シェヘラザード(ハッピーアワー&カクテルPart1)

a0036952_7484439.jpg

今回はハウステンボス、ホテルヨーロッパのバー「シェヘラザード」の(スタンダード)カクテルメニューのご紹介です。
改定版をアップします。最新更新日5月1日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
季節のオリジナルカクテルについてはこちらをご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【予約】対応なし。ただしアフタヌーンティーに関しては要予約(空いていれば予約なしでもOK)

a0036952_11412736.jpg

上のカクテルはオリジナルカクテル「シェヘラザード」です。

a0036952_725347.jpg

上記写真はいずれもノンアルコールカクテルです。シェヘラザードは様々なシロップ類などが充実しており、ノンアルコールカクテルもじつに豊富なラインナップのものを創意・工夫を凝らして作っていただけます。「ノンアルコールカクテルってジュースじゃない。素敵なカクテル」です。
シェヘラザードはのんべの男性にもお勧めですが、重厚かつシックな内装やフッカフッカのソファなど本来女性好みの雰囲気だと思います。飲める人はもちろんですが、飲めない方・バーなどを利用したことのない方も是非一度利用してその魅力に触れていただきたいと思います。

メニューにないカクテルもその方の好みに合わせて創ってくださったりします。カクテルの知識などなくとも、「アルコール控えめでさっぱりした感じのもの」とか、好みのフルーツ、味わいなどを伝えてカクテル・ノンアルコールカクテルをつくっていただく事ができます。

素敵なカクテル・ノンアルコールカクテルをお得に楽しめる企画が2つあります。レディースデーとハッピーアワーです。

レディースデー
※女性の方は水曜日はレディースデーで、そちらの特典もあります。
 毎週水曜日20時以降、女性のお客様はカクテルを半額でお楽しみいただけます。
【提供時間】20:00~23:30

 ハッピーアワーとは別に女性は水曜日はハッピーアワー終了後の20時以降にレディースデー特典があり、全てのカクテルを半額でいただけるようです。


ハッピーアワーカクテル
a0036952_994528.jpg

  カクテル(一部を除き)を500円(税・サービス料込み)にてお楽しみいただけます。
【提供時間】17:00~20:00(ラストオーダー)
  ※土・祝前日を除く

 「料理を楽しくそして美味しく味わうために食前酒を飲む習慣があります。
食前酒は胃に刺激を与え、胃の働きを活発化させ食欲増進を促します。」食事前にハッピーアワー!いかがでしょう。
 週末も含め毎日行なわれていたハッピーアワーですが、現在は「土・祝前日を除く」となっています。
 それ以外は以前と変わらず時間も17時~20時まで。ハッピーアワー中はカクテルが「一部を除き500円」になりお得になっています。
  ※現在は700円に改定されています。   09年5月1日付記。
 この「一部を除き」がわかり難い表現で、何がハッピーアワーの対象なのか、あらためて記載してみたいと思います。

ハッピーアワーの対象外となるのは、
1.フェアカクテルは対象外。
  ただし、例外があって、現在行なわれているアメリカンフェアでは5種類のカクテル、3種類のノンアルコールカクテルがフェアメニューにあります。これらは本来ハッピーアワーの対象外となるのですが、「マンハッタン」と「ニューヨーク」はグランドメニューにもあり、これまでにも提供されていたカクテルですので、ハッピーアワーの対象となっています。ちなみにグランドメニューとは価格が異なっていますが、アメリカンフェアの価格で提供されているようです。ちょっとお得です。
 ちなみに現在期間終了して提供されていない以前のフェアカクテルも材料が揃っているものであれば、お願いして作って頂くことが出来ますが、その場合はフェアカクテルであり、ハッピーアワーの対象外になります。
 拙稿「ハッピーアワー&オリジナルカクテルPart1」「オリジナルカクテルPart2」でご紹介している数々のカクテルはグランドメニューにある「シェヘラザード」以外はハッピーアワーの対象外になります。
 また注意して欲しいのは、アメリカンフェアでは上記のように3種のノンアルコールカクテルがメニューにありますが、これらは現在ハッピーアワー対象外です。ノンアルコールカクテルは基本的にメニューにないのですが、上記のように好みにあわせて「酸味が強いもの」とか「甘めのもの」とか好みのフルーツの味わいなどで作って頂くことが出来ますが、それらは「フローズン」以外はハッピーアワーの対象になりますので、ハッピーアワーが行なわれている時間はアメリカンフェアで提供されているもの以外のノンアルコールカクテルをオーダーされた方がお得です。
 アメリカンフェアは9月30日までですが、それ以降は「シャーリーテンプル」や「フロリダ」はスタンダードなノンアルコールカクテルですし、ハッピーアワーの対象となる可能性があります。
 その意味では今回のアメリカンフェアのカクテルでハッピーアワーの対象となっていないカクテル3種のうちオリジナル以外は期間終了後は対象となる可能性もあります(たぶんそうなると思うのですが・・・)が、そのあたりの事は不明確です。

