日本料理/吉翠亭(昼)

a0036952_092617.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパに昨年10月2日オープンした和食のお店2店のうち日本料理/吉翠亭のお昼のメニューのご紹介です。
改訂版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
長崎の豊かな海の幸、山の幸を、本格日本料理で供する吉翠亭。
いつも新しい、そんな季節の輝きと喜びを映し出す日本料理。
素材の持ち味と熟練の技の出逢いが、卓上を彩ります。
店内は、日本調の空間作りを大切にしながら、ハウステンボス内というロケーションを踏まえ、随所に現代的な、また折衷的なしつらえを施しています。広々としたテーブル席に加え、洋個室・和室をご用意いたしました。
親しき人との会食に、会議やお祝いの席にご利用いただけます。
【場所】ホテルヨーロッパ内
    席数 テーブル40席
       洋個室16席×2室(最大32席利用可)
       和室6席×2室(最大16席利用可)
【営業時間】朝:6:30~10:00(ラストオーダー)
      昼:11:30~14:00(ラストオーダー)
      夜:17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】できるだけ予約された方がよろしいかと思います。
    予約・問い合わせ 0956-27-0414(9:00~17:00)

a0036952_0123013.jpg

吉翠亭も戎座と入り口は共通でホテルヨーロッパ裏口横にあります。
a0036952_0101787.jpg



a0036952_21354994.jpg

受付を済ますと案内していただきますが、吉翠亭のテーブル席は戎座の1つ奥手の左手の部屋。
個室はさらにその奥にあるようです。
a0036952_013730.jpg

真新しい室内は気持ちの良い空間。
窓際の席からは庭の眺めで和み、席の横には仕切りもあって落ち着いて食事を楽しむことができます。
和服でサービスしてくださる女性スタッフの方々もよい感じ。私にとっては今もっとも居心地の良いお店の1つです。
a0036952_0134179.jpg

器にも凝っており、素材を活かした丁寧でしっかりとした仕事が口福をもたらしてくれます。
京都で修行されたという料理長の技と感性が光る、見た目、香り、食感、味わいに優れ、季節をいただく日本料理ならではの喜びがここにあります。

夜は2時間ほどかけて楽しませていただきました。
お昼は、(私の場合)およそ1時間(~1時間半)。
戎座も良かったけど、吉翠亭もとっても良いです。
個室もあり、いろいろとお祝い事その他で広く利用できそうです。
単品料理(かなり魅力的なものがありますね)もありますので、軽くいただくのにも利用できるかと。
昼にいただくと、コースメニューのみで単品メニューが提示されない場合もありますが(価格設定的にコースがお得感があって単品の利用は昼はあまりないのかもしれません)、お願いすれば見せていただくこともオーダーする事も可能です。ちらし寿司(量的にはこれ一品では不足かもしれませんが)などお勧めです。

下記は6月12日に利用した際の記録を元に改定したものです。



花の祝祭御膳はまだ提供されていました。その内容は以前記録したものとはメニュー表記が変わっていました。
単品メニューに変更があります。
ドリンクメニューに関しては別途アップしてあります。これは今回変更はなかったようです。

