成されたウィスキーだけに与えられた円熟の味わい。カナディアンウィスキーの頂点を極める深く滑らかな美味しさ。」

カナディアンクラブ12年       ¥1,260
  「フルボディータイプのウィスキー。どこまでもナチュラルな口あたりと滑らかな味わい、そして柔らかさの中に芯のあるコク。絶妙なバランスが醸し出すカナディアンウィスキーの理想形。」

カナディアンクラブ         ¥892
  「香り高くやわらかでピュアな味わい。世界中で多くのファンを持つ、カナディアンウィスキーの代表格。ライト&スムーズな独特の美味しさ。」

アイリッシュウィスキー
最も古いウイスキーの記録がアイルランドのウイスキーであることから、アイリッシュウイスキーが歴史的に最古のウイスキーといわれている。
製法はスコッチと大きく異なる。 原料は発芽させない大麦を主体として、小麦、ライ麦などと糖化のための大麦麦芽。スコッチの場合は、原料の異なる2つのタイプのウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーがあるが、アイリッシュウイスキーは最初から複数の原料をミックスしておいて、それを糖化・醗酵・蒸溜する点が大きな特徴。

タラモアデュー           ¥892
  「名門タラモア・デュー社の看板商品。1829年の発売以来のライト&スムーズな味わいで、世界中にファンは多い。」

ジェムソン             ¥892
  「アイリッシュ・ウイスキーのベストセラー・ブランド。長い間、単式蒸留器による重厚なウイスキーだけをつくっていたが、1974年業界に先駆けて、グレーン・ウイスキーをブレンドした軽快なウイスキーも発売した。"ジェムソン"がそのタイプのウイスキーで、芳香となめらかな味が身上。」


アメリカンウィスキー
アメリカでウイスキーは、主に原料の違いで7種類に分類されている。アメリカンウイスキーの代表といえば、やはりバーボンウイスキー(とうもろこし51%以上)。

ワイルドターキー12年 ¥1,890
  「このバーボンが、全米的な人気酒になったのは、第2次世界大戦後、アイゼンハウアー大統領が愛飲していることが報じられたため。12年は熟成による芳醇な風味が加わったデラックス品。」

ワイルドターキー8年        ¥1,260
  「8年はコクが深く、香気が口にながく残る。」

オールドグランダッド114      ¥1,680
  「甘い感じの芳香、ライ麦に由来する味などの特徴。114は樽出しのままの強さ、複雑味に優れ、あと味が長く続く。」

ブラントン             ¥1,470
  「バーボンづくりの名人とうたわれたアルバート・ブラントンの名を記念したネーミング。アルバート・ブラントンの愛弟子がブラントンから教えられた最高のバーボンの条件を実現したブランド。気温の低い秋から冬にかけて、発酵、蒸留。樽に詰められた原酒は、貯蔵庫で受ける温度を一定にするため、高い棚、低い棚を、繰り返し移動。そして4年目にテイスティングして、優れた樽だけを選び、ブラントン用にさらに4年から6年熟成。冷却、濾過のあと、ほかの樽と混ぜることなく瓶詰めされる。」

ベーシルヘイデン          ¥1,260
  「飲み口は、ライトでさっぱり感があり、水割りにするとパンチが無くなり自分の好みでは、ロックで飲むのがお勧めです。ジン・ビーム蒸留所の原酒を8年間熟成し、ライトな口当たりにしたバーボンです。」

メーカーズ マーク V.I.P.     ¥1,890
  「ケンタッキーで一番小さく、アメリカ国定史跡にも指定されているめずらしい蒸留所。品質重視、少量生産、手造り生産がモットーの蒸留所。このレーベルはメーカーズマークの社長がVIPへの贈答品として生み出したバーボン。」

メーカーズ マーク レッド トップ  ¥1,260
  「メーカーズ・マークの原料は、とうもろこしと冬小麦、大麦麦芽でライ麦は使っていない。そのため、口当たりがよく、温か味のある味わいになっている。レッド・トップはブランデーのようになめらかで、リッチな味わい。」

ジャックダニエル ブラック     ¥1,260
  「ウイスキーは蒸留直後、3m以上の深さのサトウカエデの木炭層で、一滴一滴濾過するチャコール・メロウィングと呼ばれる工程で磨かれる。それによりスムーズな口当たりと、まろやかさが生まれる。ブラックは、バニラ、アーモンド、カラメルの香りをもち、かすかにフルーティーなアロマもある。味は、まろやか。あと口に、すっきりしたドライさが感じられる。」

I.W.ハーパー12年          ¥1,470
  「12年は長期熟成を経たスムーズでなめらかな味わいをもつ酒。独特のクリスタル・デカンターに入った、プレミアム・バーボン。」


国産ウィスキー
日本の主だったウイスキーは事実の点でも香味の点でも、その祖先をまちがいなくスコットランドにもつ。日本でのウイスキー製造技術はその後、日本人の繊細な味覚を基準に急速に発展してきた。日本のウイスキーは、原料、蒸溜方法の面から見て、スコッチと同じタイプ。しかし製造技術の工夫、そして日本ならではの良質の水や気候風土の違いから、ジャパニーズウイスキーの品質が確立され、世界に認められている。」

サントリー インペリアル      ¥1,575
  「厳選されたぶどうを原料にしてコニャックにあるルイ・ロワイエ蒸溜所で作りこんだサントリーブランデーの最高傑作。コニャック原酒特有の華やかさと甘さを併せ持った奥深い味わい。ロックや水割りで飲むのもよいが、そのままストレートでゆっくりと味わうのがお勧め。ぶどう由来の長期熟成ブランデーならではの香りが開いていきます。」

サントリー 響           ¥1,260
  「酒齢17年以上のモルトとグレーンを厳選し、丁寧にブレンド。日本独自のミズナラ樽原酒をキーモルトとした味わいは、豊かな熟成香と気品あるウッディネスのハーモニー。繊細で、余韻豊かなアフターテイスト。」

サントリー 山崎18年        ¥1,890
  「山崎蒸溜所に眠るモルト樽の中から、酒齢18年以上の秘蔵モルトを厳選・吟味してヴァッティングした、ミディアムボディーの18年ものピュアモルト。シェリーヴァットの古樽でたっぷり後熟。モルト・ファンには垂涎の一瓶。18年の歳月を物語る熟成感あふれたエステリーな香り、シェリー樽貯蔵による微妙な甘み、力強く豪快なウッディネス。多彩な香味が響き合う長く深いアフターテイスト。」

サントリー 山崎12年        ¥1,050
  「日本初のピュアモルトウイスキー。山崎の四季を重ねて12年を超えた秘蔵モルト樽の中から生(き)で味わうにふさわしい円熟モルトを吟味・厳選。日本を代表するシングルモルトとして海外でも定評があります。香りは華やかでノーブル、味わいはまろやかで重厚、後口にパンチョンの古樽による気品あるウッディネスが広がります。」

サントリー ローヤル12年      ¥945
  「日本のウイスキーの父・サントリー初代マスターブレンダー鳥井信治郎の名作。日本の四季を重ねて12年。まさに十二単(ひとえ)のように華やかで多彩な芳香、まろやかで豊かなコクをもち、バランスの良い飲み口。」

シングルモルト 余市10年      ¥1,260
  「創業当時から続く石炭直火蒸溜で丹念に蒸溜したモルトウイスキーを、冷涼な余市の貯蔵庫で10年以上熟成した芳醇な味と香り。豊かな樽熟成香とピート香が感じられ、水で割ると果実を思わせる華やかな香りが現れます。北海道余市蒸溜所モルトならではの滑らかな飲み口で、豊かな味わいが長く持続します。」
by mattarinonbe | 2005-12-19 23:02 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(焼酎)

a0036952_174653.jpg

今回はシェヘラザードの焼酎メニューです。最新更新日4月23日。
一部ラインナップ増となっていることに気がつきましたので、改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
※シェヘラザードのその他のメニューはこちらからご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)

期間限定で行われていた焼酎フェア(来年1月にまた行われる予定のようです)が終了した後も、素敵な焼酎のラインナップがメニューに残されています。「焼酎蔵 薩洲濱田屋伝兵衛」と「西酒造」という素晴らしい焼酎蔵のプレミアものと言われる素晴らしい焼酎が用意されています。これだけのラインナップはめったにお目にかかれないように思います。

麹の違いによる味わいの違いが楽しめます。
 焼酎の味わいは麹菌の種類によるところが大きいと言われています。芋焼酎の仕込には白、黒、黄の3種類の麹が使用されます。
 焼酎造りの主流は白麹。白麹で造られた焼酎はおだやかでマイルドな味わいの芋らしい香りが特徴。お湯割りにすることで、芋の香りがふわっと立ち、飲み飽きしない心地よい味わいになると言われます。
 現在焼酎飲みの人気が高いのが黒麹。黒麹による焼酎が大ヒットしています。黒麹仕込みの焼酎はパンチの効いた深み、ガツンとくる香ばしさとコクのある甘み・味、キレの良さが特徴とされます。独特の個性が魅力です。
 黄麹は主に清酒造りに用いられています。もともとは焼酎造りにも黄麹が用いられていたが、もろみが発酵中に腐敗しやすく九州の温暖な地では使用が難しかった為に明治時代後期には黒麹が主流に、そして大正時代にはさらに扱いが容易な白麹に主流が移っていったといいます。黄麹の特徴は繊細かつさわやかなテイストで、フルーティーでさわやかな香り。芋焼酎が苦手という方でも楽しめるスマートな味わいに。西酒蔵のヒット作「富乃宝山」は黄麹で造られた焼酎の代表格。果実酒のような心地よい芳香が秀逸なロックでスイスイ飲める、凛とした透明感のある味わいが真骨頂。
 焼酎蔵 薩洲濱田屋伝兵衛の「伝」と西酒造の「富乃宝山」は数少ない黄麹仕込みの焼酎。焼酎蔵 薩洲濱田屋伝兵衛の「宇吉」は黒麹仕込みですから、麹の違いによる焼酎の味わいの違いを楽しむことができるラインナップです。

