デアドミラル(ランチPart1)

a0036952_23231296.jpg

今回はハウステンボスのフラッグシップホテル、ホテルヨーロッパのメインダイニングデアドミラルのランチタイムメニューです。
改定版をアップします。
※改訂版をアップしましたので、こちらをご覧ください。
オランダ語で提督を意味する「デ アドミラル」は、ヨーロッパのおいしい料理を多彩に取り揃えたコンチネンタルレストランです。オールドグランドホテルでしか味わえない優雅な雰囲気の中で、ゆったりとお食事をお楽しみいただけます。
【場所】ユトレヒト地区ホテルヨーロッパ内
     席数:88席
     禁煙
【営業時間】
 モーニング 7:00~10:00
 ランチ   11:30~14:00
 ディナー  17:30~21:00(ラストオーダー)
【予約】対応 詳しくはオフィシャルサイトで。
  (多客時を除きランチは予約は必要ないことが多いかと思いますが、ディナーは予約されていた方が宜しいかと思います。コースを楽しむには早くても1時間半~2時間程度以上はかかりますので回転が良くないこともあり満席で入れない事があります。また早めに予約しておかれた方がより眺めの良い席に案内していただけるかも。)
【ドレスコード】ランチタイムはなし。
        夕食時のみ、ゴムぞうり・スリッパ・ビーチサンダル・男性の半ズボン(ハーフパンツ)でのご利用はご遠慮下さい。

【その他】車椅子利用可。Edy対応。

デ アドミラルについてはディナーの方でも紹介させていただいてますが、素晴らしい実績をもつお店です。エリタージュが(とっても残念な事に)オヤスミしている(今のハウステンボスの流れ、ホテルヨーロッパの方向性からみていずれ復活するものと期待していますが)今、ハウステンボスで№1の位置づけ(和食だと吉翠亭もありますが)のお店といっていいかと思います。

ディナーも良いですが、ランチはより気軽に利用できると思いますので、アドミラルデビューにはランチ利用が良いかもしれませんね。ドレスコード(注:夕食時のみ、ゴムぞうり・スリッパ・ビーチサンダル・男性の半ズボン(ハーフパンツ)でのご利用はご遠慮下さいとあります。)もありませんので、気楽・気軽に利用してみてはいかがでしょう。
優雅にゆったりとランチを楽しめば、リゾート気分を満喫することができるでしょう。
平日のお昼にアドミラルでランチってのは私にとって、ぷちリゾート気分を満喫できる素敵なひとときで、お勧めです。
a0036952_2311947.jpg

旬の食材を用い、季節の味わいを楽しむことができます。
食の安全がいろいろと問われる昨今、安心して本物の味を確かめに来る事のできるお店は貴重です。

現在ホテルヨーロッパのある地域は無料ゾーンとなっています。日帰りでアドミラルなどを利用する場合、専用駐車場(無料)へ車で行くことが可能になっています。
専用駐車場を利用する場合は事前にレストランの予約が必要となります。予約の際に、車のナンバーを伝えておきます。

※現在一部店舗・一部メニューにおいてウェブ予約で特典が用意されています。
ウェブ予約はこちらから。除外日もありますので、詳しくはリンク先オフィシャルサイトをご覧下さい。

アドミラルではスペシャルな企画が登場することも。
極上ランチ
a0036952_1618102.jpg

11年1月15日の極上ランチは最高!でした。
mattariのレポ
a0036952_1635936.jpg

11年8月25日から10月23日までは第2回極上のランチが。
9月18日に楽しませていただきましたが、素晴らしい料理とワインでした。
mattariのレポ

グランアミューズ
a0036952_21595032.jpg

11年5月15日、6月5日・12日には第1回グランアミューズが。
mattariのレポ
a0036952_21405275.jpg

12年1月28日と29日の両日に第2回「Grands Amuse (グラン アミューズ)」が開催されました。
そしてこの夏7月21日と22日に再度グランアミューズが開催されました。

