日本料理/吉翠亭(夜Part1)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパに07年10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭の夜のメニューのご紹介です。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びをし出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:7:00~10:00
      昼:11:30~14:00
      夜:17:30~21:00
【予約】できれば予約されておかれた方がよろしいかと思います。もちろん予約なしでも空きがあれば問題ありません。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。私にとってももっとも寛いで楽しめるお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。
オフィシャルサイトで松元料理長の紹介がなされていますので、こちらをご覧ください。

夜は2時間(時にのんべしながら3時間・・)ほどかけて楽しませていただきました。
お昼は、およそ1時間~1時間半。
お酒をあまり飲まない方だともっと時間はかからないでしょう。
戎座も良いですが、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。

コースもなかなか魅力ですし、単品料理(昼・夜共通)も充実(ちらし寿司他お勧めのものが。。)していますので、そちらでの利用もお勧めです。
いずれも旬の食材を用いた季節感豊かな料理が提供されています。ハウステンボスで最もスタッフの方々の対応も気持ちよく、現在私にとって最も気持ちよく食事させていただけるお店の1つです。
エリタージュが実質クローズし、エクセルシオールもディナータイムの営業をしていない現在、ここぞという時に私が利用する一番手のお店(ご一緒していただく方によっては戎座を選択する事も)になっています。
ラストオーダーが21時とハウステンボス場内では遅めの時間設定になっていますので、夜食的な利用もできそうです。

下記は11月8日の記録及びオフィシャルサイトの記載を元に改定した先の記事に11月22日に利用した際の画像等を追加したものです。



コースの内容が変わっています。
単品メニューにも一部変更があります。
11月22日は土日・祝日のみの吉翠会席(要予約)をいただいてきました。
a0036952_2112504.jpg

その素晴らしいお料理につきましては姉妹ブログでご紹介していますので、よろしかったらそちらをご覧ください。
 ※mattariのレポ

11月8日は雅会席をいただいてきました。ファミリエのポイント交換で得たディナー券(彩会席が対象)に差額支払いでいただいたものです。
a0036952_21121640.jpg

のんべな私は前菜をつつきながらの一杯が堪えられず。。。ここにはいろんな楽しさが盛り込まれています。
右上は子持ち鮎オイル漬けに鯵寿司。いい味してます。
中左は青身大根と自家製唐墨。ねっとりまったりの唐墨に、さっぱり辛味の大根を齧りながらの一杯はいけます。中右は焼き鯖霙和えで、大好きな味わい。
左下は渋皮栗と柿玉子。技が光ります。卵の西京味噌漬け?を柿に見立てた柿玉子は見た目可愛くねっとりと美味。右下は鱒博多。こちらも素敵です。
a0036952_72641.jpg

この季節、土瓶蒸しはしみじみといいものです。吉翠亭の土瓶蒸し(私の知る範囲では吉翠会席、雅会席及び単品料理において)は趣が違います。京都ではこんな感じなのでしょうか?私が長崎のいろんなところ(といっても限られてますが・・)でいただいた範囲ではこのような出され方は初めて。。。
たっぷりの具材(秋鱧、海老、松茸、銀杏等)を自分で出汁の入った土瓶に入れていただきます。
a0036952_72402.jpg

香り良し、味良し、演出良し。。。素材に自信がなければ出来ない事でしょう。
a0036952_732020.jpg

土瓶蒸しの具材として使われた海老の頭はぱりぱりのせんべいに。
a0036952_74076.jpg

この日の造里は中トロ、伊勢海老に鯛。松元料理長の言によると長崎の魚介類は「日本一」だとか。ホントかなぁ。。。地元にいるとそんな風には思えないですけど、他の土地でいただくと長崎のがいいなぁ。。。と思う事も。「また、伊勢エビがすごい。今まで伊勢エビをおいしいと思ったことがないのですが、長崎のものは身が甘く、認識をあらたにしました」ともおっしゃっていますね。
a0036952_745157.jpg

凌ぎは粟餅の揚げ出し。ちょっと珍しい一品ですが、素朴でさっぱりといただけるなかなかのもの。出汁の香りと味わいも素敵です。
a0036952_754457.jpg

焼物は甘鯛の柳松茸包み焼きに穴子龍田揚げ。柳松茸は柳の木によくみられ、松茸とよく似た香りを放つことからその名がついたとされる、なめこの近縁種。歯切れの良い食感と、癖のない味。この柳松茸を甘鯛で包んで焼き上げたもので、甘鯛の味わいに柳松茸の食感がいい感じです。
翡翠銀杏に、むかごの雲丹揚げもいい肴です。
a0036952_761216.jpg