芋の違いによる味わいの違いを楽しめます。
 西酒蔵の西陽一郎氏は「芋を掘り下げたい」と語っておられます。芋焼酎の9割は黄金千貫というさつま芋を原料としています。蒸撰シリーズで綾紫、白豊、紅東という品種の芋の魅力が掘り下げられています。その3品種のうち綾紫による「宝山 蒸撰綾紫 酒精乃雫」と白豊による「宝山 蒸撰白豊 酒精乃雫」がラインナップに加わっています。いずれ紅東による「宝山 蒸撰紅東 酒精乃雫」も登場するのではないでしょうか。それぞれ、ワインを思わせる上品な「綾紫」、華やかな香りの「白豊」、シャープでキレのよい「紅東」と評されています。

初留取りを、60と240の違いを飲み比べなど楽しむ事ができます。
「六○と二四○」の味の違いの感想をネットで拾うと
「60は華やかな薫りの鮮烈な味。240はどろっとした濃醇さで重厚な味。芋の風味の綺麗なことは共通」
 「60秒もの・・豊かな風味を含んだ不純物が多く、白くにごった感があるのも特徴。まさに芋焼酎の初留取りの真髄!?
240秒・・60秒よりは不純物は少なく、芋焼酎香も漂わせ60秒ものとはまた違った表情が楽しさとうれしさを誘います。」
※現在万暦240は製造中止になったそうです。60も在庫のみ。楽しめるのはあとわずかでしょう。12月4日付記。

現在日本酒フェアが開催されていますが、それにともない和のおつまみメニューが登場しています。焼酎のつまみとしても良いものだと思いますので、こちらをご覧下さい。

12月からはオリジナルのシャンパンカクテル3種が登場するのに加え、国産ウィスキーのフェア「ジャパニーズウィスキー同好会」も始まるようで楽しみです。
それに伴って焼酎のラインナップにも変化が生じるかもしれませんが、そのあたりはいずれ確認できしだいアップします。

下記メニューは11月5日に記録したものをもとに前回投稿分に加筆したものです。
※4月に入り焼酎フェアも終了しましたが、現在も以下の焼酎が飲めるようです。メニューが出来上がっていないようで料金等詳細は不明ですが。。
・森伊蔵
・魔王
・伊佐美
・川越
・芋麹全量
・花と蝶
・鳥飼
・山乃守
・初代 嘉助
・吉兆宝山
素晴らしいラインナップです!

                        メニュー
焼酎蔵 薩洲濱田屋伝兵衛
  本年度”鹿児島県本格いも焼酎監評会”総裁賞代表受賞した「濱田酒造」が、通常の焼酎とは別に限定流通のこだわり焼酎を造るために、別に設立した焼酎蔵。
※以下の「伝」「宇吉」とも在庫のみで残りわずかのようです。今のうちにお楽しみ下さい。 12月4日付記。
a0036952_19384845.jpg

伝(黄麹)        1杯¥630
  黄麹仕込み。黄麹仕込みの焼酎は「吉兆宝山」・「黄麹蔵」など商品化されているのはほんの数種類でプレミアム芋焼酎と呼ぶべき酒と言われます。
  秋田の清酒酵母を使い清酒のような飲みやすさを追求し、100年以上前に焼かれた薩摩焼の大甕で完全手造り仕込。昔ながらの木製の蒸留器を使い優しい舌触りの原酒を造って甕貯蔵することにより「ワンランク上の上質感溢れる酒質を実現しています。封を開けると、やさしい芋の風味と、木製蒸留器使用による木香が特徴的に感じられ、口に含むと軽やかな飲み口でありながら芋の風味が充分に感じられ、しつこくなりがちな芋焼酎を黄麹を使うことでうまくまとめた印象がある。」「口当たりはやわらかいのですが、しっかりとした味があり「いも焼酎党」の方には、きっと満足していただけると思います」「口あたりが柔らかく、甘みがあり、芋焼酎独特の刺激のある香りが抑えられた優しい味わい。芋焼酎党にも芋焼酎初者にも、若い女性にも満足頂けるもの」と評されています。

宇吉(黒麹)       1杯¥630
  黒麹仕込み。伝と同様「木桶蒸留」(木桶蒸留器を使うことにより独特の「コク」と木の香りが得られるとか)「甕壷仕込み・甕壷貯蔵」で1年以上納得いくまで寝かせ、通常の焼酎よりかなり手間をかけられた、至高の一本。月間生産わずか1000本のみで、予約注文の段階で数ヶ月先まで埋まっているとか。
焼酎造りの原点を求めた1本 で、商品名の「宇吉」は、浜田酒造さんの2代目(浜田酒造では黒麹を最初に使った)の名前をとってのネーミング。
「甘~い深みのある他ではなかなか味わえない美味しさ、濃厚且つ上品な香りで、クオリティが高くコストパフォーマンスに優れる」と評されています。


西酒造
 芋にこだわった焼酎造り。「焼酎界の若きヒットメーカー」「焼酎界の革命児」と形容される西陽一郎氏率いる焼酎界の旗手的酒蔵。
~西酒造で感じる深み~
本格焼酎の定番「富乃宝山」、秘蔵酒「天使の誘惑」、2002年からの試み「情熱シリーズ」などを世に送り込み続ける西酒造の熱い「情熱」徹底した「こだわり」深い「思い」を心ゆくまでご堪能ください。

薩摩宝山 南薩産黄金千貫・米麹 25度         ¥525
  創業1845年以来変わることなく磨き続ける旨さ。全国に広く愛される宝山シリーズの原点。
  ずっと変わることのない芋焼酎の味わいをお楽しみ下さい。
富乃宝山 さつまいも(南薩摩黄金千貫)・米麹 25度  ¥630
  本格焼酎人気の火付け役になったといわれる焼酎。芋のもつ可能性を掘り下げていって生まれた。取り扱いの難しいとされる黄麹を用い、黄麹の特徴であるフルーティーでさわやかな香り、スマートな味わいが活かされ、切れのよい、芋の香りを上品におさえた「芋くさい」という焼酎の概念を覆す柑橘系の香り、端麗なテイストで幅広い層に支持された。ロックで出されると吟醸酒と間違える人も少なくないとか。特に女性に人気。
 「麹づくりに、黄麹を用いて酒造好適米「五百万石」を使用。原料芋は黄金千貫を使用し、芳醇で香り高い本格焼酎です。フルーツを思わせる芳香とスッキリした甘みをお楽しみ下さい。」
吉兆宝山 南薩産黄金千貫・米麹 25度        ¥630
  黒麹を使い、「かめ壷」で仕込む伝統的な手法で造り上げた芋焼酎です。酒質は旨味、コクが深く、かつスッキリとした後味が特徴。芋焼酎を味わう醍醐味がここにあります。
白天宝山 南薩産黄金千貫・米麹 (限定出荷) 25度   ¥682
  白麹仕込み。辛口のキレの良さと、舌の上で転がすときに感じるやわらかな芋の甘みが同居。かめ壷で仕込んだ麹の違いを飲み比べてください。
※11月27日現在では在庫がなかったようです。
芋麹全量 南薩産黄金千貫・米麹 出来高度数28度    ¥682
 「一麹」と昔から酒造りで言われるように、酒造りの最初の出番は麹。麹にも芋を用い、芋だけで仕込み。芋が持つ、香ばしく上品な口当たりを存分に楽しめます。
宝山 蒸撰綾紫 酒精乃雫 南薩産綾紫・米麹 (季節限定) 34度 ¥682
 「綾紫」という紫芋を原料に、華やかな印象を持った焼酎に仕上げました。開封するととたんに上質な甘い香りが立ち上がってきます。味わいはとてもスムーズ。
宝山 蒸撰白豊 酒精乃雫 南薩産白豊・米麹 (季節限定) 34度 ¥682
  南九州を中心に栽培されている「白豊」を原料にしたこの「蒸撰白豊」は「蒸撰綾紫」とは対照的で、軽快な飲み口と華やいだ香りを楽しめます。でも、余韻は重厚で深みを感じさせます。
宝山 蒸撰紅東 酒精乃雫      ¥682(?)
  「紅東」を原料に仕込んだ芋焼酎。
  ※これは現在メニューにないかもしれません。
 
a0036952_2341654.jpg

天使の誘惑 さつまいも・米麹 40度 ¥1,260
  丹誠込めて造り上げた原酒をさらに最高な酒質へと誘うために樫樽と、シェリー樽に長期貯蔵した焼酎。こだわりの逸品。今までの酒質とは異り、チョコレート風味でその芳醇な香りは高級ブランデーを思わせるとか。ロックで飲むのが一番という人も。
 「厳選された原酒を樽に寝かせ、時を刻みました。琥珀色の液体「天使の誘惑」ならではの味わいの深さ・濃さ・立ち上がる香りは、宝山の名作です。」

万暦初留取り六○      ¥1,365
  44.5~44.9 南薩産黄金千貫・米麹
  丁寧に育て、はぐくんだ焼酎の初留取りです。蒸留の際、一番最初に流れてくる部分を60秒間初留取りし、そのまま瓶詰めしました。旨みを凝縮した一本です。豊かな風味を含んだ不純物が多く、白くにごった感がある焼酎だとか。
※現在万暦60は在庫のみ。楽しめるのはあとわずかでしょう。12月4日付記。


万暦初留取り二四○     ¥1,365
  44.5~44.9 南薩産黄金千貫・米麹
  丁寧に育て、はぐくんだ焼酎の初留取りです。蒸留の際、一番最初に流れてくる部分を240秒間初留取りし、そのまま瓶詰めしました。旨みを凝縮した一本です。60秒よりは不純物は少なく、芋焼酎香も漂わせ60秒ものとはまた違った表情の焼酎と言われています。
※現在万暦240は製造中止になり、現在飲むことができません。12月4日付記。