2.シャンパン・ワインベースのカクテルは対象外。
 これについてははっきりとしています。シャンパンやワインベースのカクテルはそもそもの原価が高いので、ハッピーアワーの対象とするには無理があります。ハッピーアワーもスタート時は半額扱いでしたが、一律500円となると原価の高いカクテルを対象にするのは無理でしょう。特に一般のバーなどではシャンパンベースのカクテルもシャンパンではなく、スパークリングワインを用いている所が多いのですが、シェヘラザードではキチンとシャンパンを用いているますので、より原価は高いものになっています。

3.フローズンカクテルは対象外。
 アルコールが入っているもの、ノンアルコールのもの、ともにフローズンカクテルは現在ハッピーアワーの対象外になっています。

 上記3つの原則でハッピーアワーの対象となるか対象外であるかが決まってくるようです。ただし、今後(よりわかりやすいように)見直しが行なわれる可能性があります。
シェヘラザードでは特にカクテルの名前とかわからなくても、「アルコール控えめでさっぱりした味わいのもの」「甘口で飲みやすいカクテル」「バラの香りのさっぱりとしたノンアルコールカクテル」といった感じのオーダーで、出来るだけその方の好みにあうように考え・工夫してカクテル、ノンアルコールカクテルを創っていただくことができます。これらは特に希望がない限り、ハッピーアワーの対象となるように考えていただけるようです。


 ふだんホテルのバーを利用されない方も含め、ハッピーアワーでシェヘラザードの魅力に触れてみてください。素敵ですよ。
メニューにないノンアルコールカクテルも含め多くのカクテルがハッピーアワーの対象扱いになりますので、ハウステンボスを訪れられた際には是非シェヘラザードでゆったりとした時間をお過ごし下さい。
 食前にカクテル、食後にイベントの開始時間までカクテルをいただきながらゆったりと過すひと時、イベント会場にもほど近いシェヘラザードはお勧めです。

ハウステンボスのバーの魅力を知ったならば、その後にはヴィノテーク、グランキャフェ、ムーンシャワー、ジャックポット、パロットと多様な世界・楽しみが待っています。

ただし、花火までの利用の場合、お会計は早めにしておきましょう。花火直前の時間だと会計が集中して、思わぬ時間がかかってしまい花火に間に合わない!なんて事がないようにご注意あれ。

シェヘラザード、アラビアンナイトの語り手の名前。ペルシャの王、シャハリヤールは女性を信じられず毎日新しい妻を迎えては、その夜に殺していた。そこに迎えられた大臣の娘シェヘラザード。彼女は賢い女性で、毎日面白い話を王に聞かせ続けた。話の続きをどうしても知りたい王は、シェヘラザードを殺さずに毎晩過ごしたとか。そうして千一夜にも続いた物語を聴くことで、かの暴君もシェヘラザードを愛し、シャリアール王は名君になったという。
千夜一夜物語の語り部・伝説の美女シェヘラザードの名を冠したホテルヨーロッパのメインバーは、幾夜もいつの夜も変わらぬ優しさで優雅に包み込むように、一日の余韻に浸らせてくれることでしょう。


以下に9月11日に記録してきたものを元に改定したものです。



グランドメニューの変更にともないメニューに載っているスタンダードカクテルにも変更があります。かなり絞り込まれたメニューになっているのが残念ですが、レシピの一部記載があり、以前よりわかりやすい?メニュー提示が試みられています。
メニューから外れたカクテルもリクエストでオーダー可能と思いますので、興味のあるカクテルがあればメモしてお出かけいただくとよいかもしれませんね。

