ヴィノテーク(グラスワイン飲み放題)

a0036952_6453968.jpg

今回はハウステンボス、ホテルデンハーグのワインバーヴィノテークのグラスワイン飲み放題です。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
その他のメニューにつきましては、What's Newにリンク一覧があります。
夕暮れの港を眺めながら、窓際でワイングラスを傾けます。ここヴィノテークは日本のホテルでは初の本格派のワインバー。。ボトル単位でなくてはオーダーできなかった銘柄物のワインが気軽にグラスで楽しめます。
【場所】スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:27席
【営業時間】17:00~24:00(ラストオーダー)
【予約】HPによると対応なし。
【その他】車椅子利用可。喫煙席あり。

 ヴィノテークはHTBの店の中でも個性的・特徴的で、根強いファンを持つワインバーです。このヴィノテークの隠れ家的なゆったり寛げる雰囲気の中でグラスを傾けながら、バーテンダーとの会話を楽しむ、その至福のひと時の為に遠方からHTBにこられる方が少なからずおられるバーです。

ちこがこさんのレポ その2
senriさんのレポ
※てん&てんの妻さんのヴィノテークレポートです。
 「23.2004/10/16~10/18」から入ってください。
てん&てんの妻さんのレポ・その2

上記のようにワインバーで、ヴィノテークという名称もヴィノが「ワイン」、テークが「集める」事を意味し、「ワインの箱」といった意味の日本のホテルでは初めての本格的なワインバーとしてオープンしました。オープン当初はワイン専門だったようです。その後これまでにご紹介したように、ウィスキー・ブランデー・カクテルなどの幅広いアルコール及びノンアルコールメニューを提供するように変わってきています。内装もボックス席あたりで変更が加えられているようです。

ワイン党の方々からすると、オープン当初のスタイルを個性的であり懐かしむ向きもあろうかと思いますが、HTBの立地及びリゾートという性格からすると現在の有り様の方が望ましい方向であると私は思います。
グループで訪れた場合、全員がワインを嗜むとは限らないですし、アルコール自体飲めない方もおられるのですから。幅広くいろいろな方々に利用され好まれるだけのものが、今のヴィノテークには「確実にある」と私は思います。
「ワインバー」の看板はヴィノの個性であり、大切にすべきと思いますが、その看板故に利用をためらっている方がおられることを思えば、ワイン以外のアルコールメニューやノンアルコールカクテル、加えてフードメニューの提供も行っている事を適切に伝えていくべきでしょう。

ワインについても様々なワインがグラスで楽しめるだけでなく、素晴らしいフェアがいろいろと開催されてきています。
ヴィノのフェアは採算合うの?って心配になるような素敵なもので、見逃せないでしょう。
現在はルイ・ジャド・フェアが行われています。同フェアについてはこちらにアップしています。

ヴィノテークではグラスワインの飲み放題企画もいろいろと行なわれてきましたが、新たな企画としてルイ・ジャド・フェアが始まった事に伴い、飲み放題企画がなくなっていましたが、それを惜しむ声もあったようで、それに応えてか新たに飲み放題企画も試行されているようです。
「試行」と書いたのは、いつまで行なわれるのかとか具体的には決まっていないようです。
a0036952_720963.jpg

また、現在は平日(月~木)のみ行なわれているようですが、これについてもどうなるのか不明な点もあるようで、今のところヴィノテークの店頭に飲み放題の案内があれば利用できる、という感じでしょうか。

以下は5月22日に記録してきたものです。



              グラスワイン飲み放題
【料金】¥2,800(税・サービス料込み)
【時間】飲み放題利用は最終22:30で、ラストオーダー24:00。90分飲み放題。

白ワイン
a0036952_046075.jpg

1.キュヴェ・ハウステンボス・グラーヴ(グラーヴ)
 「澄んだ真珠色と美しい花の香り。繊細かつ気品溢れる味わい。」
a0036952_90184.jpg

2.カザソーレ・オルヴィエート・クラシコ・アマービレ(ウンブリア)
 「発酵時に糖分をすべてアルコールに還元しないため、フレッシュな中甘口のワイン。」
a0036952_10244660.jpg

3.トルマレスカ・シャルドネ(ブーリア)
 「ほのかな樽の風味と果実のフレッシュさのバランスが絶妙のワイン。」

赤ワイン
a0036952_1820770.jpg

4.キュヴェ ハウステンボス オー・メドック(オー・メドック)
 「厚みのある味わいと香ばしく濃厚な香りが印象的。」
a0036952_18204489.jpg

5.コート・デュ・ローヌ・パラレル45 ルージュ(コート・デュ・ローヌ)
 「パラレル45とは北緯45度の意味。ガーネット色で果実味があり、フルーティな味わい。」
a0036952_1883581.jpg

6.サンタ・クリスティーナ(トスカーナ)
 「やわらかさと飲み心地のよさが特徴。バランスのとれた親しみやすい味わい。」

ロゼワイン
a0036952_047415.jpg
        
7.ロゼ・ダンジュー(ロワール)
 「心地よい酸味と程よい甘みのバランスが絶妙。エレガントなロゼワイン。」
a0036952_23493539.jpg

8.チプレセット・ロサート・アンティノリ(イタリア/トスカーナ)
 「フレッシュで軽やかな飲み口。フルーティーな味わい。芳香が高く爽やかなロゼワイン。」

スパークリングワイン
a0036952_00682.jpg

9.ラクリマ・バッカス・レセルバ・セミセック(スペイン/カヴァ)
 「華やかな果実の香りと繊細な味わいの心地よい発泡酒。飲みやすい甘口。」
a0036952_21544696.jpg

10.ガンチア・スプマンテ・ロッソ(ピエモンテ)
 「爽やかでみずみずしい甘味と赤ワインならではのかすかなタンニン。赤のスプマンテ。」
by mattarinonbe | 2008-05-27 07:13 | パレス&デンハーグ


<< エリタージュ(リンク集Part2) ヴィノテーク(セットメニュー&... >>