一粒の麦          ¥525
  25度 大麦・大麦麹
  香り軽快、しかも濃く丸い。麦焼酎の理想を常圧間接蒸留に求めた「一粒の麦」。豊醇な味と上品な香りの麦焼酎に仕上げました。
by mattarinonbe | 2005-11-19 14:41 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

アンカーズラウンジ(モーニング)

a0036952_22593546.jpg

今回はアンカーズラウンジのモーニングです。最新更新日07年1月09日。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
モーニング以外のメニューについては、What's Newからご覧下さい。
ロビー中央、白鳥が浮かぶ内海を抱く開放的なラウンジです。ご朝食、お待ち合わせ、ご休憩をはじめ、夕方5時以降からはバーとしてもご利用いただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:108席
【営業時間】モーニングは7:00~10:00

ホテルヨーロッパの朝食会場は通常2箇所(繁忙期などはレンブラントホールも朝食会場に)。優雅にセレブな気分で朝食をという方はデ アドミラル。好きなものを好きなだけ自由にという方はアンカーズラウンジが適していると思います。内海を望み「明るい陽射しが差し込む開放的なインテリア。ブッフェスタイルで気軽に食べられるのもリラックスできていい。」です。

両者は(朝食付プランの場合)チェックイン時に会場指定の朝食券を渡されますので、希望があれば事前に伝えておかれた方が宜しいでしょう。チェックイン時に変更も可能ですが。
また、アドミラルの朝食券をアンカーズラウンジで使用することもお願いすれば可能です。他のホテルの朝食券も差額の支払いで利用することもできるようです。

他のホテルにないモーニングシャンパンで始める朝食はリゾート気分たっぷりです。
a0036952_23125476.jpg


chibaさんのレポ

目の前でオムレツを焼いてくれるサービスが始まっているようです。7月27日付記
guraさんのレポ
みーさんのレポ
ちこがこさんのレポ

                    メニュー
アンカーズラウンジのモーニングは朝食ブッフェのみです。
【料金】大人¥2,940
    子供(4歳~小学生)¥1,470
   ※3歳以下は無料
   ※上記価格は税込み。別途サービス料10%

10月16日に利用した際のブッフェの内容はおおよそ以下のようなものでした。時期により内容は異なると思いますが、おおよその傾向としてご参考になれば、と記載してみます。
a0036952_23135499.jpg

ボイルドエッグ
スクランブルエッグ
オムレツ

ソーセージ(2種)
・フライドポテト
ハム
・ハンバーグ
ベーコン
・茸やズッキーニなどのトマト煮 栗のスライス添え

スープ

サラダバー  フォト2
ドレッシング
  ・上柿元ドレッシング イタリアン風味
  ・上柿元ドレッシング フレンチ風味
  ・上柿元ドレッシング ごま風味

フルーツバー  フォト2
・ドライフルーツ
  ・ストロベリー
  ・マンゴー
  ・クランベリー

シリアル
  ・チョコフロスティ  チョコレート味のフロストフレーク
  ・コーンフレーク   香ばしく焼いたコーンフレーク
  ・チョコワ      コーン、小麦、オーツ麦を焼き上げたチョコリング
・パン
※現在は全く異なるラインナップになっているはずです。
  ・プレーンマフィン  バターの香り豊かなマフィンです。
  ・チョコ・マフィン   ココアとチョコチップをふんだんに使用しました。
  ・バナナ・マフィン  完熟バナナをふんだんに使用したしっとりとした甘さです。
  ・アーモンド     スライスアーモンドを香ばしく焼き上げた、香り豊かなパンです。
  ・ショコラ      コクのある板チョコをまき込みました。
  ・クロワッサン    無塩バターを使用。コクと風味をお楽しみ下さい。
  ・セサミロール    ゴマを、ふんだんに使い焼き上げました。ゴマの風味をお楽しみ下さい。
  ・モーンデニッシュ  クルミとケシの実を巻いたデニッシュロールです。
  ・パン・オ・ノア   クルミをたっぷり混ぜました。
  ・フォカッチャ・クッペ イタリアで作られる軽い塩味の素朴なパンです。
  ・ピストレ      「げんこつ」という名前をもつ柔らかくシンプルなパンです。
  ・ブリオッシュ    バターたっぷりの豊かな香りと柔らかな口当たりのリッチなパンです。
  ・パン・ド・ミー   フランスパン風の生地で作った山型パン。トーストしてお召し上がり下さい。
  ・ホール・ホイート

ジャム・マーガリン類
  ・上柿元ジャム 木いちご
  ・上柿元ジャム 茂木びわ
  ・上柿元ジャム いちご
  ・バター
  ・マーガリン
  ・ハチミツ  

御飯
・おかゆ
・味噌汁
漬物いろいろ

ひじきの煮物
・キンピラゴボウ
茄子の煮浸し?
筑前煮?


モーニングシャンパン
トマトジュース
オレンジジュース
・グレープフルーツジュース
・牛乳
・ミネラルウォーター

・コーヒー
・紅茶
by mattarinonbe | 2005-10-22 23:57 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

デ アドミラル(モーニング)

a0036952_21461121.jpg

今回はホテルヨーロッパのメインダイニング デ アドミラルのモーニングです。
改訂版をアップします。最新更新日08年05月12日。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:90席
      禁煙
【営業時間】
 モーニング 6:30~10:30
 ランチ   11:30~14:30
 ディナー  17:00~22:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (ランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには1時間半程度はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。)
  一部のメニューはインターネットで予約する事で特典として スパークリングワイン1杯のプレゼントもありお得です。

a0036952_23495670.jpg

他のホテルに宿泊された場合でも、その朝食券と差額の支払いで、アドミラルでモーニングを楽しむことも可能ではあるようです。
また、ホテルヨーロッパ宿泊の方で、アンカーズラウンジ(モーニングブッフェ)指定の朝食券をチェックイン時に渡された場合も、アドミラルに変更してもらう事も可能です。
ただ、これらは変更者が少人数だから出来ることで、団体で変更されたりすると、本来の利用者が利用できなくなる事も予想され好ましくないような気がします。人数が多い場合は変更についてはあらかじめ問い合わせ・お願いしておかれた方が宜しいかと思います。
また、アドミラルのモーニングは下記のアメリカンブレックファーストが用意されていますが、差額の支払いによって他のメニューへ変更することも可能です。

アメリカンブレックファーストでの朝食は、卵料理など、選択肢があり、オーダーを聞いてくれるのも優雅な感じです。
a0036952_23501220.jpg

また、ホテルヨーロッパの朝食と言えば、「アイオープナー」としての「モーニングシャンパン」がリゾート気分を高めてくれ良いものです。ただし、ヘルシーメニューに変更した場合は「モーニングシャンパン」ではなく、「モーニングミネラルウォーター」になります。とってもヘルシー。

新しいヘルシーブレックファースト(なかなか良い!です)がメニューに加わり(これで、モーニング・ランチ・ディナーとヘルシーコースが完成です)、以前「ヘルシーブレックファースト」と称していたものは「サラダブレックファースト」に名称変更になっています。

以下のメニューは9月23日記録したものです。
※06年12月23日も同様の内容でした。
※07年02月18日も同様の内容でした。ただしヘルシーメニューは未確認。
料金は税込み価格です。ただし別途10%のサービス料がかかります。

senriさんのレポ
ウロウロさんのレポ
ふくちゃんさんのレポ

                        メニュー

a0036952_13591648.jpg

ヘルシーファースト「Beaute(ボーテ)」  ¥3,360
  「ボーテとはフランス語で美しさという意味。フルーツ、季節の野菜など、ビタミン、ミネラルを豊富に使った、「美」を意識した朝食です。からだの中から綺麗になりませんか。」
 季節のフレッシュジュース
 新鮮な旬の野菜のミックスジュース
 季節のフルーツ
   「旬のフルーツ、野菜のジュースはからだに水分とビタミンを十分に補給します。」
 五島沖で獲れた天然鯛の海草蒸し サラダ添え アオサ海苔のソース
   「新鮮な近海産の魚と減農薬野菜 海と大地の恵みをヘルシーに仕上げました。」
 特製モーニングロール
   「ミネラル、ファイバーを豊富に含んだ特製モーニングロールをお楽しみください。」
 有機コーヒー、有機紅茶又はハーブティー さわやかな一日を演出します。」

 ※摂取カロリー合計373Kcal(マーガリン、ジャム等は含まれていません。マーガリン10g73Kcal ジャム10g25Kcal)
※朝食券+差額支払いで利用する事が可能です。ただし数に限りがあるようですから、ご希望の場合は事前に相談・予約しておかれた方がよろしいかもしれません。

 ※catruiさんのレポ

コンチネンタルブレックファースト  ¥2,310
 フルーツジュース
 お好みのモーニングロール又はトースト
 コーヒー、紅茶又はミルク

サラダブレックファースト      ¥2,730
 フルーツジュース
 季節のサラダ
 トースト、モーニングロール又はコーンフレーク
 ヨーグルト
 コーヒー、紅茶又はミルク

アメリカンブレックファースト     ¥2,940
 フルーツジュース
a0036952_23531294.jpg

 お好みの卵料理(目玉焼き、スクランブル、ポーチ、ボイル又はプレーンオムレツ
 ハム、ベーコン又はソーセージ添え
a0036952_23544489.jpg

 お好みのモーニングロール又はトースト
 季節のサラダ
 コーヒー、紅茶又はミルク

ホテルヨーロッパスペシャルブレックファースト   ¥4,725
 フレッシュオレンジジュース又はフレッシュグレープフルーツジュース
 お好みの卵料理
 モーニング フィレステーキ
 お好みのモーニングロール又はトースト
 季節のサラダ
 コーヒー、紅茶又はミルク

ジュース
・フレッシュオレンジジュース      ¥1,050
・フレッシュグレープフルーツジュース  ¥1,050
・ジュース各種             ¥630
 (オレンジ、グレープフルーツ、トマト、パイナップル、アップル、ベジタブル)