下記料金は税込み価格で、別途サービス料10%がかかります。


カクテル
ジンベース
  自らのキリッとした風味を残しながらも他の素材の持ち味を生かすジンをベースにしたカクテルは数多く、名作と呼ばれるカクテルも数多い。
  ジンの主原料・ジュニパー・ベリー(ヨーロッパ原産のヒノキ科の常緑針葉樹の杜松(ねず)の実)は昔から薬草などとして用いられてきたもので、その薬効の中には健胃効果もあるとされ、食前や食後に飲むカクテルにジンベースのものも多い。
a0036952_9343511.jpg

マティーニ            ¥945
  ドライジン、ドライベルモット、オレンジ・ビターズ、オリーブ、レモン・ピール
  辛口 35度
 「キング・オブ・カクテル:バーとカクテルを愛する人たちが必ず筆頭にあげる、カクテルの王様。チャーチルはじめ、世界中の著名人がこよなく愛し、ゆえにマティーニの伝説も数多い。文豪ヘミングウェイの作品や数々の映画のワンシーンをドラマチックに演出してきた。ジンとベルモットというシンプルな組み合わせゆえ、かえって奥深いカクテルともいわれる。辛口で繊細な味わいの大人のカクテルが、世界中のバーで今宵も素敵な夜を演出しているだろう。」
a0036952_10554931.jpg

ジン ライム           ¥945
  ドライジン、ライムジュース、カットライム
  辛口 28度
 「シンプルでクリアな味わい:ジンとライム・ジュースだけを使った、オン・ザ・ロック・スタイルのポピュラーなカクテル。」
a0036952_2329186.jpg

ギムレット            ¥945
  ドライジン、フレッシュライムジュース、コーディアルライム
  中口 30度
 「ハードボイルド小説からいっぱんに有名になった:1890年、イギリス海軍の軍医ギムレット卿の提唱により生まれ、ハードボイルド小説の大家レーモンド・チャンドラーが『長いお別れ』の中で主人公フィリップ・マーロウに「ギムレットには早すぎる」の名セリフを言わせて一躍有名になったカクテル。辛口でキレのあるドライな味わいは潮風を感じる男のカクテル。」
a0036952_20171578.jpg

オレンジ ブロッサム       ¥945
  ドライジン、フレッシュオレンジジュース
  中口 27度
 「食前、食後のいずれにも向くさっぱりとした味わい:「オレンジ・ブロッサム」とは文字どおり、“オレンジの花”のこと。やがて果実を実らせるオレンジの花の香りで、大地の恵みが詰まったオレンジのジューシーさをストレートに味わえるカクテル。
 オレンジの花言葉は「純潔」で、結婚式に花嫁がウェディング・ドレスにオレンジの花をつける習慣もある。このカクテルも、ウェディング・パーティに振る舞われるアペリティフ(食前酒)として人気が高い。」
a0036952_21311623.jpg

  ※写真はヴィノテークでいただいたもの。
シンガポール スリング      ¥945
  ドライジン、チェリーブランデー、レモンジュース、シュガーシロップ、ベネディクティンDOM、ソーダ、マラスキーノ・チェリー、スライスレモン
  中口 17度
 「シンガポール生まれのエキゾチックなカクテル:文豪サマーセット・モームも愛したシンガポールの名門ホテル「ラッフルズ」で誕生したカクテル。遠い南国への憧れからか、またたく間に人気のカクテルになり、世界的に有名なカクテルになった。世界一とも言われる美しいシンガポールの夕焼けを透き通るような色彩美で見事に表現。キリッとした辛口のジンに、チェリーブランデーの香気、レモンの酸味がマッチした炭酸で爽快な喉越しのカクテル。」
a0036952_23243966.jpg

ブルー ムーン          ¥945
  ドライジン、クレーム・ド・バイオレット、レモンジュース
  中口 23度
 「名前も色もファンタジックな夜のために:色の美しさでは、トップクラスのカクテル。ブルーというよりも淡いバイオレットで、妖艶でロマンティックな夜を演出するファンタジックなカクテル。ところで、当たり前のように“青い月”と表現するが、実際には月が青く見えることはなかなか起こらない現象でもある。その意味では、このブルー・ムーンは、特別でラッキーな日に二人で乾杯するのにふさわしいカクテルなのかもしれない。」
a0036952_11412736.jpg