蓋物の角煮、海老芋、山科茄子なども素材が喜んでいるいい味わい。
a0036952_77039.jpg

蟹と松茸の土鍋御飯。待ってました!の一品。笑みがこぼれる美味しさ。土鍋に2人前たっぷりと。おかわりしていただきます。お焦げがまた美味しい。伊勢海老の具足汁もついて贅沢な食事です。
a0036952_772597.jpg

水菓子は焼き林檎とオレンジ。焼き林檎はアングレーズソース(卵黄、砂糖、牛乳を使用したソースでバニラアイスクリームやカスタードクリームのもとにもなるもの)を用い、オレンジは皮から身を外し、その身をゼリーにして戻してあります。


※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で10%オフのサービスが行われており、吉翠亭のディナータイムメニューでは下記華会席と彩会席、雅会席及び鍋物会席が対象メニューとなっているようです。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。


※たぶん12月からだと思われますが、ふぐ会席が登場する予定です。
○ふぐ会席           ¥13,650(税込み。サービス料別途10%)
 「冬の味覚の王者”とらふぐ”をご用意しました。てっさ、てっちり、最後はふぐの旨味が凝縮したふぐ雑炊のふぐづくしをお楽しみください。」


ドリンクメニューに関しては別途アップしてあります。

下記の料金は税込み価格で別途10%のサービス料がかかります。


                   メニュー
オープン2周年感謝フェアーメニュー
  おかげさまでオープン2周年!感謝を込めた特別メニューを、特別価格にてご提供
a0036952_1623374.jpg

  ※写真は3人分(前菜、強肴、水菓子、香の物は1人前)です。ご飯物は雑炊を選択。とても美味でした。
・長崎海鮮しゃぶしゃぶ会席「錦秋の宴」  ¥8,400(別途サービス料10%)
【提供期間】9月12日~11月30日
  「長崎近海で水揚げされた豊かな海の幸の中から料理長自ら選び抜いた新鮮な素材を活かした料理法でお届けします。」
   前菜、強肴、御魚、御野菜、御飯物、水菓子
  ※鍋物会席メニューはいずれも2名から。

鍋物会席メニュー
  ※鍋物会席メニューはいずれも2名から。
・海鮮しゃぶしゃぶ会席   1人 10,500円
  小鉢、八寸、鍋物(魚、野菜、五島うどん)、御飯、甘味
 「九州近海の地魚をご提供。料理長秘伝のみそだれでお召し上がりいただけます。」数量限定
  ※現在は2周年感謝フェアメニューとして上記の提供になっていると思います。
a0036952_224138100.jpg

  ※写真は09年3月29日にいただいた際のものです。五島うどんは鍋用か、鍋とは別に温かいもの、冷たいものの3通りからの選択で、ここでは温かい五島うどんを選択しています。上から2段目のしゃぶしゃぶ用の肉・野菜は2人前です。
・和牛しゃぶしゃぶ会席   1人 12,600円
  前菜、造り、鍋物(牛肉、野菜、五島うどん)、御飯、甘味
 「長崎産和牛を料理長こだわりの自家製ごまだれでお楽しみください。」

・すきやき会席       1人 12,600円
  前菜、造り、すきやき(牛肉、野菜)、御飯、甘味
 「長崎産和牛を料理長特製の割り下でお召しあがりください。」

鍋物単品メニュー(2名から)
・和牛しゃぶしゃぶ(牛肉、野菜)  1人 6,825円
・すきやき(牛肉、野菜)      1人 6,825円

追加
・牛肉 100g から       2,835円より
・野菜            1,050円
・雑炊用白御飯        210円
・鍋用五島うどん       420円


土・日・祝日限定のコース(要予約)
a0036952_19324070.jpg

  ※写真は09年11月22日にいただいたものです。
●吉翠会席         15,750円
 【11月の内容】
  前菜  才巻き海老 アボガド 梨酢掛け 鈴子 玉蒲 サーモン蓮根
      鮑 鯖寿司 撥子 青身大根 自家製唐墨 床節松前煮
  吸物替わり 土瓶蒸し(秋鱧 海老 松茸 銀杏 三つ葉)
  造り  紅葉鯛折ぎ造り 伊勢海老油霜 中とろ 小巻烏賊 
      公孫樹南京 紅葉人参 海苔ゼリー 紅蓼 山葵
  凌ぎ  粟餅揚げ出し 洗い葱 卸し大根 一味
  焼物  甘鯛松露包み焼き 焼き蛤 芥子蓮根 焼き栗 葉地神 栗煎餅
  進肴  和牛 松茸 九条葱 糸蒟蒻 菜種卵
      焜炉にてすき焼き
  釜飯  土鍋御飯
  留椀  伊勢海老赤出汁
  香の物 赤蕪千枚漬け 山ごぼう 梅の誉 木耳有馬煮
  甘味  焼き林檎 アングレーズソース 柿釜ババロア 黒豆
      栗チョコ瓶榔 柘榴 ミント