ヨーグルト
・ヨーグルト              ¥525

フレッシュフルーツ
・マスクメロン             ¥1,890
・パパイヤ               ¥987
・グレープフルーツ           ¥682
・スチュードフルーツ          ¥682

サラダ
・フレッシュフルーツサラダ       ¥2,100
季節のサラダ             ¥892

セリアル  ¥525
・オートミール
・コーンフレーク
・ライスクリスピー
・レイズンブラン

卵料理
・目玉焼き、スクランブル、ポーチ又はボイル  ¥630
 ベーコン、ハム又はソーセージ添え      ¥1,260
・プレーンオムレツ              ¥777
・スパニッシュオムレツ            ¥1,155

ポテト        ¥567
・ハッシュドブラウン ポテト
・リヨネーズポテト

モーニングスペシャル
・鮭のムニエル又はフライ         ¥2,520
・モーニングフィレステーキ        ¥3,990

ベーカリー特製
・モーニングロール又はデニッシュペストリー  ¥630
・トースト                  ¥630
・ワッフル                  ¥840
・フレンチトースト              ¥840

お飲み物
・コーヒー、紅茶又はカフェインレスコーヒー(ポットサービス) ¥630
・ミルク(ホット又はコールド)        ¥630
by mattarinonbe | 2005-09-27 07:46 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

アンカーズラウンジ(ウォーターコートコンサート)

a0036952_9254124.jpg

今回はアンカーズラウンジのウォーターコートコンサート時のメニューです。最新更新日4月17日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
アンカーズラウンジのその他の時間帯のメニューについては、こちらをご覧下さい。
運河に抱かれたホテルヨーロッパ。おやすみ前のひととき。
内海を望むアンカーズラウンジで、軽快なリズムとともに
すてきな夜のひとときをお過ごしください。
【時間】21:10~22:00
【料金】カバーチャージ (おつまみ付)
     一般         ¥1,050
     場内ホテル宿泊者   ¥525

a0036952_9372035.jpg

HTBの1日を締め括るイベントとしてのコンサート。ハヴィエル・オルモ氏!(HTB再訪を熱望しています。)のコンサートを筆頭に素晴らしいコンサートの数々。毎日これだけのコンサートを開催し続けているホテルはあまり類をみないのでは、と思います。

変身前に行われていた、ルーマニアの方たちによるクラシックコンサートもなかなか良いものでした。
変身後は、構成はその時々により変わっていましたが、サックスなどのブラス中心のジャズ演奏。演奏そのものはなかなか良くって、これがムーンシャワーやジャックポットであれば、お気に入りであったかと思いますが、ジャズ好きの私ではありますが、ヨーロッパには今ひとつあわないんじゃないかなぁと思っていました。
ジャズでもピアノ中心のバラードであったり、トランペットなどでもミュート演奏(弱音器を使った演奏)のようなものであったならば、ヨーロッパの雰囲気によりマッチしていたように思います。

この3月から、バイオリンとピアノによるクラシック主体のコンサートが行われていいます。私としてはこれを歓迎したいと思います。やはりヨーロッパ、そしてアンカーズにはクラシックが、ピアノやバイオリンが似合います。
以前のルーマニアの方たちとの比較は一概にはできないが、演奏者が日本人女性という事で、気安さもあり、演奏曲目も日本人の好みをわきまえたものになっているように思います。

そして今、ハンガリーの方たちかな?バイオリンとピアノによるクラシック主体で、ポップス、ジャズを交えた演奏で、リクエストタイムもあり、以前のルーマニアの方たちの頃に近い内容で、なかなか良いと思います。

9月8日に楽しんだ後、ピアノの方がメンバー交代になりましたが、演奏スタイルなどは変わらないようです。曲目も一部変更になっていましたが、ほぼ同じです。22日の演奏プログラムは
First Stage     21:10~
1.剣の舞:ハチャトゥリアン
2.チャルダッシュ:モンティ
3.ホラ・スタッカート:ディニク
4.星に願いを:レイ・ハーライン
5.ツィゴイネルワイゼン:サラサーテ
Second Stage    21:40~
1.ドナ・リー:チャーリーパーカー
※リクエストタイム
2.ハンガリー舞曲第六番:ブラームス

※現在はミュージシャンも変わり、バイオリンとピアノに時によってはベースも加わっての演奏のようです。演奏曲目も上記とは異なるでしょう。4月17日付記。

現在のシステムは、コンサートのテーブルチャージは1,050円(場内ホテル宿泊者は525円)で、別にドリンクをオーダーする形式です。
コンサート終了後は、日帰りの方、場外ホテル宿泊の方はしかるべきところまで、車で送っていただけるだろうと思います。ハウステンボスでの1日の〆に、非日常の1日を満喫する為にも利用されてみてはいかがでしょうか。

下記メニューは9月22日に記録してきたもの。下記料金に10%のサービス料がかかります。

                        メニュー

ワイン  
ソムリエセレクション 
  時期により内容は変わります。また、これはメニューにある場合とない場合がありました。後者の場合でもひょっとするとオーダー可能かもしれません。
・キュヴェ・ハウステンボス
   (白)Grave2004  (赤)Heut-Medoc2003
 「ワインの名醸地、フランス、ボルドー地方から厳選致しました白ワインは、繊細かつ気品にあふれ、すっきりとしたドライな味わい、赤は上品な口当たりとプラムを思わせるフレッシュな果実味で、調和のとれた味わいが魅力的です。」
               ボトル(750ml)  ¥5,250(税込・サービス料別)
               グラス(125ml)  ¥945 (税込・サービス料別)


カクテル
・ジントニック             ¥892
  ジン+トニックウォーター
a0036952_9262999.jpg

キューバリバー            ¥892
  ラム+コーラ
・モスコミュール            ¥945
  ウォッカ+ジンジャーエール
・カシスソーダ             ¥892
  クレーム・ド・カシス+ソーダ
・カルアミルク             ¥945
  カルアコーヒー+ホットミルク
・カンパリオレンジ           ¥1,155
  カンパリ+オレンジジュース
パッソアグレープフルーツ       ¥1,155
  パッソア+グレープフルーツジュース


ソフトドリンク
・フレッシュジュース(オレンジグレープフルーツ) ¥1,155
・ウーロン茶               ¥630

ビールその他
・キリン 一番搾り           ¥735
・アサヒ スーパードライ        ¥735
・ハイネケン 黒ビール         ¥735
a0036952_926527.jpg

キュベ シベール         ¥945
  マスカット風味の甘口スパークリングワイン
・ハウスワイン(赤・白)        ¥945
・ウィスキー(シーバスリーガル12年)  ¥1,260
・ブランデー(ヘネシーV.S.O.P.)    ¥1,575

その他
・ケーキセット             ¥1,260
  好みのケーキを一品選択。コーヒー又は紅茶とのセット。
  これも、メニューとしてもってこられる時ともってこられない時があります。後者はケーキ売り切れ?
・コーヒー又は紅茶
  メニューにはありませんが、オーダー可能なようです。
by mattarinonbe | 2005-09-25 09:27 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(ブランデー)

a0036952_20542251.jpg

上の写真はスコッチ(だったと思います)のオンザロック。この項とはアルコールの種類は異なりますが、シェヘラザード(グランキャフェも)のオンザロックはひと味違います。お試しあれ。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。

メニューの続きです。
※以下のラインナップは05-07-10時点でも変更ありません。

ブランデー
ブランデーとは、本来ぶどうを発酵、蒸留した酒を指すが、現在では果実を主原料にする蒸留酒全てについてこの名称が使われている。
ブランデーという名称は、コニャック地方でぶどうをワインにし、さらにそれを蒸留したものをヴァン・ブリュレ(焼いたワイン)と称したことに由来する。それをオランダの貿易商たちが、オランダ語に直訳して「ブランデ・ウェイン」と称して輸出した。主な輸出先はイギリスだったが、イギリス人たちはこれを縮めて「ブランデー」と呼ぶようになった。だから、ブランデーの当初の意味は、ワインを蒸留した酒のことだったのである。

コニャック
  「コニャックこそが最も優雅で、気品に満ちた蒸留酒。」とも言われます。

レミーマルタン ルイ13世      ¥12,600
  「「レミーマルタン」の頂点に立つ最上級ブランド。コニャック地方で最も豊富な石灰質を含むといわれるグランド・シャンパーニュ産のぶどうのみが原料となっている贅沢な逸品です。40年から100年もの平均熟成年数を重ねた3,000種におよぶコニャックを絶妙な技術でブレンドし、至極の味わいへと昇華させました。」

レミーマルタン V.S.O.P       ¥1,365
  「平均熟成年数4年から12年のコニャックをブレンド。口蓋に含むとバニラ、オーク、ヘーゼルナッツ、リコリス(甘草)、ポートワインなどのスムースでリッチな香りが広がります。」

ヘネシー X.O            ¥3,675
  「ヘネシーは日本でいちばん売れているコニャックの有名なブランド。X.Oは10年から70年熟成の原酒をブレンド。リッチでクリーミーな熟成香味をもつ。」

ヘネシー V.S.O.P          ¥1,575
  「25年熟成までの原酒をブレンド。ヘネシー社製としては、マイルドな軽さがあり、万人向き。」

マーテル コルドン ブルー      ¥3,675
  「マーテル社はコニャック最古の歴史とヨーロッパNo.1の販売量を誇るブランド。コルドンブルー)はフランス語でブルーリボンのこと。『最高に栄誉あるものに送られる青いリボンの勲章』を意味します。世界屈指のコニャックとしてふさわしい名前。
 おいしさの秘密は、ボルドリ原酒に由来。「すみれの花の薫り」と表現される華やかで優雅な香りと、「まろやかな味」を特徴に持つボルドリ原酒をふんだんにつかうことによって、繊細で芳醇な味わいと柔らかな深みが生まれます。「空(あ)いてなお、グラスは、香る」といわれるコルドンブルーは、格別のコニャックとして世界のコニャック愛飲家に親しまれています。」「香りにも味にもソフトな果実香を感じさせ樽由来のタンニンもソフトで、バランスのよいコニャックということができる。」