シェヘラザード(オリジナル) ¥945


ウォッカベース
  ウォッカのクセのない風味は、アレンジの幅も広く、ウォッカベースのカクテルも数多い。一口にウォッカと言っても世界各国で様々な主原料により作られており種類も多い。大きくわけると無色透明で無味無臭のレギュラー・タイプと香りづけされたフレーバード・タイプの2つに分類され、レギュラータイプのものはその特徴から、カクテルに欠かせない存在となっています。
a0036952_23192194.jpg

モスコ ミュール         ¥945
  ウォッカ、フレッシュライム、ジンジャーエール(又はジンジャービア)
  中口 12度
 「ハリウッドビジネスから生まれたカクテル:大量に仕入れたジンジャー・ビアを売りさばこうと考えていた男、自分の作っていた銅製マグ・カップを容器にと提案した女、そしてウォッカを宣伝したかったメーカー。その3者の思惑が、そのまま「モスコ・ミュール」という1杯のカクテルを生んだ。そして現在、このカクテルの人気は世界的に広まった。爽やかなライムの香りと喉越しのよさで人気。」
a0036952_23304054.jpg

  ※写真は「カクテルの駅」の大島ブラッディーメアリー
ブラッディー マリー       ¥945
  ウォッカ、トマトジュース、レモンジュース、カットレモン、タバスコ、ウスターソース
  中口 12度
 「食前酒としてあまりに有名:世界中で飲まれているカクテルで、好みによって塩やコショウ、タバスコやウースター・ソースを数滴加えて自分の味に仕立て上げる人も多い。」
a0036952_20175676.jpg

雪国                ¥945
  ウォッカ、ホワイトキュラソー、ライムジュース、砂糖、グリーンチェリー
  中口(やや甘口) 30度
 「冬景色をイメージした日本生まれの美しいカクテル:川端康成がノーベル文学賞を受賞した頃のカクテル大会の優勝作品で、日本的な美しさを表現したカクテルでもある。淡い白色のカクテルで、グラスの縁を飾るスノー・スタイルが雪の結晶を思わせる。グラスの中でグリーン・チェリーが揺らぎ、どこかわび・さびの世界も連想させる、故郷への想いが伝わる美しいカクテル。」
a0036952_03529.jpg

ソルティー ドック        ¥1,155
  ウォッカ、グレープフルーツジュース、塩
  中口 13度
 「スタンダードの中でも古くから人気のあるカクテル:カクテルに初めて塩を使った画期的作品。スノー・スタイルの塩が口直しになり、グレープ・フルーツの苦味とともに暑い夏の日にぴったりのさわやかさを生む。添えられたカットグレープフルーツが犬のしっぽのように見えたことから名付けられたが、現在ではホテルバーなどではグレープフルーツを飾らない事が多い。」
 スノースタイルにしないものは「ブルドッグ」「グレイハウンド」と呼ばれている。
a0036952_23382888.jpg

スクリュー ドライバー      ¥1,155
  ウォッカ、オレンジジュース、スライスオレンジ
  中口 12度
 「オレンジジュースとウォッカのハーモニー:夏の暑い日、喉の乾きにぴったりの爽快な飲み飽きしないカクテル。カクテルを混ぜる道具がなかった事からねじ回し(スクリュードライバー)で混ぜた事から名付けられたアメリカの油田で誕生したカクテル。飲み口がよく、ついつい飲みすぎてしまうことからレディー・キラーとしても有名なカクテル。」


ラムベース
  ラムの独特の風味は、どんな材料を加えても失われることはなく、カクテルになくてはならない存在のひとつ。サトウキビから砂糖を作る際に残る糖蜜を主原料とするラムは製法の違いから3つに分類されるが、濾過する事で不純物を取り除き、口当たりがまろやかで軽くキレのある味わいのライト・ラムがカクテルベースとして使われる事が多い。
 色で分類すると、淡い色のホワイト、濃褐色のダーク、その中間の透き通った茶色のゴールドに分けられる。色が濃くなるにつれ味わいも重厚になるとか。
a0036952_5225510.jpg

