ラグジュアリー・ウォッカ・フェア

a0036952_2342572.jpg



a0036952_2352268.jpg

今回はハウステンボス・ホテルズの素敵なバー、ホテルヨーロッパのシェヘラザードとデンハーグのヴィノテークで行われている「ラグジュアリー・ウォッカ・フェア」のご紹介です。最新更新日7月27日
それぞれのバーのその他のメニューについてはWhat's Newからご覧下さい。

シェヘラザード 日が落ちると気分を変えてメインバー「シェヘラザード」へ。この、伝説の美女の名を冠したバーは全27席のこじんまりとした空間を提供しています。ヨーロッパのアンティークに囲まれてカクテルを空けていると、いつのまにか、自室でくつろいでいるかのような錯覚におちいってしまいます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
    席数:43席
【営業時間】17:00~23:30(ラストオーダー)

ヴィノテーク 夕暮れの港を眺めながら、窓際でワイングラスを傾けます。ここヴィノテークは日本のホテルでは初の本格派のワインバー。。ボトル単位でなくてはオーダーできなかった銘柄物のワインが気軽にグラスで楽しめます。
【場所】スパーケンブルグ地区ホテルデンハーグ内
    席数:27席
【営業時間】17:00~24:30(ラストオーダー)

さて「ラグジュアリー・ウォッカ」ですが、ポーランド産のウォッカ「ヴェルヴェデール」を指しています。この「ヴェルヴェデール」が素晴らしいのです。
a0036952_23181120.jpg

ヴェルヴェデールは、600年もの歴史と伝統を持ち、初めてウォッカが作られた地ポーランドで生まれました。かすかに甘いヴァニラの香り、そしてクリーミーでスムーズな口当たりで、口に含んだ後に広がるライ麦の香ばしさ。上質なベルモットのように滑らかで洗練された味わいは、世界中でサプライズを与えています。プレミアムウォッカとは明らかに一線を画す、最上級の悦楽と感動をお届けする世界初のラグジュアリーウォッカです。このラグジュアリーウォッカをベースにしたオリジナルカクテルをご堪能下さい。

ヴェルヴェデールとはポーランドのホワイトハウスの名前のようです。大統領主催の晩餐会でも供されているとか。ブラッド・ピッドのホームパーティーでも使われているとか。
ラグジュアリー・ウォッカとして、限られたところにしか出荷・販売していないようです。なんでも九州ではハウステンボスだけだとか。
a0036952_23415710.jpg

実際飲み比べさせていただきましたが、違いは歴然としています。口にした際のトゲトゲしさがなく、実にまろやか。
カクテルも美味しいのですが、ショットで飲むことでその真価がわかるようです。
a0036952_3475991.jpg

実際にショットでオーダーする事も可能でヴィノの料金は不明ですが、シェヘラでは¥840でした。下記フェア期間終了後も、ヴェルヴェデールは引き続きショットでいただく事ができる予定のようです。




                ラグジュアリー・ウォッカ・フェア
  【提供期間】6月12日~9月3日
シェヘラザード
a0036952_23424698.jpg

ジュエル・ボックス~a moonlight jasmine~       ¥1,050
  「ジャスミン は銀白の小さな花が夜になるといっそう強く香ることから「木立の月光」と呼ばれています。また、エッセンシャルのジャスミンの香りは魅力的で美しいことから「精油の宝石」ともいわれます。ハウステンボスの夜をいっそう楽しんで頂けるようにと思いを込めました。」

ちこがこさんのレポ

ヴィノテーク
a0036952_23382274.jpg

クフィアティー~ポーランドの花~                ¥1,050
  「花を愛する国、ポーランドから長崎に贈られた「生命と平和の花」。ポーランドのラグジュアリー・ウォッカを使った生命の再生・力強い躍動を感じて下さい。」
  ※ノンアルコールでもご用意致します。
by mattarinonbe | 2006-06-19 23:22 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< ヴィノテーク(スパークリングワ... グランキャフェ(カクテルPart1) >>