マーテル V.S.O.P          ¥1,575
  「華やかに広がる香り、なめらかで透明感のあるこどごしをもつ。」

カミュ ナポレオン         ¥2,625
  「カミユ社のコニャックは全体として厚みのある味わいで、辛口という点で特徴がある。そのうえ樽でゆっくり寝かせたことによる熟成感も備わっている。」「ナポレオンといえばカミュというほど、世界中で人気の高いカミュの代表作」

カミュ V.S.O.P           ¥1,575
  「コニャックの5地区の原酒をバランスよくブレンドした製品だが、グランド・シャンパーニュの原酒を多く使用しており、風味はスパイシーでデリケート。世界市場でもVSOPの正統派として愛飲する人が多い」

クルボアジェ V.S.O.P        ¥1,575
  「香りと熟成感に優れたコニャック」


アルマニャック
  「コニャックがエレガントなら、シックで高雅、重厚に香る中にも新鮮さを今に伝えるアルマニャックは、さしずめ人生の機微を表現した深みがあると表現されます。」
     う~ん。。。わけがわからん。。。
  「コニャックが2~3回の蒸留でアルコール分を70%ほどにするのに対して,アルマニャックは1回しか蒸留せず,アルコール分が63%以下のものが採られる。そのため原ワインの味が強くのこり,製品によっての良否もコニャックに比べはなはだしいばらつきがあり,げてものも多いといわれている。びん詰めの際は加水しアルコール度はさらに低くなる。アルマニャックの特徴は,強い芳香と男性的ともいえる重い複雑な風味であり,良品にあたれば,コニャックの及ばぬ味わいがあるといわれている。」

マルキ ド コサード ナポレオン ¥2,625
  「マルキ・ド・コサードとは”コサード侯爵”の意味。アルマニャック地方に1242年から続いた名門貴族の家名である。同家が、この名を付けたアルマニャックを発売するようになったのは1930年代初期の事。同社製品は、何れも現代人の嗜好に合うよう、スムーズ&マイルドに仕上げられている。」

シャボー ナポレオン        ¥1,785
  「シャボーは、16世紀、フランソワー世の時代に、初代海軍元帥になったフィリップ・ド・シャボーの名にちなんでいる。元帥は、自分の船団に積むワインが、長い航海の間に変質するのに悩み、これを蒸留し、ブランデーにして船に積み込むようにした。」
  「シャボー ナポレオンは、6~20年の熟成期間を有する原酒を秘伝の技術でブレンドした名品。風味のバランスがよい。熟成感があり甘い香り。」

シャトー ド ラヴィニャン      ¥2,100
  「ラヴィニャン家は、アルマニャックの優良産地、バ・アルマニャックで歴史と伝統を誇る蒸溜家。最良年のブドウのみで造る。」


カルバドス
  「カルヴァドスは林檎を原料としたブランデーで、フランスのノルマンディ地方の特産酒。中でも、中心部の優良産地ペイ・ドージュ地区で生産されるものは別格扱い。」

ビュネル オル ダージュ ¥1,680
 「ビュネル社は1820年、カルヴァドス最良の産地、ペイ・ドージュ地区の中心で創業。熟成感の深いオル・ダージュは、15年以上熟成させた原酒を瓶詰めした同社の最上位品。
 オル・ダージュとは、フランス語で”年齢がわからないほど古い”の意味。コニャックやアルマニャックで、長期熟成を経た製品に与えられる格付け名称として用いられている。」

ブラー X.O              ¥1,680
  「ブラー社は、カルバドス最良の産地、ペイ・ドージュ地区の中心地に本社。1825年設立。同社製品は、ペイ・ドージュACを名乗る優良品揃い。XOは、8~40年熟成させた原酒をそれぞれブレンド。」


マール&グラッパ
  「マールとグラッパ、ともにワイン醸造の際に残ったぶどうの絞りかすを発酵させてブランデーにしたものですが、産地によって呼称が違い、フランス産をマール、イタリア産をグラッパと呼んでいます。
  フランス産のマールは熟成し、イタリア産のグラッパは熟成しないものが多いという特徴の違いもあります。
  最近では、焼酎の蔵元がグラッパの名品を参考にして、焼酎造りを行い、原酒に近いアルコール度数で強くて荒々しい蒸留酒として焼酎を進化させたものが人気を博しています。グラッパは、焼酎の高級化に一役買っているのです。」

マール ド シャンパーニュ     ¥1,575
  「シャンパーニュ地方の銘醸マール。モエ・エ・シャンドン社、ドン・ペリニヨンで著名な同社のマールは、正にシャンパンを濃縮したような微妙な酸味を感じ甘やかな香味が楽しめる。」

カステロ ディ バルバレスコ    ¥1,575
  「ピエモンテの醸造元ガヤ社が、ワイン用のぶどうの搾り残しを依託して蒸留、瓶詰してもらっているもの。スペルスはクーネオ県のバルバレスコ村でネッビオーロ種から造られるバルバレスコ用ブドウの搾り残しを丹念に蒸留、オーク樽で熟成した典雅なグラッパ。
by mattarinonbe | 2004-11-02 21:11 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(カクテルその1)

a0036952_11412736.jpg

上のカクテルはオリジナルカクテル「シェヘラザード」です。最新更新日3月30日。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
オリジナルカクテルについては(字数制限により)3月投稿分の方で更新していきます。
HTBでは、オリジナルカクテルをいただくのも楽しみです。定番となっているオリジナルカクテル、村上龍さんの龍’sカクテルや季節ごとのカクテル。。。

※チューリップ祭期間中(4月9日まで)の水曜日はレディースデーでシェヘラのカクテルは女性に限り半額で楽しめるとか。 ちなみに私が女装していっても駄目だそうな。。。

季節のカクテル
・フローラ                  ¥1,050(税込・サービス料別)
  春のカクテル「アルコール度数はちょっと高めですが、爽やかな春の香りで飲みやすいカクテルです。」

こだわりのカクテルフェア(春のカクテルフェア)
【期間】2月5日(土)~4月10日(日)
  「場内外の各ホテルラウンジにて、花をテーマにしたオリジナルカクテルを創作し、腕を競い合います。
アンケートに参加していただくと抽選で素敵なプレゼントが当たります。 」
ホテルヨーロッパ「シェヘラザード」
モンテカルロ              ¥1,000(税・サービス料込み)
  同名のチューリップ「モンテカルロ」(鮮やかな黄色の花姿)をイメージ。
ピンクダイヤモンド           ¥1,000(税・サービス料込み)
  同名のチューリップ「ピンクダイヤモンド」をイメージ。

せつこさんのレポ

シャンパンカクテルフェア   各¥1,260(サービス料込みで¥1,386)
  「クリスマスにちなんだシャンパンを使ったさわやかなカクテルをご用意しました。」
  スタイリッシュなグラスに美しいカクテル、飲みやすいシャンパンカクテルですから女性にお勧めです。
     期間:12月1日~12月25日
 ヨーロピアンメモリー
 シリウス
 ピュアエモーション

ウィンターエンジェル       ¥1,050
  04年ウィンターカクテル。「優雅な夜のひとときをお過ごし下さい」

キャンティー             ¥1,050
  04年オータムカクテル。星空の下で。

フローズンフルーツカクテル     ¥1,260
  フルーツカクテル・パパイヤ
  フルーツカクテル・キウィフルーツ
  フルーツカクテル・パイナップル

ラブシャウト             ¥1,260
  04年サマーカクテル。内に秘めた思いを、カクテルに表現しました。

スプロート              ¥1,050
  04年スプリングカクテル。芽ばえの春をイメージしました。

ビューティフルマインド       ¥1,000(当時の価格)
  03年トゥインクルカクテル。

フルーツコンチェルト         ¥1,000(当時の価格)
  03年オータムフェアのカクテル。

マーメイドスマイル          ¥1,300(当時の価格)
  03年夏のトロピカル選手権のカクテル。ヨーグルトとライチ風味の爽やかなロングカクテルです。


龍’sカクテル   現在も別メニューにあります。 ここに表示している価格はいずれも昨夏のもの

オープン (ユア) マインド      ¥1,260
   シャンパンベース。長崎の茂木産のビワのピューレーをホテルヨーロッパオリジナルシャンパンで割った、または、茂木のビワのワインを足したもの。枇杷色の美しいカクテル。飲みやすくお勧め。
   ほのかに感じるビワの香りと甘味をシャンパンとともにお楽しみください。

アナ ルイーサ            ¥1,260
   焼酎ベース。焼酎+ライムジュース+少量のシュガーシロップ+大量のミントの葉。贅沢にふんだんに生ミントの葉を使ったカクテル。清涼感溢れる味わい。
「映画『KYOKO』の主演女優のダンスレッスンを担当したキューバの女性ダンサーの名前です。彼女はキューバを代表するダンサー・振り付け師でしたが、映画『KYOKO』の完成のあと、持病の喘息が原因で心臓発作を起こし、49歳という若さで亡くなりました。わたしは、キューバを代表するカクテルであるモヒートを、オリジナルのホワイトラムではなく焼酎で作り、アナの名前をつけて残したいと思いました。」村上龍氏のコメントです。

「But And」バッテン          ¥1,050
   焼酎ベース。「ばってん、という九州の方言を英語にしたものです。焼酎とトマトジュースに、梅干しの果肉を加えてシェイクします。見た目はブラディマリーに似ていますが、よりマイルドで、あっという間に3杯くらい飲んでしまいます。弱いカクテルではないので、気持ちよくなってきて、もう止めようかな、と思いつつ、「ばってん、うまかけん、もう一杯だけ」という風に、恐いくらいお代わりをしてしまうというわけです。ブラディマリーにはセロリが刺してありますが、「But And」には、黒胡椒と白胡椒と粗塩が塗られた大根が付いています。その大根をかじりながら飲むと、危険なくらいおいしくて杯が進みます。」これも村上龍氏のコメントです。