ダイキリ             ¥945
  ホワイトラム、ライムジュース(又はレモンジュース)、シュガーシロップ
  中口 24度
 「古くから飲み継がれてきたもっとも有名なカクテル:キューバのダイキリ鉱山の技師たちがラムをライム・ジュースで薄めたドリンクを飲んでいたことから命名された。爽やかさとほどよい甘味が人気のラム・ベースの代表的カクテル。」
 砂糖をグレナデンシロップに代えるとバカルディに。
 コアントローを加えブレンダーでシャーベット状にした「フローズン・ダイキリ」は文豪ヘミングウェイがこよなく愛したカクテル。
a0036952_037540.jpg

  ※写真はアンカーズラウンジでいただいたもの。
キューバ リブレ         ¥945
  ホワイトラム、フレッシュライム、コーラ
  中口 12度
 「キューバ独立を祝して誕生した自由の味:キューバ独立を支援したアメリカのコーラで、キューバ特産のラムを割るという、当時の2国間の友好関係の象徴でもあった。コーラの甘さと清涼感で手軽に楽しめるカクテル。」 個人的にはかつてのクラブトロピカーナを想い出させるカクテル。
a0036952_23141292.jpg

X,Y,Z                ¥945
  ホワイトラム、コアントロー、レモンジュース
  中口 27度
 「究極と名づけられたラム・カクテルの傑作:エックス・ワイ・ジィ。アルファベットの最後の3文字を使いこれ以上のものはない、これが“究極”のカクテルという意味がこめられた、さっぱりとした上品な味のカクテル。ベースをブランデーに代えると有名な「サイドカー」、ジンなら「ホワイト・レディ」、ウォッカならば「バラライカ」と、姉妹の多いカクテルでもある。」
a0036952_2304753.jpg



a0036952_23151274.jpg

スカイ ダイビング        ¥892
  ホワイトラム、ブルーキュラソー、ライムジュース
  中口 20度
 「深いブルーで表現した涼味満点の爽やかカクテル:日本のカクテル・コンペティションで優勝した作品で、大空をイメージさせる鮮やかなブルー、さわやかで現代的な甘味を持つカクテルとして人気が高い。」


テキーラベース
  テキーラは竜舌蘭の一種であるマゲイから作られるもので、「マルガリータ」によって世界に広まったお酒です。テキーラは熟成期間により3つのタイプ、ホワイト・テキーラ、ゴールド・テキーラ、テキーラ・アホネがありますが、カクテルに用いられるのは主にホワイト・テキーラ。
  テキーラをベースにしたカクテルの魅力は、パンチのきいた味わい、全身がシャキッとするうまみにあるとか。
a0036952_10593218.jpg



a0036952_110019.jpg

マルガリータ           ¥945
  テキーラ、ホワイトキュラソー、レモン(ライム)ジュース、塩を使ったスノースタイルのカクテル。
  中口 26度
 「アメリカのバーテンダー、デュレッサー氏が天国の恋人「マルガリータ」に捧げたカクテル。恋人の故郷の酒テキーラを用い、ソルト・スノースタイルは悲しみを表す。
 ちょっぴり切なくロマンティックな味わいは人々を魅了し、アメリカのナショナル・カクテル・コンテストで優勝した、愛する人と飲みたいロマンティックなカクテル。」
 ホワイトキュラソー(コアントロー)をブルーキュラソーに代えると「ブルー・マルガリータ」。純白な「マルガリータ」が亡き恋人を想うセンチメンタルなカクテルだとすると、「ブルー・マルガリータ」は夏の海のイメージがあり、恋の予感が漂うカクテルな感じでしょうか。
a0036952_5294495.jpg

マタドール            ¥945
  テキーラ、パイナップルジュース、フレッシュライムジュース
  中口 12度
 「フルーツの甘味と酸味がテキーラを爽やかにする:味わいはほんのりと甘酸っぱいテイストで、テキーラをベースにしたトロピカル・カクテルのような印象。メキシコの闘牛場を通り抜ける爽やかな風のような飲み心地のカクテル。」ラテン系の情熱を表した、テキーラベースの代表的なカクテルの1つ。
a0036952_22211365.jpg