ワインセミナー、ワインの会
a0036952_221263.jpg

11年2月20日のワインセミナー&ランチも素晴らしいものでした。
mattariのレポ(2月20日ワインセミナー)
11年8月21日に第2回ワインセミナーが開催され、これも素晴らしいものでした。
a0036952_16354288.jpg

またサンヴァンサン祭(11年10月8日~10月23日)にあわせてワインブッフェの企画も登場し、こちらもお値段以上に素晴らしくお得なものでした。
a0036952_21533162.jpg

11年12月3日には「第6回 デアドミラル ワイン会 ~ブルゴーニュ CORTON村~」も開催されています。写真は参加されたKさんからいただいたもの(感謝!)です。
a0036952_1421794.jpg

12年2月19日には「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」が開催されました。
mattariのレポ(2月19日「飲み頃のボルドー赤ワインを楽しもう会」)
12年6月30日、13年3月2日、4月20日、13年6月22日にもワイン会が開催されています。
a0036952_2257916.jpg

そして13年8月25日にも開催されました。
mattariのレポ(8月25日夏のワイン会)

13年10月25日にはアドミラルではありませんが、デハールでスペシャルなワイン会が開催されます。
                  サンヴァンサン・スペシャル・メーカーズディナー
 世界に誇るフランス・ボルドー5大シャトーのひとつであるバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社からアントニー・グルメル氏をスペシャルゲストにお招きいたします。
 1853年、ロスチャイルド・ファミリーの一人で、イギリスに渡ったナタニエル・ド・ロスチャイルド男爵が、フランスのポイヤック村に位置するシャトーを購入しその名を「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」と改めたところから飛躍的な躍進を遂げたバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社。同社が誇る約60銘柄より特別にセレクトされた「シャトー・ムートン・ロスチャイルド」をはじめ、数種類の名醸ワインと共に、特別ディナーをご堪能下さい。
【開催日】13年10月25日 18:30~ ホテルヨーロッパ西玄関で受付 19:00~
【会場】 ロイヤルクルーザー「デハール」
【料金】 ¥40,000(料理・ワイン・税金・サービス料込)
【予約】 0956-27-0545

また、13年12月1日にもアドミラルでワイン会が予定されています。

グルマンの会
a0036952_2224650.jpg

11年3月6日のグルマンの会も素晴らしいものでした。
mattariのレポ(3月6日グルマンの会)
a0036952_21422478.jpg

11年9月4日の第2回グルマンの会もとっても素晴らしいものでした。
mattariのレポ(9月4日グルマンの会)

12年4月1日の第3回グルマンの会も素敵なものでした。いずれ姉妹ブログでご紹介できれば・・と思っています。

 スパRINとのセットプランも継続しています。
スパ&ランチ
  美味しいランチを食べて、スパでボディトリートメント♪
【期間】2013年9月1日~11月30日
【内容】ランチ  日本料理「吉翠亭」 または フレンチ「デ アドミラル」
    スパ   The Life Spa RIN ウェルネス
【時間】吉翠亭・デ アドミラル   11:30~14:00
    The Life Spa RIN ウェルネス  11:00~23:00 (最終受付 22:00)
     ※スパとランチは滞在中なら別日に利用する事も可。
【料金】¥9,600 
     ※事前予約制
     ※¥3,000追加でスパメニューを60分コースに変更可。
【予約・問い合わせ】The Life Spa RIN ウェルネス TEL:0956-27-0503
    ※RINもアドミや吉翠亭も無料ゾーンにあります。予約時に車のナンバー等を伝えておくと、無料駐車場を利用する事も可能です。
【スパ内容】ハーフボディートリートメント45分やアロマフェイシャルトリートメント45分の2種が用意されているようです。
    ※所要時間いずれも約75分
【アドミラル・ランチメニュー内容】
   スモークサーモンに地元産の野菜を添えて
   トリュフの香り豊かな、えびすかぼちゃのヴルーテ
   佐世保産カマスのグリエと、きのこのマリネ プロヴァンス風
   アドミラル特製のデセール
   コーヒーまたは紅茶