メニューの続きです。
※以下のラインナップは05-07-10時点でも変更ありません。

カクテル
ジンベース
シェヘラザード(オリジナル) ¥945

ギムレット            ¥945
  ドライジン、ライムジュース
  中口 30度
  「ハードボイルド小説からいっぱんに有名になった:ハードボイルド小説の大家レーモンド・チャンドラーが『長いお別れ』の中で主人公フィリップ・マーロウに「ギムレットには早すぎる」の名セリフを言わせて一躍有名になった。スッキリとドライな味。」

ホワイト レディー        ¥945
  ドライジン、コアントロー、レモンジュース
  中口 29度
  「清楚で上品なイメージを身にまとった人気カクテル:ブランデー・ベースの有名なカクテルサイド・カーを、ジン・ベースに代えるとこのホワイト・レディになる。甘味と酸味、アルコール度数が上品にバランスのとれたカクテル。」

ヨコハマ             ¥945
  ドライジン、ウォッカ、オレンジジュース他
  甘口 21度
  「数少ない日本の地名をつけたカクテルの1つ:国際都市ヨコハマのイメージを託した、生粋の横浜生まれのインターナショナルな味わいのカクテル。鮮やかな赤色は“ライジング・サン”のイメージか。」

ブルー ムーン          ¥945
  ドライジン、クレーム・ド・バイオレット、レモンジュース
  中口 23度
  「名前も色もファンタジックな夜のために:色の美しさでは、トップクラスのカクテル。ブルーというよりも淡いバイオレットで、“青い月”というネーミングとともにファンタジックなカクテル。ところで、当たり前のように“青い月”と表現するが、実際には月が青く見えることはなかなか起こらない現象でもある。その意味では、このブルー・ムーンは、特別 でラッキーな日に二人で乾杯するのにふさわしいカクテルなのかもしれない。」

ウェディング ベル        ¥945
  ドライジン、ポートワイン、チェリーブランデー他
  甘口 22度
  「美しい紫色のカクテル。名前もロマンティックなら味もスウィート。女性に大変人気。プロポーズの言葉の代わりに、さりげなく彼女のために注文してみてはいかが?」

シンガポール スリング      ¥945
  ドライジン、チェリーブランデー、レモンジュース他
  中口 17度
  「シンガポール生まれのエキゾチックなカクテル:文豪サマーセット・モームも愛したシンガポールの名門ホテル「ラッフルズ」で誕生したカクテル。遠い南国への憧れからか、またたく間に人気のカクテルになり、世界的に有名なカクテルになった。」

オレンジ ブロッサム       ¥945
  ドライジン、フレッシュオレンジジュース
  中口 27度
  「食前、食後のいずれにも向くさっぱりとした味わい:アメリカの禁酒法時代、闇ルートの粗悪な酒を、そのままでは飲めないのでオレンジジュースを加えたのが始まり。「オレンジ・ブロッサム」とは文字どおり、“オレンジの花”のこと。オレンジの花言葉は「純潔」で、結婚式に花嫁がウェディング・ドレスにオレンジの花をつける習慣もある。このカクテルも、ウェディング・パーティに振る舞われるアペリティフ(食前酒)として人気が高い。」

アラスカ             ¥945
  ドライジン、シャルトリューズ・イエロー
  中口 39度
  「度数の高いスピリッツを組み合わせたきりっとした酒:数あるカクテルの中でも、きわめてアルコール度数の高いもの。かすかな甘味が感じられる、きりっとした味わいが、まさにアラスカのイメージにふさわしい。」

ジン ライム           ¥945
  ドライジン、ライムジュース、カットライム
  辛口 28度
  「シンプルでクリアな味わい:ジンとライム・ジュースだけを使った、オン・ザ・ロック・スタイルのポピュラーなカクテル。」

ジン&トニック          ¥892
  ドライジン、トニックウォーター
  中口 14度
  「爽やかなのど越しでロング・ドリンクスの人気№1:ジンとトニック・ウォーターのほんのりとした苦味とかすかな甘味が、多くの人に好まれてきた最もポピュラーなロング・ドリンクス。アペリティフとしてだけでなく、パーティ・ドリンクとしても愛飲されている。」

トム コリンズ          ¥892
  ドライジン、レモンジュース、シュガーシロップ他
  中口 16度
  「誰にでも飲みやすいさっぱりした味わい:コリンズとは、酒にレモン・ジュースと糖分を加え、ソーダ水で割ったドリンクのこと。基本的にはフィズと同じだが、フィズよりも大ぶりのコリンズ・グラスを使うことで区別される。ロングドリンクでは最も有名なカクテル。」

ジン リッキー          ¥987
  ドライジン、ソーダ水、ライム
  辛口 14度
  「切れ味鋭い飲み口:サワーやフィズと比べて最もさっぱりとした飲み心地で、暑い日やスポーツの後などに合う。トニックの甘さが気になる人、ジン・ライムでは甘いと思う方にはおすすめのドリンクである。グラスの中のライムをマドラーで軽くつぶしながら飲むと、さらにフレーバーが香ってくる。」

マティーニ            ¥987
  ドライジン、ドライベルモット
  辛口 35度
  「キング・オブ・カクテル:バーとカクテルを愛する人たちが必ず筆頭にあげる、カクテルの王様。チャーチルはじめ、世界中の著名人がこよなく愛し、ゆえにマティーニの伝説も数多い。ジンとベルモットというシンプルな組み合わせゆえ、かえって奥深いカクテルともいわれる。」


ウォッカベース
バラライカ            ¥892
  ウォッカ、コアントロー、レモンジュース
  やや甘口 29度
  「やさしく透き通った音色のような、クリアな味わい:このカクテルは、ブランデー・ベースの有名な「サイドカー」のウォッカ・バージョンで、コアントローとレモン・ジュースを使ったカクテルは香りとやさしい甘味に人気があり、この他にもベースをジンに代えると「ホワイト・レディ」、ラム・ベースならば「X.Y.Z.」と姉妹が多い。」

ブルー マンデー         ¥892
  ウォッカ、ホワイトキュラソー、ブルーキュラソー
  中口 30度
  「憂鬱な気分を和らげてくれる一杯になるか:“憂鬱な月曜日”という意味。」

雪国 フォト            ¥892
  ウォッカ、ホワイトキュラソー、ライムジュース他
  やや甘口 30度
  「冬景色をイメージした日本生まれの美しいカクテル:川端康成がノーベル文学賞を受賞した頃のカクテル大会の優勝作品で、日本的な美しさを表現したカクテルでもある。淡い白色のカクテルで、グラスの縁を飾るスノー・スタイルが雪の結晶を思わせる。グラスの中でグリーン・チェリーが揺らぎ、どこかわび・さびの世界も連想させる。」

ブラッディー メアリー      ¥892
  ウォッカ、トマトジュース
  中口 12度
  「食前酒としてあまりに有名:世界中で飲まれているカクテルで、好みによって塩やコショウ、タバスコやウースター・ソースを数滴加えて自分の味に仕立て上げる人も多い。」

ルシアン             ¥945
  ドライジン、ウォッカ、クレームドカカオ
  中口 33度
  「カカオのフレーバーが甘い時を演出する:ジンとウォッカをカカオの甘さで優しく包んだ、口当たり抜群のカクテル。グラスに口を近づけるとフワッと甘い香りに包まれ、飲み口も甘いので、ついついペースが速くなってしまう女性にとって要注意のカクテルとして有名。」

キッス オブ ファイアー      ¥945
  ウォッカ、ドライベルモット、スロージン他
  やや甘口 30度
  「赤く燃え上がる情熱のキスの味:1950年代半ばに、日本のカクテル・コンクールでグランプリに輝いた作品で、印象に残るカクテル名と、情熱的な真紅のカラーから今も人気のあるカクテルの一つとして飲み続けられてきた。グラスの縁はグラニュー糖で飾ったスノー・スタイルで口当たりは甘酸っぱい。スロー・ジンが鮮やかなレッド・カラーを演する。」

モスコ ミュール         ¥987
  ウォッカ、ライムジュース、ジンジャーエール
  中口 12度
  「ハリウッドビジネスから生まれたカクテル:大量に仕入れたジンジャー・ビアを売りさばこうと考えていた男、自分の作っていた銅製マグ・カップを容器にと提案した女、そしてウォッカを宣伝したかったメーカー。その3者の思惑が、そのまま「モスコ・ミュール」という1杯のカクテルを生んだ。そして現在、このカクテルの人気は世界的に広まった。」

スクリュー ドライバー      ¥1,155
  ウォッカ、オレンジジュース
  中口 12度
  「オレンジジュースとウォッカのハーモニー:夏の暑い日、喉の乾きにぴったりの爽快なカクテル」

ソルティー ドック        ¥1,155
  ウォッカ、グレープフルーツジュース
  中口 13度
  「スタンダードの中でも古くから人気のあるカクテル:カクテルに初めて塩を使った画期的作品。スノー・スタイルの塩が口直しになり、グレープ・フルーツの苦味とともに暑い夏の日にぴったりのさわやかさを生む。」


ラムベース
ダイキリ             ¥892
  ホワイトラム、ライムジュース、シュガーシロップ
  中口 24度
  「古くから飲み継がれてきたもっとも有名なカクテル:キューバのダイキリ鉱山の技師たちがラムをライム・ジュースで薄めたドリンクを飲んでいたことから命名された。爽やかさとほどよい甘味が人気のラム・ベースの代表的カクテル。」

スカイ ダイビング        ¥892
  ホワイトラム、ブルーキュラソー、ライムジュース
  中口 20度
  「深いブルーで表現した涼味満点の爽やかカクテル:日本のカクテル・コンペティションで優勝した作品で、大空をイメージさせる鮮やかなブルー、さわやかで現代的な甘味を持つカクテルとして人気が高い。」

