シェヘラザード(ブランデー)

a0036952_464310.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパのメインバー「シェヘラザード」のブランデーメニューです。
改定版をアップします。最新更新日10月5日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
それ以外のメニューについては「What's New」からご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【予約】対応なし。ただしアフタヌーンティーに関しては要予約(空いていれば予約なしでもOK)

夕方17時オープン。夕刻食前酒を楽しむのも良いものです。
遅い時間帯は混雑することもありますが、夕刻(この時間はまず混まない)はゆったりと寛いで飲む事ができます。
ホテル宿泊者以外でも気軽に利用する事が出来ます。
a0036952_48175.jpg

カウンターでバーテンダーの方との会話を楽しみながらグラスを傾ける。。。
ふっかふかのソファーに身をゆだね、歩きつかれた体を休め今日一日を思い返しながらグラスを交わし、今宵のショー・イベントを心待ちする。。。
食前酒として利用したり、食後酒をいただきながらイベントや花火開始までのひと時を過ごす。

私はまともにメニューを見たことがあまりありません。多くはお任せでカクテル(及びノンアルコールカクテル)をオーダーし、バーテンダーの方にゆだねた楽しみ方をするからですが、メニューにないカクテル・ドリンクをいただくのも楽しみのうちです。
お酒の知識は不要です。好みを伝えれば、お酒のプロ・バーテンダーの方が自分にあった、あいそうな飲み物を用意して下さいます。
お酒が飲めない方・飲めない時はノンアルコールカクテルも好みに合わせて用意して下さいます。喫茶で利用する事も可能です。
a0036952_484034.jpg

花火などイベントを楽しんだ後、仕上げのひと時をシェヘラで過ごす。
アンティーク家具に囲まれた落ち着き空間で、ブランデーグラス片手に今日を振り返り、明日に思いを馳せる。。。その香気にやさしく包まれながら。。。大人の楽しみです。
a0036952_4103450.jpg

「シェヘラ」や「ヴィノ」で1日を締めくくり、HTBのリゾートライフをフルに満喫する。良いものです。
「シェヘラ」でのナイトライフの後、酔い覚ましにしっとりとライトアップされたHTBの街並みを散策するのもHTBならではの過ごし方。気の趣くまま「ヴィノ」へハシゴする事も。

HTBは私にとって心休まる所であり、最高に「酔い気分」にさせてくれる所でもあります。飲むだけの為にも訪れる、価値ある所です。


以下は9月11日に記録してきたものです。



グランドメニューも新しくなり、ラインナップも一部変更になっています。
○印のものは今回新たに記録したものです。

                    ブランデーメニュー
ブランデーとは、本来ぶどうを発酵、蒸留した酒を指すが、現在では果実を主原料にする蒸留酒全てについてこの名称が使われている。
ブランデーという名称は、コニャック地方でぶどうをワインにし、さらにそれを蒸留したものをヴァン・ブリュレ(焼いたワイン)と称したことに由来する。それをオランダの貿易商たちが、オランダ語に直訳して「ブランデ・ウェイン」と称して輸出した。主な輸出先はイギリスだったが、イギリス人たちはこれを縮めて「ブランデー」と呼ぶようになった。だから、ブランデーの当初の意味は、ワインを蒸留した酒のことだったのである。

コニャック
  「コニャックこそが最も優雅で、気品に満ちた蒸留酒。」とも言われます。

アンリ・ジェファール
  「繊細で香り高い素晴らしいコニャック」
○アンリ・ジェファール V.S.O.P.      ¥1,575
○アンリ・ジェファール X.O.        ¥3,675
○アンリ・ジェファール Tres Vieux     ¥5,250

クルボアジェ
  「ナポレオンの愛したブランデー。樽香と深い熟成感。」
・クルボアジェ V.S.O.P          ¥1,575
  「香りと熟成感に優れたコニャック」
○クルボアジェ EXTRA           ¥5,250