以下は9月5日に利用した際の記録をもとに改定したものです。
9月1日からコースメニューが秋のメニューになり、アラカルトメニューにおいても変更があります。
ワインも「世界のワイン祭 ソムリエ厳選ワイン」が提供されています。

9月5日は「世界のワイン祭 ソムリエ厳選ワイン」5種のうち4種とともに、「秋のおすすめコース」をいただきました。
まずはシャンパン。
a0036952_2315379.jpg

「クロード・バロン・キュヴェ・サファイア・ブリュット」グラス¥2,000
 「若き三姉妹の挑戦!2003年に造り出した新しいシャンパーニュ「キュヴェ・サファイア」は、珍しいピノ・ムニエ主体(ピノ・ムニエ80% シャルドネ10% ピノ・ノワール10%)の手造りシャンパーニュ。彼女たちが手掛けるシャンパーニュは、キメの細かい泡がふくよかな果実味を包み込む上質な仕上がり。父とは一味違う、非常にフレッシュで女性らしい繊細さを秘めた美しい仕上がりとなっています。」というものですが、ホントにフレッシュで果実味豊かでかなり気に入りました。
a0036952_2322214.jpg

アミューズです。磯の香りが広がる海草のゼリーを使った海をイメージした一品。
a0036952_2331860.jpg

下に海草のゼリー。上の泡状のものは柑橘系の風味でさっぱりと。なかなか美味しいアミューズです。
a0036952_233417.jpg

続いて「長崎牛のパストラミに地元産の野菜を添えて」。パストラミはもともとは保存用につくられていたもので、塩漬けした牛肉を燻煙し香辛料で調味するものだと思いますが、
a0036952_2354947.jpg

ここでは燻製の度合は強くなくミディアムレアな感じで実に美味しく。ナスやズッキーニ、トマト、ニンジンといった野菜とあわせてさっぱりといただけました。ソースはポルト酒のソース。
a0036952_2363647.jpg

続いていただいたワインは「ラベイユ・ド・フューザル・ブラン 2010」 グラス¥1,600
 「赤のファーストは格付けシャトーであるシャトー・ド・フューザル。格付け赤より高評価といわれる白のセカンドワイン。」
a0036952_237765.jpg

 「ナポレオンから引き継いだ”蜂”(ラベイユ)の紋章がついたこのワインはファーストにも劣らない人気を誇ります。」とありますが、このラベイユの紋章はナポレオンが皇帝になる前に使っていたもののようです。シャトー・ド・フューザルは300年以上の歴史があるシャトーで、シャトー名になっているフランス革命期にこのシャトーを所有していたド・フューザル候がナポレオン・ボナパルトと親交があったのだとか。
 このワインの味わいも「セミヨン比率が高い(セミヨン65% ソーヴィニョン・ブラン30% ミュスカデル5%)ことに由来する、ハチミツ、りんごの蜜などの香り、上質なミネラル感とボリューム感のあるエレガントな仕上がり」になっている素敵なもの。
a0036952_2383793.jpg

「きのこのマリネとヤリイカのソテー プロヴァンス風」もなかなかのもの。
a0036952_2394413.jpg

イカはニンニクを軽く効かせたぷりぷりの味わいで、ブナピー、エリンギ、シイタケ等を使ったキノコのマリネも美味。秋はやっぱりキノコを美味しくいただけるのがいいですね。ってもとはキノコが全然ダメな人だったのですが。。。アドミや吉翠亭でいただくキノコ料理はいまや私の好物です。
a0036952_23102042.jpg

パンは2種類のバターを添えて
a0036952_2311922.jpg

「えびすかぼちゃ なめらかなヴルーテにして、トリュフの香りと共に」。
a0036952_23113824.jpg

ヴルーテは「ビロードのような、滑らかな」といった意味合い。その通りとってもなめらかでかぼちゃの風味が心地よく広がります。トリュフオイルとトリュフ塩が使われており、香りのアクセントに。
a0036952_23122084.jpg