バカーディー           ¥892
  バカルディ・ホワイトラム、レモンジュース、グレナデンシロップ
  中口 25度
  「バカルディ社のラムを使うこだわりのカクテル:最大手のラム製造会社が、自社のラムを宣伝するために作ったカクテル。したがってバカルディ・ラムを使った純正カクテルのみに許される名称でもある。他のラムを使った場合は2つの名称になる。シロップを普通 のシュガー・シロップを使った場合は有名な「ダイキリ」、このレシピのようにグレナディン・シロップを使った場合は「ピンク・ダイキリ」。」

X,Y,Z     フォト        ¥945
  ホワイトラム、コアントロー、レモンジュース
  中口 27度
  「究極と名づけられたラム・カクテルの傑作:アルファベットの最後の3文字を使いこれ以上のものはない、これが“究極”のカクテルという意味がこめられている。ベースをブランデーに代えると有名な「サイドカー」、ジンなら「ホワイト・レディ」、ウォッカならば「バラライカ」と、姉妹の多いカクテルでもある。」

メアリー ピックフォード     ¥945
  ライトラム、パイナップルジュース、グレナデンシロップ他
  甘口 18度
  「映画女優の名にふさわしい華やかさをもつ:「世界の恋人」と謳われたアメリカの女優の名前をつけられたカクテル。華やかさをかもしだすソフトタイプの甘口のカクテル。」

ボストン クーラー        ¥945
  ホワイトラム、レモンジュース、シュガーシロップ他
  中口 11度
  「すっきりしたラムの香味がほのかに漂う:クーラーは、酒にレモンやライム・ジュースと甘味を加え、ジンジャー・エールなどで割ったロング・ドリンクのこと。飲む人にさっぱりとした清涼感、クールな感じを与えるため、クーラーという名前がついている。キンキンに冷やした夏向きのカクテル。」

キューバ リブレ         ¥987
  ホワイトラム、フレッシュライム、コーラ
  甘口 12度
  「キューバ独立を祝して誕生した自由の味:キューバ独立を支援したアメリカのコーラで、キューバ特産のラムを割るという、当時の2国間の友好関係の象徴でもあった。コーラの甘さと清涼感で手軽に楽しめるカクテル。」
by mattarinonbe | 2004-11-02 01:19 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(カクテルその2)

a0036952_2393077.jpg

                                    最新更新日10月23日
上のカクテルは、私が大好きなカクテルです。寝酒として何度か作っていただきました。
B52というカクテルのバリエーションだとか。コーヒーリキュール、クリームリキュール、オレンジキュラソーを3層に注ぐのがオリジナルのようですが、冷した方が美味しいと写真のようなカクテルになっています。ミルク系のカクテルが好きな方にお勧め。
殆どの場合、私は特にオーダーすることなくお任せでつくっていただきます。メニューにないカクテルなどいろいろと工夫してくださり、いつも満足なひと時を過ごさせていただいています。

メニューの続きです。
※以下のラインナップは05-07-10時点でも変更ありません。

テキーラベース
メキシコ ローズ         ¥892
  テキーラ、クレームドカシス、レモン
  「スタンダードカクテルだが、知名度は低く、このカクテルの存在を知らないバーテンダーの方が多いのが現状。ちょっとベースを弱目にしてカシスを強めにすれば女性も美味しく飲めるカクテルになる。マイナーなため、カクテルに力を入れられているお店じゃないとなかなか作ってもらえない希少価値のあるカクテル。」
マルガリータ           ¥892
  テキーラ、ホワイトキュラソー、レモンジュース
  中口 26度
  「ロマンチックなエピソードで世界中の心をとらえた:カクテル・コンテストの優勝作品で、今や世界的に人気のあるカクテル。悲しみにくれるデュレッサー氏が天国の恋人「マルガリータ」に捧げたカクテル。ベースは恋人の故郷の酒テキーラが使われている。」
マタドール            ¥945
  テキーラ、パイナップルジュース、フレッシュライムジュース
  甘口 12度
  「フルーツの甘味と酸味がテキーラを爽やかにする:味わいはほんのりと甘酸っぱいテイストで、テキーラをベースにしたトロピカル・カクテルのような印象。メキシコの闘牛場を通り抜ける爽やかな風のような飲み心地のカクテル。」
ブロードウェイ サースト     ¥945
  テキーラ、オレンジジュース、レモンジュース
  やや甘口 20度
  「サボイよりニューヨークに愛を込めて:バーテンダーのバイブル「サボイ・カクテル・ブック」を生んだイギリスの名門ホテルがブロードウェイに捧げたカクテル。「サースト」とは、"熱望する"という意味。テキーラにはつきもののライム・ジュースをあえて使わず、レモンとオレンジで上品な甘さに仕上げたカクテルである。」
テキーラ サンライズ       ¥1,155
  テキーラ、オレンジジュース、グレナデンシロップ
  中口 12度
  「ミック・ジャガーが愛飲し世界に広まったカクテル:グラスの底に沈んだ赤いグレナディン・シロップが、朝焼けに染まる美しいメキシコの朝をイメージした美しいカクテル。広く世界中で人気の高いカクテル。ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがツアー中に愛飲し、イーグルスも同名の曲を作っている。」

ライジングサン      ¥1,155
  メニューにはないカクテル。

ウィスキー&ブランデーベース
マンハッタン           ¥987
  カナディアンウィスキー、スイートベルモット、アンゴスチュラビターズ
  中口 32度
  「ニューヨークのハイソサエティが生んだカクテルの女王:1867年アメリカ大統領を応援するパーティーで後の英国首相チャーチルの母が即興でオリジナル・カクテルを作ったのがマンハッタンクラブだったことから命名された。カクテルの王様マティーニと並び称されるカクテルの女王。昔からパーティには欠かせないカクテルで、スイート・ベルモットを使った甘めの味は女性にも好まれている。」
ゴッド ファーザー         ¥945
  スコッチウィスキー、アマレット
  甘口 40度
  「強く香るアーモンドの香りと甘さが際立つ:「ゴッド・ファーザー」の命名は、その強烈な存在感からか、それともイタリア産リキュールのアマレットを使用しているからか。香りも味も強い甘さを主張している。何杯もというわけにはいかないかもしれないが、一度飲むと忘れられない味わいの1杯である。」
オールド ファッションド     ¥1,050
  バーボン(又はライウィスキー)、アンゴスチュラ・ビターズ、角砂糖
  やや甘口 36度
  「角砂糖、オレンジをつぶし自分好みの味を楽しむ:ケンタッキー州のバーテンダーが、競馬ファンのためにつくったとされる。アメリカン・ウイスキーの香ばしいにおい、適度な甘さとほろ苦いテイスト、華やかなデコレーションがあいまって、ポピュラーなカクテルとして人気を不動のものとしている。」
ニューヨーク           ¥1,050
  バーボン(又はライウィスキー)、ライムジュース、グレナデンシロップ他
  中口 26度
  「フルーティーな甘さと酸味のバランスがいい:ニューヨークの日の出を彷彿とさせる鮮やかな色彩と中口の味わいが人気のカクテル。都会の誘惑と、ドライさをこの1杯は表現している。」
a0036952_11511341.jpg

アレキサンダー フォト2       ¥1,365
  ブランデー、クレーム・ド・カカオ、生クリーム
  中口 39度
  「ロイヤルウェディングに献上された気品ある一杯:イギリスの皇太子妃アレキサンドラの名を持つこのカクテル、ブランデーの豊潤な香りとカカオのほろ苦さがマッチ。女性が好むカクテルとして、いつも上位にランクされている。“食後酒の王様”と称されるほど世界中で愛飲されている。」
サイドカー            ¥1,365
  ブランデー、コアントロー、レモンジュース
  中口 26度
  「さっぱりとした味わいが愛される、ブランデーベースカクテルの代表格:ブランデーとコアントローの甘味に、レモン・ジュースの酸味が加わり、さっぱりとした甘さが男女を問わず愛されている。」
ハネムーン            ¥1,365
  アップルブランデー、ベネディクティン、レモンジュース他
  やや甘口 27度
  「フレンチテイストの新婚の味とは・・・:すべてフランス産の銘酒で構成されたフレンチ・テイストのカクテルである。味わいは甘口なのだけれど、酸味のバランスもほどよい。“新婚”だからこそ、これからは酸いも甘いも、というフランス流のシャレか。」

リキュールベース
バレンシア            ¥945
  アプリコットブランデー、オレンジジュース、オレンジビター
  甘口 14度
  「バレンシアの大地を思わせるオレンジの風:アプリコットとオレンジのハーモニーが見事。陽光ふりそそぐ地中海に面した大地のイメージそのままに、スイートな中にも香り豊かなコクと奥行のある味わい。アルコール分が少なく甘口なので女性におすすめ。濃厚なジュースのようだという女性も多い。」
ゴールデン ドリーム        ¥945
  ガリアーノ、コアントロー、生クリーム他
  甘口 16度
  「口当たりも滑らかでナイトキャップ向き:自由の国アメリカの黄金色に輝く夢をイメージしたカクテル。“ガリアーノ”と“コアントロー”という有名なリキュールをミックスさせた味わいは、リッチでスイートな“黄金の夢”にふさわしいテイストである。」
・クラウディ スカイ リッキー    ¥945
  スロージン、レモンジュース、グレナデンシロップ他
  「曇り空ではなく、甘く晴れやかで、ご機嫌なカクテル。スロージンを使うため、赤色のカクテルですが、最後にジンジャーエールで割るロングドリンクなので飲みやすいカクテルに仕上がる。」
スカーレット オハラ        ¥945
  サザンカンフォート、クランベリージュース、レモンジュース
  「「風とともに去りぬ」のヒロイン、スカーレット・オハラをイメージして作られたカクテル。サザンカンフォートを上手に使用した深い味わいが特徴」
カルア ミルク           ¥945
  カルーア、ミルク
  やや甘口 8度
  「若い女性に人気のコーヒーリキュールの定番:コーヒー・リキュールをミルクで割った、若い女性を中心に人気の高いカクテル。飲み口も、ちょっぴりアルコールの入ったカフェ・オ・レのような味わいで、アルコールに弱い女性でも気軽に楽しめる。冬の寒いときには、温めたミルクを使ったホット・カクテルにして、ひと味違ったテイストを楽しめる。」
チャーリー チャップリン      ¥987
  スロージン、アプリコットブランデー、レモンジュース
  やや甘口 20度
  「華やかな中にそこはかとない苦味が:華やかな香りと甘酸っぱい味わいを持つカクテル。シェイクしたものを、オン・ザ・ロックで飲むスタイル。」
チェリー ブロッサム        ¥1,050
  チェリーブランデー、ブランデー、レモンジュース他
  中口 28度
  「日本生まれのインターナショナル:"桜の花"をイメージしたもので、チェリー・ブランデーをメインに使っている。味わいはコクがあり、かなり甘め。色も私たちがイメージするソメイヨシノのような淡い桜色ではなく、もっと赤みが強い。食後に合う濃厚な味わい。」
ガルフ ストリーム         ¥1,050
  ウォッカ、ピーチリキュール、ブルーキュラソー
  「メキシコ湾流という意味」
カンパリ オレンジ         ¥1,155
  カンパリ、オレンジジュース、オレンジスライス
  やや甘口 12度
  「カンパリ・ビターとオレンジの酸味がマッチ:カンパリの持つ強いビターをオレンジ・ジュースの甘酸っぱさが和らげてくれ、食前酒としてだけでなく、日常的なドリンクとして幅広い層で飲まれている。」


