シェヘラザード(アフタヌーンティー)

a0036952_15532535.jpg

今回はホテルヨーロッパのメインバー・シェヘラザードの秋の恒例アフタヌーンティーです。最新更新日10月16日
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧下さい。
今年も10月1日より始まりましたのでご紹介します。
15日に利用してきましたので、改定版をアップします。
日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)
【予約】対応なし。ただし下記アフタヌーンティーに関しては要予約(空いていれば予約なしでもOK)

a0036952_23492495.jpg

アフタヌーンティー
現在アフタヌーンティーが行われています。
英国文化の象徴として育まれてきたアフタヌーンティー。重厚な家具が配されたくつろぎの空間で、サンドイッチ、スコーン、ホテルパティシェ特製ケーキなどで、本格的な午後のティータイムをお過ごしください。
■料金:大人2,625円(別途サービス料10%)
■日時:10月、11月の土・日・祝日
    12時~16時(最終受付)
■予約:ハウステンボスホテルズ 0956(58)1111(代)
    レストラン予約係    0956(27)0536

たまにはちょっぴり贅沢にアフタヌーンティー。良いものです。
サンドイッチ、スコーン、ケーキ等は好きなものを好きなだけいただく事ができますし、紅茶もポットで3杯分位ある上に、おかわりをお願いすることができます。数人で利用すれば、各自違った紅茶をオーダーする事で、いろいろと味わい比べることができておすすめです。

また、10月と11月では紅茶のラインナップに変化があるものと思います。
ケーキ(ペストリー)のラインナップも昨年と変更があり、今年に入ってからも変更が加えられているようです。
a0036952_15524436.jpg

要予約ですが、空きがあれば飛込みでも利用できる可能性がありますが、予約された方が宜しいかと思います。また、シェヘラザードでアフタヌーンティーが行われない平日は、ティークリッパー(リンク先も近く改定予定)でアフタヌーンティーを楽しむ事ができますので、そちらを利用されてはいかがでしょうか。

下記は10月15日に記録してきたものですが、記事中の写真は15日のものですが、リンクしてある写真はとりあえず昨年のものです。いずれ今年のものに変更する予定です。

guraさんのレポ

                          昨年のレポ
びよりさんのレポ
saki-academiaさんのレポ
せつこさんのレポ(リンク先より続けてレポが展開されています。)
guraさんのレポ

                          一昨年のレポ
kumaさんのフォト集
てん&てんの妻さんレポート
  「2004/10/16~10/18」から入ってください。
a0036952_2395477.jpg

                      アフタヌーンティー
a0036952_2310152.jpg

フィンガーサンドイッチ各種
a0036952_23105195.jpg

2種類のスコーンクロテッドクリーム&上柿元オリジナルストロベリージャム
・ショートブレッド
a0036952_23112321.jpg



a0036952_2311556.jpg



a0036952_2312716.jpg



a0036952_23122322.jpg

ペストリー各種
 巨峰のジュレ、クレームブリュレ ヴァニラ風味、パイナップルのロティとブラウニー、木いちごのムース、マロンのロールケーキ、ホテル特製パウンドケーキ他
・お好みの紅茶
  紅茶は下記ティーメニューから1つ選択。おかわり自由(ただし同一銘柄。数人で利用すると違った紅茶を楽しめるのでおすすめ)

                      ティーメニュー
a0036952_23124188.jpg



a0036952_23152883.jpg

オリジナルティーセレクション
・ダージリン
  2006年セカンドフラッシュ タムサン農園産
・アッサム C.T.C.タイプ
  2006年セカンドフラッシュ デオホール農園産
・ヴィンテージ ウバ
  2005年 セントジェームズ農園産

・ショーレマロン
  香ばしさとほのかな甘味が大人っぽい印象。名前は、パリの街角で焼き栗を売る掛け声が由来。
・ムッシュ
  爽やかなブルーベリーと甘いバニラの香りを、兼ね備えた魅力的な味わい。
・トライアングル
  甘いフルーツの味とやわらかな花の香りが、しっかりとした味わいの紅茶とよくマッチしています。
・シャンパーニュロゼ
  華やかなシャンパンとフレッシュ・ストロベリーで香りづけした紅茶。ピンク&シルバーのアラザンもかわいい。昨年人気だったものです。
  「甘酸っぱいストロベリーとお祝いには欠かせないシャンパンの香り。」
by mattarinonbe | 2006-10-15 23:12 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< 中の茶屋(昼) ホテルズのケーキ >>