 ※mattariのレポ

 ※料理の内容は毎月変更になるようです。また、市場の都合等により日によっても上記とは異なる事があります。

夜のコース
a0036952_0242963.jpg

  ※写真は08年4月10日に利用した際のもので、現在とは内容が異なります。
●華会席            8,400円
 【11月の内容】
  前菜  焼き鯖霙和え 鯵寿司 青み大根味噌漬け 鱒博多 
子持ち鮎オイル漬け 渋皮栗 柿玉子
  椀物  蟹真薯 茸豆腐 軸菜 松茸 柚子
  造り  鯛 鮪 菊花烏賊 あしらえ一式
  凌ぎ  粟餅揚げ出し 洗い葱 卸し大根 一味
  焼物  甘鯛柳松茸包み焼き 翡翠銀杏 零余子雲丹揚げ 酢橘
  焚き合わせ 角煮 海老芋 山科茄子紅葉麩 青身 芥子餡
  食事  旬菜炊き込み御飯
  留め椀 秋茗荷 たもぎ茸 胡麻豆腐
  香の物 赤蕪 白柴漬け 木耳佃煮
  水菓子 焼き林檎 アングレーズソース オレンジゼリー 
      黒豆 柘榴 ミント

 ※料理の内容は毎月変更になるようです。また、市場の都合等により日によっても上記とは異なる事があります。

a0036952_2114186.jpg

  ※写真は09年5月17日に利用した際のものです。下記とは異なります。
a0036952_7363576.jpg

  ※写真は09年8月16日にK氏がいただいていたものです。途中合流でしたので、前菜の写真がありません。
●彩会席            10,500円
 【11月の内容】
  前菜  焼き鯖霙和え 鯵寿司 青み大根 自家製唐墨 
      子持ち鮎オイル漬け 渋皮栗 柿玉子
  椀物  土瓶蒸し(秋鱧 海老 松茸 銀杏 三つ葉)
  造り  鯛 鮪 烏賊 菊花ゼリー あしらえ一式
  凌ぎ  粟餅揚げ出し 洗い葱 卸し大根 一味
  焼物  甘鯛柳松茸包み焼き 穴子龍田揚げ 栗煎餅
      翡翠銀杏 零余子雲丹揚げ 檸檬
  焚き合わせ 角煮 海老芋 山科茄子紅葉麩 青身 芥子餡
  食事  旬菜炊き込み御飯
  留め椀 秋茗荷 たもぎ茸 胡麻豆腐
  香の物 赤蕪 白柴漬け 木耳佃煮
  水菓子 焼き林檎 アングレーズソース オレンジゼリー 
      黒豆 柘榴 ミント

 ※料理の内容は毎月変更になるようです。また、市場の都合等により日によっても上記とは異なる事があります。

a0036952_782480.jpg

  ※写真は09年11月8日にいただいたものです。
●雅会席            13,650円
 【11月の内容】
  前菜  焼き鯖霙和え 鯵寿司 青み大根 自家製唐墨 
      子持ち鮎オイル漬け 渋皮栗 柿玉子
  椀物  土瓶蒸し(秋鱧 海老 松茸 銀杏 三つ葉)
  造り  鯛 鮪 伊勢海老 菊花ゼリー あしらえ一式
  凌ぎ  粟餅揚げ出し 洗い葱 卸し大根 一味
  焼物  甘鯛柳松茸包み焼き 穴子龍田揚げ 栗煎餅
      翡翠銀杏 零余子雲丹揚げ 檸檬
  焚き合わせ 角煮 海老芋 山科茄子紅葉麩 青身 芥子餡
  食事  蟹と松茸の土鍋御飯
  留め椀 伊勢海老赤出汁
  香の物 赤蕪 白柴漬け 木耳佃煮
  水菓子 焼き林檎 アングレーズソース オレンジゼリー 
      黒豆 柘榴 ミント

 ※料理の内容は毎月変更になるようです。また、市場の都合等により日によっても上記とは異なる事があります。

Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2009-11-27 21:13 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< 日本料理/吉翠亭(ドリンクメニ... アクティビティラウンジ >>