ワインベース
・フォーティーセカンド ストリート  ¥1,050
  スロージン、スパークリングワイン
・ワイン クーラー          ¥1,050
  ロゼワイン、オレンジジュース、グレナデンシロップ
  中口 12度
  「もうひとつのワインの楽しみ方:ワインをベースにしたクーラースタイル。ワインは好みで  赤でも白でもよい。ワインがまた違った楽しみ方ができる。」
キティー              ¥1,050
  赤ワイン、ジンジャーエール
  中口 7度
  「赤ワインをもっと気軽に楽しむために:ヨーロッパのカフェやバールの日常的な光景として、清涼飲料水がわりにワインを発泡性のミネラル・ウォーターや炭酸水などで割ったドリンクを飲んでいる姿を目にする。この「キティ」も、そんなドリンクの一つである。ジンジャー・エールで割っているため、若干のコクと渋みが立つ味わいである。
フレンチ75             ¥1,680
  ドライジン、レモンジュース、シャンパン
  中口 18度
  「シャンパンのきめ細かい泡が口当たりをやさしく:第1次大戦の時、戦勝を祈ってパリで生まれたカクテル。フレンチ75とはフランス軍の大砲で口径75ミリのことをいう。95ミリ、125ミリとバリエーションが生まれた。味わいは、大砲とは似つかない上品でほどよいビター・テイストである。」
・フレンチ95             ¥1,890
  「フレンチ75のベースをバーボン・ウイスキーに代えたもの。」
・フレンチ125            ¥1,890
  「フレンチ75のベースをブランデーに代えたもの。」
ミモザ               ¥1,890
  シャンパン、オレンジジュース
  やや甘口 10度
  「フランス上流階級に親しまれたシャンパンのカクテル:「ミモザ」は、正式には「シャンパン・ア・ロランジェ」(オレンジ・ジュース入りのシャンパン)と呼ばれ、昔からフランスの上流階級で親しまれてきたシャンパンのカクテル。「ミモザ」はその愛称で、きれいな黄色がミモザの花に似ているところからついた名前。それがいつのまにか、愛称で親しまれるようになった。」
キール ロワイヤル フォト      ¥1,890
  シャンパン、クレム・ド・カシス
  中口 14度
  「特別な日の乾杯を飾るにふさわしい一杯:上品で繊細な味わいで、なによりも記念日など特別の日のディナーの前に、ふさわしいゴージャスな1杯である。」
キール インペリアル  フォト2      ¥2,100
  シャンパン、クレム・ド・フランボワーズ
  中口 14度
  「優雅な味わいのもう1つのキールロワイヤル:白ワインにクレム・ド・カシスを加えた「キール」、そのベースをシャンパンに代えた「キール・ロワイヤル」は、今や食前酒の定番として高い人気を誇っている。そのクレム・ド・カシスをラズベリー(キイチゴ)に代えたものが「キール・アンペリアル」。カシスに比べて甘さが抑えられているため、「キール・アンペリアル」のほうがスッキリとした味わいに仕上がる。」
by mattarinonbe | 2004-11-01 23:36 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ

シェヘラザード(ノンアルコールカクテル・フードメニュー他)

a0036952_22111252.jpg

                                     最新更新日07年11月15日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
シェヘラザードではメニューにないドリンクも材料がそろっていれば、可能な限り作っていただけます。
私も、車でHTBに行く事が多いこともあって、シェヘラザードに行ってもノンアルコールカクテルをおまかせで作って頂くことがよくあります。

これまで作って頂いたノンアルコールカクテル(ほとんど写真を撮っていない。。。)をいくつかご紹介します。ちなみに上の写真もノンアルコールカクテルです。パイナップルジュースとグレープフルーツジュースにブルーシロップを使ってあります。期待の堀口琴美さんにシェヘラで作って頂いた記念すべき1杯目のカクテルです。
ノンアルコールカクテル(スタンダード)
シャーリーテンプル
  「かつて一世を風靡した名子役にして大女優のシャーリー・テンプル。彼女の名前を戴いたこのノン・アルコール・カクテルは、ハリウッドのイメージそのままに華やかなイメージに彩 られている。ベースは、ジンジャー・エール。ただし、グレナディン・シロップで色づけをしてあるので、赤いカラーリングを身にまとっている。」
サラトガクーラー
  ライムジュース+ジンジャーエール+シロップ
  モスコミュール(モスコミュールのウォッカ抜きといった感じ)にもにた味わい。適度に甘酸っぱく、あっさりすっきりしたノンアルコールカクテル。

ノンアルコールカクテル(オリジナル)
ブルーノートハーバー
  ヴィノテークのオリジナルカクテル「ブルーノートハーバー」のノンアルコールバージョンだ  とか。バイナップルとアップルジュースを使用した、爽やかな海をイメージしたカクテル。

ノンアルコールカクテル(フローズン)
キウィのフローズンカクテル

ノンアルコールカクテル(その他)
ノンアルコールカクテル
  パイナップル・オレンジ・レモンのジュースとイチゴのシロップ等を使用。
ノンアルコールカクテル
  青リンゴ、グレープフルーツジュースを使ったカクテル。
  
※ノンアルコールカクテルはご紹介していくときりがありません。ご自身で好みのものを作っていただくのが宜しいかと思います。甘めが良いとか、甘くなくて酸味が強いものとか、さっぱりしたものとか、好みのフルーツであるとか。。。フォトアルバムにノンアルコールカクテルもいろいろとアップしてますので、興味のある方はこちらをご覧下さい。

メニューの続きです。
※以下のラインナップは05-07-10時点でも変更ありませんでした。
ボージョレ・ヌーヴォ解禁
(07年)11月15日より(商品がある期間)「ボージョレ・ヌーヴォ」が提供されます。
・オリヴィエ・ラヴィエ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2007
           グラス(125mL) 1,155円(税・サービス料込み)
           ボトル(750mL) 5,775円


スピリッツ
・ジン各種                ¥735~
・ウォッカ各種              ¥735~
・ラム各種                ¥735~
・テキーラ各種             ¥735~

ビール&日本酒
・キリンビール(ラガー・一番搾り)  ¥735
・アサヒビール(スーパードライ)   ¥735
・サッポロビール            ¥735
・ハイネケン(オランダ)        ¥840
・ギネススタウト(イギリス)      ¥840
エルディンガー(ドイツ)       ¥840
・六十余州 大吟醸(長崎)      ¥1,365
・六十余州 本醸造(長崎)      ¥945

グラスワイン
・白ワイン                ¥945~
・赤ワイン                ¥945~
・スパークリングワイン        ¥945~

ソフトドリンク
・グレープタイザー(白、赤)     ¥630
  白:厳選されたマスカットグレープだけを贅沢に使用した、炭酸入り100%ホワイトグレープジュース。フルーティーですっきりとした甘みが特長の、清涼感あふれるナチュラルな味わい。
  赤:厳選されたマスカットに、南アフリカ特産のぶどう品種の果皮を加えた炭酸入り100%レッドグレープジュース。ルビーのような赤色、まろやかな甘みとリッチな味わいが特長。
・フレッシュジュース(オレンジ、グレープフルーツ) ¥1,155
・レモンスカッシュ            ¥735
・ジンジャーエール            ¥630
・コーラ                   ¥630
・ペリエ                   ¥630


一品料理
※フードメニューについては改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
ホテル特製ソーセージ         ¥1,050
・パルマ産生ハムとフルーツ      ¥1,365
・スモークサーモン セルフィユ添え ¥1,575
  ※ちこがこさんのレポ

ホテルヨーロッパ特性テリーヌ  フォト2 フォト3  ¥1,680
フランス産ナチュラルチーズの盛り合わせ  ¥1,680
ツブ貝のブルゴーニュ風      ¥1,890
魚介類と野菜のフリッター フォト2  ¥2,100
・骨付き仔羊のソテー 黒コショウ風味 ¥2,835
※メニューには載っているものの、オーダーできる事は期待薄。
佐賀牛サーロインのカットステーキ マスタード風味 ¥4,200
野菜のサンドイッチ           ¥1,575
鹿児島産黒豚のカツサンド      ¥2,100
季節のフルーツ盛り合わせ      ¥2,415
チーズのフライ              ¥945
・ビーフジャーキー            ¥945
・リンツチョコレート3種盛り合わせ   ¥735
・ミックスナッツ               ¥735


【参考サイト】
http://www.maltbank.com/index.htm
http://www.siregenuine.com/scobrand.htm
http://homepage3.nifty.com/~tanida/my_home_bar/Brandy_calvados.html
http://www.shochu-kikou.com/
http://gourmet.biglobe.ne.jp/bar-style/index.html
by mattarinonbe | 2004-11-01 22:44 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