テキーラ サンライズ       ¥1,155
  テキーラ、オレンジジュース、グレナデンシロップ
  中口 12度
 「ミック・ジャガーが愛飲し世界に広まったカクテル:グラスの底に沈んだ赤いグレナディン・シロップが、朝焼けに染まる美しいメキシコの朝をイメージした美しいカクテル。広く世界中で人気の高いカクテル。ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがツアー中に愛飲し、イーグルスも同名の曲を作っている。」


ウィスキーベース
  ウィスキーベースのカクテルは、ウィスキー各種、それぞれが織り成す深い味わいが堪能できる。
a0036952_113201.jpg



a0036952_11324117.jpg



a0036952_21424346.jpg

  ※一番下の写真はドライマンハッタン
マンハッタン           ¥1,050
  カナディアンウィスキー、スイートベルモット、アンゴスチュラビターズ、マラスキーノ・チェリー、レモン・ピール
  中口 32度
 「ニューヨークのハイソサエティが生んだカクテルの女王:このカクテルの由来には諸説あるようですが、1876年アメリカ大統領を応援するパーティーで後の英国首相チャーチルの母が即興でオリジナル・カクテルを作ったのがマンハッタンクラブだったことから命名されたとの説が有力。カクテルの王様マティーニと並び称されるカクテルの女王。
 琥珀色のカクテルの中に沈むマラスキーノ・チェリーがマンハッタンの夕景・夜景を思わせ、あるいは妖艶な女性をもイメージさせるカクテルは、香り高く甘口で口当たりがよく女性にも好まれる。」
  マンハッタンのスイートベルモットをドライベルモットに代えたものが「ドライマンハッタン」。チェリーの代わりにオリーブを沈めた、マンハッタンの情景を映し出す男性向きの辛口カクテル。
 「マンハッタン」にはネイティブ・アメリカンの言葉で「酔っ払う」の意味もあり、32度とやや強めのカクテル。飲みすぎての「マンハッタン」にご注意。
a0036952_22564074.jpg

ニューヨーク           ¥1,050
  ライウィスキー(又はバーボン)、ライムジュース、グレナデンシロップ、砂糖、オレンジピール
  中口 24度
 「フルーティーな甘さと酸味のバランスがいい:禁酒法時代にバーテンダーたちが苦労して作ったカクテル。ニューヨークの日の出を彷彿とさせる鮮やかな色彩とさっぱりとした甘口の味わいが人気のカクテル。摩天楼輝く都会の誘惑と、ドライさをこの1杯は表現している。いつの時代にも新鮮なニューヨークの夜に乾杯。」


ブランデーベース
  ブランデーベースのカクテルはブランデーの芳醇な香りと、それを引き立てながら、様々にアレンジされた贅沢感が魅力。
a0036952_11511341.jpg

アレキサンダー フォト2       ¥1,365
  ブランデー(コニャック)、クレーム・ド・カカオ、生クリーム、ナツメグパウダー
  甘口 23度
 「ロイヤルウェディングに献上された気品ある一杯:イギリスの皇太子妃アレキサンドラの名を持つこのカクテルは後のイギリス国王エドワード7世が、デンマーク国王の長女アレキサンドラとの結婚を記念して奉げたカクテル。また、ジャック・レモン主演の映画「酒とバラの日々」の中で主人公が酒を飲めない妻にすすめたカクテルとしても有名に。愛する妻に捧げられたロマンティックなカクテルは、ブランデーの豊潤な香りとカカオのほろ苦さがマッチ。女性が好むカクテルとしていつも上位にランクされ“食後酒の王様”と称されるほど世界中で愛飲されているカクテル。ロマンチックな夜にふさわしい一杯。」
a0036952_23361377.jpg

サイドカー            ¥1,365
  ブランデー(コニャック)、コアントロー、レモンジュース
  中口 26度
 「さっぱりとした味わいが愛される、ブランデーベースカクテルの代表格:ブランデーとコアントロー(オレンジの香りとまろやかな甘さが特徴のリキュール)の甘味に、レモン・ジュースの酸味が加わり、さっぱりとした甘さが男女を問わず愛されている。」


Part2に続きます。
by mattarinonbe | 2008-09-14 06:24 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< シェヘラザード(その他のメニュー) シェヘラザード(カクテルPart2) >>