アペリティフの日

a0036952_22233679.jpg

今回は現在ハウステンボス場内ホテルで催されている「アペリティフの日」企画のご紹介です。
2007年版をアップします。
フランス農水省の発案により、6月の第一木曜日はアペリティフの日。世界中でアペリティフを楽しむイベントが催され、日本各地でもアペリティフの花が開く催しが行われたようです。

アペリティフは、人々が集まり、語らうきっかけとなるものです。そして、アペリティフを楽しむ時間は誰もがリラックスして心を開放する時間。
皆で一緒に飲み物を片手に、気の利いたつまみを味わいながらお喋りに興じるひと時は、人生をゆったりと楽しむフランス流ライフスタイルのシンボルだともいえるでしょう。

アペリティフというのは、食前のひと時、食欲を増進させるために飲む飲み物とツマミのこと。食事をよりおいしく食べられるようにするため、胃袋に魔法をかけることだ、などという人もいますが、仕事からプライベートへ、心地よいアペリティフは、モードをスムーズに切り換えてくれるスイッチの役目だともいえます。
仕事の後はアペリティフ。

アペリティフを食前酒だと思ってしまうと、アルコールが苦手な人たちには縁遠いものになってしまいますが、実はアペリティフは、アルコール類に限らず、ミネラルウォーター、果物のジュース、何でも良いのです。
いつでも、どこでも、人が集まれば、合言葉は「何か飲む?」飲み物であれば、何でもアペリティフ。

「これからアペリティフしよう!」という時に、欠かせないのがアミューズ・ブーシュ(ひと口のお楽しみ)です。シェフにとってはお客様にお出しする最初の一品だけに、とても重要な意味があります。
              「Aperitif a la francaise」より

ハウステンボスでも、ホテルヨーロッパのデ アドミラル、シェヘラザード、ヴィノテークでアペリティフの日に協賛するように昨年6月1日~11日までアペリティフセットのメニューが供されました。アドミラルのメニューは未確認ですが、シャンパンとアミューズのセットのようでした。

今年も6月の第一木曜日、6月7日がアペリティフの日として各地で催し物が行われたようですが、ハウステンボスにおいても第一木曜日を含む週の日曜日から土曜日、今年の場合3日(日)~9日(土)までHappy Aperitifのメニューが提供されています。

昨年同様3店舗で提供されているのではないかと思いますが、アドミラルについては未確認です。
ヴィノテーク、シェヘラザードのドリンクメニューは下記のとおり。それぞれにアミューズが1品つきます。とってもお得な内容だと思います。
ドリンクの内容は、アルコールが苦手な方は多少アレンジしたもの(場合によってはノンアルコールも可能では?)を出していただけるようです。シャルトリューズなどちょっとクセがある(フランスのリキュールの中でも最高級と評価され、優雅な香りと味はリキュールの女王と呼ばれていますが、130種類のハーブが使われていると言われ独特の風味があります)ので、どうか?という気がしましたが、昨年訊ねたところでは、好みにあわせてオレンジジュースで割ったりいろいろと工夫して出していただく事もできるという事でした。

以下は6月7日に記録してきたものです。



いまさらという気もしますが、ご紹介します。来年もこの時期に行われると思いますので、ご参考までに。
期間は9日までですが、ヴィノテークは9日は終日貸切で一般客は利用出来ません。

このアペリティフの日、上記のような期間で行う事が決まっているのであれば事前に会員誌やハウステンボスニュース等で案内があった方が望ましいような気がします。
ちなみに6月18日前後から(7月から?)はこれも恒例のビアフレンズが始まるものと思います。ビアフレンズの昨年の内容はこちらです。

アミューズはヴィノ、シェヘラともに内容は日替わりだとか。

senriさんのレポ
guraさんのレポ

料金は下記に10%のサービス料がかかります。

                   メニュー
ヴィノテーク
a0036952_22294710.jpg

    ※写真は7日のアミューズ。カプレーゼですね。トマトにモッツアレラチーズを重ね、アンチョビとバジルソース、オリーブオイルで。
a0036952_22323286.jpg

オリジナルカクテル         ¥630
  スパークリングワイン&薔薇のお酒を使用した食欲増進のカクテル。
・シャルトリューズ          ¥630
  薬草系リキュールの銘柄。ジョーヌ、ヴェールの2種類
・デュポネ              ¥525
  フランスを代表するアペリティフワイン

シェヘラザード
a0036952_22385867.jpg

    ※写真は6月7日のアミューズ。一番下にトマトのジュレ、その上にブロッコリーのムース、一番上にはトマトのジュレを泡立てたものが。とっても素敵に酸味が利いたアミューズです。
a0036952_22383984.jpg

オリジナルカクテル         ¥500
  心地よい苦味と酸味が食欲を増進させるアペリティフカクテル
・シャルトリューズ          ¥500
  薬草系リキュールの銘柄。ジョーヌ、ヴェールの2種類
・デュポネ              ¥500
  フランスを代表するアペリティフワイン

                       2006年
ヴィノテーク
a0036952_2583281.jpg



a0036952_2585050.jpg



a0036952_2571450.jpg

オリジナルカクテル          ¥525
  シャルトリューズとハーブ、ライムを使用した食欲増進のカクテル。
a0036952_2575947.jpg

シャルトリューズ           ¥525
  薬草系リキュールの銘酒。ジョーヌ、ヴェールの2種類
a0036952_2573018.jpg

 ※ジョーヌ(黄)蜂蜜の甘味が強くまろやかな味わいとされる。アルコール度数40度
 ※ヴェール(緑)スパイシーでハーブの香りが豊かとされる。アルコール度数55度
・デュポネ               ¥525
  フランスを代表するアペリティフワイン

シェヘラザード
a0036952_362614.jpg



a0036952_365884.jpg



a0036952_371717.jpg

オリジナルカクテル          ¥525
  薬草の心地良い苦味が食欲を増進させるアペリティフカクテル
・シャルトリューズ           ¥525
  薬草系リキュールの銘酒。ジョーヌ、ヴェールの2種類
・デュポネ               ¥525
  フランスを代表するアペリティフワイン
by mattarinonbe | 2007-06-08 22:40 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< プッチーニ(ランチタイムPart2) ヴィノテーク(ヴァン・ヴィーノ... >>