シェヘラザード(オクトーバーフェストビール&マール)

a0036952_21595634.jpg

今回はハウステンボス・ホテルヨーロッパのメインバー「シェヘラザード」で10月から始まっているマールのフェア及び9月22日から期間限定で提供されているシュパーテン オクトーバーフェストビールのご紹介です。
それ以外のメニューについては「What's New」からご覧下さい。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【予約】対応なし。ただしアフタヌーンティーに関しては要予約(空いていれば予約なしでもOK)

夕方17時オープン。遅い時間帯は混雑することもありますが、夕刻(この時間はまず混まない)はゆったりと寛いで飲む事ができます。
カウンターでバーテンダーの方との会話を楽しみながらグラスを傾ける。。。
ふっかふかのソファーに身をゆだね、歩きつかれた体を休め今日一日を思い返しながらグラスを交わし、今宵のショー・イベントを心待ちする。。。
食前酒として利用したり、食後酒をいただきながらイベントや花火開始までのひと時を過ごす。
運が良ければ、ロビー・シェヘラザード横でピアノなどの生演奏(これがまた素晴らしい!)をBGMに素敵なカクテルにほろ酔い気分。最高のリラクゼーションです。生演奏が行われるのは18時半頃が多いでしょうか。およそ20分間の贅沢。
※生演奏の時間はロビーに案内表示がありますのでご確認下さい。

様々なフェアが楽しめるのもシェヘラザードの楽しみ。
フェアの場合、どれを選ぶか迷う所ですが、気軽にそれらの特徴をいろいろと聞いてチョイスする。その会話も楽しみのうち。

カウンターでバーテンダーの方と会話を楽しみながら、グラスを傾ける。夕刻(比較的利用者が少ないですから)にはそのような素敵な時間をゆったりと楽しむ事もできます。

下記はシュパーテン オクトーバーフェストビールは9月23日以降に、マールは10月2日にのんだくれて記録してきたものです。



                   メニュー
シュパーテン オクトーバーフェストビール
  「ドイツでの世界最大のビール祭「オクトーバーフェスト」のために造られた貴重なビールが味わえます。ホテルヨーロッパで限定120本」
  ※上記はハウステンボスホテルズ レストラン&バーNEWSに記載されていた内容ですが、120本限定だったのが初日からあまりにも人気で本数が出たため、急遽渋る業者を説得し、かなりの本数追加が実現したようです。提供期間は下記の予定ですが、それ以前に終了する可能性もあれば、期間後も残りがあればいただく事もできるものと思います。
【提供期間】9月22日~10月31日
【提供場所】ホテルヨーロッパ デ アドミラル 11:30~14:30
               シェヘラザード 17:00~23:30
a0036952_040266.jpg

シュパーテン オクトーバーフェストビール   ¥997
 「ビールの本場ドイツ、ミュンヘンにあるシュパーテン社が1872年からビール好きの人々のお祭り、オクトーバーフェストの為に造る期間限定のプレミアムビールです。琥珀色でローストしたモルトの香りとホップが絶妙のバランスを是非この機会にお楽しみください。」

究極の食後酒を味わう-マールフェア-
 「アフターディナーはフランスの代表的な食後酒”マール”で贅沢で過ごしませんか。」
【提供期間】10月6日~11月30日
【提供時間】17:00~23:30
  ※ごまさんのレポ

ブルゴーニュ
・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ     ¥5,250(税込み・別途サービス料10%)
  DRC(ドメーヌ・ロマネ・コンティ)が作る希少性の高いマール。ロマネコンティの手により丹念に、ロマネ・コンティやラ・ターシュ等綺羅星のような最高峰ワインの絞り残しを蒸留したブランデー。オークの樽で熟成されたその味わいはマールの概念を覆す味わいとも言われているようです。マールの王者をこの価格でいただける事は信じがたい事!

・ドメーヌ・シモン・ビーズ          ¥2,100
  掘り出し物という表現は失礼かも知れませんが、非常に評価の高まってきている人気ドメーヌで、現当主のパトリック・ビーズ氏の奥様が日本人という事でも知られています。マールも注目です。
a0036952_2333140.jpg

・ドメーヌ・デュジャック           ¥1,365
  ドメーヌ・デュジャックのマールは1985年以降生産されていない幻のマール。「オール・ダージュ」は1975年から79年までの原酒をブレンドして造った特別な逸品だとか。デュジャックが誇る特級クロ・サン・ドニやクロ・ド・ラ・ロッシュといった銘醸ワインの搾り粕から造られたマールは、一般のブランデーとは酒質が違い高価なコニャックを凌ぐ深みと優雅さを持った甘美なブランデーとの評価も。すでに生産終了しているマールですから、この機会を逃すと飲むチャンスは二度とないかも。
  ※サンヴァンサン祭のタートヴァンをお持ちの方は、ブルゴーニュ地方の名醸造家「デジャック」が手がけた特別な1本を特別価格¥750で!

a0036952_23344357.jpg

・ドメーヌ・ロベール・シュヴィロン      ¥945

ボルドー
・シャトー・ムートン・ロートシルト      ¥4,725
  いわずと知れたムートン・ロートシルト。そのマールは絶品中の絶品!との評価も。シャトームートンを造るときに毎年、若い木からできたワインを数樽分マール用に使うという限定生産のレアな逸品。15~30年もの間オーク樽で熟成させるというマールはその静かな長い眠りの分、想像を絶する香り、厚みのある琥珀色に仕上がるとか。

シャンパーニュ
・エリック・ロデス              ¥1,260
by mattarinonbe | 2007-10-14 23:30 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< ロード・レーウ(ランチタイム) 全日空ホテル/雲海(ドリンクメ... >>