「ムルソー・ブラニー・スー・ル・ド・ダーヌ 2010」グラス¥3,000
 「ドメーヌ・ルフレーヴの当主のアンヌ・クロードの指揮のもと、ビオディナミを10年にわたり採用してきた畑がオリヴィエ・ルフレーヴに返却された畑によりドメーヌとしてリリースするファーストヴィンテージ!ルフレーヴからルフレーヴへその伝統と魂はしっかりと継承され、オリヴィエ・ルフレーヴのワインは優しく、気品に満ち、繊細。決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルです。」
 これ、相当美味しいです。「ラベイユ」も美味しくいただきましたが、このムルソーもご機嫌な味わいで深い余韻に浸れます。
a0036952_2313112.jpg

「佐世保産沖アラカブ 香ばしくポワレして トマトのクーリにゴボウと小松菜のピュレを添えて」
a0036952_23135171.jpg

アラカブの下にはゴボウのピュレ。上にはペコロス(小タマネギ)とアサリがサフラン風味で。さらにその上にサツマイモ。緑とオレンジ色のソースは小松菜のクーリ(ピューレして裏ごしした野菜や果物から作られる濃厚なソース)とトマトのクーリ。
なかなかに美味しい一皿でした。

ただ、メインが魚だと赤ワインがいけないなぁ(チーズはアムステルダム広場の方でいただくつもりだったので)。。。と思ったのですが、やっぱり赤も一杯いただくことに。
a0036952_23143493.jpg

「クラレンドール・ルージュ 2008」グラス¥1,800 
 「シャトー・オー・ブリオンが手掛ける人気ワイン、クラレンドル。2008年ヴィンテージは、シャトー・オー・ブリオンとシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンの畑のブドウだけを使用した特別なブレンド(メルロ49% カベルネ・ソーヴィニョン32% カベルネ・フラン17% プティ・ヴェルド2%)。そのため、アペラシオンには『ペサック・レオニャン』が付けられ、そえを記念して造られた特別仕様の”赤いラベル”はこのヴィンテージだけの限定品。」というのですから、飲まずにはいられません。
 「よく熟した森の果実やベリー系の香りの後に、バニラを含むスパイシーな香りが広がり、長い余韻が」楽しめるという素晴らしいワインでした。
a0036952_23151962.jpg

「デ アドミラル特製のデセール」はアプリコットのタルトに木イチゴのシャーベット、バニラアイス。
a0036952_2316487.jpg

素敵なランチでした。


以下の価格は税・サービス料込み。



○印は新(再)登場、●印はマイナーチェンジ(内容変更、価格変更等)していたものです。


                   メニュー
セット・コースメニュー
●季節のコース セゾン          ¥7,000
~秋~
【提供期間】9月1日~
  アミューズ
  佐世保産 鮮魚のマリネ
  島原産地じげもん豚と野菜のジュレ “ジャンボンペルシエ”仕立て ブルゴーニュ風
  さつまいものクリームスープにアーモンド、黒ゴマの香りを添えて
  佐世保産イトヨリのポワレ キャベツのブレゼ、リゾット添え ブイヤベース仕立てのブイヨンと共に
  季節のグラニテ
  イベリコベジョータ プルマをグリエして、ヴァンデ産フォアグラを添えて ロッシーニ好み
  デ アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶

a0036952_2311040.jpg

  ※写真は13年9月5日にいただいた際のものです。
●秋のおすすめコース        ¥4,000
  アミューズ
  長崎牛のパストラミに地元産の野菜を添えて
  きのこのマリネとヤリイカのソテー プロヴァンス風
  えびすかぼちゃ なめらかなヴルーテにして、トリュフの香りと共に
  佐世保産沖アラカブ 香ばしくポワレして トマトのクーリにゴボウと小松菜のピュレを添えて
  デ アドミラル特製のデセール
  コーヒーまたは紅茶