下記価格は税込み価格で、別途サービス料10%がかかります。

                   メニュー
期間限定メニュー
a0036952_23474287.jpg



a0036952_23481374.jpg

  ※写真は3月9日にいただいた際のものです。
・花の祝祭御膳        3,675円
 「旬の素材を使って春に咲く花々をイメージした料理です。1日20食限定」
【提供期間】3月1日~4月30日
  ※当初の提供期間は上記のように記載されていましたが、5月9日までのハウステンボスニュースにも特に期間を示される事無く「花の祝祭御膳」の紹介がありますので、期間延長して提供されるようです。5月10日以降は6月8日まで提供されるという話もあります。7月1日からは七夕月「菜の彩膳」が提供される事になっています。
  ※6月12日も提供されていました。6月いっぱいは提供されるのかもしれませんね。ただ、以前いただいた時とは下記のように多少内容が変わっていました。
【提供時間】11:30~14:00
※次は6月12日に記録した内容です。
 一段目 : 胡麻酢和え、小巻玉子、めじな山椒焼、鮎寿司、海老チーズ、穴子変わり揚げ
       一寸豆翡翠漬、鴨ロース檸檬煮、伏見唐辛子、雷蒟蒻
 二段目 : 烏賊薔薇造り、伊佐木、赤身、あしらえ一式
 吸い物 : 鱸真薯、玉子豆腐、あおさ、木の芽人参、木の芽
 蓋物  : 新小芋、赤ずいき、楓麩、蛸、絹莢、木の芽
 御飯物 : 炊き込み御飯
 香の物 : 三種
 水菓子 : パパイヤシャーベット、ミント
※次は3月9日に記録した内容です。
 上段 : 小巻玉子、鰆若草焼き、白魚桜香煮、海老二見、麩蒲焼、ぬた合え、桜餅
      たらの芽、筍、菜種、一寸豆、飯蛸、花弁百合根
 下段 : 桜鯛松皮造り、よこわ、烏賊、蝶人参、桜花ゼリー、紅蓼、山葵
 吸い物 : 若布真薯、筍、木の芽、桜人参
       ※3月9日は蛤真薯でした。
 焚き合せ : 若筍煮、鯛の子、蕗、木の芽
 水菓子 : ホテル特製アイス
       ※3月9日は桜の花びら入りの桜アイスでした。

 ※daydreamerさんのレポ
 ※sayuriさんのレポ

昼のコース
a0036952_17265139.jpg



a0036952_1727182.jpg

  ※写真は5月5日にいただいたものです。
・松花堂弁当          3,675円
  造り・口取り・揚物・焚き合わせ・小鉢・ご飯・吸物・シャーベット
a0036952_17274077.jpg

  ※写真は5月5日のものです。
・松花堂弁当 海鮮石焼付    4,725円

・レディス御膳         3,675円
  「小鉢、温物、中皿、点心、お食事、甘味」
  ※次の内容は時期により異なる事もあるかと思います。
  先付け : 青豆豆富 芥子茄子 蓴菜 山葵出し
  取り肴 : 牛生麩山椒焼き 小巻玉子 穴子寿司 胡麻酢和え 小鯵南蛮漬け 生麩田楽 
        小茄子 一寸豆 海老チーズ 南京 新小芋
  中皿  : コールドビーフ
  蓋物  : 淡竹 角煮 小巻湯葉 三度豆 楓麩 木の芽
  お食事 : 竹輪・玉子天饂飩
  甘味  : チョコレートの蕨餅 抹茶

・季節の御造り御膳       2,940円
  小鉢・吸物・造り・焚き合わせ・ご飯・シャーベット
  ※sayuriさんのレポ
a0036952_1431873.jpg



a0036952_1434689.jpg

  ※写真は12月6日にいただいたものです。
・旬彩天麩羅御膳        2,625円
  小鉢天麩羅蒸し物御飯・シャーベット

・御子様弁当          1,890円
  肉料理・笹弁当・口取り・天麩羅・赤出し・アイスクリーム


単品料理
・吉翠亭特製海鮮石焼き     1,575円
御造り
・すずき薄造り         1,733円
・鮑造り            2,210円
・造り盛り合せ(5種盛り)    3,150円
         二人前    5,775円
         三人前    8,400円

付出し
・胡麻豆腐           840円
・このわた           2,300円
・このこ            2,645円
a0036952_14264264.jpg

  ※写真は08年3月20日にいただいたものです。
・季節の前菜五種盛り      1,575円
a0036952_22245135.jpg

  ※写真は08年6月12日にいただいたものです。
・珍味三種盛り         1,575円
  ※08年6月12日は「鱧とジュンサイ、長芋のコノワタ和え、鯛共和え」でした。
  ※07年11月22日に記録した際は「鯛共和え、長芋酒盗和え、鈴子霙和え(みぞれあえ)」でしたが、今回は明記されていませんでした。内容が多少変わっているものと思います。
a0036952_5311311.jpg



a0036952_5302876.jpg

  ※写真は07年11月22日にいただいたものです。
a0036952_0372248.jpg

  ※写真は08年2月10日にいただいたものです。
珍味五種盛り         2,625円
  ※11月22日の内容は「鯛共和え長芋酒盗和え鈴子霙和え生唐墨独活和え煮鮑肝和え」です。今回は明示されていませんでした。
  ※2月10日の内容は「鈴子霙和え、鯛共和え、唐墨の烏賊巻き、山芋のこのこ和え、なまこのこのわた和え」といった内容(名称は不正確です)でした。
・鱧ジュンサイ          2,260円