マーテル
  「ソフトな果実香味をもち、バランスに優れたコニャック。」
・マーテル V.S.O.P            ¥1,575
  「華やかに広がる香り、なめらかで透明感のあるこどごしをもつ。」
・マーテル Cordon Blue       ¥3,675
  「マーテル社はコニャック最古の歴史とヨーロッパNo.1の販売量を誇るブランド。コルドンブルー)はフランス語でブルーリボンのこと。『最高に栄誉あるものに送られる青いリボンの勲章』を意味します。世界屈指のコニャックとしてふさわしい名前。
 おいしさの秘密は、ボルドリ原酒に由来。「すみれの花の薫り」と表現される華やかで優雅な香りと、「まろやかな味」を特徴に持つボルドリ原酒をふんだんにつかうことによって、繊細で芳醇な味わいと柔らかな深みが生まれます。「空(あ)いてなお、グラスは、香る」といわれるコルドンブルーは、格別のコニャックとして世界のコニャック愛飲家に親しまれています。」「香りにも味にもソフトな果実香を感じさせ樽由来のタンニンもソフトで、バランスのよいコニャックということができる。」
○マーテル Cordon Noir          ¥3,675
○マーテル EXTRA             ¥6,300


アルマニャック
  「コニャックがエレガントなら、シックで高雅、重厚に香る中にも新鮮さを今に伝えるアルマニャックは、さしずめ人生の機微を表現した深みがあると表現されます。」
     う~ん。。。わけがわからん。。。
  「コニャックが2~3回の蒸留でアルコール分を70%ほどにするのに対して,アルマニャックは1回しか蒸留せず,アルコール分が63%以下のものが採られる。そのため原ワインの味が強くのこり,製品によっての良否もコニャックに比べはなはだしいばらつきがあり,げてものも多いといわれている。びん詰めの際は加水しアルコール度はさらに低くなる。アルマニャックの特徴は,強い芳香と男性的ともいえる重い複雑な風味であり,良品にあたれば,コニャックの及ばぬ味わいがあるといわれている。」

マルキ・ド・コサード
  「紫紺の蝶、モルフォチョウがボトルを飾る。スムーズでマイルド。」
○マルキ・ド・コサード V.S.O.P.      ¥1,575
・マルキ・ド・コサード ナポレオン    ¥2,625
  「マルキ・ド・コサードとは”コサード侯爵”の意味。アルマニャック地方に1242年から続いた名門貴族の家名である。同家が、この名を付けたアルマニャックを発売するようになったのは1930年代初期の事。同社製品は、何れも現代人の嗜好に合うよう、スムーズ&マイルドに仕上げられている。」

シャトー・ド・ラヴィニャン
  「アルマニャックの名門、ラヴィニャン家のヴィンテージ・ブランデー」
・シャトー・ド・ラヴィニャン 1986     ¥2,100
  「ラヴィニャン家は、アルマニャックの優良産地、バ・アルマニャックで歴史と伝統を誇る蒸溜家。最良年のブドウのみで造る。」


カルバドス
  「カルヴァドスは林檎を原料としたブランデーで、フランスのノルマンディ地方の特産酒。中でも、中心部の優良産地ペイ・ドージュ地区で生産されるものは別格扱い。」
ブラー
  「カルバドスの優良産地でつくる8年~40年熟成の原酒をブレンド。」
○ブラー Fine               ¥1,365
・ブラー X.O               ¥1,575
  「ブラー社は、カルバドス最良の産地、ペイ・ドージュ地区の中心地に本社。1825年設立。同社製品は、ペイ・ドージュACを名乗る優良品揃い。XOは、8~40年熟成させた原酒をそれぞれブレンド。」

アドリアン・カミュ
  「カルバドスの小規模生産者が自家蒸留でつくる。長期熟成の古酒。」
○アドリアン・カミュ 1933        ¥7,350


マール&グラッパ
  「マールとグラッパ、ともにワイン醸造の際に残ったぶどうの絞りかすを発酵させてブランデーにしたものですが、産地によって呼称が違い、フランス産をマール、イタリア産をグラッパと呼んでいます。
  フランス産のマールは熟成し、イタリア産のグラッパは熟成しないものが多いという特徴の違いもあります。
  最近では、焼酎の蔵元がグラッパの名品を参考にして、焼酎造りを行い、原酒に近いアルコール度数で強くて荒々しい蒸留酒として焼酎を進化させたものが人気を博しています。グラッパは、焼酎の高級化に一役買っているのです。」
マール
ドメーヌ・デュジャック
  「ブルゴーニュワインの名醸造家が造るマール。モレ・サン・ドニ村産10年以上熟成し製品化したもの。」
○ドメーヌ・デュジャック         ¥1,575