a0036952_23442048.jpg

  ※写真は12年4月8日にいただいた際のものです。
・パスタセット              ¥2,600
  本日のパスタ 又は トマトとバジル、ベーコンのフェデリーニ
  サラダ、パン、アイスクリームとシャーベット、コーヒー 又は 紅茶付き

a0036952_14221941.jpg

a0036952_14223698.jpg

  ※写真は09年12月24日にいただいたもの。
a0036952_7404591.jpg

  ※写真は10年4月29日にいただいた「小海老とマッシュルームのカレー
a0036952_14214181.jpg

a0036952_14211868.jpg

  ※写真は09年12月29日にいただいたビーフカレー」
・カレーセット              ¥2,600
  小海老とマッシュルームのカレー 又は 長崎牛のカレー
  サラダ、コーヒー 又は 紅茶付き


オードブル
・雲仙豚とフォアグラのテリーヌ 地元で採れた野菜のマリネ添え  ¥3,000
○長崎牛のパストラミに地元産の野菜を添えて          ¥3,500
○きのこのマリネとヤリイカのソテー プロヴァンス風       ¥3,000
○島原産じげもん豚と野菜のジュレ ”ジャンボンペルシエ”仕立て ブルゴーニュ風 ¥3,000

スープ
・地元野菜たっぷりのクリームスープ            ¥2,000
○トリュフの香り豊かな、えびすかぼちゃのヴルーテ     ¥2,000
○さつまいものクリームスープにアーモンド、黒ゴマの香りを添えて ¥2,000

魚料理
○佐世保産沖アラカブ 香ばしくポワレして トマトのクーリにゴボウと小松菜のピュレを添えて ¥3,000
○佐世保産イトヨリのポワレ キャベツのブレゼ、リゾット添え ブイヤベース仕立てのブイヨンと共に ¥3,000?

肉料理
○イベリコベジョータ プルマをグリエし、ヴァンデ産フォアグラを添えて ロッシーニ好み ¥5,000
・長崎牛フィレ肉のソテー サラダ添え マスタードソースと共に ¥10,000

サラダ
a0036952_23374748.jpg

a0036952_2338945.jpg

  ※写真は11年5月29日のディナータイムにいただいた「初夏の野菜のサラダ」(取り分けサーヴィス致します)。
●秋野菜のサラダ              ¥1,800

フロマージュ
a0036952_1638479.jpg

  ※写真は12年11月1日にいただいた際のものです。
・カットチーズ               ¥1,200
a0036952_15445379.jpg

a0036952_15421072.jpg

  ※写真は12年7月15日にいただいた際のものです。
a0036952_13433851.jpg

  ※写真は13年1月5日にいただいた際のものです。
・ナチュラルチーズ盛り合わせ        ¥2,000
・ナチュラルチーズ各種をワゴンサーヴィスで ¥3,500


a0036952_1435636.jpg

a0036952_16291256.jpg

  ※写真(ランチプレートとデザート。これにパンもついていたとか)を提供していただきました(ありがとうございます)。あまりにも美味しそうで、撮影終了を待ちきれなかった様子がうかがえるのが、微笑ましいですね。現在は内容が変わっているかもしれません。
・お子様ランチ               ¥1,800
  国産牛フィレ肉のサイコロステーキと車海老のフライ
  バターライスとポテト添え
  アイスクリームとシャーベット
  パン付
 ※小学生以下のお子様対象です

デセール(デザート)
・デ アドミラル特製デザートの盛り合わせ      ¥1,500
・自家製シャーベットとアイスクリームの盛り合わせ  ¥1,000

Part2に続きます
by mattarinonbe | 2013-09-13 23:16 | 迎賓館・ホテルヨーロッパ


<< ピザ&パスタ/ピノキオ Part2 デ アドミラル(ランチPart2) >>