酢物
・穴子ざく            945円
・海老と野菜の酢の物       1,150円
・海老と煮鮑の酢の物       2,520円

焚き物
・地魚煮付け          1,890円
a0036952_774111.jpg

  ※写真は07年10月6日にいただいたものです。内容も価格も現在提供されているものとは異なります。
季節の焚き合せ        1,725円
・豚の角煮季節野菜添え     1,575円

焼物
・すずき塩焼き         1,725円
・車海老塩焼き         2,310円
a0036952_78477.jpg

  ※写真は07年10月6日にいただいたものです。
特選和牛炭火焼き       3,675円
・鮑ステーキ          2,210円

揚物
・天麩羅盛り合せ        2,310円
  ※10月に記録したメニューには「海老、白身二種、茸、丸十、茄子、唐辛子、玉葱、栗」との記載がありました。時期により内容は変わるものと思われます。
a0036952_14281133.jpg

  ※写真は08年3月20日にいただいたものです。
・野菜の天麩羅盛り合わせ    2,415円
・穴子天麩羅          1,575円
・烏賊龍田揚げ         1,050円

蒸物
・このわた蒸し         1,575円
・茶碗蒸し           840円
・すっぽん羽二重蒸し      1,260円

ご飯物
a0036952_2225163.jpg



a0036952_22253655.jpg

  ※写真は08年6月12日にいただいたものです。穴子は二段になっていて見た目以上に食べ応えがあります。
・吉翠亭特製穴子寿司      2,520円
a0036952_14314395.jpg

  ※写真は08年3月20日にいただいたものです。
ちらし寿司          1,890円
a0036952_539169.jpg

  ※写真は07年11月22日にいただいたものです。その時々により旬のネタが使われ内容も価格も変わってくると思われます。
寿司盛り合せ         3,150円
a0036952_040483.jpg

  ※写真は2月10日にいただいたものです。
・すっぽん雑炊         1,575円
・穴子茶漬け          2,100円
・漬物盛り合わせ        945円

汁物・麺類
・赤出汁            630円
・五島うどん          840円
・季節の吸物          1,050円
  ※10月に記録したメニューには「鱧真丈」の記載がありました。時期により内容は変わるのでしょう。

水菓子・甘味
・アイスクリーム        630円
・コーヒー           630円
・紅茶             630円
・吉翠亭特製甘味        630円


                       現在とは異なる内容のメニュー
 松花堂弁当などコースメニューも時期により旬の食材を用い、内容も異なります。
 以下は現在も提供されているメニューですが、最近いただいた際の写真は上に記し、以前のものをこちらに示したものです。
a0036952_713622.jpg



a0036952_714921.jpg

  ※写真は10月14日のもの。
a0036952_056445.jpg



a0036952_0562783.jpg

  ※写真は1月13日にいただいたもの。
・松花堂弁当          3,675円
  造り・口取り・揚物・焚き合わせ・小鉢・ご飯・吸物・シャーベット


                       現在提供されていない主なメニュー
a0036952_78311.jpg



a0036952_79628.jpg

  ※写真は07年10月6日にいただいたものです。
鯛茶漬け           2,100円
a0036952_0381221.jpg

  ※写真は08年2月10日にいただいたものです。
・焼き河豚           2,415円
a0036952_0392115.jpg

・河豚白子蒸し         1,725円
a0036952_5381861.jpg



a0036952_5372465.jpg



a0036952_5375871.jpg

土瓶蒸し           1,890円
by mattarinonbe | 2008-06-15 22:26 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< デ アドミラル(ランチPart2) 6月・7月の飲食店情報(ホテル... >>