ドメーヌ・ロベール・シュヴァイヨン
  「ブルゴーニュ地方ニュイ・サン・ジョルジュ村で造られる銘酒。
○ドメーヌ・ロベール・シュヴァイヨン   ¥1,575

ロマネ・コンティ
  「特級畑のワインの搾り残しから造る、16年間新樽での熟成。」
○ロマネ・コンティ 1986          ¥6,300

シャトー・ムートン・ロートシルト
  「シャトー・ムートン醸造の際に、若い樹からできたワインの搾り残しを蒸留。2204本の限定生産。」
○シャトー・ムートン・ロートシルト     ¥6,300


グラッパ
カステロ ディ バルバレスコ
  「ネッビオーロ種の芳香、アロマの凝縮感が残る。」
a0036952_882597.jpg

・カステロ・ディ・バルバレスコ       ¥1,575
  「ピエモンテの醸造元ガヤ社が、ワイン用のぶどうの搾り残しを依託して蒸留、瓶詰してもらっているもの。スペルスはクーネオ県のバルバレスコ村でネッビオーロ種から造られるバルバレスコ用ブドウの搾り残しを丹念に蒸留、オーク樽で熟成した典雅なグラッパ。



                       現在提供されていない主なメニュー
・レミーマルタン ルイ13世        ¥12,600
  「「レミーマルタン」の頂点に立つ最上級ブランド。コニャック地方で最も豊富な石灰質を含むといわれるグランド・シャンパーニュ産のぶどうのみが原料となっている贅沢な逸品です。40年から100年もの平均熟成年数を重ねた3,000種におよぶコニャックを絶妙な技術でブレンドし、至極の味わいへと昇華させました。」

・レミーマルタン V.S.O.P         ¥1,365
  「平均熟成年数4年から12年のコニャックをブレンド。口蓋に含むとバニラ、オーク、ヘーゼルナッツ、リコリス(甘草)、ポートワインなどのスムースでリッチな香りが広がります。」

・ヘネシー X.O              ¥3,675
  「ヘネシーは日本でいちばん売れているコニャックの有名なブランド。X.Oは10年から70年熟成の原酒をブレンド。リッチでクリーミーな熟成香味をもつ。」

・ヘネシー V.S.O.P            ¥1,575
  「25年熟成までの原酒をブレンド。ヘネシー社製としては、マイルドな軽さがあり、万人向き。」

・カミュ ナポレオン           ¥2,625
  「カミユ社のコニャックは全体として厚みのある味わいで、辛口という点で特徴がある。そのうえ樽でゆっくり寝かせたことによる熟成感も備わっている。」「ナポレオンといえばカミュというほど、世界中で人気の高いカミュの代表作」

・カミュ V.S.O.P             ¥1,575
  「コニャックの5地区の原酒をバランスよくブレンドした製品だが、グランド・シャンパーニュの原酒を多く使用しており、風味はスパイシーでデリケート。世界市場でもVSOPの正統派として愛飲する人が多い」


・シャボー ナポレオン         ¥1,785
  「シャボーは、16世紀、フランソワー世の時代に、初代海軍元帥になったフィリップ・ド・シャボーの名にちなんでいる。元帥は、自分の船団に積むワインが、長い航海の間に変質するのに悩み、これを蒸留し、ブランデーにして船に積み込むようにした。」
  「シャボー ナポレオンは、6~20年の熟成期間を有する原酒を秘伝の技術でブレンドした名品。風味のバランスがよい。熟成感があり甘い香り。」


ビュネル オル ダージュ ¥1,680
 「ビュネル社は1820年、カルヴァドス最良の産地、ペイ・ドージュ地区の中心で創業。熟成感の深いオル・ダージュは、15年以上熟成させた原酒を瓶詰めした同社の最上位品。
 オル・ダージュとは、フランス語で”年齢がわからないほど古い”の意味。コニャックやアルマニャックで、長期熟成を経た製品に与えられる格付け名称として用いられている。」


マール ド シャンパーニュ     ¥1,575
  「シャンパーニュ地方の銘醸マール。モエ・エ・シャンドン社、ドン・ペリニヨンで著名な同社のマールは、正にシャンパンを濃縮したような微妙な酸味を感じ甘やかな香味が楽しめる。」
by mattarinonbe | 2008-09-14 04:12 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< シェヘラザード(カクテルPart2) シェヘラザード(ウィスキーPa... >>